SS速報VIP:男の娘「今からお仕置きの時間だよ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1429262611/



1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/17(金) 18:23:31.02

男の娘「んっ……目覚めちゃったな…」モゾモゾ

男の娘「寒っ…」ブルブル

男の娘「あのさ、起きてる…?」ユサユサ

男「今おきました…つか起こされました」

男の娘「…ごめんね?ちょっと……」

男「あートイレですか?」

男の娘「うん……///。ごめんね?」

男「いえいえ、布団潜っていいですか?」

男の娘「……うん」

男「よいしょっと…ああ、いい臭いしますね…」

男の娘「んー…恥ずかしいからそれやめてよ…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1429262611



2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/17(金) 18:24:59.42

少年「すいません、じゃあくわえますね」かぷっ

男の娘「うん……あっ///」

少年(すげえ柔らかい……)

男の娘「じゃあ…いい?」

少年「ふぁい」

男の娘「んっ///」シャーーー

少年「んぐっ」ゴクゴクッゴクゴクッゴクゴク

男の娘「大丈夫?こ…こぼさないでね」

少年(勢いがっ…ゲホッゴホッ!)

少年「ハァ…ハァ…ハァ…」

男の娘「全部飲めたんだね?エライエライ♪」

少年「じゃあ、そろそろ…」

男の娘「ちょっと待って」ガシッ

少年「ぐえっ」



3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/17(金) 18:28:40.54

男の娘「苦しい…?」ギリギリギリ

少年「ふっとももがっ……苦しっ…」

男の娘「抱き枕…してくれる?」

少年「は……いっ……息がっ…」

男の娘「ごめん、足緩めるね」

少年「ふぅ……」

男の娘「えへへ♪」ぷっすぅうううう

少年「がっ……」

男の娘「アハハ(笑)超至近距離だね どう?」

少年「いい匂いです」

男の娘「フフッ(笑)臭くないの?」

少年「いえ、あとお尻がすごく柔らかいです」

男の娘「(笑)じゃあおやすみ」

少年「おやすみなさい」

男の娘「………」

少年「………」

男の娘「……んっ//」プゥウウウウウウ

少年「…がっんぐぐっ」ジタバタ

男の娘「…クスッ……あっ///」ブビッブブッ

少年「…ぎっ!……」バタバタ

男の娘「フフッ…おもしろいね」クスクスクス

男の娘「お前って僕がオナラするたび勃起するんだもん」

少年「…お尻が柔らかいからです」

男の娘「それだけ?」

少年「………良い匂いがするからです」

男の娘「正直でよろしい」

男の娘「今日はこのまま寝ようね」

少年「え」

男の娘「おやすみ……zzz」

少年 (ちょ…息が苦しっ…でもマジでいい匂いだなぁ柔らかいし駄目だおかしくなりそう )

男の娘「んっ///」スゥウウウウウウウ…

少年「」



4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/17(金) 18:30:31.36



男の娘「……んんっ…」

少年「おはようございます」

男の娘「え…もう朝?」

少年「はい、朝食の用意が出来ました。」

男の娘「…君は早起きだね」

少年「俺は普通ですよ、」

男の娘「5時に起きるのが普通なのかなあ…んっ」

少年「なんですか?」

男の娘「脱がして?」

少年「…はいはい」



5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/17(金) 18:31:13.62

少年「足上げてください」

男の娘「んっ…ねぇ?好きにしていいよ。」

少年「…何をですか?」

男の娘「ボクの足。」

少年「……」ペロ…ペロ

男の娘「クスクス…舐めるんだ?犬みたいだね君は♪」

少年「すごく、美味しいです」

男の娘「へんたーい♪」

少年「ソックスはきますね?」

男の娘「…あまりふとももの方持たないで欲しいな…恥ずかしい」

少年「あ……すみません。」

男の娘「ううん…。口開けて?」

少年「?…」アーン

男の娘「お仕置き。」ペッ

少年「!?」ゴクッ

男の娘「フフッ…ボクの味どう?」

少年「美味しいです…お仕置きにはならない気がします」

男の娘「…ばかじゃないの」

少年ゾクゾクッ



6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/17(金) 18:32:07.25

男の娘「どう?この服似合ってる?」

少年「ええ、可愛いですよ。」

男の娘「アハハハ♪」

少年「」ジーッ

男の娘「な…何?変だった?」

少年「いえ…スカートが短いからパンツが…」

男の娘「今更、ボクの着替えしてる時普通にみてるじゃん」

少年「スカートの中からみるのと直接みるのとはまた違うんですよ」

男の娘「そんなもんなのかなあ…」

少年「そんなもんなのです、じゃあ行きましょうか」

男の娘「今日はお馬さんがいいかなぁ」

少年「わかりました。」



7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/17(金) 18:38:28.13

少年「どうぞ」

男の娘「ありがと♪座るね?」ずしっ…

少年「ぐっ……」

男の娘「…重い?」

少年「重くはないですけど……でもちょっと太りました?」

男の娘「さあね~♪とりあえず、そのままご飯の時も椅子になってね」

少年「え゛」

男の娘「重くないんでしょ?じゃあ平気だよね?」

少年「は…はい…」

少年(怒ったのかなあ?)

男の娘(フフッ幸せだなぁ)

少年トコトコ



8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/17(金) 18:41:22.66

少年「味は如何ですか?」

男の娘「うん、これすごく美味しい!さすがだね。」ナデナデ

少年「あ…ありがとうございます///」

男の娘(お肉とか卵とか多いのが気になるなぁ…この子はこれ以上ボクが重くなってもいいのかなぁ)

少年「」ニコニコ

男の娘「フフッ…ズルいなあお前は」ナデナデ

少年「?」ニコニコ

男の娘「あれ?そろそろ学校じゃないの?」

少年「お前が食べ終わるまで待っとくよ…いや待ってます!」

男の娘「あははははもう、いいよ無理しなくて。今までみたいに普通に喋ろうよ。」

少年「ですが…!」

男の娘「そろそろ学校じゃない?行ってきたら?」

少年「あ………はい…」

男の娘「…」



9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/17(金) 18:46:24.21

男の娘「じゃあ…降りるね」

少年「…あ」

男の娘「すごく座り心地良かった、ありがとね。後は自分でベッドまで行くからいいよ。」

少年「…ふぅ」

男の娘「…え?……わっ!」ふわっ

少年「別に家でまで無理しなくていいじゃないですか」

男の娘(お姫様抱っこ…///)

少年「俺がこうしないと歯も磨かないつもりだったでしょ?」

男の娘「ばっ…そっ……そんなわけないじゃん!そんな汚いことしないから!」

少年「わ…わかってますって冗談ですよ。ほらつきましたよ」

男の娘「あ…あのさ……」

少年「なんですか?」

男の娘「な…なんで尻触ってんの?」



10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/17(金) 18:47:42.52

少年「え?なんでって」

男の娘「別に嫌なわけじゃないけど恥ずかしいかなぁって///」

少年「でも手を離すともっと恥ずかしいことになるかなって」ぱっ

男の娘「」ペラ-ン

男の娘「!??!!????!/////////」ゲシッ

少年「ごふっ」グラッ

少年(あ、バ、バランスがっ!)

男の娘「あっちょっと…!」

少年(まずいっ!)ガッ

どすーん!

少年「ぐえっ!」

男の娘「いたたた…あ、クッションになってくれたんだありがとう…」

少年「いえいえ」



11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/17(金) 18:54:16.97

男の娘「ごめんね…ビックリしちゃって…でもわざわざ鏡の前で手離さなくても…痛くなかった?」

少年「大丈夫です、僕が受けた痛みなんてあなたか受けた傷に比べたら痛くありません」

男の娘「……」

少年「…でも、やっぱりスカートの中見られたら恥ずかしそうにするじゃないですか…」

男の娘「…………いきなりは恥ずかしい…」

少年「ふふっ…あはははははは!ごめんね?」

男の娘「え?」

少年「やっぱそういうアンタ、すっげぇ可愛いなって思う。」

男の娘「………ばーか。」

少年「じゃあ、ベッドいこっか。」

男の娘「ねぇ」ぎゅっ

少年「えっ……」

男の娘「今日は学校休んで?」ウルウル

少年「え」ドキッ

男の娘「今から一緒に寝よっか?」

男の娘「だから今夜は僕のこと、いじめてくれる?いつもの復讐ーってことで♪」クスクス

少年(僕の理性は吹っ飛んだ)

少年「…はい」



12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/17(金) 18:55:08.24

ぎゅっ ぎしっ

男の娘「…ちょっ…いっ…いきなり押し倒すんだ…」

少年「すみません。もう我慢できなくて…いい匂いしますね」

男の娘「んっ///そこはっ……んっ///」

少年「可愛い声してますね?じゃあいただきます」

男の娘「んんっ///あああっタンマタンマ!あっ…んんっ…あああっ…」

少年「…エッロイなぁもう…」チュッ

男の娘「んっ…やっ////いっ!……あああっ♪♪♪」



13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/17(金) 18:56:21.05

………………
……………

少年(可愛い寝顔だな。)

男の娘「zzz」

男の娘「…ごめんなさい…ごめんなさい…」zzz

少年「うなされてる、可哀相に…」

少年「」チュッ

少年「ごめんな。俺がこんな人間で。アンタを幸せにできなくて、ごめんな」

男の娘「……」

少年「そろそろ行くかな…。」ぎゅっ

少年「え?」

男の娘「…んっ……」

少年「参ったなぁ…手離してくれないと…里緒さん?」

男の娘「んんっ……」

少年「寝てますよね?手離さないと僕何処にも行けないですよ…」

少年「手離した方がいいですよ。その方があなたの幸せになります 手を離した方が…」

男の娘「……」ぎゅっ

少年「僕なんて…放っておいた方か絶対…あなたのっ…幸せなのにっ…」

男の娘「…」zzz

少年「どうしてですか…っ どうしてこんな僕を赦してくれるんですかあなたはっ… 」

少年「すみません…」ぱっ

少年「いってきます。」

男の娘「…」

ガチャッ

男の娘「…はぁ……いっちゃった…」



14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/17(金) 18:58:37.66

僕は、ズルい。こうやって傷付いたふりして、悲しいふりして彼を引き留めている。卑怯な僕は彼の優しい心につけこんで、彼を占拠する。
彼と僕は同じクラスだったから学校で女の子たちからモテているのはずっとよく見ていた。
それが我慢出来なかった、だからあの事件は、僕にとって彼を僕のモノにする最大の機会だったのだ、自分でも最低だと思う。
それでも僕は彼が欲しかった、いずれ僕に天罰が下るだろう、でもそれまでは、ずっとこの生活が続けばいいと思う。

少年「ただいま戻りました。」

男の娘「おかえり、今日さ。僕、給料日だったよ」

少年「はぁ」

男の娘「印税もいっぱい入ってさ、ほら見てよ。これでさ、僕も一流作家の仲間入り?」


少年「…僕は」

男の娘「…」

少年「あなたから物を貰える立場にありません…」

男の娘「…そんなことな……」

少年「僕は、何も貰えません…」

男の娘 (…わからず屋…)

男の娘「…」

男の娘「じゃあさ、お仕置きしよっか?」

少年「えっ」

男の娘「君は僕の奴隷なのにご主人様の言うことを聞かなかった罰」

男の娘「ねぇ、こっちにきてくれる?」

少年「…はい」

男の娘「ベッドの、いや床の上に寝転んで」

少年「はい」

男の娘「床、固い?」

少年「はい」

男の娘「じゃあ顔、思いっきり踏んであげたらどうなるかな?」

少年「ぐちゃって潰れると思います。」

男の娘「そんなに重くないよ!!」



15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/17(金) 18:59:39.49

男の娘「でも、苦しいと思うよ、えいっ」ぎゅ~

少年「ぐっ…うぐぅっ…」

男の娘「ずっと靴下履いてたから、臭いでしょ?」

少年「いっ…いい臭いです…」

男の娘「クスクス君は本当に変態だなぁ(笑)」

男の娘「もっと体重かけてあげる」

少年「うぐっ…ぐおおっ…」ミシミシッ

男の娘 (幸せだなぁ♪あの不良の宮崎くんが、いじめられてた僕に踏みつけられて苦しんでるなんて…♪クラスの人はなんて言うかなぁ)

少年「ぐっ…」

男の娘「…いっそ壊したいなぁ…」


男「……」

男 (いやっ何考えてんだよ僕は…ただでさえ宮崎くんを騙してこんなに苛めてるのに、宮崎くんだって罪の意識で僕にこんなにやられても何も言わず従ってくれてるのに… )

男 (…でも、 )



16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/17(金) 19:00:16.82

男の娘 (確かに僕は宮崎くんに傷付けられて結果的に怪我をした。
宮崎くんの言うようにこれは正当な報復じゃないだろうか…罪悪感なんて覚えなくても…… )

ハァハァ

男の娘 (それにもう1つ考えられることからして宮崎くんが、もし演技なんかじゃなくて僕の女装姿に本気で興奮して、罪悪感なしに僕のセックスに本気で感じてくれているのなら……僕は何も罪悪感なんか覚える必要はないのじゃないか)
はぁはぁ

男の娘 (でも、それがやはりすべて僕の妄想でしかないのならやはり僕のこれは犯罪行為でしかない………ん? )

少年「がっぐっ息がっ…」

男の娘「わわっ!ずっと首踏んでた!ごめんね?」

少年「だ…大丈夫です…僕にとっては…本望です…」ゼェゼェ

男の娘「」ドキッ

男の娘 (なんていい顔をするんだろう、苦しそうでありながら被虐心をそそるような…
ずっと、宮崎くんを苛めていたい、でもそれも叶わないならいっそこの手で…)

少年「僕を…」

男の娘「……え?」

少年「僕を殺してくれませんか?」

僕の理性はふきとんだ




17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/17(金) 19:01:02.27

僕はベッドから滑り落ちるように宮崎くんのお腹に座り込んだ

男の娘「ずしーん♪」ズシッ

少年「ぐえっ…」

男の娘「まずはチョークスリーパー」ギリギリギリ

少年「がっ…あがっ……」

男の娘「次は足4の字固め」ギリギリグギィ

少年「ひぎぃ…あっ…」

男の娘「じゃあ次はたってくれる?」

少年「ヒィッ…やめっ……」

男の娘「卍固めっ♪」

少年「おぎぃっ……がっ…ぐ…」

男の娘「んっ///はぁあん♪」

男の娘「まだまだだよ、ほらたって」

少年「あっ……が…」

男の娘「君の子分に僕は毎日されてきたんだよ、ほら?いくよ、十字固め」

少年「がっあがぁあああああ」ギリギリメキメキ

男の娘「どう?感想は」

少年「ふっ…」

男の娘「ふ?」

少年「ふとももが気持ち良いです……」

男の娘「へえ、まだそんな余裕があるんだ?じゃあお望み通りふとももで殺してあげる。」

少年「え?」

男の娘 (多分嫌われるだろなぁでもいいや、もう駄目だ何も考えられないもう駄目だごめんなさいマジでごめんなさい )

男の娘「69締め」



18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/17(金) 19:01:32.44

男の娘「んしょっ///」のしっ

男の娘 (恥ずかしいけど……気持ち良い//…多分宮崎くんは辛いんだろうけどごめんね?)


少年 (んはぁあああああああああ大塚きゅんのふとももとおち○ち○で顔を締め付けられてお尻に顔を埋めさせられてるぅうううううううううあああああマジきもちいいいいいいい柔らかいなりいいいいいいい)

少年 (マジでいいにおいする、なにこれもうマジで死んでもいい、さっきからプロレス技かけられて何これご褒美?ああああ大塚きゅん可愛いなんでこんなに柔らかいハァハァ大塚きゅんの匂いクンカクンカクンカクンカ)

男の娘「やっ///息しないでっ…こそばいっ…」

少年 (天然どSキタコレ!!息しなけりゃ死ぬのに!)

男の娘「だめっ刺激されたらめちゃくちゃ臭いの出ちゃうっ///」

少年 (え?)

男の娘「あ、でも宮崎くんが下にいるならいっか♪」

少年「ちょっちょっとま」

男の娘「んっ♪ぁん///」ブゥウウウウウウウウウウブビブビビチィッ

少年「ぢゅっ!!」

男の娘「本当に臭いの出ちゃった♪すごい苦しそうだね♪」キャッキャ



20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/18(土) 12:11:48.69

男の娘「んっ///」スゥウウウウウウウ…

少年「ひぎっ…!」バタバタ

男の娘「えーいい匂いなんでしょ?なんで痙攣してんのかな?」クスクス

男の娘「ほらほら、いっぱい息吸わないと死んじゃうよ?」

少年「は…はい…」 スゥ

男の娘「えへへへ、あっ///」ブビブィウウウウ…

少年「ぐがあっ…あぎぎぎががががががががががが」

男の娘「あは♪ごめ~ん♪」

少年「」ピクピク

男の娘「あれ?」

少年 (最高の時間だった……でももう身体が限界。。。今日はいつもよりかなりキツかった。頭痛い……)

男の娘「うーん、」

少年「」ビクビク

男の娘「トドメさしちゃおっかな」

少年「!?」



21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/18(土) 19:24:44.39

男の娘「ボクがベッドの上からキミに飛び降りたらどうなるでしょー?」

少年「…!?」

男の娘「下は床だし、ふふっ…どんなに重いのかなぁ どんなに痛いのかなぁ…もしかしたら死んじゃうかもうふふあははは」ブルブルッ

少年「… (これ、ガチでヤバいやつかも…身体が動かないし意識も…)」

少年「す…みません、が……ち……で……」

男の娘「うふふふふふきこえなーい♪アハハハハ…アハハハハハハハハハハハハハ!?きこっえっアハハっあれ?うふっ…なんか酔ってきたのかな…あれ、うふふふふふふふ」

少年 (可愛い…)

男の娘「じゃあとびおりまーす!!」

少年 (あ、死んだこれ)

男の娘「えいっ♪」ぴょんっ

少年「ふぎやぁあああああっっっ…!」どくしゃっ

男の娘「あはっ♪」



22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/19(日) 14:25:04.79

少年「」シーン

男の娘「死んだかもっ…フフフッ もうっ……身体が熱いっ熱い…っ熱いぃいいっ…ダメだっ興奮しちゃうよっ……すごく勃っちゃった///」ハァハァ

男の娘 (宮崎くん…口あけてる………)

男の娘「」スルスル

少年 (意……識がっ………何も…みえ…な……ムガッ )

男の娘「これ、オナホールっていうんだっけ?僕専用の、オナホール?」

少年 (のどちんこに刺さるっ固いっ…何これどういう状況…)

男の娘「くすぐったいなぁ//ふふふ。僕の、全部飲んでね?じゃあ行くよ?んんんんんんっはぁあああああああああんっ////」ドピュッドピュッ

少年「むがっうぐぐっうぐうううううううっ!!」



23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/21(火) 13:07:59.04

…………
………

どれくらい時間がたったのだろう、シクシクと嗚咽が聞こえる。身体中に鈍い痛みと、温もりとわずかな重みを感じる。ゆっくりと思い出しながら目をあけると奴が泣いていた。

男の娘「ごめんなさい…ごめんなさい…」

俺の腹に顔を埋めていた。

少年「おーい、何してんの?」

男の娘「グズッ…グズッ…」

少年「おーい」頭ワシャワシャ



24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/21(火) 15:34:26.60

男の娘「!?」バッ!

少年「はは、顔がぐしゃぐしゃじゃん。顔拭いたら?」

男の娘「み宮崎くん、宮崎くん、良かったぁあああああああ」グズッグズッ

少年「顔拭けって…」

男の娘「ごめんなさい…ごめんなさいいいいいいっ……殺しちゃったかって思って……もう二度と宮崎くんに会えないかもって思って……」ヒックヒック

少年「大丈夫だって。」

男の娘「もう、大丈夫だからっ…救急車も呼んだから、血も止まったからっ…ごめんなさいっ…」

少年「救急車呼んだんだ…その足で」

男の娘「ご…ごめんなさいっ…本当は僕っ僕…」ビクッ

少年「…」

ピーポーピーポー

男の娘「もちろん、僕が全部お金出すし…もう僕は君を忘れっ……」グズッ

ピンポーン

少年「よっと…」グッ

男の娘「え……」

救急隊員「よっす、きたでー」



25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/21(火) 16:12:37.24

男の娘「ちょっと待っ…」

少年「今から喋ったら絶交ね」

男の娘「!?…」

救急隊員「で、急病人はどこー?」

少年「すみません、僕ちょっとフラフラしてたんですが友達が焦って救急車呼んだみたいで…電話して取り消そうと思ってたとこなんですよ」

救急隊員「君かー何してフラフラなったの?」

少年「ちょっと頭打っちゃって」

救急隊員「どこー?ああ、なんか症状あるー?」

少年「全然この通り、一応あとで病院いきます。皆さんの時間取らせたくないですし、本当にごめんなさい」

救急隊員「」ジロジロ

救急隊員「こちらとしては、一緒に行くことを強く薦めますが。仕事ですから色々な可能性を疑うんですよ。イタズラならまだしもましてやそちらが重大な何かを隠しているようでしたらこちらも引き下がれないんですよね」

少年「申し訳ありませんでした」ペコ

男の娘「…」

少年「」チラ

男の娘「!?…」ペコ

救急隊員「……んーわかった とりあえず病院には行ってね この病院ね 行かんかったら俺にはすぐわかるから OK? じゃあね」

少年「申し訳ありませんでした」

男の娘「申し訳ありませんでした…」



26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/21(火) 16:34:04.59

救急隊員「ばいちゃ」ガチャッ

少年「……」フゥ

男の娘「どうして…」

少年「…」

男の娘「どうして僕を庇ったの?」

少年「…」

男の娘「僕は君に嘘をついて、君をずっと僕の元に縛り付けてずっと君を傷付けていたのにっ…僕の足は本当はもう動くんだっ…」

少年「俺を救おうとして、救急車呼んでくれたんだろ、ありがとう」

男の娘「もともと僕が君を傷つけたケガだからっ」

少年「それを言うと、お前の足に怪我をさせたのは俺だよ」

男の娘「あれは違うよっ…あれは宮崎くんが僕を庇ってくれたからっ…」

少年「じゃあおあいこね、もうどっちも悪いってことで」

男の娘「…なんで、こんな酷いことしても、許してくれるの?」

少年「あー…多分俺 どMなんだよね」



27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/21(火) 16:40:07.02

男の娘「え?」

少年「多分大塚は俺が罪の意識に駆られて無理矢理付き合ってる風に思ってるかもしれないけど俺マジで喜んでんの」

男の娘「え?」

少年「いつもする方だったからさいざされてみるとすっげぇ気持ち良いんだ。嬉しく感じる。」



28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/21(火) 22:46:48.36

少年「生きてる実感ていうのがわくのかな、ずっとさお前の尻に敷かれててさ 興奮した 正直毎日抜いてんだ この痛みを思い出して」

男の娘「……ああ…」

少年「だからさ、もしお前が今回のことで罪を感じているのならどうかこの関係を続けさせて欲しい」

男の娘「………いいの?」

少年「うん」

男の娘「結構俺、Sだよ?」

少年「うん」

男の娘「多分今まで以上にいじめちゃうけど…」

少年「うん」

男の娘「じゃあ……これからも僕と一緒にいてくれる?」

少年「喜んで」

男の娘「えへへへ…良かったぁ…」グズッグズッ

少年「そんな泣かなくても…アハハ」

少年 (こいつは多分、Sになりきれていない、根っからが優しすぎるから。
こちらが懇願すればすぐ行為を止めてくれる。でもそれじゃ駄目なんだ、SがMの言いなりになってちゃ本末転倒)



29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/21(火) 23:00:01.99

少年 (だから俺は大塚がしたいことにただ従う、そこに悦びを感じるんだ)

男の娘「あのさ、お腹痛くてさ…」

少年「口開けますね」

男の娘「えっ………え………いいの?」

少年「はい、多分美味しいかなって」

男の娘「///………本当に変態なんだねキミは」

少年「はい」

男の娘「…ふふっ…じゃあ仕方ないなぁ僕のトイレにしてあげる」

少年「はい」 (ひゃっほおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!? きたこれきたこれうひょおおおおおおおおおおお)

男の娘「じゃあさ、これからもよろしくね 僕の玩具くん♪」



30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/21(火) 23:01:01.50

終わり。

可愛い男の子の臭いオナラを吸いたいお。
可愛い男の子の臭いオナラを吸いたいお。



元スレ
SS速報VIP:男の娘「今からお仕置きの時間だよ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1429262611/