1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/29(日) 20:09:49 ID:BQPmVkPU

~アパート~

男「ただいま」

女「おかえり」

男「さて、元に戻ろう」シュゥゥ…

女「そだね」シュゥゥ…

男は人狼となり、女は吸血鬼となる。



狼男「ふうっ……」

女吸血鬼「人間社会に溶け込むのも、ラクじゃないよね」

狼男「うん……。だけど、二人の幸せのため、がんばろう!」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/29(日) 20:12:06 ID:BQPmVkPU

狼男「オレ、オマエ愛してる!」

女吸血鬼「あたしも愛してる」

狼男「好きだあっ!」ガシッ

女吸血鬼「ちょっ、もう……!」

狼男「大好きだあああああっ!」ギュゥゥ…

女吸血鬼「ちょ、ちょ、ちょ!」バキボキベキ…



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/29(日) 20:15:03 ID:BQPmVkPU

女吸血鬼「なにしてんの!」

女吸血鬼「肋骨がメチャクチャになっちゃったじゃない!」

狼男「あっ……」サッ

女吸血鬼「まったくもう……馬鹿力なんだから! 加減してよ、加減!」

女吸血鬼「あたしが魔物じゃなかったら、殺人事件よ!」

狼男「ごめんな。オレ、バカだから」

女吸血鬼「ま、すぐ治るからいいけどさ」シュゥゥ…



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/29(日) 20:18:05 ID:BQPmVkPU

女吸血鬼「それじゃ、食事にしよっか」

女吸血鬼「トマトサラダに……」コトッ

女吸血鬼「トマトスープ」コトッ

女吸血鬼「さらに……トマトジュース!」コトッ

女吸血鬼「どう? この豪華なラインナップ!」

女吸血鬼「やっぱりあたしって吸血鬼だからさ、赤いものが相性いいんだよね」

狼男「…………」

女吸血鬼「あら、どうしたの?」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/29(日) 20:21:07 ID:BQPmVkPU

狼男「オレ……肉、食べたい」

女吸血鬼「あたしの肋骨グシャグシャにしたあんたなんかに、食わせる肉はねえ!」

狼男「だよなぁ」シュン…

女吸血鬼「といいたいところだけど……じゃんっ!」ゴトッ

女吸血鬼「サーロインステーキ、トマトソースで召し上がれ!」

狼男「うおおおおおおおっ! ありがとおおおおおおおっ!」

狼男「アオオオォォォォ~~~~~~~~~~ン!!!」

女吸血鬼「ちょっ、吼えるな! 近所迷惑だから!」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/29(日) 20:24:04 ID:BQPmVkPU

女吸血鬼「それじゃ……いただきます」

狼男「いっただっきまーす!」

女吸血鬼「…………」サクサク…

狼男「…………」ガツガツムシャムシャ…

狼男「ごちそうさま!」

女吸血鬼「はっや! あたしはまだサラダすら食べ終わってないのに!」

狼男「オマエの料理、うまいからな」

女吸血鬼「んもう……。おだてるのは上手いよね、ホント」



こうして二人の魔物の夜は更けていく……。



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/29(日) 20:30:04 ID:BQPmVkPU

翌日──

狼男「それじゃ、そろそろ出発しようか」

女吸血鬼「うん」

女吸血鬼「じゃ、行ってきますと行ってらっしゃいのキス」チュッ

狼男「今、吸ったろ?」

女吸血鬼「ちょっとだけだってば」

狼男(けっこうクラッときてるけど……)クラッ…



女「さて、今日もがんばろうね」

男「おおーっ!」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/29(日) 20:33:01 ID:BQPmVkPU

女吸血鬼は普段、病院でナースとして働いている。



女「それじゃ、採血しますね~」

患者「は~い」

女「…………」プスッ

患者「あんたの注射は、全然痛くないや」

女「そりゃもう……プロですから」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/29(日) 20:35:06 ID:BQPmVkPU

女「はい、注射器を抜きます」スッ

女「…………」

患者「ど、どうしたんだい?」

患者「今一瞬、すんごい表情してたけど……」

女「いえいえ……なんでもありませんよ」

女(まさか、血が飲みたくなっちゃったとはいえないよね)



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/29(日) 20:38:05 ID:BQPmVkPU

狼男はというと、パワーを生かし建設現場で働いている。



監督「お~い、セメント袋こっちに持ってきてくれ!」

男「はい」ヒョイッ

監督「うおおお、相変わらずスゴイ力だな!」

男「そうですか?」

監督「だってこれ一個20キロはあるんだぞ? それを軽々と何個も……」

男(ちょっと張り切りすぎたかな)



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/29(日) 20:41:02 ID:BQPmVkPU

~アパート~

女吸血鬼「いや~、今日はちょっと危なかったよ」

狼男「どうしたんだ?」

女吸血鬼「患者さんの血を注射器で抜いてたら、つい食欲がそそられちゃって……」

女吸血鬼「すごい表情してる、なんていわれちゃった」

女吸血鬼「人の血は吸ったことないけど、やっぱり本能が血を求めてるのかな~」

狼男「アハハハ」

狼男「オレも、力仕事で張り切りすぎちゃって、驚かれちゃったよ」

狼男「だけどオレたちなら、絶対人間社会に溶け込めるさ」

女吸血鬼「うん……そうだよね」

女吸血鬼「魔物として生きてハンターに追われるより、こっちの方がずっと楽しいもんね」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/29(日) 20:44:11 ID:BQPmVkPU

~現場~

監督「ったく、お前は何度いったら分かるんだ!」

女後輩「ごめんなさぁい」

監督「まったく……! すっとろい喋り方しやがって……!」

男「監督、その辺にしてあげて下さい」

男「彼女、オレが面倒見ますから」

監督「お前がそういうのなら……いいだろう。しっかり頼むぞ!」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/29(日) 20:46:15 ID:BQPmVkPU

女後輩「ありがとうございましたぁ、センパ~イ」

男「お礼なんかいらないよ」

男「だけどキミも、もっと真剣に仕事しなきゃダメだ」

男「オレたちの仕事、ミスは許されないんだから」

女後輩「は~い、分かりました。ありがとうございまぁす」

男(ホントに分かってるのか……?)



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/29(日) 20:49:01 ID:BQPmVkPU

~病院~

女「先生、病院の空気には慣れた?」

研修医「は、はいっ! な、なんとかやれております!」

女「それはよかった」

女「あなたって、いつも緊張してるから……」

研修医「そうですよねぇ……。どうも、心臓が小さいんですよ、ボク……」



医者「君、ちょっと来たまえ」

研修医「はいっ! 今すぐ参りますっ!」

女「…………」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/29(日) 20:52:04 ID:BQPmVkPU

~アパート~

女吸血鬼「う~ん……」

狼男「どうしたんだ?」

女吸血鬼「最近、若い研修医が、ウチの病院にやってきたんだどさ」

狼男「そいつ、悪いヤツなのか?」

女吸血鬼「ううん、むしろマジメでいい人なんだけどね」

女吸血鬼「腕もたしかで、研修医なのに外科手術の腕はピカイチらしいし」

女吸血鬼「だけどイマイチ病院に馴染めてないっていうか、浮いてるっていうか」

女吸血鬼「あたしと話す時も、顔真っ赤だし」

狼男「オマエの胸、でかいもんな」

女吸血鬼「ちょっとぉ、おだてないでよ!」バシッ

狼男「いたた……」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/29(日) 20:55:32 ID:BQPmVkPU

狼男「オレも、最近後輩の女の子を指導してるんだけど」

女吸血鬼「女の子であなたの職場? けっこうキツイんじゃない?」

狼男「いや……見た目のわりに心も体もタフな子でね。体力的には問題ないんだ」

狼男「だけど、性格がおっとりしすぎててさ」

狼男「テキパキ動かなくちゃならない建設現場と、噛み合ってないんだよ」

狼男「オレがなにかいっても、イマイチ反応が悪いしさ」

女吸血鬼「ふうん……。あなたも大変なんだね」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/29(日) 20:57:27 ID:BQPmVkPU

女吸血鬼「でも……いわゆるガテン系の職場で女の子がやってくの大変だろうし」

女吸血鬼「じっくり指導してあげなって」

女吸血鬼「あなたはそれができる強さと優しさを持ってるんだからさ」

狼男「うん……。オレ、そうする」

狼男「彼女をはやく一人前にできるよう、がんばるよ」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/29(日) 20:59:15 ID:BQPmVkPU

狼男「だったらオマエも、そのお医者さん励ましてやったらどうだ?」

女吸血鬼「励ます?」

狼男「オマエの元気さで、しっかりしろって背中を押してやるんだ」

狼男「きっと……その若いお医者さん、元気になると思うよ」

女吸血鬼「そうだね……。やってみよっかな」



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/29(日) 21:02:19 ID:BQPmVkPU

~病院~

女「先生」

研修医「は、は、はいっ!」

女「一言だけいい?」

研修医「どっ、どうぞ!」

女「緊張してるのは分かるけど、もっとシャキッとなさい!」

研修医「!」ビクッ

女「お医者さんがビクビクしてると、患者さんも不安になっちゃうからね」ニコッ



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/29(日) 21:05:40 ID:BQPmVkPU

研修医「は、はいっ!」

研修医「今の一喝で、なんだかモヤモヤが吹き飛んだような気がします!」

研修医「ありがとうございますっ!」

女「ふふふ、どういたしまして」

女(これで……よかったのかな?)



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/29(日) 21:08:02 ID:BQPmVkPU

~現場~

男「──現場では、注意しすぎるってことはないからね」

男「気をつけて作業するんだよ」

男「あと……分からないことあったら、オレにどんどん聞いてくれ」

男「オレもバカだけど、できるかぎり答えるからさ」

女後輩「はぁ~い」

女後輩「分かりましたぁ~」

男(話し方は相変わらずのテンポだけど)

男(仕事はしっかりできるようになってきたなぁ)



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/29(日) 21:11:46 ID:BQPmVkPU

女後輩「センパ~イ」

男「ん?」

女後輩「いつもいつも、丁寧に教えて下さってありがとうございま~す」

女後輩「このお礼は、必ずしますからぁ」

男「ムリしなくていいんだよ」

男(うんうん。こんなこといわれちゃうと悪い気、しないな)



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/29(日) 21:14:49 ID:BQPmVkPU

~アパート~

狼男「後輩のハナシだけど、じっくり指導したらずいぶん頼もしくなってきた」

狼男「オマエのおかげだ。ありがとう」

女吸血鬼「こっちこそ」

女吸血鬼「研修医さん、ビクビクしながらも、だいぶ職場に馴染めてきたよ」

女吸血鬼「思いきって、喝を入れてみてよかった」

狼男「オレたち、どうにか人間社会でもやっていけそうだな」

女吸血鬼「そうだね……なんとか……」

狼男「これからも二人でがんばっていこう!」

女吸血鬼「うん!」



ところが、彼らの平穏な生活を脅かさんとする組織があった……。



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/29(日) 21:21:10 ID:BQPmVkPU

~魔物ハンター本部~

怪しげな仮面をつけたハンター二人が、ハンターの長に呼び出される。

マスター「来たか」

S級ハンター「我々二人を同時に呼び出すとは、なにごとです?」

A級ハンター「珍しいこともあるものね」

マスター「B級以下の者には“死んでくれ”という任務にしかならん大仕事だ」

S級ハンター「ほう……標的(ターゲット)は?」

マスター「人狼(ワーウルフ)と……吸血鬼(ヴァンパイア)」

S級ハンター「!」

A級ハンター「!」



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/29(日) 21:24:55 ID:BQPmVkPU

S級ハンター「なるほど、久々の大仕事というわけだ」

A級ハンター「たしかにB級以下じゃ、どうにもならないでしょうね」

マスター「うむ……」

マスター「しかし二年前、デビルドラゴンをも苦もなく退治したお前たちならば」

マスター「人狼だろうが吸血鬼だろうが、引けを取ることはありえない!」

マスター「我が組織の誇りにかけて、必ずやこの二匹を滅するのだ!」

S級ハンター「御意」

A級ハンター「魔物ハンターの証であるこの仮面にかけ、滅殺してみせますわ」



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/30(月) 21:45:37 ID:Du0h2rFU

次の日の夜──



~アパート~

狼男「それじゃ、おやすみ」

女吸血鬼「ええ、おやすみなさい」

狼男「明日も、楽しい一日になるといいな」

女吸血鬼「ホントだね」



33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/30(月) 21:49:02 ID:Du0h2rFU

狼男「ぐおお……! ぐおお……!」

女吸血鬼「すぅ……すぅ……」



狼男&女吸血鬼「!」ピクッ



狼男「かすかな殺気、感じた……。だれか近づいてきてる!」

女吸血鬼「この気配……ハンター!?」



シュバァッ!

二人の部屋のドアが鋭い刃物で切断される。



34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/30(月) 21:52:43 ID:Du0h2rFU

狼男「……くっ!」

女吸血鬼「ずいぶん手荒な訪問だこと」

S級ハンター「凶悪な魔物相手に手段は選んでられないのでね」

S級ハンター「人の世に仇なす魔物ども……始末させてもらうぞ」

A級ハンター「魔物ハンターの名にかけて、ね」

女吸血鬼「問答無用ってわけ?」

狼男「分かった……戦おう」

狼男「だが、ここじゃ人を巻き込む恐れがある。場所を移そう」

S級ハンター「よかろう」

四人は近所の河原に戦場を移した。



35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/30(月) 21:59:33 ID:Du0h2rFU

~河原~

A級ハンター「ふうん、決闘にはもってこいな場所ね」

女吸血鬼「まぁね。一般人を巻き込むのは、あなたたちもイヤでしょ?」

S級ハンター「ああ、感謝する」

狼男(こいつら……今まで追い払ってきたハンターとはちがう!)

狼男(ものすごく、強い……!)

S級ハンター「いくぞ」チャキッ

A級ハンター「ええ」スッ…

S級ハンターの武器は白銀のナイフ、A級ハンターの武器は銀の弓矢であった。



36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/30(月) 22:02:25 ID:Du0h2rFU

A級ハンター「じゃ……始めるわよ?」ギリッ…

ビュババババッ!

狼男「くっ!」サッ

女吸血鬼「なんて連射なの!?」サッ

S級ハンター「…………」ザッ…

ギュオッ!

S級ハンターが一瞬で狼男に接近する。

狼男(速いっ!)

ザシュッ!



37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/30(月) 22:05:43 ID:Du0h2rFU

狼男「ぐああっ……!」

S級ハンター「まずは一人……」ジャキッ

女吸血鬼「させない!」

ドゴォッ!

女吸血鬼のパンチが、S級ハンターのボディにめり込むが──

S級ハンター「無駄だ……」

女吸血鬼(かなり強めに殴ったのに、効いてない!?)

S級ハンター「このマントは特別製でね」バサッ…

S級ハンター「お前たち魔物の攻撃の威力を、大幅に軽減してくれるのだ」

女吸血鬼「くっ!」



38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/30(月) 22:08:17 ID:Du0h2rFU

A級ハンター「あたしを忘れてもらっちゃ困るわ」ギリッ…

ビュババババッ!

ドドドドッ!

女吸血鬼の体に、銀の矢がいくつも突き刺さる。

女吸血鬼「あぐぅっ……!」ドザァッ…

狼男「大丈夫か!?」

女吸血鬼「急所は外れてる。大丈夫とはいえないけど……ね」



39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/30(月) 22:11:34 ID:Du0h2rFU

S級ハンター「我らの刃と矢を受けて、まだそこまで動けるとは……さすがだ」

S級ハンター「しかし……苦しむのが長引くだけともいえる」

A級ハンター「幾多の凶悪な魔物を仕留めてきたこのコンビネーション……」

A級ハンター「絶対に打ち崩せやしないわよ」ビュバババッ

S級ハンター「はああっ!」シュバッ

矢の雨と白銀の刃のコンビネーションが、二人を襲う。

狼男「くっそう……!」

女吸血鬼「うああっ……!」



40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/30(月) 22:15:36 ID:Du0h2rFU

狼男(強い……!)

狼男(接近戦だと、ナイフを使うハンターがすごい速さで急所を斬りつけてきて──)

狼男(距離を取ろうとすれば、すかさず矢を使うハンターが狙ってくる!)

狼男(この二人の連携、まったくスキがない!)



S級ハンター「よく粘るものだ……」

A級ハンター「デビルドラゴンの時も、ここまで時間はかからなかったものね」

S級ハンター「だが、そろそろ終幕が近づいてきたようだ」



41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/30(月) 22:18:21 ID:Du0h2rFU

女吸血鬼「ハァ……ハァ……」

S級ハンター(まずは、吸血鬼から仕留める!)ギュオッ

女吸血鬼「!」



グサッ……!



S級ハンター「なにっ!? 自ら刺されに!?」

狼男「う、ぐぐぐ……!」

女吸血鬼(あたしをかばって!?)

狼男「オマエは、オレが守る!」



42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/30(月) 22:22:03 ID:Du0h2rFU

狼男「アオオオォォォォォ~~~~~ン!!!」ブオンッ

ザシィッ!

S級ハンター「ちいっ!」ザッ…

狼男の爪が、S級ハンターの仮面をかすめた。



A級ハンター「援護するわ!」ギリッ…

女吸血鬼「だああっ!」ヒュオッ

A級ハンター「い、いつの間に!?」

ドガァッ!

A級ハンター「むぐぅ!」ドザァッ…

女吸血鬼に突き飛ばされ、A級ハンターも頭から地面にダウンする。



43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/30(月) 22:26:32 ID:Du0h2rFU

S級ハンター「あの傷で、まだこれほどの力が残っているとは……甘く見すぎたか」

S級ハンター「大丈夫か?」

A級ハンター「問題なしよ。だけど、仮面が割れてしまったわ」

S級ハンター「こちらもだ」

S級ハンター「まぁいい。彼らの奮闘に敬意を表して、素顔で戦うとしよう」スッ

A級ハンター「そうね」スッ…

ハンター二人が割れた仮面を取る。



狼男&女吸血鬼「!!!」



44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/30(月) 22:30:09 ID:Du0h2rFU

研修医「これ以上長引かすのは危険だ……一気にケリをつけるぞ」

女後輩「そうね。さぁて、第二ラウンドといきましょうか」

S級ハンターの正体は研修医。A級ハンターの正体は女後輩であった。

狼男「キミは……そんなバカな!」

女吸血鬼「あなたは……ウソでしょ!?」

狼男(そうか……。彼女、ずっとオレのこと探ってたんだな)

女吸血鬼(彼は、あたしの正体に気づいていたんだ……。全て演技だったんだ……)

研修医「?」

研修医「なにをそんなに驚く?」

女後輩「まるで知り合いが敵だったかのような驚きぶりだけど……」

狼男&女吸血鬼「え」



45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/30(月) 22:34:01 ID:Du0h2rFU

狼男「キミ、オレのこと知らないのか!?」

女後輩「なにいってるの? 知るわけないでしょ?」

女吸血鬼「あなた、あたしのこと知ってて近づいたんじゃないの?」

研修医「知っているとも。我らの長が潜伏先を教えてくれたんだからな」

狼男(もしかして……本当にオレが先輩だってこと、分かってないのか?)

狼男「よぉし、ならちょっと待ってくれ」

狼男「今すぐ変身する」シュゥゥ…

女吸血鬼「そうしましょっか」シュゥゥ…

魔物二人が、人間に化けている時の姿に変身する。



研修医&女後輩「!!!」



46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/30(月) 22:37:03 ID:Du0h2rFU

男「オレだよオレ!」

女「今日も一緒にお仕事しましたよね」

女後輩「センパイ!? あらぁ~、ビックリ!」

研修医「えええええ!? な、なんで!? なにがどうなってるんです!?」

男「そりゃこっちのセリフだよ」

女「あたしもね」

女「彼女……もしかして、あなたがいってたおっとりした女の子?」

男「そうだよ。ってことは、あっちのナイフ使いも?」

女「うん、前に話した研修医さん。まさかメスだけじゃなく、ナイフも使うなんてね」



47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/30(月) 22:40:06 ID:Du0h2rFU

男「とりあえず、話し合おう。一度武器を収めてくれないか?」

女後輩「はぁ~い。センパイに矢を射るなんてできませぇん」

女「先生も一度、武器を収めて下さいますか?」

研修医「あっ、はい! もうとっくに収めてます! はいっ!」

男&女(ついさっきまでの凛々しさと殺気はどこへ……!?)

男「じゃあ、また場所を変えよう」

女「そうだね」

女後輩「賛成ですぅ」

研修医「ボク、深夜にもやってる喫茶店を知ってるので、そこに行きましょう!」



48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/30(月) 22:43:47 ID:Du0h2rFU

~喫茶店~

男「──ってことは知り合い同士、戦ったのはまったくの偶然だったのか」

研修医「はいっ! まさしく偶然! おっしゃるとおり!」

女「ところで……なぜあなたたちはハンターに?」

女後輩「逆ですよ、逆ぅ」

女後輩「あたし、ハンターが本業なんですぅ」

女後輩「魔物ハンターの家系に生まれて、子供の頃からずっと鍛えられてきましたぁ」

女後輩「でも、めったに仕事ないから、時間もあるし副業しようと思ってぇ」

女後輩「ほら、建設のお仕事って給料いいじゃないですかぁ~」

男「どうりでキミ、そこらの男顔負けの体力があるわけだ」

男(あと世間知らず……)



49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/30(月) 22:47:32 ID:Du0h2rFU

女「ふうん……じゃあ先生は?」

研修医「ボクも彼女と似たようなものです!」

研修医「ですが、魔物ハンターってほとんど仕事なくて……」

研修医「まして、A級、S級まで昇格しちゃうとそれこそ手持無沙汰です」

研修医「悪さをする魔物なんて、大抵B級やC級ハンターで何とかなる連中ですから」

研修医「しょうがないので、ちゃちゃっと勉強して医者になることに……」

研修医「ナイフには自信があるので、きっとメスもいけるかな、な~んて」

女「…………」

女「ちょっとイラッとした」ボソッ

男「うん」ボソッ

女後輩「やってることメチャクチャですよねぇ~、この人」

男(キミ、人のこといえない)



50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/30(月) 22:55:09 ID:Du0h2rFU

女「……で、あたしたちのことは許してもらえるの?」

研修医「そりゃもう! もちろん大丈夫です! 許すもなにもありません!」

研修医「魔物ハンターが、無差別に魔物を狩る時代は終わりを告げました」

研修医「人間と共存している魔物を狙うのは、本意ではありません!」

男「じゃあ、なんで今回オレたち襲われたんだ?」

研修医「吸血鬼と人狼のコンビなんて初めてのケースですから……」

研修医「上層部がろくに調査もせず、ボクたちに命令を下したんでしょう」

女後輩「しっかり仕事して欲しいですよねぇ、ホント」

女後輩「あたしたちだって、むしろ魔物の人たちとは共存したいんですからぁ~」

研修医「とはいえ、もし仮に本当に凶悪な人狼と吸血鬼のコンビがいたら」

研修医「調査しようとした人間はもれなく消されてしまうだろうけどね」

研修医「だから……いきなりエースであるボクらをぶつけるハメになったのかと……」

女「そのことに関してはもういいって」

男「ただし、ドア代は弁償してもらうよ」

研修医「も、もちろんです……」



51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/30(月) 22:58:54 ID:Du0h2rFU

研修医「とにかく……組織のエースとして、このことはきっちり糾弾しますよ」

研修医「だから、安心していて下さい」

女「ホントに大丈夫?」

男「頼りないなぁ」

研修医「大丈夫ですよ! だって……今までの話、聞いてましたよね? マスター!」



マスター「う、うむ……。申し訳ないことをした」

マスター「だけど、私だってさらに上からの命令で仕方なく……」ブツブツ…

この喫茶店のマスターは、魔物ハンター本部の長であった。



女後輩「あらぁ~。マスターって、こんなとこでもマスターだったんですねぇ」

研修医「マスターの副業を知ってるのは、組織じゃボクぐらいだったろうけどね」

男「キミたちだけじゃなく、長まで副業してるのか」

女「魔物は大変だけど、魔物ハンターもけっこう大変なんだね……」



52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/30(月) 23:01:59 ID:Du0h2rFU

男「とにかく……今の生活が乱されることないようで、安心したよ」

女「せっかく仕事がうまくいってたのに引っ越しだなんてイヤだもんね」

女「ところで、最後に一つ聞きたいんだけど」

研修医「なんでしょう?」

女「あなたたちって今とさっき、どっちが素の性格なの?」

研修医「あ、もちろん今です!」

女後輩「そりゃそうですよぉ~。ずっとあんなテンションじゃ疲れちゃいますもん」

研修医「ボクたち、ハンターやってる時はなんていうか……なりきっちゃうんですよ」

研修医「自分の中にある魔物ハンターの理想像、みたいなものに」

女後輩「つい、はしゃいじゃうんですよねぇ~」

女「車を運転すると性格変わる人、みたいなものかな」



53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/30(月) 23:05:11 ID:Du0h2rFU

研修医「今日は本当にすみませんでした! また明日、病院で!」

女後輩「センパ~イ! またね~!」

男「うん、またね!」

女「今日のことは気にしなくていいからね!」



男「面白い友だち、増えたな」

女「そうだね。しっかし驚いたなぁ……あの気弱な先生が魔物ハンターだったなんて」

女「しかも、組織のエースだって」

男「オレもだよ。あんなのんびりした子が、あんな鋭い矢を放てるなんて……」

女「じゃ、あたしたちも帰ろっか」

男「うん!」



54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/30(月) 23:08:29 ID:Du0h2rFU

~アパート~

女吸血鬼「ふうっ、今日も色々ありすぎて大変だったね」

女吸血鬼「笑い話で終わったけど、二人とも死んじゃっててもおかしくなかったし」

狼男「うん」

女吸血鬼「だけどね……あたし、絶対大丈夫って分かってたんだ」

狼男「え、どうして?」

女吸血鬼「あなたがいたから」

狼男「あ、ありがとう……!」

狼男「オレ、オマエ愛してる!」

女吸血鬼「あたしも愛してる」



55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/30(月) 23:11:42 ID:Du0h2rFU

狼男「好きだあっ!」ガシッ

女吸血鬼「ちょっ、もう……!」

狼男「大好きだあああああっ!」ギュゥゥ…

女吸血鬼「ちょ、ちょ、ちょ!」バキボキベキ…

狼男「あっ、ゴメン! オレ、オマエ相手だとつい加減忘れちゃう!」

女吸血鬼(やっぱりさっきの戦いでは、力加減してたんだ……)シュゥゥ…

女吸血鬼(敵には力加減できて、あたしにはできないって、この人らしいねホント)

女吸血鬼(こういうとこ含めて、惚れちゃったんだけどさ)



56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/30(月) 23:15:45 ID:Du0h2rFU

狼男「ゴメンな……オマエを守る、なんていっておいて」

女吸血鬼「ん、もういいよ。治っちゃったし」

女吸血鬼「さっきは命がけであたしを守ってくれたんだもん。許してあげる」

狼男「うう……ありがとう」

女吸血鬼「それにさ、やっぱり……」

女吸血鬼「ハンターの銀の武器より、あなたのハグの方がよっぽどキクね」







                                 ─ おわり ─



57: ◆eUlOL7cWfM 2015/03/30(月) 23:16:17 ID:Du0h2rFU

以上で終わりです
ありがとうございました!



59: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/30(月) 23:37:55 ID:J/C1IrO2

スリリングで微笑ましい話だったよ




61: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/31(火) 00:07:22 ID:iugpiT4s

悲しいことにならなくてよかった




62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/31(火) 00:27:43 ID:EibzQuYg

おつかれさまでした!
いいコンビだから続きモノにしてほしいな



63: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/31(火) 06:47:51 ID:u8S7J3Uk

ハッピーエンドでよかった!

乙~



元スレ
深夜VIP:狼男「オレ、オマエ愛してる!」女吸血鬼「あたしも愛してる」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1427627389/