SS速報VIP:爽「ダウト」 揺杏「げっろ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1427533643/



1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/28(土) 18:07:23.75

揺杏「んだよー、せっかく10枚切ったのに」

誓子「……4!」

揺杏「ダウト」

誓子「もうやだー」

爽「5」

揺杏「んーと、6」

誓子「7」

爽「んじゃ、8っと」

誓子「ダウト!」

爽「残念でした、上がりだよ」

揺杏「あーあ、また爽の勝ちかー」

誓子「勝てない……」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1427533643



2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/28(土) 18:08:28.53

爽「よっし、5回戦終了。残り何枚? ん~、チカが罰ゲームだな」

誓子「はいはい、お手柔らかにね。あーあ、なるかがいればなあ」

揺杏「今度は成香がいるときにやりましょーよ。ちゃんとカード全部入れて」

誓子「そうね。でも二人が入部してくれてよかったわ。できることが格段に増えたもん」

爽「今までほとんど二人対戦だったからな」

誓子「将棋、オセロ、バックギャモン、花札……他にもいろいろやったわね」

爽「総合的な勝率だったら半々ぐらいだろうな。お互い得意不得意はあるけど」

誓子「ダウトは小納谷先輩が来たときに何回かやったけど、1回も勝ったことないわ」

揺杏「駆け引き重視のゲームじゃ爽には絶対かなわないもんねー」

爽「ていうかチカが分かりやすすぎるんだよ。感情が顔に出まくり」

誓子「フェイク入れてるんだけどなー。なんで引っかかってくれないんだろ」

揺杏「いやー、正直バレバレですよ」

誓子「二人が強すぎるのよ。揺杏は常にニコニコしてるから全部嘘に見えるし、
   爽は常に平然としてるから全部本当に見えるし」



3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/28(土) 18:09:33.39

爽「ニコニコっていうかヘラヘラだろ。不真面目だからなー揺杏は」

揺杏「爽に言われたくないんだけど。真顔で嘘つける方が不真面目っつーか不誠実だよな」

爽「何言ってんの? 元ヤンが誠実とか言っちゃってウケるわー」

揺杏「は? そうやって人を小馬鹿にすんのいい加減やめろよ」

爽「事実だろ? さんざん人に迷惑掛けてきて良い子ぶってんなよ」

揺杏「おまえ!」

爽「なんだよ。放せよ」

揺杏「楽しそうに毒吐きやがってよ、そんなだからサイコだとか言われて
   避けられてきたんじゃねーの?」

爽「おまえすぐ手出すよな。胸ぐらつかむのは元ヤンの証ってな」

揺杏「……」

爽「……」



4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/28(土) 18:10:32.15

誓子「え、ちょっと、二人とも落ち着こう、とりあえず手放そう」

揺杏「おまえみたいなイカレたヤツはいっぺん痛い目見た方がいいな」

爽「あ? 調子乗んな。あと先輩には敬語遣え」

揺杏「おまえのどこを敬えっての」

爽「……」

揺杏「……」

誓子「なに、どしたの、ねえ、やめようよ。ね?」

爽「バカが勘違いしてるうちはやめられないな」

揺杏「客観視できないのかねーこのタコは」

爽「……手ぇ放せよ」



5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/28(土) 18:11:28.15

揺杏「その前に言うことあんだろ? 詫びのひとつもできねーの?」

爽「誰がどう考えてもおまえだろ」

揺杏「おまえのイカレた物差しで物言ってんじゃねーよ」

爽「じゃあ聞いてみるか? チカ! 明らかにおかしいのはこいつだろ?」

揺杏「気ぃ遣うことねーっすよ。はっきり言ってやった方がこいつには薬になるでしょ」

誓子「いや、あの、よく分かってないんだけど、私が変なこといっちゃったのがそもそもの原因かも……。
   ほら、だからさ、1回落ち着こ?」

爽「はぁ……。おい、チカが困ってるだろ。言うことあんだろ?」

揺杏「おまえこそ言うことあんじゃねーの?」

爽「あるけど、おまえが言えよ」

揺杏「おまえだろ」

爽「仕方ない。同時な」

揺杏「しょーがねーな」

爽「せーの」



6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/28(土) 18:12:18.35

爽「ドッキリ大成功!」
揺杏「ドッキリ大成功!」

誓子「…………は?」

爽「あはははは! 目が点になってる!」

揺杏「やー、マジすいません」

爽「チカのキョドり具合、サイコー!」

誓子「……え、なに、ケンカはウソってこと?」

揺杏「そーなんですよねー。ま、罰ゲームってことでご勘弁を」

爽「ビックリした?」

誓子「も~なによそれ~……。え、元ヤンとかサイコとかって……」

揺杏「まったくのデタラメでーす」

爽「過激な演出ってやつ? リアリティあったっしょ」

誓子「リアルすぎるわ……」



7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/28(土) 18:13:10.60

誓子「は~……お茶飲んだら落ち着いた」

爽「テンパってたもんなー、ふふっ」

誓子「でも、罰ゲーム決まってから全然相談もしてなかったじゃない。微塵も演技には思えなかったわ」

揺杏「まーケンカの仕掛け方も内容もアドリブだからねー」

爽「チカがさ、昼休みに今日の部活はダウトにしようって言ったじゃん。
  自信満々に前と同じように罰ゲーム付きでって」

誓子「うん……メンバーが変われば勝てると思ったんだもん。
   揺杏が来るようになってから爽も表情豊かになった気がするし」

揺杏「へー」

爽「そうか? 付き合い長いし、バカ仲間だから無意識に出るのかもな」



8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/28(土) 18:13:59.99

誓子「それで、いつの間に示し合わせてたの?」

爽「そうそう、で昼休み終わってから、揺杏から連絡受けてさ。
  成香が今日用事で部活出られないって聞いたんだ」

誓子「あ、爽にも連絡行ってたのね」

爽「そうなると今日の罰ゲームは確実にチカだろうなーって。
  それで揺杏に段取り説明しておいたってわけ」

揺杏「ひどいですよねー。昔なじみとはいえ、
   再会して2か月足らずの先輩にドッキリ仕掛けるの手伝えなんて。
   超ウケる……いや全然笑えない」

誓子「まあ罰ゲームなら仕方ないか。でも本当に焦ったんだから。
   二人の言うことは全部疑ってかかった方がよさそうね」

爽「こういうときだけだって。愛してるぜーチカ」

揺杏「誓子先輩マジ女神」



9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/28(土) 18:14:51.57

爽「まーでも私らもさすがの演技力だよな」

揺杏「まずいなー演劇部にスカウトされちゃうなー」

爽「いっちゃう? ハリウッドいっちゃう?」

誓子「昼ドラがいいとこね」

揺杏「お、チカさんドロドロ愛憎劇がお好みで? 進んでますねー」

爽「お、いいねいいね。今度は成香にそっち路線で仕掛けてみよう」

誓子「だめ!」



10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/28(土) 18:15:49.92

爽「なんだよ急に」

誓子「なるかはその、優しい子だから、修羅場とかそういう空気は苦手というか……」

爽「……なあチカ、今回のドッキリはな、確かに罰ゲームではあるんだけど、
  チカと成香のためでもあったんだよ」

誓子「どういうこと?」

爽「成香って可愛らしいよなあ」

誓子「うん」

爽「高校生になって、もっともっと可愛さに磨きがかかっていくだろうなあ」

誓子「うんうん」

爽「でもなあ、押しに弱そうだし、すぐ人を信じちゃいそうだし、
  女子高生に降りかかる数多の甘い誘惑に抗うことができるのかな……」

誓子「誘惑って、なに?」



11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/28(土) 18:16:43.38

爽「クラスメイトに合コンに誘われ、怖いですと言いながら断り切れない成香」

誓子「いやいや」

爽「イケメン大学生にだまされて酒を飲まされ、お持ち帰りされてしまう成香」

誓子「えー、そりゃないわ」

爽「ファッション誌の取材と言葉巧みに連れられ、いかがわしいビデオに出てしまう成香」

誓子「ちょ」

爽「ダイエットや美容の謳い文句に惹かれ、イケナイ薬に手を出してしまう成香」

誓子「あれ~」

爽「いもしないイトコからのオレオレ詐欺に引っかかって貯金をはたいてしまう成香」

誓子「……」

爽「中学のときの友達に言われるがまま、マルチ商法に引き込まれてしまう成香」

誓子「……いや」

爽「借金返済のために歳を偽って夜の街で働く成香」

誓子「あるかも?」



12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/28(土) 18:18:01.29

爽「きっとこれまではチカが護ってきたんだろう」

誓子「そうよ、中学のときだってあの子の姉代わりとしてちゃんとねえ」

揺杏「お姉ちゃ~んって感じで慕ってますもんねー」

誓子「うん、なるかは可愛い妹。これからも私が」

爽「しかし! 中学のときとは比べものにならないほど強く巧妙な罠に、
  チカは立ち向かっていけるのか、いや、行けまい!」

誓子「どうしてよ」



13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/28(土) 18:18:44.99

爽「さっきの私らのケンカをウソと見抜けなかったのは百歩譲って仕方ないとしよう。
  演技が上手すぎたからな。それを咎めるのは酷というものだ」

誓子「……まあ、見抜けなかったのは事実だわ」

爽「だが、本当だと思っていたとしてもその対応はどうだ。オロオロするばかりで、
  自分が悪いということで収束をはかろうとする始末! これでは奴らの思う壺だよ」

誓子「うう……」

爽「ウソを見抜いたり、トラブルをズバッと収めたりするには、冷静な判断や決断力、度胸が必要だ。
  これは日々のゲームにも生かせることだし、今後のチカと成香のためにも必要じゃないか?」

誓子「うん、自分の力不足を思い知ったわ」

爽「な、だから成香自身の力を知っておくためにも、今度は私とチカでドッキリを計画しよう」



14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/28(土) 18:20:10.12

誓子「私が? そういうの苦手だなあ。揺杏じゃだめなの?」

爽「悪の誘惑を撃退するには、多少の演技も必要なんだよ。その練習だと思えばいいよ。
  それに、私と揺杏でやったら成香は結局チカを頼るだろ?」

誓子「う、そうかも」

爽「大丈夫だよ。慕ってるチカが成香を心配して苦手ながらやってくれたとなれば、
  強く印象に残ってあいつもちょっとたくましくなるかもしれないよ」

誓子「そうよね、うん。ちょっとずつあの子にも自立してもらわないとね」

爽「だろー? んじゃ段取りはさ……」

揺杏(やっぱコイツ真顔で嘘つける不誠実ヤローだわ。いいけど。
   いつか麻雀部らしく麻雀やることになったら二つ名は“後付けの獅子原”だな。
   それにしてもチカセンマジちょろい)

――――――
――――
――



15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/28(土) 18:21:58.82

揺杏「やっり! 上っがりー! 罰ゲーム回避!」

誓子「これで二人の一騎打ちね」

成香「イレブンバックです」

爽「悪いけど終わらせてもらうよ。4!」

成香「ジョーカー!」

爽「なんだと!?」

成香「すてきです」

爽「しかしスペ3」

成香「そんな……」

爽「8切り、2、はい上がり。あっぶねー」

成香「ああ……負けちゃいました。罰ゲーム怖いです」



16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/28(土) 18:23:54.41

誓子「ダメよなるか、ジョーカー持ったらスペ3が残ってるか把握しとかなきゃ」

成香「迂闊でした……」

揺杏「ちょっとトイレ。ついでに自販寄ってくんね。罰ゲームの内容は任せるわ」

爽「あいよー。あ、私の分も……行ってしまったか……まあいい。
  さーて、楽しい楽しい罰ゲームはなににしようかねー」

誓子「あのさ、あんまりキツいのはやめてあげようね」

爽「えーなんでー」

誓子「だって……」

爽「やけにかばうよなー。実はデキてんじゃないのー?」



17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/28(土) 18:25:14.41

誓子「はあ?」

爽「小さいころからのつきあいっていっても、仲良すぎでしょー」

誓子「それだけ大事な友達なの。何が悪いの?」

爽「おいおい、ムキになるなって」

誓子「あんたとあの子の方がよっぽどおかしいと思うわ」

爽「……まだ根に持ってんの? 言ったろ、揺杏とはそういうんじゃないって」

誓子「よく言うわ。あんなことしておいて」

爽「だからあれは誤解だって」

誓子「誤解で済む問題じゃないでしょ!」

成香(ええ~なんですかこれは! あんなことって何があったんですか! 怖いです!)



18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/28(土) 18:26:34.59

爽「……嘘じゃない。今でも私にはチカだけだよ」

誓子「そうやって惑わせないでよ! あなたとはもう終わったのよ……」

爽「なあ、どうしたら信じてくれるんだ?」

誓子「……私だってできることなら信じたいわ。でも無理なものは無理なの」

成香(ちかちゃんと爽さんってそういう関係だったんですか!? 全然分かりませんでした……)

爽「全部嘘だったって言うのか? この1年はなかったことにするのか?」

誓子「……そうは言ってない」

爽「あんなに楽しかった二人の思い出は、もう忘れてしまったのか?」

誓子「忘れるわけない!」

成香(1年前からおつき合いしてたんでしょうか……そんなの一言も……)



19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/28(土) 18:27:54.76

誓子「忘れることなんてできないよ、もう……」

爽「後悔してるよ、不安にさせるようなことをしてしまって」

誓子「そうは見えないけど」

爽「本当だよ。私にはチカが必要なんだ。今ならまだ戻れるはずだろ?」

誓子「だめ、だめなの。戻りたくても、すがりたくても、あの光景が焼き付いて離れないのよ!」

成香(あの光景って!? 浮気現場とかでしょうか……うわあ! うわあ! 生々しすぎます!)

誓子「なにもかもうまくいってたのに……そっか、あの子が悪いんだ。
   私の爽を、汚い手で……。あの子さえいなければ!」



20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/28(土) 18:30:44.15

成香「あ、あの、ちかちゃん、怖いです……ほら、深呼吸、深呼吸」

爽「……確かに原因ではあるかもしれないけど、揺杏に責任はないよ。
  私がちゃんとチカを考えてやれなかったのが悪いんだ」

誓子「ほらそうやって庇って! 爽が優しいからってつけ込んで……。
   許さない……許さない……」

成香(目が血走ってます! これは……今揺杏ちゃんが戻ってきたら非常にまずいのでは?)

揺杏「ただいまーっと。ん、何してんのー?」

成香(すてきに入りましたー!)



21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/28(土) 18:32:34.85

成香「だめ! 来ちゃだめです!」

誓子「ゆあん~~」

成香「だめ! そっちに行っちゃだめです!」

揺杏「何、どしたの。え、誓子先輩、ちょ、苦しい」

成香「ちかちゃんだめ! 首はだめ! 放して! 揺杏ちゃん逃げて!」

誓子「なるかはいいのよ、どいてて」

揺杏「けほっ……成香、離れてな。大丈夫だよ」

成香「大丈夫じゃないです! 爽さん! 止めてください!」

爽「いや。成香、放っときな」

成香「そんな! どうして!」



22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/28(土) 18:33:49.13

爽「それはな……ドッキリだから!」

成香「…………はい?」

誓子「揺杏肌すべすべ~うらやましいわ~」

揺杏「誓子先輩こそ髪サラッサラッすねー」

成香「…………はい?」



23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/28(土) 18:35:43.41

成香「え、じゃあこれ罰ゲームで、みんなお芝居だったんですか」

誓子「ごめんねなるか」

爽「いやー、赤くなったり涙目になったり、かわいかったなー」

揺杏「実は廊下から一部始終見てたよー。成香マジ天使」

成香「よかったです~~ほんとよかったです~~」

誓子「よしよし、がんばったね」

爽「そうだな。最初は全然入って来られなかったけど、最後は体張って止めてたもんな」

揺杏「あの空気で入っていけたら大したもんでしょー。十分及第点じゃないの?」

成香「ちかちゃん怖すぎです……」



24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/28(土) 18:37:01.82

爽「私も演技って分かってたのにちょっと怖かった」

揺杏「迫真の演技だったよねー。素質あるんじゃないですか?」

誓子「そうかな。やってる最中はいっぱいいっぱいだったわ。思い返すと恥ずかしい」

爽「私ぐらいになると恥ずかしさなんか超越できるのだよ」

揺杏「爽のセリフ臭すぎでしょ。面白かったけど」

成香「あの、全部お芝居なんですよね? その、みなさんの関係とか……」

誓子「当然。爽とそういうのって……ありえないでしょ」

爽「恥ずかしがるなって。 ♪三年目~の浮気ぐら~い~大目に見~ろ~よ~」

誓子「♪開き直~るその態度~が~気に入らないのよ~。って、もうやめてよ」

揺杏「息ぴったりじゃん」

――――――
――――
――



25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/28(土) 18:38:50.47

爽「ロン! 三色・中・ドラ3。12000」

由暉子「え……」

誓子「うわードラの一萬単騎って」

揺杏「……」

成香「めずらしくユキちゃんがラスですね」

爽「よし、罰ゲームだな。なにしてもらおうかな~」

由暉子「聞いていませんが……」



26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/28(土) 18:40:31.55

爽「冗談冗談。ユキも大分うまくなったんだけどさ、セオリー通りに打ってくれる相手ばかりじゃないよ」

由暉子「私視点で二萬枯れでしたので」

成香「そうですよ、あんなの事故です」

爽「全国行くためには、そういう万が一にも対応できなきゃな。
  それにラス親でまくるつもりで、ラス前でノミ手で和了ったろ?」

由暉子「トップの先輩が親でしたので、これ以上離されるよりいいかと」

爽「まあ、本来それが正しいんだろうけど。でもチカがドラの自風鳴いてたじゃん?
  私に直撃すれば大分縮まるし、ツモでも私が親っかぶりでユキにとっては得になる」

由暉子「自分が放銃する可能性を考えたら、分の悪い賭けでは?」

爽「そうだな。ただ、時にはそういうのが正解なこともあるってのは頭に入れときな。
  麻雀は4人でやるもんなんだからさ」

誓子「チャンピオンなんかは警戒されるから始めから3対1になるって聞くわね」

爽「そうそう。私に勝ちたければ、他家をうまく使うことだな」



27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/28(土) 18:42:05.30

誓子「3年生になってから、一層麻雀部の先輩らしくなったじゃない」

爽「だからもともと麻雀やるつもりで入ったんだって。チカもいいセンいってるよ。
  あの西、6巡目あたりで対子になったんだろ?」

誓子「うん、それ以外に高い手狙える配牌じゃなかったから。なんで分かったの?」

爽「目が嬉しそうにしてた。チカは堅実な打ち方できるんだから、ポーカーフェイス覚えればなあ」

誓子「つい反応しちゃうのよね……。揺杏はダウトのときと同じでブレないよね」

爽「揺杏は真面目に打て。以上」

誓子「なにそれ」

爽「いやいや、揺杏は楽観視しすぎなんだよ。チカに西鳴かせたのはいいとしても、
  相手が親だろうがああいうのポンポン切るじゃん。もうちょっと」

揺杏「はいはいスイマセンねー。でもな、一番不真面目な奴に言われたくないんだわ」



28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/28(土) 18:43:49.99

爽「……私が真面目に打ってないってこと?」

揺杏「自覚ないんなら別にいいけどね」

爽「ちょっと待てよ、私は麻雀には真剣だぞ。いつそんな真似したよ」

揺杏「だからいいって、好きにすりゃいいじゃん。その代わり私に口出しすんなよ」

爽「……勝てないからってスネてんなよ」

揺杏「そういうことじゃねーんだよ!」

爽「そういうことだろ! 難癖つけやがってよ!」

揺杏「難癖? 相変わらずおめでたい頭してんね」

爽「んだと!?」

揺杏「……」

誓子「……」

成香「……」

由暉子「……」



29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/28(土) 18:45:54.60

揺杏「……ちっ。今日は帰ります……そんじゃ」

誓子「あ、うん……」

爽「……」

成香「ホントに帰っちゃいました」

誓子「ちょっと~何やってんの爽」

爽「……なんだよ、あ、あいつ……うっ……ぐっ……」

誓子(マジ泣き!? ええ~?)

爽「お、おまえら、見てないで止めろよお~」



30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/28(土) 18:47:36.39

誓子「え、あのさ、一応聞くけどドッキリじゃなかったの?」

爽「んなわけ、ないだろお~」

誓子「いや、罰ゲームとか言い出したからてっきり……」

成香「私もそうだとばかり……」

由暉子「先輩方が余裕そうでしたので、狂言なのかと」

爽「いくら私でも、後出しで、罰ゲームなんか、しないよお~。
  ふざっけんなよおおおお! びゃああああああん!」

誓子(めずらしくしおらしいと思ったら一転して小学生並の男泣き……)

誓子「とりあえず今日はお開きね。二人は帰って。私が爽の面倒見るから」

成香「う、うん。ごめんなさい、じゃあ……」

由暉子「……失礼します。また明日」



31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/28(土) 18:49:39.22

誓子「はい、紅茶」

爽「ん、ありがと」

誓子「落ち着いた?」

爽「……まあね。ほんとワケ分かんないよ、あー腹立つー。あれはなくない?」

誓子「んー、うーん、私も突然でよく分かってないんだけど、揺杏怒ってたよね」

爽「ユキが入学して部活にフル参加するようになってから、勝てなくてイラだってただけだって」

誓子「そうかなあ……爽が言った『真面目に打て』ってのが嫌だったとか」

爽「あんなのいつもの冗談じゃん。打ち方が雑なのは事実だし。逆ギレしやがって」

誓子「打ってる最中はいつもどおりだと思ったんだけどなあ」

爽「オーラスで私が和了ってから一気に口数減ったし、逆恨みもいいとこだ!」

誓子「爽が和了ったおかげでラスから3着になったんだしねえ……。
   あ、卓そのままだから、揺杏の手を見てみよっか」

爽「大物手をつぶされてのイライラだったらレベル低すぎるだろ」

誓子「うーん、一向聴だけど逆転できる手でもないし……別にそういうわけでもなさそう……。
   あれ、爽さあ、この五萬ってツモ切りじゃなくて手出しだっけ?」



32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/28(土) 18:51:51.20

爽「そうだよ」

誓子「じゃあ2巡前まで二五萬待ちだったんだ……もしかしてこの揺杏の二萬、見逃した?」

爽「ああ、それだと三色つかないし。何よりユキ狙ってたからな」

誓子「え、なんで? トップだったんだから中と赤ドラの2600でもいいじゃない」

爽「ユキなあ、滅多に負けないだろ。うまいからいいんだけど、それで満足してもらっちゃ困るし、
  1回ガツンとヘコませとこうと思ってさ」

誓子「ああ、分かった気がする」

爽「だろー? ユキにはもっと高みを」

誓子「そうじゃなくて、揺杏の気持ちが」



33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/28(土) 18:53:29.03

爽「はあ?」

誓子「私も揺杏の立場なら怒ってたかも」

爽「いやいや、怒る要素ないでしょ」

誓子「理屈ではね。部活の訓練という意味では、怒る権利なんかないのかもしれないけど」

爽「……よく分からないんだけど」

誓子「爽は強すぎるから、ユキはともかく凡人の私たちの気持ちはどうでもいい?」

爽「そんなこと、ない。なあ、はっきり言って。教えてよ」

誓子「ごめん、私は別に怒ってるわけじゃないし全部想像だよ。
   ただ揺杏の立場からしたら、真剣勝負だと思ったら相手は自分のことは眼中になくて、
   当たり牌スルーされたあげく他の部員育成のための練習台でしかなくて、
   おこぼれでラス回避、とどめに真面目に打てと言われる始末」



34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/28(土) 18:54:49.00

誓子「あの子、調子が軽いから誤解されがちだけど、ちゃんと頑張ってるよね」

爽「……」

誓子「いつも飄々として見た目大人びてるけど、16歳の女の子なんだから、
   これじゃあメゲるのも無理ないんじゃない?」

爽「……でも、でもさ。部活なんだから、仕方ないじゃん。
  そうなりたくなければ、強くなればいいだろ」

誓子「そうね」

爽「そうね、って」

誓子「だから気持ちの問題なんだって。怒るのは筋違いかもしれないし、
   ちゃんと理由を言えばその場で解決してたかもしれないから、揺杏が悪いわね」



35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/28(土) 18:55:54.27

爽「めちゃくちゃじゃん、言ってること」

誓子「そうかな?」

爽「そうだよ」

誓子「ま、とりあえず帰ろ。どっち道全部私の想像に過ぎないから、あとは本人に聞いてよ。
   同じ寮なんだからすぐ会えるでしょ? 明日までに仲直りしなきゃだめよ」

爽「明日って、早すぎるだろ」

誓子「せっかくユキが入学してくれたのに、誘った先輩たちが仲違いして活動に支障を来すなんて、
   無責任すぎると思わない? 獅子原センパイ」

爽「……わかったよ、桧森部長」

―――――――――――――



36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/28(土) 19:04:40.44

爽「やべえ~、消灯時間まで30分もない……。チカのやつ、勝手なこと言いやがってよー。
  なんて切り出せばいいんだよ、気まずいっつーの」

揺杏「爽いる~?」

爽「うおっ! お、おう、どした?」

揺杏「本返しに来た。入っていい?」

爽「ん、うん」

揺杏「邪魔すんね。またなんか貸してよ。あれ、これどのへんだったっけ」

爽「いや、適当に置いといていいよ」

揺杏「そう?」

爽「……」

揺杏「……」



37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/28(土) 19:07:25.54

揺杏「あのさ……なんか、悪かったね、今日」

爽「え、いや、いいんだけど……どしたの?」

揺杏「やー、最近全然勝てなくなってストレスたまっちゃって。
   つい八つ当たりしちゃったよ、ゴメンな」

爽「あ、いや、私も配慮足らなかったとこあるし……」

揺杏「明日からまたちゃんとやるからさ。ユキにも先輩の威厳取り戻さねーとなー」

爽「はは……」

揺杏「んー、おもしろそうな本は、っと」

爽「揺杏さぁ」

揺杏「んー?」

爽「なんか隠してない?」



38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/28(土) 19:08:58.82

揺杏「なにがだよ」

爽「勝てなくて八つ当たりって、私も最初はそう思ってたけど、なんか違う気がする」

揺杏「はあ? じゃあなんだっての」

爽「それは……わかんないけど」

揺杏「私がそうだっつってんだから、そうに決まってんだろ」

爽「ダウト」

揺杏「げっろ」



39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/28(土) 19:11:43.80

揺杏「なんだようぜえなー」

爽「なんとなく感じるんだよ。もうずいぶんつきあい長いからな。なあ、なんかあるんなら言ってよ」

揺杏「……なんもねーよ」

爽「……」

揺杏「……」

爽「やっぱり、私が人の気持ち考えられないからうんざりしてる?」

揺杏「は?」

爽「チカにも言われた、みんなの気持ちないがしろにしてるって。
  でもほんとにそんなつもりないんだよ」

揺杏「なに言って」

爽「なあ、頼むよ、私のムカつくところとか、正直に言ってよ。直すから。
  自己中なのもウザいのもなるべく自重するから。
  おまえに見放されたらこの先やっていける気がしないよ……」

揺杏「……おまえ、ばっかじゃねーの」



40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/28(土) 19:13:15.90

揺杏「おまえが人の気持ちに疎いのも、自己中なのもウザいのも今に始まったことじゃねーだろ。
   今更そんなんで愛想尽かしたりするかよ。むしろチャームポイントだっつの、私にとっちゃ」

爽「え……」

揺杏「そうでもなきゃおまえ追っかけてこの高校来たり、部に入ったりするかよ」

爽「でも」

揺杏「悪かったよ、そんなに重症患わせちゃうなんてなー。あれはほんとに私の勝手な癇癪だよ。
   ただ……その、おまえに見捨てられるのが怖かったっていうか、
   嫉妬っていうか、焦りっていうか……」

爽「はあ?」



41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/28(土) 19:15:03.21

揺杏「しょーがないじゃん。麻雀やり出してからおまえスゴイ才能発揮するから、
   こっちは必死でついていこうとしてんのに全然うまくなれないし、
   ユキはセンスあってどんどんうまくなるし」

爽「……」

揺杏「爽はなんつーか“持ってる”から、きっとこの先宮永とか荒川とかと肩並べて有名になってくんだ。
   私は足引っ張っちゃうだろーなとか、小さいころからずっと一緒にバカやってきたけど、
   ついに置いてかれるかなーとか、いろいろ考えちゃうわけ」

爽「……」

揺杏「だからまあ、あんなふうに気をひいちゃったんだろーな。麻雀で構ってもらえないからって。
   はあぁ、情けねー。だから言いたくなかったんだよ。あー、バカみてえ」



42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/28(土) 19:17:50.40

爽「ホントにな。バカだなーおまえ。麻雀の腕前で関係変わったりするかよ。
  見捨てられるのが怖いとか焦りとか、全部私のセリフだっての」

揺杏「え?」

爽「おまえが高校入ってから、背も一気に離されるし、手先器用で女子力高くなるし、
  おまけにオシャレだし、置いてかれてる気分になってたのはこっちだよ」

揺杏「うっそだー」

爽「私と違って友達多いし、いつか部やめてそっち行っちゃうんじゃないかってヒヤヒヤしてんだぞ。
  だから唯一得意な麻雀で良いとこ見せようと頑張ってたんだからな」

揺杏「またまたー……マジで?」

爽「マジで」

揺杏「はは、なんだそりゃ……なんだそりゃ!?」

爽「……」

揺杏「え、おまえあんだけいつも女子力なんか関係ねーって顔してんのに、
   実はちょっと気にしちゃってたの? あっははは! 意外すぎんだけど!」



43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/28(土) 19:21:03.28

爽「……うるせーな。おまえだって負けても余裕ですって素振り見せてたけど、
  あれ全部強がりだったんだろ? いやーかわいいとこあんじゃん」

揺杏「乙女心全開の爽サンにはかないませんよ」

爽「ちっくしょ」

揺杏「でもまあ、心配する必要もなかったかもな」

爽「なにが?」

揺杏「爽みたいなイカレた気分屋のひねくれ者に自然体でついていけんのなんて私ぐらいのもんだろ」

爽「ひでー言われようだな。否定しないけど」

揺杏「だからさ、爽もそんな心配すんなよ。この腐れ縁、自分から切る気はないから」

爽「うん……私だって切る気ないよ」

揺杏「んじゃあ一生切れないかもな」



44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/28(土) 19:23:09.85

爽「だといいな……揺杏、ありがと。小さいころから一緒にいてくれて。感謝してる」

揺杏「ちょ、やめろって~。おまえは偉そうに『ついてこい』ぐらいでいいんだよ。
   こっちこそ、爽といると退屈しないからね、感謝してんだよ」

爽「そうだろそうだろ。生まれついてのエンターテイナーだからな私は」

揺杏「ははっ、調子出てきたなー。ん、もう消灯だね、んじゃ部屋戻るわ」

爽「一緒に寝よう!」

揺杏「えー、おまえ寝相悪いんだもん。いいけど」



45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/28(土) 19:24:46.28

爽「電気消すぞー」

揺杏「んー」

爽「……ふう~あったけ~」

揺杏「昔からなんかあると一緒に寝たがるよな」

爽「愛に飢えているのさ」

揺杏「よく言うよ」

爽「ホントだよ。一緒の布団に包まれてるとなんか安心するじゃん」

揺杏「そーかよ」

爽「あ、でも他のヤツだとそーでもないんだよな。揺杏は特別満たされる感じがする」

揺杏「……こっぱずかしいこと言ってんなよ」

爽「お、照れてる? 照れてんの?」

揺杏「うっせ。寝ろ」

爽「はいよ。おやすみ、揺杏」

揺杏「……おやすみ、爽」

―――――――――――――



46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/28(土) 19:26:12.19

誓子「あ、ユキ来たわね。じゃあ始めよっか」

由暉子「あれ、三麻ですか」

成香「爽さんと揺杏ちゃんは遅れてくるそうです」

由暉子「え、大丈夫なんですか。昨日のあれは……」

誓子「ああ、心配いらないわ。ケンカなんてもうなかったも同然だから。
   遅れるのは二人とも呼び出し受けたってだけ」

由暉子「だけって……」

誓子「そっか、ユキは入学したばっかりだから部活以外での姿は知らないもんね。
   昔は日常茶飯事だったのよ」

成香「その、二人とも悪い意味で有名人ですから」

由暉子「まあ、なんとなくそんな気はしてましたが」



47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/28(土) 19:27:20.89

成香「麻雀やるようになってからはあんまりなかったんですけど。
   ちかちゃんは遅れる理由知ってますか?」

誓子「あれ、揺杏に聞かなかったんだ」

成香「遅れるとしか……」

誓子「なんかね、昨日仲直りして一緒に寝たんだって」

由暉子「え、相部屋じゃないですよね」

誓子「うん。どっちも一人部屋だよ。昨日は爽の方だったって」

成香「よくお互い行き来してるって言ってましたもんね」

誓子「ホントは消灯後の部屋の行き来はだめらしいんだけど」

由暉子「じゃあ、バレたんですか」

誓子「それがね、一旦は寝ようとしたんだけど話し出したら止まらなくて、
   結局夜通しおしゃべりしてたらしいわ」



48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/28(土) 19:29:05.57

成香「ええ~! じゃあ全然寝てないんですか」

誓子「朝になって寝ちゃって、二人揃って寝坊。学校来ないから寮に連絡いって、
   寮母さんが見にいったら二人で布団の中。バカだよねー」

由暉子「バカですね」

成香「すてきにおバカさんです」

誓子「その上遅刻して来てみれば授業中ずっと居眠り。そりゃあ呼び出しコースだわ」

由暉子「まあ、仲直りされたのは一安心です」

成香「結局、ケンカの原因はなんだったんでしょうか。爽さんはなにか言ってましたか?」

誓子「さあ、知らない。でもきっと下らないことよ。ただの痴話喧嘩だもん、あれ」

由暉子「ケンカするほど仲が良い、ですね」

成香「先生に怒られて、またケンカしてるかもしれませんね」

誓子「あはは、そうかも。でもまたすぐ結託して悪巧みするのよ、きっと」

―――――――――――――



49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/28(土) 19:31:03.85

爽「はい、すいませんでした。じゃ、失礼しま~す」

揺杏「しま~す」

爽「……」

揺杏「……」

爽「おまえのせいだぞ」

揺杏「なんでだよ」

爽「そろそろ戻れって言ったのにそのまま寝てるからだろ。
  遅刻だけならこんな大ごとにならなかったんだからな」

揺杏「戻れって言いながら寝ぼけて抱きついてくるから、動けなくて寝ちゃったんだよ。
   そもそもおまえが寝付けないからって笑わせてきたのが発端だろーが」

爽「ちょっと話して寝るつもりだったのに、揺杏がチカの笑い話持ち出してくるから止まんなくなったんだ」

揺杏「一番長くなったのは『煩悩の数だけ成香にイタズラしたい』のコーナーだろ」

爽「それを言ったらおまえのユキに着せたい衣装語りもけっこうなもんだったろ」



50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/28(土) 19:32:40.06

揺杏「だってあの顔にあの体にあの性格だぜ~? いろいろ疼くじゃんよ~」

爽「まあな、それは分かる。成香だってもう、イタズラしてくださいって顔に書いてあるもんな」

揺杏「同感。百八から先もポンポン浮かんだからなー。それにしてもチカセンのキャラは反則だわ」

爽「真面目で負けず嫌いで単純で過保護でちょっとズレててかわいいって奇跡だよな。
  なにやっても笑えるもん。ホント、話題の尽きないヤツらだよ」

揺杏「あれ? ってことはあれじゃね? 寝られなかったの、あいつらのせいじゃね?」

爽「そうか、そうだよ。寝坊も遅刻も」

揺杏「居眠りも呼び出しも」

爽「なんもかんもあいつらが悪い!」


おしまい



51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/28(土) 19:34:11.91

おつ
よかった



52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/28(土) 19:42:07.58


かわいいなこいつら



54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/28(土) 19:57:09.03

やっぱこのふたりが有珠山のベストカップルだわ



元スレ
SS速報VIP:爽「ダウト」 揺杏「げっろ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1427533643/