SS速報VIP:園児A「俺が勇者だ!」 園児K「良かろう…魔王の強さ、その身で味わうが良い!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1428823382/



1 :体裁・投稿間隔で御意見有れば是非 :2015/04/12(日) 16:23:02.62

勇者「この時の為に手に入れた伝説の武器だ!」

魔王「なにぃ!?それは伝説の爪とんがりコーン!!」

勇者「勇者の一撃を食らえぇ!」

勇者の鋭い一撃が魔王の胸元を抉る!!
パキッ!
とんがりコーンは壊れてしまった…

勇者「…。」
魔王「…。」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1428823382



2 :体裁・投稿間隔で御意見有れば是非 :2015/04/12(日) 16:26:12.01

勇者「何だって!?」

魔王「ふ、ふふふ…ふぁはははは!どんなに強い武器でもそれを使う奴が弱ければなんの意味も無い!」

魔王「しかしこの様な姿でも私を倒せる唯一の武器…この世から消し去ってくれるわ!」

なんと!魔王は勇者の指からとんがりコーンを奪い口に入れてしまった!

魔王「モグモグ、ごくん。ご馳走様でした。」

勇者「そんな…伝説の武器が通じないなんて…」






園児C「…よし!」



3 :体裁・投稿間隔で御意見有れば是非 :2015/04/12(日) 16:30:02.75

園児C「何してるのー?」

園児K「あっ…し、しいちゃん!」

園児A「勇者と魔王の決戦だよ。」

園児C「いいなー私も混ぜてー!」

園児A「ダメだい、女子供はままごとでもしてな。」



4 :体裁・投稿間隔で御意見有れば是非 :2015/04/12(日) 16:32:51.87

園児C「えー混ぜてよぉ!」

園児A「ダメったらダメだよ!」

園児C「えい君なんでそんなこと言うの…ひどいよ…。」

園児A「だって女の子はこういうのわかってないじゃん。」

園児C「うぅ…私も混ぜてよぉ…」

園児K「べ、別にいいんじゃない?」

園児A「そうかなぁ?」

園児K「その…ほら、みんなでやった方が楽しいし、最初は分からなくても教えてあげれば良いんだしさ。」

園児C「ほんと!?」

園児A「まぁ、けいがそう言うなら別にいっか、仲間外れにしてごめんねしいちゃん。」

園児C「ううん、いいよ。ありがとうけいくん。」

園児K「う、うん!」



5 :体裁・投稿間隔で御意見有れば是非 :2015/04/12(日) 16:36:14.24

園児K「それで…しいちゃんは何にする?」

園児A「俺が勇者で、けいが魔王な」

園児C「えーっと、じゃあねぇ」

ちゅっ
なんと、園児Cは園児Aのほっぺにキスをした!

園児K「あばばーーーー!!」



6 :体裁・投稿間隔で御意見有れば是非 :2015/04/12(日) 16:39:43.01

魔王「あばばーーーー!!」

女神「勇者よ、貴方に女神の祝福を授けました。これであの魔王に攻撃が通じるはずです。」

魔王「…。( ゚д゚ )」

魔王は呆然としている!

勇者「確かに今なら魔王を倒せそうだ!いくぜ!うぉぉぉぉぉ!!」

魔王「( ゚д゚ )」

魔王は魂が抜けている!

勇者「これで終わりだ!!魔王死すべし!!!!」

( ゚д゚ )「魔王」

魔王はショックの余りに名前表記が変わってしまった!

勇者の真っ直ぐ伸ばした手刀が魔王の胸を今貫く!

( ゚д゚ )「」



7 :体裁・投稿間隔で御意見有れば是非 :2015/04/12(日) 16:42:17.13

園児L「ぐふっ!!」

( ゚д゚ )「」

なんと、園児Lが魔王を庇い勇者の一撃を受けてしまった!

園児A「えっ!?」
( ゚д゚ )「」
園児C「えるちゃん!?」

忠臣「ま、魔王様…私は、お役に…立て、ました…か…?」ガクッ

忠臣は力尽きた…

( ゚д゚ )「!!」

魔王「忠臣…忠臣よ…」

忠臣「」ピクッ

返事が無い…ただの屍のようだ…
魔王が忠臣の身体を抱き抱え揺すると、忠臣の目に浮かんだ涙が頬をつたい魔王の手に落ちた…

魔王「勇者め…よくも我が忠臣をぉぉぉ!!」

女神「いけない!魔王の力が更に高まっています!」






先生「あっ!?」



8 :体裁・投稿間隔で御意見有れば是非 :2015/04/12(日) 16:45:40.10

先生「ちょっとえるちゃん、大丈夫!?」

園児A「あっ…先生!」

先生「えい君!お友達を叩いたらダメでしょ!」

園児C「先生違うんです。これは…」

先生「でもえるちゃん倒れてるじゃない!泣いてるし!」

園児L「あっ違うんです。これは演出の為で…」ムクッ

先生「あっ、えるちゃん無事だったのね…よかったわ。」

先生「えっ?じゃあけい君がチューしよとか言ってたのは人工呼吸とかじゃなくて?」

園児K「えっ?僕そんなこと言ってません。」

園児L「…///」



9 :体裁・投稿間隔で御意見有れば是非 :2015/04/12(日) 16:48:14.93

先生「そっか…先生の勘違いだったみたい。ごめんね、えい君。」

園児A「う、ううん。いいよ!俺全然気にしてないし!」

園児C「むー…。」

先生「怪我させない様に気をつけてね。」

先生「あっ、後チューとか簡単にしちゃダメよ?」

園児C「むっ。」

園児K「!!」

園児A「えっ!?ち、違うよ!あれはしいちゃ」園児K「えい君!」

園児KはAの言葉を遮った!

園児K「しょしょ、しょういう事をいうのはよくらいよ…。男なら…恥をかかせちゃ…。」グスッ

園児L(けい君…声を震わせてまでしいちゃんを立てるその姿…美しいよ…!)

園児C「先生もういないよ。」



10 :体裁・投稿間隔で御意見有れば是非 :2015/04/12(日) 16:51:29.61

女神「さぁ、勇者よ。邪魔者が入りましたが、魔王と決着をつけるのです!」

忠臣(邪魔者って私なのかどうなのか。)

勇者「おう!」

魔王「勇者に殺された魔王軍の恨みを思い知らせてやる!!」

勇者「お前も手下達と同じ場所に送ってやる、そこのそいつを手にかけたこの手刀でなぁ!!」

忠臣(それは私です。ただの屍です。)

女神(こいつ…出番を作るため直接脳内に…!)

魔王「ぐぅぅ!」

勇者「よし、勝てるぜ!」

魔王「ぐわぁぁぁ!」ダダダダダ!

魔王は豪快に後ろに吹っ飛んだ



11 :体裁・投稿間隔で御意見有れば是非 :2015/04/12(日) 16:54:11.04

勇者「やったか!?」

忠臣「魔王様がこの程度でやられるわけないでしょう?」

女神「死人に口無しです。」

女神は忠臣の口を押さえた!

忠臣「むぐっ」

魔王「ぐふっ!…ぐふ…ぐふふ…ぐふわっはははー!ここまで追い詰められたのは久しぶりだ…!」

勇者「やっぱそう簡単にはいかないか…。」

魔王「勇者よ!貴様に敬意を表し、私の本気を見せてやる!ぶっ飛ばされた先にあったこの杖に込められた私の魔力を解き放ってな!」

女神「なんと…そこまで考えてあえて吹っ飛ばされたというのですか!」

忠臣「流石は魔王さ」女神「死人に以下略」忠臣「むぐっ」



12 :体裁・投稿間隔で御意見有れば是非 :2015/04/12(日) 16:57:59.67

魔王「世界に、平和は、訪れなぁい!」

魔王は両手を広げた!

勇者「なんて威圧感だ!これが魔王の本当の力…」

女神「勇者よ、怖気付いてはいけません。魔王はこれが最終形態なのですから。」

魔王「見せてやる、これが、私の力だ!」

女神「これはまさか!?」



13 :体裁・投稿間隔で御意見有れば是非 :2015/04/12(日) 17:00:09.08

魔王「秘儀、空間圧縮!」

勇者「これほどまでの力とは!」

魔王「ははははどうだ!手も足も出まいっ!!」

勇者「くっ…!」

魔王「さあさあさあ!」

女神「きゃあああ!」

勇者「女神!」

女神「私はもうダメです…。」

忠臣(ちなみに私はずっと屍です。)

女神「でも…まだ貴方という希望がある…。だから私は安心して逝ける…。」ガクッ

女神は死んでしまった…。

勇者「女神ーーー!!」

魔王「くはははっ!!安心しろ、すぐに一緒のところへ送ってやろう…!」

勇者「貴様ーー!!」

魔王「はははは!女神を殺され怒ってみた所で貴様が何も出来ないのは変わらない!」

忠臣(上手い!怒りでパワーアップする主人公展開を先回りして潰した!)

女神「勇者の力が怒りで解放される時、必ず一拍置いてから覚醒する!その一瞬の隙を突くなんて!」

忠臣「死人に口無しよ。」

女神「むぐっ」



14 :体裁・投稿間隔で御意見有れば是非 :2015/04/12(日) 17:03:24.77

勇者「くっ…!一体どうすれば…!?」

魔王「どうにもならないのだ!だが安心しろ。」

魔王「貴様の前に女神が、貴様の後に全人類があの世に送られる…。」

魔王「私が現世を支配する様を見守りながらあの世の平和でも守っているがいい!」

忠臣(あれ、私あの世じゃね?退治されね?)

女神「しめた!敵が高らかに勝利宣言からの長台詞は逆転フラグです!」

忠臣(無言の口抑え)

女神「むぐっ」

勇者「こうなったら最後の手段を使うしかない…!」

魔王「なにぃ!?」



15 :体裁・投稿間隔で御意見有れば是非 :2015/04/12(日) 17:07:34.68

勇者「喰らえ!これが勇者の最強魔ほ」先生「帰りのバスの時間ですよー!みんな帰る準備は出来てるかなー?」

魔王「…。」
勇者「…。」
女神「…。」
忠臣「…。」

バス「ブロロロロ」キタデ

園児達はバスに乗った!
ガチャッ、バタン。ブゥーン

勇者「最強魔法、絶対神召喚。さ…。」

こうして勇者は絶対調停者先生を召喚し、世界に平和が訪れたのだった。



----THE END----



18 :体裁・投稿間隔で御意見有れば是非 :2015/04/12(日) 17:10:42.50

というわけでSS処女作です。拙作お楽しみいただければ幸いです。

依頼出してきます



17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/12(日) 17:09:24.84

なかなかよかった



20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/12(日) 19:54:26.06

面白かった乙



21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/12(日) 20:01:25.16

良作



元スレ
SS速報VIP:園児A「俺が勇者だ!」 園児K「良かろう…魔王の強さ、その身で味わうが良い!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1428823382/



園児のつぶやき―魔法のことばをありがとう

新品価格
¥1,296から
(2015/5/28 22:41時点)