1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/04(水) 18:10:11.42

千鶴「…」

ロコ「むぅ…」

千鶴「…」

瑞希「ぬ…」

千鶴「ふわぁ…」

ロコ「あっ!チヅル!動かないでください!」

千鶴「うぅ…まだですの?」

瑞希「もう少しです…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1425460211



2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/04(水) 18:12:03.61

ロコ「よし!出来ました!」

瑞希「私も、完成です」

千鶴「ふぅ…動かないでいるのはなかなか疲れますわね…」

ロコ「グッジョブでしたチヅル!おかげでハイクオリティなワークが出来ましたよー!」

瑞希「こちらも自信作です。…ふんす」

千鶴「それは楽しみですわ。ちゃんとゴージャスに描いていますでしょうね?」

ロコ「オフコースです!」



3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/04(水) 18:15:43.71

ロコ「それではロコからショウしましょう!じゃじゃーん!」

瑞希「おー!」

千鶴「おお、さすが…!上手ですわね」

瑞希「金ピカですね…これはゴージャス」

ロコ「ふふーん!エクスプレネーションしましょう!これはゴールドをベースにしましたが、フレンドリーなイメージも残したかったので各所にグリーンなどのソフトなカラーを…」

千鶴「よしよし、よく出来ましたわコロちゃん」

ロコ「わっ!ちょっと…頭をなでないで…!それにロコはロコです!」

瑞希「伴田さん、えらいぞ…ふにふに」

ロコ「ふぁ!ほっへをひっはららいへくらはい!」



4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/04(水) 18:16:48.76

千鶴「よしよし、よーしよし!」

ロコ「ひゃあ!あはは!やめて!そこはウィークポイントなんですー!」

瑞希「よーしよし…わしゃわしゃわしゃ…」

ロコ「んー!やめてください!ロコのヘアーが…!」

千鶴「よーしよしゃよしゃよしゃ…!」

ロコ「ふぎゅ…!もうやめ…!やめ…やめて!!!」



5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/04(水) 18:18:55.99

ロコ「やりすぎです!」

千鶴「そうでしたかしら?」

ロコ「後半なんかヒューマンに対する撫で方ではなかったですよ!」

千鶴「コロちゃんですものね」

ロコ「ロコはドッグではありません!」

瑞希「どうどう…」

ロコ「ホース!こっちはホース!」



7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/04(水) 18:24:22.69

ロコ「もう!二人ともロコをなんだとリガードしてるんですか…」

千鶴「まあそれはそれとして、この絵は素晴らしいですわよ」

瑞希「はい、アートを感じます。ふぃーる」

ロコ「初めからそういう風にプレイズしてくれれば良いのに…」

瑞希「それでは、私の作品もお披露目しましょう」

千鶴「お、そういえば瑞希も描いていたんでしたわね」

瑞希「忘れられたら悲しいです。…しくしく」

ロコ「ミズキがチヅルをどのようにポートレイしたのか、気になりますね…!」



8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/04(水) 18:28:35.12

瑞希「これです。じゃーん」

ロコ「これ…は…?」

千鶴「これは、何かのビン…ですわね…」

瑞希「はい」

ロコ「…? ミズキ、これはどういうことですか?」

瑞希「二階堂です」

千鶴「え?」

瑞希「大分むぎ焼酎、二階堂です」

千鶴「ほふっ!」



9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/04(水) 18:29:17.58

ロコ「なっ…!」

千鶴「瑞希、んふっ!いやいやいや…」

瑞希「麦100%、二階堂です」

千鶴「いや、ドヤ顔で言われても…」

ロコ「アメージングです!」

千鶴「ええ!?」

ロコ「オブジェクトへのアンコンヴェンショナルでフレキシブルなアプローチ…!さすがミズキです!」

千鶴「コロちゃん、それで良いんですの!?」



10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/04(水) 18:30:38.36

瑞希「ふっふっふっ…!センスがあるものだけが分か…ふぃーる出来る世界があるんですよ、二階堂さん」

千鶴「いや言い直してるし…。んふっ…無駄にムカつきますわね…」

ロコ「くっ…!ロコも負けていられません!ミズキ!ワンモアです!」

瑞希「よいでしょう…!ぐっどでしょう…!」

千鶴「んふふ…完全に調子に乗ってますわね。腹立たしいですわ…」

瑞希「ミズキナイズしてみせましょう」

ロコ「ロコも今度はよりアブストラクトなエクスプレッションにチャレンジしてみせます!」

千鶴「間違った方向に火がついているような…」

ロコ「では、次のモチーフは何に…」

真「ただいまー!」

ロコ「!」



11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/04(水) 18:31:35.38

千鶴「おかえりなさい。お疲れ様ですわ、真」

瑞希「菊地さん、ぐっじょぶでした。褒め…ぷれいずしてあげましょう」

真「…? ありがとう瑞希…」

千鶴「んふ!」

ロコ「マコト!グッドタイミングです!」

真「あれ?そんなにお腹減ってたの?えーと、ロコはツナだっけ…」

ロコ「違います!そういうことではなくて…ミズキ!次はマコトで行きましょう!」

真「え?何が?」

瑞希「望むところです。…ほーぷするところです」

千鶴「ふふ、それもうやめなさいな」



13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/04(水) 18:32:11.78

ロコ「ホラ!マコトはこのチェアーに座って!」

真「え?なになに?どういうこと?おにぎりは?」

千鶴「とりあえず私が食べておきますわ」

瑞希「二階堂さん、おかかは私のですよ」

千鶴「分かっていましてよ」

ロコ「マコトには絵のモデルをお願いしたいんです!」

真「ボクがモデル?」

瑞希「はい、さっきは二階堂さんを描きました」



15 :>>12 毎度サンクスです! :2015/03/04(水) 18:36:07.79

ロコ「よーし!行きますよー!」

真「なんか緊張するな…どんな感じで描いてるの?」

ロコ「マコト!じっとしててください!」

真「ああっと、ゴメンゴメン…へへっ!どうせなら、フリフリで可愛く描いてほしいなあ…!」

ロコ「むむむ…」

瑞希「ぬぬ…」

千鶴「あら?真、肉巻きがありませんわよ」

真「ああ、売り切れちゃってて…。かわりにナメタケを買っておきましたよ」

千鶴「仕方ありませんわね…」



16 :>>14 サンクスです! :2015/03/04(水) 18:37:52.84

ロコ「よし、これで…!フィニッシュです!」

瑞希「こちらも、ふぃにっしゅ」

真「ホント!?」

ロコ「むふふ…!我ながらグッドなクオリティです!ミズキ、またロコから行かせてもらいますよ!」

瑞希「はい、かまいません」

真「わぁ…なんかドキドキする…!」

千鶴「もぐもぐ…楽しみれふわね…」



17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/04(水) 18:38:39.40

ロコ「では…じゃじゃーん!」

真「こ…これは…!」

千鶴「んふふっ!」

ロコ「ノーマルに描いてもつまらないので、マッスルをプラスしてみました!どうですか!マコトのイメージにジャストフィットです!」

瑞希「お、男らしい…!」

真「……」

千鶴「んふふふっ!ま、真!大丈夫ですの!?」

ロコ「ボイスも出ないほどアドマイアしているようですね!」



18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/04(水) 18:39:14.63

真「ロコ…!これは一体どういう…」

ロコ「待ってくださいマコト!サンクスの言葉はまたあとで聞きます!」

千鶴「ふふふ…!」

真「いやいや…サンクスとかじゃなくて…」

ロコ「さて、ミズキ!ミズキのターンです!」

瑞希「なかなかすばらし…ぐれーとな作品でした、伴田さん。筋肉によって菊地さんの男らしさを、全面に押し出すことに成功しています」

瑞希「しかし…その男らしさの表現、私に言わせればまだまだです…!」

ロコ「な、なに!?」

真「いや、ちょっと…二人とも…?」

瑞希「私の作品は、こちらです!」



20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/04(水) 18:40:06.70

真「!」

ロコ「…?」

瑞希「どうですか…!」

ロコ「どうって…ミズキ、これは…」

千鶴「予想外に普通ですわね…。普通に真の絵ですわ」

真「み、瑞希…!瑞希はボクのことちゃんと描いてくれたんだね…!」

瑞希「いえ、普通ではありません」

真「え?」

瑞希「みなさん、菊地さんの手に注目してください」

ロコ「手…?」



21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/04(水) 18:40:46.74

千鶴「たしかに絵の真の手…なんか違和感がありますわね…」

ロコ「濡れている…ような…?」

真「え…?」

瑞希「はい、この菊地さんは…手を洗ったあと、拭いてません!」

ロコ「な、なに!?」

千鶴「ふっ!」

真「……!」

瑞希「めんどくさいから、自然乾燥です…!」

千鶴「んふふっ!お、男らしい…!」



22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/04(水) 18:41:22.43

真「み、瑞希…?」

瑞希「さらに、それだけではありません」

ロコ「あっ!ネックになにかぶら下がってます!」

千鶴「丸いのが三つありますわね…これはなんですの?」

瑞希「喉仏です」

真「!!」

ロコ「の、喉仏…!」

千鶴「んふふっ!み、三つも?」

瑞希「はい、喉仏を三つも首に下げています」

ロコ「んふっ!」

真「ふっ…!」

千鶴「お、男らしいですわ…!」

真「瑞希~~~~~!」



23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/04(水) 18:41:56.08

真「もう怒ったぞ!瑞希!」

瑞希「わ、わ!」

真「待て!人を馬鹿にしてー!」

千鶴「あはははは!」

瑞希「は、伴田さんも同罪です!」

真「瑞希のには悪意を感じるんだよ!」

瑞希「そ、それにさっき笑ってたのに…いひゃい!」

真「面白かったら何でも許されると思うなよー!ボクは伊織じゃないんだ!このー!」

千鶴「あはは!あはははは!」

ロコ「ふふふ!」



24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/04(水) 18:42:27.78

瑞希「いひゃいれふ、ひふひはん」

真「この口が…!この口が悪いんだな…!」

千鶴「んふふっ…」

ロコ「いやあ、いろいろとスタディになりました…。チヅル、ロコの分のおにぎりもください!」

千鶴「ああ、えーっと…コロちゃんはツナでしたわね…」

真「ホラ!この喉のどこに仏があるっていうんだ!四つも!」

瑞希「ひほふおおい」

千鶴「ふふ…」



25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/04(水) 18:43:10.03

真「もう!ボクの体にはそんな凹凸なんてどこにもないんだから…って、誰の体がペッタンコだってー!?」

瑞希「えー!?今のは私関係ない…!」

真「んふっ!問答無用ー!」

瑞希「ひゃっ!やめて…!んふっ!くすぐった…!」

真「このー!千早の分もおしおきだー!」

瑞希「やっ…!んふっ…ふふふふっ!」

千鶴「ふふ…、仲が良いですわね」

ロコ「いただきまーす! あーむ!むぐむぐ…んー!デリシャスー♪」

千鶴「……」



26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/04(水) 18:43:42.02

ロコ「むぐむぐ…、ん…? どうしたんですかチヅル?」

千鶴「…えい!」

ロコ「あーロコのおにぎり!なにするんですか!返してー!」

千鶴「コロちゃん、手を出してください」

ロコ「…? はい…」

千鶴「手を私の手の上に乗せて…」

ロコ「こうですか?」

千鶴「よし!食べてもいいですわよ!」

ロコ「…? ストレンジなチヅルです…って!」



27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/04(水) 18:44:30.36

ロコ「またロコをドッグ扱いしましたねー!」

千鶴「お手も出来るようになったんですわね、偉いですわー」

ロコ「だから頭を撫でないでー!」

千鶴「よしよし、よーしよーし」

ロコ「ふあ!んふふっ!だからそこはダメですー!」

真「よしよーし!よしゃよしゃよしゃ…!」

ロコ「ダメっ…!あははっ!ストップです!ストップ!」

瑞希「こしょこしょこしょ…こーしょこしょ…」

ロコ「あはははは!ストップ!ストップ!…ストーーップ!!!」



28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/04(水) 18:45:14.06

ロコ「なんで全員でロコをくすぐってるんですか!」

千鶴「あらいつの間に…」

ロコ「マコトはミズキをくすぐってたハズでしょ!」

真「まあまあ落ち着いてよコロ」

ロコ「ロコです!ロコ!またドッグ扱い!」

瑞希「にんじんありますよ?」

ロコ「ホォーース!またしてもホォーース!」

千鶴「ふるっふー!ふるっふー!」

ロコ「今度はハト…!…まあハト扱いなら仕方ないですね…」



29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/04(水) 18:46:32.55

ロコ「ってそんなわけあるかーっ!」

千鶴「きゃあっ!」

ロコ「さんざんロコをメイクファンしてくれましたねー!チヅルめー!」

千鶴「あははは!やめなさいコロちゃ…あはははっ!」

ロコ「ロコだって言ってるでしょー!」

千鶴「あははははっ!真!瑞希!助けて…!」

真「ロコ!腕はボクがおさえておくよ!」

瑞希「二階堂さんはふとももが一番弱いです!」

千鶴「なっ…!寝返りましたわねー!」



30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/04(水) 18:47:29.29

ロコ「このこのー!今までの分のパニッシュメントです!」

千鶴「あはははっ!らめっ!あははっ!」

瑞希「どうだ!いつもみたいに笑ってみろー!おーほほほと言ってみろー!」

真「素をだせー!本性をあらわせー!」

千鶴「あははははっ!わかったから!もう!もうやめてー!」


ケツ



31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/04(水) 18:48:07.58

読んでくれた人ありがとうございました
ロコを餌付けしたい



32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/04(水) 18:53:57.99

乙乙
あーもうみんなかわいい



34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/04(水) 19:29:47.50

ロコをわしゃわしゃもふもふしたい
乙乙



元スレ:ロコ「むむむ…」瑞希「ぬぬ…」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1425460211/