1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/07(火) 16:04:30 ID:cWp9kEOY


アムロ「いきなり何だ? シャア?」

シャア「いや、しばらく見ていなかったから新鮮に思ってな」

アムロ「というと?」

シャア「こう言っては失礼なのだが……」

シャア「まだキャラの口調が馴染んでいない感があってな」

アムロ「なるほど、そういう事か……」

アムロ「最終話を見終わったあと第一話を見ると」

アムロ「多少違和感があったりするアレだな?」

シャア「そういう事だな」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/07(火) 16:05:36 ID:cWp9kEOY


アムロ「誰が気になった?」

シャア「セシリア・オルコットだ」

シャア「一夏にデレた口調ばかり聞いていたせいか」

シャア「高圧的な態度や喋り方がものすごく気になる」

アムロ「わかるな」

アムロ「だが、そこが彼女の魅力でもある」

シャア「アムロはオルコッ党だったか」

アムロ「まあな」

アムロ「他に誰かいるのか?」

シャア「メインヒロインの篠ノ之箒もそんな印象だ」

シャア「何というか……思い切りが足りていない気がした」

アムロ「思い切り?」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/07(火) 16:06:34 ID:cWp9kEOY


シャア「あくまで私の主観だが」

シャア「こう……可愛いヒロイン『っぽさ』を出そうと」

シャア「やや控えめな感じに声のトーンを抑えている様に思えた」

アムロ「ほう? そうなのか?」

シャア「後半では一夏を殺しに来る感じの口調だからな」

アムロ「グーパンチに みぞおちトゥキックをしていたな……」

シャア「後は細かいが山田先生だな」

アムロ「サブキャラに?」

シャア「気にしすぎ、と言われたらそれまでだが」

シャア「落ち着いた感が無いように思えてな」

アムロ「山田真耶にそんなモノがあったか?」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/07(火) 16:07:13 ID:cWp9kEOY


シャア「言い方が悪かったな」

シャア「大人の女性、という感じがしなかったのだ」

シャア「何となく生徒っぽいと言うか……」

アムロ「本当に細かいな……」

シャア「アムロも見てみるか?」

シャア「録画が残っているが」

アムロ「では、俺も見てみよう」

―――――――――――

アムロ「…………」

シャア「どうだ?」

アムロ「……確かに違和感を感じるな」

シャア「だろう? ……だが」

アムロ・シャア「そこが面白い」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/07(火) 16:08:04 ID:cWp9kEOY


アムロ「アニメ作品に限らず、吹き替え洋画作品にも言えるな」

シャア「うむ」

アムロ「粗探しなどではなく」

アムロ「ああ、最初は苦労してたのかな、とか」

アムロ「まだキャラの特徴を掴んでいなかったのかな、という」

アムロ「言ってみれば成長の証のようなモノが見えた気がして嬉しくなる」

シャア「時折、にわか扱いする者もいるが」

シャア「全くの同感だ、アムロ」

アムロ「俺としては……主人公の一夏だな」

シャア「ほう?」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/07(火) 16:08:56 ID:cWp9kEOY


アムロ「最近でも中の人は、様々な作品で活躍されているが」

アムロ「やはり最初は手探りな部分が多いのだろうな」

シャア「というと?」

アムロ「俺個人の意見としては」

アムロ「もっと力強い声の印象があったのだが」

アムロ「どことなく一○ 楽のような口調に思えた」

シャア「ふむ……私はそう思わなかったが」

アムロ「まあ、あくまで俺個人の主観だ、シャア」

シャア「他には?」

アムロ「お前も言っていたセシリア・オルコットだな」

シャア「そうか。 アムロも感じたか」 クスッ

アムロ「やはりデレ口調に慣らされているのだろうな」 クスッ



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/07(火) 16:09:30 ID:cWp9kEOY


アムロ「あと……違和感ではないのだが」

シャア「む?」

アムロ「一瞬シャルロット・デュノアの声が聞こえた」

シャア「一瞬? 何を言っている、アムロ」

シャア「冒頭のシーンで彼女はしっかりと喋っていたではないか?」

アムロ「いや、そこじゃない」

アムロ「俗に言う『ガヤ』のシーンだよ」

シャア「ガヤ?」

アムロ「場面展開や雑踏などの音の事でな」

アムロ「数人でガヤガヤやっているシーンで彼女の声が聞こえたんだ」

シャア「本当か? 全く気がつかなかったが……」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/07(火) 16:10:15 ID:cWp9kEOY


アムロ「このシーンだ」

シャア「…………」

シャア「!」

シャア「おお! 聞こえた!」

シャア「私にも聞こえたぞ! アムロ!」

アムロ「ふふふ」

アムロ「こういうのを見つけるのも楽しいな」

シャア「まったくだな、アムロ」

     ハハハ…

アムロ「それにしても久しぶりに見ると やはりIS一期はいいな」

アムロ「先の展開は既に知っているが新鮮に感じる」

シャア「うむ……二期はアレだったからな」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/07(火) 16:10:54 ID:cWp9kEOY


アムロ「大方のファンが恐れる通りの結果になってしまった」

アムロ「なぜ監督をできると思ったのか……」

シャア「出来ればあの二期を無かった事にして」

シャア「一期のスタッフで作り直して欲しいところだ」

シャア「それもアニメオリジナル展開とかを」

アムロ「同感だ」

アムロ「この作品、何故かSS等の二次創作では名作が多いからな」

アムロ「いっその事、それを元にアニメを作って欲しいくらいだ」

シャア「私もそう思う……が」

シャア「世の中、いろいろな柵(しがらみ)があるからな……」

アムロ「ああ、分かっているさ……」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/07(火) 16:11:34 ID:cWp9kEOY


アムロ「そう言えば夏アニメもそろそろ放映され始めているが」

アムロ「何か気になる作品はあったか?」

シャア「今のところはクラ○ルーム・ク○イシスくらいかな?」

シャア「ケイ○スドラゴンには期待していたのが……」

シャア「あの展開で見る気が失せてしまった」

アムロ「あれは衝撃だったな……」

アムロ「俺個人は、下○タという概念が存在○ない退○な世界かな?」

シャア「……アムロはストライクゾーンが広いな」

アムロ「ダイ○ダラーや、もしかしたらハイスクDDのくらいに成長するかも」

アムロ「という期待を込めている」

シャア「ハイスクDDはまだしも ダ○ミダラーはキツかったな……」

アムロ「まあ、人それぞれさ」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/07(火) 16:12:25 ID:cWp9kEOY


アムロ「まだ夏アニメは始まったばかり」

アムロ「うしおととらは、かなりのクオリティだったし」

アムロ「意外な伏兵がこれから出てくるかもしれん」

シャア「春アニメだが、アル○ラーン戦記もなかなか面白いし」

シャア「確かにこれからだな」

アムロ「ああ」

シャア「では、そろそろ仕事に戻るか、アムロ」

アムロ「そうだな」

アムロ「IS、俺も録画しておこう」

シャア「ああ、また今度 語り合おう」



おわり



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/07(火) 16:14:57 ID:cWp9kEOY

この再放送で新規ISファン増えるかなー
増えるといいなー で、SSも増えるといいなー
しょうもない戯言でした。



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/07(火) 19:15:28 ID:e9cBSTVE



ところでシンフォギアについては言うこと無いのか?

局によってはまだっぽいが



元スレ
SS深夜VIP:シャア「ISの再放送が始まったな」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1436252670/



IS<インフィニット・ストラトス>2 ラブ アンド パージ 限定版 (ラウラ黒猫パジャマSDフィギュア、オリジナルサウンドトラック 同梱) 初回限定特典「ヒロインズ プリティープードルコスチューム」DLC同梱 &【Amazon.co.jp限定特典】「ヒロインズ イタズラキャットコスチューム」DLC付

新品価格
¥10,584から
(2015/7/8 16:08時点)