1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/04(日) 22:03:48.54

◆ひなビタ♪SSです
◆あけましておめでとうございます
◆イブはヘタレ可愛いけど夏陽もヘタレ可愛いよね

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1420376628



2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/04(日) 22:04:50.21

~いずみ洋装店~

めう「1年ぶりに呼ばれためう」

凛「なんだか、懐かしいわねこの流れ……」

一舞「やっほ、りん、めう、取り敢えずこたつに入って」

めう「めうー!おこためう!」モグリ

凛「まぁ外は寒いし、入らせてもらうけど……貴方は何のために私達を呼んだのかしら?」スッ

一舞「えー?もう、去年もやったんだから分かるでしょ?」

めう「なんとなくさししはついてためう」

一舞「物分かりがいいねめうは~」ナデナデ

めう「えへへ」

凛「…………」



3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/04(日) 22:08:07.16

一舞「今日は特別ゲストも呼んじゃいました~」

めう「えー、だりめう?」

凛(流れ的に……)

一舞「紹介します、割と長いバンをかけて和解した流れななつひでーす」

めう「わーめう!」パチパチ

凛(彼女は裏で待っていたのかしら……)

夏陽「なんか呼ばれたから一応来たけど、何よこれ?」

一舞「まぁまぁ、細かいことの前にこたつに入ってよ」

夏陽「ところでなんでここなは呼んじゃダメだったの?折角なら一緒に来たかったのに」スッ

凛(シスコン……)

一舞「それも含めて今説明するからね」



4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/04(日) 22:12:20.71

凛「赤アイドル屋……別に付き合う必要はないのよ?」

夏陽「え、でも、一応お呼ばれしたし、ね?」

一舞「うんうん、なつひは本当は良い子なんだよね~」

めう「和解出来てよかっためう」

夏陽「まぁそれはそうだけど、で、これは何なのよ!」

一舞「これはね、あたしのヘタレ脱却を一緒に考える回だし」

夏陽「?」

一舞「あたしはヘタレじゃないけど、まぁ寛大なイブ様は100歩譲ってそれを認めるけど、
   そのヘタレ脱却からは、どうしたらいいかなって皆に考えてもらって……」

夏陽「???」

一舞「なつひ?大丈夫?」

夏陽「……ここな呼んできていい?」

一舞「ダメだし」



5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/04(日) 22:16:08.22

夏陽「なんでよ!いいじゃないこんな話題なら!」

一舞「いやあ、ヘタレ組で相談したほうがそれで悩んでいるからいい案が出るかなって…それになつひはあたしと属性が似てるし」

凛(ヘタレ……?)

めう(へたためう)

夏陽「ぞ、属性って何よ!」

一舞「うーん、強気だけど受け身なところとか……?いわゆるツンデレってヤツかな?」

夏陽「それはファンに言われたことあるけど……」

めう(あるめう?)

一舞「でしょー?だからさ、ヘタレ脱却したくない?」

めう「でもヘタレじゃないいぶぶなんてあり得な……」

一舞「しーっ!それを言ったらおしまいでしょっ!」

凛(埒が明かないわ……)



6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/04(日) 22:20:07.50

凛「で、洋服屋、前も言ったけど貴方が優位に立ちたい相手って喫茶店でしょう?
  もう付き合って一年以上経つし、ずっとネコ側っていう事態からは脱却しているでしょう?」

一舞「そ、そりゃそうだよ」

めう「にゃーにゃー」

夏陽「えっ、そういう話題なの……?」

凛「あら赤アイドル屋、分かるのね」

一舞「なつひもここなつって言うぐらいだからなつひがネコなんでしょ?」

めう「なつつにゃーにゃーめう」

夏陽「な……そんな事言える訳……そ、そうよ」

凛(もう腹を括ったわ……!)



7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/04(日) 22:24:14.51

一舞「やっぱりね~ああいうのって大人しめの子がタチな事が多いんだよね」

凛(どっから仕入れた知識なのかしら……)

一舞「ところでりんはどうなの?」

凛「きゅ、急に振って来たわね……私は、前と変わらず、よ」

一舞「でもさぁ」

凛「な、何よ」

一舞「長いこと付き合ってるとさ、変な事したりしない?」

凛「変な事……」

めう「へんなことめう?」

夏陽(何この会話)



8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/04(日) 22:28:16.28

凛「ま、まぁ、あるわね……」

一舞「でしょー?具体的には何したの?」

凛「あ、貴方、それも言わせる気……!?ま、まぁいいわ」

一舞「ふふふー」

凛「その代わり貴方にも喋ってもらうわよ」

夏陽(暴露合戦の場なのかしら?)

めう「めうは聞いてていいめう?」

一舞「んー、まぁ、なんでもいいよ」

めう(前と扱いが違うめう!てきとーめう!)

凛「えっと、じゃあ先日の話をするわ……」



9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/04(日) 22:32:06.96

~まりりん~

まり花「ねぇりんちゃんっ!美味しいスイーツさん買ってきたんだよっ!一緒に食べよっ!」

凛「ええ……」

まり花「あ、でも……」

凛「?」

まり花「りんちゃんも食べたいよう…んー、どっちから食べたらいいかな?」

凛「な、何を言い出すのレコード屋///」

まり花「もうりんちゃんっ!そこは、まりか、でしょ?」

凛「う、ま、まりか……」

まり花「えへへ、りんちゃんはどっちからしたらいいと思うかなっ?」

凛「そ、そうね、スイーツを食べてから、すればいいんじゃないかしら……///」



10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/04(日) 22:36:16.21

まり花「そうだねっ!じゃあ食べたらしようね!」

凛「も、もう、まりかったら…///」ドキドキ

まり花「見て見て、大きなトリュフチョコさんだよっ!」

凛「結構大きいのね」

まり花「はい、りんちゃん、あーんっ」

凛「え、あ、あーん……」モグ

まり花「ふふふ、りんちゃんおいしい?」

凛「え、ええ……///」

まり花「りんちゃん」スッ

凛「えっ」

まり花「んっ」チュッ

凛「!!!!?」



11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/04(日) 22:40:57.14

まり花「ん、ん」チュ

凛「ん、ふ」

まり花「ちゅ、んっ」チュル

凛「ちゅる、ん、ぷ、っ」レル…

まり花「ん、んーっ」

凛「んんん、ふ、んんっ」

まり花「んー…ぷはぁ…」

凛「あ、ま、まり……」

まり花「えへへ、とっても、甘かったね、りんちゃん」ツー

凛「あ、ああ……」



12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/04(日) 22:44:14.52

まり花「ふふふ、りんちゃん、もうそんなにぼーっとしちゃって、かわいいっ」

凛「は、はぁ、まり、まりかぁ」

まり花「ねぇりんちゃん、もっとわたし、りんちゃんを味わいたいなっ」

凛「そ、それって……」

まり花「はい、もう一個」ヒョイ

凛「むぐ」

まり花「りんちゃん、大好きだよっ」チュー

凛「んんんん……」

…………



13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/04(日) 22:48:22.73

……

凛「と、こんな感じだったかしら……」

一舞「相変わらずアツアツだね~」

凛「い、いいじゃない///」

夏陽「な、ななな///」

めう(なつつ顔真っ赤めう)

一舞「でもそれって割と普通じゃない?」

凛「そ、そうかしら…じゃあ朝にし過ぎて一日足腰立たなかった時の話の方が良かったかしらね……」

一舞「夜にしてたら朝になってたことはあるけどそれはないかなー」

夏陽「な、なんて会話をしてるのよっ!というか、あんたらってそんな関係だったの!?」

めう「知らなかっためう?」



14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/04(日) 22:52:15.84

一舞「りんが暴露した事だし今度はあたしの番かな~」

めう「なんでノリノリめう?」

凛「恐らく惚気けたいのよ……」

夏陽「……///」マッカー

凛「そうそう、去年はリバるリバれないで相談受けたけど…最近は大丈夫なの……?」

一舞「ふふふ、それどころかあたしからすることだって結構あるよ?」

凛「貴方も成長したのね……いや、喫茶店が弁えるようになった、のかしら……?」

めう(会議の方向性が失われていくめう)

一舞「えっとね、じゃああの……」



15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/04(日) 22:54:09.95

~さきいぶ~

一舞「さきこ、鐘の音が聞こえるね」

咲子「そうですねっ」

一舞「もうさきことこんな関係になって、2年かな?」

咲子「はいっ」

一舞「もっともっと、仲良くなっていきたいね、さきこ?」スッ

咲子「あ、イブちゃんっ」

一舞「んっ」チュッ

咲子「ん……」チュッ

ゴーン……



16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/04(日) 22:58:07.93

一舞「ふ……もう、新年だね」

咲子「は、はい」

一舞「今の、キス始めかな」

咲子「い、イブちゃん、とってもとっても、ずるいですっ……///」

一舞「これから姫始めも始めちゃう?なんちゃって……」

咲子「わ、私は、いいですよ……///」

一舞「そっか……さきこ」ギュ

咲子「イブちゃん……」

一舞「愛してるよ、さきこ」

咲子「私も、とってもとっても、大好きです、イブちゃんっ」

チュッ……

…………



17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/04(日) 23:02:30.01

……

一舞「と、お正月はそのまましちゃって」

めう「新年からお盛んめう」

凛「私もお正月からはしていないわよ……」

夏陽(新年からならあたしだって……)

一舞「ふふ~ん、どうだしっ!あたしも結構やるようになったでしょ!」

凛「そうね、大分大きな進歩が見られるわね……」

めう「前回はひたすらさききからされてためう」

夏陽(あったなーあたしも攻めさせて貰えなかった時)

一舞「さて、今度はなつひの番だしっ!」

夏陽「ええっ!?な、なんで」

一舞「そりゃーそうでしょ、りんとあたしが話したんだからさ」

めう(いぶぶ押しが強いめう)

凛(似ているから強気に出やすいのかしら……)



18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/04(日) 23:06:06.30

夏陽「は、話せばいいんでしょう!」

めう(話しちゃうめう!?)

凛「赤アイドル屋、別に拒否しても……」

一舞「話してくれるって言うんだから、いいじゃん!」

夏陽「え、えっと、ここなといちゃついた時の事を話せばいいのよね?」

一舞「そうそう」

凛(さらりと言ったけど、妹と出来上がっているのね……)

めう(知ってたけどいろいろあぶぶめう)

夏陽「あ、あれはダンスのレッスンの練習直後の事だったわ……」



19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/04(日) 23:10:12.31

~ここなつ~

夏陽「ここな、話ってなに……」

心菜「なっちゃん」チュ

夏陽「!!」

心菜「ねぇ、なっちゃん」

夏陽「な、何よ……」ドキドキ

心菜「私、興奮しちゃってるんだ」

夏陽「き、急に……」

心菜「だってダンスしてるなっちゃん、可愛いんだもん」

夏陽「そうなの?」

心菜「あとちらちら見える太腿がセクシーだよね」

夏陽「ふ、ふうん……」



20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/04(日) 23:14:07.66

心菜「だからなっちゃん……」スリスリ

夏陽「こ、ここな、家に戻ってから……」

心菜「やだ、私我慢出来ないもん」

夏陽「あ、あのねぇ……」

心菜「だからさ、トイレでしない……?」

夏陽「うう……」

心菜「…………ダメ?」

夏陽「し、仕方ないわね……」

心菜「ふふふ、なっちゃん、すき……♪」チュ

夏陽「き、キスは二人っきりになってからしなさいってば……///」

…………



21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/04(日) 23:18:14.48

夏陽「…とまぁ、こんな感じだったかしら……」

めう「め、めうう……」

凛(そういえばお手洗いでするのはしたことがあるわね……)

一舞「やっぱりここなの方が押しが強いんだねー」

夏陽「で、でも攻めになれないって言う訳じゃないわよ」

一舞「だけどさ、割と、普通じゃない?」

夏陽「そ、そうかしら……じゃあ水族館でここなにローター入れられてた時の話を……」

凛「赤アイドル屋、墓穴を掘る必要はないのよ」

めう「そうめう」

夏陽「あ、そ、そうなの」

一舞(水族館デートはしたけど特に性的な事はしてないなー、キスぐらいかな)



22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/04(日) 23:22:13.93

めう「と、ところで、めうは」

一舞「あー、めうは別にいいよ」

めう「な、なんでめう!」

一舞「だって、あんたはそんな変な事してないでしょ?ひなたさんがそういう事するとは思えないしねー」

凛(してたら大問題よ……)

夏陽(確か、相手は背の高い大学生だったかしら?)

めう「で、でもめうも惚気けたいめう」

一舞「めうがそういうなら仕方ないけど……」

凛(はんこ屋…自身とグッズ屋の関係をアピールしたいのかしら……)

めう「めうっ!めうも惚気けるめうー!」



23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/04(日) 23:27:05.45

~ひなめう~

めう「ひなひな、一緒に寝るめう~」

日向「わははは、いいよ」

めう「えへへへ」

日向「めめと一緒に寝るなんて懐かしいね?昔はずっと一緒に寝てたのにねー」

めう「ひなひなは暖かいめう」

日向「そうかな、めめも暖かいけど」

めう「それに」

日向「それに?」

めう「ひなひなをぎゅっとしながら寝ると、すっごく幸せ、めう……」

日向「はははは、そっか」



24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/04(日) 23:31:28.68

日向「ほらめめ、こっちおいで」

めう「めうーっ」ギュ

日向「ふふふ、めめは甘えん坊だなあ」ナデナデ

めう「えへへへ」

日向「こういう寒い日にめめがいると暖かいから幸せだなあ」

めう「ひ、ひなひな///」

日向「このままめめと一緒にお布団に篭ってたいなー、なんてね」

めう「も、もう、ひなひな、ずるいめう……///」

日向「ふふふふ」

…………



25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/04(日) 23:35:07.40

めう「と、こんな感じだっためう」

凛「……そのまま何もしないで眠ったのよね?」

めう「そうだよ?」

一舞「相変わらずプラトニックだしっ」

夏陽「なんというか、初々しいわね」

めう「そうなりか?」

凛「はんこ屋、今のままの貴方でいて……」

めう「で、でもめうも皆みたいにひなひなといちゃいちゃ……」

夏陽「未遂でしょ?」

一舞「既遂だよ」

夏陽「えっ」



26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/04(日) 23:39:31.06

一舞「まぁめうは今の体型じゃひなたさんとそういう事をするのは難しいかもねー」

めう「め、めうう……」

一舞「いつだったかひなたさん「めめとすると犯罪臭が拭えない」って言ってたし……ん?」ガラッ

めう「いぶぶ、どうしためう?」

一舞「なんか玄関の音が聞こえたような……」

まり花「イブーっ!」バンッ

一舞「わっ!?」

めう「あ、まりりめう!」

日向「ボクもいるよ」

めう「ひなひな!」

咲子「私もいますよ」

凛「喫茶店……」

心菜「…………」

夏陽「あ、こ、ここな……」



27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/04(日) 23:43:09.36

まり花「ねえイブ、4人でこたつさんに入って何してたの?」

一舞「え、えっと……お話かな?」

凛「レコード屋、なんでここに……」

まり花「えー?皆でかるた大会しようと思ったらイブとりんちゃんとめうめうとなつひちゃんが見つからなくて……
    それでイブのお母さんに話聞いたらイブのおうちにいるって聞いたんだよっ!」

めう「急に人が増えためう……」

日向「ダメかい?」

めう「だ、ダメじゃないめう!」

夏陽「ここなも、そうなの?」

心菜[ウン]



28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/04(日) 23:47:23.05

一舞「まぁ立ちっ放しじゃ寒いだろうからこたつ入ってよ、あ、でも4方向しかないから一方向に二人ずつ座ってね」

まり花「じゃあわたしはりんちゃんのとなりっ!りんちゃんの近くにいると暖かいからっ!」

凛「そ、そうなの///」

咲子「私はイブちゃんの隣で……」ソソソ

一舞「来ると思ってた」

日向「ボクはめめの隣にいこっかな、あ、それとも膝の上に乗るかい?」

めう「めうっ!乗るめうー!」

心菜[ワタシハ ナッチャンノ トナリ]

夏陽「まぁそこしか空いてないものね」



29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/04(日) 23:52:17.05

凛「なんだか急に賑やかになったわね……」

まり花「えー?わたしたちおじゃまさんだったかな?」

凛「そ、そんなことはないけれど」

まり花「ふふふ、りんちゃーん♪」スリスリ

凛「も、もう、人前よ……?」

日向「あははは、あの二人は相変わらず仲良しだねえ」

めう「うー……」

日向「めめもしたいならしていいよ?」

めう「ひ、ひなひな、ずるいめう……」スリ

日向「ふふふそう言いながら擦り寄ってくるめめは甘えん坊だなー♪」ナデナデ



30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/04(日) 23:56:20.26

心菜「もうなっちゃん、探したよ?」

夏陽「ご、ごめんなさい、でもこういうのって始めてで」

心菜「まぁ、仲がいいのは、いいことだけど……」ムスー

夏陽「ここな?」

心菜「…………」

夏陽「……大丈夫よ、ここな」ギュ

心菜「あっ」

夏陽「あたしの一番は、いつまでもここなだから」

心菜「うん……」

夏陽「意外とここなも心配性なのねー」

心菜「そんなこと、ないよ」

夏陽「??」



31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/05(月) 00:01:28.48

一舞「なんか皆それぞれでイチャつきはじめちゃったし」

咲子「うふふふ、私もイブちゃんととってもとってもいちゃいちゃしたいですっ」

一舞「す、素直だなあさきこは……いいよ」

咲子「えへへへっ、イブちゃーんっ♪」スリスリ

一舞「も、もう///」

咲子「ところで、皆で何話してたんですか?」

一舞「え、そ、それは……」

咲子「それはー?」

一舞「い、言えないしっ」

咲子「あら、そうですか」



32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/05(月) 00:05:21.69

まり花「そういえばりんちゃん、さっきまで皆の事話してたんだよっ」

凛「へぇ、どんな話をしていたのかしら……?」

まり花「りんちゃんは真っ白な白い肌をなでなでするとびくびくして可愛いとか!」

凛「えっ」

まり花「イブにキスすると蕩けちゃって可愛いってさきちゃんが言ってたよっ!」

一舞「えっ」

咲子「うふふ」

まり花「あとなつひちゃんはマゾヒストの気があるとか……」

夏陽「な、なっ」

心菜「…………」ニヤニヤ

まり花「ところでりんちゃん、あのねっ!マゾヒストってなあに?」

凛「あ、貴方は知らなくてもいいことよ」

まり花「ふうん?」



33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/05(月) 00:09:09.28

まり花「みんな可愛いんだね、りんちゃん」

凛「そ、そう、ね……」

一舞「…………」

夏陽「…………」

めう「め、めうは……」

日向「めめもとっても可愛いよ?」

めう「えへへ~」

一舞「いやそうじゃなくって……」

凛「洋服屋、分かっているでしょう……!」

夏陽「世知辛いわね……」

心菜「……」



34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/05(月) 00:14:52.04

一舞「やっぱあたしらはさきこやまりかには敵わないのかなあ……」

凛「やっと分かったのかしら……?」

一舞「……来年もする?」

凛「ど、どっちでもいいわよ、もう……」

おわり



35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/05(月) 00:20:19.97

お疲れ様でした
今年もよろしくお願い致します



元スレ:一舞「ヘタレ会議2015~」夏陽「な、何よそれ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1420376628/