1 : ◆5m18GD4M5g :2015/02/08(日) 17:51:04.89

いぬ美「ワン!」

響「そんな…一体どうして!?」

いぬ美「クゥ~ン…」

響「理由を言ってくれないとわからないぞ!」

いぬ美「………」

響「いぬ美! ああもう…!」

響「こうなったらプロデューサーに話そう」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1423385464



2 : ◆5m18GD4M5g :2015/02/08(日) 17:53:01.33

P「いぬ美が冬馬の子を?」

響「ああ、そうなんだ…」

P「一体どうしてなんだ?」

響「それが、それ以上のことを教えてくれなくて…」

響「話すだけでも苦しそうな感じがしたから…多分辛くてしゃべれないと思うぞ…」

P「しかしこれは許されることではないな…いろんな意味で」

P「とりあえず元凶である冬馬に聞いてみるか?」

響「うん、そうする」



4 : ◆5m18GD4M5g :2015/02/08(日) 17:54:34.63

冬馬「………」セイザ

響「それで、なんでいぬ美が妊娠したのか話してもらおうか?」

冬馬「………」

響「何とか言ったらどうなんだ!」

P「響、ちょっと落ち着け」

響「大事な家族が妊娠して落ち着いていられる身内がいるのか!?」

P「いや、いないけど…でも…」

冬馬「………」ブワッ!

P・響「えっ!?」

冬馬「すまねぇ…本当にすまねぇ…まさか妊娠するなんて思っても見なかったんだ」ポタポタ

冬馬「異種同士の性行為で普通妊娠なんてしないだろ、だからついムラムラして…」ポタポタ

響「ついだって!? そんな出来心でいぬ美は辛い思いをしてるんだぞ!」

P「ま、まあとりあえずこれで涙拭け」

冬馬「すまねぇ…、謝っても謝りきれねぇ…」グスン



5 : ◆5m18GD4M5g :2015/02/08(日) 17:56:50.53

響「それで、どうして妊娠させたのか聞かせてもらえないか?」

冬馬「いぬ美から聞いてないのか?」

響「さっきからずっと黙ってるんだ、なんかとても辛そうだったぞ」

冬馬「…実は…やっちまったんだ」

P「いやそれくらいわかるさ、でないと妊娠しないからな?」

響「自分たちは動機を聞いているんだぞ!」

冬馬「…元はといえば我那覇が…」

響「じ、自分のせいにするつもりか!?」

響「確かにいぬ美と喧嘩してその後いぬ美が冬馬のところに行って」

響「機嫌が直るまで置いて欲しいと頼んだけど…」

響「だからと言って妊娠なんて普通しないぞ!」

冬馬「いや、いぬ美がとても可愛かったから…」

P「それでつい理性が抑えられなくて…、後ろからガンガン…ってわけか」

響「え…?」



7 : ◆5m18GD4M5g :2015/02/08(日) 17:58:11.74

冬馬『いぬ美…ハァハァ…いぬ美!』パンパン!

いぬ美『クゥーン…! バウ…キャン!』ビクビク

冬馬『いぬ美の膣…とっても温かいぜ…』パンパン!

いぬ美『クゥ…ゥゥン……』キュウウウウ

冬馬『ウッ…急にキツく…もう…ダメだ…』パンパン!

冬馬『いぬ美、中に出すぞ!』ドビュルルルルル!

いぬ美『キャウウウウウウウウウウウウウウウン!!!』ビクビクビクン!

響「………へ、変態だぞ! 何を言ってるんだプロデューサー!?」/////

P「ああ、ちょっと変態っぽかったな、だがそんな変態的な行為をやったのがコイツだぞ」

P「しかも相手は犬だぞ、ゴミだろコイツ」

冬馬「すまねぇ…本当にすまねぇ…何でもする…この責任はちゃんと取る…」



8 : ◆5m18GD4M5g :2015/02/08(日) 17:59:36.03

いぬ美「クゥーン…」

響「いぬ美…しっかりするんだ、無理しなくていいんだぞ」

いぬ美「………」

響「何でいぬ美がこんな辛い思いを…」

いぬ美「…クゥ…」

響「…いぬ美、お前産むつもりなのか?」

いぬ美「バウ!」

響「そっか、そうだよな…いぬ美の中に新しい命が宿っているからな」

響「それなら全力で自分サポートするぞ」

響「頑張るんだぞ、いぬ美」

いぬ美「ワン!」



9 : ◆5m18GD4M5g :2015/02/08(日) 18:01:11.90

北斗「冬馬、お前アイドルを辞めるのか?」

冬馬「ああ、責任を取らなきゃならねぇ…」

翔太「確かにやったことはあれだけど…だからって」

北斗「お前からアイドルを取ったら何が残るんだ!」

北斗「また何も考えずに行動をするのか?」

冬馬「今の状態じゃアイドルをやっても足手まといになるだけだ…」

冬馬「だから…すまねぇ…、俺はジュピターをやめるぜ…」

北斗「…そこまで言うなら俺たちは何も言わない、あくまで決めるのは冬馬だからな」

翔太「…また戻ってきてくれるよね?」

冬馬「さぁな…」

北斗「俺たちはずっと待ってるぞ」

冬馬「ありがとな…」グスン



10 : ◆5m18GD4M5g :2015/02/08(日) 18:02:25.73

数ヵ月後

いぬ美「クゥーン…クゥーン…クゥーン…」

響「頑張れいぬ美、もう少しだぞ!」

いぬ美「クゥーン…クゥーン…クッ!?」

響「ああ、いぬ美!」

エーン! エーン!

冬馬「………」

P「生まれたぞ」

冬馬「………」

P「今どんな気分だ?」

冬馬「………複雑な気持ちだ」

P「だろうな、それではご対面といこうか、子供たちに」

冬馬「たち?」

P「ああ、二匹…いや二人? まあ二体生まれたんだ」

冬馬「どういうことだ?」

P「見ればわかるさ」



11 : ◆5m18GD4M5g :2015/02/08(日) 18:04:01.63

ちび冬馬×2「ZZz…ZZz…」

冬馬「これは…まさか…いやそんな…現実でこんなことがありえるのか?」

P「何をいまさら…」

響「冬馬をちっちゃくして犬耳をつけた感じの赤ちゃんだぞ」

響「こっちが男の子でこっちが女の子だ」

P「ハーフだな、セントバーナードと人間の」

P「さて、パパになった感想は?」

冬馬「…なんともいえない感じがする…嬉しくて、そしてとても悲しく切なく…」

P「それで、この子達をどうするんだ?」

響「自分はこれ以上は無理だぞ…面倒見れない」

響「みんなはもう成長しているから何とかなるけどこの子達は産まれたばかりだから…」



12 : ◆5m18GD4M5g :2015/02/08(日) 18:05:15.10

冬馬「俺がやる…」

P「冬馬がか?」

P「犬でも人間でもない二人をどうやってこの人間社会に取り込ませる?」

冬馬「…責任を持ってなんとかするよ」

P「それは口だけか? どう責任を持つ?」

冬馬「今はまだわからない…だけど絶対にこいつらを不幸な目にあわせない」

冬馬「約束する、根拠なんてねぇけど…」

P「それがお前の決意なら、お前に任せる、いいな、響?」

響「うん、そこまでいうなら…約束だぞ」

冬馬「ああ…」

響「だけど」

いぬ美「クゥーン」ペロペロ

犬耳ちび冬馬×2「ZZz…」

響「もう少しだけ、このままにしておこう」

P「ああ、そうだな」



13 : ◆5m18GD4M5g :2015/02/08(日) 18:10:36.70

公園

犬耳冬馬姉「それパスだ!」ポン!

犬耳冬馬弟「うわっ、強く蹴り過ぎだよ!」

犬耳冬馬姉「ゴメンゴメン!」

P「あれから12年たったが、よく無事に双子を育てたな」

P「よく考えたら俺たちの世界にはもっと奇妙な生物がいたからそれほど不思議がられなかったな」

冬馬「ああ、それどころか一種の萌え要素として大きく話題になった、運がよかったぜ」

冬馬「だが獣耳はマニアではかなり人気があるから、それの対抗策も練らなきゃいけなかったのが辛かったな」

P「誘拐されかけたり解剖されかけたり…大変だっただろ」

冬馬「ああ、だけどそんな困難を乗り越えて今のあいつらがいるんだ」

冬馬「育てた甲斐があったぜ」



14 : ◆5m18GD4M5g :2015/02/08(日) 18:12:36.13

冬馬「だが…払った代償はでかすぎた」

P「半犬半人を育てたんだ、尋常じゃない負担が大きくかかっただろうよ、その頭を見りゃわかるぜ」

P「本当に、髪が…アホ毛しか残らなくなるなんてな…」

冬馬「ああ、そのおかげでアイドルが二度とできなくなっちまった…」

冬馬「ハゲドルなんて誰に需要があるんだろうな?」

P「………」

冬馬「だがこれで身に染みた、後先考えずに行動をしたらどんなことになるのか…気をつけないとな」

P「そう、行動するときは慎重に行わなければならない」

P「相手の気持ちを配慮して行動する、これが一番大事だ」

P「みんなも気をつけるんだぞ、最も犬を犯しても妊娠しないがな」

P「それ以前に異種姦をやるような奴はいないだろうけどな」

終わり



15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/08(日) 18:13:06.13

感動した。乙



17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/08(日) 19:14:38.34


いい話だな…
ティッシュが離せなかったよ





元スレ:響「いぬ美、お前冬馬の子を妊娠したのか!?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1423385464