P「来た!」

杏「準備いい?」

イヴ「バッチリですぅ!」

ブリッツェン「ブモッ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1405436416



2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/16(水) 00:04:21.42

ガチャ

泰葉「わずらわしい太y…」

「ハッピーバースデー!」パーン!パンパン!パーン!

泰葉「ひゃっ!?」ビクッ

泰葉「え?………敵襲!?」

P「なんでだよ!」

泰葉「…あ、Pさん。おはようございます」ペコリー

P「うん。おはよ」



3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/16(水) 00:04:48.52

泰葉「それで、敵はどこですか?」キョロキョロ

P「いないし、違うし」

泰葉「?じゃあ、さっきの銃声は?」

杏「銃声じゃなくてクラッカーなんだけどなー…」

泰葉「あ、杏さんにイヴさん。おはようございまー」

イヴ「おはようございますぅ」

杏「はよー」

泰葉「それで…クラッカーですか?」

P「うん」

泰葉「なんでまた?」

P「泰葉、誕生日だろ?」

泰葉「誕生日?」キョトン

P「あれっ?」



4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/16(水) 00:05:20.51

杏「ちょっとプロデューサー」

P「いやいやいや、間違いないって!」

泰葉「……………」ンー

イヴ「泰葉さんのお誕生日じゃないんですかぁ?」

泰葉「…………あ、今日が16日ですか」ポン。

P「えっ?忘れてた!?」

杏「マジで?」

泰葉「そういう訳ではないんですが…」

泰葉「嬉しい事に、今月に入って色んな現場でお祝いしていただいてたので…」

杏「あー…。終わった気になってたとか?」

泰葉「はい」



6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/16(水) 00:06:02.69

P「根回ししすぎたかな…」

泰葉「いえ、そんな事は…。ただ、どこに行っても皆さんからお祝いしてくれるのは驚きましたが…」

杏「どんだけよ?」

P「いやいや、別にしてくれとは言ってないぞ?会話の中で、そういえば~程度にしか」

杏「プロデューサー、そういうのは無駄に上手いよね」

P「無駄にって…」

泰葉「そうだったんですね」

P「えっ?そんなに凄かった?」

泰葉「一年分のケーキは食べ溜めしました…」

イヴ「羨ましいです~」

杏「いや、一年分て」



7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/16(水) 00:07:13.12

P「うんうん。泰葉がみんなから愛されてる証拠だな」

泰葉「そう…でしょうか」フフッ

P「最近どんどん明るくなってるって評判なんだぞ?」

泰葉「すべて、Pさんのおかげです」

杏「明るいと言うか何と言うか…」

泰葉「Pさんは」

P「ん?」

泰葉「Pさんは、愛してくれてますか?」ウワメヅカイ

P「お、おう。アイドルとしてな」

泰葉「それだけ…ですか?」

P「ぐっ!……ノーコメントで」

泰葉「むぅー」

杏「久しぶりに見た。キモいプロデューサー」

P「うるさい!」



8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/16(水) 00:07:48.84

泰葉「ふふっ。昔は、誕生日も形だけでしたから…正直、どうすれば良いのかは戸惑いましたが」

P「素直に喜べばいいんだよ」

泰葉「はい。今になって、誕生日が嬉しいと思えるなんて思ってもいませんでした」

イヴ「良い子には必ずとびきりのプレゼントが届くものですから♪」

杏「妙に説得力あるよね。流石」

イヴ「うふふ」

P「さあさ、そろそろ始めようぜ」

杏「だね」

イヴ「は~い」

泰葉「何するんですか?」

P「いや。泰葉の誕生日だって」



9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/16(水) 00:08:18.46

イヴ「まずはケーキから~」

ブリッツェン「ブモ~」

泰葉「おおおっ!」

P「事務所のケーキ職人に頼んで作ってもらった」

イヴ「二段ケーキですぅ」

杏「もはや店が開けるレベルだよね」スゲェ

泰葉「この、真ん中の人形って…」

P「泰葉だな」

イヴ「そっくりです~」

泰葉「…………」ジー

杏「凝視してるし」

泰葉「Pさん」

P「ん?」

泰葉「お持ち帰りを希望します!」

P「いやいや、溶けるだろ」

泰葉「そこをなんとか…」

P「写真にしときな。気持ちは分かるけど」



11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/16(水) 00:08:55.51

杏「ロウソクおっけ」

P「流石に電気は消せないからこのままな」

泰葉「はい」ワクワク

P「よし。点火」カチカチ

イヴ「綺麗ですね~」ホワァ

P「…ん。それじゃあ、泰葉」

泰葉「はい?」

P・杏・イヴ「お誕生日おめでと~」パチパチ

泰葉「あ、ありがとうございます」エヘヘ

杏「さぁ、吹き消して」

泰葉「あ、はい。…ふーーーっ」

泰葉「……ふふ」

P「どうした?」

泰葉「はい…凄く嬉しいのと…。何度やっても、少しこそばゆいです」



12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/16(水) 00:09:28.75

P「じゃ、切り分けるぞ」

杏「あ、ちょい待ち」

P「ん?」

杏「折角だから泰葉と一緒に」

泰葉「私もですか?」

イヴ「写真はお任せください~」

泰葉「……あ!」ティン

P「じゃあ、やるか?」

泰葉「はい。失礼して…」

杏「ではでは、ケーキ入刀!」

P「なにそれ?」

泰葉「いわゆる二人の初めての共同作業的な」

P「あっ!それって」パシャッ!

イヴ「バッチリ撮れました」フンス

泰葉「後で送って下さいね」

イヴ「モチロンです~」



13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/16(水) 00:10:07.15

P「油断してた…」

杏「まあまあ、今日くらいはね」

P「はぁ…。まあ、良いけどさ」

P「じゃ、プレートと人形は泰葉のに分けて…」

泰葉「おおー」キラキラ

杏「ってか、よく考えたら4人でこの量は無理くね?」

イヴ「ブリッツェンがいますよ?」

ブリッツェン「ブモッ!ブブモー!」ムリムリ

P「んー…。泰葉、持って帰る?」

泰葉「もぐもぐもぐ……?美味しいですよ?」

P「……うん。口拭こうか」

杏「もう皿に無いし」



14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/16(水) 00:10:37.89

泰葉「……ふぅ」マンゾク

P「美味いのは分かるけど、食べ過ぎないようにな」

泰葉「大丈夫です。アイドルですから」

P「理由になってないし」

杏「あー、流石にもう無理」ケプ

イヴ「私もです~」

P「まだ半分以上あるなー」

泰葉「もったいないですけど…」

P「持って帰る?」

泰葉「いえ、折角なので後は皆さんに」

P「皆さん?……ああ。そうだな」

杏「まあ、明日には無くなってるだろうね」

P「だな。…すでに狙ってる奴もいそうだけど……」

ガタッ



15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/16(水) 00:11:26.91

P「それで、だな…」

泰葉「なんでしょう?」

P「はい、プレゼント」

泰葉「えっ?………はい」

P「何が良いか分からなかったから、最近出たシルバニアの家」

泰葉「おおー!」

杏「無難だね」

P「うっさい」

泰葉「有難うございます。これで新居が出来ました」

P「喜んでくれたみたいで良かった」

泰葉「ちなみに現在は4人家族です」

P「えっ?」

泰葉「ふふっ。Pさんは何人が良いですか?」

P「えっ?」



16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/16(水) 00:12:11.31

杏「杏とイヴからはこれー」

泰葉「杏さん達も?」

イヴ「ホームプラネタリウムと……うふふ」

泰葉「チケット?」

杏「開けてみて」

泰葉「はい。……これって」

イヴ「プラネタリウム2名様ご案内~」

杏「ちなみに、プロデューサーは本日夕方で強制退社となります」

P「はあ!?」

イヴ「ちひろさんは了承済みですぅ」

P「マジで!?」

泰葉「つまり、これは…」

P「そういう事だな」

泰葉「楽しみ、ですね」フフッ

P「………だな」



17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/16(水) 00:12:55.24

杏「あんずちゃんちょーがんばった」フンス

P「頑張る方向間違ってるだろ」

杏「可愛い妹分の為だからね」フッ

泰葉「お姉ちゃん…!」

P「仕事とかレッスンもそのくらいしてくれると有り難いんだけどな…」

杏「断固拒否する!」

P「あっそ」

イヴ「今だと夏の星座に変わってる頃でしょうか」

泰葉「あれがデネブアルタイルベガ?」

イヴ「あ、夏の大三角ですね~」

杏「また泰葉の瞳に映った星に見とれないようにね」ボソッ

P「なんでそれを!?」ボソボソ

杏「泰葉に聞いた」ボソボソ

P「………何言ってんだよ」

泰葉「?」



18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/16(水) 00:13:39.71

杏「ま、そーゆーワケだから。間違っても予定入れないでね」

P「はいはい。でも、泰葉は大丈夫なのか?別の予定とか」

泰葉「はい。特には…。それにPさんとのデートなら、最優先事項になりますので」

P「………そうか」

泰葉「あ、でもお洒落したいので、一度帰りたいです」

杏「勝負服だね」

泰葉「はい。あと、服以外も…」

P「泰葉!?」

泰葉「あれ、知りませんか?16歳からは結婚できるんですよ?」

P「どういう意味かは聞かないけど、まだする気はないからな」

イヴ「まだ?」

P「あっ…………知らん!」



19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/16(水) 00:14:21.06

<プロデューサーさん、チェック終わりましたよー!

P「あ、ありがとうございまーす!」

泰葉「チェック?」

P「ああ。こっち来な」

泰葉「?」

杏「なになにー?」

イヴ「何があるんです?」

P「ふっふっふっ。これだ!」

泰葉「えっと……」

ちひろ「全部、泰葉ちゃん宛てですよ」ウフフ

泰葉「私宛?」

ちひろ「じゃ、プロデューサーさん後はお願いします」

P「はい」

ちひろ「あ、それと…」

P「はい?」

ちひろ「今夜、羽目を外しすぎないでくださいね」

P「………はい」



20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/16(水) 00:15:05.39

泰葉「あの、これって」

P「全部泰葉のファンからだよ。念の為チェックはさせてもらったけどな」

杏「すげぇ」

イヴ「プレゼント、沢山ありますね~」

泰葉「……………」

P「どうよ?」

泰葉「……………」

P「泰葉?」

泰葉「………Pさん」

P「ん?」

泰葉「私をアイドルにしてくれて、ありがとうございます」

P「何だよ今更」

泰葉「ありがとう、ございます」ポロポロ

P「……はいよ」ポンポン



21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/16(水) 00:15:43.81

P「手紙はこっちにまとめてるから、ゆっくり読むと良いよ」

泰葉「はい」グスッ

P「俺達はコタツにいるから」

泰葉「はい」

P「………良かったな」

泰葉「はいっ!」

杏「泰葉の努力のたまものだねー」

イヴ「ずっと憧れてたみたいですからね~」

P「頑張ってきた一つの形、ってやつだろうな」



22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/16(水) 00:16:27.42

泰葉「只今戻りました……」

P「お、もういいのか?」

泰葉「はい。残りは、帰って読ませてもらいます」

P「うん、ゆっくり読むと良いよ」

泰葉「私、これからもっとお仕事頑張ります!」

P「楽しみにしてるよ」

杏「あ、そろそろ時間だね」

P「時間?」

イヴ「デートのお時間ですよ~」

P「ああ…って、まだ早くない?」

杏「女の子は色々準備が必要なのさ」

P「…お前がそれを言うか」

杏「なにさー」

泰葉「ふふっ。そうですね。ではPさん、また後で」

P「………ん」



23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/16(水) 00:17:45.39

P「………はぁ」

杏「何ため息ついてんのよリア充」

P「リア充て……。いや、まさかデートとはなー」

イヴ「ダメでしたかぁ?」

P「いやいや。そんなことは無いけど」

杏「ヘタレプロデューサー」

イヴ「へっぽこプロデューサー?」

P「え?ひどくない?」

杏「本来はプロデューサーから誘うべきだったんだぜ?」

P「………分かってるけどさぁ」

杏「……待たせっぱなしじゃダメでしょ」

P「………分かってるさ」

イヴ「難しいお話かなぁ?」

ブリッツェン「ブモォ?」



24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/16(水) 00:18:32.75

泰葉「お待たせしました…」

P「いや、待ってないから大丈夫」

泰葉「………どう、ですか?」クルクル

P「うん………綺麗だよ」

泰葉「ふふっ。Pさんも、着替えたんですね。素敵です」

P「一応な…じゃ、行くか」ウデ

泰葉「あ……はい」ギュッ



25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/16(水) 00:20:16.35

イヴ「お似合いですねぇ」ウフフ

杏「やれば出来るじゃないか」ウンウン

イヴ「このあと、どうしますか~?」

杏「これ以上つけるのはは野暮ってもんだし………」

杏「よし。帰るか」ヨジヨジ

イヴ「は~い」ヨジヨジ

イヴ「ブリッツェン、ご~」

ブリッツェン「ブモー」



おしまい



26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/16(水) 00:20:48.45

おまけ

薫「あっ!やすはちゃんいたー!」

泰葉「えっ?」

薫「やすはちゃーん!」ダキッ

泰葉「薫ちゃん?」

桃華「ご機嫌よう、泰葉さん」

泰葉「と、桃華ちゃん?」

薫「やすはちゃん、やすはちゃん!」

泰葉「ん?」

薫「おたんじょうび、おめでとうございまー!」

桃華「おめでとうございます」

泰葉「あっ。ふふっ。ありがとう」ナデナデ

薫「えへへ。それとね、それと…」ゴソゴソ

泰葉「?」

薫「………あれ?」ゴソゴソ



27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/16(水) 00:21:34.49

桃華「薫ちゃん、こちらですわ」ハイ

薫「あ!ももかちゃん、ありがとー!」

泰葉「?」

薫「やすはちゃん、これー!」

泰葉「これ…マグカップ?」

桃華「私と薫ちゃんからの誕生日プレゼントですわ」

薫「えっとね、かおる、ももかちゃんといっぱい考えてね、これにしました!」

泰葉「この絵って、もしかして」

桃華「私達ですわね、一応」

薫「かおるとももかちゃんがかいたんだよ!」

泰葉「うん。ふふっ。そっくりだね。ありがとう」ナデナデ

薫「えへへへへ」

泰葉「桃華ちゃんも、ありがとう」ナデナデ

桃華「あっ……どうも、ですわ」



28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/16(水) 00:22:18.56

それから

杏「さあ!お茶の時間だー!」

イヴ「ひゃっはー?」

泰葉「はーい」ゴソゴソ

P「そろそろ冷たいのが欲しいかなーって」

泰葉「そんな事もあろうかと。本日は水出しをご用意してみました」

イヴ「おおー!」

泰葉「おせんべもありますからね」ドサッ

杏「やっぱこれだね~」

P「ロッ…言わないからな?………って、あれ?泰葉カップ変えたのか?」

泰葉「あっ、はい。ふふっ」コトッ

杏「ふーん……良いじゃん」

イヴ「はい。可愛いです~」

P「うん。良かったな」

泰葉「はい」フフッ



29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/16(水) 00:24:27.40

泰葉おめでとう!
以上。読んでくださった方ありがとうございましました!
泰葉誕生日おめでとう!おめでとう!
あとリトルチェリーブロッサム流行れ!




30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/16(水) 00:25:10.11

乙乙
この色々と積極的な先輩すき



32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/16(水) 01:46:31.23

蘭子の挨拶取り入れる先輩が可愛すぎる



33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/16(水) 02:55:08.93

乙。
このネジ抜けかかった先輩好き



元スレ
SS速報VIP:岡崎泰葉「コタツで迎える誕生日」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1405436416/



TVアニメ アイドルマスター シンデレラガールズ G4U!パック VOL.4 (初回限定特典 ソーシャルゲーム「アイドルマスター シンデレラガールズ」の限定アイドルが手に入るシリアルナンバー同梱)

新品価格
¥8,640から
(2015/6/26 22:23時点)