2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/16(木) 00:05:33.00

桃華「ちょっと、Pちゃま!どういう事ですの!?悠貴さんは?」ヒソヒソ

P「俺に聞くな!」ヒソヒソ

泰葉「?……どうかされましたか?」

P「ええーっと、泰葉今日は休みだよな?」

泰葉「はい」

P「何かあった?」

泰葉「…どうも家に居ても手持ち無沙汰で…。事務所に来れば誰かいるかな…と」

薫「かおるがいました!」

泰葉「うん。いたね」ナデナデ



3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/16(木) 00:06:05.08

P「うーむ…」

泰葉「その…やっぱりダメだったでしょうか…?」

P「いやいや!そんな事はないぞ!むしろ嬉しいくらいだし!」

桃華「ですが、これでは何もできませんわよ」ヒソヒソ

P「分かってるってば」ヒソヒソ

泰葉「?」

P「そういえば、来る途中に悠貴に会わなかったか?」

泰葉「悠貴さんですか?いえ…」

プルルルル

P「おっと。悪い、電話だ」



4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/16(木) 00:06:51.05

P「はい、CGプロで…」

悠貴『ぷ、プロデューサーさんっ!大変ですっ!泰葉さん、お家にいませんでしたっ』

P「だろうな…。今事務所に来てる」チラッ

泰葉「……?」

悠貴『えーっ』

P「どうもすれ違いになったみたいだ」

悠貴『そんなっ!どうしましょうかっ』

P「とりあえず戻って来てくれ。作戦を変更する」

悠貴『了解ですっ!』



5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/16(木) 00:13:42.97

泰葉「それで…悠貴さんがどうかしたんですか?」

P「いや、丁度さっき出て行ったから会わなかったかなー、ってさ」

泰葉「はぁ…?」

桃華「苦しい言い訳ですわね」ヒソヒソ

P「仕方ないだろ…」ヒソヒソ

桃華「ですが、泰葉さんが居ては準備しようにも出来ませんわよ」ヒソヒソ

P「そろそろ他の奴も来る頃だしな…」

泰葉「もしかして…私何かタイミング悪かったですか?」

P「い、いやいや!そんな事はないぞ!」アハハ

桃華「そ、そうですわ!」オホホ



7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/16(木) 00:14:13.73

泰葉「…薫ちゃん、何か知ってる?」

薫「うん!あのね、きょうはやすはちゃんのおた…もがっ!」

桃華「薫ちゃんっ!いけませんわ!」

薫「もがっ!」

泰葉「今日って………あっ」ポン

P「あちゃー」

桃華「泰葉さん、気付いてしまわれました…わよね」フゥ

泰葉「んー………ふふっ。桃華ちゃん、何の事?」

桃華「えっ?」

泰葉「今日が何の日かなんて、私さっぱり分からないな♪」ナデナデ

桃華「泰葉さん…」



8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/16(木) 00:14:53.47

泰葉「うーん。でも、なんとなくだけど、私席を外したほうが良いよね?」

桃華「もうぐだぐだですわね…」

薫「ご、ごめんね、ももかちゃん…」シュン

桃華「いえ、薫ちゃんのせいではありませんわ」ナデリ

P「うーむ…。よし!泰葉!」

泰葉「はい。何かお手伝いしましょうか?」

P「デートしよう!」

泰葉「はい…………ふへ?」

桃華「Pちゃま!?」



9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/16(木) 00:15:35.68

泰葉「えっ?あの?ぴ、Pさん
それって、その…」モジモジ

P「嫌か?」

泰葉「いえ、嫌というワケではなくて、むしろ…ただ、唐突すぎて…でも…」

P「って事で、一旦泰葉を連れ出すから後ヨロシク」

桃華「仕方ありませんわね。あとはお任せ下さいまし」

泰葉「あっ…そういう…」

P「さあ泰葉、デートだ!」

桃華「Pちゃま?」ジトー

P「じゃあな!」

桃華「お待ちなさい!…………ああ、もう…」

薫「せんせぇとやすはちゃんどこいったの?」

桃華「Pちゃまが少しの間泰葉さんを連れ出してくれましたのよ。さ、続きをいたしましょう」

薫「はーい!」



11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/16(木) 00:16:28.19

P「という訳で、泰葉何処か行きたい所はあるか?」

泰葉「あの…良かったんですか?」

P「ん?なにが?」

泰葉「ええと…時間さえ教えてくだされば、出直して来ますよ」

P「桃華に任せてれば大丈夫だろ。どうせ俺が居てもやる事ほとんどなかったし」

泰葉「でも…」

P「それとも泰葉は俺と二人きりは嫌か?」

泰葉「そ、そんな事はっ!……えっと、じゃあお願いします…」ペコリ

P「よしよし、それでお姫様のリクエストは?」

泰葉「そうですね……海に行きたいかも、です…」 

P「海か……ふむ。じゃ、折角だしちょっと遠出しようか」

泰葉「はいっ♪」



12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/16(木) 00:17:09.19

P「ところで…」

泰葉「?」

P「さっき薫がバラすまで今日が何の日か本気で忘れてただろ」

泰葉「はうっ…そ、そんな事はないです…よ?」メソラシ

P「まったく…」

泰葉「うう…。だ、だって、今までまともにそういうのやってきませんでしたし…その…」

P「しかも、せっかくオフにしてたのに、よりによって事務所に来るんだもんな」

泰葉「だ、だって…。それに、別に私はオフでなくお仕事でも、Pさんと一緒ならそれで…」ゴニョゴニョ

P「あー…。クリスマスにもそんな事言ってたな…」

泰葉「……変ですか?」

P「ん?俺は大歓迎だよ」

泰葉「そうですか?えへへ…」



13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/16(木) 00:17:43.70

悠貴「乙倉悠貴、もどりましたっ!」

桃華「あら、悠貴さん。おかえりなさいまし」

薫「おかえりなさいまー!」

悠貴「泰葉さんはっ?」キョロキョロ

桃華「先程Pちゃまが連れ出して行きましたわよ」

悠貴「そんなぁっ…。ううっ、せっかくいただいた任務すら満足に出来ないなんてっ…」ガクッ

桃華「まあ、今回は仕方ありませんわよ。代わりにこちらを手伝っていただけますか?」

悠貴「はいっ!乙倉悠貴、汚名挽回頑張りますっ!」

桃華「……汚名は返上するものですわよ」

悠貴「あれっ?」



14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/16(木) 00:18:13.18

乃々「うぅ…暑いんですけど…」

清美「ケーキ貰ってきました!」

桃華「ご苦労様ですわ…乃々さん、どうされましたの?」

乃々「もりくぼは夏の暑さに免疫がないのでもう一歩も動けないんですけど…溶けるんですけど…」

清美「これくらいの暑さでへこたれていてどうするんですか!まだまだもっと暑くなるのに」

乃々「むぅーりぃー」

桃華「ふふっ。ひとまずお二人は休んでいてくださいな」

乃々「そうしたら帰っていいですか?」

桃華「…泰葉さんのお誕生パーティーやらないつもりですの?」

乃々「うぅ…。し、仕方ないから手伝います…けど…」

桃華「うふふ」



15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/16(木) 00:18:50.43

清美「それにしても、行ってみてびっくりしたんですがこのケーキ屋って味もさることながら超☆高い事で有名な場所ですよね」

悠貴「わっ!本当ですっ!確かピースでも普通の倍以上する所ですよねっ」

桃華「あら?そうでしたの?」

乃々「も、もりくぼ達の場違いっぷりがすごかったんですけど…」

桃華「Pちゃまに一番美味しいお店を、と聞かれたのでご紹介したのですが…」

清美「それを2ホールも頼んでたんですから。プロデューサーがいかに泰葉さん好きかがよく分かると言いますか…」

薫「ほうせきみたいでおいしそうだね!」

桃華「そうですわね。ですが、泰葉さんが最初ですから我慢しましょうね」

薫「はーい!」



16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/16(木) 00:19:17.14

P「とうちゃーく、っと」

泰葉「ふふっ。潮の香りがします」

P「車停めてくるからちょっと待ってな」

泰葉「はい。……はぁ、いい風…」


P「お待たせ。じゃ、海岸に降りてみるか」

泰葉「はい♪」

P「の前に…」ポン

泰葉「ふわっ……帽子ですか?」

P「熱中症も日焼けも怖いからな」

泰葉「そうですね」エヘヘ



17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/16(木) 00:20:14.69

泰葉「うわぁ…!」

P「綺麗だなー」

泰葉「はい。いい天気ですし、絶好の海日和ですね。ふふっ。こんな事なら水着持ってくれば良かったです」

P「泰葉の水着か…」フム

泰葉「あっ!想像しちゃダメです!恥ずかしいです!」

P「自分から言っておいて…。そもそも見た事ない訳じゃないだろ」

泰葉「お仕事とプライベートは違うんです…!」

P「そんなもんか?」

泰葉「そうなんです。……あの、靴持ってて貰ってもいいですか?」

P「ん。良いよ。服は?」

泰葉「へ?服?………あっ!もう!へんたい!」ポカポカ

P「あっはっは」



18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/16(木) 00:21:52.06

泰葉「Pさーん!冷たくて気持ちいいですよーっ!」パチャパチャ

P「はいよー!あんま濡れないようになー!」

泰葉「はーい♪」

P「無邪気にまぁ…。お、桃華からメール。……ふむ、一先ずは順調か。…夕方くらい、ね…」

泰葉「………」ムゥ

P「了解、っと……」

泰葉「PさんPさん」テマネキ

P「?」

泰葉「ふふっ。えいっ!」バシャッ!

P「うぷっ!泰葉!?」

泰葉「ふふっ。余所見しちゃダメですよ?………デート、なんですから」

P「お、おう」キュン



19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/16(木) 00:22:22.81

葵「桃華ちゃーん、料理こんなもんでいいかなー?」

桃華「ええ。これだけあれば足りるかと。ありがとうございますわ」

葵「なんのなんの。泰葉さんの為だからね。まだまだイケるっちゃ!」

桃華「うふふ。料理にケーキに、飾り付けももう少し。順調ですわね」

葵「泰葉さん、驚いてくれるかな?」

桃華「あー…そう、ですわね」アハハ

葵「?」

桃華「ところで、茄子さんはどちらに?」

葵「ああ、うん。しばらくは一緒だったんだけど…。ふらっと何処か行っちゃった。まあ料理は出来てるみたいだから良いかな〜、って」

桃華「それならば。……見事な茄子尽くしですわね」

葵「ねー。凄いよねー。あたしでもこれだけ思いつかないっちゃ」



20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/16(木) 00:22:51.36

茄子「じゃあいきますよ」

悠貴「はいっ!」

茄子「ほっ!」

悠貴「よっ!ほっ!はわっ!っと、あーっ!」ガシャーン

桃華「ちょっ!?何してますの!?」

悠貴「はいっ!汚名…返上?の為に茄子さんと皿回しの特訓をっ!」

桃華「はい?」

悠貴「ですが、傘とはまた違ってなかなか上手くいかなくてっ…」

茄子「うふふ。初めてにしては上手ですから、きっと何とかなりますよ〜♪」

悠貴「本当ですかっ!」

茄子「ナスチャン、ウソツカナイ」

桃華「なんでカタコトですの…。あと、貴女はカコさんでしょう…」

茄子「自分で言うのは良いんですよ〜。さあ、悠貴さん、もう一回!」

悠貴「はいっ!師匠っ!」



21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/16(木) 00:23:43.26

晶葉「うーむ…」

桃華「どうされましたの?」

晶葉「いや、どうもウサちゃんロボバースデイバージョンの調子が悪くてな…」

「ヴ…ヴザ…ザ…」ガガガガガ

桃華「大丈夫ですの?」

晶葉「まあ、この天才に任せておけ!本番までには何とかするさ!」アッハッハッ!

桃華「心配この上ないですわね…」

千鶴(……このパーツなんだろう…)

「ヴザザザザザザ!」ピーガギガギガギ

晶葉「あっ!こら!待て!」

桃華「頼みますわよ…」



22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/16(木) 00:24:23.08

泰葉「はぁ〜…。楽しかった…」

P「まったく。すっかりずぶ濡れじゃないか…」

泰葉「楽しかったので、つい…」

P「こりゃ乾いても匂い取れないぞ…」クンクン

泰葉「でも、Pさんだっていっぱい水かけてきたじゃないですか…」プクー

P「うっ…。若干童心に帰ってしまった感は否めないが…」

泰葉「ふふっ。おあいこです」パチャ

P「こらっ、また!…俺は事務所に替えがあるから良いけど…」

泰葉「別に私はこのままでも…」

P「この後それで行くつもりか?」

泰葉「この後?……………あ。ど、どうしましょう!?」アワワ

P「この子は…」



23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/16(木) 00:25:10.46

P「粗方乾いたか…?」

泰葉「ですね……ただ…」クンクン

P「やっぱり匂うよな…」

泰葉「あの、恥ずかしいのであまり近づかないでくださると…」

P「んー?」クンクン

泰葉「やっ!ダメです!かがないでください!」

P「俺としては泰葉の匂いなら何でも来いだけど、それとこれとは別問題だしなー…」

泰葉「えっ?今なんて…」

P「まだ少し時間あるし…よし」

泰葉「?」

P「戻る前にちょっと寄り道しようか」

泰葉「?………はい」



24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/16(木) 00:26:35.19

泰葉「あの……Pさん…」

P「どうした?入るぞ?」

泰葉「ここって…?」

P「流石にそのままじゃアレだからな。服買おうかな、って」

泰葉「いえ…それはそうなんですが…どう考えても私のお小遣いじゃ無理なお店と言いますか…」

P「?……ほら、いいから入るぞ」グイッ

泰葉「きゃっ!」

「いらっしゃいませ…」

P「どもー」

泰葉「あ、これ可愛い………えっ。何この値段…いちじゅうひゃく……む、むーりー…」

P「………で………なんで………を……」

「かしこまりました…」

P「泰葉ー」チョイチョイ

泰葉「は、ひゃいっ!」ビクッ

「それではこちらに…」

泰葉「えっ?はい…えっ?」



25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/16(木) 00:27:12.01

「いかがでしょうか…」

泰葉「は、はい。ぴったりです…けど…」

P「カーテン開けるぞ」

泰葉「はい…」

シャッ

P「おー」

「よくお似合いでございます…」

P「うんうん。流石ですね。泰葉はどうだ?」

泰葉「その…デザインも素敵ですし、淡いブルーのグラデーションも綺麗ですけど…」

P「じゃ、決まりだな。これください」

「かしこまりました…」

泰葉「いえ、ですが私今日は手持ちが…」

P「?………ああ。心配しなくても俺が出すって」



26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/16(木) 00:28:16.04

泰葉「や、やっぱり悪いですよ。このドレス、凄いお値段ですし…」

P「いいんだよ。どうせ金なんて持ってても自分の為なんてほとんど使わないし。半分はお前らが稼いでる物だし」

泰葉「でも…」

P「泰葉!」

泰葉「は、はいっ!」ビクッ

P「今日は泰葉にとってどんな日だ?」

泰葉「それは…」

P「な?それとも俺からのプレゼントなんて嫌か?」

泰葉「そんな事は…!」

P「じゃあよし!さて、次は……靴かな」

泰葉「へ?いえ、そこまではいくらなんでも…」

P「だから遠慮すんなって…」

泰葉「これは遠慮とかでは…」



27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/16(木) 00:28:42.08

桃華「ふむ……皆様、そろそろ泰葉さんが来ますわよ!」

葵「料理はバッチリだっちゃ!」

清美「ケーキも万端です!」

乃々「うぅ…緊張して胃が痛いんですけど…」

千鶴「わ。分かるかも、それ…」

桃華「なんで貴方達が緊張してますの…」

悠貴「な、なんとか完成しましたっ」

茄子「うふふ。バッチリでしたね♪」

晶葉「ウサちゃんロボバースデイバージョン始動!」

「ウッサー!」ピョン

薫「えへへ。やすはちゃん、よろこんでくれるかな?」

桃華「ええ。勿論ですわ」ウフフ

ピリリ…

桃華「……来ましたわね。さあ、皆様、クラッカーの準備を!」



28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/16(木) 00:29:31.25

泰葉「うう…。なんだか衣装に着られてる感じです…」

P「似合ってるから大丈夫」

泰葉「あっ…Pさんも着替えたんですね…」

P「まあな。…因みに俺からはまた別にプレゼントあるから安心しな」

泰葉「ええっ!?まだあるんですか…!」

P「なにかは内緒だけど……」

P「さあ、泰葉」

泰葉「はい?」

P「驚く準備は出来てるかな?」

泰葉「……すいません。少しだけ…。どうも心が浮ついてしまって…。顔がにやけてしまいます…」

P「ははっ」

泰葉「……うん。大丈夫です!」

P「よし。じゃあ、開けるぞー!」

泰葉「はいっ♪」



おめでとう!



29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/16(木) 00:31:54.97

以上、読んでくださった方ありがとうございました!
泰葉誕生日おめでとう!おめでとう!
やっぱり二日で書き上げるのは無理がありました…
それにしてもまさか17秒も遅れるとは…!



元スレ
SS速報VIP:岡崎泰葉「サプライズ?バースデイ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1436972417/