1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/25(土) 20:40:35 ID:ZhKrA2Rc

P「卯月vs電マ」

卯月「よく分からないけど頑張ります!」

P「頑張れ!」

卯月「はいっ!」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/25(土) 20:41:19 ID:ZhKrA2Rc

ヴィィイイイイイイイイ

卯月「ああああああっ!!あっ、んん!」ビクビク

P「どうした頑張れ!」

卯月「無理です、こんな、頑張れな、あんっ!」

P「ここか!?尻の穴付近が気持ちいいのか!?」

卯月「やだ、お尻やめて下さ、い、あああ!イキそ、もう、イク、イッちゃいます……!」ガクガク

P「卯月!もう頑張れないのか卯月!」

卯月「ダメ、お尻ダメ、イク、イキます、あっ、あっ――――――んんっ!!!」ビクンビクン

P「卯月…」

卯月「ああっ、あっ、ん……ごめんなさい、頑張れ、ませんでした……♡」ピクッ ピクン



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/25(土) 21:24:54 ID:ZhKrA2Rc

P「美優さんvs電マ」

美優「電マ…ですか?」

P「気持ちのいいアイテムです!」

美優「あ、マッサージの『マ』ですね…では、少しだけお願いします」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/25(土) 21:40:08 ID:ZhKrA2Rc

ヴィィイイイイイイイイ

美優「んっ…あっ……」ピクン

P「どうですか、気持ちいいですか?」

美優「気持ち、いいです……ですが、あっ、少し、刺激が……んん」

P「クリトリスとか重点的にいってみましょうか」

美優「あっ、ダメです、あっいや……!」ビクン

P「めちゃくちゃ濡れてますね。腰も振っちゃって、どういうつもりなんですか?」

美優「いや…言わないで、下さい…恥ずかし、あんっ」

P「恥ずかしいのが気持ちいいんでしょう?」

美優「言わないで、お願い……あっ、もうダメです、もう、あっ……」

P「イクんですか?これ以上恥ずかしい姿晒すんですか?」

美優「いや、いやぁ、見ないで……イク、イキます、イッ――――――ふあ、ん!」ビクンビクン

P「言葉で責めたらすぐイッた…」

美優「あっ、ああ……Pさんが、見てるのに、私……恥ずかしい、のに……♡」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/25(土) 21:48:01 ID:ZhKrA2Rc

P「あやめvs電マ」

あやめ「勝負ですか!磨き上げた忍術の見せ所ですね!」

P「期待してるぞ」

あやめ「お任せください!ニンッ!」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/25(土) 22:05:55 ID:ZhKrA2Rc

ヴィィイイイイイイイイ

あやめ「ひぁ、ああああっ、いけません、P殿、やめっ…」

P「いい加減に吐いたらどうだ」

あやめ「何を、んんっ!いったい、何のことだか、あっ、あっ」

P「ちひろさんの秘密、握っているんだろう?」

あやめ「そんな!知らな、んんっ、知らない、です…んぁっ!」ビクン

P「この奥に秘密が隠してありそうだな」グニッ

あやめ「やっ、ダメ、広げちゃ、あっ、P殿、やだぁ…」

P「むき出しのクリにこの刺激、耐えられるかな?」

あやめ「んっ、んんんっ…んあぁ!ダメです、イク、イッてしまいます!」

P「これでもまだ言わんか」

あやめ「やだ、イク、P殿、イキます、P殿、P殿――――――ああっ!」ビクンビクン

P「入り口がきゅうきゅう締まるのが丸見えだ…」

あやめ「はぁ、はぁ…んっ……こんな、この程度の拷問、あやめは、屈しませんので……♡」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/25(土) 22:12:11 ID:ZhKrA2Rc

P「有香vs電マ」

有香「どんな敵でも、この拳で打ち砕いて見せます!」

P「その意気だ!」

有香「押忍っ!」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/25(土) 22:24:46 ID:ZhKrA2Rc

ヴィィイイイイイイイイ

有香「うぐっ……!プロデューサー、そ、そんな所、攻めるのは、んっ、ずるい、んんっ!」

P「さすがの有香もここまでは鍛えられないか」

有香「そこは、鍛えようが…あっ、あぅぅ…ん」

P「柔らかいな、沈み込むぞ」

有香「あああっ!だめ、だめです!強く、押し当てちゃ、あん!」ビクン

P「負けるな有香!」

有香「やだ、プロデューサ、あっ、もうだめです!やめて下さ、い、あ…」ガクガク

P「勝てないのか有香」

有香「無理です、イク、もうイク、あっ!」

P「負けを認めてしまうのか!」

有香「あっイク、やだ、あたしの、負けでいいですから、やめ、あっ、イク、イク――――――ひぁん!」ビクンビクン

P「残念だ…」

有香「ん、はぁ……もう、負けないように、プロデューサーが鍛えてください……♡」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/25(土) 22:40:50 ID:ZhKrA2Rc

P「美波vs電マ」

美波「美波vs電マvsPさんにしませんか?」

P「はい?」

美波「ふふっ」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/25(土) 22:42:31 ID:ZhKrA2Rc

ヴィィイイイイイイイイ

美波「はぁ……ちゅっ、ちゅぷっ」

P「ああ…」

 ジュッポジュッポ

美波「ちゅぱっ、あっ、気持ちいい…Pさんは、どうですか?」

P「やばいよ、美波の口やばいよ…」

美波「うふふっ、嬉しいです、んっ……美波のお口に、ちゅっ ♡ いっぱい射精して下さいね ♡」

 チュプッ ペロペロ

   パクッ ジュッポジュッポ

美波「んんっ……あっ、ちょっと、ダメそうかも……興奮しちゃって、あっ、イキそうです…」

P「俺もやばい、やばい出そう…」

美波「あっ、あんっ…一緒に…Pさんも、イッて下さい、あ、あああ――――――んっ ♡」ビクンビクン

 ビュルルルルルルッ ビュルルッ

P「ああ…」

美波「あっ……♡ Pさんの精液、こんなに……はぁ ♡ もっと、欲しいです……♡」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/25(土) 23:03:17 ID:ZhKrA2Rc

P「時子vs電マ」

時子「……貴方、頭沸いてるのかしら?」

P「真剣勝負だぞ、逃げるのか?」

時子「……チッ」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/25(土) 23:06:01 ID:ZhKrA2Rc

ヴィィイイイイイイイイ

時子「……っ……」ピクッ

P「声出してもいいんだぞ?」

時子「馬鹿、言わないで……誰が、こんな……ふぅっ……」

P「クリ固くなってるぞ、これに電マ押し当てたらどうなるの?」グッ

時子「っ!!んっ、んっ……!」ピクン

P「可愛い声が出てきたな」

時子「……ぁ、くぅ……許さない、覚えてなさいよ……っ」

P「ほら、抱きしめて顔も見ないでおいてやるから、イキたければイけ」ギュウ

時子「はぁ、はぁ……ぅ、んっ――――――っ」ギュッ ビクンッ

P「時子でもダメだったか…」

時子「……っ、はぁ……この程度で屈服させたつもりになっているのなら、所詮は豚ね」

P「ふーん、じゃあ続けて時子vs俺だな」グイッ

時子「あっ、んっ……」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/25(土) 23:18:00 ID:ZhKrA2Rc

ちひろ「プロデューサーさんvs電マ」

P「え?」

ちひろ「楽しそうだったので」

P「え?」



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/25(土) 23:19:18 ID:ZhKrA2Rc

ヴィィイイイイイイイイ

ちひろ「ほらほら、まだ四回出しただけですよ?」

P「……もう、出ません……」ピクピク

ちひろ「お尻の穴もいじってあげますから、もう一回勃起させて下さい」

 グイッ ツププッ

P「やめっ、もうやめて……」ビクビク

ちひろ「あはっ、おっきくなりましたね ♡」

P「死ぬ……」

ちひろ「イッたばかりの先っぽに電マ当てられるの、気持ちいいですか?」

P「やめろぉ、やめてくれぇ……」

ちひろ「ほらほら、お尻の穴いじられながら、電マでイッちゃって下さい」

P「ぐぅ……うああ」

 ビュルッ ビュルルッ

ちひろ「はぁ……凄いです、プロデューサーさん……♡」

P「電マには勝てない……」グッタリ



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/25(土) 23:21:19 ID:ZhKrA2Rc

終わり!



元スレ:モバP「アイドルvs電マ」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1414237235/