SS速報VIP:ほむら「地獄少女?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1433953940/



1 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/11(木) 01:32:20.11

これは魔法少女まどか☆マギカと地獄少女のクロスssです。
初のssということでお目汚しになると思いますが、少しでも楽しんで頂けたら幸です。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1433953940



2 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/11(木) 01:33:51.41

ほむら「あいつさえ居なければまどかは…」ポロポロ
ほむら「あいつが奇跡を売り歩かなければ…。まどかはあんなに重い業を背負わずにすんだのに…!」カタカタ
ほむら「私はお前たちを許さない!」カタカタカチッ



3 : :2015/06/11(木) 01:35:19.74

ほむら「繋がった…。これが地獄通信?」ゴクリ
ほむら(「インキュベェーター」)カタカタカチッ
ほむら「……。何も起こらないようね。所詮は都市伝説本気にした私が馬鹿だったわ」



4 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/11(木) 01:36:41.78

ほむら「?!此処は?」
(夕暮れの川辺)
あい「貴女が呼んだのよ?」
ほむら「…。貴女は?」
あい「私は閻魔あい」
ほむら「ということは、貴女が地獄少女ね」



5 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/11(木) 01:37:49.72

あい「受け取りなさい」(藁人形)
ほむら「これは?」
あい「この糸を解けば契約は成立…。憎い相手はすみやかに地獄に流されるわ…」
ほむら「そう。なら」(糸に指を掛ける)



6 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/11(木) 01:39:16.99

あい「ただし 、人を呪わば穴二つ…。恨みを晴らす代わりに貴女の魂も地獄に堕ちることになるわ…」
ほむら「…。(地獄で苦しむほむらの描写)」ガクブル
あい「まぁ、死んだあとの話だけどね…」



7 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/11(木) 01:40:28.71

ほむら(もし、私のソールジェムが濁り切ったとしても私が導かれるのは円環の理ではなく地獄)ウルウル
ほむら「それでも私はあいつらを!」
ほむら「?!居ない?」(まさか時間停止?!)
あい「あとは、貴女が決めることよ」



9 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/11(木) 10:44:41.93

ほむら「何の用かしら?インキュベェーター」ギロリ

キュウべぇ「酷く邪険な扱いだね。魔獣退治のサポートに決まっているじゃないか」

ほむら「その必要はないわ。消えなさい」

キュウべぇ「僕が何か君の気にさわることをしたかい?」



10 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/11(木) 10:48:05.07

ほむら「覚えていないのなら仕方がないわ。咎めるつもりはないけれど目障りだから消えなさい」

キュウべぇ「……。ほむら辺りの障気が増している来るよ!」

ほむら「お前に言われなくても分かっているわインキュベェーター」



11 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/11(木) 10:49:33.91

魔獣「………」

ほむら「フッ…(弓を引く)」バシューン

魔獣「グハアァァ!」(一体消滅)

キュウべぇ「いい調子だけど油断は禁物だよ」

ほむら「わかっているわインキュベェーター」



12 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/11(木) 10:51:49.65

ほむら(今のインキュベェーターにはまどかと契約した記憶はおろか魔女の存在さえ知らない)

魔獣「グワァァァ!!」(三体撃破)

ほむら(きっと、あの子はこんな復讐は望まない。でも、この怨みを晴らさないと私の気持ちが治まらない)



13 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/11(木) 10:58:56.12

ほむら「…。呆気ない幕切れね」
(この藁人形の糸を解けばインキュベェーターは地獄に流される。でも、果たして本当にこれでいいのかしら)

キュウべぇ「?!ほむら後ろ!」

ほむら「え?」

魔獣「………」



14 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/11(木) 11:00:06.12

ほむら「くッ!!」(利き手を切り裂かれる)

キュウべぇ「まさか地面に隠れて待機している何て!このままじゃ不味いよ」タッタッ

ほむら(インキュベェーター逃げ足の早いことね。こんなことになるなら…。あの時に糸を解けべきだった)



15 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/11(木) 11:01:18.12

ほむら(私が魔獣との戦いで死んだら円環の理に導かれるのかしら?)

ほむら(でも、美樹さやかの時はソールジェムが穢れて濁り切った時に導かれた)

ほむら(もし、魔獣との戦死した場合まどかにはもう二度と会えないかもしれない…。それなら)



16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/11(木) 11:02:14.45

ほむら「私は生き延びてみせる!!(白い翼が生える)」バサァ

魔獣「………」

ほむら「グッ、あぁぁッ!!」(片翼をもがれる)

ほむら(どうやら私もここまでみたいね)

ほむら「ごめんなさい。まどか…」ポロポロ



17 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/11(木) 11:03:38.80

バァーン!バーン!

魔獣「グ、グワァァァ!!」

マミ「暁美さん大丈夫?!」

杏子「うおりゃーー!生きてるかほむら?」

ほむら「貴女達どうして此処へ?」

キュウべぇ「何とか間に合ったみたいだね」



18 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/11(木) 11:04:59.52

ほむら「キュウべぇ?」

マミ「佐倉さんと近くで魔獣を退治し終えたらキュウべぇからテレパシーを貰ったの」

杏子「らしくねぇーじゃん。どっかのボンクラみたいに気を抜きやがって」

ほむら「気を許したのは否定できないわ」



19 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/11(木) 11:06:00.68

マミ「まぁー、今は暁美さんの無事も確認出来たことですし」

杏子「とっとと仕事片付けちまうか!」
ジャキンジャキン!バキューン!

魔獣「グハアァァ!!」

ほむら(インキュベェーターが私を助けるなんて…。どうやらまどかが世界を改変した為インキュベェーターそのもの性質も変わったようね)



20 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/11(木) 12:30:03.17

一目連「変わった生物も居たもんだなぁー」

骨女「それに他の人間達が気に止めて居ないところを見ると私達以外には見えていないみたいだね」

輪入道「こいつはたまげたなぁ」



22 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/11(木) 12:31:33.20

キュウべぇ「………。」チラッ

骨女「おや?ターゲットが私達の調査に勘づいたのかね」

一目連「おいおい、それはないぜ。今までどんな調査でも気付かれたことはなかったじゃないか」

輪入道「おい!ターゲットが居ないぞ!」



23 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/11(木) 12:32:48.29

キュウべぇ「僕に何か用かい?」

一目連「おいおい、何の冗談だ?俺らの監視を掻い潜って背後を取られるなんて」

キュウべぇ「……。一つ質問なんだが君達は人間ではないね?」

三藁「?!!」



24 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/11(木) 12:34:01.15

キュウべぇ「僕の認識では君達は霊魂の類いのようだね。それにしても、有史以前より霊魂の類いを知覚する機会はあったが…。僕を認識出来る霊魂は存在しなかった。どうして君達は僕を認識することが出来るんだい?」

一目連「コイツ!」



25 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/11(木) 12:36:07.88

キュウべぇ「これは飽くまで推測なんだが君達は何らかの因果で僕を認識する力を得た。違うかい?」

骨女「まどろっこしい言い回しはよしな!つまり、アンタは私達の正体に見当がついてるんだろ?」



26 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/11(木) 12:37:10.28

キュウべぇ「これは飽くまで推測なんだが君達は何らかの因果で僕を認識する力を得た。違うかい?」

骨女「まどろっこしい言い回しはよしな!つまり、アンタは私達の正体に見当がついてるんだろ?」



27 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/11(木) 12:40:58.26

キュウべぇ「推測の域を脱してはいないのだが、君達はおおよそ地獄少女の使い魔じゃないのかな?」

輪入道「……。コイツは危険だ」



28 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/11(木) 12:42:18.02

キュウべぇ「僕の推測は正しかったようだね。だったら君達にお願いがある。僕と地獄少女とを会わせてよ」 
一目連「何?お前がお嬢になんの用があるんだよ?!」



29 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/11(木) 12:45:15.20

キュウべぇ「決まっているじゃないか。地獄少女に魔法少女の契約をお願いするのさ。人間を地獄に送ることが出来る力を持つ少女。魔法少女になったらそれは破格の力を持つだろう。逃す手はないよね」

骨女「チッ!」カタカタカタカタ!



30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/11(木) 12:45:54.63

キュウべぇ「これは一体なんの真似だい?僕を骸骨なんかで拘束して」

輪入道「悪いがアンタをお嬢に会わせるわけにはいかん」

一目連「お前にはここで死んでもらう」ザクッブシュー

キュウべぇ「きゅぷい」バタン



31 : ◆0KXm9u5rpA :2015/06/11(木) 12:47:27.18

骨女「でも、本当に良かったのかい?ターゲットを私達が殺しちまうなんて」

一目連「仕方がないだろ!コイツとお嬢が会っちまったらどんなことになるか!」

輪入道「幸いコイツは人間じゃない。人面蜘蛛にバレちまったらお咎めなしは難しいにしろお嬢にまで危害が及ぶことはないだろう」



32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/11(木) 12:48:34.92

輪入道「取り合えず、ここは一旦引くぞ。うおおおおぉぉぉ!」(車輪化)

~三藁がさったあと~

キュウべぇ「どうやら僕を地獄少女のターゲットにした人物がいるみたいだね」モグモグモグモグ



34 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/11(木) 13:57:59.37

~夜の見滝原高層ビル~
 
キュウべぇ「ふうん――なるほどね。確かに君の話は、一つの仮説としては成り立つね」

ほむら「仮説じゃなくて、本当のことよ」

キュウべぇ「だとしても、証明しようがないよ」



35 : ◆jPpg5.obl6 :2015/06/11(木) 14:03:13.23

キュウべぇ「君が言うように、宇宙のルールが書き換えられてしまったのだとすれば、今の僕らにそれを確かめる手段なんてない訳だし

キュウべぇ「君だけがその記憶を持ち越しているのだとしても――それは、君の頭の中にしかない夢物語と区別がつかない」



36 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/11(木) 14:04:42.04

キュウべぇ「まあ確かに、浄化しきれなくなったソウルジェムが、何故消滅してしまうのか――その原理は僕たちでも解明できてない」

キュウべぇ 「その点、君の話にあった『魔女』の概念は、中々興味深くはある」



37 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/11(木) 14:06:00.47

キュウべぇ「人間の感情エネルギーを収集する方法としては、確かに魅力的だ」

キュウべぇ「そんな上手い方法があるなら、僕たちインキュベイターの戦略も、もっと違ったものになっただろうね」

ほむら「ふん、 そうね。あなたたちはそういう奴らよね」



38 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/11(木) 14:07:09.42

キュウべぇ「君が言う、『魔女』のいた世界では、今僕らが戦っているような魔獣なんて、存在しなかったんだろう?」

キュウべぇ「呪いを集める方法としては、余程手っ取り早いじゃないか」



39 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/11(木) 14:08:35.53

ほむら「そう簡単じゃなかったわ。あなたたちとの関係だって、かなり険悪だったし」

キュウべぇ「ふうん――」

「やっぱり理解できないなあ、人間の価値観は」



40 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/11(木) 14:13:47.79

キュウべぇ「今夜もつくづく瘴気が濃いね」

ほむら(たとえ、魔女が生まれなくなった世界でも、それで人の世の呪いが消え失せるわけではない)

(世界の歪みは形を変えて、今も闇の底から人々を狙っている)



41 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/11(木) 14:16:08.13

キュウべぇ「魔獣どもも、次から次へと湧いてくる――幾ら倒してもキリがない」

ほむら「ボヤいたって仕方ないわ。さあ、行くわよ」
(悲しみと憎しみばかりを繰り返す、救いようのない世界だけれど)



42 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/11(木) 14:19:17.00

ほむら(だとしてもここは、かつてあの子が守ろうとした場所なんだ。それを、覚えてる。決して、忘れたりしない。だから私は、戦い続ける)

キュウべぇ(魔法少女の希望から絶望への相転移から生まれる感情エネルギーの回収。この世界では絶望することなく魔法少女を導く円環の理)ジィーツ



43 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/12(金) 18:39:45.72

~あいの家~

一目連「お嬢!この通りだ許してくれ!」(平謝り)

あい「……」

骨女「何もお嬢の顔に泥を塗ろうとしたわけじゃないんだよ!お嬢のことが心配で」

あい「わかってるわ…」



44 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/12(金) 18:40:43.68

あい「貴方達が傷付くところを見たくない…」

輪入道「申し訳ないお嬢…。今後は慎んで行動する」

一目連「それにしても、ターゲット殺しちまったのに蜘蛛が気付かないなんて珍しいこともあるもんだな」

骨女「ターゲットが人間じゃなかったからじゃないかい?」



45 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/12(金) 19:21:36.73

キュウべぇ「よっと!」シュタ

一同「?!!」

一目連「お前はッ!?あの時、俺が殺した筈じゃ」

キュウべぇ「どうして、僕の個体が単一だと思ったんだい?代わりはいくらでもあるけど、無意味に潰されるのは困るんだよね」



46 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/12(金) 19:25:00.45

骨女「呆れたもんだ…。妖怪の私達よりよっぽど化け物じゃないかい」

輪入道「どうやってここへ侵入してきた?」

キュウべぇ「なかなかこの空間に潜入するには骨が折れたよ」



47 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/12(金) 19:27:52.38

キュウべぇ「何せ、現世には存在しない空間への介入だからね」

キュウべぇ「だが、君達が飛翔した所を観測しておおよその入り口と干渉方法を模索していたのさ」

キュウべぇ「まぁ、こうして潜入するのにあれから三日程かかってしまったが」



48 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/12(金) 19:30:55.81

三藁「………」

キュウべぇ「君が地獄少女かい?」

あい「…そう。私は閻魔あい」

キュウべぇ「君に聞きたいことが二点ほどあって訪ねて来たのだが…。構わないかい?」

あい「………。何?」



49 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/12(金) 19:43:44.49

キュウべぇ「君が行使する地獄流しという力は僕のこの個体を地獄に流すのかい?」

キュウべぇ「それとも、僕たちの魂や概念そのものを地獄に流すものなのかな?」

あい「……………」

キュウべぇ「どうやら後者のようだね」



50 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/12(金) 21:03:10.41

キュウべぇ「もし本当に僕の概念そのものを地獄に流す力だとしたら僕らインキュベェーターでもお手上げだ」

あい「…………」

キュウべぇ「君のことが書かれた文献には地獄に流すターゲットには依頼が必要で依頼人が藁人形の糸を引かなくては地獄流しは行使できない。違いないかい?」

あい「……そうよ」



51 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/12(金) 21:04:51.53

キュウべぇ「なら、まだ手の施し用がある。暁美ほむらに糸を引かれなければいいだけだならね」

三藁「?!!」

輪入道「どうして、あのお嬢ちゃんが依頼人だと思うんだ?」



52 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/12(金) 21:08:26.23

キュウべぇ「先日、彼女から円環の理や魔女といったこの世界は一度改変されたという話を聞いたんだ」

あい「……」

キュウべぇ「どうやら鹿目まどかという少女がこの世界を改変したそうだ。その少女と暁美ほむらとの間柄は親友だったらしい。その彼女に僕が執拗に契約を迫った末に彼女は魔法少女の契約を果たしたそうだ。思春期の少女が怨むには充分過ぎる動機だよね」



53 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/12(金) 21:09:46.29

一目連「だが、彼女を殺そうとすればお前は地獄に流されるぜ」

インキュベェーター「僕が彼女に直接危害を加える手段はないよ。あくまでも危害を与える手段はね」

骨女「ほう、他の手段はあるような言い種だね」

インキュベェーター「仮にあったとしても僕が不利任をなる情報を開示する必要はないよね?」



54 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/12(金) 21:11:17.67

一目連「食えない野郎だぜ」

インキュベェーター「それにしても」チラッ

あい「……」

インキュベェーター「閻魔あい君は魔法少女として破格の力を秘めているね」

輪入道「勧誘なら止めておけ。お嬢にはその手ことは通じないぞ」



55 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/12(金) 21:12:17.08

インキュベェーター「君はいったい何百いや何千という人間を地獄に流してきたんだい?」

あい「?!………」



56 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/12(金) 21:14:57.26

キュウべぇ「魔法少女としての潜在力はね、背負い込んだ因果の量で決まってくるんだ。本来なら生きている人間を強制的に地獄に流すという行為は人の因果を絶ち切ることでもあるよね。そうして、建ち切られてしまった因果の糸が君に巻き付いてしまったとしたら過去でも類を見ないほどの莫大な素質にも合点がいく」

あい「…それで?」



57 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/12(金) 21:15:51.30

キュウべぇ「文献には君の安土桃山時代に生を受けた平凡な少女だったんだよね?」

あい「……」(眼光が鋭くなる)

キュウべぇ「それで君は地獄でも裁ききるない大罪故に地獄少女の任を課せられた」

一目連「おい!お前これ以上のお嬢への侮辱は俺達が許さないぞ!」



58 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/12(金) 21:17:03.26

輪入道「まぁ、待て最後まで話を聞いてみようじゃないか…」

骨女「珍しいこともあるもんだね。アンタが話をまだ聞こうなんて何か考えでもあるのかい?」

輪入道「……」



59 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/12(金) 21:18:07.91

キュウべぇ「…。じゃあ、続けるね。閻魔あい君は本当に地獄少女の在り方を認めてしまったのかい?」

あい「…ええ」



60 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/12(金) 21:22:39.44

キュウべぇ「例えば、あの凄惨な事もなくなり、君が好意を抱いた幼馴染みと平和に一生を添い遂げることも、はたまた万能の神になることも可能だろう」

あい「……」(大きく目を見開く)

キュウべぇ「だからね、閻魔あい僕と契約して魔法少女になってよ!」



63 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/13(土) 22:37:55.47

ほむら(私は貴女が守ろうとした世界の為に戦い続ける)

ほむら(だから、この怨みは抑えなくてはね) 

「おい!ほむら?」



64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/13(土) 22:38:38.94

~見滝原ファストフード店~ 

ほむら「あ、ごめんなさい。考え事をしていたわ」

杏子「最近、いつも上の空じゃないか。ほんと大丈夫かほむら?」

ほむら「ええ…」



65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/13(土) 22:39:30.95

ほむら「そういえば、杏子は神父様の娘だったわね」

杏子「何だよ?急に話を変えて…まぁ、そうだよ」

ほむら「じ、地獄ってどんなところなのかしら?」

杏子「地獄?何だよ突拍子もないこと聞いてきやがって」



66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/13(土) 22:40:12.71

杏子「地獄に堕ちるような悪いことでもしたのかよ?」

ほめら「…私に限ってそれはないわ」

杏子「ハハハ、確かにそうだよな」



67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/13(土) 22:40:54.87

杏子「まぁ、地獄って言っても私はクリスチャンだからなぁー」

ほむら「何でもいいの聞かせて」

杏子「聖書の地獄にはねハデスのゲヘナっえ二つの地獄があるんだ」

ほむら「へぇー、初耳だわ」



68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/13(土) 22:41:43.79

杏子「まず、ハデスって地獄は生きている死者だけじゃなくて、生きている私達も堕ちる可能がある地獄なんだ」

ほむら「随分と怖い話だわね」

杏子「ただ、ハデスの地獄は神様から救いもあるんだぜ」

ほむら「そうなの。神様って偉大なのね」



69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/13(土) 22:42:58.23

杏子「ただ、ゲヘナって地獄は死後にのみ堕ちる地獄で救いは存在しない。永遠に苦しむんだ」

ほむら「そうなの…」
(きっと、地獄少女と契約した時に堕ちる地獄はゲヘナってところみたいなものでしょう。永遠に円環の理にも導かれることなく苦しみ続ける)



70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/13(土) 22:43:40.08

杏子「おい!ほむら」

ほむら「…?!」ハッ

杏子「なんだよ…。長々と説明させといて」

ほむら「ごめんなさい」

杏子「本当に大丈夫か?お前」

ほむら「ちょっと体調が優れないから今日は帰るわ…」



71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/13(土) 22:44:24.08

杏子「おいおい、マミとアンタと私で見滝原の対魔獣戦の区分けをするんだろ?!」

ほむら「私の区域や一つの区域に障気が集まりすぎた時の方針は貴女達に任せるわ」

杏子「そんな大事なこと私らだけで決めていいのかよ?」



72 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/13(土) 22:46:45.91

ほむら「構わないわ。それと、勝手を言ってごめんなさい…」

杏子「お前がいいならいいけどよ…。マミの方には私から言っとくよ」

ほむら「ありがとう杏子」

杏子「ケッ、いいよ。その代わり今度何か美味いもん奢れよ」モグモグ

ほむら「ええ、約束するわ」



73 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/14(日) 00:00:40.92

~帰り道~

ほむら「………」テクテク
(今の現状を改めて考えると地獄少女と契約してしまったら恐らく私は円環の理に導かれることなく死後は地獄に堕ちる)

ほむら「………」テクテク
(あの子が魔法少女を絶望から救いあげてくれた祈りを私は尊重したい。あの時はどうかしていたわ)



74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/14(日) 00:01:42.37

ほむら「………」テクテク
(インキュベェーター達にもまどかの記憶はないし、私が巡ってきたあらゆる時間軸での妨害や雪辱。これさえ堪えてしまえば全て丸く収まる)

ほむら「………」
(あの時、地獄少女が言っていたわね『後は貴女が決めることよ』って)



75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/14(日) 00:02:26.58

ほむら「………きゃッ?!」ドンバサァー

マミ「暁美さん?!」

ほむら「巴さん」

マミ「ごめんなさい。まさか曲がり角で貴女にぶっかるなんて…」

ほむら「気にしないで、私もボーッとしていたから」ハッ



76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/14(日) 00:03:07.65

マミ「あら、ごめんなさい。鞄から荷物が落ちちゃったみたいね」
(鞄の奥から藁の束が見えるわ)

ほむら「それには及ばないわ」ササッ

マミ「でも、どうして貴女がここに?佐倉さんと貴女と私で今後の話をする予定だったわよね?」



77 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/14(日) 00:04:41.61

ほむら「ごめんなさい。今日、どうしても体調が優れなくて」

マミ「そうだったの…。それなら、仕方ないわ。今後のことはまたの機会に決めましょう」

ほむら「杏子にも伝えたけれど貴女達だけで今
後の方針は決めて構わないわ」



78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/14(日) 00:05:13.39

マミ「!?これは貴女にも密接に関係することよ」

ほむら「大丈夫。貴女達のこと信頼しているし、私に出来ることだったら何でもするわ」ニコ



79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/14(日) 00:05:55.64

ほむら「それじゃあ、本当に今日はごめんなさい」タッタッ

マミ「あっ、暁美さん!もう…」

キュウべぇ(遠巻きのビルから)ジィーツ



80 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/14(日) 00:07:00.13

~ファストフード店~

杏子「おせぇーぞマミ」

マミ「ごめんなさい。学校の用事が立て込んじゃって、好きなもの頼んでいいわよ」

杏子「おっ!やりぃー、流石マミ!わかってんじゃん」



81 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/14(日) 00:08:02.70

マミ「ここに向かう途中に偶然暁美さんに会ったわ」

杏子「へぇー、今日アイツ体調が優れないから途中で帰っちまったよ。説明する手間が省けたよ。じゃ、とっとと魔獣の持ち場の区画決めちまおーぜ」

マミ「ちょっと待って…」



82 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/14(日) 00:09:12.60

杏子「なんだよぉ?」

マミ「最近、暁美さん様子が変じゃない?」

杏子「んあぁー、確かに変だよな。いつも上の空ってか何か凄い考え込んでるような」

マミ「佐倉さんは暁美さんから何か相談や話を聞いてないのかしら?」



83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/14(日) 00:10:08.52

杏子「特にねぇーよ。…ん?」

マミ「何か心当たりでも?」

杏子「ああ、たいしたことじゃないんだけどさ、アイツ変える直前に急に地獄のことを聞いてきたんだ」

マミ「地獄?」



84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/14(日) 00:11:11.97

杏子「うん、私こう見えても神父の娘じゃん?だから、何か詳しく教えてくれないかって」

マミ「地獄って、ねぇ…」
(そういえば、学校で地獄通信と地獄少女って噂があったわね。でも、あの暁美さんがね…。私も考えすぎね)



85 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/14(日) 00:12:02.89

マミ「まぁ、そのうち何か分かるでしょう。暁美さんのことは見守るとしましょう」

杏子「そうだな。あっ、ポテトが切れちまった。じゃ、待ったお詫びに照り焼きバーガーセット奢ってよ」モグモグ

マミ「もう、佐倉さんたら」クスクス



86 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/14(日) 21:06:54.69

~マミの家~

マミ「ふぅ…」
(これで私たち魔法少女が最大限効率の良い動きが出来る。暫く見滝原も平和でしょう)



87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/14(日) 21:07:42.96

キュゥべぇ「やぁ、マミ久しぶりだね」シュタッ

マミ「キュゥべぇ?今まで何処に行ってたの?」

キュゥべぇ「色々と調べ事があってね」

マミ「そうだったの。でも、貴方にしては随分と時間が掛かったのね」



88 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/14(日) 21:08:20.29

キュゥべぇ「まぁ、今回の件はなかなか大変な問題でね」

マミ「魔法少女に関係することかしは?」

キュゥべぇ「いや、今回の件は魔法少女とは関係ないんだ。でも、これは僕にとって甚大な被害をもたはす可能性があるから念を入れているんだ」



89 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/14(日) 21:08:47.57

マミ「貴方に甚大な被害?良かったら聞かせて貰えないかしら?」

キュゥべぇ「うん、構わないよ。どうやら、地獄少女と契約して僕を地獄に流そうとする者がいるみたいなんだ」

マミ「!?それは、確かなの!?」



90 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/14(日) 21:09:27.00

キュゥべぇ「間違いないだろうね。地獄少女の使い魔の三藁から監視を受けていて接触を試みた」

マミ「そう…」

キュゥべぇ「そして、現世とは別の空間である彼岸に干渉して地獄少女閻魔あいにも接触したよ」

マミ「!?大丈夫立ったの?」



91 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/14(日) 21:10:10.46

キュゥべぇ「問題ないよ。地獄少女がターゲットを地獄に流すためには藁人形の糸を引く必要があるんだ」

マミ「そうなの…」

キュゥべぇ「それで、マミ。僕のことを地獄に流そうとするのは僕が見える魔法少女か魔法少女の素質がある子であることは間違いないない」

マミ「そうよね」



92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/14(日) 21:11:28.85

キュゥべぇ「だから、もし、何か情報を得たら僕に教えて欲しいんだ」

マミ「わかったわ」
(藁人形…。そういえば、暁美さんの鞄の中から藁の束が見えたわ。もしかしら…)

キュゥべぇ(マミは暁美ほむらの鞄から藁人形の一端を見た。マミは恐らく僕の味方をしてくれるだろう。これで、暁美ほむらも用意に糸を引くことは出来なくなるね)



93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/14(日) 21:40:17.47

~あいの家~

一目連「アイツが来てからお嬢の様子がおかしいな…」

輪入道「そうだな。お嬢が屏風に穴を開けて遊ぶ時は大抵ストレスが溜まってる時だ」

骨女「全く何枚屏風を駄目にしてくれるつもりなのかね」



94 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/14(日) 21:41:05.76

一目連「そんなことはどうだっていい。これからお嬢はどうするんだろうな?」

輪入道「こればっかりは分からん。ただ、お嬢は400年以上に渡って人間の怨みを張らしてきたんだ…。お嬢がどんな選択をしても俺達は従うしない」

骨女「はぁー、こっちは溜め息つきっぱなしだよ」



95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/14(日) 21:42:01.97

あいの祖母「あい。無理をしなくてもいいんだよ」

あい「………」ブスッブスッ

あいの祖母「あいは、ずっと重く苦しい罰を受けてきたんだ」

あい「うん」



96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/14(日) 21:44:54.66

あいの祖母「だから、おばあちゃんあいがどんな選択をしても…。おばあちゃんはあいの味方だからね」

あい「ありがとう。おばあちゃん…」

(パソコンが赤く光)

あいの祖母「おや?あいまた届いているよ。珍しいこともあるもんだね」

あい「おばあちゃん…。行ってくる」



97 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/15(月) 01:28:54.08

―数日後―
~見滝原夕方川辺のベンチ~

杏子「ふぅ…」ボリボリ
(マミの作戦が功を奏して私達の負担は減って楽になったな)

杏子「……?」ボリボリモグモグ
(あれは、さやかが片想いしてた坊やじゃないか。随分のと暗い顔だなつけてみるか)



98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/15(月) 01:29:45.65

上条「……はぁ」トボトボ(ベンチに座る)

杏子「………」片眼鏡(誰かと待ち合わせか?)
瞳「上条さん…お待たせ致しました」

杏子「………」(さやかのダチだったか?
にしても変な雰囲気だな)



99 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/15(月) 01:30:24.01

上条「志筑さん…。もういい加減にしてくれないかな?僕は君と別れた筈だよ」

瞳「それは分かっておりますわ。でも、私は上条さんの力になりたいんです」

上条「勝手に話を進めないでくれないかな?もう、僕の事は放っておいてくれよ!」



100 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/15(月) 01:32:18.23

瞳「嫌ですわ!私、本当に上条さんのことをお慕いしていますもの!」ボロボロ

上条「志筑さん…」

瞳「だから、煙草やお酒や他の女の人を捌け口に非行を繰り返すのは止してください!

上条「君に僕の何がわかるっていうんだ!」



101 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/15(月) 01:33:00.33

上条「…さやか」メソメソ

瞳「今のさやかさんが貴方の姿を見たら何と思われるか…」

上条「分かってるんだよそんなこと!でも、さやかは…。きっと、さやかは僕の為に犠牲になったんだ」

瞳「え?」



102 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/15(月) 01:34:24.41

上条「事故で指を怪我してしまった時…。さやかに八つ当たりしてしまったんだ!その時、さやかが僕に言った『奇跡も魔法もあるんだよ』って言葉が今も頭から離れないんだ」

瞳「そうでしたの…」

上条「よく考えたらおかしいんだよ…。現代の医学ではどうしようもないことがたったの一日で完治するなんて…。でも、治った喜びで舞い上がってしまって毎日来てくれた…。もしかしたら、治してくれたかもしれない恩人のさやかにお礼すら言えなかった!」



103 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/15(月) 01:35:07.71

瞳「それでも、さやかさんは上条さんのことを想ってのこと後悔はないと思いますわ…。だからこそ、こうして私は上条さんに想いを伝えられた」

上条「…どういうことだい?」

瞳「私、さやかさんに打ち明けたんです。貴方のことをお慕いしていること正々堂々と自分の気持ちに向き合うことを」



104 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/15(月) 01:35:44.50

上条「?!」

瞳「でも、さやかさんは上条さんに最後まで想いを打ち明けられなかったんですね…」

上条「ちょっと待ってよ。さやかには何か隠していることがあったかもしれない失踪する前に思い詰めた様子はなかったのかい?」



105 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/15(月) 01:38:10.74

瞳「そういえば、暗かったかもしれませんわ。でも、私は上条さんに想いの丈を伝える前日にさやかさんに話して…。さやかさんはお似合いだと言って下さいました。でも、さやかさんの方が先に告白する権利があると私が申し上げて一日お待ちしたんです」

上条「………」ギリッ

瞳「きっと、さやかさんもどこか居なくなってしまう前に何か事情があって、それで私に…」

上条「お前が!お前がさやかを苦しめたんだ」パシン!



106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/15(月) 01:38:53.44

瞳「?!えっ?」(頬を押さえる)

杏子(あの野郎!女に手をあげるなんて許せねぇー!)

上条「さやかの様子の変化にも気付いていて、それに追い討ちを描けるように僕を誘惑して付き合って!それで君は楽しかったかい?!」

瞳「私は、ただ自分の気持ちに正直になりたかっただけで!」ウルウル



107 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/15(月) 01:40:07.99

上条「五月蝿い!お前がさやかを苦しめて!お前のせいでさやかが失踪してしまったんだ!」ギリギリ

瞳「上条さん…く、苦しい。貴方は私の想いを受け入れて下さったのではなかったのですか…?ゴホゴホ」



108 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/15(月) 01:41:05.13

上条「誰がお前なんかを!お前とさやかならさやかの方がずっと大切に決まってるだろ!」ギリギリ

瞳「く、苦しいゴホゴホ」(酷い、上条さんになら全てを捧げて尽くせるほどお慕いしておりましたのに)



109 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/15(月) 01:41:46.23

瞳「…ぐっ、うっ…」(藁人形の糸を引く)

上条「?!」

藁人形「怨み聞き届けたり」
(上条が消えてなくなる)

杏子「ハッハッ、嬢ちゃん大丈夫か?!」

瞳「私は…私は…上条さん先に地獄でお待ちしてて下さい…」ボロボロ

杏子「おい!あの坊やは?一体全体どうなってんだ?!」



110 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/15(月) 01:43:32.85

キュゥべぇ「認識の相違から至る結果にしては災難だね。全く人間の感情はどうしてこうも理不尽なんだい?」(少し離れた高層ビル)


キュゥべぇ「地獄少女が地獄へと流す所を観察したかったのだが…。どうやら、少年を地獄に流す際の観測点が不明瞭で干渉することが出来ないみたいだね。どうやら無駄足だったみたいだ」



113 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/15(月) 01:51:01.08

上条「…ここは?ん?」

さやか「………」タッタッ

上条「さ、さやか?さやか!待ってくれ」

さやか「………」タッタッ



114 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/15(月) 01:52:16.13

上条「どうして僕から逃げるんだい?さやか!」

さやか「………」タッタッ

上条「さやか!どうしても、君に謝りたいことがあるだ!だから、待ってくれ」

さやか「………」ピタッ



115 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/15(月) 01:53:54.08

上条「僕が手が動かなくて自棄になっていた時に支えてくれたこと…。もしかしたら、この奇跡はさやかが起こしてくれたかもしれないこと本当にありがとう」パシッ(手を握る)

さやか「………」(振り向くと骸骨)ケタケタケタ



116 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/15(月) 01:56:23.81

~地獄少女お仕置きBGM ~

上条「うわぁァーっ!!」

骸骨さやか「その手のせいで私は死んだんだ…。その手返してよぉ」カブッ

上条「ぐあァ!指が指が!離せ!」ボリッ

上条「うわぁァー!」タッタッ

骸骨さやか「………」シュルッ(姿が変わる)

骨女「お坊っちゃんには刺激が強かったかね?」



117 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/15(月) 01:58:00.17

上条「ハァハァ、一体何がどうなってるんだ!」

指揮「………」フリフリ

楽器隊「………」♪♪

上条「コンサート?あれは、僕?」

偽上条「………」ギコギコ



118 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/15(月) 01:58:52.17

上条「なんて不協和音なんだ!こんな音を僕が出すわけ!」

一目連(指揮者)「無理もないぜ!あのバイオリニスト手が思うように動かないんだから」

偽上条「………」ギコギコ

偽瞳「もう、やめて下さい!上条さん!」



119 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/15(月) 02:00:05.67

偽上条「………」バキッ!ギコギコ

偽瞳「…上条さん!痛い!痛い!」

上条「ぁぁ…。僕はこんなことはしない!」
(酷い弓で殴打して、そのあとに弓で首を切りつけるなんて)



120 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/15(月) 02:01:31.22

輪入道「さっき、していたじゃないか?あの、お嬢さんの首を絞めて」

上条「あれは、さやかのことで気が動転して!」

一目連「好かれた幼なじみに奇跡を起こして貰って、好かれた女には暴力を振るってお礼もなし。いいご身分だな」

骨女「本当、アンタみたいな男を好いてしまった女の子が可哀想だよ」



121 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/15(月) 02:06:58.03

上条「違う!僕は悪くない!」

骨女「だとよ、お嬢」

あい「………」

上条「?!」

あい「闇に惑いし哀れな影よ。人を傷つけ貶めて罪に溺るし業の魂。いっぺん死んでみる?」



122 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/15(月) 02:08:45.03

~黄泉へと誘う灯~

上条「……。ここは?」

あい「…ようこそ地獄へ…」
上条「そうか、僕は志筑さんに…。ごめん二人とも」ボロボロ

あい「………」

上条「最期に一つだけ聞いてもいいかな?」

あい「……何?」



123 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/15(月) 02:09:48.52

上条「美樹さやかという少女を知っていますか?」

あい「……知らない」

上条「…良かった。もし、さやかがこの世に居なくても、さやかは天国に行ったんだね。本当に良かった」ボロボロ

あい「……この怨み地獄に流します」



126 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/17(水) 21:17:23.24

~円環の理~

さやか「……仁美ぃ…。恭すけ…ェ」ポロポロボロボロ

さやか「私ってほんとっ…バカ…」

まどか「さやかちゃん…」

さやか「まどか…仁美と…!恭介が…!」

まどか「うん…」



127 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/17(水) 21:18:31.01

さやか「私の…。私の祈りが……。恭介の手に希望を持たせたことがいけなかったのかな!」

まどか「さやかちゃん…」ナデナデ

さやか「私が恭介の指が治って欲しいって願わなかったら…。こんなことにはならなかったのかな?」グスン



128 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/17(水) 21:20:15.37

まどか「…。それは違うと思うよ。人を思いやることが…さやかちゃんが希望を持ったことは間違えなんかじゃない筈だよ」

さやか「でも…でも…」ウルウル

まどか「さやかちゃんの思いや祈りが無駄にならないよに今の私達に何ができるか一緒に考えよう?」

さやか「うん…」



129 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/17(水) 21:21:18.27

さやか「まどか!まどかは過去も未来も全部視えるんだよね?」

まどか「うん…」

さやか「じゃあ、今後ほむらはどうなっちゃうわけ?」

まどか「それがね、ほむらちゃんが地獄少女と契約してから、ほむらちゃんの未来が視えないんだ…」



130 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/17(水) 21:22:10.96

さやか「な、なんで…?!」

まどか「それは、私にもただ分からない。ただ、地獄って円環の理と全く逆の概念だから、それで干渉し合えない様になってるのかなって」

さやか「じゃあ、もしほむらが地獄少女と契約しちゃったら?!」

まどか「多分、円環の理には導けないと思うの…」



131 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/17(水) 21:24:21.67

さやか「私!許せないよ!地獄少女も地獄ってところも!私だってここに来る前は、そりゃ人を怨むこともあったし!憎むこともあったけど…。でも、思い通りにならない世の中で必死に皆生きてるのに!」

まどか「そうだね。それは私も思う」

さやか「まどか?」

まどか「憎しみや怨みで解決するってことは結局、絶望だけが残るよね?私だってこの世は憎しみや怨みだけの絶望しか残らないものだって認めたくない」



132 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/17(水) 21:25:17.41

さやか「そうだよね!でも、なんとかならないわけ?まどか!」

まどか「それがね、私はもう円環の理って概念になってしまったから、円環の理に導く時の魔法少女にしか私を認識できないし、私にも魔法少女を円環の理に導く時しか干渉できないんだ」



133 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/17(水) 21:26:16.57

まどか「でも、今の私に出来ることを頑張る。このまま、何しないまま諦めたくない!」

さやか「まどか…」ピカーン

さやか「ねぇ、まどか!私を元の世界に戻せない?!」

まどか「さやかちゃん?」

さやか「私だって晴らせないからって怨みや憎しみで解決するのは間違ってると思うし、そんなの認めたくない!」



134 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/17(水) 21:27:00.76

まどか「不可能じゃないかなって…」

さやか「確かに私が元の世界に戻って何が出来るか分からないけど!諦めたくないじゃない?」

まどか「分かった。私の力で出来る限りのことはしてみる」



135 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/17(水) 21:27:44.51

さやか「よっしゃー!じゃ、行ってみよう!

なぎさ「ちょっと待つのです!」
さやか「なぎさ?」

まどか「なぎさちゃん?」

なぎさ「さやかはおっちょこちょいだから一人で元の世界に戻るのは心配なのです。だから、僕も着いていくのです」



136 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/17(水) 21:29:06.95

さやか「なぎさ…。ありがとう!ちょっとこんな大任一人だけだと心配だったんだよね」

なぎさ「ところで、まどか元の世界に戻ったらチーズは食べられるのですか?」

さやか「って!アンタはそっちが目的でしょ!」

まどか「あのね、もし二人が元の世界に戻せるとしても霊体になっちゃうと思うんだ」



137 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/17(水) 21:30:02.24

なぎさ「駄目なのです!それじゃあチーズが食べられないのです!」

さやか「全くアンタは」ハァー

まどか「円環の理に導かれた二人は魂だけの存在だからね。それに、現世で受体したら元の世界に何か支障をきたしちゃうかなって」



138 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/17(水) 21:32:42.40

さやか「そりゃそうだ!」

なぎさ「言ったからには仕方がないのです…。やってやるです!」

さやか「じゃ、行っちゃいますか!」

まどか「もし、二人に危険が及部ようなことがあったら、私の力の及ぶ範囲でフォローはするから安心して」

さやか・なぎさ「じゃあ、まどか行ってくる(のです)!」キラキラキラ

まどか「無理しないでね二人とも」



140 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/17(水) 21:43:35.89

~マミの家~

ピンポーン

マミ「誰かしら?」チラ

マミ「佐倉さん?」ガチャ

杏子「マミちょっといいかい?」

マミ「こんな遅くにどうしたの?」



141 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/17(水) 21:44:16.69

杏子「マミはさ…。地獄少女って知ってる?」

マミ「?!どうして急に…?」

杏子「信じて貰えないかもしれないけどさ…。私見ちゃったんだよね」

マミ「何を?」

杏子「…マミはさやかが契約のきっかけになった坊やのこと知ってるかい?」

マミ「美樹さんから話だけは聞いたことはあるけど面識はないわ」



142 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/17(水) 21:44:52.86

杏子「じゃあさ、さやかとまだかのダチの…えっと、瞳だったけか?あの子は知ってるかい?」

マミ「その子も小耳に挟んだ程度で面識はないわ」

杏子「その坊やと嬢ちゃん何だけど、どうやら付き合ってたみたいなんだ。さやかの気持ちもしらないでよ…」ギリ



143 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/17(水) 21:45:39.89

マミ「佐倉さん!」

杏子「ああ、悪りぃ。話を戻すよ。情事かなんか知らないけどさ、その嬢ちゃんが地獄少女と契約したみたいで藁人形の糸を引いたら坊やが消えちまったのさ」

マミ「そう…」



144 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/17(水) 21:46:40.77

杏子「世の中分かんないもんだねぇー、さやかの奴も報われないよ」

マミ「佐倉さん…。私が今から話すことは暁美さんには内密にして欲しいんだけど…」

杏子「え?なんだよ急に暗い顔しやがって」



145 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/17(水) 21:47:30.97

マミ「どうやら、その地獄少女のターゲットにキュゥべぇもされているみたいなの…」

杏子「?!それは、本当か?」

マミ「ええ、キュゥべぇから直接聞いた話なんだけど…。どうやら地獄少女閻魔あいの使い魔の三藁っていうのに監視されてるみたいなの」



146 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/17(水) 21:48:29.32

杏子「へぇー、地獄少女は閻魔あいって名前なんだ。でも、何でほむらには内密にするんだよ?…まさか?」

マミ「ええ、キュゥべぇをターゲットに出来るということは魔法少女か魔法少女の素質がある子しか見えない」

杏子「でもさ、思い違いってことはないかい?アイツが魔法少女の勧誘で怨みを買ったとか」



147 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/17(水) 21:50:03.78

マミ「前に私達で今後の魔獣対策を練る話をしたわよね…。その時帰りがけの暁美さんにぶっかって鞄から藁の束が見えたの」

杏子「…。へぇ、どうやらマジっぽいな」

マミ「暁美さんがとうしてそのような事を思い立ったのかは全く推測できないけれど…」



148 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/17(水) 21:51:20.36

杏子「そういや、地獄の話といい最近の様子といい思い当たる節はあるな」

マミ「暁美さんにどんな事情があるにしろ魔獣が落としていくキューブの呪いはキュゥべぇに浄化して貰わないと再び呪いを生むわ」



149 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/17(水) 21:52:18.23

杏子「そうだな。出来れば仲間だし疑いたくはないんだけどさ」

マミ「それで、佐倉さん貴女にも協力してもらいたいことがあるの」

杏子「何だい?おおかた監視とかだと思うけどよ」

マミ「極力、暁美さんからは目を離さないようにしましょう。もし、暁美さんが本当に藁人形に手を掛けた時は衝突しても止めるしかないわね」



150 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/17(水) 21:53:28.99

杏子「ああ、そうだな。まぁやりあうような真似にはなって欲しくないんだけどな」

マミ「それは私も同感よ」

杏子「んじゃ、前より少し多めにほむらに絡んでみるよ」

マミ「佐倉さんはどちらかと言えば私よりも暁美さんに信頼されているからキュゥべぇを狙う理由も探りを入れてけると助かるわ」

杏子「あいよ」



151 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/17(水) 21:59:08.14

(部屋の壁に認識されない巨大な目)
一目連「こりゃあ、やっかいなことになったな」

骨女「あの場面を見られちったのは致命的だったね」

一目連「アイツとあの子だけならまだしも他の魔法少女にまで介入されると面倒だせ」



152 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/17(水) 22:00:03.45

骨女「へぇー、アンタあの子たちに怯えてるのかい?だらしがないねぇー全く」

一目連「んだとぉ?!でも、あの子ら魔獣って化け物達と毎日の様に戦ってるんだろ?」

骨女「じゃ、アタシ達も妖怪退治されないようにしなきゃいけないね」



153 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/17(水) 22:00:46.23

一目連「全く、ほむらって子も早く糸を引いてくれればいいのにな」

骨女「あれからっていうもの…。あの子全くそんな素振り見せないんだろ?困ったもんだよ」

一目連「だが、あのキュゥべぇとかいう化け物絶対何か仕掛けに行くぜ」



154 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/17(水) 22:01:33.21

骨女「そうなりゃ、こっちも好機だね。あの子が危険に晒されれば晒されるほど契約する機会が増える」

一目連「だが、直接危害は加えず周りの魔法少女で外堀を埋めるとはゲスいことするもんだぜ」

骨女「まぁ、近々進展があるだろうしお嬢に報告しに帰るよ」

一目連「そうだな」



160 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/22(月) 01:17:10.56

~ほむらの家~

ほむら(少し頭を冷やそうかしら…。もう少し様子を見て歳月を過ごせばこの怨みも消えるかもしれない)ガチャ

藁人形「………」

ほむら「ハァ…」ガチャバタン



161 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/22(月) 01:17:46.65

きくり「むきぃーっ、わろわろが居ないとハゲ、エロ目玉、おばさんじゃつまんないなぁー」キコキコ

きくり「ここかな?」(ほむらの家の前)

きくり「お邪魔しまぁーす」スゥーッ

藁人形「………」

きくり「わろわろ起きるろぉー」(藁人形を立たせる)



162 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/22(月) 01:18:29.45

藁人形「………」スゥ

山童「姫?」

きくり「退屈だったんだぞわろわろ」

山童「すみません姫」

きくり「ニィッ、じゃー今から一緒に遊びに行くのだ」

山童「はい姫」



163 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/22(月) 01:19:11.09

~見滝原市街地~

きくり「それにしてもわろわろも大変だなこんなに焦らされて退屈だったろう?」

山童「僕の方は大丈夫です。でも、あの人が」
きくり「ん?あいの依頼人か?」

山童「ええ、時折藁人形の僕に語りかけられたり、夜な夜な一人で涙を流されたり心配で」



164 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/22(月) 01:19:41.93

きくり「わろわろに心配して貰えるなんていい奴なんだな」

山童「悪い人じゃないと思います…。それどころか途方もない苦労をしてきた人で」

きくり「まぁ、世の中なるようにしかならないからねぇー、ん?」



165 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/22(月) 01:20:15.87

なぎさ「あのチーズケーキ美味しそうなのです」ジュルジュル

さやか「止めときなってなぎさみっともないし恥ずかしい」

なぎさ「恥ずかしいって、この世界の誰からも僕たちは見えないじゃないですか」

さやか「そりゃそうだけどさ。でも、霊体のままこの世界に帰って来ても何か私達に出来ることはあるのかな?勢いで円環の理から出てきたはいいけど」



166 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/22(月) 01:21:02.83

なぎさ「あっ!さやかあっちのレアチーズケーキも美味しそうなのです!」

さやか「って、人の話を聞かんかーっ!」ポカ

きくり「アハハハハ!わろわろ浮遊霊が茶番をしてよぉー!」

さやか・なぎさ「?!」

山童「姫、浮遊霊とは言え指を指したら失礼ですよ」



167 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/22(月) 01:21:32.45

さやか「ちょ、ちょっとアンタ達!私達のことが見えてるの?!」

なぎさ「不思議なこともあったもんなのです」

きくり「見えてるよーっ!というよりも、浮遊霊はさっさっと成仏しなきゃ何してるの?」



168 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/22(月) 01:22:08.33

さやか「んもぉ!頭きた!誰が浮遊霊よ!私達は円環の理の鞄持ち、つまり神からの使いなのよ!」

きくり「アッハハハハ!わろわろこの制服姿と私服姿の浮遊霊が神の使いだとか言ってるよ!おっかしぃ!」

山童「ひ、姫…」

さやか「んっ、このぉー!!」



169 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/22(月) 01:22:50.81

きくり「はぁ、久しぶりに笑ったぁ!わろわろも早く藁人形何か辞めて私のところに帰ってきちゃえばいいのに」

さやか・なぎさ「……え?」

山童「いけませんよ。姫…。これも仕事ですから」

きくり「じゃあー、命令!今回のあいの藁人形の仕事を辞めるんだ!ハゲにでも変わって貰っちゃえばいいよ」



170 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/22(月) 01:23:25.31

さやか「…。アンタ達もしかして地獄少女の関係者?」

きくり「ん?そうだよ」

なぎさ「これはとんでとない人達に偶然会ったのです…」

山童「ひ、姫がそう仰有るなら…」

あい「駄目よ」

一同「?!」



171 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/22(月) 01:24:05.68

あい「依頼人はまだ復讐を完全に諦めてはいないわ…。それに深層心理ではターゲットを地獄に流したいと強く願っている…」

さやか「…閻魔、あい…」ギリギリ

なぎさ「あわあわ、本丸が釣れたのです…」

きくり「やだぁーっ!わろわろが藁人形になってもう1週間以上だよ!そろそろ解放してよあい」



172 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/22(月) 01:24:52.41

あい「…きくり。掟に背くようなことは貴女でも私が許さない…」

きくり「ちぇっ…」ショボン

さやか「閻魔あい!アンタが恭介を!」ガバッ

なぎさ「さ、さやか?」

あい「…何?」



173 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/22(月) 01:25:39.09

さやか「アンタが何でこんなことをしているのか分からない…。でも、恭介を地獄に流して!仁美も死後地獄に流そうとしているアンタを私は許さない!」ギリギリ

あい「…。そう、じゃあ私を流す?地獄へ…」

さやか「?!」

あい「貴女の今の怒れる瞳は…。契約したときの志筑仁美に似ている私ことを憎んでるんでしょ?」



174 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/22(月) 01:26:17.04

さやか「アンタっ!!」パシンッ

なぎさ「さやか!」

あい「………」

さやか「確かに私はアンタのことが憎い!でも、仁美や恭介だって苦しみながらも考えたこと…。あってはならないことだって思う」

あい「………」



175 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/22(月) 01:26:50.14

さやか「今まで私だって生きている時は人を憎んだり苦しい思いをしてきた!でも、みんなその中でも生きてる!」

なぎさ「さやか…」ウルウル

さやか「怨みを晴らして復讐するだけが人生じゃない!人を思いやる心や楽しみや温かさだって人にはある!だから、アンタ達の思い通りにはさせない!」

あい「……そう」



176 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/22(月) 01:27:32.74

一目連「あっ、お嬢!こんな所に居たのか。ん?」

輪入道「お前さん達は誰だい?」

骨女「お嬢!どうしたんだいその頬赤くなってるじゃないか!」

なぎさ「さやかまずいのです!」

さやか「あははは、妖怪さん達までお揃いで」



177 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/22(月) 01:28:11.09

一目連「お前らお嬢に何したのか?!分かってんだろぉーな?」

さやか「いや、そのですね。誰しも怨みから手が出ちゃうことあるじゃないですか?ねぇー、なぎさ?」

なぎさ「はいなのです!不可抗力なのです不可抗力!」

骨女「アンタ達覚悟は出来てるんだろうねぇ?」



178 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/22(月) 01:29:12.03

きくり「アハハハハ、あいが浮遊霊にぶたれたー」

山童「姫。火に油を注ぐようなことをしては…」

輪入道「コイツはお仕置きが必要だなお嬢ちゃん達」

さやか「どうしよー!なぎさ」

なぎさ「だから、さやかとは一緒に戻って来たくなかったのです」



179 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/22(月) 01:30:15.00

ピカァー(桃色がかった光に辺りが包まれる)

一同「?!」

あい「……?」

一目連「おい!アイツらは?」

骨女「消えちまったみたいだねぇ」

輪入道「俺達に囲まれた状態でか?」



180 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/22(月) 01:30:53.45

きくり「なんだっんだぁー、さっきの光は?」

山童「僕にも分かりかねます」

あい「あの子は…」

一目連「どうしたんだ?お嬢」

あい「うんん、なんでもない…」



181 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/22(月) 01:31:55.39

さやか「ふぅー、助かった…。まどかのお陰かな?」

なぎさ「もう冷や冷やしたのです!さやか!今後はむやみやたらと喧嘩を売らないことです!」

さやか「あっ、ごめん…。恭介のこともあってついカッとなって」

なぎさ「今回は情状酌量の余地があるのです。でも、今後は止めて欲しいのです…。僕達は霊体だから魔法少女のように戦うこともできないのですから」

さやか「うん、わかった。怖い思いさせてごめんね。なぎさ」



182 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/22(月) 01:32:41.19

~円環の理~

まどか(あの子…。あの光の中私と目が合った。もしかしたら、私のこと見えていたのかな?)

まどか(うんん、それだけじゃない。あの子の過去の記憶が断片的に流れ込んできた)

まどか(昔の大罪を償う為に地獄少女になったんだね。絶望に絶望を重ねて…。怨みの果てを見続けてきたんだ)

まどか(だったら、私もあの子のことを救いだしてあげたいな)



183 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/22(月) 01:33:25.96

~夜の見滝原市~

魔法少女A「ハァハァ」ボロボロ

キュゥべぇ「大丈夫かい?A」

魔法少女A「もう駄目みたい…。何とか魔獣を倒すことは出来たけどソウルジェムはもうかなり黒ずんできたし…」

キュゥべぇ「大丈夫だよ。僕が新しく創り出した治癒フィールドに入れば傷を治すことが出来るよ」

魔法少女A「え?本当に?」



184 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/22(月) 01:34:07.66

キュゥべぇ「君にはいつも苦労をかけてきたねA。さぁ、ゆっくりと休むといい」

魔法少女A「うん、ありがとう」

キュゥべぇ「さぁ、この台座に横になって」

魔法少女A「うん」コテン。キュウインキュウィン



185 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/22(月) 01:34:43.91

キュゥべぇ「ようこそ。僕達インキュベーターが創り出した干渉遮断フィールドへ」

魔法少女A「え?何?!干渉遮断フィールドって?!」

キュゥべぇ「名前の通りだよ。君が横になった時点で干渉遮断フィールドは行使された」

魔法少女A「どういうことキュゥべぇ?」



186 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/22(月) 01:35:25.37

キュゥべぇ「この空間はね。円環の理からの干渉を遮断するために僕達が創り出したものなんだ」

魔法少女A「…騙したのね?!私のこと」

キュゥべぇ「騙した?嗚呼、今の君の体を見てごらん?この空間内では君の傷は完治したよね?」



187 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/22(月) 01:36:06.87

魔法少女A「キュゥべぇ!信じてたのに…」

キュゥべぇ「この空間内は君が居た世界とは断絶した世界だが確かに君の傷を治した筈だよ?」

魔法少女A「…私の傷が癒えたでも…別の世界の話だってことでしょ!どうして教えてくれなかったの?!」



188 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/22(月) 01:36:46.59

キュゥべぇ「聞かれなかったからさ」

魔法少女A「酷い!どうしてこんなことをするの?!」ウルウル

キュゥべぇ「あれだけの傷を負い穢れが溜まってしまったソウルジェム。元の世界に居たとしても君は円環の理に導かれていただろう」

魔法少女A「だったら、私がそのまま円環の理に導かれれば良かったじゃない!」



189 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/22(月) 01:37:42.01

キュゥべぇ「それは、僕達インキュベータが円環の理を観測するためさ。厳密には、円環の理からの干渉を遮断された君のソウルジェムにどの様な変化をするのか…だけどね」

魔法少女A「酷い!」(ソウルジェムが完全に濁りきる)

キュゥべぇ「さぁ、見せてごらん。君という存在の終着点を」

魔法少女「いやぁーーーっ!」ドクンドクン



190 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/22(月) 01:38:15.83

キュゥべぇ「いやはや、驚いたよ。干渉遮断フィールドの中で新たな世界を作り出すとは…。これは以前暁美ほむらが話していた魔女の結界そのものだ」

魔法少女A「私は…。私はお前を許さない!!呪ってやる殺してやる!」



191 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/22(月) 01:40:28.16

キュゥべぇ「この個体を潰したとしても、新しい個体がいくらでもある僕にとっては無意味だよ…。本当に人間の感情は理解に苦しむわけがわからないよ」

魔法少女A「お前が憎い!憎い!殺してやる!!」

キュゥべぇ「…呪いの浄化が追い付かない。この反応は…」



192 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/22(月) 01:41:16.07

魔法少女A「あ…。あっ…。いやぁーーーっ!!!」バァーン

キュゥべぇ「希望から絶望への相転移これはとてつもないエネルギーだ!」

魔女A「■■■■!!」ザシュッ!

キュゥべぇ「……」グシャリ!

魔女A「■■■■!!」

キュゥべぇ「これが魔女。魔獣とは比較にならない化け物だ…。僕達の観測はこれで終了としよう」パリィーン!
(干渉遮断フィールドを破壊する)



193 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/22(月) 01:42:18.60

キュゥべぇ(干渉遮断フィールドを解いた瞬間あの魔女は完全に世界から消失した。どうやら円環の理の干渉によるものだろう)

キュゥべぇ(これで暁美ほむらが僕に話したことは限りなく事実に近いということを実証することが出来た。あとは、円環の理の観測だけだね)



194 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/22(月) 01:43:21.29

キュゥべぇ(しかし、円環の理は何故魔女の結界内のAを導かなかったのだろう…。いや、出来なかったという方が正解かな?)

キュゥべぇ(干渉遮断フィールドの内側から円環の理を誘導し連れ込むことが出来る存在…)

キュゥべぇ(それは、僕達すら知覚出来ない円環の理を記憶している魔法少女が必要だ…。暁美ほむら君を利用させて貰うよ)



202 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:04:14.95

~極楽浄土~

まどか「ごめんください」

菩薩「これはこれは円環の理。このような所へお越しになるとは何か重要なご用意ですか?」

まどか「はい…。柴田仙太郎さんは極楽浄土にいらっしゃいますか?」



203 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:05:02.07

菩薩「仙太郎…。ええ、でしたらこちらへ」

まどか「ありがとうございます」

菩薩「その前に円環の理。私からも一つお願いをさせて頂けますか?」

まどか「私に出来ることだったら」



204 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:05:41.36

菩薩「円環の理が面会を申し出られた仙太郎ですが…。極楽浄土からの転生を400年以上に渡って拒み続けているのです」

まどか「そうなんですか…」

菩薩「この世には輪廻転生という理があります。どんな善なる魂とて転生を繰り返さねば魂を維持できません」



205 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:06:24.71

まどか「つまり、仙太郎さんの魂を救って欲しいということですか?」

菩薩「はい。仰有る通りです。恥ずかしながら我々の説得には応じないもので…。極楽浄土に至る清い魂ですからね。我々としても魂を完全に消失させてしまうのは忍びないのです」

まどか「やれるだけのことはやってみます」



206 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:06:55.88

菩薩「円環の理が仙太郎に何のご用か存じ上げませんが宜しくお願い致します」

まどか「あええ、私なんかでお役に立てるのでしたら」

菩薩「仙太郎はあちらにおります。それでは」
まどか「あの人が柴田仙太郎さん」



207 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:07:27.24

仙太郎(爺)「おや、儂に来客とはのぉー、お前さんみたいな可愛らしい娘や孫は知らんがなぁー」

まどか「柴田仙太郎さんですね?」

仙太郎(爺)「いかにも柴田屋の創業者。柴田仙太郎じゃ」



208 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:08:03.29

まどか「私は円環の理という者です」

仙太郎(爺)「円環の理?ということはお前さんが噂の新しく生まれた神様かのぉー?これは失礼致した。爺で耄碌しておってな許してはくれませんかな?」

まどか「許すだなんて私は生前鹿目まどかという名で学生でした。だから、現世では仙太郎さんの方が人生の先輩なんです。どうかお気づかないなく」



209 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:08:39.73

仙太郎(爺)「一介の魂にそんな気遣いをしてくださるとは…。心優しい女神様じゃのぉー」

まどか「そんなことないです」ティヒヒヒヒ

仙太郎(爺)「それで、儂に何のようじゃ?」
まどか「……。閻魔いえ…。あいさんはご存知ですね?」



210 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:10:34.73

仙太郎(爺)「……懐かしい名前じゃのぉー」ホロリ

まどか「その良かったら何があったか教えて頂けませんか?」

仙太郎(爺)「……長い話になるお時間は宜しいですかな?」

まどか「はい」



211 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:11:19.24

仙太郎(少年)「これがその時あった事件の姿です。あいは私の幼馴染みでもあり従兄妹てした」

仙太郎「ワタシが昔の育った村は向こう七年の五穀報奨を願い山の神に七才になったおなごを人柱として捧げていました」



212 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:11:49.26

まどか「昔にはそんな風習があったんですね…」

仙太郎「あいはその山神の供物として七つ流しの巫女として選ばれてしまったんです…」

まどか「………」

仙太郎「あいには元々不思議な力があって村人から忌み嫌われていたのです」



213 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:12:26.18

まどか「………」
仙太郎「俺はあいの両親からあいを匿うようにお願いされたんです…。だから、俺があいを山奥の社に匿ったんです」
まどか「………」ホッ
仙太郎「ですが、その後五年間村では干魃から不作が続いて村人達は食べることも困る有り様になりました」



214 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:13:03.45

まどか「………」

仙太郎「それで、ある夜いつもの様にあいに着替えと食べ物を持っていったんてす…」

まどか「………」

仙太郎「その夜は月の光が煌めく満月の夜でした…。そして、見付かってしまったんです親父と村の若い奴らに」

まどか「?!………」



215 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:13:55.26

仙太郎「あいの両親は村人達に惨たらしく撲殺され、山の神の怒りを鎮める為にあいの両親は死体のまま、あいは生きたまま穴に投げ棄てられたんです…」

まどか「………」

仙太郎「そして、俺に助けを乞うあいに俺が最初に砂を掛けて埋めようとしたんです…」

まどか「………」



216 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:14:40.71

仙太郎「そのあと俺は怖くなってその場から逃げ出しました…。その夜、あいは怨み憎しみから瞳を赤くして染めて蘇生し村を業火で焼き付くしました…」

まどか「仙太郎さんが転生しない理由はあいさんのことで心残りがあるからなんですね…」



217 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:15:23.48

仙太郎「ええ、まぁ…。あいを守ると約束した筈なにのに…。それを果たせなかった」ポロポロ

仙太郎「それから、創業した飴屋で得た利益で寺を建立したものの、それはあいを裏切った苦しみをまぎらわす為の自己満足です…」

まどか「仙太郎さんは何も悪くないです…」

仙太郎「ねぇ、鹿目さん…。あいはいつか極楽浄土に来れるんでしょうか?」



218 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:16:27.61

まどか「あいさんは村を燃やし尽くした大罪を償う為に現世で人の怨みを晴らし、そのいく末を400年以上見続けています…」

仙太郎「じゃあ、あいは…。永遠に俺と逢えないなんですね…」

まどか「そんなの悲しすぎますよ…」

仙太郎「なら、俺は…。この魂は消えても悔いはないです…。俺みたいな人間が極楽浄土にいること自体間違っているんです」



219 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:17:05.67

まどか「出来るかわからないけど…。仙太郎さんがあいさんに逢えるように私頑張ります!」

仙太郎「鹿目さん…。本当にありがとう」ポロポロ

まどか(そう言っちゃったはいいけどどうしよう…。私は過去にも未来にも存在しないんだけどな…。あっ、現世に一つある私と現世を繋ぐもの!)



220 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:18:04.18

~夕暮れの里~

キュゥべぇ「どうやらこの空間は閻魔あいが拠点としている家以外にも広大な敷地があるようだ…。観測のしがいがあるよ」

蜘蛛「………」カサカサ

キュゥべぇ「蜘蛛?このような出鱈目な空間にも生物が繁殖しているとは実に興味深いよ」

「貴様の様な存在がここで何をしている?」

キュゥべぇ「?おかしいな…。確か声がした筈なのだが…」

蜘蛛「………」カサカサ



221 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:18:49.07

キュゥべぇ「それにしても背中に三つ目の模様がある蜘蛛何て聞いたこともない…。この空間による歪みだろうか?」

蜘蛛「………」シュルシュルシュル

キュゥべぇ「?!糸?これは…?!」

蜘蛛「答えよ。何故貴様の様な存在がここにいる?」

キュゥべぇ「ただの蜘蛛だとは思わなかったが…。これ程の力を有していたとは予想外だよ」



222 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:19:57.43

人面蜘蛛「貴様は人間ではないな?貴様の様な存在が何故ここに行き来している?」

キュゥべぇ「どうやら、僕がこの空間に何度か潜入したことを知っているみたいだね」

人面蜘蛛「ここは此岸と彼岸の狭間。人間が誤って迷い込むことがあれど明らかに意図的に何らかの力がここに介入していることに気付きここへ来てみれば貴様に辿り着いたという訳だ」



223 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:20:41.79

キュゥべぇ「…君は個体を持ちながら概念に限りなく近い能力を持っている。僕がどんな弁解をしてもこの空間では直ぐに君には分かってしまうことだろう。いいよ、僕の目的を教えよう」

人面蜘蛛「………」

キュゥべぇ「僕。いや僕達はインキュベーター宇宙の寿命を伸ばすために別の宇宙からこの星へ飛来した生命体さ」

人面蜘蛛「ほぉ…」



224 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:23:20.74

キュゥべぇ「僕達はこの世の負の感情や呪いから生まれる魔獣という化物に唯一対抗できる魔法少女を契約から生み出し、魔獣を倒したときに落とすキューブをエネルギーに変換して宇宙の寿命を伸ばしているんだ」

人面蜘蛛「そして、今度は地獄にてそのエネルギーの可能性を見いだしたということか」

キュゥべぇ「ご名答さ。だが、僕の当面の目標は閻魔あいと魔法少女の契約を交わすことさ」



225 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:24:22.36

人面蜘蛛「あいは地獄に堕ちても償えきれぬ罪を背負っている。貴様の様な第三者に干渉されるところではない」ギリギリ

キュゥべぇ「苦しいじゃないか…。どうやら君は閻魔あいに執着しているようだね…。それが何故かは分かりかねるが…」

人面蜘蛛「あいは地獄少女というシステムを創設した者だ愛着が沸いたとしても不思議なことではあるまい」



226 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:25:13.05

キュゥべぇ「……。まぁ、僕達には感情というものを持ち合わせていないからそうなのかもしれない。ただ、君は一度感情を解放し暴走した閻魔あいを許している。それが僕には引っ掛かるのさ」

人面蜘蛛「何が言いたい?」

キュゥべぇ「君のような罪というものを非常に冷静に裁く存在が愛着という感情で果たして掟を破った閻魔あいを許せるだろうか?」

人面蜘蛛「………」



227 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:25:41.99

キュゥべぇ「それなら、君の感情と別に何かに閻魔あい不問とする命があったとした方が辻褄が合う」

人面蜘蛛「…インキュベータとやら貴様が宇宙の寿命を伸ばすという目的は地獄の知るところではない。ただ、貴様がこのような話をするということは何か地獄にも恩恵を用意しているのではないか?」



228 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:29:52.11

キュゥべぇ「抜かりはないよ。先程引き合いに出したキューブといものだがこれはね僕が浄化しない限り呪いを生み続ける。君達の地獄という世界には大変合致する代物ではないだろうか?」

人面蜘蛛「それは実物を見てみない答えが得られぬな」

キュゥべぇ「受けとるといいこれがキューブだ。数にして僕達インキュベータが全魔法少女から回収したものの十分の一くらいの量だ」バラバラバラ



229 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:33:05.04

人面蜘蛛「…インキュベータとやら交渉に応じるとしよう。だが、その前に二つ調べ事を頼まれてくれぬか?」

キュゥべぇ「なんだい?」

人面蜘蛛「先ず、地獄少女というシステムを維持するために地獄少女の務めを果たせる者を探すこと。そして、これが本題だ閻魔あいの魂の本質を解明して欲しい」



230 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:34:05.27

キュゥべぇ「なかなか、骨の折れる依頼だが引き受けるとしよう。今度君の前に僕が現れた時に、この二件の話をするね」

人面蜘蛛「任せたぞインキュベータ」



231 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:35:18.33

~ほむらの家~

ほむら(最近、魔獣が私の持ち場に集中して疲れたわ。マミと杏子のソールジェムは大丈夫かしら)

ほむら「……?!」ガチャ

ほむら「ない!ない!仕舞っておいた筈の藁人形がない!」
(まさか、盗まれた?でも、この部屋が人に入られた痕跡は見当たらない)



232 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:35:53.67

ほむら「まさか…地獄少女?」
(だとしたら、これで良かったのかもしれない。これで例え私のソウルジェムが濁りきっても円環の理に導かれる)

ほむら「……私どうして泣いているんだろう…?」ポロポロ

ほむら「…今日はもう休みましょう」

ほむら「…。……。………。」スヤスヤ



233 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:36:33.10

~ほむらの夢のなか~

ほむら「ここは…宇宙?まどかと最期に別れた所に似ているわね」

まどか「ほむらちゃん。久しぶりだね」

ほむら「………。まどか」ポロポロ

まどか「泣かないでほむらちゃん」



234 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:37:23.61

ほむら「夢で…。例え、夢のなかだとしても私貴女に逢えたことで涙が…」

まどか「今まで頑張ってきてくれてありがとう。ほむらちゃん」

ほむら「…いいえ、いいの。まどかが救ってくれた世界なのだもの私が守るのは当然のことよ」
まどか「本当はほむらちゃんを円環の理に導くまでは逢わないつもりでいたんだけど…。夢の中まで来ちゃってごめんね」



235 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:38:17.72

ほむら「いいの。私だってずっとまどかに逢いたかったから。でも、夢のなかまでって…。貴女は私が夢で見ているだけの記憶の中のまどかじゃないの?」

まどか「うんん、今の私は円環の理。私がこの世界に居た記憶している人はほむらちゃんしか居なかったから…。こうして、ほむらちゃんの夢に干渉してこうして話しているの」

ほむら「まどか!」ダキッ 



236 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:38:59.61

まどか「ほむらちゃん…」

ほむら「こうしてまどかに逢えて私幸せよ…」ポロポロ

まどか「この世界を私が居なくなってからも守ってくれてありがとう」ヨシヨシ

ほむら「いいの…。私が新しく決めた誓いでもあり祈りだから」



237 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:39:41.64

まどか「無理しないでね。ほむらちゃん」

ほむら「ええ、ありがとうまどか。それで、貴女が私の所に来てくれたということは何か意味があるわよね?」

まどか「うん。私がほむらちゃんにあげたリボン。これは、この世界に居ない筈の私が唯一この世界に存在していたときに残した物。それを地獄少女。うんん、閻魔あいちゃんに貸してあげて欲しいの」



238 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:40:22.90

ほむら「地獄少女?!ということはまどかは地獄少女のことを…。愚問ね貴女は過去、未来、現在全てが視えているものね」

まどか「うん…」

ほむら「それよりどうしてまた地獄少女に?」

まどか「ええ、それはね(以下省)」



239 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:40:54.48

ほむら「地獄少女にもそんな過去があったのね…」

まどか「うん、まだ魔法少女じゃなくても救いを望んでいる子を放っておけないよ」

ほむら「貴女は円環の理になっても優しいのね…。安心したわ。わかったまどかが言うように閻魔あいにこのリボンを貸すわ」



240 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:42:31.36

~見滝原中学校~

石元蓮「おはよう暁美さん。今日は随分と表情がいいね」

ほむら「はい。石元先生お陰様で」

石元蓮「まぁ、僕は担任ではないけれど何か困ったことがあったら何でも相談してれていいんだよ」



241 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:43:07.49

曽根アンナ「おはよう。暁美さん、石元先生」

ほむら「おはようございます。曽根先生」

曽根アンナ「あら、暁美さん今日はとても元気がいいのね。いつも思い詰めたような顔してたから心配してたんだよ」

ほむら「先生方の温かいご指導のお陰です。いつもありがとうございます」



242 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:43:34.98

石元蓮「止めてくれよ。照れるじゃないか」

曽根アンナ「そうよ暁美さん」

ほむら「ところで、先生方。地獄通信というものはご存知ですか?」

石元蓮「嗚呼、きいたことくらいならあるよ。生徒の間でも噂が広がっていてそれがどうかしたのかい?」



243 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:44:04.78

ほむら「地獄少女は三藁と呼ばれる妖怪を従えていて、必要に応じて周りの人間達の記憶を操作して恰も以前から居たかのように潜入するそうです」

曽根アンナ「おっかない話しだね。だけど、それは噂話でしょ?」



244 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:44:41.26

ほむら「…では、魔法少女というものはご存知ですか?」
石元蓮「魔法少女?漫画かゲームの話かい?生憎、先生は漫画やゲームには詳しくないんだ」

ほむら「そうですか。実は私魔法少女なんです」

曽根アンナ「暁美さん大丈夫かい?!」



245 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:45:13.57

ほむら「…。魔法少女には傷を一瞬で癒す者や幻術を使う者に時を操る者まで居ます。貴方達の記憶操作に抗っても不思議なことではありませんよね?」

石元・曽根「………」

ほむら「閻魔あいに会わせなさい!」



246 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:45:48.05

一目連(石元蓮)「骨女どうするバレちまってるみたいだぜ?」

骨女(曽根アンナ)「参ったねぇー。今まで私達の正体に気付いた依頼人はいなかったからさ」

ほむら「フッ…」



247 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:46:21.20

一目連「何がおかしいんだよ暁美ほむら?」

ほむら「漸く尻尾を見せたわね貴方達」

骨女「アンタまさか?」

ほむら「貴方達の記憶操作は完璧だったわ。私も特に違和感を覚えることのないくらい」



248 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:46:53.24

不破龍堂「お前らお嬢ちゃんにしてやられたな」

ほむら「三藁の最後の一人は貴方だったのね不破さん」

輪入道(不破龍堂)「それでお嬢ちゃんはお嬢に何のようだい?」

ほむら「貴方達には関係のないことだわ。閻魔あいを呼びなさい」



249 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:47:31.75

あい「……呼んだ?」

ほむら「…閻魔あい」
(私の背後に居ただなんて…。私が認識できないだけで本当はずっと近くに居たのかしら)

ほむら「これを」スッ

あい「………」

ほむら「円環の理のリボンよ。受け取りなさい」



250 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:47:59.70

一目連「まさか、お嬢が逆に物を掴まされることになるとわな」

骨女「おかしなこともあったもんだねぇー」

ほむら「これは円環の理から私が貰った生前あの子が居たことを証明する唯一の物。あの子から貴女に渡して欲しいと頼まれたから確かに貸したわよ」



251 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:50:30.32

あい「…そう。受け取りなさい」スッ

ほむら「これは?!藁人形?」

あい「貴女は怨みを捨てるどころか…。寧ろ、覚悟を決めたような顔をしている」

ほむら「そうかもしれないわ。私の夢であっなあの子に逢えたのだから。心残りはないわ。後はアイツが罪を悔い改めさえすれば怨むことは止める。それまで、この藁には預からせてもらうわ」

あい「……。あとは貴女が決めることよ」



252 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:51:18.73

~市立賽河原第四中学校~

キュゥべぇ「この空間には驚いたよ。まさか、一介の霊体に過ぎない存在が空想とはいえ一つの世界を作り出しているのだから。これは、干渉遮断フィールドの中で起こった魔女の結界に酷似している。その張本人だが」

ゆずき「秋恵ったら。いつも調子のいいこと言って」

秋恵「ゆすきだってこう言う話は嫌いじゃないでしょ?でさぁーてさぁー」



253 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:52:07.38

キュゥべぇ(あの地獄の蜘蛛からは地獄少女の後任を探すように言われたが…。彼女は間違いなくその素質を持っているだろう。しかし、学校そのものを結界内に模倣してしまう存在だ魔法少女の適正もあるだろう…。そうなれば、接触しない手はないよね)

キュゥべぇ「やぁ、御影ゆずき僕はキュゥべぇ」

ゆずき「もうからわないでよ」

秋恵「だって、ゆずきの困り顔可愛いんだもん」



254 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:52:46.75

キュゥべぇ「?!御影ゆずき…。君にはどうやら僕が見えていないんだね…」

ゆずき・秋恵「ペチャクチャペチャクチャ(会話省略)」

キュゥべぇ「これ程の不条理を成し遂げておきながら魔法少女の素質がないとは…。極めて珍しい判例だよ。じゃあ、もう一捻り加えようか」
(学校を上書きするように干渉遮断フィールドを展開行使する)



255 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:53:22.92

キュゥべぇ「やぁ、御影ゆずき。僕のことが見えるかい?」

ゆずき「え?…貴方は?」

キュゥべぇ「僕はキュゥべぇ。僕と契約して魔法少女になってよ!」

ゆずき「兎ちゃんみたいな貴方キュゥべぇって言うんだ可愛い名前ね」ニコ



256 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:54:26.19

秋恵「えっ?ゆずき何と喋ってるの?」

ゆずき「え?ここにいるキュゥべぇっていう可愛い兎ちゃんに」ユビサシ

秋恵「ちょっとゆずき大丈夫?何か変だよ」

キュゥべぇ「ゆずき混乱させてすまない。今日の所はこれで失礼するよ。またね、ゆずき」シュン

ゆずき「ああ、うん」

キュゥべぇ(干渉遮断フィールドを行使すると御影ゆずきは本来に見合った因果の糸を内包した魔法少女の素質を取り戻す。ということはつまり…)



257 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:55:32.42

~夕暮れの里~

キュゥべぇ「ここに来るのも数日ぶりだね」

人面蜘蛛「貴様がここに来るということは全ての調査が完了したということだな」

キュゥべぇ「うん。その通りだ。今回の調査で実に興味深い仮説が立てられた。これを聞いてから僕との協力の是非を決めてほしい」

人面蜘蛛「承知した。では、話してみよ」



258 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:56:18.64

キュゥべぇ「先ず、地獄少女の後任だが御影ゆずきという既にこの世では死んでしまった少女だが…。何故だかどうして現世に結界を張り巡らせ学校や街を一つまるごと模倣している存在がいる。彼女であれば地獄少女の任につくには相応しい能力を兼ね備えているんじゃないかな?」

人面蜘蛛「そうか。ご苦労であったな」



259 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:56:54.25

キュゥべぇ「じゃあ、ここからが本題だよ?この御影ゆずきの存在から閻魔あいの魂の本質を導き出すヒントを貰ったんだ」

人面蜘蛛「ほぉ…」

キュゥべぇ「その前に話は変わるが魔法少女は個体差に漏れず彼女達の魂を物質化したソウルジェムが穢れで完全に濁り切ってしまうとその瞬間に円環の理に導かれてしまうんだ」

人面蜘蛛「………」



260 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:57:56.56

キュゥべぇ「特異な例外の数ケースを除いてね。そして、その例外が起こったのは数千年前。魔法少女として契約する前に彼女は不思議な…いや、神秘的な何かを生まれもっていた巫女だったんだ。」

人面蜘蛛「その巫女がどうしたというのだ?」

キュゥべぇ「彼女はね…。ソウルジェムが完全に穢れ切ったのにも関わらずそのまま存在を残し単独活動をしたのちに金色の光に包まれてこの世界から完全に消失したんだ」

人面蜘蛛「………」



261 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:59:07.53

キュゥべぇ「それからというものそういった判例は4、500年おきに続いていくんだ。それも、神秘の力を継承したまま確実に魔法少女の素質足る因果の線を減少させてね」

人面蜘蛛「それと、あいに何の関係があるというのだ?」

キュゥべぇ「以前、君と会った際には言い損ねていたが別の個体が生前の閻魔あいと接触していたのさ」



262 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 01:59:54.81

人面蜘蛛「…しかし、インキュベータよ。では、何故七つ送りの前にあいと契約しなかったのだ?」

キュゥべぇ「違うよ。僕達は契約しなかったんじゃない。厳密には契約出来なかったのさ。生前の閻魔あいには死んだ蝶に生命力をシフトさせ生き返らせる程の神秘の力を持っていたのに僕たちのことを認識することすら出来なかった」

人面蜘蛛「?!」



263 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 02:00:44.71

キュゥべぇ「認識出来ない存在とは僕達だって契約のしようがないからね」

人面蜘蛛「そうか…。つまり」

キュゥべぇ「どうやら君にも話の本質が見えてきたみたいだね。閻魔あいの魂の本質。それは天愛燐神(アメノアイリンノカミ)の御霊。それが僕が導き出した仮説さ」

人面蜘蛛「………」



264 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 02:01:44.49

キュゥべぇ「順を追って説明していくよ。先ず、先程引き合いに出した魔法少女達だが本来ソウルジェムとは魂を物質化した物だから完全に色形などが完全に合致することはあり得ない」

キュゥべぇ「しかし、判例となった魔法少女達のソウルジェムは色や形に初期魔法までもが完全に合致していたんだ。これは同じ魂が輪廻しているという証明に他ならないよね?」

人面蜘蛛「………」



265 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 02:02:35.12

キュゥべぇ「次に救世主に近い力を持つ彼女達に因果線のみを抜くことたが…。これこそ僕達でさえ鑑賞出来ない神の領域さ」

キュゥべぇ「更に御影ゆずきでの観測では僕達が作り出した干渉遮断フィールドの中では本来と相応の因果を内包していた」



266 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 02:03:11.30

人面蜘蛛「つまり、あいとゆずきという少女は」

キュゥべぇ「閻魔あいの神魂は地獄に堕ちて完全に回収しきれず、その一部が規定の周期を迎えて現世に降りてきた生まれ変わりじゃないのかな?」

人面蜘蛛「なるほど…。合点がいったぞインキュベータ」



267 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 02:03:41.53

キュゥべぇ「まぁ、閻魔あいと御影ゆずきが魔法少女として契約して、その時生まれたソウルジェムが判例の魔法少女のソウルジェムと合致したら証明は完了するんだけどね」

人面蜘蛛「いや、今の説明で十分だ」

キュゥべぇ「ということは君にも何か心当たりがあるんだね?」



268 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 02:04:31.05

人面蜘蛛「あいが押し殺していた感情に再び目覚めある家族を私怨で地獄に送ろうとしたことがあってな…。その際には私はあいを地獄に流そうとした」

キュゥべぇ「だが、その行為を止められたんだね?」

人面蜘蛛「左様だ。極楽浄土の神よりあいの情状酌量として罪を不問にせよとのお達しが来てな」

キュゥべぇ「そうだったんだね」



269 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 02:05:11.62

人面蜘蛛「極楽浄土と地獄には極力干渉し合わないようにしていたが…。最終的な権力は極楽浄土が握っておるからな」

キュゥべぇ「それならば、閻魔あいを地獄少女から解放する命を下せばいいじゃないか」



270 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 02:05:50.48

人面蜘蛛「ならぬのだインキュベータ。極楽浄土には怨みや罪などにまみれた魂を受け付けることは出来ない。つまり、あいの神魂の染み付いた憎しみや怨みなどを浄化するには地獄でしか出来ないために利用されておるのだ」

キュゥべぇ「それは、君にとっては大変不本意なことだよね?」



271 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 02:06:29.35

人面蜘蛛「それは、紛れもないことだが…。如何せん謀叛を起こそうにも極楽浄土の力の前には地獄の力は及ばんのだ」

キュゥべぇ「しかし、キャーブやグリーフシードが地獄の新なエネルギー源となったらどうなるだろうか?」

人面蜘蛛「極楽浄土と地獄の均衡は崩れ地獄が極楽浄土の力を凌駕するであろう」



272 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 02:07:41.67

キュゥべぇ「じゃあ、最初の話に戻るね。君はキューブとこれから生まれるであろうグリーフシードを引き換えに、閻魔あいの魔法少女に契約することと僕達が円環の理の克服に協力してくれるかい?」

人面蜘蛛「良いだろう。インキュベータ。この人面蜘蛛が全身全霊を以て協力しよう」



275 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/27(土) 02:24:11.61

地獄(あいが依頼人を流す時に行く。ここの主は人面蜘蛛)

~まどか~
・アルティメットまどかは概念にして神のため極楽浄土に行き来できる。
・しかし、概念のため現世には魔法少女を円環の理に導くときにしか干渉できない。
・そのため、まどかの記憶があるほむらの夢のなかやリボンを持っている者には一定の干渉ができる(?)

~閻魔あい~
閻魔あいの魂の本質は天愛燐神の御霊(神魂)←古事記にないオリ神
極楽浄土の神の因果操作によって生前は因果の線を有していなくキュゥべぇを認識出来ず魔法少女の契約をすることが出来なかった。
現在は、地獄少女として地獄流しをする過程で夥しい因果の線に絡まれ円環の理になるまどか並の魔法少女の資質がある。

~御影ゆずき~
三鼎のメインキャラ。地獄に取り込まれてしまった天愛燐神の神魂のほんの一部を有して4.500年周期で輪廻転生した存在。閻魔あいの生まれ変わりにあたる。原作通り故人で霊体。本人は無自覚。



279 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 19:15:10.69

~あいの家~

あい「さくらの花はいつ開く…。山のお里にいつ開く…。」

輪入道「…お嬢があの歌を歌うとは珍しいな」

骨女「今回の件何か嫌な予感がするよ」

一目連「そりゃそうだろ。俺達以上に妖怪じみた白い獣に発破掛けてくる魔法少女。出来れば関わりたくないぜ」

輪入道「しかし、これも地獄少女としてのお嬢の勤めだ。ここが踏ん張り所だおめぇら」

あい「さくらの花はいつ匂う…。笑う七の子遊ぶ頃…。」



280 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 19:16:30.84

きくり「ぷーぅ。やっぱり、わろわろが居ないとつまんない!」

一目連「全く今は非常事態なんだぜ?きくり」
きくり「それじゃあー、家来として馬になれエロ目玉」

一目連「しばくぞクソガキ!」

骨女「はぁー、緊張感がない奴らだねぇー」

あい「さくらの花はいつ踊る…。歌う七の子眠る頃…。」

あい「さくはの花はいつ朽ちる…。死んだ七の子昇るころ…」



281 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 19:17:03.56

あい「…これは?リボンが光ってる」ピカァー

輪入道「おい!お嬢の居る部屋から桃色の光が!」

一目連「あれは、市街地で見たあの時の!」

きくり「わぁー、光ったぁー」

骨女「アンタ達驚いてないで行くよ!」



282 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 19:17:47.41

一同「お嬢?!(あい?)」

一目連「何てこった!お嬢が何処にもいないぜ?!」

骨女「手分けして探さないと!」

輪入道「いや、待つんだ。ほむらって嬢ちゃんは円環の理と言ってたな。神さんに導かれたんだ…。お嬢が帰ってくるまで待つしかないじゃねぇーのか?」

きくり「たまにはいいこと言うなハゲ」



283 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 19:18:26.37

骨女「そうは言ったって居たたまれないよ!」

一目連「確かに輪入道の言う通りだ。今の俺達にはやれることはない」

きくり「お留守番!お留守番!」

輪入道「お嬢無事で帰ってきてくるんだぞ…」



284 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 19:19:16.00

~宇宙空間~

あい「…ここは?」

まどか「始めましてかな?私は円環の理。生前は鹿目まどかって呼ばれてたんだ」

あい「…何の用?」

まどか「前に現世の市街地で会ったよね?その時、あいちゃんの哀しい気持ちややるせない思いが流れ込んできたの…」



285 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 19:19:47.80

あい「…そう」

まどか「あいちゃんは魔法少女じゃないけど…。そんな子を放っておけなくてほむらちゃんにリボンを渡して貰ってこうして貴女に会いにきたの」

あい「…それは貴方の都合。私には関係のないことだわ…」



286 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 19:20:28.68

まどか「それは百も承知だよ。でも、極楽浄土の菩薩さんにも別件で頼まれちゃった子とがあるし」

あい「菩薩…?」

まどか「うん、そうなの。入ってきて仙太郎さん」ティヒヒヒヒ

仙太郎「あい…。その久しぶりだな」

あい「!!?」



287 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 19:21:13.39

まどか「私の役目はあいちゃんと仙太郎さんを引き合わせること。それじゃあ、お邪魔虫は席を外すね」ティヒヒヒヒ

あい「仙太郎…なの?」

仙太郎「ああ、あいはその姿から変わらないんだな」

あい「……うん。私はこの年で死んでしまったから」



288 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 19:22:20.00

仙太郎「そのごめん!あい」

あい「………」

仙太郎「もしもだけど…。あいに会ったらあの時のことずっと謝りたかったんだ」

あい「仙太郎…」ホロリ

精神「あいどうしたんだよ急に?!何処か具合でも悪いのか?」オロオロ



289 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 19:22:52.27

あい「クス、私なら大丈夫」

仙太郎「えっと、あいのこと守るって言ったのに…。俺は無力で!結局何もしてやれなかった!」プルプル

あい「いいえ、それは違う…。仙太郎は精一杯私のことを守ってくれたわ…」

仙太郎「あい…」ポロポロ



290 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 19:23:43.23

あい「仙太郎貴方に逢えてよかったわ…」

仙太郎「あい!いくな!やっと会えたのに!」ダキッ!

あい「それは出来ない…。私は地獄に堕ちても償い切れない罪を犯した…。だから、帰らなきゃ」

仙太郎「あい!!じゃあ、俺は例えこの魂が消え去ったとしても!あいのこと待ち続ける!」ボロボ



291 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 19:24:23.00

あい「駄目よ。貴方がいくら生まれ変わっても私は貴方のことを忘れない…。いつか地獄少女の任が解かれたら現世で廻り逢えるでしょう?」

仙太郎「嫌だ!俺達の記憶がなくなっちまったら何の意味もないだろ?!」



292 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 19:25:43.50

あい「………」チュッ

仙太郎「?!……あい//」

あい「仙太郎…。約束。現世でまた逢いましょう。例え何度生まれ変わっても」

仙太郎「あい絶対だぞ!約束だからな!!」



293 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 19:26:18.46

あい「仙太郎…。大好き…」

仙太郎「馬鹿!何言ってんだよ!……俺もだ//」
まどか「仙太郎さんあいちゃんそろそろ私の干渉も限界みたいなんだ…」

仙太郎「くっ!あい絶対だぞ!信じてるかな!!」

あい「うん。ありがとう仙太郎」



294 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 19:27:11.05

~あいの家~

一目連「家の中からまた光が!お嬢?!」

輪入道「お帰りお嬢」

あい「………///」

一目連「お嬢?顔が赤いぜ?」

骨女「はぁ、デリカシーのない男だねぇー。年頃の女の子が顔を赤らめるなんて恋慕に決まってるじゃないか…」



295 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 19:27:58.99

一目連「お嬢!それは本当なのか?!」

あい「………///」

きくり「あい顔真っ赤ぁーっ!」

輪入道「こりゃあ今晩は赤飯だな」

あい「…みんなからかうのは止めて…///」



296 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 19:52:19.96

~休日のマミの家~

キュゥべぇ「まだ昼間だと言うのに強い障気だ…。今晩は間違いなく魔獣の群れが表れるだろうね」

マミ「そうね。これは振り分けたテリトリーとは関係なく三人の魔法少女で対抗する必要がありそうね」

杏子「だなぁ。アタシからほむらの方には連絡しとくよ」



297 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 19:52:53.43

マミ「それで、あれから暁美さんの方に変化は?」

杏子「ん?何にもないぜ。寧ろ、なんか顔色が良くて上機嫌なくらいさ」

マミ「そう…。それならいいんだけど…」

キュゥべぇ「マミ。杏子。今晩の魔獣との戦闘が済んだらほむらと直接地獄少女の件は話してみるよ」



298 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 19:53:20.05

マミ「?!正気なのキュゥべぇ!とても、危険なことよ…」

キュゥべぇ「誤解は今後のために早いうちに解いておいた方がいいからね」

杏子「………」
(なんかキュゥべぇの奴胡散臭いんだよな…。理由もなくほむらの奴がコイツを地獄流しにするとも思えないし)



299 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 19:53:51.96

キュゥべぇ「だが、万一の場合がある。だから君達には近くで見張っていて欲しいんだ」

マミ「わかったわ。もし、キュゥべぇが地獄に流されそうになったら暁美さんは私達が止めるわ。それで構わないわね佐倉さん?」

杏子「ああ、アタシはそれで構わないよ」
(まっ、考え過ぎかな)



300 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 19:54:39.41

キュゥべぇ「マミ、杏子信頼しているよ」

マミ「ええ、任せてキュゥべぇ」

杏子「んじゃ、夜になるまでアタシは寝てるよ?」

マミ「ええ、私の家で良かったらゆっくりしていって」

キュゥべぇ「………」
(キューブの呪いを浄化せずに街に埋めた甲斐があったよ。これで僕は二人の魔法少女に守られながら暁美ほむらと接触することができる)



301 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 19:55:34.86

~夜の見滝原市~

ほむら「二人とも遅くなってしまってごめんなさい」

マミ「大丈夫よ暁美さん。魔獣はまだ具現化していないもの」

杏子「にしても、すげぇ障気だな」
                
ほむら「そうね…」
(今までに感じたことのないくらいの障気だわ…。意図的とすら思えてしまうくらい)



302 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 19:56:04.49

キュゥべぇ「やぁ、みんな今日は誰一人として欠けないよう全力でサポートさせて貰う」

マミ「ありがとうキュゥべぇ」

ほむら「ええ、助かるわキュゥべぇ」

杏子「頼りにしてるぜキュゥべぇ」



303 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 19:56:43.64

ほめら「……来る」

魔獣「………」ゾロゾロ

杏子「おいおいマジかよ!雑魚でもこの数はヤバイぜ」

マミ「ざっと数えて数百体といったところね」

ほむら「泣き言を言っていても仕方がないわ…。行くわよ!」

キュゥべぇ「今は魔獣達が隣接しているマミ今だよ!」



304 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 19:57:43.10

マミ「任せて!ティロ・フィナーレ!!」ドゴォーン!!

魔獣「ギャアアア!」バゴォーン!!

杏子「ちっ!撃ち込んで数十体か!来るぞ!」

ほむら「迎撃するわ!」マジカルアロー!!

魔獣「ギャアアアア!」



305 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 19:58:40.45

杏子「うおりゃーっ!」ブンブン!

魔獣「ギャアアアア!」

キュゥべぇ「杏子は前衛でラインを崩さずマミとほむらは援護するんだ!」

ほむら「ええ、この戦法が一番みたちね」



306 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 19:59:30.66

マミ「この調子なら押しきれるわ!」バンバン!

ほむら「そのようね!」バンバン!

杏子「飯だって戦いだって量より質だっての!」ブンブン!

キュゥべぇ「みんないい調子だよ!」



307 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 20:00:25.32

杏子「ハァハァ、やっぱり一人で前に立つのはえらいぜぇー。!?マミ後ろ」

マミ「え?」

魔獣「グワァーーッ」ブン!

キュゥべぇ「危ない!マミ!」ドン!

マミ「あっ…。き、キュゥべぇ!?」

キュゥべぇ「ぐふぅ」ザシュ!



308 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 20:00:59.45

マミ「よくもキュゥべぇに!!」バンバンバン!

魔獣「グワァーーッ!」ドゴォーン!

ほむら「まさか後ろからも別の軍勢が表れるとわね…」
(おかしい。これは意図的に行わないと不意に魔獣達が出現するなんて…)



309 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 20:01:35.13

杏子「ヤバイぜ!完全に囲まれた!」

ほむら「杏子!周りに防護壁を!」

マミ「暁美さん!そんなことしたら私達の攻撃が!」バンバン!

ほむら「心配いらないわ」バサァー



310 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 20:02:19.73

魔獣「グオオオオ!」ガリガリガリガリ!

ほむら「マミ!リボンを!」

マミ「ええ!」シュルシュル

杏子「こいつら防護壁を抉ろうとしてきやがる!長くは持たないぞ!」

マミ「傷付いたキュゥべぇを防護壁で守りつつ私達は防護壁より上空から攻撃する。流石ね暁美さん」



311 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 20:03:13.29

ほむら「普段の貴女なら考え付いた筈よ…。キュゥべぇを傷付けられていなかったら」

マミ「ごめんなさい…。頭を冷やすわ私」

ほむら「そうね。ここは冷静に対処しましょう」

マミ「行くわよ!ティロ・フィナーレ!!」ドゴォーン!!

ほむら「はぁーーっ!」マジカルアロー!!



312 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 20:03:48.36

杏子「キュゥべぇ大丈夫か?」

キュゥべぇ「ハァハァ、な、なんとかね…」

杏子「マミ!ほむら!キュゥべぇの手当てが必要だ早く決めちまえ!」

ほむら「そのようね」

マミ「ええ、キュゥべぇもう少しの辛抱よ」



313 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 20:04:32.42

マミ・ほむら「ティロ・デュエット!!」グルグルドゴォーン!!!

魔獣「グギャアアアアア!!!」バゴォーン!!!

杏子「やったな!」

キュゥべぇ「ふぅ…。終わったようだね」

マミ「ごめんなさい…。私のせいで」



314 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 20:05:10.91

キュゥべぇ「謝らなくていいよ。むしろ、マミに傷が付かなくてよかったよ」

マミ「ありがとうキュゥべぇ。さて、早速治療魔法を使うわね」ポワァーン

ほむら「…今回はそれにしても難敵だったわね」



315 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 20:06:30.64

杏子「そうだな。一人で立ち向かってたらぜってぇー死んでたぜ」

キュゥべぇ「マミありがとうもう大丈夫だよ」ヒョコッ

マミ「そう、よかったわ…」ホッ

キュゥべぇ「ほむら少しいいかな?」

ほむら「何かしら?」

キュゥべぇ「君と二人で話がしたいんだ」



316 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 20:07:05.68

マミ「何か大切な話みたいね。佐倉さん私達は魔獣のキューブを回収しましょう?」

杏子「お、おう…」トボトボ

ほむら「……それで、改まって話って何かしら?」

キュゥべぇ「ほむら。君は地獄少女に依頼して僕を地獄に堕ちても流そうとしているね?」



317 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 20:07:48.18

ほむら「?!!」

キュゥべぇか「………」ジィーッ

ほむら「ええ、否定はしないわ」

キュゥべぇ「どうやら君が以前話をしてくれた円環の理に関係しているのかい?」

ほむら「ええ…。貴方がまどかの前に表れなければまどかは円環の理として世界に固定されることもなかった…。その原因を作り出した貴方が憎くて…怨ましくて仕方がなかったの…」



318 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 20:08:16.29

キュゥべぇ「そうだったんだね。僕達には記憶もない話だし感情を持ち合わせていないなから…ほむらがどんな気持ちだったか分からないが…。僕達に非があるようだから謝罪させて貰うよ」

ほむら「いいえ。良いのよ…。もう済んだ事だし貴方が体を張って巴さんを守った。今の貴方は魔法少女に必要なパートナーみたいなものだから」



319 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 20:09:06.02

杏子「何話してるんだろぉーな?」

マミ「分からないけれど…。穏やかな雰囲気ね無事に解決してくれたらいいんだけど…」

ほむら「今の私には怨みを晴らすつもりはないわ…。地獄少女には藁人形を返す決心がついた。だから、安心して」



320 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 20:10:05.54

キュゥべぇ「それは困るな…」

ほむら「え…?」

キュゥべぇ「君が地獄少女との契約を放棄してしまったら閻魔あいを魔法少女にするのに大変不利になる」

ほむら「何を言っているの…?」

キュゥべぇ「何って…。閻魔あいを魔法少女にするために暗躍しているに決まってるじゃないか」



321 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 20:10:48.08

ほむら「何を企んでいるのインキュベーター」ギロリ

杏子「おい!マミ!雲行きが怪しくなってきたぜ」

マミ「私達も臨戦態勢に移りましょう…。極力、暁美さんには傷付けないようにね」

キュゥべぇ「閻魔あいには魔法少女として破格の資質を持っている。契約しない手はないよね」



322 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 20:11:54.36

ほむら「………」ギロリ

キュゥべぇ「ありがとう。暁美ほむら。君が地獄少女に依頼をしたことで僕は彼女を認識することが出来た。本来なら決して交わることのない因果だったんだけどね」

ほむら「あなたは!」

キュゥべぇ「そして、円環の理や魔女の話も君には感謝しきれないよ。ソウルジェムからグリーフシードへと変容する際に得られたエネルギーは想像以上だったよ」



323 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 20:13:01.09

ほむら「くっ!お前というやつは!」バサッ

マミ「そこまでよ暁美さん!」シュルシュル

ほむら「?!」

杏子「落ち着けよほむら!キュゥべぇが居なくなったら魔獣達のキューブの浄化はどうするんだよ!?」



324 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 20:13:39.76

ほむら「離して!コイツは!コイツだけは!」ジタバタ

キュゥべぇ「どうやら認識の相違から生まれる憎悪や怨みの解消を試みたのだが難しかったみたいだね」

マミ・杏子「!!?」

マミ「暁美さんのソウルジェムがどんどん濁っていく!」



325 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 20:14:41.17

キュゥべぇ「マミ!杏子!早くほむらをこの台座に寝かせるんだ!ここに寝かせればソウルジェムの穢れの進行を一時的に食い止めることが出来るよ!」

ほむら「……やめなさい!」

杏子「ちょっ!暴れんなよほむら」

マミ「そうよ!このままだと暁美さんが世界から消滅してしまうのよ?」



326 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 20:15:40.77

キュゥべぇ「マミ!杏子!早く!」

マミ・杏子「せーの」

ほむら「いやぁーーっ!」バタンッ!
キュイーーーン!(干渉遮断フィールドが展開される)

マミ「んっ!何よこれ?!」バゴォーン!!!

杏子「なっ?!ほむらーっ!」バゴォーン!!!



327 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 22:09:37.21

~空間遮断フィールド内部(ほむらの結界)~

ほむら「一つ気付いたことがあるわ…。インキュベーター貴方は何処までいっても変わらないのね」

キュゥべぇ「……。どうやら、元の世界の記憶を引き継いでいるようだね。君には円環の理。いや、鹿目まどなという少女を結界内に内包してもらうことを期待していたのだが…」

ほむら「お前の好きなようにはさせないわ!」
(藁人形はこの空間にもある。これは最終手段ね)



328 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 22:10:10.29

ほむら「閻魔あい。いるんでしょ?」

あい「…呼んだ?」

キュゥべぇ「な、何故だい!?どうして地獄少女がこの空間の中に?」

ほむら「改編前の世界で私は数多の魔女と戦ってきたのよ?魔女の特性は熟知している。今の私は魔女化しているなら閻魔あいを結界内に誘導しただけのことよ」



329 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 22:10:49.90

一目連「これはとてつもないな。現世でも地獄でも極楽浄土でもない空間の中に新な世界が存在するなんて」

輪入道「お前さんもあてが外れたんじゃないのかい?」

骨女「アンタの負けだよインキュベーター」

あい「………」



330 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 22:11:41.76

ほむら「…大人しく降伏しなさいインキュベーター。閻魔あいとは契約を諦めて円環の理からも手を引きなさい!」

キュゥべぇ「フッ、ほむら…。君は本当にこれで勝ったつもりでいるのかい?」

ほむら「まだ策でもあるというのかしら?えっ?!」バシッ!!



331 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 22:12:55.11

一同「?!!」

人面蜘蛛「まだ勝ち誇るには早いぞ小娘」ブシャーッ!!

キュゥべぇ「こんなこともあろうかと君を干渉遮断フィールドに取り込んでから暁美ほむらに対して干渉遮断フィールドを再展開して正解だったよ」



332 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 22:14:34.78

輪入道「何だってこんな所にお偉いさんが?!」

人面蜘蛛「貴様らにも掟に背いた罪を償ってもらうぞ?」ブシャー!!

輪入道「ぐぅっ!」

骨女「あぁっ!」

一目連「くそぉ!」

あい「うっ…」



333 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 22:15:11.59

人面蜘蛛「まず貴様らはターゲットであるインキュベーターを依頼人が契約する前に殺したな?」

一目連「どこに目をつけてやがる?そいつはそこに生きてるじゃないか!」

キュゥべぇ「確かに君達は僕を殺した筈だよ?間違いなく君は僕の個体を一体破壊したじゃないか」



334 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 22:16:29.96

人面蜘蛛「これは明確な掟への離反だ。この罪によって潔く裁かれよ」ゴオォォ!!

三藁「ぐわぁーーっ!」

あい「止めて…。罪なら私が咎められべきだわ…。止めて!」

ほむら「インキュベーター貴方はその蜘蛛と共謀していたのね?」

キュゥべぇ「共謀?利害の一致による協力関係さ。人面蜘蛛はキューブや後にグリーフシードを手に入れ僕は閻魔あいを魔法少女にして円環の理を手にいれる。それだけのことさ」



335 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 22:17:33.58

ほむら「だそうよ?聞いていたわね…」

マミ「残念だわキュゥべぇ貴方がそんな考えを持っていたなんて」

杏子「ガッカリだぜキュゥべぇ」

キュゥべぇ「君達は?いつの間に?」

ほむら「侮ったわねインキュベーター。この空間は私の結界内よ身体を拘束されていたって魔法少女を結界内に引き込むことは雑作もないわ」



336 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 22:18:37.93

杏子「あの蜘蛛を倒せばいいんだな?」

ほむら「ええ、任せたわ二人とも」

マミ「暁美さん疑ってごめんなさい…。こんな事情があったなんて…」

ほむら「気にしないで巴さん。今は目の前の敵を」

マミ「それもそうね」



337 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 22:19:12.06

一目連「じゃあ、魔法少女の力を高身の見物といきますか」

骨女「アイツの糸で縛られて焦がされて状態で何言ってんだい!…それにしてもあの子達だけで何とかなるのかね?」

輪入道「…多分無理だろうな。あのお嬢ちゃんの作った結界の中とはいえ、あのお偉いさんは地獄の主みたいなもんだ」

一目連「この様じゃ共闘も出来そうにないしな」



338 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 22:20:14.79

マミ「行くわよ!佐倉さん」

杏子「あいよ!マミ」

マミ「ティロ・フィナーレ!」ドォーン!!

杏子「うおりゃーーっ!」ザンッ!

杏子「やったか?」

人面蜘蛛「ハハハハハ!魔法少女とやらの力どれ程のものかと期待していたが期待外れだったようだ」バゴォーン!!!



339 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 22:21:18.21

マミ「きゃぁーっ!」ボロボロ

杏子「ぐあぁーっ!化物めっ」ボロボロ

人面蜘蛛「大人しくお縄につけ小娘共!」ブシャー!!

マミ「う、動けない!」

杏子「ちくしょう!ちくしょう!」



340 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 22:22:28.92

ほむら「そ、そんなぁ…」

キュゥべぇ「万策尽きたみたいだね?暁美ほむら。このままでは皆死んでしまうよ?これだけの力を持つ存在だ…。君が知りうるなかで対抗しうる存在は円環の理しかないよね?」

ほむら「…お前はっ!お前だけはっ!」ギリギリ

キュゥべぇ「さぁ、円環の理。鹿目まどかに助けを求めてよ」



341 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 22:23:22.53

一目連「お嬢!何とかならないのか?!」

あい「私の力では及ばないわ…」

骨女「あのほむらって子が糸さえ引いてくれたら打開策はあるのに」

輪入道「そいつは無理だ。あのお偉いさんにお嬢ちゃん達や俺達みんな拘束されちまってるんだから」



342 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 22:24:17.14

人面蜘蛛「あい。そして、お前は閉ざした心の扉を再び開こうとしたな?お前の後任は決まっている。お前らまとめて地獄に流れて貰うぞ」ギリギリ!!

あい「うっ…。」

ほむら「くっ!」
(不味いわ。閻魔あいを失えば私達は完全に八方塞がり…こんな時にあの子が居てくれたら…い、いけない)



343 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 22:25:23.31

まどか「…ん?ここは何処?」シュンシュン

ほむら「?!嘘…。まさか、私がまどかを…」

キュゥべぇ「まどかと言ったかい?じゃあ、あの子が円環の理。鹿目まどかなんだね?お手柄だよ暁美ほむら」

まどか「ほむらちゃん?!ほむらちゃんなの?!糸に縛られて大丈夫!?今から助けるから」

ほむら「まどかぁーーーっ!!来ちゃダメぇーー!!!」ボロボロ



344 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 22:26:12.20

ほむら「?!」ザンザンザン!!

さやか「お姫様を迎えに来た騎士だと思った?残念さやかちゃんでした!」

なぎさ「どうやら結界内では僕達は魔法少女の力を使えるようなのです!」

ほむら「…美樹さやか?」

さやか「よっ!以外と元気そうじゃん」



345 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 22:27:59.68

杏子「さやか!さやかなのか?!」

マミ「美樹さん!美樹さんなのね?!」

さやか「えへへへ、杏子!マミさん!お久しぶりです!」

なぎさ「………」

マミ「……?美樹さんその子は?」

さやか「あっ!この子は私の友達の魔法少女百江なぎさちゃんです!」



346 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 22:31:42.82

一目連「おいおい。今度は桃色の子と青い子と白い子が来たぜ?」

骨女「もう、何が何だか」

輪入道「さっきの子達よりかは骨のありそうな子達じゃないか期待していいんじゃないか?」

あい「………」



347 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 22:32:34.76

まどか「さやかちゃん?ここは?」

さやか「まどかは気にせずに転校生の所に行ってあげて」

なぎさ「そうなのです」

まどか「うん」



348 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 22:33:16.39

人面蜘蛛「魔法少女が三人来たところで何が変わる?」

さやか「禍々しい力!?さてはアンタ地獄の親玉かなんかでしょ?」

人面蜘蛛「如何にも。己が無力さを知りうちひしがれるが良い」

さやか「円環の理の鞄持ちの力を侮ると痛い目に合うよ!」

なぎさ「そうなのです」



349 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 22:34:35.34

まどか「ほむらちゃん!ほむらちゃん!」タッタッ

ほむら「今しかない…。この機会を逃したら」

まどか「何持ってるの?ほむらちゃん…?」

ほむら「まどか…。これは」サッ

まどか「私ね…。今の現状がまるで飲み込めてない。でもね、ほむらちゃんが凄く苦しんでるってことは分かる」

ほむら「まどか…」



350 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 22:35:56.49

さやか「てやぁーっ!」ザンザン!!

なぎさ「ぷぅーっ!」バコバコ!!

人面蜘蛛「なかなかやりおる流石は円環の理の使者といったところか…」

なぎさ「じり貧なのです…」

さやか「もう少し時間を稼ぐか!」シュッシュッ!

オクタヴィア「■■■■■!!」ワラワラ



351 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 22:37:21.16

なぎさ「やったのです!一つ目を潰したのです!」

さやか「?!!なぎさ!危ない!」

人面蜘蛛「許さぬぞ!貴様ら!!」ゴオォォォォ!!!

なぎさ「きゃああっ!」バゴォーン!!!

さやか「なぎさ?!!」

人面蜘蛛「人の心配をしている場合か?」ゴオォォォォ!!!

さやか「ぐうぅぅぅ!」ジリジリ!



352 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 22:38:29.68

さやか「うわぁぁっ!!」バゴォーン!!

杏子「さやか!白いの!」

マミ「どうして…。どうしてあの蜘蛛に勝てないの…」

輪入道「いいところまでいったんだがな…」

骨女「本当にあの蜘蛛は…」

一目連「あのお嬢ちゃんは今なら手が空いてる今しかないぜ!」



353 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 22:39:30.87

まどか「ほむらちゃんが苦しんでるの…私も苦しいよ。どんな些細なことでもいいの。ほむらちゃんが悩んでること辛いこと苦しいことがあるんだったら相談して…。私達トモダチなんだから」

ほむら「……ま、どか…」ポロポロパサッ



354 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 22:43:09.81

一目連「おい!何やってるんだ?!もう時間がない早くあの白いのを地獄に流すんだ!」

ほむら「………」ハッ

人面蜘蛛「貴様らを捕らえてたならばしまいだ!」ブシャー!!

まどか「ほむらちゃん!んっ!ああああっ!!」ギリギリ!!



355 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 22:44:21.89

ほむら「まどかぁーーーっ!!!」
(もう私が糸を解くより方法はない)

まどか「んっ…。駄目だよほむらちゃん…。私なら大丈夫だから全部一人で抱え込んだら駄目だよ」

ほむら「……まどか…。ごめんなさい」ポロポロキュッ!



356 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 22:45:15.92

あい「………」ボゥッ!!

一目連「お嬢!何する気だ!?」

骨女「馬鹿なことはよすんだよ!お嬢!」

輪入道「お嬢ぉーーっ!!」

あい「あーーーっ!」メラメラ!



357 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 22:47:11.04

輪入道「アイツの糸の呪縛から抜け出すために自らも燃やしちまうなんて…」

一目連「お嬢…」

骨女「無茶だよ…」

あい「…それには及ばないわ」スッ ボロボロ

ほむら「閻魔あい…?」




358 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 22:50:18.51

キュゥべぇ「閻魔あいどうやら魔法少女になる決心はついたようだね?」

あい「…えぇ」

人面蜘蛛「あい。お前の罪の大半を償った。例え、浄土へ行ったとしても私の止めるところではない」

キュゥべぇ「閻魔あい。一つ提案なんだが君が魔法少女になったら全知全能の神になることだって可能だろう。例えば、地獄という概念そのものを消してしまうことさえも」

人面蜘蛛「!?」



359 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 22:54:15.74

キュゥべぇ「もし、地獄という概念そのものが消滅したら地獄少女としての任は当然解かれるだろう…。悪い話ではないよね?」

人面蜘蛛「インキュベーター貴様寝返る気か!!?」

キュゥべぇ「寝返る?例えこの場で円環の理たる鹿目まどかを観測しても直ぐに円環の理を克服出来る訳ではない。それに、仮に克服して新なエネルギーを得たとしても…。宇宙の寿命を伸ばすにはいくらエネルギーがあっても困ることはないよね?」

人面蜘蛛「貴様!!」



360 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 22:55:54.35

キュゥべぇ「さぁ、閻魔あい君の願いをいってごらん?君はどんな願いでソウルジェムを輝かせるんだい?」

あい「…私は…。あの世、この世、未来、過去数多の全ての世界から…。怨みや憎しみを消し去りたい…」

キュゥべぇ「!?そんな、そんな願いが叶うとしたら!それは時間干渉なんてレベルじゃない!因果律そのものに対する叛逆だ!君は本当に神になるつもりかい?!」

あい「神様だって何だっていい…。人の怨みや憎しみだけを繰り返す世界を私は変えたい…。さぁ、叶えてよ…インキュベーター…!!」ピカァーーン!!!!



361 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 22:56:50.62

~あいの家~

あいの祖母「あい…。行くのかい?」

あい「うん…。おばあちゃんごめんなさい…」

あいの祖母「いいんだよ…。い。あいが決めたことなんだから…」

あい「…ありがとうおばあちゃん」

あい祖母「あい。無理はするんじゃないよ」

あい「うん…。行ってくる」



362 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 22:57:46.51

~改編前の宇宙空間~

ほむら「ここは?」

キュゥべぇ「暁美ほむらどうして君がここに存在出来ているのかわからない…」

あい「………」

キュゥべぇ「だが、ここにいる以上は見届けようじゃないか。ーー閻魔あいという存在の結末を」

ほむら「あい!」



363 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 22:58:32.50

全にして一の魔獣「■■■■■!!!」

あい「本当に私の願いが叶ったのだとしたら…。私だってもう怨みの末路を見届ける必要なんて…。ない!!」

あい「闇に惑いし哀れな影よ人を傷付け貶めて罪に溺れる業の魂。ーーいっぺん死んでみる?」ピカァーーン!!!!バゴォーン!!!!



364 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 22:59:54.29

キュゥべぇ「閻魔あい。これで君の魂は始まりも、終わりもなくなった。この世界に生きた証も、その記憶も、もう何処にも残されていない。君という存在は、一つ上の領域にシフトして、ただの概念に成り果ててしまった。もう誰も君を認識できないし、君もまた、誰にも干渉できない。君はこの宇宙の一員では、なくなった」

あい「……そう」



365 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 23:00:39.32

ほむろ「あい…。どうして、貴女は私が藁人形の糸を解くのを止めたの?」

あい「……貴女と貴女の友達が私と仙太郎を廻り逢わせてくれたから…。永遠に逢えない私達を逢わせてくれた…。その恩を返しただけ…」



366 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 23:01:16.56

ほむら「じゃあ!貴女と仙太郎って人はどうなるの?貴女達はもう本当に永遠に廻り逢えない…。そんなの悲し過ぎるじゃない」ポロポロ

あい「……ありがとう。ほむら。その気持ちだけで十分よ。貴女達はそうならないように約束された誓いを…。出逢いを果たしなさい」



367 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 23:02:02.09

ほむら「ええ、貴女には最初から最後まで迷惑をかけ続けたわね」

あい「…受け取りなさい」

ほむら「これは?数珠?」

あい「そう。…これから貴女は私が作り変える世界で人生を謳歌し約束された出逢いを果たすのもいい…」

ほむら「そうね」

あい「あとは貴女が決めることよ…」



368 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 23:02:51.26

ー世界改編後ー

~あいの家~

一目連「お嬢の奴俺達を置いて逝っちまったな…」

骨女「まさか、世界そのものを作り変えちまうなんて…。お嬢らしいって言うか何と言うか」

山童「それにしても、どうして僕達だけお嬢の記憶を持ってるんでしょうね?」



369 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 23:03:38.13

輪入道「そいつはこれのお陰じゃねぇのか?」(蝶の装飾のある杖)

きくり「ぶぅーーん!ぶぅーーん!」
(蝶のハンドルの三輪車)

一目連「お嬢も今頃何処か遠くで俺達のこと見てるんだろうな」

骨女「だといいんだけどねぇー」



370 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 23:04:17.75

輪入道「何にせよ今の世界はお嬢が守った世界だ。俺達が守り続けなくちゃいけねぇな」

山童「そうですね」

きくり「あい!元気でねぇーっ!」フリフリ



371 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 23:05:44.49

~ビルの屋上~

少年A「僕はもう…。生きることに疲れたよ…」

少年A「死のう…」

キュゥべぇ「君は今命を絶とうとしているのかい?」

少年A「…未練がましくとうとう幻覚まで見えてしまうんだね」



372 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 23:06:27.12

キュゥべぇ「幻覚じゃないよ?僕はキュゥべぇ。君の望みを何でも叶えてあげられるよ」

少年A「望や希望なんてこの世界にはないよ…。仮にあったとしたら僕にはどんなデメリットがあるんだい?」

キュゥべぇ「魔人という化物と戦う使命が課せられるよ」



373 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 23:07:03.74

少年A「そっか…。戦って死ねるのか…。そっちの方がいいかもしれないね」

キュゥべぇ「じゃあ、僕と契約して魔法少年になってよ!」



374 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 23:07:57.12

~夜の見滝原高層ビル~

キュゥべぇ「ふうん、なるほどね。確かに君の話は、一つの仮説としては成り立つね。だとしても、証明しようがないよ。君が言うように、宇宙のルールが書き換えられてしまったのだとすれば、今の僕らにそれを確かめる手段なんてない訳だし、君だけがその記憶を持ち越しているのだとしても、それは、君の頭の中にしかない夢物語と区別がつかない」

ほむら「そうよね…」



375 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 23:08:51.21

キュゥべぇ「それにしても最近の魔人はどんどん魔力が増しているね」

ほむら「ねぇ、キュゥべぇ」

キュゥべぇ「なんだい?ほむら」

ほむら「貴方と魔人には何か深い関わりがあるんじゃないかしら?」

キュゥべぇ「……。魔人が落とすグリーフシードは僕達が浄化する必要がある。全く無関係とは言えないんじゃないかな?」



376 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 23:09:49.03

ほむら「そうよね…」

キュゥべぇ「質問はそれだけかい?」

ほむら「……。仮に貴女達が魔人というシステムでどのようにエネルギーを回収しても私達、魔法少女には関係のないことだものね」

キュゥべぇ「………」

ほむら(深紅の瞳)「だけれど、これだけは忘れないことね。人を呪わば穴二つ。あとは貴方達が決めることよ…」チリン


~fin~



377 : ◆ty.8YUvS8Q :2015/06/29(月) 23:16:52.57

御閲覧頂きまして誠に有り難うございます。

HTML化については鉛筆ラフ画にてクロスイラストを描いて載せたら行いたいと思います。

※ド下手な為、人前で乗せられるラフ画立った場合はHTML依頼を行います



379 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/30(火) 00:44:32.74

どうやら鉛筆絵も人様に見せられない位に訛ってしまったようです…。
あとかきをしたのちに依頼を出してきます。

~閻魔あい~
キュゥべぇと「怨み・憎しみ」を消し去りたいという願いのも魔法少女として契約。人間の負の感情から生まれる魔獣は、負の感情のなかでも色濃い「怨み・憎しみ」を消し去られたことによって『全にして一の魔獣』をあいが倒したことによって魔獣が存在しない世界へと改変される。
その後、魔法少女の間では『愛燐の理』と呼ばれる概念的そんざいとして奉られている。

~暁美ほむら~
閻魔あいより糸を解くことを止められ、円環の理である鹿目まどかとの約束された出逢いを果たすよう伝えられる。
また、改変直前の世界にて閻魔あいが地獄少女として地獄流しを行う際に使われる手首に巻き付ける鈴付の数珠を譲り受ける。
また、エンドシーンにて瞳の色が深紅に?それの示唆するものは?

~鹿目まどか~
円環の理として、今回の件を全て把握している。新な神となった閻魔あいとは仲良くなれるのだろうか…?

~御影ゆすき~
一番の不憫枠。現世にて今尚、死んだ事実をしらないまま自分が作り出した結界の中で生きている。原作とは違い閻魔あいより憑依されないためのこのまま。
あいの生まれ変わり設定にて「天愛燐神」の神魂の一片だが真実を知ったら地獄少女の道を選ぶのでは…。

~四藁~
平和。むしろ、妖怪なのに人助けしそうな勢い

~人面蜘蛛~
キュゥべぇに騙された枠。地獄少女にて地獄に堕ちる魂を増やして地獄のエネルギーを生成していた設定のため。地獄少女の創設者である閻魔あいの存在が抹消された為、地獄少女という存在すら出来上がっていない。故に、地獄のエネルギーは激減。また、愛燐の理にて怨み・憎悪は一定数を越えるとこの世界から消え去る為、現世の寿命を迎えた魂も地獄に堕ちにくくなった。

~キュゥべぇ~
損も得もしていない。
しいていうなら、二つの世界改変を越えたほむらから何故彼らは再び改変前の世界の真実を聞かされたのであろうか?
改変後では、魔人の落とすグリーフシードと魔法少女以外にも魔法少年?なるものの契約にも勤しんでいる?



380 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/30(火) 00:53:09.21

~円環組(まどか以外)~
インキュベーターからの円環の理の観測を退けさせ、更にほむらと地獄少女との契約を妨害出来たため大成功。
さやか、なぎさ、その他円環の理に導かれた魔法少女達で宴でもしているでしょう。

~魔法少女~
完全なるまどかマギらしさをかもち出す為のフレーバー。ただ、働きさせられただけなのである。改変後は魔人とかいう単体ボスと戦ってグリーフシードを集めるはめになる。




378 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/29(月) 23:37:47.59

閻魔あいの魔法少女の姿ぜひみたいです



元スレ
SS速報VIP:ほむら「地獄少女?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1433953940/