1 : ◆RY6L0rQza2 :2015/01/25(日) 02:17:20.37

「ねえ、真美」

「……なに?」

「い……、いえ。何でもない……」

「そう。真美さ。今忙しいから、千早お姉ちゃん、邪魔しないでくれる?」

「え、ええ……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1422119840



2 : ◆RY6L0rQza2 :2015/01/25(日) 02:18:26.35

まただ、また、真美に冷たくされてしまった。

私は真美に背を向けてとぼとぼと事務所を後にする。

こうなったのもきっと、全て私の所為なんだ。

私があの時、もっとしっかりしていれば。



3 : ◆RY6L0rQza2 :2015/01/25(日) 02:19:30.08

―――
――


「千早、真美。二人とも喜べ!ユニット結成が決まったぞ!」

私たち二人は、プロデューサーに呼び出されて会議室に向かうと、テンションの高いプロデューサーにユニットを組む事を告げられた。

駆け出しアイドルの私たち二人でユニットを組んで、トップアイドルを目指すそうだ。



4 : ◆RY6L0rQza2 :2015/01/25(日) 02:20:29.35

真美は双子の妹、亜美の陰に隠れないように、私は私に欠けているアイドルらしさを補う為に。

それぞれの弱点を補えるようなユニットを組めば、きっと事務所のみんなにも負けないコンビネーションを発揮出来るだろう。

そう、プロデューサーは考えたそうだ。

「これからよろしく、真美」

「うん!千早お姉ちゃんと二人なら、百円引きっしょ!」

「……ぷっ、ふふふふっ!ま、まみっ、百人力で、くくっ、うふふっ」

「ツボりすぎだよ!」



5 : ◆RY6L0rQza2 :2015/01/25(日) 02:21:10.29

とにかく。私たちのコンビネーションなら、きっと頂点を目指せる。

……そう、思っていた。



6 : ◆RY6L0rQza2 :2015/01/25(日) 02:21:38.09

けど、現実は。

『765プロの新プロジェクト、失敗か!?』

『伸び悩む原因は双海真美の実力不足』

『如月千早の独りよがりユニット』



7 : ◆RY6L0rQza2 :2015/01/25(日) 02:22:20.18

あることないことを週刊誌に囃し立てられ、私たちは自信を失い、オーディションにも落ち。

とにかく、悪循環だった。

真美が実力不足なわけがない。一緒にレッスンをしている私がそれを一番よく知っている。

ならば、私が今以上に周りを見る余裕を持てばいい。



8 : ◆RY6L0rQza2 :2015/01/25(日) 02:22:47.22

そう思って丁寧に真美のレッスンに付き合っていたんだけど、それがかえってストレスになっていたのだろう。

汚名返上を賭けて挑んだオーディションに落ちて、ついに真美は爆発した。

結果を知るや否や、控え室で私の胸ぐらを掴んできたのだ。



9 : ◆RY6L0rQza2 :2015/01/25(日) 02:23:15.96

「ほんとは憐れんでるんでしょ!?真美のこと!!」

「そんなわけない!」

「レッスンも真美の事ばっかで!!ホントは真美が足引っ張ってるって思ってるんでしょ!?」

「違う、違うの!私がもっと貴方を生かせるようにって……」

「ほらやっぱり足手まといって思ってるんじゃん!もういい!!真美、千早お姉ちゃんと一緒にアイドルするのやだ!!」



10 : ◆RY6L0rQza2 :2015/01/25(日) 02:24:08.77

目に涙を溜めた真美が控え室を出ていき、私は一人取り残された。

……私の、わたしのせいだ。



11 : ◆RY6L0rQza2 :2015/01/25(日) 02:24:37.66


――
―――

その日以来、真美に話しかけてもさっきみたいに返されるのが常で、私もかなり気が滅入っていた。

ユニットは休止状態、真美は黙々とレッスンをして帰るだけ。

きっと一人でもやっていけるように、と言う事だろう。



12 : ◆RY6L0rQza2 :2015/01/25(日) 02:25:03.68

私は事務所の近くにある公園に入って、缶コーヒーを買ってベンチに座る。

甘い缶コーヒーに口付けて、冬の空をぼーっと眺める。

私は何をしているんだろう。

私のせいで真美は……。



13 : ◆RY6L0rQza2 :2015/01/25(日) 02:25:32.88

「隣、いい?」

「はる……か?」

春香は私の隣に腰掛けて、紅茶のペットボトルの蓋を開ける。

「寒いね、千早ちゃん」

「そう、ね」



14 : ◆RY6L0rQza2 :2015/01/25(日) 02:26:32.61

私たちは飲み物を手に持ちながら、暫く黙り込む。

「ねえ、千早ちゃん?」

「どうしたの、春香」

「真美と仲直り、したい?」

「えっ……?」



15 : ◆RY6L0rQza2 :2015/01/25(日) 02:27:17.48

「真美の事、見限ったりしてない?」

「そ、そんな事はない……私は、真美と一緒じゃないと、嫌」

「そっか。ふふ。妬けちゃうな。真美もさ、こうやって一人で空を眺めてたんだよ」

「真美も?」



16 : ◆RY6L0rQza2 :2015/01/25(日) 02:27:47.11

「うん。私になんて言ったと思う?」

「いえ、分からないわ……」

「仲直りしたい、千早ちゃんに謝りたいって。八つ当たりしたことを」

「八つ当たり?いえ、あれは私が不甲斐ないせいで……」



17 : ◆RY6L0rQza2 :2015/01/25(日) 02:28:17.65

自分の力不足が真美を苦しめている。それを思い出して、私は言葉を詰まらせて俯く。

春香が何も言わずに私の背中をさすってくれた。

萩原さんじゃないけど、私はなんてだめだめなんだろう。

色々な思いがこみ上げてきて、地面に一つ染みを作る。



18 : ◆RY6L0rQza2 :2015/01/25(日) 02:28:54.98

「千早お姉ちゃんは、不甲斐なくない!!」



19 : ◆RY6L0rQza2 :2015/01/25(日) 02:30:37.45

振り返ると、隣でよく聞いていたあの声。

「真美……」

「ごめんなさい、ごめんなさい!!」

真美は、私に縋り付いて泣き始める。

縋り付く真美を、私は優しく撫でてあげる。



20 : ◆RY6L0rQza2 :2015/01/25(日) 02:31:03.27

「私こそ、ごめんなさい……」

「千早お姉ちゃんは悪くない、真美が、真美が……!」

「……あーあー、えーと。イチャイチャするのも良いけど私の事、忘れてないかな?」

ハッと顔をあげると、ちょっとむくれた春香がいた。

「まぁ、私が手助けする必要がなくて、良かった……かな?」

そう言って春香は微笑んで、お邪魔虫は退散しまーす、と言って事務所に戻っていった。



21 : ◆RY6L0rQza2 :2015/01/25(日) 02:31:37.28

改めて真美が隣に座って、ぽつりぽつりと話し始める。

「その……真美もさ、千早お姉ちゃんが伸び伸び歌えるように、サポート出来るように、頑張ってたんだ」

「ええ……私も、真美が伸び伸び出来るようにって、サポートに徹していたのよ……」

「だから、その。ごめんね、千早お姉ちゃん。ちゃんと、話せば良かったね」

「そう、そうね。私も、真美にちゃんと話せば良かった」

「うん……ごめんね。ごめんね……!」



22 : ◆RY6L0rQza2 :2015/01/25(日) 02:32:14.50







後日。正式に活動を再開した私たちは、まずは小さなローカルテレビのオーディションを受けに来ていた。

「真美。自由にやっていいからね。私が後ろに居るから」

「千早お姉ちゃんも、好き勝手やってて良いんだからね?」

「ふふ、そうね。真美、頑張りましょう」



23 : ◆RY6L0rQza2 :2015/01/25(日) 02:33:04.12

自分の長所を出し合うのが私たちのコンビネーションだ。

長所を出し合うことがサポートになる、そう知っている私たちは、きっと、もう大丈夫。

このオーディションは絶対に合格する。そう私たちは信じている。



24 : ◆RY6L0rQza2 :2015/01/25(日) 02:34:00.36

そして、結果は……。



25 : ◆RY6L0rQza2 :2015/01/25(日) 02:34:27.08

「真美!やったわ!!」

「やったね!初めて合格したよぉ!」

「ふふふっ、でも、これからがスタートよ」

「うん。でもね千早お姉ちゃん!」

「なに?」



26 : ◆RY6L0rQza2 :2015/01/25(日) 02:35:05.44

「今は、喜ぼうよ!!真美達の初めての合格だもん!!」

「そう、そうね!ふふふ、真美、おめでとう!」

「千早お姉ちゃん、おめでとう!」

ひとしきり喜んで、初めてのテレビ出演の打ち合わせに向かう。

初めての打ち合わせは、凄く緊張した。

ディレクターの人の言っている事が中々飲み込めなくて、プロデューサーにちょっと怒られたりもしたけど。

でも、私たちのユニットは……そう。ここからが再スタートなのだ!



27 : ◆RY6L0rQza2 :2015/01/25(日) 02:35:47.40

「如月千早さん、双海真美さん!スタンバイお願いします!」

「さあ、行きましょう!」

「うん!」

私たち二人は、手を繋いで、駆けだした。


おわり



29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/25(日) 03:43:55.34




31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/25(日) 04:01:46.08

乙 良かった



元スレ:千早「嵐の後には凪がくる」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1422119840/