SS速報VIP:【モバマス】棟方愛海「アルピニストは妥協しない」【麻雀】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1431001350/



1 : ◆K1k1KYRick :2015/05/07(木) 21:22:40.66

※モバマスキャラのムダヅモ風麻雀です。
 主な登場人物は愛海・マキノ・清美・清良・P
※オッパイ成分多し、ついでにアナルフィスト成分もあり.。
※R18?
※山岳麻雀ルール
・東風戦、満貫以上和了する度に乳揉みの御祝儀。
(満貫三十秒、ハネ満一分、倍満三分、三倍満五分、役満十分)

※腸診麻雀ルール
満貫以上和了する度に直腸診察の御祝儀。
(満貫:指の付け根、ハネ満:手首、倍満:二の腕の半ば、三倍満から役満:肘まで臀部の急所を貫く)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1431001350



2 : ◆K1k1KYRick :2015/05/07(木) 21:23:47.06

浅野風香は東三局、三番手であり早くこの局を平穏無事に終わらせたかった。

二四四五②③④344556 ツモ3 ドラ北

(三万は場に四枚見えている。嵌三萬を切っていこう……)

しかし風香が二萬を切り捨てた直後、対面の棟方愛海の手牌が悪魔的な音と共に倒れて晒される。

「ロン! 八甲田山(白北トイトイドラ3)!」

二二四四北北北⑧⑧⑧ 白白白

「いやぁっ!」

「フッフッフ、さぁもう一度その魅惑のお山を堪能させてもらいましょう!」

愛海は怯える風香の背後に回り、そのたわわなココナッツを欲望のままに蹂躙した。



4 : ◆K1k1KYRick :2015/05/07(木) 21:24:54.05

棟方愛海と舎弟のプロデューサーが打っているのは知る人ぞ知る山岳麻雀である。

これは満貫和了三十秒を基本として、ハネマン一分、倍満三分、三倍満五分

役満十分の間だけ乳揉みが出来るという特殊ルールのついた東風戦麻雀だ。

かつて多くのアルピニストたちは四本の山脈からなるこの遊戯『麻雀』を

入山前の神聖な儀式として行い、登頂成功を占い、また祈願したという。

牌山を切り崩し自分たちの足場としながら、運も味方にしていく

その遊戯スタイルは、登山家たちに多く支持されてきた。

しかし時の流れと共にその風習は失われ、いつしかその神聖な儀式は

嘆かわしい事にセクハラ麻雀へと形を変えてしまった。

誇り高いアルピニストを自称する棟方愛海が

この山岳麻雀の打ち手である事はあまり知られていない。



5 : ◆K1k1KYRick :2015/05/07(木) 21:25:47.76

「そこまでです! 棟方さん!」

愛海の手姦を受けて床に沈んだ風香の傍に二人の少女が駆け付けた。

冴島清美と八神マキノは風香を優しく抱え上げる。

346プロダクションの風紀取締役を担っている二人は

大っぴらに風紀を乱す愛海たちから、性被害者となったアイドルを守るため

ここに立ち上がったのだ。

「清美、マキノ。俺たちは山岳麻雀をしている善良な小市民だ。
 厄介になる事は何もしていないはずだが?」

プロデューサーは困ったという顔をして手のひらを上にして肩を竦めた。

「こんなセクハラ麻雀をやっていて、良くもぬけぬけと……!」

「勘違いしないでよ、清美さん。山岳麻雀はここでは『合法』なんだよ。
 何なら、ちひろさんにうかがって来たらどうかなぁ?」

ふてぶてしい二人の態度に眼鏡美人二人は歯噛みする。

こんなセクハラ麻雀が取り締まられていないのは

風紀委員長の千川ちひろが裏で彼らから多額の上納金を受け取っているからに他ならない。

二人はそんな上層部と彼らの不健康な癒着に憤りを感じ、今回単独で灸を据える事にしたのだ。

「プロデューサーさん、貴方の罪状は以下の通りです」

プロデューサーはマキノから受け取った文書をつらつらと見た。



6 : ◆K1k1KYRick :2015/05/07(木) 21:26:47.01

Ⅰ.346プロダクション所属アイドル鷹富士茄子の入浴後

 その浴槽の水を盗み、「招福水」として高額で売買した疑い

Ⅱ.以下の346プロダクション所属アイドル三十人に対して乳を触るなどの強制猥褻をした疑い

  櫻井桃華・江上椿・長富蓮実・横山千佳・関裕美・太田優・藤本里奈
  ・大原みちる・遊佐こずえ・大沼くるみ・赤西瑛梨華・松原早耶
  ・宮本フレデリカ・小早川紗枝・西園寺琴歌・双葉杏・楊菲菲
  ・桃井あずき・涼宮星花・月宮雅・古賀小春・クラリス・村松さくら
  ・丹羽仁美・白菊ほたる・早坂美玲・有浦柑奈・乙倉悠貴・原田美世・池袋晶葉

Ⅲ.346プロダクション所属事務員千川ちひろの尿を「金運上昇に効果がある」として

 他のプロデューサーたちに日常的に服用及び摂取させていた疑い



7 : ◆K1k1KYRick :2015/05/07(木) 21:27:51.79

「うわぁプロデューサーってこんな事までしていたの? 変態だよ、ヘンタイ」

愛海はプロデューサーの脇を小突く。

だがその言葉はからかい半分であり、強い非難はなかった。

「ふん、全てでっち上げだ。見る価値もない」

プロデューサーは一瞥した書類を床に捨てた。

「私たちが山岳麻雀に勝てば、その書類に書かれた事を認めてもらいます」

清美は散乱した書類を指差して言った。

それを聞いてアルピニストコンビはほくそ笑む。

「おやおや、今日は色々手が忙しい日だな愛海ィ?」

「ふふ、プロデューサー。これもあたしたちの日頃の行いが良いからだよ!」

お堅い委員長タイプとクールな眼鏡美少女を前に

品定めをした二人は、早速卓を囲んで山岳麻雀を開始した。



8 : ◆K1k1KYRick :2015/05/07(木) 21:28:54.66

「うーん! いいねぇ~~パイ山を掴む感触というものは!」

愛海はそう言いながら山を積んでいき、ニコニコと麻雀を打つ。

黙っていればこの娘は有数の妹系美少女なのだ。

清美は山岳麻雀を脱衣麻雀に類する卑しい麻雀と捉えていた。

そして脱衣麻雀は点数の小さくても早く和了れる軽い手で

対象を脱がす事が目的であり必勝法である。

山岳麻雀も大方その類いだろうと、読んだのだ。

ましてや山岳麻雀は東風戦、必然的に早い手作りを強いられる。

しかし、東一局、十三巡目――。

「ツモ。クライムダウン(チンイツ三暗刻ツモ)!」

①①①②②③④⑤⑤⑤⑤⑥⑥ ツモ⑥

開始から親の倍満ツモである。

愛海は数巡前に白を三枚手牌から切っている。

それを抱えていれば五巡目でもっと早く和了れたはずだ。

「勘違いしないで、清美さん、マキノさん」

愛海が見透かした瞳を二人に向けた。

「脱衣麻雀と山岳麻雀は志からして違うんだよ。
 小場で和了り場を回すなんてもったいない事はしない。
 そんなアガリじゃ五合目にだって届きはしないよ。
 いつだってアルピニストは険しい山を制覇するため
 最短で最高の手を駆使して挑むものなんだから……」



9 : ◆K1k1KYRick :2015/05/07(木) 21:30:07.29

「さぁ二人共、覚悟はいいかなぁ~~?」

倍満をつもった愛海は、禍々しく動くその手を清美とマキノに向ける。

彼女たちは相手の土俵に立った手前、拒否する事も出来ない。

彼女は両手を頭上まで挙げて目を閉じた。

「さぁ、さっさとしなさい! 愛のないタッチコミュニケーションが
 いかに虚しい行為か知るといいわ」

「じゃあ清美さんから行こう、っと」

愛海は前から清美の乳を揉んだ。

彼女の指先が乳首に触れた時、彼女に電撃が走った。

「あっ……!」

乳の形を味わうかのように愛海の手は這っていく。

それは一切の驕りのない、乳に対する愛しさと尊敬に満ちた動きだった。

「ああっ……! んっ……! やぁ、止めっ……なさぁい……っ!」

清美は愛海の揉みテクに翻弄された。

強張った気持ちが彼女の不埒なマッサージで氷解し

身体がジンジンとほのかに疼いて止まらない。

彼女の手は清美の疼きを全て受け入れ、慈しむように寄り添った。

「愛のないタッチなんてナンセンス……大きくても小さくても
 全てのお山を感謝し、敬い、愛してこそアルピニストたり得るんだよ清美さん」

タイマーが時間を知らせた。解放された清美はすぐ乳を隠した。

そこだけ汗ばみ、発情しているかのようだ。



10 : ◆K1k1KYRick :2015/05/07(木) 21:31:04.63

「清美……!?」

「気をつけて、マキノさん……!」

マキノは友の姿が数秒後の自分になるのではないかという危惧を抱いた。

「次はマキノさんだね」

愛海はマキノの背後に周り、その柔らかな宝山に手を添えた。

「やぁっ……!」

その第一声は、眼鏡の映えるクールビューティーにとってあまりにも可愛らしいものだった。

マキノは、乳を強気で蹂躙する愛海の前に膝を折る。

「やぁっ……! いゃぁ……!」

色白の肌がほのかに紅潮し、切ない吐息がその桜色の美唇からしきりに漏れていく。

力ずくで己を屈服させようとしながらも

その魔手はどことなく甘く柔らかな手つきを見せていた。

それがまた絶妙でマキノに歪んだ快感を与えてくる。

「ああ~~、残念っ。もう時間だ」

タイマーの音がマキノを地獄から引き上げた。

いや、この体に満ちる悩ましい歓びは果たして地獄のものだろうか。

「おいおい愛海、最初からトップギアだとマキノたちもオーラスまでもたないぞ?」

「プロデューサー、山岳麻雀は常に全力で挑む。

 それが自分たちを守る事にもお山に対する敬意にもなるんだよ」

「そんな事言ってぇ、俺の分もしっかり残しておいて下さいよぉ師匠ぉ?」

「んっん~~? それは約束は出来ないなぁ!」

二人の悪魔は朗らかに笑い合う。



11 : ◆K1k1KYRick :2015/05/07(木) 21:33:53.48

東一局一本場、親は愛海。

「ロン。ミルキーウェイ(リーチ一発リャンペーコードラ2)」

一一二二三三4667788 ロン4

「うっ……」

清美はプロデューサーに振り込んだ。

裏ドラを含めて倍満の手である。

「愛海、いや、師匠! 俺の妙手も見ていてくれ」

清美は顔を赤らめて両手を頭の上にやった。

プロデューサーはやはり彼女の背後に立ち、そのゴツゴツした男手を乳に差し向けた。

「うっ……!」

清美のブラジャーをプロデューサーは服の上から巧みに外した。

ブラという楯を失った少女の美乳に彼の淫らな指が襲い掛かる。

「ああっ……! あんっ……!」

プロデューサーはカッターの上から清美の乳首を攻めた。

節の太い手は見た目から考えられない程繊細に動いて、彼女を弄ぶ。

乳首の肉は親指と中指でしきりにしごかれ、その身を硬くしていく。

弾力に満ちた女子高生の乳頭を更に彼は人差し指で撫で愛でた。

「堅いようで意外とやらしいなぁ、清美の乳首♪」

「は、恥ずかしい事を言わないで下さいっ!」

乳首をキュッと搾るように捻ると清美の体が小さく跳ねた。

「キャアッ……! んんっ……!」

「言ってごらん。乳首苛められるの気持ちいい、って。
 ほら、段々硬くなってるぞ。清美の可愛い乳首が、な?」

プロデューサーに乳首を性感帯として開発されたアイドルは数多い。

陥没乳首の相原雪乃には苦戦したが、大抵のキュートアイドルたちは

彼の魔手によって服が乳先に擦れる度に快感を覚える体になってしまったという。

タイマーが鳴り、ようやく清美は解放された。

拭い難い敗北感と快感がいじらしい痺れとなっていつまでも残った。

ここに来て清美とマキノはようやく気づいた。

ここは戦場で、自分たちは支配者の前に出された獲物なのだと。

東二局で二人はもうたっぷりと愛海たちに弄ばれて戦意を喪失していた。

愛撫を受ける度に敏感になる己の胸が恨めしくてならなかった。

もう二人共、三十秒どころか十秒だってあの感触に堪えられそうになかった。



12 : ◆K1k1KYRick :2015/05/07(木) 21:35:33.51

「代わるわ清美ちゃん」

倒れかけた清美の肩に手を掛けた人物がいる。

アイドルそして雀豪として知られる柳清良だ。

「清良さん!」

「ドクターストップよ。しばらく休んでいて」

清美の代わりに清良は席に着いた。

「来たね清良さん! 我が終生の好敵手よ!
 ここであたしが引導を渡してあげるよ!」

「ふふっ、どうかしら?」

清良は清美が進めていた手牌を代わりに見た。

三四②③④23466789 ツモ三

この手牌から清良は対面の愛海のリーチに対して無筋の四萬を切った。

(シャンポンに受けた!?
 同じ無筋なら三萬切って三色聴牌を維持すれば……)

次のツモが一筒で六索リーチに出た。

彼女はリーチの後に二索・八索・四索と索子ばかり引いたので

安牌に困っていた下家のプロデューサーはやれやれと五索を切った。

「ロン。ペネトレーション(リーチイッツー裏2)!」

清美は後ろから愛海の手を見た。

その時、愛海の手は三萬―六萬のノベタンだった。

(押していたら、討ち取られていた!)



13 : ◆K1k1KYRick :2015/05/07(木) 21:36:41.07

「愛海ちゃん、私も一緒に打つ以上山岳麻雀のルールに従うわ。
 ただし、私は別のものを握らせてもらうけどね」

清良は静かに言った。彼女の提示したやり方は次の通りだ。

すなわち、一定時間内で満貫なら指の付け根、ハネ満なら手首

倍満なら二の腕の半ば、三倍満から役満なら

肘まで臀部の急所を貫く、というものである。

勿論後者になる程アナルリスクは高まるしくみだ。

「どう? 私の腸診麻雀も受けてくれるかしら?」

「望む所よ!」

愛海はいつものような逃げ腰ではなく真っ正面から相手の提案を受け入れた。

「おい、愛海! 大丈夫なのか? 清良さんと言ったらお前の……」

「プロデューサー、アルピニストは山のように豊かで広くて
 何者も受け入れる度量が必要なんだよ」

愛海は指をワキワキと動かしながら清良の山を見つめた。

未踏の山はその瞳に美しく魅力的に映る。

この山を必ず登頂する、彼女はそう誓い、舌舐めずりをした。



14 : ◆K1k1KYRick :2015/05/07(木) 21:38:29.65

「とりあえずプロデューサーさんは満貫振り込んだから、よろしくね」

清良はバトルグローブ(メディシングローブ)を装着し、プロデューサーに四つん這いを促した。

日頃愛海の受ける恥辱を知る彼は果たしてどんな痛みが

待っているのか心配して胃をキリキリと痛めた。

ズボンが下ろされ、彼のツルンとした尻とふぐりが美少女たちの前に露になる。

清美とマキノは恥ずかしがって目を逸らした。

「さぁ、挿入れるわよ?」

清良の人差し指がプロデューサーの尻を犯した。

「おほぉ……っ!」

素頓狂な声を上げて身をくねらせた彼に、清良は更に追撃を被せた。

彼女の指が螺旋を描いて嬲っていく。

その指先に転がるものこそ、男の隠された宝、前立腺だった。

「あっ、あっ、ああ~~♪」

清良の指姦にプロデューサーはすっかりのぼせ上がったようで

お仕置きという事も忘れて初めて味わう性感帯開発に悶えていた。

「くっ、クセになりそぉ~~♪」

「ふふっ、いい子ねぇ♪」

数分間、美女による前立腺マッサージを堪能したプロデューサーは

ホクホクとした顔でズボンを穿いて卓に座り直した。

その光景を見て愛海は危機感を抱く。

(マズい……あたしのはガバガバだけど、プロデューサーは男……前立腺がある!
 もし、この作戦にハマってしまったら……!)



15 : ◆K1k1KYRick :2015/05/07(木) 21:40:11.48

それから清良は親として場を重ね、プロデューサーを狙い打ちして和了っていった。

「ロン。ピンフイッツードラ1」

プロデューサーはその度に喜んで清良に尻を差し出し、尻穴開発の楽しみに浸りきった。

「ちょっと、プロデューサー! そんなに気前良く振り込んだら……!」

「大丈夫だ愛海! まだ俺たちがリードしている。簡単にはひっくり返らない」

プロデューサーはそう言って清良のゴッドハンドの下僕となり

彼女の与える淫悦を感じていた。

東三局二本場、十巡目。親は清良。ドラは九萬

プロデューサーは次の二向聴をものにしていた。

二二三四四②③③⑤23345

彼は五筒を弄いながら清良の捨て牌を見た。

八九西16⑥④中六五

(三巡前に四筒を手から出して以降ツモ切り……
 萬子、筒子の清一色が濃厚……流石に筒子は切れないな……)

プロデューサーはさっき清良の切った萬子の筋の二萬を落とした。

「ロン! ゴッドハンド(チンイツイッツーイーペーコードラ1)!」

一一二三三四五五五六七八九 ロン二

「なっ……!」

まさかの放銃にプロデューサーは色を失った。愛海は顔を手で覆って天を仰ぐ。

「覚悟はいい?」

渾身の手を和了った清良を前に、プロデューサーは

何も知らない仔犬のように縮こまった。

満貫手までしか体験した事のないプロデューサーの童尻にとって、清良の腕はあまりにも長い。

アナルファックは聞いた事もあるし人並みに興味もある……

だがいくらなんでも四十センチ前後のそれを突っ込むなんで狂気の沙汰だ。



16 : ◆K1k1KYRick :2015/05/07(木) 21:41:44.79

「ンゴオオオ――ッッ!」

プロデューサーは低い苦叫を放った。

彼の菊門を彼女の拳がミリミリと音を立てて押し広げた。

一気に手首まで入れられた時、彼は半泣きになって肩で息していた。

「どうしたのプロデューサー?」

「ハァッ……ハァッ……ハァッ! お願いです、清良さんっ! 許して下さい!」

「……? ゆるす、って……何をかなぁ?」

無慈悲にも彼女の拳骨は狭い腸を苛めながら奥へと進んでいく。

恐ろしい異物感にプロデューサーは鼻水も涙もだだ流れにして泣きじゃくった。

「おっ! おぼぉっ! お願いしまひゅう! うっ、うでぇをををっっ……!」

清良はプロデューサーの絶叫に耳を貸さず、腕をその孔へと埋めていった。

その口端の吊り上がり具合からむしろ彼の反応を楽しんでいるのではないかとすら感じる。

嗚咽と共に彼の穴は彼女を受け入れた。

清良の腕は暴力的に腸内を圧迫し、彼は一歩も動く事が出来なかった。

声すらも搾らないと出す事が出来ない。

美少女三人が目を背ける中で、清良はその腕を一気に引き抜いた。

腕に釣られて腸襞が持って行かれ、プロデューサーの体の中が裏返りそうになる。

腸汁がグローブからポトポトと一緒に垂れ落ちる。

清良は容赦なく時間が来るまでその腕でピストンを繰り返し、彼を責めた。

苦痛と恥悦の狭間で翻弄され、彼は声が枯れるまで叫び続けた。



17 : ◆K1k1KYRick :2015/05/07(木) 21:42:25.18

「プロデューサー!」

やっと清良の魔手から解放された時、プロデューサーはぐったりと床に伏した。

愛海が心配になり傍に駆け寄るが彼の反応は少ない。

「愛海……済まん。お前の忠告を聞かなかったばかりに……」

「いいよ、プロデューサー! 喋らないで!」

相棒の頭を抱えた愛海は、宙を泳ぐ彼の手を目で追った。

「どこだ、愛海……いつ、夜になったんだ……?」

「……!? プロデューサー……目が……!」

「俺の、分、まで……山を……たの……む」

それだけやっと告げるとプロデューサーの手は力なく愛海の頬からずり落ちた。

「プ……プロ……プロデューサー――ッッ!」

愛海の悲しい声が室内にこだまする。



18 : ◆K1k1KYRick :2015/05/07(木) 21:44:14.14

その時である。愛海の周囲に超常現象が起こり、大気が震えた。
彼女の咆哮は高く響き、金色のオーラを一層目映くしていく。
ミニョンが解けて散ったその長髪は桃色に染まって逆立ち
全身から強者のオーラが溢れ出ていく。

「あれは……!」
「スーパーおっぱい星人……!」
愛海は親友のプロデューサーを失った悲しみ、そして怒りから
更なる段階へと昇り、スーパーおっぱい星人として覚醒したのだ。
「これが、愛海ちゃんの……本当の姿……!」
その常人離れした姿とオーラにマキノ・清美だけでなく清良も固唾を飲み込む。
敵の片腕を落としたつもりが、厄介な敵を新たに産んでしまったのだ。

東三局三本場、五巡目。親は清良。ドラは七萬。

「リーチ!」

清良はとにかくこの少女の手が進まないうちにと

次の手から四萬を切ってリーチをした。

三三六七①②③④⑤⑥⑦⑧⑨

「児戯だな……」

愛海はニッと笑い、手牌から二萬を打つ。

(無筋!? 親リーに第一打から!)

その後も愛海は三筒だの生牌の發だの危険牌を躊躇いなく切ってリーチをかけた。

その打ち方には一切の迷いがない。

やがて清良は中をツモ切った。

「ロン! バーティカルリミット!(リーチホンイツイーペーコー中ドラ2裏4)」

五五五五六六七七八八八八中中 中

何と禍々しい手だろうか。清良の当たり牌を全て槓子として使いきり

残り二枚しかないシャンポン待ちにしてまで彼女は構えていたのだ。

「うっ……二万四千……」

「それだけじゃないでしょう? 清良さん?」

愛海はうなだれる清良の顔を覗き込みながら笑った。



19 : ◆K1k1KYRick :2015/05/07(木) 21:45:31.88

「はぁっ……んっ……だ、だめぇっ……!」

清良は背後から揉み上げる愛海の神手に身を任せていた。

今まで白衣の下で澄ましていた彼女の麗乳の緊張を

愛海の器用な両手指はものの数秒で解いてみせた。

ピアニストはその手で曲を奏でるが、アルピニストは山を愛でる。

彼らは山を壊し、汚し、悲しませるために登るのではない。

山を愛し、山に愛されるために登るのである。

「ほほぉ~~? 清良さんはお山を持ち上げる感じで登られるのが好きなんだぁ」

覚醒した愛海の手には迷いがない。

その動きは無軌道でありながらしっかりと清良の歓ぶ所を刺激し、虜にしていった。

タイマーが鳴った。

あまりにも長すぎる魔のような五分間、清良は頬を赤らめ無防備な姿を見せた自分を恥じた。

(このテクニック……本当に十四歳のもの?
 それとも、これが覚醒したスーパーおっぱい星人の力というの?
 こんなやらしいマッサージを何度も食らうとか、想像もしたくない……っ)

「清良さん!」

心配になった清美が、清良の顔を覗き込む。

あの時変わっていなければ、自分はこれ以上の恥態を確実に晒していた。

スーパーおっぱい星人愛海の実力は本物だという事を、三人は認めざるを得なかった。

彼女は当たり牌を槓子にして潰した上で、清良の心を折り、得た勢いのまま倒そうとしていた。

「いいの、清美ちゃん。さっ、次行きましょう」

清良はこれ以上マキノたちを怯えさせまいと虚勢を張ってオーラスに挑んだ。

この局で地獄か天国か、それが決まる。

誰もがそう確信していた。



21 : ◆K1k1KYRick :2015/05/07(木) 21:46:51.86

オーラス、八巡目。親はプロデューサー。ドラは四萬。

一二三四五六七八東東東⑦⑦

愛海がこのような手を聴牌している時に清良から六萬が出た。

東ドラ1、オーラスだからこれで愛海の勝利は決まる。

だが、彼女はこれを見逃した。

ボーッとしていたのか。

違う。

待ちを間違えたのか。

違う。

彼女はアルピニスト、自分の手を千や二千で終わらせるつもりはない。

常に最高形を目指す彼女は、その後一萬を二枚、九萬を二枚ツモった。

更に五巡回り、愛海の手牌から三枚目の東が出た。

(聴牌した! しかも、あれは……!)

清良も清美もマキノも、愛海がただならぬ手を聴牌っていると直感した。

彼女たちの予感は的中していた。愛海の仕上げた手は

難攻不落の帝王として君臨する魔山、静かに人を食らう悪魔の山脈だった。

ひとよんで――K2(純正九連宝燈)!

一一一二三四五六七八九九九

(ケチな点棒拾う気なし……346プロにその名を轟かす『貫聖』柳清良
 この巨魁を降すという事は生半可な事じゃない。
 見てごらん、あの炎のような瞳を。
 あれだけあたしがお山を慰めたのに、彼女の瞳は死んでいない。
 彼女は活きている、だから完膚なきまでに叩き潰し、心を折らねばいけない。
 東ドラ1程度の直撃じゃ生かして帰すようなもの……
 二度とあたしに向かう事が出来なくなるくらい、その柔らかい山に
 あたしの指を刻み込んであげる。そう、このダブル役満九面待ちでね!)



22 : ◆K1k1KYRick :2015/05/07(木) 21:49:00.76

「クッ……!」

清良は同巡に愛海の当たり牌である七萬を掴んでしまった。

聴牌を崩した彼女だったが、相手はスーパーおっぱい星人に覚醒した棟方愛海。

あの凶悪なオーラに加えて、あの多面待ちである。

数巡で自摸り上がるのも時間の問題だった。

自模れば最後、清良とマキノはその限界近い胸を絶頂まで揉み犯される事は確実だ。

「ポン!」

その時、マキノが動いた。

彼女は対面のプロデューサーが捨てた九筒をポンする。

続いて南を、次に三索を鳴いていく。

「あたしにツモを回さない気?」

愛海は彼女の目的の真意を悟った。

最後のあがきでマキノは立て続けにプロデューサーからポンをした。

しかしこのポンが凄まじい。

何故なら七萬・五萬・三萬・四萬と愛海のツモ牌を全て清良に食い流したのだ。

彼女のポンがなければ彼女たちは抗う事も出来ずに卓上で痴態を晒してしまう所だった。

だがそんなファインプレーをこなしたマキノも最後に六萬の裸単騎となり

身動きが取れなくなってしまった。

「すみません、清良さん……私に出来る事は、ここまでです……」

「ううん。マキノちゃん、ありがとう」

清良の温かな左手がマキノの右手に重なった。

それは緊迫感で張りつめた彼女の心に優しい安堵をもたらした。



23 : ◆K1k1KYRick :2015/05/07(木) 21:50:11.67

「貴方のおかげで……ようやく追いついた!」

清良は西を切って鋭い目を愛海に向けた。

役満を四度も逃している愛海、そしてその当たり牌を抱えて聴牌した清良。

勝負はこの局で決まろうとしていた。

「――っ!? これは……!」

盲牌をした愛海の手から牌が滑り落ちる。

それは白だった。

アルピニストたちか皆恐れる白い悪魔、その前には一切の生物が無力となる魔の行進。

――雪崩である。

清良の手牌が待ちかねていたように端からゆっくりと倒れていった。

「ロン、真・ゴッドハンド(大三元)!」

三四五七七發發發中中中白白 ロン白

「何ィィ――ッッ!?」

「清良さん!」

愛海の絶叫とマキノたちの歓声が重なり合ったのはほぼ同時だった。

感極まった清美とマキノは泣きながら清良に抱き寄った。

清良は二人を両脇から抱き締めて二人を慰めた。



24 : ◆K1k1KYRick :2015/05/07(木) 21:50:51.50

「……。ふっ……流石我が永遠のライバル、見事な闘牌だった……」

清良の手牌をじっと見ていた愛海は、静かに立ってくるりと背中を向ける。

「愛海……」

愛海の背中を見てプロデューサーはどのような声を

掛けていいのか分からず、手を引っ込めた。

「行こう、プロデューサー。
 更なる研鑽を積み、いつしかこの手で真の栄光を掴み取る。
 その日まであたしは、生きなければいけないからね」

「……! はいっ、師匠ォッッ!」



25 : ◆K1k1KYRick :2015/05/07(木) 21:52:24.15

「待ちなさい二人共♪」

部屋のドアから逃げようとする二人の肩に、清良の両手がかかった。

「役満クラスのオシオキの時間よ♪」

「いやぁっ、こ、来ないでぇぇ……ッッ!」

愛海は先程のハードボイルドな雰囲気をかなぐり捨てて

泣きじゃくりながら部屋の端に逃げた。

しかし構えていたマキノに羽交い絞めされて、追い詰められる。

「ダメェ――ッッ、俺、お嫁に行けなくなっちゃう……!」

「というかプロデューサーさん、死んだんじゃないんですか!?」

清美の羽交い絞めしたプロデューサーも確保した清良は

ニコニコしながらバトルグローブを身につけ、尻を突き出した二人の前で構えた。

「せぇ――のっ♪ えぃ♪」

ズブブブウウウウウ――――ッッ!

「アオオオオオオオ――――ッッ!」

悲痛な咆哮が響き渡る346プロの一室で清美とマキノは思った。

本当に怖いのは棟方愛海ではなく、この人だという事を――。



26 : ◆K1k1KYRick :2015/05/07(木) 21:57:44.12

以上です。

>18は全文一行空けです

>15
誤:
(三巡前に四筒を手から出して以降ツモ切り……
 萬子、筒子の清一色が濃厚……流石に筒子は切れないな……)

修正:
(三巡前に四筒を手から出して以降ツモ切り……
 索子、筒子の清一色が濃厚……流石に筒子は切れないな……)



27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/08(金) 12:54:28.00

内容のシリアスと、やってることのギャップで盛大に笑う
面白かった



31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/09(土) 03:24:05.19

なんちゅう熱くてバカ(褒め言葉)なSSだwww
さらに雪乃さんが陥没乳首とかいかにもありそうなとこを狙いよってwww



元スレ
SS速報VIP:【モバマス】棟方愛海「アルピニストは妥協しない」【麻雀】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1431001350/



アイドルマスター シンデレラガールズ シンデレラガールズ劇場 (1) (電撃コミックスEX)

新品価格
¥994から
(2015/5/28 16:38時点)