SS速報VIP:りせ「時を超える魔法」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1432336214/



1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/23(土) 08:10:24.70

「それじゃあ会長、お先に失礼します」

「また明日、よろしくお願いしますわ」


きちんと挨拶のできる可愛い後輩たちに手を振り、扉が閉まってから私は手元の紙に目を戻した。


今日の生徒会の仕事は終わったが、私はもう少しだけここに残りたいので、みんなを先に帰す。今日は先生が顔を出してくれると言っていたので、その顔を見るまで帰るわけにはいかないのだ。


ここ二・三日とても忙しそうにしていて、落ち着いて会話もできていない状態だったから、会いたい……というのもあるが、今目を落としているこの紙についての相談とか、ちゃんとした理由も一応ある。



進路希望調査表。


別に進路が決まっていないわけではない。今までにも何度か配られていたものだし、その度に私は県下の進学校を上から書いていた。今回も同じように書くので、相談することは特に無いのだが……


私の抱える悩みは、進路先にあるのではなかった。



「…………」


私は今、中学三年生。


一体あと何年で、大人になれるのだろう?

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1432336214



2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/23(土) 08:11:07.01

誰にも明かしていないが、内心では不安と焦りが今もゆっくりと増している。


中学を卒業し、受験を乗り越え、卒業。高校生になる。高校の三年間を経て……恐らく大学に行くだろう。大学は何年かわからないが…… “独り立ち” できるようになるまでには、まだまだ何年もかかる。


その何年もの間、私は変わらずにいられるだろうか?


あの人は、変わらずにいてくれるだろうか?



すっかり夕暮れに染まりつつある西の空を見つめ、その眩しい赤色に目をひそめる。


―――人の時間というものは、長いようで短い。子供のうちに感じる時間の長さは、大人の比べ物では無いが……その実、子供は数年のうちに心も身体もたくさんの変化を迎える。たくさんの環境変化、たくさんの出会いの中で、人間が形成されていくのだ。そしてそれは大人になってからも同じように繰り返されてゆく。


私と先生が出会えたことだって、言ってしまえばここ数年のうちのひとつの出来事にすぎない。


つまりこれから先の私の人生にも、きっと同じような出会いはたくさん訪れる。先生にだって、これから先たくさんの人との出会いがあるだろう。


私は、そんな出会いの中で先生の存在が薄れていくのが怖い……先生のこれからの出会いの中で、私という存在がすり減って消えてしまうのが怖いのだった。



3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/23(土) 08:11:36.13

陽も半分以上落ち、生徒会室は急に暗くなる。薄ら寒い身体を椅子に落ち着け、小さく息をついた。


一体いつになったら来るのだろう……。


たった数日会えないだけで、ここまで心細くなる。たった数時間顔を見れていないだけで、ここまで心が痛くなる。


たったこれだけの時間で、私はここまで弱くなってしまっているのに……


これから先の人生で、先生と離れなければならない時間を……私は耐えられるのか……?



「……!」


ふと、机の上に出していた携帯電話にメールが来ていることに気づく。


授業中鳴らないようにとマナーモードにしていたため、今の今まで存在を忘れていた。


『すまない、職員会議が入っていたのを忘れていたよ。どうやら今日は間に合いそうにないから、先に帰っててもらえるか?』


「…………」


二時間以上も前に受診していたメールを閉じて、私はすっかり帰宅準備のできていたカバンをとる。


返信は、しない。



4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/23(土) 08:12:11.69




先生の自転車の側で、壁を背に涼風を避けながら待っていた。


今日はどうしても先生に会いたかった……たとえ何時になろうとも。


今会えなかったら、私は……



ふと気がつくと、さっきまで職員会議が行われていたと思われる会議室の明かりが消えている。


終わったんだ……そう思った瞬間、


「ま、松本!?」

「……!」


遠くからなのに、薄闇の中のシルエットだけで私と気づいてくれたようだった。先生が小走りでこちらにやって来る。



5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/23(土) 08:12:56.97

「ど、どうしたんだこんな時間まで……メール見なかったのか?」

「…………」


「……松本?」


先生は本当にいつも通りであった。当たり前だ、一人で考え込んで勝手に不安に溺れている自分がおかしいだけなのだ。


その澄んだ目に私はどう映っているだろうか。いつも通りに……は映っていないだろう。自分でも目に涙が溜まっているのはわかっている。



「どれ……うわ、手が冷たいぞ。ずっと外で待っててくれたのか?」

「…………」


「……ふむ、悪いことをしたな。送っていくぞ? 一緒に帰ろうか」


荷物を乗せ、自転車のスタンドをあげる。普段なら他愛のない話を私に語りながらでも行なう日常動作だが、私が普通の状態でないことを察してか、無言のままに先生は歩き出した。


―――こんなことじゃいけない。私がひとりでに気を滅入らせているだけなのに、余計な心配をかけさせてどうする。


気持ちを切り替えて、いつも通りにしなければ。しかしそう思うよりも早く、先生は私に気を回してくれた。



「松本、また前髪伸びてきたな。どうする? 私の家に来るならすぐにでも整えてあげるぞ」

「……!」


本当に、気持ちを汲むのが上手い人だ。


今の私はいつも通りの日常よりも、いつも以上の強い想いを感じたいのだった。



6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/23(土) 08:13:30.47




「なるほど……確かにここの所、忙しくて松本に会えなかったよなぁ」


……全部言ってしまった。秘密にしていようと思ってたのに。


家に着くなり私をソファーに座らせた先生は、密着するように隣に座り、私の顔を覗き込みながら「今日はどうしたんだ?」と迫ってきた。


ずるい……そんなに真剣に見つめられてしまっては、嘘で逃げることもできない。



「これから先も……変わらない保証なんてない、か。松本の言う通りだよ……まったくもってその通りだ」


私の頭を撫でながら、まるでわが子の言い分に成長を感じる親のようにしみじみと頷く。


そして一人の教師として、一人の年の離れた恋人として、子供の私を諭すように笑った。


「でも、ちょっと考えすぎな気もするな。考え込んで、心配して……松本は何でも自分の中で解決しようとするクセがある。それだと自分の視界を狭めてしまうぞ」


「確かに大きな問題ではあるかもしれないが……今は、些細な悩みだ。そうだろう?」


すべやかな手で私の手をとり、私だけに見せるいつもの笑顔を向けてくれた。



7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/23(土) 08:14:00.21

ああ、今日はずっとこの顔が見たかったんだ。


確かに私は前が見えなくなっていたかもしれない。先の見えない未来のことを心配し、今日この日、先生に会えなければ全てが終わってしまいそうな気さえしていた。


私たちは、そんなことで終わるような仲じゃない。


私の想い、先生の想いは、そんな些細な時間で変わるような軽いものではないはずだ。



恥ずかしかったけど、先生に打ち明けられてよかった。


こうして久しぶりに身を寄せ合えたこと、悩みを聞いてもらえたこと。


離れつつあると危惧していた私たちの距離が……以前よりも短くなった気がする。


先生、いつもありが……


「よーし、じゃあ始めるか」

「……?」



8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/23(土) 08:14:35.96

仕切りなおすように手をたたき、おもむろに立ち上がった。向こうの方でお茶でも淹れてくるのかな……と思っていたら、新聞紙と鋏を持ってきた。


床に新聞を数枚広げて、真ん中に小さな椅子を置く。


私の前髪を切ってくれる時の、いつものスタイルだった。


「ほらお客様、こちらへどうぞ」

「…………」


「……ん? どうした?」


……髪を整えてあげようかと言ったのは、てっきり私を家に呼ぶためのただの口実だと思っていた。


本当に切るためだったのか……驚き半分気落ち半分、制服の上着を脱いで腰掛ける。


「おお……やはり伸びてるな。前回切ったのはひと月前だったか」


嬉しそうな顔をしながら、私の前髪を指ですく先生。


位置を決めて、少しずつ鋏を入れてゆく。静かな空間に、澄んだ金属音だけがかちかちと響く。


そして、手を動かしながら話を戻してきた。



9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/23(土) 08:15:05.17

「……なあ松本、確かに私たちがこれからどうなるのかは誰にもわからないよ。松本がどうなっていくか……どんな人と出会っていくか」


「その時間の中で、私たちの距離が離れてしまうことは……避けられないだろうな」


―――人の時間とは、そういうものだよ。



「二人の距離を、ずっと繋ぎ止めておける……そんな魔法みたいなことは無いものかと、私も考えていたことがあった」

「…………」


「そうしたらな、どうやら自分でも気づかないうちに、その魔法を使ってしまっていたみたいなんだ、私は」


手を止めて背後に回り込んだ先生は、ふわりと両の腕で私の頭を包み込んだ。


やわらかな胸の感触を後頭部に感じる。


そして開いた手で前髪をさらさらと弄びながら、優しく言った。


「わかるか松本……この髪だよ」

「……?」



10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/23(土) 08:15:34.95

「実験薬の副作用とはいえ、前髪が早く伸びるようになってしまったから、こうして私が切りそろえているだろう?」


「今後もずっと、髪は伸びていく。薬なんて使わなくてもな」


「だから、前髪がうっとおしくなったら、私のところに来ればいいんだ」

「!」


「この先松本が高校に進んでも、大学に進んでも……前髪が気に障るようになったら、私がこうして切ってやる」


「この伸びた黒髪に暗く陰る松本の視界を……私が晴らそう」


髪をかき上げ、こめかみに優しくキスをされる。


首元から香る先生の優しい匂いが、私の頭に溶け渡っていった。



11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/23(土) 08:16:07.43

「そうやって、これからも定期的に会おうじゃないか……ふふ、単純だろ?」


「すまんな松本……いろいろ考えたんだが、こんな手段しか思いつかなかったよ。最初はタイムマシンでも作ろうかと思ったんだが、これが予想外に難しくてな……?」


―――いえ、タイムマシンよりも、私はこっちの方が好きです。


髪を切るという、私たち特有の特別な時間。それをこれからも続けてくれるというなら……そっちの方が、私はうれしいです。



「画期的な魔法が思いつかない代わりに、これだけは約束しよう。私はお前を、いつでも必ず受け入れてやる」


「どんな用事があっても……黒髪に暗く陰った松本の視界を晴らせるなら、最優先で駆けつけるよ」


「視界を切り開いて、未来を見通せるようにしてやる。松本の心の陰りを切って、未来へ向けて頑張っていけるようにしてやる」


私は座ったままくるりと振り向き、先生の腰に手を回す。


胸いっぱいにその愛しい匂いを吸い込む……そんな私の前髪をかきあげて、先生はおでこにキスをしてくれた。



12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/23(土) 08:16:43.11

「なあに、いつかは松本も大人になって、自分の意思で自由になんでもできるようになる時が来るだろう」


「だからそれまでの間……この魔法に協力してくれるか?」


「あ、もしあれだったら、薬を使ってもいいんだぞ。髪が早く伸びれば会える間隔も短くなるし……はは、少しずるいがな」



約束します。


これから先の未来、私はどんな場所に行っても、どんな未来を歩んでも、必ずあなたに会いに来ます。


いつか、胸を張ってあなたの隣に在れる大人になる、その日まで……


私は、あなたを忘れません。



先生は笑顔で前髪を梳き、作業を再開した。


小気味良い鋏の音は、まるで時を刻んでいるかのようだ。


その心地よいリズムと透き通る音に目を閉じて聞き入っていた私は……いつの間にか、浅い眠りに落ちてしまっていた。



13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/23(土) 08:17:20.99

……ものの数分も経ってはいないはずだが、起こされたその時にはもう作業は終わっていた。


あんなにちょきちょき鳴らしていたのに、私の前髪は、切る前とあまり変わっていなかった。



~fin~



14 :孤独の人 :2015/05/23(土) 08:19:23.38

2015/3/1のGLFで、サークル「インコのそのう」さんの西りせ本に参加させてもらったときのものです。

会長、誕生日おめでとう!

ありがとうございました。



15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/23(土) 09:18:47.87




元スレ
SS速報VIP:りせ「時を超える魔法」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1432336214/



ゆるゆり (仮)(2) (IDコミックス/百合姫コミックス)

新品価格
¥734から
(2015/5/26 00:10時点)