SS速報VIP:智葉「そうか!姫松の先鋒に、爆弾が!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1428163500/



1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/05(日) 01:05:00.64


「頭の中で嶺上開花」


穏乃「なー、もしぐーぜん和に会っちゃったらどーする?」

憧「それはもう仕方ないんじゃない?」

穏乃「んー…会っちゃうかもなー」

憧「ホントは早く会いたいからね」


「!」


玄「」ガタガタ

晴絵「」

穏乃「え、何…!?」

憧「あ、あの制服…清澄!」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1428163500



2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/05(日) 01:08:37.27


咲「え?え?」

穏乃「うわーっ!ってことは和のチームの人ですよね?」

咲「え?ええ?」

咲(お、おトイレ我慢出来ないよぉ…)

穏乃「和、元気ですか!?私たち、和と麻雀したくてここまで…」

咲「そ、そうですね!ま、麻雀って楽しいですよね!それじゃ!」タタタッ

憧「走るように逃げていってしまった…震えてたし、トイレかな?」

穏乃「うーん…」

穏乃「!」


穏乃「…そうか!そうだよ!頭の中に、お花摘みが!」


憧「ええー…」



4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/05(日) 01:12:09.11


穏乃「待って下さいよー!一緒に行きましょうよ!麻雀、大好きですYO!」タタタッ

宥「あんまり和ちゃんのチームメイトを驚かせるようなことしちゃダメだよ?」

玄「お、お許しください!楽しませないでください…って、あれ?」

憧「ってか…あっちってトイレないよね」

晴絵「まさかあっちが行き止まりとも知らずにな…」


<うわー!行き止まりですよ!
<トイレの場所知ってるんじゃなかったんですか!?
 も、漏れちゃうよぉ…!やだ…やだぁ…!助けて…お姉ちゃん…和ちゃん…!
<だーっ!しっかりしてくださいっ!

.............................~.............

和「可哀想な咲さん…ありですね…」ジュルリ

優希「え?咲ちゃんがどこに?」

和「でも、こうして私の目の保養になりました」

和「お義姉さんも喜んで下さってることでしょう…」

優希「のどちゃんの頭の中には何が起こってるんだじぇ…」



5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/05(日) 01:15:20.72


「謎の美少女上埜さん」


『あんまりデクすぎるとつまらんなぁ』


美穂子「ああんバカバカ!姫松の中堅の人、上埜さんをいじめるなんて!」

未春「だ、だけどこれは試合ですよ?」

美穂子「あっ、上埜さん勝負どころですよ!しっかり!」


『この場はまず自分…!!私自身が楽しめなきゃ…始まらないわ!!』

『っうぇ…ツモっ!!』バシーン


<すげぇ飛翔力だ


『ちょっとは調子出てきたかしら…』


美穂子「素敵だわー!」



6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/05(日) 01:18:26.52


-副将戦後-

久「ちょっと、良いかしら…愛宕さん。たな…頼みたいことがあるのよ、ちょっと」

洋榎「何や、構わんけど…どこまで行くんや?」

久「そうね…ちょっと、人気のないところまで…」

洋榎「どうしてそんなところに?」

久「いやー、私あなたに憧れてて…サイン頼もうと思うんだけど、人がいる場所だと恥ずかしくって」

洋榎「あぁ…そんならええけど…」


-立入厳禁-


洋榎「ちょ、あかんって…サインが目的とちゃうんの!?」

久「ええ。そんなのどうでも良いわ。私の狙いは、あくまであ・な・た」

久「だから人目のつかない所に来たんじゃない」

久「ねね、一回きりで良いから、良いでしょう?」

洋榎「い、一回きりやからな…?」



美穂子「何でそうなるんですかああああああああああああああああああああ」



7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/05(日) 01:21:20.45






美穂子「上埜さん…上埜さん…」

未春「華奈ちゃん…」

華奈「キャプテンはまた、発症してしまったんだし…」








10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/05(日) 01:24:14.86


「らっさいらっさいソング恐怖のトビ寸前」


明華「LAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA」

揺杏(攻めにでも転じたってことかなー?)

揺杏「でもちょいイマイチ」

明華「?」

揺杏「もっと有名なのない?私の親番だし、テンション上げたいから歌うの許す」

明華「ええ…じゃあ………とか…」

揺杏「んー。チェンジ。次の」

明華「そうですか…。じゃあ…」

明華「…とか、いかがですか?」

揺杏「ん。これ気に入った。これ歌いながらやってよ。こちとら焼き鳥で楽しくないからさ」

明華「了解しました…」



11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/05(日) 01:27:35.75


~♪

明華「ツモ。6000・12000」

~♪

揺杏「げっろ。止めて今すぐ。歌止めてマジで」

明華「ええ?良い歌じゃないですか?」

揺杏「いやホント止めて」

揺杏「あ、ははーん。あんたの謎の調子の上がりっぷり…。この歌の仕業に違いないね?」

明華「え、そうですけど…もしかして、知らな」

揺杏「もう歌ダメだからね?今度という今度は許さないからなー?」

明華「はぁ…ようやく乗ってきたところだったのですが…」

揺杏「よっしゃ!これから、これからー!」

明華「ツモ、1000・2000」

揺杏「トビ」



12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/05(日) 01:30:21.67


「照お姉ちゃんを救え!」


照「ロン」

玄「はいだらー」

照「ツモ」

煌「すばらっ!?」

照「ロン」

怜「ぐぅっ…」

照「どやぁ」+96200



14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/05(日) 01:33:11.47



-白糸台控え室-


照「ただいまー。疲れたー。お菓子お菓子ー」

照「もぐもぐ」

菫「照、派手にやるじゃないか」ひょいっ(お菓子を奪う音)

淡「ふっふっふー。どうテルー、奪われる気分は?」

照「や、やめて菫…淡…私はただ」

菫「はっはっは、食べやしないよ」

淡「その代わり決勝でもドゥンドゥンやってよ!私も頑張るから!」

照「ドゥンドゥン!?」

菫「文句ないだろう?気を抜いたらお菓子抜きだからな、えぇ?」

照「ま、待って…」

菫「良いか、次の決勝でも気を抜かずに全力で打ってくれよ」スッ

照「わーい」



15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/05(日) 01:36:17.97




「これから毎日点棒焼こうぜ?」



照「ーって菫が良く言うんですよー。うちの部長は怖いですねー」営業スマイル

菫「言ってない!一言もそんなこと言ってない!」





16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/05(日) 01:39:27.31


「私のハルちゃんは時代おくれ?」


灼「あ、ハルちゃん。どうしたの?久々に部活に来て…」

灼「今日は健夜プロと麻雀講義じゃなかったの?」

晴絵「麻雀なんてもう大っ嫌いさ…」

灼「どうしてそんなこと言うの…」

灼「あ!あのアラフォーにいじめられたの!?」

晴絵「あんなやつ…一回誰かにボッコボコにされれば良いのに…」

灼「どうしたのほんとに…」

晴絵「私のスタイルが古いって…。赤土さんならもっと色んなスタイルを身に付けられるって…」

灼「ハルちゃん…私でよかったら、悩み事、聞くよ?」

晴絵「昨日もなぁ…」



17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/05(日) 01:42:39.38


~回想始まり~ ~



健夜「さあ赤土さん。この状況で上家から5sが出てきました。どうします?」

晴絵「えーっと…これは鳴いても良いんじゃないですか?」

健夜「赤土さんの馬鹿者!こんな倍満しか見えない手牌でチーテンですか!?」

晴絵「ええ…でもこれ鳴かないと、あと5-8sは山に一枚生きてるか生きてないか…」

健夜「大馬鹿者!こんなの次巡にいるかリーチ後に一発で引いてきます!」

晴絵「えええ…」

健夜「何がおかしいんですか!あなたは私を楽しませてくれた唯一の人!これからも私を楽しませるのが義務なんですよ!」

健夜「そんな赤土さんなら、これくらい引いてください!さあ次行きますよ次!」

晴絵「勘弁してください…」



~回想終わり~



灼「それは酷いと思…ハルちゃんもあいつにもうこれ以上付き合う必要…」

晴絵「一昨日も…」

灼(まだあるんだ…)

灼(ん、本来なら三日連続だったってこと?)



18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/05(日) 01:45:47.03


~回想始まり~~


健夜「さあ赤土さん、素振りしましょう。素振りは基本ですよ」

健夜「牌山からツモってきて、河に不要牌を切る」

健夜「この基本動作の完了まで0.2秒を目標にしましょう」

晴絵「0.2秒!?」

健夜「何言ってるんですか!これくらいトッププロは基本です」

健夜「そのための素振りですよ。手始めに1万回くらいやりましょうか」

晴絵「1万回!?」

健夜「1ミリオンは基本単位ですよ!」


~~回想終わり~



19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/05(日) 01:49:14.13


灼「ミリオンって100万だと思…」

晴絵「ほんと麻雀馬鹿って言うか…」

灼「聞いてな…やっぱり、もうあのアラフォーに付き合う理由は…」

晴絵「でも………そんなところが健夜はかっこいんだよなぁ…」

灼「!?」

灼(名前呼び!?)

晴絵「いつもは大人しいのに…それだけ私に期待してるから…一生懸命に教えてくれてるって証拠だし…」

灼「何これノロケ!?」

晴絵「ありがとう灼。灼に話して何かすっきりしたよ。健夜と仲直りしてくる。いやボコボコにされてくる」

晴絵「あんな健夜だけどやっぱり、私は大好きなんだ…」


灼「ハルちゃんがアラフォーに取られたああああああああああああああああああああ」





望「あああああああああああああああああああああああああああああ」余波



恒子「あああああああああああああああああああああああああああああ」余波2



20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/05(日) 01:53:16.90


「奈良から旧友が訪ねて来た」


和「そういえばiPS細胞というので同姓の間でも子供が出来るらしいです」

咲「いや、もうそれ聞き飽きたんだけど…」

和(今日こそ咲さんのハートを鷲掴みにしてやりますよ)

咲「ふふっ、変な和ちゃん」

和(そのためには…)

憧「やっほー、和。宮永さんもお久しぶり」

和「来てくれましたか、我がソウルメイト」ガシッ

憧「今日こそ…何とかしなくちゃね…」ガシッ

和「ええ…力を合わせて頑張りましょう!」

穏乃「おーおー。来て早々握手とは仲が良いねぇ」

咲「穏乃ちゃん!」

穏乃「咲ーっ!」ダキッ

咲「えへへ」ギュッ

和・憧「………」



33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/05(日) 02:40:28.52

あーやべぇ致命的ミスを。

>>20
×「奈良から旧友が訪ねて来た」
○「奈良から旧友が尋ねて来た」

間違ってるのが正解です。



21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/05(日) 01:57:12.84


咲「あれ、穏乃ちゃん…もしかして…」

穏乃「あ、咲に会うからちょっとおめかししてきたんだけど…変じゃなかった?」

咲「ううん、とっても似合ってる。可愛いよ」

穏乃「咲もちょっと化粧してるでしょ?そんなことしなくても十分可愛いのにー」

咲「穏乃ちゃんに会うから私もちょっと張り切っちゃって…」

穏乃「あははっ」

咲「ふふっ」

和・憧「………」

和(ちょっと憧。いつからあんなに二人は仲良くなったんですか。絡みが多かったわけでもないのに)ヒソヒソ

憧(それを言うなら、何で和も知らないのよ…シズのあんな表情、私ですら見たことないのに…うぐぐ…)ヒソヒソ

和(ま、まぁ良いでしょう…こうしてお二人が訪ねて来てくれたんですからね)ヒソヒソ

和「さ、さぁ…とりあえず部室にでも行きましょうか」



22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/05(日) 02:00:09.98



-清澄部室-


咲「カン!嶺上開花。800・1600です」

穏乃「咲は強いなぁー」ニコニコ

咲「そうかな?でも穏乃ちゃんの山の支配も厄介だよー」ニコニコ

穏乃「はい、1600」スッ

咲「ありがとー」スッ

ピタッ

咲・穏乃「あっ…」サッ

咲「あっ…ご、ごめんね…」

穏乃「ううん、ただちょっとびっくりして…」

咲「穏乃ちゃん…」

穏乃「咲…」



23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/05(日) 02:03:03.26


咲「……………」ニコニコ

穏乃「……………」ニコニコ


和「……………」

憧「……………」

和「…………………………」コクッ

憧「…………………………」コクッ


和「ちょっと代走を」

憧「私も」

優希「おう!」

京太郎「任せろ!」



24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/05(日) 02:06:41.54


和「何なんですかあれ!手が触れたので同時に引っ込めるも、その後見つめ合うとかSOA!」

憧「何なのあれ!どういうことなのよホント!」

和「咲さんもまんざらじゃなさそうですしどうなってるんですか!」

憧「初対面の印象は最悪だったはずなのにホント何なのあの二人!」

和・憧「全く、何て図々しい奴なんですか(の)ちくしょう!」


和・憧「……」


和「今咲さんの悪口言いました?」

憧「和こそシズの悪口言ったわよね?」

和「あぁ?やるんですか?」

憧「ええ良いわよ!表出ろ表!」


まこ・久「」ヒソヒソ


和「ん…」

憧「部室の入口前で誰かが話してるわね」

和「邪魔ですねぇ…ぶっ飛ばしましょうか…」

憧「いやちょっと待って?何か…シズとか…宮永さんとか言ってるけど…」

和「何ですって!?」



25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/05(日) 02:09:23.69


久「パーティは今夜七時ね」

まこ「あぁ、うちの雀荘でパーッと盛大にやるんじゃ」

久「まさか咲と高鴨さんがお付き合いを始めたお祝いの会とは思いもしないでしょうねぇ…」

和・憧「えぇ!?」ガチャッ

久・まこ「聞いたなこいつら!」


和「咲さああああああああああああん!」

憧「シズううううううううううううう!」


久「ちょ、どこ行くつもりよ!」ガシッ

和「今すぐ咲さんに既成事実を作るんです!離してください!」

憧「今すぐシズと一つになるのよ!離しなさい!」

久「もうあの二人に付け入る隙なんてないわ!諦めなさい!」

和「いや…いや…」

憧「やだ…やだ…」

まこ「そんな飢えた獣はうちには招待出来んぞ。頭冷やさんかい」

久「さっさと入りなさい!」閉



26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/05(日) 02:12:16.28



「かんぱーい!」


優希「まさか二人が付き合ってるとは思わなかったじぇ」

京太郎「咲に誰か好きな人が多分どこかにいるってことは分かったんだけど…」

京太郎「その他一切の事は分からなかったなぁ」

咲・穏乃「えへへ…」

~................

和「憧…今何時でしょうか…」

憧「知らないわよ。でももう七時は越えてると思うわ」

和「そうですか…ではもう私たちに出来ることは祈ることだけですね…」

和(咲さん咲さん咲さん咲さん咲さん咲さん咲さん咲さん)

憧(シズシズシズシズシズシズシズシズ)

................~



27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/05(日) 02:15:19.37


優希「それじゃ二人で優しいキスをしてこの会を終えてもらうじぇ!」

咲「えへへ、何だか照れるなぁ」

穏乃「それじゃ行くよ、咲…」


――――――――――――z__________


咲・穏乃「!」

まこ「ん、どうしたんじゃ?二人とも」

咲「今、和ちゃんの…」

穏乃「憧の声が聞こえたような…」


~................

憧「そういやあんた、宮永さんのスカーフに何か仕込んでるんじゃないの」

和「そうでした。見てみましょう」
................~


咲・穏乃「ま、いない人の声なんて聞こえるはずないし関係ないよね」チュッ


~................

和・憧「あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"」ドカーン
................~



28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/05(日) 02:18:23.32


「恐怖!荒川病院」


和「咲さん…咲さん…」タンッ

灼「ハルちゃん…ハルちゃん…」タンッ

憧「シズ…シズぅ…」タンッ

美穂子「上埜さん…久…」タンッ

智美「わ、ワハハ…ワハハ…」


華奈「何でこいつらこんな体調で麻雀出来るんだし…キャプテン…」

憩「蒲原さーん、面会よーぅ」

智美「ワハハ…」



29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/05(日) 02:21:29.47


桃子「蒲原元部長!何か分かったんっすか!?」

智美「ワハハ、少しだけ。やっぱりこの病院には、惚れ薬だったり、iPS棒を作るための施設が地下に広がってるぞ」

桃子「じゃあ、私と先輩が結ばれるために、こんなところに蒲原元部長を潜り込ませたのは…無駄じゃなかったんっすね」

智美「ワハハ。で、私はいつここから出られるんだ?」

桃子「待ってて下さい、先輩…。すぐに手に入れてみせますから…!あぁ、先輩…せんぱぁ~い!」

智美「モモ、聞いてる?」

桃子「あ、ごめんなさいっす。それじゃ引き続き、調査の方を頼むっすよ!それじゃ私はこの辺で…」

智美「わ、ワハハ…」

憩「蒲原さーん、面会終了よーぅ。お部屋に戻ってー」

智美(このくらいでは…泣かないぞ…)


和「咲さん…咲さん…あああああああああああああ」

灼「ハルちゃん…ハルちゃん…ああああああああああああああ」

憧「シズ…シズぅ…ああああああああああああ」

美穂子「上埜さん…久…ああああああああああああ」


華奈「はいみんなー、お注射の時間だしー」

智美「やっぱ無理!」



31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/05(日) 02:24:35.82


咲・穏乃「ご愛読、ありがとうございました!」ぺっこりん















カン!



34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/05(日) 03:10:51.73

乙 荒川病院懐かしいな



35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/05(日) 03:26:46.79

面白かったのよー



36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/06(月) 16:23:03.60

これから毎日SSを書こうぜ
おつ



元スレ
SS速報VIP:智葉「そうか!姫松の先鋒に、爆弾が!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1428163500/



咲-Saki- 14巻 初回限定特装版『咲日和』オリジナルアニメDVD付き (SEコミックスプレミアム)

新品価格
¥3,980から
(2015/4/23 17:42時点)