SS速報VIP:女「射精戦士スペルマン?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1431437488/



1 : ◆bT6c9WIwLg :2015/05/12(火) 22:31:38.42


男「そうさ!僕は射精するとヒーローに変身できるんだ!!」

女「ちょっと!こんな時にふざけないでよ!」

男「ふざけてなんかない!今すぐ君を助けてあげるからね!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1431437488



2 : ◆bT6c9WIwLg :2015/05/12(火) 22:34:29.07


男「さて、早速変身をしようかな…」ゴソゴソ

悪「……お、おい」

男「なんだ悪者!さてはこの僕に恐れをなしたか?」

悪「それは否定しない」

男「だったら早くその女性を開放するんだ!」

悪「いやそうじゃなくてだな…」



3 : ◆bT6c9WIwLg :2015/05/12(火) 22:39:02.11


悪「おまえアタマ大丈夫か…?」

男「?」

悪「俺が言うのもなんだが、白昼堂々やるには無茶があるだろソレ…」

女「そうよ!あなた一体何なのよ!」

男(あれ?なんでぼく怒られているんだろう…)

女「そんな事してる暇があったら助けを呼ぶとか、他にもする事あるでしょ!」

男「……………!!」

男(そうか!この人は悪者の気を逸そうとしてくれているんだな!!)



4 : ◆bT6c9WIwLg :2015/05/12(火) 22:43:29.44


男「大丈夫!あなたの思いは無駄にしない!!」ゴソゴソポロンッ

悪・女「!?!?」

女「キッ…キャアアアアアアアアアアア」

悪「で、でかいな……」タジッ

男「ふふんっ!僕はこの道10年のベテランだからな!!そこらの粗製とは訳が違うんだ!!」

男「さて、今日のオカズは…と」キョロキョロ

「「「………………」」」ザワザワ

男「…よしっ!君に決めたぁぁ!!」ビシッ

JK「!?!?」ビクッ



5 : ◆bT6c9WIwLg :2015/05/12(火) 22:48:28.25


JK「ちょっ…いきなりこっち見ないでよ!!気持ち悪い!!」

男「何を言うんだ。君のその白い肌や細い二の腕、スラッと伸びた脚を見たら我慢なんかできる訳ないだろう」

JK「はぁ!?」

男「それに…僕が誰かを助ける為には射精が必要なんだ…。君はあの女性を助けたくないのかい?」

JK「そ…そりゃ助けたいけど……」

男「君はあの女性を助ける為に必要なんだ。わかるかい?」

JK「…………!!」ハッ

男「……………」ニコッ

JK「わ、わかった!私も頑張る!!」



6 : ◆bT6c9WIwLg :2015/05/12(火) 22:53:05.83


男「さて、それでは早速僕の実力をお見せしようかな?」スリスリ

JK「こ、これはアンタの為じゃなくてあの人を助ける為なんだからねっ!」チラッ

「「「!!!!!」」」

サラリーマン「おおっ!」

おっさん「おほっ!」

悪「うひょっ!」

男「……これは僕も負けていられないな」ニヤッ

男「よぉーし!イクぞぉぉっ!!」スッ


男「唸れ!!僕のエターナルピストンハンドォッ!!!」バッ




7 : ◆bT6c9WIwLg :2015/05/12(火) 23:00:53.78


男「うおぉぉぉぉおおおおおおおおおおおお!!!!!」シコシコシコッ

悪(なっ…なんだあの扱きテクは!!)

悪(激しく動かすだけじゃなく、丁寧なシェイク運動も織り込むだと!!)

男「まだまだぁっ!!」カクカクカクッ

悪(なっ、今度は腰を降り出しただと!!)

男「悪者よ。貴様には特別に僕のシコリティテクニックの真髄を教えてやろう」シコシコシコッ

悪「なんだと!!」

男「僕のシコリティテクニックの真髄、それは…」カクカクカクッ

悪「……………」ゴクッ

男「激しく大胆な動きの中にある繊細な優しさだ」シコカクシコッ

悪「優しさ…だと!?」

男「僕のシコリティピストンハンドをよく見てみるといい」カクシコカクッ




9 : ◆bT6c9WIwLg :2015/05/12(火) 23:13:55.28


悪(シコハンならさっきからじっくり見ているがどこにも優しさなんて…)

悪(………………)

悪(……………!?)

悪(……まさか!!!)

男「ふふんっ、わかったようだな」ニヤシコシコッ

悪(こいつ!こんな激しいピストニングをしながら指先は白魚の様になめらかな愛撫を!!)

悪(それはまるで聖母の様な慈悲深い、"優しさ"だ……)

男「さーて、そろそろクライマックスだ…」シコッシコッ

男「見るが良いっ!!僕の射精を!!!」スッ

男「うおおおおおおおおああああああああああああああああ」シコシコシコッ!!

悪「……………」ゴクッ

男「…………うっ」ドッロプリンコッ

悪「!!!!」



11 : ◆bT6c9WIwLg :2015/05/12(火) 23:22:12.51


男「はぁっ……はぁっ……」

悪(なっ…なんて濃い精液をこいつは吐き出すんだ…)

男「………………」

悪「………………」

男「………………」スッ

悪「………?」

男「…さて、随分と待たせてしまった様だな」

悪「……ああ、まったくだぜ」

男「遅れてしまったが私の自己紹介をさせて頂こうか」



12 : ◆bT6c9WIwLg :2015/05/12(火) 23:28:27.92


男「私の名前は…」ススッ

バッ!!

シュバッ!!

シコッ…

ババァアンッ!!!

男「射精戦士スペルマンッ!!!」

悪「……」

悪(こいつ…さっきと同じこと言ってやがる……)

男「まず、オカズとなってくれたJKにお礼を言わせて頂こうか」チラッ

JK「!」

男「君のお陰で私は真の姿へと変身が出来た。最高の絶頂をありがとう」

JK「//////////」

男「そして女さん、お待たせしてすまない。今すぐに助けるから待っていると良い」

女「ほ、本当に待ちくたびれたわ////」

男「さて、悪者よ」

悪「…………」

男「早速だが全力で行かせて…いやイカせてやろう!!」ババッ

悪「!!!」バッ



13 : ◆bT6c9WIwLg :2015/05/12(火) 23:30:01.11


--その戦いはおもむろに始まった

--それまでの停滞した時間が嘘であるかの様に劇的に




14 : ◆bT6c9WIwLg :2015/05/12(火) 23:34:36.04


悪(こ、こいつ!速い!!)

男「どうした悪者よ、貴様はそんな程度なのか?」

悪「うっ、うるさいっ!!」ハァッハァッ

男「貴様の遅さでは話にならんな…」

男「貴様に真の速さというものを教えてやる!!!」フッ

悪(きっ、消えた!?)



15 : ◆bT6c9WIwLg :2015/05/12(火) 23:37:24.29


悪「どこへ行きやがったっ!」

男「ここだ」ガッ

悪「なっ、お前何をするつもりだ!」

男「こうするつもりだ」スッ

悪(こいつ、俺の股間に手を突っ込みやがっただと!?)

男「さて、世界最速の速さを感じるがいい」シコシコシコッ

悪「!?!?!?」



16 : ◆bT6c9WIwLg :2015/05/12(火) 23:43:40.20


男「どうだ、世界最速で訪れる快楽の波は」シコシコシコッ

悪「煩いっ!この俺が野郎の手コキなんかでっ!!ひゃっ!!」ビクッ

男「口ではそう言うが身体は正直な様だな?」ニヤニヤシコッ

悪「ぅあっ……ぁんっ…くっ……!」ピクピク

男「ほらほらこれならどうだ?」シコシコシコォッ

悪「も、もうらめぇっ…おかしくなるっ…」ビクビク

男「これで最後だ」シコシウコシュパッ

悪「!!!!」ビクビクッ



17 : ◆bT6c9WIwLg :2015/05/12(火) 23:46:41.62


男「堕ちるがいい」シコシコシッコーンッ

悪「あはぁぁぁあああああああああああ!!」ビビビクンッ

悪「……うっ」ドプッドプッ

男「……………」

悪「……………」ハァハァ




18 : ◆bT6c9WIwLg :2015/05/12(火) 23:54:17.17


春、うららかな陽気、柔らかな風、暖かい日差し

冬の間に眠り続けていた生物たちが一斉に活動を開始して大自然の恵みが花開く季節

この新しい1年が始まる香りは未だに俺のかつての記憶を少しだけ呼び起こす

「師匠、もうあれから20年が経つんだな…」

俺はそう言いながら足元の小さな墓に目を向ける

そこに書いてあるのは

"射精戦士スペルマン、此処に眠る"

「あれから20年って事は、あんたが死んでから10年ってこったな」

「あんたが死んでからも俺はしっかりやって来たぜ」







「2代目スペルマンとしてな」




19 : ◆bT6c9WIwLg :2015/05/13(水) 00:00:05.71


俺はかつては世界を股に掛けて活動する生粋の悪人だった

そんな俺に目を付けて来たのが男、またの名を初代スペルマン

俺は瞬く間にスペルマンに射精をさせられ賢者とさせられてしまった

このまま俺は死ぬんだと思ったが、俺の精液の濃さを見たスペルマンは俺に見所があるとして弟子に取った

俺はそれから数年間は常にスペルマンにイカされ続ける毎日だった

それは地獄のようでも有り天国のようでもあり、一瞬のようにも感じ永遠のようにも感じる時間だった

俺はこのまま一生を終えても良いとさえ思ったがそうは行かなかった

スペルマンが敗れたのだ




20 : ◆bT6c9WIwLg :2015/05/13(水) 00:05:16.11


その話を聞いた時は信じられなかったが、実際に睾丸を切り落とされたスペルマンを見た俺は認めざるを得なかった

"奴"はそれほどに危険な相手だったのだ



それ以来スペルマンは俺に先頭のイロハをイチから叩き込んできた

俺はスペルマンの様には戦えないと思っていたが、毎日の射精訓練のお陰で俺の身体能力は飛躍的に向上していた

そしてスペルマンが戦えなくなった分を俺が補うようになって数年、スペルマンは命を落とした






スペルマン基地に侵入して2代目スペルマンたろうとする俺の命を刈り取ろうとしてきた"奴"から俺を守るために




21 : ◆bT6c9WIwLg :2015/05/13(水) 00:12:54.39


あれから10年の年月が経ち、俺は"奴"のアジトを見つけることに成功した

悪「師匠、俺はとうとう"奴"の居場所の特定をした」

悪「"奴"……、そう、スペルマスターの…」

悪「スペルマスターを倒すためには俺だけの力じゃ足りない」

悪「そこでかつて俺と師匠を会わせてくれたきっかけの人間に力を借りに行こうと思う」

悪「………応援しててくれよな!」


その時吹いた風は、まるで俺を応援している様に感じられた






--1ヶ月後


悪「よう、久し振りだな」バッ

女「!!」

JK「あなたは確か…」

悪「そう、俺は悪者……いや、」




ス「俺は射精戦士スペルマンだ!!」

女「射精戦士スペルマン?」





fin.



22 : ◆bT6c9WIwLg :2015/05/13(水) 00:15:36.91

ふと思いついた
そのまま衝動に任せて書いた
反省も後悔もしていない
削除依頼出しときます



元スレ
SS速報VIP:女「射精戦士スペルマン?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1431437488/



気功による【オナ禁】 房中術 射精しないセックス: (自己啓発 薄毛予防 出会いを引き寄せる)