1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/02(月) 23:56:56.85

<生徒会室>


櫻子「こんちはー!」がらっ

綾乃「あら、大室さん」


放課後の生徒会室。今日の仕事分を確認していると、元気よく扉が開かれて大室さんが入ってきた。

きょろきょろと部屋を見回して、少し驚いたように尋ねてくる。


櫻子「あれっ? 先輩だけですか?」


綾乃「そうなの。千歳は昨日から風邪で休んでてね……会長も今日は外せない用事があるみたいで、今のところは私ひとりなの」


千歳は昨日と今日、体調不良で学校を休んでいた。風邪そのものは軽いもので心配はいらないらしく、明日には行けるかもしれないと言っていた。

会長は何か受験に関しての用事があるようで……詳しいことはわからなかったが、今回は参加できないことを昼休みに私の元まで伝えに来てくれた。


今日は三人ということで、会長の指定した仕事量は大したものではないが、それでもノルマはある。後輩たちと協力して、その仕事を済ませるのが今日の予定だ。


しかし、


櫻子「ほぇ~……偶然かなあ、向日葵も今日来れないんですよ」

綾乃「えっ?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1425308216



2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/03(火) 00:02:35.65

櫻子「お母さんに予定が入って、妹を幼稚園に迎えに行く人がいないからって……だから今頃あいつ、幼稚園向かってるんです」

綾乃「そ、そうだったの……」


まさかの事態になった。たった今仕事分のプリント類を確認しながら、古谷さんにやってもらおうと思っている箇所をいくつかチェックしていたところなので、それが来れないとなると予定を変更しなくてはならない。


いや、それ以前に……


綾乃「……ってことは、今日は私と大室さんだけなのね……!」

櫻子「そういうことになりますね~」


まさかの、生徒会役員の60%が欠席。


櫻子「二人だけなんて、珍しいですよね!」

綾乃「そうねぇ……」


珍しいというか初めてである。会長、千歳、古谷さんと高い出席率を誇る面々がみんな欠席。恐らくこれから先もこんなことは起こらないのではないだろうか。



3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/03(火) 00:04:42.55

二人しかいない事態を面白がっている大室さんを、優しく諭す。


綾乃「二人きりってなると、五人分の仕事を私達だけでやらなきゃいけないから、すごく大変よ」

櫻子「えぇー!?」

綾乃「……ふふ、冗談だけどね。会長が今日の分の仕事量を少なく決めておいてくれたのよ。それでも古谷さんがいると思ってたから、その分は私たちが頑張らないとだけど」

櫻子「なーんだ、それなら楽勝ですよ!」


意気揚々とカバンを置いた大室さんに、今日の仕事を教える。

簡単なプリント整理だ。アンケートの答えが色々と書かれているので、その答えに応じて分けてほしいのだ。

二人しかいないということで、机をいつもより大きくとって教える。


綾乃「―――で、それを学年分全部。これさえ終わったら帰っても大丈夫よ」

櫻子「うぇー、結構たくさん……」

綾乃「そんなことないわよ。一クラスあたり三分くらいじゃない? それに慣れれば早くなるし」

櫻子「ん~……」



4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/03(火) 00:06:11.92


櫻子「競争?」ぴくっ

綾乃「私より早く終わったら、冷蔵庫のプリンを上げてもいいわ」

櫻子「ほんとですか!?///」きらーん


……大室さんの扱い方は、そこそこ長い付き合いで既に心得ている。

つまらない作業を押し付けてもあまり進んでやってくれない彼女だが、ひとたび競争とかご褒美をちらつかせると俄然やる気になってくれるのだ。

しかも本気になった大室さんは、私達も驚くほどのパフォーマンスを見せることもある。その大室さんが現れてくれれば、今日の仕事は私達だけでも充分早く終わるだろう。

るんるんと歌いながら、なかなか早い手つきでプリントを整理し始めた。どうやら作戦は上手くいったようだ。恐らく私の仕事よりも早く終わらせてくれるはず。

プリンは大室さんに渡ることになるが、今回ばかりは構わない。こんな使い方も訪れるだろうと予想はしていた。


はりきる後輩の姿に安堵し、私も自分の仕事分にとりかかる。



5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/03(火) 00:08:04.82




櫻子「ん~~! おいし~♪」

綾乃「私ももうちょっとで終わるから、それ食べて待っててね」


大室さんは期待以上のスピードで作業を終わらせてくれた。

ご褒美のプリンに美味しそうに舌つづみを打っている。私もその美味しさはよくわかっているつもりだが、それにしてもこの子は本当に美味しそうに食べてくれる。

今回はそこに勝利の喜びも加わっているのだろう。もとより、私が勝ってしまってもプリンはあげてもいいと思っていたが。



櫻子「はー、おいしかった!」


ぺろりと平らげた大室さんは、人口密度の少ない生徒会室で遊び始めた。会長の席に座って口をぱくぱくさせたり(モノマネらしい)、千歳の席に座って「頑張ってや~」と応援してくれたり。

少し気は散るが、特に支障は無い。もう数分で私の仕事も終わるだろう。二人きりと知った時は驚いたものだが、なんとか今日のノルマは達成できそうだ。



6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/03(火) 00:08:53.63

大室さんはいろんなモノマネに飽きると、今度は背後にすり寄って来て、私の肩を揉み始めた。


櫻子「先輩まだですか~?」もみもみ


綾乃「あ……えと、もう少しで終わるけど」

櫻子「早く~早く~」もみもみ

綾乃「ちょ、ちょっと……///」


帰ってもいいよと言おうと思ったが、もうすぐこっちも終わりそうだし、なによりせっかく待ってくれているのだから早く終わらせてあげたほうがいい。

しかし、大室さんの手つきは何故か私に大きな脱力感を与え、私の作業スピードは格段に遅くなった。


櫻子「気持ちいいですか?」

綾乃「う、うん……っ」

櫻子「うちのねーちゃんにもたまにやってあげるけど、好評なんですよ~。『あんたマッサージだけはうまいね』って……だけは余計だ! って言うんですけどね」


本当に……うまい。特段肩が凝っているというわけではなかったが、なんともいえぬ快感がじわじわと両肩から伝わってくる。



7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/03(火) 00:09:24.73


しかし肩もみにも飽きてしまうと、今度は私の髪をいじり始めた。ポニーテール部分をくるくる弄ぶ。


櫻子「~♪」もしゃもしゃ


綾乃「……大室さん?」

櫻子「はい?」


綾乃「…………」


やめて、というのは角が立つかなと思った。別に拒絶するほどうっとおしくないのも事実だった。

少し言葉を選んで、振り返りながら告げる。


……ここの言葉が後に信じられない事態を招くきっかけになるとは、この時は微塵も思わなかった。




8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/03(火) 00:10:24.04

綾乃「大室さんって、スキンシップ多いわよね」


櫻子「そうですか?」

綾乃「まあ、普通の子よりは遥かにそんな気が……なんだかんだで私が学校で一番触れ合ってる子って、大室さんなのよね」

櫻子「えー、池田先輩とか、歳納先輩じゃなくて?」

綾乃「確かによく話すけど、触れ合ったりってそこまでしないもの。大室さんの方が多いわ」


嘘ではなかった。というか、言わなかっただけで以前から思っていたことだ。

生徒会で集まる時はもちろん、校内で偶然会う時なども、大室さんは急に抱きついてきたり手を握ってきたりすることが多い。

古谷さんは「昔から人懐っこい子なので、年上の人から構ってもらうのが好きなんですわ」と言っていた。なるほど年上の人に気にしてもらう嬉しさというのは確かにあるが、かといって千歳や歳納京子に私と同じほど触れ合っている所は見たことがない。

普段の時に聞くのも変かなと遠慮していたが、せっかく二人っきりなんだしと疑問を投げかけると、自問の末に答えを出してくれた。


櫻子「ん~……先輩ってなんか、落ち着くんですよね」

綾乃「落ち着く?」



9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/03(火) 00:11:08.03

櫻子「触ってると気持ちいいんです。いい匂いもするし、身長もおっきいから安心感があるんです」

綾乃「ふうん……///」


悪い気はしなかった。というか、嬉しい。こんなことを誰かに言われたのは初めてである。

思ったことをそのまま伝える大室さんのせいで、むしろ聞いてるこっちの方がだんだん恥ずかしくなってきた。


綾乃「で、でも今言ったことは古谷さんにも当てはまるんじゃない?」

櫻子「あいつはムカつくんですもん! 身体中柔らかくて……おっぱいでかいし!」

綾乃「安心感はないの?」

櫻子「先輩の方が断然ありますよ! あいつの匂いなんてもう嗅ぎ慣れちゃいましたしねぇ」くんくん

綾乃「っ!///」ぴくっ


大室さんはポニーテールを持ち上げると、私のうなじのあたりに顔を潜めてすんすんと鼻を鳴らした。

作業に半分集中していた私の手が、完全に止まる。


だめだ、そこは、弱い。



10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/03(火) 00:12:51.62

綾乃「お、大室さん……だめよ……///」

櫻子「ん~落ち着く~……やっぱり先輩が一番ですね~」

綾乃「ちょ、ちょっとストップ! 私作業できないじゃない……」

櫻子「えー? なんでですか?」


綾乃「私そこ……っ、弱いのよ……」

櫻子「…………」


二人きりしかいないのもあって、言葉のひとつひとつが静かな空間にとても良く通る。

後輩に何を言っているんだ自分は、と冷静を取り戻そうとしていると、大室さんは急に目を輝かせ、楽しそうな声で変な提案をしてきた。


櫻子「ちょっと、私にもやってくれませんか!? 私自分がどこ弱いとかわからないんですよ!」

綾乃「な、なにが?」

櫻子「弱点です! やっぱり私も自分の弱点知っとかないとって思って。先輩私の弱点探してください!」

綾乃「…………」



11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/03(火) 00:16:57.84

……変なことを言いだしたぞ、と危惧していると、タイミング悪く手元の仕事がちょうど終わってしまった。

「終わりましたか!? じゃあ早速!」と、大室さんは隣の椅子に座る。


……よくわからないが、今私にしていたことと同じことをして欲しいらしい。


綾乃「えーと……何すればいいの?」

櫻子「なんでもいいですよ! どんとこいです!」わくわく


何からやっていいかわからないので、とりあえず後ろに立って肩を揉む。小さくてか細い肩だ。

私自身あんまり他の人の肩をを揉んであげたりしたことはないので、自分が上手にできているかどうかはわからない。



12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/03(火) 00:18:11.37

櫻子「肩くらいは平気ですよ~」

綾乃「そう? じゃあ……」


さっきの大室さんと同じように、後ろ髪をかきあげてうなじの匂いを吸い込んでみる。


櫻子「あ、先輩も落ち着きますか?」

綾乃「落ち着きは……しないわね」


落ち着くどころか、変にドキドキしてきた。

大室さんの匂いはなんというか……子供の匂いだ。少しだけプリンのような甘い香りも感じる。


ウェーブがかった後ろ髪に指を通してその面白い感触を楽しんでいると、私の微妙な対応にしびれを切らしたようだった。


櫻子「もー全然ですよー! もっとガバッと来ちゃってください!」

綾乃「わ、わかったわよ」



13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/03(火) 00:18:52.17

このままだとこの変なやりとりが永遠に続くと思った私は、思い切って弱点っぽいところを触ってみることにする。

手始めに、脇腹を大きく揉んでみた。


櫻子「ぅあっ……!!///」ぞわっ


綾乃「あれ、弱点?」


櫻子「やっ、ちょ……そこはずるいですよ! そんなとこ誰だって弱いじゃないですか!」

綾乃「でも弱点ってそういうことなんじゃないの?」

櫻子「そっ、そういうのじゃなくて、私だけが弱いところとかを見つけたいんですよ~!///」ぱたぱた

綾乃「ふーん……けど、弱点であることに変わりはないみたいね。くすぐったいの?」

櫻子「くすぐったいに……決まってるじゃないですかぁ……にゃははは!」ぴくっ


笑いながら身体をよじらせる大室さん。

骨の部分をなぞるように触ると、反応は更に大きくなる。こり、こりとあばらを前後に揉んであげると、ひゃん! と可愛い声が出てくる。



14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/03(火) 00:19:24.12

だんだん、小動物のお腹をなでているような愛しさが出てきた。

この辺りが弱いのかな? ここかな? と探るたび、違ったレスポンスが帰ってくることが楽しくなってくる。


櫻子「きゃ~! も、も~先輩!」

綾乃「ここが弱いみたいねぇ」

櫻子「あははは! だめ! だめですって~!///」ぎゅっ

綾乃「あっ」


脇の下に手を忍ばせると、大室さんはあまりのくすぐったさに脇を閉めてしまった。

私の腕が少し引っ張られて、そのまま背中にもたれる形になる。

そうして前にずれた私の手は、強制的に……大室さんの胸を触ることとなった。



15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/03(火) 00:19:51.93

綾乃「…………」さわさわ

櫻子「あっ! ちょ、どこ触ってるんですか!?」

綾乃「あ、いや、違うわよ! これは仕方なく……!」


ぱっと手を離して弁明する。しかし大室さんは大きな目を驚いたように見開くと、はっとした様子になって胸をまさぐり始めた。


櫻子「あれ!? 今……」さわさわ

綾乃「……?」


櫻子「ちょ、先輩! もう一回おっぱいお願いします!」

綾乃「ええっ!?///」


何か感じるものがあったのだろうか、大室さんは胸の接触を解禁してきた。



16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/03(火) 00:20:50.49

綾乃「…………いいの?」

櫻子「お願いです! 今なんか来たんですよ!」


葛藤はもちろんあったが、ここまで散々脇を責めていて今更なことだし、せがまれるままにその控えめな胸を触る。


櫻子「ふ、ふあぁ……!///」

綾乃「ど、どう?」

櫻子「ああっ、これ……他の人に触られると……!」


櫻子「んっ、や、やっぱり……! 私の弱点、おっぱいかもです……!」

綾乃「…………」


……爆弾発言が飛び出る。今日が二人きりでよかった。誰かに聞かれていたら大事件だ。




17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/03(火) 00:21:33.82

櫻子「もっと、もっとお願いします……ぁん……」

綾乃「いや、これ以上はさすがに……///」

櫻子「お願いします! ちゃんと確かめたいんですよぉ……!」

綾乃「……はぁ」


こうなると、もはや言っても聞き入れて貰えないだろう。大室さんには身体でわからせてあげるのが一番だ。

気持ち良すぎるとわかったら、向こうから拒絶してくれるはず。意を決して、私は脇腹の下からから大きく包み込むように大室さんの胸を揉んだ。


櫻子「んぁぁっ!」

綾乃「…………」もむっ


櫻子「んっ……く……あぁ……」ぴくっ


色っぽい声が漏れる。息遣いも変わり、身をくねらせながら我慢している。



18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/03(火) 00:22:33.00

私が揉み上げると、肩をせばめて身を縮める。円を描くように指を這わせながら揉みおろすと、声を出しながらぴくぴくと身体を震わせる。


我慢なんて強情だ、そう思いながら手つきを強くしても、大室さんは更に強い我慢を重ねて私に釣り合おうとしてくる。


綾乃「じゃ、弱点じゃない……もう認めたら?」

櫻子「だって……お、おっぱいが弱点なんて、かっこわるいんですもん……んっ!///」


人差し指を噛んで、必死に我慢を重ねる大室さん。その齢で、こんなに胸が感じるのも珍しいと思う。


その声はいつもよりも高く震えていた。こんな声を出す子だったのかと少し驚きながらも、もっとその声を聴き出せるようにと私の手つきも自然にポイントを探ってしまっていた。


可愛い。大室さんが、可愛い。


静かな部屋に小さく篭る、私と大室さんの息遣い。衣擦れの音。漏れる甘い声。


先ほどと同じはずの大室さん髪の匂いが、さらなるドキドキを私にもたらす。くるくるとしたウェーブが顔をくすぐって、それがこそばゆくて、すっかり顔を押し付けてしまう形になった。



19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/03(火) 00:23:17.05

そうして夢中で楽しんでいた私は、意識的に避けていた乳首の部分を、いつの間にか人差し指と中指で探ってしまっていた。


櫻子「せんぱぃ……ゆび、やばいです……!」はぁはぁ


綾乃「そう……? じゃあここも弱いのね」きゅっ


櫻子「んぁ……ああっ……///」ぴくっ


椅子からずり落ちそうになっている大室さんを、下から抱え込むように責める。乳首のあたりに指を這わせて、手のひらで胸を揉む。

我慢で震えてしまっている肩に頬を乗せ、耳元で囁く。


綾乃「どう? 気持ちいい?」


櫻子「んっ……は、はぃ……///」


……自分は何を言っているんだという気持ちはある。はたから見れば、先輩が後輩に声を我慢させながら弱い部分をいじめる酷い構図だ。

こんなことしちゃいけない。しかし、大室さんの可愛い顔がもっと見たくて、意志と反して執拗になっていってしまう。



20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/03(火) 00:24:32.28

しゅり、しゅりと一番敏感な部分を指でさすってみる。気持ちよすぎるのか、そこからは声も一層激しくなった。


櫻子「あっ、はぁ……あぁんっ……! もっ、もうだめですっ!///」がたっ

綾乃「!」


ついに我慢が限界に達した大室さんは、跳ね起きて机に前かがみになる。

机が揺れる音、椅子がずれる大きな音は、とろけていた私の意識を覚ました。


自分は、なんてことをしてしまっていたのだ。


綾乃「ごっ、ごめんなさい大室さん……! 私ちょっと自分を見失ってたわ……大丈夫?」

櫻子「……はぁ、ぅ……はひ……」


大室さんは息遣いを安定させながら、身体を翻して私に向き合い、机に座るようにして胸を抑えながら言った。


櫻子「えへへ……だめです、私、おっぱいきもちぃみたい……///」


綾乃「っ……!///」どきっ


―――魔性。

もしここが生徒会室じゃなくて私の部屋だったら、もし今下校の時刻を告げるチャイムが鳴ってくれていなかったら、もし私たちが、これからも付き合いの続く先輩と後輩の間柄じゃなかったら。

私はこの子を、今すぐにでも襲っていたかもしれない。

そう思わせるほどの可愛い笑顔を、私に向けてくれた。



21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/03(火) 00:25:23.17

櫻子「へ、変なことしちゃいましたね……もうこんな時間だ」ぴょん

綾乃「…………」


制服を整えて、帰る準備を始める。

混乱する頭に鞭を打って、私もなんとか作業の終わってあるプリント類をまとめた。これはここに置いておいて、明日また会長に渡せばいい。


櫻子「じゃあ、もう帰りましょうか」

綾乃「え、ええ……」


大室さんは大きく伸びをすると、もうほとんど通常の状態に戻っていた。生徒会室に入ってきたときの、いつもの元気な姿だ。


しかし私の耳にはもう、さっきの喘ぎ声が焼き付いてしまっている。我慢を重ねる表情、紅潮した顔、震える肩の力、全てが大きく意識に刻まれている。


こんな気持ちは初めてだった。


そして、願ってしまった。もっともっと、この先にあるものを見てみたいと。



綾乃「大室さん……今日、暇?」

櫻子「えっ?」



22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/03(火) 00:26:12.98




綾乃(……こんなことになっちゃった……)しゃわー


ぽんぽんと流れるように事は進み、なんと大室さんは今日私の家に泊まることになった。

「私、前から先輩の家に遊びに行ってみたかったんですよ~!」……帰りがけに誘ってみると、無邪気にそう答えてくれた大室さんは、そのまま私の家に一緒に帰宅した。

普段から外泊には慣れているのだろうか、家に電話をさせるとあっさり許可が降りたようだった。夕飯当番がなんとか言っていたが、それくらいの心配で済んだらしい。

生徒会で一緒の後輩が遊びに来たと言うと、うちの親も「良いことだ」と大室さんを手厚くもてなしてくれた。同級生でさえ家に呼ぶことが少ない私が、後輩と仲良くなるのは珍しいと。

無断外泊は校則違反だ。が、二人きりの生徒会室で淫行まがいのことをしていた自分にもはやそんな規則は効かない。

そんなことよりも私は、大室さんを離したくなかった。



23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/03(火) 00:26:41.27

今私は入浴中である。大室さんを先に風呂に入らせて、宿題でもしててねと部屋に置いて、手早くシャワーを浴びている。


私はまだ、生徒会室での出来事が忘れられない。目蓋を閉じればすぐにでもあの時の光景を思い描けていた。

続きがしたいというあの時の刹那的な欲求が、とんとん拍子でこんなところまで来てしまった。もう後には引けない感じがある。


大室さんの胸の感触、くすぐる髪のこそばゆさ、香り、そして可愛い喘ぎ声は、思い起こしただけで頭を熱くさせる。


今その人は、私の部屋にいる。

いつもより一回多くシャンプーをして、この後に起こる……いや、起こそうとしている事を想像しながら、風呂を上がった。



ドキドキを抑えながら部屋へ戻る。宿題でもしててと言ったものの、大室さんは足をぱたつかせながら雑誌を読んでいた。


綾乃「お待たせ」

櫻子「あっ! おかえりなさーい」



24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/03(火) 00:27:10.57

綾乃「ふう……」すとん

櫻子「いやー、先輩のおうちは本当楽しいですね~」

綾乃「そう?」

櫻子「私、年上の人のお部屋に泊まるのって初めてなんです! なんか特別な感じしますよ」


急な外泊のため、大室さんは今私の服を借りている。ベッドに座って私を見上げるその体勢だと、少しゆったりした胸元から肌白い空間が覗く。


大室さんの、弱点らしい場所。さっきまで、私が執拗に触っていた場所。


慌てて目をそらして隣に座ると、大室さんは身体をすらせてベッドを這い、生徒会室での時と同じように私の肩を揉みはじめた。


綾乃「きゃっ……///」

櫻子「もー先輩にはいつもお世話になっちゃってますね。いっぱい遊んでくれるし、プリンもたくさんくれるし……本当ありがとうございますぅ」

綾乃「い、いいのよそのくらい」



25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/03(火) 00:27:43.48

櫻子「私やっぱり生徒会入って良かったな~。最初は向日葵に負けないようにって入ったんですけど、先輩とお友達になれたのがすごい嬉しいですよ!」


とても嬉しいことを言ってくれているが、肩揉みの手つきは相変わらず抜群で、私の意識はほとんどそっちに持っていかれてしまう。なんとか平静を保ちながら、「私もいい後輩ができて嬉しいわ」とだけ伝える。


櫻子「ほんとですか? でもお礼したいけど、私が先輩にできることって言ったら肩揉むぐらいしかないし……あ、そうだ! 今度またうちに遊びにきてくださいよ! いつでも歓迎なんで!」

綾乃「ええ。近いうちにっ、行きたい、わ……」びくっ


両肩がぞくぞくする。もはや肩揉みの気持ち良さとは違うベクトルの快感しか感じられない。もしかして私は肩に特別な感帯があるんじゃないかと思ってしまうほどだ。


そのまま肩から胸に降りてきてもいい。脇に降りてきてくれてもいい。なんなら首を軽く締めても、もしかしたら気持ちいいかもしれない……私の意識はすっかり大室さんの手のとりこである。



26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/03(火) 00:28:27.11

櫻子「あっ。そうだ! 先輩何かお願い事とかありますか?」ぽんっ

綾乃「おっ、お願い事……?」


櫻子「はい! 私も先輩に何かしてあげたいんですよ! 私にできることがあったら遠慮なく言ってください、何でもしますから♪」

綾乃「…………」


……この子は本当に私の意図と無関係に付き合ってくれているのだろうか。

もしかしたら、私のしたいことを見越してリードしてくれているのではないだろうか。そんなことする子じゃないとわかっていつつも、大室さんは着々と私の期待以上の展開に導いてくれる。


もうここまで来たら、やるしかない。


これが目的で誘ったのだ。


部屋の明かりを消して、もう一度隣に座る。


櫻子「あれっ、寝ちゃうんですか!?」

綾乃「んー……まあまあ。じゃあ私のお願いを聞いてくれる?」

櫻子「おお。なんですか、お願いって」



27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/03(火) 00:28:56.59

綾乃「私ね……」ごくっ


必死に言葉を選んだ。ここで使うべき表現は何か。


直接的な言葉を使っていいのか。そんなこといったら関係にヒビが入るかもしれない。そもそも自分は大室さんとどこまでしたいのだ。最後までしたいとまでは決して思っていない。


あの時の続きでいいのだ。あの時許された程度のスキンシップに続きを見たくて誘ったのだから。大室さんは難しいことも考えずに応じてくれるはずだ。というかこの子に専門的な用語を使ってもわかってもらえない可能性すらある。一つ下とはいえ、この子はそのくらい幼い子なのだ。



綾乃「大室さんに……マッサージしてあげたいの」

櫻子「…………」


私たちの間に、少しの静寂が産まれた。


まずい、やはり間違ったか……! と言い直そうとすると、「そんなことで良いんすか……?」と否定しない様子を見せてくれた。



28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/03(火) 00:29:24.24

綾乃「せ、生徒会室でしてくれたみたいに……大室さんをマッサージしてあげたいのよ」

櫻子「はー……先輩やっぱりすごいっすね~、こんな時まで私に何かしてくれるなんて。もちろん断る理由はないですけど」

綾乃「嬉しいわ。そのまま寝ちゃってもいいから、よろしくね」

櫻子「あーあ、私もてなされてばっかりだな~。ほんと天国みたいですね、ここのおうち!」


その答えを了承と受け止めて、それじゃあ……と姿勢を変えた。

大室さんの背後に座り、あの時と同じように肩揉みから入る。



29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/03(火) 00:29:57.88




櫻子「ぁ……やっ、あん……///」

綾乃「……どう? 気持ちいい?」

櫻子「や、ばいですぅ……だから、そこ弱点なんですってぇ……!」


もはや欲情を抑えることはできなかった。

徐々に肩から脇へ、脇から胸へとすべらせて、大室さんからすっかりあの時と同じ声が出てくるようになると、いよいよ私の箍も外れた。

二人羽織のような密着状態で胸を責める。


櫻子「やぁぁ……んっ、ぅぁ……」


綾乃「大室さん……私いま、すごい幸せよ……///」


櫻子「こっ、こんなのが幸せなんですかぁ……?」



30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/03(火) 00:30:40.47

綾乃「大室さんが私の手で気持ちよくなってくれてると、こっちも嬉しいの……」


櫻子「そうなんですか……じゃ、じゃあ我慢しなきゃ……!」むっ


綾乃「我慢……しなくてもいいのよ?」


櫻子「だってぇ、が、我慢しなかったら、おかしくなっちゃいそうなんですもん……っ! んぁっ!」


綾乃「ふふ……///」


薄暗い室内だが、すっかり目は闇に慣れた。はみつきたくなる白い首元を愛おしく見つめる。


無いようでわずかにある胸の突起を指で探り当て、そこをつまみながら手首をゆっくり動かす。大室さんは毛布をぎゅっと掴んで、大きい声を出さないように耐えている。その姿がとても愛しくて、私は震える背中を包むようにして密着度合いをさらに高めた。



叶うことなら、キスのひとつもしたいところだが……それは許されない。



31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/03(火) 00:31:08.90

私に許されるのは、上半身へのスキンシップだけ。それ以上は絶対のタブーで、私自身もそれ以上のことは大室さんにしたくない。


夢のような距離感にいてくれるこの可愛い後輩は、私にとっても大切なのだった。これより先の世界を求めてしまうと、必ずや後悔を生むことになる。


劣情を許してほしい。どうか一晩、一日の過ちであったと。ただのスキンシップの慣れの果てだと。



大室さんは、性行為も何も知らない、無垢な女の子。自分を一番に慕ってくれて、いつでも私を求めてくれる子。


守らなきゃいけないのは、私に対して想ってくれている憧れと、親愛だ。



綾乃「大室さん……私、大室さんが好きみたい」


櫻子「えっ、ええっ? 好きって……?///」


綾乃「大室さんの可愛い顔がもっと見たいの。可愛い声が聞きたいの。それができているから……今私は幸せなのね」


櫻子「そうなんですか……じゃあ私も、先輩のこと好きですよ……?」


綾乃「えっ……///」



32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/03(火) 00:31:37.30

私の手に手を絡めて動きを止めると、胸にもたれかかるようにして私を見上げながら言ってくれた。


差し込む月明かりを取り込んだ大室さんの綺麗な目には、重ねた我慢による涙が溜まっていた。



櫻子「先輩が私に何かしてくれる時とか、私に構ってくれるときとか、私のことちゃんと受け止めてくれる時……そういうのがすごい嬉しいんです。先輩みたいなすごい人が、私のことちゃんと見てくれてるんだって……」


綾乃「……私は別にすごくなんかないけど、それでも嬉しいわ」


櫻子「先輩、だけなんですからね……私の弱点知ってるの。誰にも言っちゃ、だめですからね……?」


綾乃「っ……!///」



魔性の笑顔が、私を大きく揺らす。


可愛すぎて、愛しすぎて。壊れそうに震える小さな大室さんを、強く強く抱きしめた。



綾乃「……ええ、誰にも言わないわ。その代わり……」



―――これからも、あなたにとって一番の先輩でいさせてね。


私たちは手を取り合ったまま横に倒れ、そのまま眠りに落ちてしまった。



33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/03(火) 00:32:05.45

――――――
――――
――



櫻子「こんちはーっ!」がらっ

向日葵「失礼しますわ」

綾乃「あ、来たわね」


翌日は、いつもと同じ生徒会。今日は会長も千歳もいる。


千歳「ほんまごめんな~、大したことなかったんやけど、やっと治ってん」

向日葵「聞きましたわ、風邪だったそうで……そんなに重くなさそうでよかったです」

りせ「…………」こくこく


櫻子「昨日は私と杉浦先輩だけで全部終わらせたんだぞー。みんな感謝してよね!」

千歳「ほんまありがとうな~。大室さん偉いわあ」



34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/03(火) 00:32:33.58

向日葵「杉浦先輩もありがとうございました。昨日は櫻子がお世話になったそうで……」

綾乃「いえ、いいのよ。誘ったのは私だし」

櫻子「へへー、向日葵がいない間に先輩ともっと仲良くなっちゃったもんね! こりゃあ、時期生徒会副会長は私かなー?」ぎゅっ

綾乃「あ……///」


荷物を置いた大室さんが、私の腰に抱きついてくる。

その笑顔は、いつもの元気な大室さんだった。


向日葵「えっ! す、杉浦先輩困りますわ! 私のこともちゃんと見てくださいね!?」

綾乃「だ、大丈夫。それに副会長を決めるのは私じゃなくて学校の皆よ」



35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/03(火) 00:33:10.40

櫻子「えへへ、それでも私の方が先輩と仲良いもんね。ねっ、先輩~♪」するっ

綾乃「あ、ちょっと……!///」


私の首元に蛇のように巻きついてくる。大室さんは私の弱い部分をちゃんと覚えていた。


向日葵「こっ、こら櫻子! べたべたしすぎですわ! 杉浦先輩困ってるじゃありませんの!」

櫻子「そんなことないもーん、だって先輩は私のこと好きなんだから!」


向日葵「えっ」

千歳「えっ」

りせ「っ……」


大室さんの一言は、まるで昨日二人きりだった時よりも静かな静寂を巻き起こした……



36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/03(火) 00:33:52.02

そのまま続く首元へのすりすり攻撃に耐えながらも、私は古谷さんの目が光を失っていくのを見てしまった。


綾乃「や、違うわよ!? 昨日のはそういう意味で言ったんじゃ……!」

向日葵「好き……!? 昨日……!?」

綾乃「古谷さん待って、これは誤解なのよ! ちょっとした行き違いというか、ニュアンスの違いというか……!」

千歳「綾乃ちゃんホンマなん!? もうウチ二人のことそういう目でしか見えへんようなるで!?」

綾乃「千歳も落ち着いて! 好きっていうのは、一人の後輩としてというか、ちょっとした秘密の共有というか……!」


必死に誤解を説明する。困ったことに、全然誤解じゃないのが悩み所だ。大室さんを好きと言ったことに嘘はないし、むしろそれをちゃんと受け止めてくれた大室さんに対して、失礼な対応をとってしまっている。

大室さんのことは前よりもっと好きになったけど……今の尋常でない古谷さんを見てしまうと、嘘をついてでも弁明したくなってしまった。

しかし日頃から嘘を並べるなどしたことのない私だ。取り繕うとするたびに不自然になり、結果的に自分でも意味のわからない状態になってくる。



37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/03(火) 00:34:41.25

どうしようどうしようと頭を抱えていると、大室さんがぽんと肩を叩きながら笑った。


櫻子「うっそー! 冗談だよーん♪」


綾乃「……え?」

向日葵「……はい?」


櫻子「あははは! 杉浦先輩はそんなこと私に言わないもん。みんな何焦ってるの?」


向日葵「いや……そ、そうですわよね! 確かに杉浦先輩は年上の方の中では一番バカ櫻子を理解してくれてる方ですから、そういう意味でってことですわよね。わかってますわ私」

千歳「ふぅびっくりしたわ~……これからは生徒会室でもテイッシュ大量消費せなあかんところやったで」

りせ「…………」


綾乃「う、うん……そうよね……」


各自、よくわからない事態を「冗談」と認識し、それぞれの都合に合わせて解釈してくれたようだ。古谷さんが胸を撫で下ろしているということは、そういうことなのだろう。

でもこれだと、大室さんに申し訳ない。昨日の夜のことは、二人きりのスキンシップは、一体私たちにとってなんだったのかということになる。


だが、



38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/03(火) 00:35:10.23

櫻子(……プリン一個で、手を打ちますね)ひそひそ


綾乃「えっ」

櫻子「いひひー……///」


耳元で小さく囁くと、大室さんは私の手を握っていたずらっぽく笑った。


純粋無垢な魔性の少女は、以外に策士なのであった。



~fin~



39 :孤独の人 :2015/03/03(火) 00:35:41.46

ありがとうございました。



40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/03(火) 01:37:10.44




元スレ:綾乃「いたずらスキンシップ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1425308216/