1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/13(木) 06:37:11 ID:tTjojFtc

ちひろ「純粋そうですもんね。でもプロデューサーって凛ちゃんと付き合ってませんでした?」

モバP「付き合ってますよ。凛は夜は素直ですからね。ほとんど俺の言いなりで好きに仕込めますから、今では最高の女です」

モバP「最近ではトイレで毎日フェラとかさせてますし。俺に絶対服従なんですよ」

ちひろ「それで浮気とか最低ですね……」

モバP「浮気じゃないですって。それに卯月をその気にさせたのは凛なんですから」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/13(木) 06:37:49 ID:tTjojFtc

ちひろ「凛ちゃんが?」

モバP「俺が「卯月とヤりたいな」って言ったら「わかった」って」

ちひろ「うわ……」

モバP「3Pとか夢だったんですよねー」

ちひろ「他のアイドルに手を出すのはやめてくださいよ?」

モバP「当たり前じゃないですか!俺が愛してるのは凛と卯月だけです!」

ちひろ「二股もダメなんですよ普通は」

モバP「凛も納得済みですから」

ちひろ「納得させたんでしょ……」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/13(木) 06:38:22 ID:tTjojFtc

凛「プロデューサーの言う通りだよ」バタン

ちひろ「凛ちゃん!?」

凛「私も卯月も納得してるから」

モバP「凛が恋人でよかった」

凛「そう?ふふっ」

ちひろ「すっかり取り込まれてるじゃないですか……」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/13(木) 06:39:20 ID:tTjojFtc

凛「プロデューサー……」

モバP「ちがっ……誤解だ!」

凛「この薄い本はなに?私が言いなり?」

モバP「それは荒木先生が……!」

凛「怒らないから正直に言って?このエッチな漫画を描かせたの?」

モバP「……はい」

凛「卯月が見たら泣くよ?」

モバP「ちょっと魔が差したもので……」

凛「はぁ……。いい大人がなにやってるのさ」

モバP「仕方ないだろ!仕事が忙しすぎて彼女作ってる暇ないんだよ!アイドルに手を出すわけにもいかないし……」

凛「彼女がいればいいの?」

モバP「まあ……毎日充実はするだろうな」

凛「ふーん。なら……さ……私にしときなよ」

モバP「は?」

凛「彼女」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/13(木) 06:41:19 ID:tTjojFtc

モバP「いやダメだ……シンデレラガールに手を出すわけには……」

凛「こんな漫画描かせるくらい、私と卯月が好きなんでしょ?」

モバP「くっ……反論できん……」

凛「楽になりなよ?……二股はダメだけどさ」


凛「その代わり……プロデューサーになら、なにされても……いいよ?」

モバP「…………よろしく、お願いします」

凛「なら今日から私たち恋人だね」ニヤァ

モバP「……はい」

凛「ちょうどプロデューサーに試したいと思っていたことがあるんだ」

モバP「なんだ?」

凛「夜……エッチしよ?」ニタァ



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/13(木) 06:42:37 ID:tTjojFtc



凛「ディルドーって知ってる?」

モバP「…………え?」

凛「ほら、プロデューサー。はやくお尻出す」

モバP「ちょ……ま!」

凛「ローションでほぐせばいいんだっけ?」

モバP「アッー!アッー!」

凛「プロデューサーうるさい」ズブッ

モバP「あひぃぃぃぃ」パンパン

凛「プロ……デューサー……気持ち……いい……?ハァハァ」パンパン

モバP「アッー!」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/13(木) 06:43:11 ID:tTjojFtc




ちひろ「ふぅ……この薄い本はイマイチかなー」



終わり



元スレ:モバP「機会があって卯月と寝たら、アイツ処女だったんですよ」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1415828231/