1 : ◆5/VbB6KnKE :2014/09/09(火) 07:08:38.80



女子寮


乃々「…」スッスッ


乃々「………」スイー


乃々「………」


~♪


乃々「…」


クレユークソラー


乃々「…」


カラカーウカゼー


乃々「……♪」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1410214108



2 : ◆5/VbB6KnKE :2014/09/09(火) 07:15:15.70



キミヲツレーテー…


乃々「……」スッ…


乃々「(……やっぱりいい歌です)」


乃々「(心が落ち着きます…)」


乃々「(…)」スッスッ


乃々「(…?)」ピタッ


乃々「(………?)」




3 : ◆5/VbB6KnKE :2014/09/09(火) 07:23:55.00



乃々「(知らない曲です…)」


乃々「(歌手は知ってるけど…)」


乃々「(………)」


乃々「……」


乃々「…ボノノート」ボソッ


乃々「……」


乃々「(なーんて……フフ)」




4 : ◆5/VbB6KnKE :2014/09/09(火) 08:19:37.60



乃々「(聞いてみましょう)」スッ


~♪


乃々「…♪」


―――――――――――――――
――――――――――
―――――


♪~…


乃々「(………)」


乃々「(……いい曲…)」


乃々「(………)」


乃々「(……僕の音…)」


乃々「(……私の音…?)」


乃々「(……………)」


乃々「(………)」


乃々「(……寝ましょう)」




スッスッ




ピッ




5 : ◆5/VbB6KnKE :2014/09/09(火) 08:46:44.64



ガチャッ


乃々「オハヨウゴザイマス…」コソコソ


乃々「……」


キョロキョロ


乃々「(……)」


乃々「(…一番乗り?)」


乃々「(……とりあえず森久保聖域(サンクチュアリ)へ…)」


ゴソゴソ


乃々「……ふぅ…」


「の、乃々」


乃々「ひぅ!?」ビクッ


輝子「や、やぁ…フヒ」フリフリ




6 : ◆5/VbB6KnKE :2014/09/09(火) 09:05:13.95



乃々「しょ、輝子さん…いたんですか」フリフリ


輝子「な」ガーン


輝子「ひどい…挨拶したのに……」


乃々「あ、あぅ…ごめんなさぃー…」


輝子「な、なんて……冗談…フヒヒ」


乃々「あぅ…ひどいです…」


輝子「こ、声が小さすぎたな……うん…フヒ」




7 : ◆5/VbB6KnKE :2014/09/09(火) 09:42:20.74



ガチャッ


ちひろ「おはようございまーす」


輝子「あっ…ちひろさんだ」


輝子「よ、よし……今度は大きい声で…」


輝子「ヒャッh」ガッ


乃々「ま、まってください」ガッ


輝子「…モガ?」


ちひろ「誰もいないのかぁ」




8 : ◆5/VbB6KnKE :2014/09/09(火) 10:24:32.20



乃々「ちひろさんの驚く顔…」パッ


乃々「…見たくないですか?」


輝子「……!」


乃々「ふふ…」ニヤリ


輝子「の、ののも悪くなったな…周子に影響受けたか?フヒ」


ちひろ「プロデューサーさん早く来ないかなー……とりあえず仕事確認っと…」


ガタッ


乃々「わ、わーっ!」バッ


輝子「ヒャッハアアァァッ!!キノコの化身ダァァァァ!」バッ


ちひろ「うおおおおおおおお!?」




9 : ◆5/VbB6KnKE :2014/09/09(火) 10:35:08.50



ちひろ「……ハァ…ハァ…」


乃々「……わ、わぁー…」


輝子「FUHYYYYYYYYYYYY!!」


ちひろ「(なにこれ)」


乃々「…わー」


輝子「フヒィ…」


ちひろ「(かわいい)」




10 : ◆5/VbB6KnKE :2014/09/09(火) 10:38:58.84



ガチャッ


P「おはようございます」


ガミガミ


P「ん?なにやってるですか?」


ちひろ「あっプロデューサーさん」


乃々「あぅ」


輝子「フヒ」


P「お前ら何で正座してるんだ…?」




11 : ◆5/VbB6KnKE :2014/09/09(火) 10:57:52.31



ちひろ「聞いてくださいよー」


P「うん」


ちひろ「私が事務所に来て誰もいないと思って、お仕事しようとしたら…なんと!机の下からです

ねー」


P「バッと?」


ちひろ「そうです!バッときたんですよー」


P「ふーん」


ちひろ「私だったからいいけれど、ちっちゃい子だったら大変ですから。お説教中ですっ」


P「……それはBADな出来事でしたね!」


ちひろ「…」


乃々「…」


輝子「…」


P「…」


ちひろ「……楓さんならオフですよ」




12 : ◆5/VbB6KnKE :2014/09/09(火) 11:04:35.86



P「…」カタカタ


シキサーン!キキオッパイシヨー!


ちひろ「…」カタカタ


ン~?イイヨーソノカワリハズシタラハスハスイップンネー


P「…」カリカリ


ノゾムトコロダヨ!


ちひろ「…」カリカリ


アテタラサンフンネ~


マジカヨ


prrr

ガチャッ


ちひろ「はいこちらCGPの―――」


P「……」カタ…




13 : ◆5/VbB6KnKE :2014/09/09(火) 11:11:53.02



P「乃々?」


乃々「は、はい…?呼ばれて飛び出てもりくぼですけど…」モゾモゾ


P「はは、なんだそれ」


乃々「……ふふ…」


P「もう20分程したら収録いくから、準備しとけよー」


乃々「わ、分かりました」


輝子「お、お隣さん、もうお仕事か…」


乃々「あ、はい…お先にいってきます」




15 : ◆5/VbB6KnKE :2014/09/09(火) 11:39:57.66



乃々「あ、そうだ…輝子さん」


輝子「フヒ?」


乃々「この曲しってますか…?」スッ


~♪


輝子「…うーん……は、初めてきく…」


P「お、懐かしいな」


ちひろ「ですねぇ」




16 : ◆5/VbB6KnKE :2014/09/09(火) 11:45:49.77



乃々「お、お二人ともしってたんですか…?」


P「あぁ、もうそこそこ前の曲だな」


ちひろ「2006年ですから…8年前ですね」


P「は、八年!?もうそんなに経つのか…」


乃々「…なるほど……」


P「どうしたんだ?いきなりその曲なんて」


乃々「昨日動画サイトでみつけて…いい曲だなって」


P「だな…いい曲だもんな」


乃々「ですね…」




17 : ◆5/VbB6KnKE :2014/09/09(火) 11:55:31.68



ちひろ「プロデューサーさん!そろそろ出ないとまずいですよ」


P「うわ、本当ですね…それじゃあ乃々、いくぞ」


乃々「あ、はい…」


P「元気出してけー」


ちひろ「出してけーっ」


乃々「あぅ…が、頑張りますけど……」


輝子「が、がんばれ、のの」フリフリ


乃々「はい…いってきます」フリフリ




19 : ◆5/VbB6KnKE :2014/09/09(火) 13:08:16.62



―――――――――――――――
――――――――――
―――――


ハイ、オツカレサマデシター!


オツカレサマデース


ガヤガヤ


乃々「オ、オツカレサマデシター…」コソコソ


「あっ乃々ちゃん!」


乃々「は、はいっ!?」ビクッ


「今日も良かったよー!また今度もよろしくね!」


乃々「あ、はっ、はい…ありがとうございます…」




20 : ◆5/VbB6KnKE :2014/09/09(火) 13:13:49.66



P「乃々ー」


乃々「あっ、プロデューサーさん…」


「あっPさん!今日も乃々ちゃん良かったですよ!今後ともよろしくお願いしますね!」


P「本当ですか!良かったです!こちらこそどうぞよろしくお願い致します!」ペコリ


乃々「ぁ…」ペコリ




21 : ◆5/VbB6KnKE :2014/09/09(火) 13:35:05.47



P「いやー…乃々お前、最近調子いいんじゃないか?」


乃々「そ、そうですかね…?」


P「あぁ。最近色んな人に褒められてるだろ」


乃々「ま、まぁ…」


P「ダメな奴は褒められやしないよ、褒められてるって事はお前は頑張ってるって事だ」


乃々「……えへへ」


P「この前のリス久保も評判良いしな!!」


乃々「なっ…!っ…もぉー……ばか」


P「ははは…次のライブ何かリス久保で一曲ってのもいいんじゃないか?」




22 : ◆5/VbB6KnKE :2014/09/09(火) 13:41:58.07



乃々「ライブ……ライブですか…」


P「…ライブはまだ辛いか?」


乃々「……」


乃々「……分からないです」


乃々「……まだ一回しか経験もありませんし…」


P「うん」


乃々「…あの時は吹っ切れていたので……よく覚えていませんし…」


乃々「………」


乃々「……でも」




23 : ◆5/VbB6KnKE :2014/09/09(火) 13:50:44.13



P「でも?」


乃々「……最近……その…楽し、くって…」


P「……本当か?」


乃々「……はい」


P「そうか……そうか!良かった…嬉しいよ」


乃々「……け、けど…」


P「うん」


乃々「ライブで…私の歌を歌って……それで…ただ、歌うだけでいいんでしょうか…?」


P「…」


乃々「本当に素敵な歌は…私には歌えません……分からないんです…」


P「…」




乃々「どうすればいいんですか…?私の音…って、なんですか?」






24 : ◆5/VbB6KnKE :2014/09/09(火) 14:28:26.48



乃々「…」


~♪


乃々「……」


♪~…


乃々「………」


―――――
――――――――――
―――――――――――――――


「……自分の音か…」


「考えてみた事無かったが…そうだな…例えば声とかだな」


「いや…声というよりも気持ちだな…」


「自分の心の中で思っててもさ…中々口に出せない事ってあるだろ?」


「俺だって感謝の気持ちでも、唐突な事だったりすると出てこないし」


「圧倒的多数の意見に負けている時に、自分の本当の意見を言えなかったり」


「誰かがのけ者にされていて、心の中じゃどうにかしてあげたい、って思ってても…それを口に出せる人は中々いない」


「そういう本当の気持ちが、自分の音なんじゃないのか?」


「ありのままの自分、っていうのが。自分の音なんだよ」


「……話しがずれるが、大切なのはそれを理解してもらう事だな」


「言葉に出さなくても気持ちを理解してもらえると、嬉しくないか?」


「……俺達、ちひろさんや社長…アイドルの皆は、お前を理解出来るよ」


「だから一人で抱え込むなよ」


「お前には、仲間がいるんだから」


―――――――――――――――
――――――――――
―――――


乃々「………私は…」




25 : ◆5/VbB6KnKE :2014/09/09(火) 14:30:56.34



乃々「…おはようございます」ガチャッ


P「おうおはよう」


ちひろ「おはようございます♪」


「…プロデューサーさん!」「乃々」


P「お」


乃々「あ…」


P「いいよ、お前から話しな」


乃々「え、えっと……私…歌いたい歌が―――」




26 : ◆5/VbB6KnKE :2014/09/09(火) 14:39:51.94



―――――――――――――――
――――――――――
―――――


ガチャッ


トテトテ


ポスン


乃々「…」ギュ


乃々「………」


乃々「(……ライブ…楽しかったなぁ…)」


乃々「……」


乃々「(アイドル……やってて、良かった…)」


乃々「………」


乃々「(……私、成長したかな?もう…子供の頃とは違うかな…?)」


乃々「………」


乃々「……えへへ」パタパタ




乃々「伝えられたかな……私の音」





おしり



元スレ:乃々「ボノノート」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1410214108/