SS速報VIP:【艦これ】女神「この娘が私の担当艦娘ですか…」【たまに安価】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1436776268/



1 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/13(月) 17:31:08.84

キャラ崩壊あり 独自解釈あり 独自設定あり オリキャラあり

安価メチャクチャ少ないし最初の方はないです。

遅筆です。




女神「この娘が私の担当艦娘ですか…」ハァ…

伊良湖「あのぅ… 貴女、何モノですか? まさか!!新手の深海棲艦?」

女神「あぁ、えーっとですね…」

………………
……………
…………

上司女神「貴女は色々やらかしてくれていますので、一度 地上に堕天して色々な勉強をし直して来なさい!」

女神「あのぅ… やっと、謹慎がとけたところなんですが…」

上司女神「女神の力を乱用した罰です! 早く行きなさい!」

女神「で、地上で何をしろと?」

上司女神「貴女は何の神ですか?」

女神「はい、応急修理女神ですが?」

上司女神「じゃあ、一人の艦娘に取り憑いて、地上で少し研修して来なさい!」

女神「いつから行けばいいんですか…?」ダルイカラ ライシュウカラデイイ?

上司女神「今から、とっとと、逝きなさぁい!」キィィィーーク! ゲシィッ!

女神「ぬぅわわわぁぁぁぁーーー!?」


べ タ ー ー ン … !!


上司女神『無事、到着した様ですね?』

女神『はぁ、まぁ… で、取り憑く艦娘とは?』イテテ…

上司女神『目の前にいるでしょう?』

上司女神『因みに、自分の素性は、あかさない様にして下さいね?
バレた瞬間から、神を生け捕りにして天界の様子を探ろうとする輩からの「ふぁいやーうぉーる」が作動しますのでソチラからの交信が出来なくなりますので!』

女神『はい はい わかりましたよ~…』


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1436776268



2 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/13(月) 17:32:57.35

上司女神『「はい」は、1回! 雷落としますよ?』

女神『イエス マム!!』

女神(女神ってバレたら駄目なんだよね?)
「えーっと… 貴女の艤装内部にいる蒟蒻製造妖精です!」アセアセ!!


伊良湖「艤装内部の妖精? 聞いたコトないです… ぁゃιぃ…」

女神「いや、貴女の艤装の中で働く船員妖精の一体だと思ってくれれば良いです…ほら、ヨウカン作ったり蒟蒻作ったりする作業員?」


伊良湖「そうなんですか?でも、何で妖精さんが外にいるんです?」

女神「いや、チョット艤装の中が退屈だったので外に出てみました。」オドオド…

伊良湖「他の妖精さん達は、こんなに、人間大の大きさじゃないですよ… それに空から堕ちてきたみたいに見えたケド…」


女神「わ、私は特別な妖精でして…」アセアセ

ド ロ ン !!

女神「ほら、妖精大の大きさに戻りましたよ~… 堕ちてきた様に見えたのは、きっと気のせいです…」アハハハハ…


伊良湖(大工の女棟梁みたいなカッコだなぁ?)「ふーん? あやしい けど、まぁ いいか…」

女神「ところで、何処かに行く途中の様に見えたのですが?」

伊良湖「あぁ、今から砲撃の練習に行く途中だったんです…」

女神「ん?だって、貴女は、給糧艦でしょう? 戦いは、しないはずじゃないの?」


伊良湖「えぇ、深海棲艦には効きませんが、一応、月に何回か射撃の練習があるんです …って、貴女、私の艤装内にいるのに知らないの?」

女神「あっ、いや、私はつい最近 配属された妖精でして、あまり詳しいコト知らないんです ゴメンなさい…」オドオド アセアセ



3 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/13(月) 17:34:34.75

伊良湖「何か、ヤッパリあやしい!! 憲兵さんを…」ケンペイサーン…

女神「ゴメンなさいゴメンなさい 私、新しく配属されたばかりで蒟蒻製造妖精さん達の輪に入れなくて寂しいんです!」アワアワアワ…

伊良湖「だいたい、本当に蒟蒻作ってるんですか?」ジトー

女神「お願いしますぅ… 信じてくださぁーい… 作った蒟蒻はありまぁす!」ウルウル…

伊良湖「おかしな素振りを見せたらわかってますよね?」ウーン…

女神「信じて頂けますか?」コクコク…

伊良湖「憲兵さんを呼ぶどころか、微塵切りにして、夕食に用意するお魚さん達のエサにしますよ?」

女神(くぅ… 神を脅すとは、良い度胸ですが… 正体がバレると、そっちの方が面倒臭いですね…)
「はい!!わかりました! それより、早く演習場に行かなくて良いのですか?」


伊良湖「はっ!? いけない!隣りの鎮守府から来て貰ってる利根さんに怒られちゃう!」

女神「ほらほら、急ぎましょう!」

伊良湖「妖精さんも艤装内に入るんでしょう?」

女神「あー、そうですね 頑張って蒟蒻作ります!」

………………
……………
…………
-演習用波止場-
利根「来るのが、おそいのじゃ!」プンプン

龍驤「まぁ、そない怒らんでも、ええやんか…」ニコニコ

伊良湖「すみません… 艤装つけて、今から演習場に出ます…」アセアセ…

女神『とりあえず、航行と的当ての訓練みたいね』

伊良湖「ば、抜錨します!」ワタワタ…

利根「まずは、射撃じゃ!」

伊良湖「はい!」

龍驤「まぁ、気張らんと頑張りやぁ?」フワァ-…



4 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/13(月) 17:35:59.21

-艤装砲塔内-
「撃ちーかたーはじめー」

砲術長妖精「てーっ!!」

ドドーン!

砲術長妖精「弾込め 急げ!」

砲術士妖精「あっ!!」
ガコガコッ…

砲術長妖精「バカモノー!! 弾を落とすとは、どういう精神をしてるんじゃー!!」

砲術士妖精「すいませんでしたー!!」

女神「アラアラ、まぁ、注意しないとね?」ウフフ…(いざ、何かあって、轟沈のピンチになったら応急修理してあげるし頑張ってね?)

砲術士妖精「蒟蒻妖精さんも大変失礼しましたー!」

女神「大丈夫よ!」ヨシヨシ

砲術士妖精「ありがとうございます!」エヘエヘ

砲術長妖精「撃ち方ヤメ!」

砲術士妖精「訓練終了の様ですね?」

砲術長妖精「ふむ、一安心だな…」

女神(練度は低い様ね…まぁ、前線にはでないから大丈夫でしょうけど…)

…………………
……………
………


利根「まぁ、給糧艦だし、こんなものかのぅ…」フム…

龍驤「弾幕が張れりゃええんやって…」ノビー…

伊良湖「ず び ば ぜ ん …」ゼエハァ ゼエハァ…

龍驤「自分?めっちゃバテバテやなぁ? 利根ちょいと休ませたりぃ?」アハハハ…

利根「まぁ、いいじゃろぅ…」

伊良湖「龍驤さん すみません…」ハァハァ…

龍驤「ん…、ドンマイ!」

利根「まぁ、給糧艦は、基本戦わないから航行が大丈夫なら大丈夫じゃ!」

伊良湖「はい!頑張ります!」

…………………
………………
……………



5 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/13(月) 17:37:23.92

女神「お疲れさまです!伊良湖さん!」

伊良湖「あ、蒟蒻妖精さんもお疲れさまです…」

女神「航行上手いじゃないですか?」

伊良湖「あっ、ありがとうございます!」

女神「まぁ、マッタリやりましょうよ?龍驤さんもそう言ってたじゃないですか?」

伊良湖「その龍驤さんですが、この後、一緒にご飯を食べに行くコトになってるんです!」

女神「えっ? 伊良湖ちゃんが作るんじゃないの?」

伊良湖「毎日三食作るのは、ちょっと疲れます!」

女神「あー、そうだよねぇ…」

伊良湖「一緒にどうですか?」

女神「えっ?私?でも、蒟蒻妖精だからお金ないし…」

伊良湖「大丈夫です!ここの鎮守府のつけで食べに行けます!」

女神「そっ、そうなの?じゃあ、お邪魔しようかな?」

………………
……………
…………
-鎮守府外道-
龍驤「きみィ… 誰?」

女神「うわっ!はい、私 伊良湖さんの中で蒟蒻製造に携わっている 蒟蒻妖精です!」ケイレイ

伊良湖「何か、特別な妖精さんで人間大になれるみたいなんです?」アセアセ…

龍驤「ふーん… 何かあやしぃな?」ジロジロ…

女神「えっ、あのその…」タジタジ…

龍驤「それ、パッドやろ?」

女神「えっ?」

龍驤「体に不釣り合いなんや、自分のソレ…」ムネジロジロ…

女神「いや、ほっとけよ!」パッド デワルイカ?

伊良湖「まぁまぁ、行きましょう?」

龍驤「ん!ほな行こか?」

伊良湖「龍驤さん 何か嬉しそう…」

女神(ちっ!神を冒涜する罰当たりが!)「そうですね… 行きましょう…」ムスゥ…



6 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/13(月) 17:39:21.54

龍驤「ここの店や! シースー!ええやろぅ?」

女神「ほぉ、[プロの寿司職人が握る本物の味]とありますねぇ… 流石に気分が高翌揚します!」

龍驤「加賀あたりは、言うやろな…いつも請求書見んの こわなる…」

伊良湖「さあさあ、入りましょう!」

イラッシャイマセ-!
女神「皿が回ってますね?」

龍驤「いつもより、多く回っております~♪ってな… まぁ、食わんコトには、わからんし 座ろや?」

女神「あっ!マグロ美味しそう!」

伊良湖「そうですね… あっ、ちょっと御手洗いに行ってきます!」

龍驤「はよな?」

伊良湖「はーい!」

………………
……………
…………

ジャバ-ゴポゴポ…
伊良湖「ふぅ…手ぇ洗ってっと…」

ジャバジャバ…
伊良湖「んっ!?求人広告ですね… 蒟蒻妖精さんお金ないって言ってたし、後で教えてあげようかな?
[調理パート募集中!誰にでも出来る簡単な仕事です!]か… 寿司握ったことない人でも大丈夫かな?電話番号を一応…」メモメモ

伊良湖「さて!プロの寿司職人の味楽しみですぅ!」

龍驤「おーい! コッチやコッチ!」

伊良湖「はいはーい!」

女神「はい、お茶作作っておいたよ!」

伊良湖「ありがとう蒟蒻妖精さん!」



8 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/13(月) 17:41:20.74

龍驤「ほんなら、アレを大きゅうする方法を話題に食べよか!」

女神「なるほど、興味深いですな! では、私から、ある、メイドタイプの妖精が話していたんですがね、レタスやキャベツを一日一玉食べると良いと聞いたんですが…」

龍驤「それは、アカン とても食いきられへん 飽きる!」

女神「ですよねぇ…」

龍驤「まぁ、ええわ…で、君ぃサイズいくつや?」

女神「なっ!?そう言うのは、自分から言うのが礼儀でしょう!」

龍驤「君ぃ… ヤッパ、あやしいし憲兵につき出そか?」

女神「ぐぅ…」(神を脅すか?この罰当たりが!)

龍驤「どないする?」ニコッ

女神「くっ!!私の評価はAプラスです…」

龍驤「何 論文の高評価みたいに言うてんねん!」ケタケタケタ…

女神「貴女は、どうなんですか?」ムッキー!

龍驤「え… Aゃ」ボソボソ

女神「ちょっと、聴こえない 『ええんや』 とか自分は言わないつもりですか?」

龍驤「いや、だから… Aゃ…」ボソボソ

女神「全然良くない!私はちゃんとAって言いました!!早く!」

龍驤「Aやぁぁ!! どっからどう見てもAやろ! オドレの目ぇは、節穴かぁぁ!!?」ウガー

伊良湖「二人ともやめて! 二人ともライフポイントが轟沈寸前よ!」



9 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/13(月) 17:43:05.50

-波止場-
ジャリッ…ジャリッ…
利根「ヤッパリ波止場におったか…」

龍驤「ん…」


ザザーン…ザザーン…

利根「今日の訓練は、全て終了したぞ…」

龍驤「……」


利根「待ちたい気持ちもわかる…じゃが、夜は冷える これ以上は体に毒じゃ…」


龍驤「真っ黒な夜の海を見てると、なんや 吸い込まれそうや…」

利根「……」


龍驤「あの人が任務に出ていった日からウチはこの場所から動かれへん…ウチだけ時が止まってる…」

利根「……」


龍驤「なぁ…見てや…この指輪…綺麗やろ…」

利根「前任の提督から貰ったヤツじゃな……」



龍驤「なぁ、利根? あの人いつになったら帰ってくるんやろぅ…もう気ぃ狂いそうや……」

利根「……」



龍驤「約束の関西弁、いつまで喋らなアカンのやろぅ…」ノソォ……

利根「龍驤、お主…」



龍驤「いっそのコト、このまま海に……」フラァッ!!

利根「龍驤、駄目じゃ!」ガシィ!


龍驤「なんや、利根? ウチかて艦娘や、海に身ぃ投げても簡単に沈めへん… 安心し…」フフフ…


利根「泣きたい時もある… いつでも、胸を貸すぞ…」

龍驤「おおきに、ありがとぅな… でも、固い平らな胸じゃ、借りても、痛ぅて、涙がでそうや…」コツン…


利根「お主に言われたくないのじゃ!」ナデナデ…

龍驤「……」ウッ…グスグスッ…

利根「……」ナデナデ…

龍驤「いつも、気にかけてくれて ありがとぅな?」グスグスッ…


利根「吾輩のいない時に変な気をおこさぬ様にな…?」

龍驤「阿呆… 一人でも大丈夫や…」



12 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/13(月) 20:57:44.80

女神「ふわぁ……」コシコシ…

伊良湖「おはようございます!」

女神「あれっ? ここどこだっけ…?」

伊良湖「ちょっとちょっと、しっかりして下さいよぅ… 昨日、鎮守府に戻ってから艤装の中に戻りたくないって、駄々こねたのもう忘れたんですか?」

女神「あっ! そうだった!ここは、伊良湖ちゃんのやってるお店だった!」

伊良湖「はい!甘味処間宮2号店です!」

女神「いやいや、つい甘えてしまって、すみません!」

伊良湖「別にいいですよ… 私も一人で寂しかったですし…」

女神「そう言って頂けると安心します!」

伊良湖「さて、私は、ここの鎮守府の提督さんに朝御飯を持って行きますので、ユックリしていて下さい。」

女神「うん、わかった!」

伊良湖「朝御飯はアチラの部屋に用意してありますので、では行ってきます」

女神「行ってらっしゃーい!」

………………
……………
…………

女神「伊良湖ちゃん 遅いなぁ… 朝御飯食べたら暇になっちゃった…」

ゴロゴロ…

女神「…そう言えば、謹慎前に上司女神から玉手箱を貰ってたっけ?」
(すぐに開ける様に言われてたけどなんだったんだろう… 確かここらへんに…)

イジゲンポケット ゴソゴソ…

女神「あったあった… 二ヶ月前のだから生モノとかだと腐ってるよねぇ… 開けるの怖いけど、しょうがない…開けてみるか…」

パカッ…
ボフン モクモクモク!!

女神「ちぃ!!あのクソばばあ、ヤッパリ罠か! もし、老け顔に整形されてたら、上司でも亡きモノにしてくれる!」ゲホゲホ…



13 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/13(月) 21:11:25.14

カガミ ヲ オソルオソル ミテ…

女神「あれっ? 何ともない…? 玉手箱の底に手紙がある… 何々?」

-女神へ-
貴女のコトだから、謹慎中にまた女神の力を乱用するでしょう…

そこで、私は考えました。

この手紙を読んでいるというコトは、煙を浴びていると思います… あの煙には、貴女の応急修理の能力を一時的に封じる力があります。
二ヶ月の謹慎中、大人しくしていなさい。

上司女神より


女神「ちょっと待て!今、応急修理の能力が封じられたら… 伊良湖ちゃんが沈んだらどうなるんだ…? いや、神々の話では伊良湖ちゃんは絶対に沈まない様に設定されているはずだけど…」アセダラダラダラ…

女神(こうしちゃいられない!!)

女神『上司女神様!もしもーし?』

上司女神『……』

女神『上司女神様ぁ… おーい!』

上司女神『……』

女神『おい クソババァ!』


ビ ッ シ ャ ー ン !!


女神「落雷だ…と… 人間なら死んでるぞ…」プスプス…

上司女神『フワァー… 大きさ音がして目が覚めてしまいました… アレッ?痴漢撃退様の雷が作動しているわ…?』ナゼカシラ?

女神『…!…!!……?』プスプス…

上司女神『これ?女神や何かありましたか?寝ていて気づきませんでした』

女神『寝てないで、ちゃんと呼び掛けに答えて下さいよぅ…』

上司女神『睡眠はキチンと取らないといけませんよ! 寝不足こそが、肌荒れの原因です!』フンス

女神『さよですか… あっ! それより、聞きたいコトがあるんです!!』

上司女神『何ですか?』



14 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/13(月) 21:32:23.23

女神『例えばなんですが、この前、頂いた玉手箱の中の煙を浴びた状態でぇ…、艦娘に乗ってたとしてですねぇ…』

上司女神『はい…』

女神『艦娘と沈んだらどうなりますかねぇ…』

上司女神『まぁ、あの呪いの煙自体は、さほど効力が強くないから、乗船している艦娘に対して応急修理の力が自動発動してしまうでしょうね…』

女神(何だ応急修理の力 使えるんじゃん 心配して損したわぁ…)

上司女神『まぁ、術者である貴女は完全消滅して無に返りますけどね…』

女神「えっ!?」

上司女神『そりゃ、私の呪いをはね除ける力は、貴女にとっては、強大ですからね…貴女の存在を消し飛ばすくらいの力がなければ、封じられた力は使えません…』

女神「えっ…あの…充分に呪いの効力強いんですが?」

上司女神『普通ならば、封じられた力を使う前に気絶するでしょう… ただ艦娘に乗っている時は、話は別ですよ…』オート キノウ ガハツドウシマスノデ…

女神『あの…無に帰るとは… 天界に戻ると言うコトでは、ありませんよね?』

上司女神『はい!そのままの意味合いです 何でもない[無]です! 存在自体がなくなると言うコトです…』

女神『神も滅ぶのですか?』

上司女神『まぁ、過去には、チェーンソーで真っ二つに斬られて消滅した神もいますからねぇ… それを滅ぶと言えば滅ぶんでしょうねぇ…』

女神『あの…私…天界に用事があったのを忘れてました!! 一度ソチラに返して貰えませんか?』



17 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/13(月) 21:57:17.80

上司女神『困りましたね… 貴女は、どう足掻いても今は、天界に戻れないのです 堕天した今 本当の神の力を取り戻すのに4ヶ月はかかります…』

女神『すぐに帰る方法はないのですか?』

上司女神『応急修理の能力が発動すれば、すぐに帰れますが、わざと艦娘を沈める真似をしてみなさい? 私が貴女を無に返しますよ?』

女神『はい…』

上司女神『やり忘れたコトとは、何ですか? かわりに私がしましょう…』

女神『いえ、たいしたコトじゃないです…』

上司女神『そうなんですか? それでは、私はそろそろ出張がありますので失礼しますよ?』

女神『はい…』

上司女神『それでは、また四ヶ月後にね!』バイバイ

女神(ダメコンの女神じゃなくてダメな女神…駄目神になってしったぁぁぁ……
ま、まぁ 2ヶ月間、伊良湖ちゃんが沈まなければいいだけの話だし…… 伊良湖ちゃんは、前線に絶対に立たないから大丈夫!!! 大丈夫だよね… きっと…)
………………
……………
…………

伊良湖「ただいまぁ!」

女神「あ、おかえりなさい…」

伊良湖「どうかした?顔が青いけど?」

女神「ん? 大丈夫… と、ところで、今日の予定は?」

伊良湖「今日の午前中は、昨日の射撃訓練の続きがあります」

女神「あぁ、利根さん むこうの鎮守府に今日、帰るんだっけ?」

伊良湖「はい!」

女神「じゃあ、演習場に行きましょう?」

伊良湖「そうですね!」



24 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/13(月) 22:37:51.19

女神「ん?その持ってるもの何?」

伊良湖「伊良湖特製のモナカです! 利根さんにお土産の品を渡したくて!」

女神「おぉ!この最中、アンコの他にギュウヒも入ってる!美味しい!」パリパリ モシャモシャ…

伊良湖「はい、求肥を加えてみました… って、食べちゃダメですよぅ!」

女神「最中とか求肥って読み難しいよね…」ゴチソウサマ…

伊良湖「まったく… じゃあ、演習場に行きましょう?」アタラシイ モナカ ヨウイオッケー

女神「よし、利根さんのところに行こう!」ツイ タベチャッタ ゴメンネ

伊良湖「はい、頑張って行きましょう!」
………………
……………
…………

利根「ん!今日は遅刻しなかったな?偉いぞ!」

伊良湖「はい!ヨロシクお願いします!」

女神「まぁ、マッタリやりましょう!」

利根「お主は、誰じゃ?」

女神「あっ!はい!私、伊良湖ちゃんの中で蒟蒻製造を担当している 蒟蒻妖精であります!」ケイレイ

伊良湖「何か特別な妖精さんみたいで、人間大の大きさにもなれるみたいです」

利根「あぁ、龍驤から聞いてるヤツか… 確かに…おかしいな…」ジロジロ

女神「ぼ、ぼくは、悪い妖精じゃないよ?」プルプル

伊良湖「どこかのゲームに出てくるスライムみたいな発言は、余計あやしいですよ…」

利根「ヤッパリ、パッドはやめておけ… 見るやつが見ればすぐにバレるぞ!」

女神「そのネタやめようよ…」



25 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/14(火) 00:27:56.80

利根「まぁ、とりあえず、射撃訓練から始めるとするかのぅ…」

伊良湖「頑張ります!」

女神「んじゃ、艤装の中に入りますかね?」パシュン…

利根「おぉ!艤装の中に吸い込まれていった!」

伊良湖「じゃあ、抜錨します!」

利根「よく狙って撃つんじゃぞー!」

伊良湖「砲撃開始します!」

ドドーン!

利根「夾叉じゃ! 次!」

伊良湖「はい!」
カチャッ…カチャッカチャッ…

伊良湖「あれ?弾出ない?」

利根「次弾装填遅いぞー!」

伊良湖「ひーん ごめんなさーい! 撃ちまーす!」ドドーン!

利根「ハズレ! 次!」
…………………
………………
……………


-艤装砲塔内-
「撃ちーかたーはじめー」

砲術長妖精「てーっ!!」

ドドーン!

砲術長妖精「弾込め 急げ!」

砲術士妖精「あっ!!」
ガコガコッ…

砲術長妖精「バカモN

バ ッ カ モ ー ン ! !

女神「何をしとるかぁ!」ベチーンバチーン!

砲術士妖精「ブベラ!?」

女神「万が一、弾薬が何らかの衝撃で爆発しようもんならどないすんねん? みんな死んでしまうやんか? わかっとるんか ワレ? 聞いとるンか? ドタマかちわって脳ミソ吸出したるぞコラッ!」

砲術長妖精「……」ガタガタガタガタ…

女神「えぇい! ワシに弾かさんかぃ! ほら、装填したで、ジャンジャン撃たんかいぃ!?」

砲術長妖精「…っ te

う て え ぇ ぇ !!

女神「遅いわ!コラッ! えーい、ワシが全部やるっ!」



26 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/14(火) 00:30:46.82

………………
……………

利根「驚きじゃ… 途中から射撃の早さ精密さが格段に良くなっとったぞ…」

伊良湖「そ、そうみたいですね…」

利根「これなら、射撃も心配いらん! 安心して帰れるぞ! 良く頑張った!」

ボフン ドロンパ!!

女神「伊良湖ちゃん お疲れ様!」

利根「おぉ!艤装から飛び出してきた!!」

女神「利根さんもお疲れ様!」

利根「ぐぅ、お主の出現時の煙に目がやられたぁ… 目がしみるのじゃあ…」ゲフゲフ

女神「ちょwww 煙にやられないでよ~」

伊良湖「目を見せて下さい!」

利根「痛いのじゃ~ 筑摩ぁ、目をフーフーしてくれぇ~」(錯乱)

女神「よしよし、目をフーフーしてやるよー」フーフーフープッ…

利根「ぐぎゃあ~~~」

伊良湖「あぁ、利根さんの目の中にモナカの皮が入ってるぅ~」

女神「さっき食べたモナカの皮が歯についてたみたい…」テヘペロ

伊良湖「早く目薬目薬!」(混乱)

利根「目があぁぁぁ~」

伊良湖「はい、開けて!(目薬入れるから)」

利根「わかったのじゃ!アーン」

伊良湖「はい、どうぞ!」ポトッ…

利根「しょっぱいのじゃ~ 目が痛いのじゃ~」

女神「目薬を口にいれてる伊良湖ちゃん萌え!」

伊良湖「あぁ、間違えました目開けて下さい利根さん!」

利根「わ、わかったのじゃ!」パチクリ

伊良湖「はいどうぞ!」ポトリ…

女神「ほら早くパチパチしなよ!?」

利根「わ、わかったのじゃ!」ペチペチペチペチ

女神「ちょwww手をパチパチ叩いても意味ないだろう?」ゲラゲラゲラ

…………………
………………
……………



27 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/14(火) 00:35:37.96

利根「ひどい目にあったのじゃ…」

女神「目だけにな?」フヒヒヒヒ

伊良湖「蒟蒻妖精さんが悪いのよ?」

利根「帰る…」

伊良湖「あっ、利根さんこれお土産のモナカです…」

利根「モナカが怖いのじゃ!」

女神「次はお茶が怖いんですね?わかります!」ワラッタラ ノドカワイタ

伊良湖「蒟蒻妖精さん晩御飯抜き決定です!」


利根「伊良湖ありがとうな! 後、お主、蒟蒻妖精と言ったか?」

女神「何ですか?」

利根「偽乳はやめておけ!さらばじゃ!」

女神「ほっとけ!」

…………………
………………
……………

伊良湖「蒟蒻妖精さん なんで龍驤さんや利根さんと気まずい感じになるんですか!」プリプリ

女神「ん~ 元々人間の頃は陸軍で働いてたから海軍と気が合わないんじゃない?」

伊良湖「えっ?昔、人間だったんですか?」

女神「あ~、そう言う特殊な妖精もいるのよ…」

伊良湖「貴女は、不思議な妖精さんですね…」

女神「ところで、午後は誰かと逢うとか言ってなかったっけ?」



28 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/14(火) 00:38:08.18

逢う予定の艦娘を2杯ほど欲しいので安価します
なければ適当にコッチで書きます
とりあえず今日はここまでにします

安価下↓下1~2



29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/14(火) 00:38:29.97

秋月



30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/14(火) 00:38:51.68

春雨



32 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/14(火) 05:36:44.19

伊良湖「午後はウチの鎮守府の 秋月ちゃん と 春雨ちゃん と逢う予定なんです!」

女神「へぇ? ここの、鎮守府は、要港部 並みで艦娘の配備が滞っている様に見えたけど、他に艦娘いるんだね?」

伊良湖「はい! ウチの主力駆逐艦の2杯です! 今度、輸送船団の護衛を他の鎮守府より頼まれておりまして、当分の間、会えなくなるみたいなんです。…で、その前に一緒にショッピングに行くつもりです!」

女神「ふーん…」チラッチラッ…

伊良湖「一緒に行きたいんですか?」

女神「行きたいけど、お金がないよぅ…」

伊良湖「では、蒟蒻妖精さんを間宮で雇いましょう!」

女神「給料でるの?」

伊良湖「給料は出します…… でももう、他の艦娘達に悪いコトしたら駄目ですよ?」

女神「は~い!」

伊良湖「じゃあ、一緒に行きましょう!」

………………
……………
…………

秋月「伊良湖ちゃん こんにちは!」

春雨「こんにちは~! 一緒に買い出しに、行きましょう~!」

伊良湖「秋月ちゃん 春雨ちゃん こんにちは!」

女神「あ、あの…はじめまして、伊良湖ちゃんの艤装内部で蒟蒻を作っている 蒟蒻妖精 と言います。」カチンコチン…

秋月「利根さん と 龍驤さん から聞いてます!こんにちは!」

春雨「春雨です ヨロシクお願いします…はい…」

女神「こんにちは ヨロシクお願いします!」カチンコチン…

伊良湖「なんで、そんなに緊張してるんですか?」

女神「いや、二人とも可愛過ぎて緊張する!」///

伊良湖「それ、利根さん と 龍驤さん に失礼ですよ?」



33 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/14(火) 05:39:15.48

伊良湖「…で、今日は 秋月ちゃん と 春雨ちゃん の任務先で着るパジャマを買いたいと思います!」

秋月「あの…、支給される寝巻きでいいです! 経費削減は大切ですから!」

春雨「私は、この前、司令官とのデートでいつもと…その…違う服を着てたら 褒められたので、 買います…」

秋月(司令とデート?いつの間に!!?)

女神「ゆるフワな感じの春雨ちゃん カワイイパジャマ で司令官を骨抜きね? そんな春雨ちゃん美味しそう!」ジュルリ…

春雨「おいしそう…ってそ、そうですか?」

伊良湖「春雨ちゃん 何気にお洒落さんよね?」

秋月「あ、あの、私もヤッパリ買います!」

………………
……………
…………



34 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/14(火) 05:41:42.87

秋月(ここは、ヤッパリカワイイパジャマを選んで司令に褒めて貰います!)

女神「秋月ちゃん の目がマジだわ!」

伊良湖「あの二人 実は、今の司令官に一番可愛がられている二人なんですよ!」ヒソヒソ…

女神「春と秋 対極にある季節!良き仲間、良きライバルってヤツですね?」ヒソヒソ…

秋月「これに、決めました!! ブランドものですが、これで、勝負です!何より値段が手頃です!!」

女神「おぉ!ブランドものだそうですよ 伊良湖さん?」ヒソヒソ

伊良湖「いつもの、秋月ちゃん と違います!」ヒソヒソ

女神「どこのブランドですか?」

秋月「はい!『サーレ』と言うトコロのものみたいです!このエリアに色々な種類があります!」

女神「……今、少し文字を書きます読んで貰っていいですか?」カキカキ…

秋月「えっ…? はぁ…」

女神「どうぞ!」

秋月「おぺん ほうせ?」

女神「ありがとうございました!! サーレ(SALE)のブランド、長身でスレンダーだから何でも似合いますが、良いと思いますよ!」

伊良湖「秋月ちゃん らしいけど…、本当、何着ても可愛らしいから、羨ましいです。」

………………
……………
…………

女神「は~ 癒されたわ~ ヤッパリあの二人はカワイイ!」

伊良湖「えぇ、本当に!」

女神「今日の夜は、麻婆春雨作ってよ! デザートは月見だんごがいいな!」



35 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/14(火) 10:44:55.13

新米提督「二人とも大丈夫か?」

秋月「大丈夫ですよ司令! 私達は必ず帰って来ます!」

春雨「あのぅ…帰ってきたら…その…甘えさせて下さい…ね?」

新米提督「本当なら今回の任務 断るトコロなんだが、上がどうしてもと聞かなくてな?」

龍驤「慢心したらアカンで、必ず帰ってくるんや!」

伊良湖「任務がんばって下さい!」

女神「どうか、八百万神の加護がありますように!」

秋月「はい、油断せずにがんばります!」

春雨「秋月ちゃん さぁ、合流ポイントに…行こう? ちょっとだけ…遅れてます。」

秋月「そうね、春雨ちゃん!急ぎましょう!」

春雨「はい、白露型五番艦春雨・・・出撃ですっ!」

秋月「防空駆逐艦、秋月。出撃致します!」



39 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/14(火) 12:29:55.75

-間宮の裏手-
女神「さぁーて、上手くお店の手伝いを抜け出したし、今日は何しようかなぁ?」スタタタタタ…

ドシーン

女神「アイタタタ…」

秋津洲「痛いかも~…」

女神「あ、あぁ、あらゴメンなさい!」

秋津洲「誰?怪しい人かも?」ケンペイサーン!

女神「わ、わ!ちょっと!? 私は蒟蒻妖精、給糧艦伊良湖の中で蒟蒻を作っているわ!」

秋津洲「うーん、あやしいなぁ…」ヤッパリ ケンペイ ヨブカモ…

女神「そんなに怪しまないでちょうだい…? そ、そうだ、名前を聞かせて貰っても構わないかな?」アセアセ…

秋津洲「あき…つ」シマ…カモ…

女神「ん? あきつ? 知ってる知ってる!(私も陸軍にいたし♪)」

秋津洲「えっ? えっ?」

女神「チョット合わないうちに海軍に染まっちゃったぁ?」

秋津洲「はっ? えっ?」



40 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/14(火) 12:36:28.58

女神「昔は、将校殿 なにがしであります! みたいな感じで話してたじゃない?」

秋津洲「それ、違ぅ艦娘」カモ…

女神「アラアラ、女の子っぽく、カワイイ服にお化粧までしちゃって~ ビックリしちゃった~」アハハハハ…

秋津洲「あたし… あの…」アウアウ…

女神「化粧をするとヤッパリわからないものね? カワイイ…」ナデナデ…

秋津洲「むぅ……カモ」イライラ…

女神「ちょっ… 前見た時と随分違うから…」アセアセ

秋津洲「あ た し は 、 あ き つ し ま ! !」ウガァァァー…カモ…

女神「えっ!? あきつし丸!?」

秋津洲「あ! き! つ! し! ま!! 「る」 は い ら な い か も!」ウワーーン!

女神「えっ? あきつ丸と違う娘? あきつ丸かと思って間違えちゃったゴメン…」



41 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/14(火) 13:07:28.01

伊良湖「お や ぁ ? こ ん な と こ ろ で な に を し て る ん で す か ?」ニコォ…

ビクゥゥゥ!
女神「あっ、いえトイレに…」

伊良湖「トイレは、間宮の中にありますよねぇ?」ギラーン!

女神「な、何故…包丁を持ってるんですか?」

伊良湖「給糧艦ですから、どこでも何でもいつでも料理出来る様に持ってて当然ですよぉ?」チャララララ…

女神「何本もってるんですかぁ?」

伊良湖「何本でも!」シュババババ

ドカカカカカカカッ!

女神(壁に張り付けにされただとぉ!?)

伊良湖「あやしい動きをしたらどうなるか説明が必要ですか?」ドン!

女神(包丁による壁ドン怖すぎ!!違う意味で胸が高鳴る!)ドキンドキン…

伊良湖「次は、逃げないで下さいね?皿洗い?」ニコォ…

女神「そんなんで、刺し貫いたら、貫通式の蒟蒻妖精になっちゃうよう…」アウアウアウ…

………………
……………
…………



42 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/14(火) 14:44:13.36

伊良湖「秋津洲ちゃん うちの居候妖精が失礼してごめんね…」

秋津洲「ううん!全然大丈夫かも!」

伊良湖「今日は何でうちの鎮守府に来たの?」

秋津洲「今度、異動になるから下見に来たかも?」

伊良湖「わーっ!一緒の鎮守府になれるんだ嬉しいな!」

女神「二人は知り合いなの?」

伊良湖「前の鎮守府でルームメートだったんですよ!」

女神「そうなんだ? せっかく久しぶりに逢えたのに、邪魔したら悪いよね?」バイバイ…

伊良湖「どこ行くんですか、蒟蒻妖精さん?」ガシィ…

女神「ちっ! バレたか…」

秋津洲「じゃあ、あたしは帰るね!またね!」バイバイ カモ!

………………
……………
…………

女神「ふぇぇ…やっと皿洗いから解放されたよぅ…」

伊良湖「蒟蒻妖精さんが、皿洗いを逃げようとするから時間がかかってしまいました…」

女神「ところで、お昼から自由なんでしょ?何するの?」



43 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/14(火) 14:48:52.93

次、登場させる艦娘2杯ほど欲しいかな?

利根・龍驤・伊良湖・秋月・春雨・秋津洲 以外で


安価下↓下1~2



44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/14(火) 14:51:38.23

足柄



45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/14(火) 14:52:09.49

青葉



53 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/15(水) 03:24:34.64

伊良湖「あぁ、言ってませんでしたっけ?」

女神「何を?」

伊良湖「今日は、昼も営業するんですよ!」

女神「えっ? 中休みは?」

伊良湖「ないです!」ニコッ
女神「私も…」

伊良湖「はい、期待してますよ!」

女神「あのトイレに…」

伊良湖「そっちは、外です…」

女神「あぁ、自由の女神になりたい!」

伊良湖「蒟蒻妖精さん が女神とかないですよ…」フッ…

女神(くぅ…本当に女神なのに…)

伊良湖「あっ、誰か来ましたよ!」

女神「イラッシャイマセー 間宮へようこそ♪ 何名様ですか?禁煙喫煙はどのようにしましょう?」

足柄「伊良湖ー 来たぞー 取り合えず二人禁煙で!」

青葉「青葉見ちゃいました今日のセットコースお得ですね?」

女神「あっ、セットコースのご注文でよろしいですか?」



54 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/15(水) 03:41:38.23

足柄「取り合えず生ビール2つ!」

青葉「私も取り合えずそれでいいです!」

女神「昼からビールですか?」

足柄「今日は非番だからいいの!」

女神「かしこまりました!」

………………
……………
…………

女神「ビールおまちどうさまです!」

ゴトゴトゴトゴト

足柄「えっ?4つ?」

女神「生ビール二つを二人とも頼みましたでしょ?」

青葉「あっ…あー… 成る程そうですね…」

足柄「まっいいかぁ!後たこわさもヨロシク!」

女神「はい、たこわさ1つですね? 以上ですか?」

青葉「後、焼鳥セットを1つお願いします」

女神「たこわさ1つ、焼鳥セットを1つですね? 以上でヨロシイでしょうか?」

足柄「はい、よろしくね♪」



55 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/15(水) 03:50:55.40

………………
……………
…………
足柄「でねぇ、いつも羅針盤が言うこと効かないのよぅ…」クダクダヒック

青葉「んにゃ~ありますよねぇ…20回連続とかもう泣き入りますよねぇ…」ヒック

女神「おまちどうさまです、たこわさと焼鳥セットお待たせしました」

足柄「あ~、本当に嫌になるわぁ… 神様なんていないんだぁ~」ヒック ウ~…

女神「羅針盤が全ての場合で言うことを聞いたら本土に深海棲艦が集結してしまうんですよ…
艦娘は、多くないので数多い敵を分散させる苦肉の策なんですゴメンなさいね…
まぁ、艦娘や提督さん達には迷惑な話ですよね…」ボソボソ…

青葉「んにゃ~何か言いました?」ヒック

女神「いえ、焼鳥セットには、コチラの七味唐辛子をお好みでお使い下さい!」ニコッ


龍驤「ほう… 今の話本当なんか?」

女神「りゅ 龍驤さん!?隣の席にいらしてたんですか? いっ、いっらっしゃいませ…」ビクゥ!

龍驤「ちょっち、オヤツをな? …で、何でそないなコト知ってんねん?」

女神「なっ…」ヤバイヤバイ

龍驤「な?」

女神「な~んちゃって… えっ え~っとご注文はお決まりですか?」

龍驤「……まだや」

女神「お、おきまりでしたらお呼び下さい!」

ち ゅ う も ん い い で す か あ ぁ ぁ ?

女神「あっ! は~い 今いきま~す!」パタパタ

こ っ ち も ち ゅ う も ん お ね が ~ い !

女神「は~い ただ今いきま~す お待ち下さ~い…」

龍驤「……」



56 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/15(水) 03:54:51.45

………………
……………
…………
足柄「でね、ようやく付き合ったらなんだけど、ある日、彼が蚊を手で潰そうと、必死になってるからね…」ヒック…

青葉「んにゃ~ ヒックゥ…」

足柄「『ハエ叩きで蚊を叩くと潰しやすいよ?私がやるねっ!』て言ったら彼が逃げちゃって そこから音信不通なの…何でなのよぅ…」ヒックヒック

女神「『ハエ叩きで顔叩くと潰しやすいよ!私が[ピーーー]ねっ?』て聞こえたんじゃないですかねぇ?
餓えた狼の様な殺気を放って言えば、男は顔を潰されると思って逃げると思います…
あっ、注文のビールです! ソチラの空いてるお皿お下げしま~す」

足柄「んにゃあ~ひぅぃっくぅ~…ねぇ聞いてる青葉ぁ?」


利根「注文いいかのぅ? あいすくりんを1つ頂きたいのじゃが?」

女神「アラ?利根さん!いらっしゃいませ!あいすくりん お1つですね かしこまりました!」



57 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/15(水) 03:57:22.76

………………
……………
…………
足柄「敵は多いわね、青葉……いや……大したことはないか……今夜は私と貴女でダブルウルフだからね…… ビールもういっぱーい はやーくぅ…」

青葉「Zzz…」

女神「ダブルウルフと言うよりロンリーウルフですね、クダ巻き凄いんですが…」

伊良湖「ううん、ダブルウルフであってるよ… 今 青葉さん 起こしてみたら解るけど、酔っ払った状態の重巡達の精神状態って結構怖いから…」

女神「やっぱり ダブルウルフじゃないですよ… 大虎二匹だから ダブルタイガーです…」

足柄「びーるぅー」ガルルルル…

女神「はーい、只今参りま~す」パタパタ…



61 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/16(木) 10:05:17.99

………………
……………
…………
女神「うんうん 伊良湖ちゃんの作るご飯は美味しいね!」モシャモシャ

伊良湖「ありがとうございます!」モキュモキュ

女神「しかし、ご飯を毎日食べてると人間だった頃を思いだすわぁ…」

伊良湖「そう言えば陸軍で働いていたんですよね?」

女神「うん…」

伊良湖「どんな生活をしてたんですか?」

女神「そうねぇ…、一応親友以上、婚約者未満みたいな上司がいてね… まぁ、陸軍の武器を作ったり審査したりする技術部?みたいなところで働いていたかな?」

伊良湖「おぉ? 恋愛経験あるんですか?」

女神「どうなんだろう… 相手は技術将校でね、下士官の私を本気で愛してたかは、わからないわ… まぁ、便利な女だったかもね…」

伊良湖「そうなんですか? 何か、彼氏さんみたいな人がいて、楽しそうなのに、蒟蒻妖精さんは、なぜ人から妖精さんになったんですか?」

女神「私の乗ってた輸送船が沈んだのよ… …で、…私は今、妖精をしてるわ…」

伊良湖「……ごめんなさい……」

女神「あぁ、別に気にしないで…」

伊良湖「蒟蒻妖精さんの彼氏さんも、ヤッパリ輸送船で…?」

女神「うん…でも、彼は…今でも生きているわ…」

伊良湖「なら、なんで将校さんのトコロに行かないんですか?」



62 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/16(木) 10:14:07.92

女神「ちょっと、色々あってね、逢わす顔がないのよ…」

伊良湖「将校さん待っていると思いますけど?」

女神「どうかしら…? どこかで生きては、いると思うけど……今、何をしているかしらね…?」

………………
……………
…………

将校「この、無人島全くと言って良いほど資源がないな…」

メイド妖精「エレメントの精製も上手くいかなくて、資源もなかなか溜まらないですね…」

将校「上手くいかんなぁ…」

メイド妖精「ほら、糸引いてますよ?」

将校「ちっ… また逃げられたか…」

メイド妖精「何でもいいから、船通らないですかねぇ?」

将校「詰んだなぁ…」

………………
……………
…………

さらに場所は変わって…

-工廠-
利根「また泣きペンギンじゃあぁぁぁ!」

龍驤「ほぅれ!言わんこっちゃない?」ケラケラケラ…

利根「おかしいのぅ… 筑摩に聞いたレシピ通りにやったんじゃが…」

龍驤「姉より優秀な妹をもつと、いつも大変やなぁ?」

利根「う、うるさいのじゃ!」

龍驤「もう、辞めとき!?利根の開発には愛が足りないねん!開発は愛や!深い愛やねん!」ニヤニヤ…

利根「もう一回勝負じゃあ!」

龍驤「…と言うても、今日使って良い分の資材がもうないねん!」

利根「龍驤!次こそは、完璧に作りあげるのじゃ!明日の分を貸して欲しいのじゃ!」

龍驤「まいど!金利は十一やけど、ええか?」

利根「構わん貸すのじゃ!」


ざわ ざわ ざわ ざわ ざわ ざわ ざわ ざわ ざわ


“きたぜ。ぬるりと・・・・・・”



63 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/16(木) 10:20:27.74

ボ フ ン ! !

失敗ペンギン「~♪」


龍驤「そりゃ、そのペンギンの皮はヌルヌルしてそうやもんな?」ゲラゲラゲラ…

利根「ぐぅ…」

龍驤「明日の分の開発資源まで手をつけて、どないすんねん?」ケラケラ

利根「龍驤! これを… 吾輩の愛じゃ!……確かに返したぞ!?」

失敗ペンギン「♪♪」


ペンギン ガ シ イ ィ ィ !!

龍驤「おりゃあぁぁぁー!!」

ペンギン ぽ い ぃ ぃ ぃ!

利根「あぁ、吾輩の血と涙の結晶が投げ飛ばされたのじゃあぁぁぁ…!
酷いのじゃあぁぁぁ…!
実家に帰らさせていただくのじゃ!」スタスタ…

ガシィィィ…

龍驤「おどれぇ… 待たんかい!? 地獄の果てまで追いかけても回収するでぇ…」

利根「うぅ… 酷いのじゃあんまりなのじゃ… 友達ならなんで、無謀な開発をする前に強く止めないのじゃ!」

龍驤「阿呆か!! ほら、ちゃっちゃっと、支給された間宮券あるだけ出さんかい!」

利根「酷いのじゃ 悲しいのじゃ…」

龍驤「冗談やって、利根 いつも ありがとぅな?」フフフ…

利根「親友じゃからな… 今日は、吾輩は泊まりじゃ 一緒にユックリしようぞ?」ニコッ…

龍驤「せやな! あぁ、そう言えば、伊良湖の蒟蒻妖精の正体なんやけどな?」

利根「あぁ、本人は妖精と言っておるが多分…」

龍驤「なんや、ヤッパリな…」

利根「まぁ、それより開発し過ぎて夜飯を食べる機会を逃してしまったのじゃ…」

龍驤「そやな、軽く食べたいなぁ…」

利根「そうじゃ、アイツなら良い軽食屋を知っておるかもしれん!」



64 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/16(木) 10:26:34.70

伊良湖 秋津洲 秋月 春雨 足柄 青葉 以外で艦娘安価一杯下さい!

次SSを書きにくる時までに無ければ続きを適当に書きます

艦娘を安価下↓



65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/16(木) 10:34:02.05

扶桑



67 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/16(木) 16:24:15.70

龍驤「扶桑? ウチの鎮守府に帰ってきてたん?」

利根「その様じゃ… さっき昼に中庭で空をみながらブツブツ言ってるのを見たのじゃ!」

龍驤「ほんなら、扶桑の部屋にいこか?」

………………
……………
…………

龍驤「さっき外から見た時、部屋の灯りがついてなかったやん?ホンマおるんか?」

利根「おかしいのぅ?取り合えずノックしてみるのじゃ…」

コンコン…

扶桑「はい…」

利根「いるようじゃな?」

龍驤「開けるで…」

ガチャ…

龍驤「暗っ!!」

扶桑「えぇ… そう言う性格ですから…」

利根「いや、そう言う意味じゃなくてな…」

龍驤「灯りつけようや…」パチ…

扶桑「あぁ…眩しい…」

龍驤「何してたんや?」

扶桑「バッドエンドのホラー映画を見てました…」

龍驤「暗っ!」

扶桑「えぇ、電球が40ワットのしかなくて…」

利根「そう言う意味じゃないと思うのじゃ…」



68 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/16(木) 16:26:15.40

扶桑「いつも、深夜に使っている軽食屋ですが、ここら辺では、ここしかありません…」

龍驤「あ~ここか、知ってるで、深夜までやってんねんな?」

カランカラン…
イラシャイマセ-

利根「おぉ、この時間だと誰もいないのぅ…」

龍驤「貸切状態でええやん!」

扶桑「さぁ、座りましょう…」

利根「軽く何かを食べたいんじゃが… サンドイッチに決めたのじゃ!」

龍驤「ウチもそれにするわ…」

扶桑「私は、さっき食べましたので、ソフトドリンクだけにします…」

利根「ソフトドリンクは、吾輩も欲しいのじゃ!」

龍驤「おっちゃーん 注文頼むわー!」

マスター「イラシャイマセー ゴチュモン オキマリデソカ?」

龍驤「ウチは、サンドイッチとレスカ頼むわ!」

マスター「ハイ!サドイッチ ト レスカ」

利根「レスカでわかるのか?凄いのじゃ!」

マスター「ハイ、レモスカッシュ ノ コトネ?」

利根「おぉ、正解じゃ、なら、吾輩はサンドイッチとレイコでヨロシク頼むのじゃ!」

マスター「ハイ、サドイッチ ト レイコ」

扶桑(ソフトドリンクは略称で注文するものなのね?)「わ、私は…」(クリームソーダが飲みたい!)

マスター「ハイ?」

扶桑「ク・ソーで…」

マスター「……ハイ、クソー イジョウ デ ヨロシイデスカ?」

龍驤(ク・ソーって何や?)

利根(ク・ソー どんなものか知らんのじゃ! 今度、筑摩に教えてやるのじゃ!)



69 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/16(木) 16:27:19.96

………………
……………
…………

龍驤「……で、山城と筑摩が《提督から姉を守る会》を発足させたと?あの二人ならやりそうや!」ゲラゲラゲラ

扶桑「えぇ、この頃、山城のトコロの提督さんが日に日にやつれていくのが可哀想で…」

利根「吾輩は筑摩の愛を感じれるから別にいいのじゃ!」

マスター「オマタサシマシター サドイッチ2ツ クソー レイコ レスカ ニナリマス!」

龍驤「カレーやな…」

利根「扶桑 お主 ソフトドリンクにすると言ってなかったか?

扶桑「クリームソーダが…」

龍驤「それ、言うならクリソーや…」

扶桑「はぁ。……空はあんなに青いのに。」

龍驤「今は夜や!」

利根「しかし、これは…」

龍驤「ライスの部分で回りにダムを作り中央にルーを入れる芸術的作品や…まるでアレに浮かぶ何を連想させる…」

利根「ルーの真ん中にトッピングされている香辛料の葉っぱがまるで未消化の……悪意に満ちた作品になってるのじゃ…」

扶桑「山城じゃないけど不幸だわ…」

龍驤「まるでウコンと月桂樹の宝石箱や!」

利根「まぁ… 食べるのじゃ…」

扶桑「あぁ、夜食を食べるとお腹回りが…」



73 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/17(金) 10:06:34.98

-執務室-
ジリリリリリン ジリリリリリン…
カチャ…

新米提督「はい、私です…、はい…、はい…、確かにその2杯は、ウチの鎮守府から今回の作戦に出した艦娘ですが……

はい…、えっ…… 秋月 と 春雨 が行方不明? そんな馬鹿な!!!
はい、いえ……詳しい報告を待っています。それでは……」カチャン…


龍驤「秋月と春雨… が行方不明なん?」


新米提督「嫌な予感は、していたんだ………
でも、上からの出撃命令に逆らえなくてね……
彼女達は 私が赴任してから始めて来てくれた2杯の艦達だったんだ… 後少しで、二人ともケッコン(仮)出来るトコロだったんだ… 二人を愛していたのに…」ズキズキ…


龍驤「気をしっかり持ちや… 君が彼女達を信じなアカンやろ…」

コンコン…

シーン……
???「あれぇ~? 新しく配属されたから挨拶に来たけど誰もいないかも~?」

コンコンコンコンコンコンコンコン…

新米提督「ちっ…、どうぞ……」イラッ…

ドア ガチャ… シツレイシマース!カモ

秋津洲「水上機母艦、秋津洲よ! この大艇ちゃんと一緒に覚えてよね!」ケイレイ



74 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/17(金) 10:08:05.13

新米提督「あぁ、秋津洲君ね… ヨロシク……」ショルイ カキカキ…

秋津洲「提督さん あたしは、まず何すれば良い?」

新米提督「えーっと、大艇ちゃんはどこにあるの?」カキカキカキカキ…

秋津洲「…まだ…ないかも……」ゴメンナサイ…

新米提督「そうか…」カキカキ… コシコシ…

秋津洲「あ、あの…あたしが、改になればついてくるかも…?」ゴメンナサイ…

新米提督「じゃあ、こっちでとりあえず水上機用意するよ、カタパルトないみたいだけど何機くらい運用出来るの?」カキカキ…


秋津洲「……あ…合わせて2機くらい……かも……」アセアセ…


新米提督「そうか…」カキカキボキィッ…


秋津洲「で、でも偵察任務はちゃんと…するかも…」アセアセ…


新米提督「じゃあ千歳や千代田みたいに甲標的積んで見ようか?」エンピツ…ケズリケズリ…


秋津洲「ごめん…なさい 積めない……かも……」ウルウル


新米提督「そうか…」カキカキビリィィーー……


秋津洲「……ごめん…なさい………」ジワァ…


新米提督「……じゃあ、大発動機積んで遠征いこうか?」ニコニコ…


秋津洲「大発……積めない……か…も……」ポロポロ

ジリリリリリン ジリリリリリン…

新米提督「ちっ…」

カチャ…
新米提督「はい、私です……………
そ、そんな、捜索うちきり……
お願いです あの二人は、私の大切な艦娘なのです。もう一度だけ捜索をお願いします。
はい… はい… わかりました…… ヨロシクお願いいたします。」カチャン…

秋津洲「あたし、どうすれば…」ウッグエッグ…



75 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/17(金) 10:09:09.79

新米提督「なぁ、秋津洲 お前に秋月や春雨の変わりが出来るのかよ?」

秋津洲「……ぅ…ぁ…」ブルブル…

新米提督「……がれ…」

秋津洲「…ぅ…っ……」グスッグスッ…

新米提督「おい!聞いてんのか 下がれって言ってんだよ!!」ショルイ バサァ…

秋津洲「うわぁぁーん!」

………………
……………
…………
龍驤「君、アレはないで…」

新米提督「うるせぇ! お前に秋月や春雨を失った気持ちなんか解る訳ないだろ!」

龍驤「わかるわ! 痛い程わかるわ…! でもな?秋津洲は、この件に全く関係ないやんか…」

新米提督「龍驤… お前、ずっと俺の先輩を待ってるもんな…? 中堅提督は、幸せもんだよ羨ましいぜ…」

龍驤「ウチらは、ただ信じて待つんや…」

新米提督「いいや、秋月も春雨も中堅提督もみんな帰ってこないね!」

龍驤「!!!」

新米提督「もう駄目なんだよ… 俺等は、深海棲艦に負けたんだよ…」

龍驤「そんなことない!」

新米提督「じゃあ、いつ帰ってくんだよ!!」

龍驤「ふぅ……くぅ……」ポロポロ

新米提督「みんな…沈んじまったんだよ…」ウナダレ…

龍驤「……」トタトタトタ…ガチャ……パタン……

新米提督「俺はどうすりゃ、いいんだよ… 秋月 春雨…」

………………
……………
…………



76 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/17(金) 10:10:31.49

-自室-
龍驤「うああああぁぁぁん…淋しいよう 悲しいよう なんで 戻って来ぉへんの?

ウチ いつまで待てばええの?

ウチ もう、おかしくなりそうや……

こんなにツライなら 好きにならなければ良かった 愛さなければ良かった 出逢わなければ良かった……」

利根「それは、違うのじゃ… 好きだから 楽しめたんじゃ 愛したから ときめけたんじゃ 出逢えたから 語り合えたんじゃ……」

龍驤「利根!?」

利根「お主の部屋の扉が少し開いててのぅ… 勝手に入ってしまった…スマン…」

龍驤「ウチまた一人になってしもぅた… 弱くなってしもぅた…」グスグス…

利根「お主は一人じゃない 吾輩がおるのじゃ! お主は弱くなってなんかいない! 信じて待つ強さをもっているのじゃ!」

龍驤「利根… ウチつらいわぁ…」ダキィ…

利根「大丈夫じゃ ヨシヨシ…」ナデナデ…

………………
……………
…………

女神「まさか、逃走経路にピアノ線を張った鳴子システムがあるとは、伊良湖ちゃんやるわね…」

ど こ に 行 っ た ん で す か ぁ ? 大 量 の お 皿 さ ん 達 が 待 っ て ま す よ ぉ ! !

女神「ひぃぃぃ…… あらっ? あそこにいるのは、利根さん?」

利根「……」

女神「利根さん どうかしたの?」

利根「お主は、蒟蒻妖精か……」ウナダレ…

女神「つらそうね…」

利根「あぁ、龍驤はつらいじゃろうな…」ギリッ

女神「龍驤さん?いいえ、貴女のコトを言ったのよ…」



77 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/17(金) 10:11:42.72

利根「吾輩は、龍驤に何もしてやれんのじゃ… くやしぃのぅ……」ポロポロ…

女神「そうなの…?」フフフ…

利根「お主、何がおかしい!!」

女神「違うわ、羨ましいのよ… 私にも、そんなに思ってくれる親友が欲しかったなぁ…と思ってね…微笑ましい光景だわ…」

利根「もし、親友ならもっと気が利くコトも言えよう…」

女神「親友だから、ただそばにいるだけでいいのよ… 悩みをただ聞いて共感するだけで痛みを半減させてあげるコトが出来るのよ… 何があったかは、知らないけど、親友って良いわよね…」




78 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/17(金) 10:13:05.78

利根「そう言うものかのぅ?」

女神「えぇ、貴女は、龍驤さんにとって大切な人よ…」

今 な ら 怒 り ま せ ん よ ぉ ぉ ぉ ! !

出 て 来 な さ ー い ! !

女神「こ、ここは、危険ね… 利根さん じゃあね…」トタタタタ…

こ こ に い た ん で す か あ ぁ ぁ ぁ !!

ひ ぃ ぃ ぃ ご め ん な さ い ご め ん な さ い!!

お こ り ま せ ん よ ー つ ね り ま す け ど ー

い ひ ゃ い ! い ひ ゃ い ! ひ っ ぱ っ た ら ち ぎ れ ひ ゃ う !



81 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/17(金) 19:32:40.62

-数日後波止場-
女神「ちょっと、胸のないツインテールの姉妹が女性と少女を陵辱しようと襲いかかってるwww
憲兵呼ばな!!」

伊良湖「いやいや、龍驤さんと利根さんが、女の子二人と追いかけっこをして遊んでいる様にしか見えませんよ…」ヤレヤレ

少女「あー、もしかして、艦娘の人?」

女神「私は、妖精だけど、こっちの方は、艦娘の伊良湖ちゃんよ!」

女性「あぁ、どうもスミマセン… 少女、突然挨拶もなしに失礼でしょう?」

少女「お姉ちゃん こっちの人も艦娘だって!」

伊良湖「あらあら、カワイイお嬢さんだわ」

女性「大変な失礼を…私はこの子の姉の女と言います」

伊良湖「そうですか、ところで、ここは、軍港なので、一般の方は立ち入り禁止になっているエリアなのですが?」

利根「一応、関係者ってヤツじゃ!」

龍驤「今度の輸送船団の船に乗るみたいやで 今、準備調整中ちゅうコトでここに一時待機中らしいで…」

少女「お姉ちゃんと国に帰るんだよ!」

伊良湖「今度の輸送船団って、友好国に行くヤツですね?」

女神「でも、確か今、恐ろしいウィルスが蔓延しているところででしょう?」

女「はい、この国からの支援物資である抗ウィルス薬を私達の国に持ち帰りたいのです!」

伊良湖「お父さんとお母さんは、どうしたの?」

女「父は、最初の空輸の時に国に向かいましたが… たどり着けなかったみたいです…
母は次の輸送船団で国を目指したのですが、ヤハリ未だ国にたどり着いていないと、聞いています…」



82 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/17(金) 19:34:29.69

少女「きっと、二人ともどこかの国にいるんだよ!」

女「そうね、きっと大丈夫だわ、神様がみていてくれているはずだもの!」

女神「……」ズキン…

女「五年前、この国に家族で来た時は、深海棲艦の脅威は、全然感じなかったのですが…」

利根「深海棲艦の動きがこの 一、二年かなり活発になってきているからのぅ…
シーレーンは寸断され、ここ何ヵ月は海輸も空輸も全部失敗に終わっているし由々しき問題じゃ…」

少女「ねぇ、伊良湖ちゃん、妖精さん も一緒に遊ぼう!」

女「コラッ!駄目でしょう!」

女神「……別に大丈夫よ 遊びましょう!」

伊良湖「今は、お仕事ないし、とことん付き合います!」

少女「わーい!やったー!」

…………………
………………
……………

女神「この少女のすばしっこさは、はんぱねぇ…」ゼェハァ ゼェハァ…

利根「じゃろ? 追い付けても、捕まえられないんじゃ…」ヒィハァ ヒィハァ…

龍驤「めっちゃ エラいわー…」ゼハァ ゼハァ…

伊良湖「艤装つけれたら、私達よりも航行上手そうですよね…」ハァハァ…

利根「あの姉妹、吾輩と筑摩によう似ててなぁ…」フフフ

龍驤「少女ちゃんは、ウチにも似てるで!」

女神「少女ちゃんは、ツインテールだから、龍驤さんや利根さんに確かに似てるわ…」

伊良湖「言われてみれば女さんは、ロングのストレートだから筑摩さんに似てるかも!」

少女「まだ遊ぼうよ~?」

女神「よおっし! 妖精の姉ちゃんが遊んでやる!」

少女「やった~!」ワーイ!

女「本当にスミマセン!」アセアセ…



83 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/17(金) 19:40:50.22

伊良湖「次の輸送作戦はきっと上手くいきますよ… 神様はきっと見ていてくれてる」

龍驤「せやな!」

利根「あぁ、きっと大丈夫じゃ!」

女神「ふへへへへ 待て待て待てー!」

少女「きゃあきゃあ!」

龍驤「利根、変質者だ!憲兵呼ばな!」

利根「憲兵なんて煩わしい! 我が手で亡きモノにしてくれようぞ!」

伊良湖「どっちもどっちですねぇ…」アハハ…



84 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/17(金) 19:43:27.91

-執務室-
71船団旗艦艦長「イージス艦二隻とヘリ護衛艦一隻だけでは、到底19隻もの輸送船を深海棲艦から守りきれません!」

新米提督「だから、沿岸警備隊からも巡視船を5隻出して貰っている」

71船団艦長「せめて、艦娘を一杯つけて下さい!」

新米提督「艦娘なら、ウチからは、伊良湖を出してやろう?」

71船団艦長「伊良湖では、深海棲艦と対峙した時に全然ダメージを与えられないじゃないですか?
彼女の砲は、我々の軍の砲と同じで深海棲艦の前では飾り同然なんですよ?」

新米提督「今度の、大規模作戦では、うちの鎮守府からほとんどの艦娘を出撃させねばならん…
そう言うわけで、上層部からウチの鎮守府では、基本『艦娘の出撃を禁止』する様に今は言われている。」

71船団艦長「友好国は、この前の台風の被害で、製薬工場や病院がほとんど使えない状態です。
追い討ちをかける様に殺人ウィルスが蔓延しております! このままでは、友好国が滅んでしまいますぞ!?」

新米提督「わかったわかった、ならイージス艦を航路の途中でもう一隻増やすようにしよう…後、沿岸警備隊にも巡視船を何隻か頼むよ…」

71船団艦長「19隻分の支援物資と我が国の技術支援者達が海の藻屑と消えるかも知れないのですよ?
絶対に伊良湖以外の艦娘の護衛が必要です!」

新米提督「私は、我が国の安全を第一に考える!!
それに、うちの鎮守府は艦娘が特に少ない、もう…主力の艦娘を失いたくないのだ… わかってくれ…」ギリッ

71船団艦長「無理を…言ってすみませんでした…」

新米提督「いや、本当にスマナイ…私も正直臆病になっている…」



88 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/17(金) 21:26:07.29

71船団艦長「もう逢えることは…、ないかも知れませんな…」

新米提督「大本営…それと他の鎮守府や沿岸警備隊にも聞いてみる 作戦の成功と武運長久を祈る!」


-執務室の外廊下-
女神「……」

コンコン
女神「失礼します 伊良湖特製のモナカとお茶をお持ちしました…」

新米提督「どうぞ!」

ガチャ ギィ… パタン…

女神「失礼致します」ペコリ…

71船団艦長「君が伊良湖かね?」

女神「いえ、私は伊良湖の中の艤装内部で働いている妖精の一人でございます …コチラ、お茶とお茶菓子をお持ちしましたので、どうぞ…」

新米提督「蒟蒻妖精さん?だったよね? 今回、友好国への炊き出しを兼ねて71船団の護衛に伊良湖をつけるコトにした!」

女神「左様でございますか…」

新米提督「本人には、後で私から伝えるが、ついでだから、君には話ておくよ!」

女神「はい!了解致しました! それでは、失礼します!」ケイレイ
カチャッ… パタン…

…………………
………………
……………
-鎮守府中庭-

少女「妖精さん?」

女神「あら、少女ちゃんどうしたの?」


少女「さっき、道でペンギン拾ったんだけど、どうすればいいかな?」

女神「こんなところにペンギンなんて、いるわけ………」


失敗ペンギン「……」


女神「誰かが何かを作ろうとして失敗したんですね……」ハァ…

少女「で、どうしたら良いかな?」


女神「そうですね工廠に連れて行ってあげて下さい…(廃棄処分目的)」

少女「うんわかった~ すぐに連れて行くね~♪」



89 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/17(金) 21:28:03.86

………………
……………
…………
伊良湖「今日の晩御飯のデザート… あまり美味しくなかった? ゴメンね?」

女神「あっ、違うの、風邪をちょっと引いたみたいで、先に寝るね… ご飯美味しかったです 御馳走様でした! オヤスミ伊良湖ちゃん…」

伊良湖「あの… 今日、司令官さんから船団護衛の話を聞いたんだけど… そのコトと関係りますか?」

女神「関係……なくはないかな…」

伊良湖「そうですよね…(途中で船団護衛から私がはずれるコトは、私と司令官さんしか知らないはずだけど…)」

女神「なんかさぁ… 上手くいかない時って、元気でないよねぇ…」

伊良湖「そうですよね… でも、あの姉妹には、上手くいって欲しいな…」

女神「少し不安になっちゃって… 心配した?ゴメンね?」

伊良湖「いえいえ、気になりますもんね? 食事が喉を通らなくなる気持ちわかります…」

女神「あちゃー、弱気な私をさらけ出してしまったぁぁ…! でも、大丈夫! ウチの海軍は、世界でもトップレベルだから!」フンス!

伊良湖「元陸軍の太鼓判があれば、安全ですよね!」ウンウン!

女神「うん、きっと大丈夫!!」ニッコリ

伊良湖「笑ってくれて良かった!」

女神「えっ?何が?」

伊良湖「ほら、今日の晩御飯のデザート、間宮名物の『カレーチョコパフェ』でしょ? こんなに美味しいのに、デザートを余り食べてなかったからちょっと心配してたの…」

女神「うん、普通なら(カレーとパフェが別々の状態なら)食べられるんだけどちょっとね…」ニコッ…

伊良湖「いえいえ、それでは、オヤスミなさい!」



90 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/17(金) 21:30:16.23

………………
……………
…………

-輸送船内-

少女「このお舟あまり揺れないね!」

女「天気は悪いけど波があまり出てなくて良かったわ!少女は船酔いしやすいから…」ウフフフ

下士官「内地を出港してから一週間以上たつが、何ごともなくて良かった…」

女「この大量の抗ウイルス薬を持って帰れれば私達の国は救われるわ! 友好国の貴方達には、何とお礼を申し上げたら良いか!」

下士官「いえいえお互い助け合いましょう! それにこの71船団には、抗ウイルス薬の他に、我が国からの技術者や他の支援物資もありますよ!」

少女「この輸送船の他にいっぱい輸送船がいるし、凄い規模だね!」

下士官「あぁ、我が国の誇るイージス艦が三隻とヘリコプター護衛艦一隻そして巡視船多数の護ってくれる輸送船団だよ!
今回は絶対に大量の抗ウイルス薬を持って帰れるよ!」

女「今までの空輸も海輸も全て駄目だったけど、これなら大丈夫ね!」

少女「昨日寄った港から、伊良湖ちゃんといくつかの輸送船の姿が見えないんだけど、どうしたのかな?」

下士官「伊良湖達は別命があって港に待機するみたいだ…でも、大丈夫だよ安心して!」


少女「うんそうだね!あそこにも海の上を走っている艦娘がいるし大丈夫だよね?」

下士官「えっ!?艦娘?どこに?」

少女「ついさっきからずうっと一緒にいるけど… あれは、艦娘じゃないの?」



91 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/17(金) 21:31:40.76

下士官「あれは、カ級!! いつのまに!!!」

女「どうしたの?下士官さん?」

下士官「潜水艦型の深海棲艦だ!!クソっいつの間に…!」

少女「悪いやつなの?」


下士官「みんな!!右舷後方、深海棲艦だ!!」

他兵員達「しまった!!右舷後方 敵!! 深海棲艦だ!!準備いそげー!」ザワザワガヤガヤ…

下士官「女さん 少女ちゃん コッチにくるんだ…!」

女「下士官さん どちらに?」

下士官「すまない…、心配をかけたくなかったので言わなかったんだが、深海棲艦には、人間の作った兵器は効かないんです。」

女「それでは、どうなるんですか?」

下士官「カ級は、潜水艦型です姿を現したのは、危険がないと解ったからなんです。」

女「でも、これだけの艦艇があれば、対抗出来るんですよね?」

下士官「我々の艦艇では、弾幕を張り 水柱をあげ 煙幕を焚くことで、怯ますことは出来ますが、倒せない… そして、護衛についた大半は、たった一杯のカ級相手に弾幕を張り続けなければならない…」

女「護ってくれる船は…」

下士官「大半がそちらにかかりきりになります 今、この輸送船団は危険になりました…」ギリッ…

少女「そ、そんな…」

下士官「救命ボートの近くに、行きましょう!来て下さい!」

女「私達は… 沈むんですか?」

下士官「念の為です… 我が国の海軍は、正直強い!」

少女「怖いよぅ…」ガタガタ

下士官「大丈夫!きっと、国に支援物資を持って帰れる!」

…………………
……………
………



92 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/17(金) 21:32:44.00

女「あぁ、輸送船がまた一隻… 沈んでいく… あぁ神様どうかお助け下さい…」

下士官「最悪だ… このままでは、15隻もの輸送船が…全滅…する…」

少女「この船も……どんどん他の輸送船達から遅れていくよ…」

下士官「二人とも救命胴衣はちゃんとつけているね…? しかし、6杯のカ級にこうまでされるか…」

女「少女ちゃん 大丈夫よ… きっと、きっと神様が守ってくれる!きっと帰れる…」

他兵員「右舷雷跡!? ショック体制をとr…」


ズ ガ ァ ァ ー ン !


少女「……」ガクガクブルブル

パシャーン…

女「」

下士官「くっ…… 女さぁーん! しっかりするんだー…」

少女「お姉ちゃん…海に落ちっ……ぁ…神様……たす…け…て…」ブルブル

下士官「くっ… 今いくぞ! 女さん!」

他下士官「船が傾くぞー…みんな、気をつけろー!」

下士官「くっ…甲板が滑る…」ズルズルッ…

少女「お姉ちゃん、お姉ちゃんどこ?」ズルズルズルッ…

下士官「なっ…!?見失った… 女さん……………」

少女「おねーちゃーん おねーちゃーん どこいるのー?」ポロポロ…ウグッ…グスッ…

下士官「少女ちゃんこっちに来るんだ手を伸ばせ!!」

少女「お姉ちゃんを助けに行かなきゃ…下士官さん、お姉ちゃんを助けてあげてお願い!」

下士官「手を伸ばすんだ少女ちゃん!!」

少女「お、お姉ちゃんをさがしてくるね…」ズリズリ…

下士官「駄目だ!行くな!!」

少女「神様なんて、神様なんて、大 っ 嫌 い !!!」ズルルルル…パシャン…

下士官「少女ちゃあぁぁぁぁーん……」



93 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/17(金) 21:34:44.60

ガ バ ア ァ ァ ァ ー!


女神「ゆ…め…? 伊良湖は…どうしていなかったの…? あの姉妹は…? 嫌な夢をみたわ…」ズキンズキンズキン…

女神(喉が渇いたわ…)モソモソ…

伊良湖「うなされてたみたいだけど大丈夫?」

女神「ハッ!ゴメン 起こした?」ビクゥ…

伊良湖「私も中々、寝つけなくて…」

女神「怖い夢見ちゃった…」アオザメ-

伊良湖「お茶いれましょうか?」

女神「う、うん… でも朝早いじゃない?」

伊良湖「たまには、いいじゃないですか?」

女神「そうね…少しお腹すいちゃった…」

伊良湖「カレーチョコパフェの残りあるけど食べる?」

ビクゥッ!!

女神「あっ! 軽くでいいの… モナカ食べたいな?」

………………
……………
…………

伊良湖「その夢で、私が輸送船団からはずされてたんだ…」

女神「ほーんと 酷い夢でさぁ?」

伊良湖「蒟蒻妖精さん 間違えないです…」

女神「ん?」

伊良湖「私は、その地点で、次の大規模作戦が始まるまで待機の命をうけています…」

女神「えっ!?」

伊良湖「はい!決定事項ですが、私と司令官しか知らないはずです…」

女神(そうか… 女神の予知夢って言うやつか…)

伊良湖「夢の通りになる可能性は高いかも知れません…」

女神「輸送船団の出るのは、いつ?」

伊良湖「もう午前をまわってますから明日です…」

女神「伊良湖ちゃん 信じて貰えないかも知れないけど…… 私、予知夢を見るコトがあるの思い出した…」

伊良湖「それは、本当ですか?ど、どうしましょう?」



97 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/18(土) 01:19:58.18

女神「伊良湖ちゃん 一つ聞きたいんだけど…」

伊良湖「はい…」

女神「ただの確認なんだけど、貴女、ヤッパリ艦隊戦闘に出れないわよね?」

伊良湖「はい、訓練時の『的』程度なら割れますが、深海棲艦相手には、輸送タイプの敵にすらダメージを与えることは、出来ません…」

女神「貴女の砲は、相手を怯ませるための…」

伊良湖「はい、人間の使用出来る砲と何らかわりありません…」

女神「つまり、深海棲艦を撃退するには、ヤハリ火力不足と言うコトね?」

伊良湖「私は、艦娘なのに戦えないんです… あの……姉妹のために…輸送船団のために…戦うことが…出来ない…」ポロポロ…

女神「……」

伊良湖「秋津洲ちゃんだって戦えるのに、くやしい…!」ポロポロポロポロ…

女神「大丈夫、貴女は数少ない給糧艦 とても大事な艦なのよ? 補給がなければ、戦うコトなんて出来ないんだから…」ヨシヨシ…

伊良湖「でも、あの輸送船団を護ることができません…」グスグス…

女神「なら、護るための部隊を募るしかないわね? 行きましょう!」

伊良湖「えっ!? もう、午前まわってますよ? どこに行くんですか?」

女神「こんな時間に人を訪ねるのは、非常識だけど、私達には時間がないわ… 出港が早まったらマズイの!」

伊良湖「わかりました… ついていきます… でも、司令官は説得出来ませんよ…」

女神「この鎮守府の管轄外の『出撃禁止命令』の出てない艦娘に逢いに行くのよ… たまたま来ていてくれて助かったわ!」



98 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/18(土) 01:23:31.22

-来客用の部屋-
ボソボソ…ボソボソ…
女神「ヤバイ!ぁゃιぃ 声が聞こえるんだが…」ドキドキ

伊良湖「///」

------
利根「やっぱり、痛いんじゃろ?アレッて…」

秋津洲「痛いってのはないけど『あー、入ってるかも~♪』っていう感じ? なれるまでは、すんなり入らないかも?」

利根「そんなものなんかのぅ…吾輩もしてみたいのぅ…憧れるわ…」

秋津洲「慣れると少し大人になった気分になれるかも?」

利根「流石は経験者じゃな?」

秋津洲「やっぱり、あたしの場合ハードよりソフトの方がいいかも~」

利根「あ~ ハードだと、痛そうじゃもんな…?」

秋津洲「今は、アレの色も色々あって、その日の気分で変えられるかも~♪」

利根「でも、破けたりしたら怖いのぅ?」

秋津洲「そう簡単には破けないから大丈夫!破れても直ぐに病院いけば大丈夫かも!」

利根「そうなのか?ちょっとだけ安心したのじゃ!」

秋津洲「そうだ、今から試してみる?私も入れるから、そっち側を入れて欲しいかも?」

利根「いやでも、怖いのぅ…」

秋津洲「大丈夫!すぐなれるから!」

利根「いやいや、ヤッパリ初めてじゃし…痛いのは、怖いのじゃ!」



99 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/18(土) 01:24:53.47

ドア バ タ ー ン !

女神「け し か ら ~ ん!! いかがわしいぞ、君達!!」

伊良湖「///」

秋津洲「……」キョトン…

利根「……」キョトン…

女神「何の話をしているのかね? 君達は軍人だろぅ… 嘆かわしいぞ!?」

秋津洲「カラーコンタクトの話をしてたかも?」

利根「何を勘違いをしているんじゃ?」

秋津洲「それは、そうと、そっちの新しいヤツあげるから入れてみなよ?」

利根「初めてだと目に傷つきそうじゃ…怖いのぅ…」

女神「カラコンの話か…ところで、何故カラコンの話になったの?」

秋津洲「ここに来る随分前のコトなんだけど、単艦で任務に着くこと多かったの… 色々工夫しないと危ないかもってことで、化粧で敵の目を誤魔化してた時期があって…」
…………………
……………
………



100 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/18(土) 01:26:12.72

秋津洲「ひとりで、任務につくの怖いかも~」メソメソ…

シギャーシギャー…

秋津洲「ど どこかで、深海棲艦の声がする?」

ヲヲヲ…

秋津洲「そうだ!敵に化ければいいんじゃない? あたし頭いいかも!」

イィィィ… イィィィ…

秋津洲「まず、髪をおろして…
昆布とかの海藻を体に巻いて…
この大きなシャコ貝を頭に乗せて固定すれば…
ヲ級に見えるかも!

そして、片目だけカラーコンタクトの青いの入れれば!!!
ヲ級フラグシップ!!!
これで近くの中継基地まで行けばいいかも!」ヲヲヲカモ…
………………
…………
……

鳥海「さぁ、行きましょう!やるわよー!」ジャキッ!

加古「ぶっ飛ばす!」ジャコッ!

衣笠「衣笠さんにお任せ!」チャキッ!

古鷹「左舷、砲雷撃戦、用意!」チャッ!

天龍「オレの名は天龍。フフフ、怖いか?」シャキン!

夕張「さぁ!色々試してみても、いいかしら?」カチャッ!

青葉「ども、恐縮です、青葉ですぅ! 一言お願いします!」マイク スッ…

秋津洲「怖いです! 色々試さないで下さい! ぶっ飛ばさないで下さい! 撃たないで下さい! 味方です!」モウダメカモ…

古鷹「第八艦隊の前にそんな格好で出てきたら駄目ですよ?」

加古「厚化粧みたいにゴテゴテ塗ってきたな…」

鳥海「そんなに、ゴテゴテに変装したら敵に勘違いされても、仕方ないわよ?」

秋津洲「ごめんなさい ごめんなさい ごめんなさい 撃たないで下さい 許して下さい!ソロモンの悪夢は見たくないかも…」ナキタイカモ…

衣笠「カラコン入れてもオッドアイにしか見えませんよ?」

天龍「あほくさ…」

青葉「まぁ、情報交換しましょうか?」

秋津洲「はい…かも…」



101 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/18(土) 01:28:22.66

………………
……………
…………
秋津洲「てなことがあってね?」シヌカト オモッタ カモ

女神「それって、メチャクチャ失敗談ですやん?」

利根「…で、こんな夜遅くになんの用じゃ?」

女神「あっ…うん…輸送船団のコトでちょっとね…」

伊良湖「蒟蒻妖精さんが、ちょっと 夢を見てね…」

秋津洲「夢?」

………………
……………
…………

利根「…で、悪夢通りのコトが起きそうじゃから、他の鎮守府から来ていて、『出撃禁止命令』の出てない吾輩に輸送船団を護る為の力を貸して欲しいと?」

伊良湖「私じゃ、戦えないし…」

利根「貸したいのは、山々なんじゃが… 我々は軍属ぞ? 司令官からの命令なしには動けん…」

女神「……」

利根「それに、カ級相手に重巡では、相性が悪過ぎるのじゃ…」

秋津洲「カ級6杯を相手に重巡1杯じゃどちらにしても無理があるかも…」

伊良湖「秋津洲ちゃんは、助けてくれないの?」

秋津洲「あたしは、戦力にならないし、それにうちの鎮守府は、伊良湖ちゃん以外の艦は出撃禁止の命令が出てるでしょ…命令違反はチョット…」

伊良湖「そんな… 利根さん 秋津洲ちゃん…」

女神「伊良湖ちゃん もう良いわ… 無理を言ってゴメンね二人とも…」

利根「力になれなくて、スマンのじゃ…」

秋津洲「ごめんね 伊良湖ちゃん 蒟蒻妖精さん…」

-部屋の外-
龍驤「真夜中にゴチャゴチャうるさいから、文句言ったろぅ思ぅたけど、空気重すぎやわぁ…開発疲れたし、眠すぎて頭回らへんし、はよ寝よ…フワァ-」ヘヤ カエロ…


コソォ…
青葉「青葉見ちゃいました…」



102 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/18(土) 01:30:05.76

-朝の中庭-
女神「結局寝れなかった…ふぅ… 伊良湖ちゃんだけで、船団を護る方法か…」

少女「おはよう、蒟蒻妖精さん!難しい顔をしてどうかしたの?」


女神「あら、少女ちゃんおはよう!……アレ?その、泣きペンギン 昨日、工廠に連れて言ったんじゃないの?」

少女「連れて行ったよ~?」


女神「何で、いるの?」

少女「あたしとお姉ちゃんと一緒に遊ぶ為?」


女神「工廠に連れて行ったんだよね?(廃棄処分目的)」

少女「ちゃんと連れて行ったよ~?工廠の見学チョット退屈だった~…」

失敗ペンギン「……」コクコク


女神「あぁ… 見学をしてたのね…」

少女「今日は、浜辺で一緒に遊ぶつもりぃ!」


女神「そっ… そう… それは、良かったわ…」

少女「じゃあね~」フリフリ…

女神「うん、またね…」フリフリ…

ペンギン「……」フリフリ…


女神「あの娘には、またの機会があるの…? ヤッパリ 報・連・相 よね…」

女神『上司女神さま~ 助けて下さ~い!』

天界『……』シーン…

女神『おーい!上司女神さま?』

天界『……』シーン…

女神『おい!クソババア!応答しやがれ!!』

天界『……』シーン…

女神「あ…れっ…?」

女神(まさか、堕天して私の神性が弱まってる?そういえば、ココに来てから、神らしくない、だらけた生活を送ってきた様な気がする…!!?)

女神「完全に詰んだ…! 神性まで失ったら、ただ妖精に変化が出来るだけの役たたずじゃない!?」アセダラダラ



103 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/18(土) 01:32:02.56

-工廠-
龍驤「ないっ! ないっ! ないっ! どこにもないっ! どないしよう!!」

秋津洲「何か探しものをしてるの?」ヒドイ アワテヨウカモ?

龍驤「中堅提督から貰った命より大事な指環… どないしよう…」ウルウルウル…

………………
……………
…………
-海辺-
少女「ペンギンさん カワイイ!」ナデナデ…

ペンギン「///」テレテレ

少女「あれ~っ? ペンギンさん この指環どうしたの?」

ペンギン「~♪」ユビワ ワタシワタシ

少女「わーシンプルだけど綺麗!」

ペンギン「~♪♪」コクコク!

少女「ありがとう!! でも、どこで手に入れたの?」

ペンギン「~♪」ユビサシ…

少女「あ~、昨日、工廠で拾ったんだね? 指環のサイズから、工廠の妖精さんのじゃないよね… 艦娘の誰かのかな?」

………………
……………
…………
-中庭-
女神「神性なくなった 神性なくなった 神性なくなった…」ブツブツ トボトボ…

龍驤「指環なくしてもうた 指環なくしてもうた 指環なくしてもうた…」ブツブツ トボトボ…


ゴ チ ー ン !!

女神「いつつぅ~…」

龍驤「あいたぁ~…」

女神「前見て歩きなよ!」プリプリ…

龍驤「そっちこそ、どこに目ぇつけてんねん!」ムッカァ-…ポロポロ…

女神「ちょっ、泣くことないじゃない?」オロオロ…

龍驤「うっさいわぁ! もうどいてや…」ポロポロポロポロ…

女神「えっ!?あっ、はい!」ギュウー…ダキシメ-…

龍驤「へっ?はっ?」///

女神「今 抱いてや!っていってたでしょ?」

龍驤「抱いてやない!どいてや言ったんや!」ドキドキ

女神「泣きやんだ?」

龍驤「あっ… うん…」



104 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/18(土) 01:34:27.58

………………
……………
…………
女神「へぇ? 前任の提督の一番最初のケッコン(仮)艦なの?」

龍驤「そや、悪いか?」

女神「全然悪くないです…」

龍驤「ふん…」

女神「そう言えば、その中堅提督さんは、今どうしてるの?」

龍驤「中堅提督は… 行方不明なんや…ある輸送作戦の指揮を取ってたんやけど… 未だ 帰って来ぉへん…」

女神「だからいつも波止場にいるのね……」

龍驤「冗談半分で言った関西弁がカワイイゆうてな… まぁ、冗談やろうけど、ヤツが任務から帰って来るまで、関西弁で毎日過ごす様に言われてねん…」

女神「……」

龍驤「ウチは、信じてんねん あの人は、きっとどこかにおる! ウチをおいて逝かない! 帰ってきたら結婚式挙げる約束したんや!」

女神「そのさっきなくしたと言ってた指輪…」

龍驤「あの人が、任務に出発する日にくれたモノや… あの指輪は、ウチの命やねん…」

女神「そう… 貴女はカワイイわね…」フフッ…

龍驤「どう言う意味や!!!」クワッ!

女神「私なんて…、愛する男に爆弾のスイッチを渡して、任務の為に自爆して!…って言ったことあるんだもの…
健気に待っている貴女が少し羨ましくなったのよ… 気を悪くしないでね…」

龍驤「あ…… アンタ、ホンマに酷い女やな?」

女神「そうね…」

龍驤「その男は、どうなったん?」

女神「どこかで、生きているわ… もう、合わす顔がないけど…」

龍驤「自業自得や!」

女神「…本当にそう思うわ…」



105 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/18(土) 01:36:29.31

龍驤「……ウチ、命より大事な指環なくしたし…… 死ぬわ…」

女神「ちょっ!? 死ぬとか、ないでしょう?私も探すから!」

少女「あのぅ? 指環ってこれのこと?」

龍驤「!!!」

女神「おぉ、指環だ!」



龍驤「ありがとぉう おおきに ほんま助かったわぁ!!」


少女「ペンギンさんが指環を拾ってくれたんだよ!」

ペンギン「~♪」

龍驤「ペンギン ありがとうな! 愛してるで!」チュゥゥゥ!

女神「一件落着… よかったね?龍驤さん!」

龍驤「神様って、ほんまいるんやな! ありがとやでーかみさまー!」

女神「きっと、日頃の行いが良かったのね?貴女の言う神様も喜んでいるわ…」

少女「ペンギンさん じゃあ浜辺に行こう!」

ペンギン「~♪」コクコク

龍驤「ありがとうやで、またな?」フリフリ

少女「うん、またね!」フリフリ

女神「さて、龍驤さん 私もこれで失礼するわね?」

龍驤「ちょっち、待ちぃ!」

女神「何か?」

龍驤「アンタ、船団護衛の船、探してるんやろ?」

女神「………ええ、そうよ…」

龍驤「ウチ、行ってもええよ?」

女神「龍驤さん 新米提督さんの命令に違反するつもり?」

龍驤「このままでは、船団が全滅する恐れもあるんやろ!?」



106 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/18(土) 01:39:03.18

女神「どこまで、知ってるのかしら…
確かに、このままでは、輸送船団はかなり危ないわ… 私の見た悪夢の話だけどね…」

龍驤「あの人なら、こう言う場合、きっとウチを船団護衛につけるはずなんや!」

女神「中堅提督さんのコトね?…で、貴女が護衛任務に命令無視して行く理由にならないわね?命令違反は、軍法会議ものよ?」

龍驤「命令違反やない! 今の新米提督だって、いつもなら、きっとそう言うはずなんや!
それに、これ以上輸送作戦の被害者を増やしたくないんや!」

女神「ごめんなさい… ありがとう…ございます…」ポロポロ…

龍驤「泣くなや? それに、あの少女ちゃんには、借りもあるしな?」

女神「うん! 今、時間ある? 間宮に行こう?」

龍驤「ええで、行こか…」

………………
……………
…………

伊良湖「ありがとう 龍驤さん!」

龍驤「ウチがいるから、安心し!」

伊良湖「私もサポートがんばります!」

龍驤「ウチは、君達が行った後に出るわ!ウチの鎮守府は、次の大規模作戦まで全艦出撃禁止の命令が出てるけど上手くやれば行けるやろ!」

女神「明日、出港か…」(上司との交信が途絶えた今 私に出来るコトを探さなきゃ!)

伊良湖「なんだか、緊張してきました!」

龍驤「軽空母やけど、大船に乗った気持ちでいてや!」

伊良湖「こういう時こそ、カレーチョコパフェを食べると落ち着けますね? 食べます?」

女神(しかし、龍驤さんだけで、多くの輸送船を護るのは、正直難しいわね… どうしようかしら…)



107 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/18(土) 01:40:51.59

伊良湖「無言は肯定と受け取ります!カレーチョコパフェを食べたいんですね? すぐ作ります!!」

女神「伊良湖ちゃん ちょっと待て! パフェはいらない!」

伊良湖「遠慮しなくて良いんですよ?」

女神「それより聞いて欲しいコトがあるの…」

龍驤「なんや いったい…?」

女神「龍驤さん 正直、私や伊良湖ちゃんは、戦闘では、何の役にもたたないわ… 『出撃禁止命令』は出てるけど、他に仲間を連れてこれないかしら?」

龍驤「仲間ね…無理やろぅな…まぁ、それ以外なら方法はいくらでもあるわ… それより、アンタ、ほんまは、応急修理女神やろ? 何か出来んの?」

女神「!!!」

龍驤「まさか、今まで、バレてへんとでも思ってたんか!!?」

女神「はぁ、バレてたんだ…」

伊良湖「蒟蒻妖精さんは、応急修理女神なんですか?」

龍驤「利根も知ってるで!」

伊良湖「私は気がつきませんでした…」

女神(だから、天界と交信出来なかったんだ!!)

龍驤「で、女神なんやろ何ができるん?」

女神「妖精への変化と、多分…応急修理が出来ます!」

龍驤「もっと、こうグワァ~と敵をなぎ倒すような技とかあらへんの?」

女神「あれば、最初から私だけで解決してます!」

龍驤「神様この悲劇的な状況をどうかお助け下さい!!」

女神「私も神なんだけど…」

伊良湖「蒟蒻妖精さんは 神らしくないですよね… ところで、カレーチョコパフェは、本当にいらないんですか?」

女神「いらない!」



108 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/18(土) 01:44:01.33

………………
……………
…………
コンコン
龍驤「利根おるかぁ?」

利根「山!」キリッ

龍驤「無し!」キリッ

ガチャ…

利根「よし入れ!」

龍驤「なぁ… あの合言葉やめへんか?」

利根「で、何の用じゃ?」

龍驤「ん…、オマエにちょっち、あっとこう思てな…」

利根「……」

龍驤「なんや、逢うたら言うコト忘れてしもうた… 邪魔したな?」

利根「船団護衛につくつもりじゃろ?」

龍驤「……」

利根「そんな勝手な真似ゆるさんぞ!」

龍驤「あの姉妹 おまんら姉妹ソックリやったな…?」

利根「……」

龍驤「あの姉妹だけやない… ウチな、多くの人間を守りたいねん… それが、艦娘に産まれてきたウチの意味やと思っとる!」

利根「龍驤!お主は、次の作戦まで待機の命が出ているんじゃ!」

龍驤「艦娘の空母一杯 カ級達は喜んでこっちを追ってくるやろ…?」

利根「龍驤?お主 囮になるつもりか? 許さん!許さんぞ!」

龍驤「オマエとは、あまり逢えんからな… 最後に挨拶できてよかったわ…」

利根「囮になって、中堅提督は喜ぶと思うとるのか?」

龍驤「中堅提督はなぁ… もうこの世におらんやろぅなぁ…」

利根「龍驤!まさか死に場所を見つけに行く気か?」

龍驤「きっと、あっちで逢うたら怒るやろな…」

利根「くっ… 吾輩も… 行く… 龍驤、お主は卑怯じゃ!!次こそは、沈ませんぞ!」

龍驤「やめておけ、筑摩の元へ帰ってやれや…」

利根「筑摩も勿論大事じゃが、お主も大事なんじゃ!」



109 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/18(土) 01:45:45.38

龍驤「重巡に軽空母… こりゃカ級にとって美味しいご馳走やな?
まぁ、ヤバぁなったらウチが上手く囮するわぁ…」

利根「焚き付けおって、ゆるさん!」スック…

龍驤「ちょっち どこ行くねん?」

利根「間宮に文句言いにいくんじゃ!」

龍驤「あっ! ちょっと待ってぇな…」


ガチャっ…
利根「なっ、しまった…!!」

龍驤「どうしたん 利根?」

時津風「あー 明日の利根さんの予定を持ってきたんだけどー 部屋に入りにくくてー…」

天津風「龍驤さんどういうこと? 勝手は許さないわよ!」

龍驤「あっちゃー! まさか聞いとった?」

時津風「無理な作戦はやだー、凄く嫌!! まさか二人で船団護衛するてもりですかー?」

天津風「司令官にチクるしかないわね?」

利根「えーっと じゃな… そのぅ…」ゴソゴソ…

天津風「何です?」

利根「こ、これで目を瞑って欲しいのじゃ!」

時津風「あー 間宮券だー4枚あるー」

天津風「教官の立場の艦娘が、買収はいけないんじゃない?」

龍驤「あっ、そうだ!」ゴソゴソ…

時津風「何ですー?」

龍驤「こ、これな?」

時津風「豚まんのタダ券2個分だー♪」

龍驤「こ、これも付け加えるで… どや?」

天津風「そう言う意味じゃなくて、私達もついて行くわ!いいわよね?」

利根「い、いや…しかしじゃな?」

龍驤「そ、そうや…落ち着け二人とも…」

時津風「落ち着くのは、二人の方だよー?」



110 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/18(土) 01:48:21.29

天津風「適材適所って言葉があってね 潜水艦相手に戦うなら駆逐艦か軽巡が出るべきところなのよ?」

時津風「二人とも、教練最初からやり直したらー?」

利根「あっはっはっ!一本とられたな 龍驤?」

龍驤「悔しいが、その通りで何も言えへん…」

時津風「多くの人を救うのは、当然大切だけどさぁー?」

天津風「友軍の不利を見て見過ごすコトは出来ないわ!」

時津風「明日は利根さんとの合同演習の予定に切り換えるねー?
まぁ、演習も出撃って言えば出撃だけどねー…でも訓練だからー」

天津風「でも、訓練中に深海棲艦との遭遇戦になったら、それは、しょうがないコトだから命令違反にならないしね…」

利根&龍驤「その手があったかぁぁぁ!!!」

天津風「どんだけテンパッテるのよ?」

龍驤「しかしなぁ、この布陣…」

利根「軽くフラグ立ってるのぅ…」

天津風「今回は、作戦内容が違うわ! 大丈夫よ!」

時津風「それに、伊良湖ちゃんいるんでしょー? 前と布陣違うんじゃない?」

利根「とりあえず、間宮2号店に行こう! 女神のヤツに文句のひとつも言ってやるのじゃ!」

………………
……………
…………



111 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/18(土) 01:50:10.23

利根「蒟蒻女神 よくも龍驤を焚き付けおって…!」

女神「あのぅ 蒟蒻と女神をまぜないでくださるかしら?」

時津風「間宮券ここでも使えますかー?」

伊良湖「あっ!はいはい、いらっしゃいませ!何にしますか?」

天津風「じゃあ、あいすくりんを4つお願いします!」

伊良湖「はーい!」

女神「あっ、お冷やはセルフサービスになっておりますので、アチラの蛇口からコップに水を各自お入れ下さい!」

利根「おい!責任者を呼べ!」

女神「伊良湖ちゃーん呼んでるよー!」

利根「この、堕女神が!!」

女神「利根さん 今回は、ありがとうございます! 船団の護衛感謝しております!これで多くの人達が救われます!」ペコリ…

利根「えっ? あっ? まっ、まぁ、いいんじゃけどな…」テレテレ

女神「ちょろい!」(本当にありがとう!)

利根「なんじゃと!!」ムキー

伊良湖「はーい、おまちどうさま!」

時津風「あいすくりんが4つ来たよー」

天津風「利根さん 龍驤さんも一緒に食べましょう?」

龍驤「おおきに!ありがとう!」

利根「ありがとうなのじゃ!」

女神「うまそう…」ジュルッ…

伊良湖「カレーチョコパフェまだあるけどいる?」

女神「へい、粗茶でございます」コトコトコト…

利根「雑巾汁をトッピングに頼んだ覚えはないが?」

女神「チッ バレたか…」

伊良湖「無視しないでよ…」



112 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/18(土) 01:51:33.48

………………
……………
…………
新米提督「…で、明日から何日間か隣の鎮守府から来ている利根と合同演習をしたいと?」

龍驤「次の大規模作戦前に駆逐艦2杯の力を底上げしてもええやろ?」

新米提督「………」

龍驤「アカン…か?」

新米提督「そうだな… 行ってこい… 気をつけてな…… 必ず帰ってこいよ…」

龍驤「………」

新米提督「もう、艦娘を失いたくないんだ… 帰ってくることを約束しろ! 龍驤! いいか?」

龍驤「ヤッパリ 君は優秀な司令官やな?」

新米提督「フン 前任の先輩司令官の女に誉められても嬉しくない!」

龍驤「……」

新米提督「大本営から憲兵が相当数来ている…間違えても、輸送船団と一緒に出港するなよ…勘違いされる…」

龍驤「演習中に事故があっても、君の責任じゃぁない… ウチらが勝手にしたコトや… ほな行くわ…」

カチャ…パタン…

新米提督「提督に向かって君って言うヤツはオマエくらいだよ… 腹だたしい… さて… 私もするべきコトをしなければな…」

…………………
………………
……………
伊良湖「明日の朝、いよいよだね…」

女神「伊良湖ちゃん 貴女戦えないコトを嘆いてたわね?」

伊良湖「うん… みんなに申し訳なくて…」

女神「戦えないのは、私達神のせいなの…」

伊良湖「えっ?それは、どういうこと?」

女神「貴女達 数少ない給糧艦は、艦娘だけでなく人間にも活力を与える艦なのよ… そこで神々は決めたの、貴女達の攻撃翌力を奪ってでも絶対に沈まない防御力を与えようと…」

伊良湖「私は、沈まない?」

女神「えぇ、絶対に沈まない!決められたコトよ…」



113 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/18(土) 01:52:56.97

伊良湖「私の攻撃は深海棲艦に通じないけど、深海棲艦の攻撃も私に通じない…」

女神「そうよ…見方をかえると貴女みたいな艦が最強の艦娘かもね…」

伊良湖「龍驤さんのコトですが…」

女神「私も艦娘の神々の一人… 龍驤さんがどう沈んだかは、知ってるわ…」

伊良湖「あの4人での護衛作戦…嫌な予感がするんです……龍驤さんを沈ませたくないです!」

女神「輸送船団は、きっと彼女達が護ってくれるわ! 私達は、あの4杯の艦娘…とくに龍驤さんを護りましょう!伊良湖ちゃんの底なしの防御力で!」

伊良湖「わかりました!がんばります!」

………………
……………
…………

伊良湖「利根さん 龍驤さん 天津風ちゃん 時津風ちゃん おはよう! これ、お弁当!後で食べてね?」

龍驤「おおきに!ありがとう!」

利根「ありがとうなのじゃ!」

天津風「美味しくいただくわ!」

時津風「ありがとー!」

女神「じゃあ、皆様 私達は先に行きますわ また後でね?」

少女「あー、艦娘の人達だ~!!」

利根「おぉ、少女ちゃんじゃな?今日、国に帰るのじゃな?」

女「どうも、お世話になりました バタバタと忙しくスミマセン 国に帰ります!」

龍驤「また、いつか遊びに来てや!」

女&少女「ありがとございました!」

伊良湖「さぁ、行きましょう!」

女神「んじゃ、艤装に入るかな?」パシューン

伊良湖「じゃあ、皆さん行きます!」ケイレイ
………………
……………
…………



117 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/18(土) 02:29:59.48

女神『伊良湖ちゃん 最初の方は、問題がないはずよ… マッタリ行きましょう!』

伊良湖「はい! ところで、一つ聞きたいコトがあるんですが…」

女神『何?』

伊良湖「蒟蒻を、私の艤装内で作ったコトありますか?」

女神『作った蒟蒻はありまぁす!』

伊良湖「見たことないんですが?」

女神『……』

伊良湖「ヤッパリ!! じゃあ、艤装のどこにいるんですか?」

女神『今?艦長してるよ!艦橋にいるよ!』

伊良湖「ちょっと、何勝手なコトしてるんですか?」

女神『いやー、艦長まで昇りつめて、艦を制覇するまでの過程も色々あったんだけどさ、面倒臭いから詳しい話は省かせて!』

伊良湖「私の元艦長は、何をしてるんですか?」

女神『蒟蒻作らせてるよ?』

伊良湖「もう… 艦長に何やらせてるんですか…」

女神『私が伊良湖の艦長だ!』

伊良湖「もう、好きにして下さい…」



118 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/18(土) 02:31:19.46

利根「とりあえず、輸送船団を先行させて、一定距離を保ちつつ、着いて行けばいいんじゃな?」

龍驤「まぁ、女神の予知夢通りなら、まだまだ先の話やし、気張らんと頑張ろや?」

時津風「わ~れは、う~みの子 知~らない~の~…♪」

天津風「まぁ、艦娘だから海の子だって言えば言えるけど、知~らない~の~ の部分は、「白波の」よ?」

利根&龍驤「「えっ!?」」

天津風「えっ!?」

利根「んっ… オホン! まっ、まあ、時間もあるし、伊良湖の弁当でも皆で食べようじゃないか?」

龍驤「そっ、そやな?」

時津風「はいはーい、お弁当分けますよー」

天津風「んっ ありがと!」

利根「ありがとなのじゃ!」

龍驤「おおきに サンキューやで!」

一同「いただきます!」パカッ…

龍驤「海苔で弁当に文字が書いてあるなぁ…『ガンバレ』か…」

天津風「私のも『ガンバレ』って… 伊良湖ちゃんらしいわ…」

時津風「『ガンバレ』か… よーし頑張るぞー!」

利根「何で吾輩のだけ
『ガンバレ』じゃなくて
『フンバレ』なんじゃ?」

龍驤「何か身が出てしまいそうやな?」プフッ…

時津風「あっ!お弁当箱の蓋の裏側に海苔がついてるよー!」

天津風「これをこう乗せれば『ガンバレ』になったわ…」

利根「その様じゃな…」

………………
……………
…………

一同「ごちそう様でした」

龍驤「旨かった!」キラキラ

天津風「流石料理人ね!」キラキラ

時津風「おいしかったよー!」キラキラ

利根「美味しかったのじゃ… 龍驤が余計なことさえ言わなければ最高じゃったのに…」フツン



119 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/18(土) 02:32:49.15

………………
……………
…………
新米提督「流石だな…」

青葉「青葉全部、見て知ってましたので、準備は出来ています司令官!」

足柄「提督、きっと命令してくれると信じてたわ!」

扶桑「私達は、提督の決断を英断だと思っていますよ…」

新米提督「大本営が送ってきた監視係り達が何を言う…」フン

青葉「あっ!知ってたんですか?」

足柄「まぁ、バレるわよちょくちょく呼び出されてれば…」

扶桑「提督は敵が多いですものね?」

新米提督「まぁな……で、秋津洲はどうした?」

足柄「部屋にいるわよ…」

新米提督「そうか、3名とも待機!」

青葉&足柄&扶桑「「「はいっ!」」」

………………
……………
…………
コンコン…

秋津洲「はい、かも?」

新米提督「秋津洲 私だ、新米提督だ… 開けて貰って構わないか?」

ガチャ…

秋津洲「はい…」

新米提督「入っても構わないか?」

秋津洲「………どうぞ」

新米提督「お邪魔する…… !! そこにいるのは、二式大艇?」

秋津洲「毎日、足柄さんと青葉さんと扶桑さんに訓練して貰っていました…」

新米提督「では、今、既に改なのか?」

秋津洲「はい…」

新米提督「はははっ… 俺は、提督失格だな… 部下の状態も知らんとは…」

秋津洲「大艇ちゃん おいで、ここの提督さんだよ!」

二式大艇「~♪」

新米提督「あぁ、ヨロシク頼むよ…」

秋津洲「で、何か用ですか?」



120 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/18(土) 02:34:53.27

新米提督「秋津洲!!本当にすまなかった!!許してくれとは、言わん!ただ、君の力を他のみんなの為に貸して欲しい!」

秋津洲「えっ、あっ、あたしは、大丈夫です!
この間はただタイミングが悪かったみたいなので…」

新米提督「いや、俺が悪い!冷静さを欠いていた… イヤ言い訳だな…」

秋津洲「もっ、もう良いかも~ あんまり謝られると困るかも~?」

新米提督「『かも』が戻って来てくれたな?」

秋津洲「あっ、そうかも~」ニコッ

新米提督「俺は馬鹿だな…」フフ…

秋津洲「で、あたしは何をすればいいのですか?」

………………
……………
…………

新米提督「ウチの鎮守府には、君達4杯しか残っていない…」

扶桑「少数精鋭ですね…」

新米提督「支援任務をして欲しい!」

青葉「龍驤さん達のですよね?」

足柄「我が国の重巡の恐ろしさを見せてやるわ!」

新米提督「旗艦は秋津洲 君がやれ!」

秋津洲「えっ!? 私が旗艦?で、でも…何もできないし…無理かも…」ジシン ガ ナイカモ…

青葉「青葉は、貴女に盗撮、スクープを取る方法 、情報を得るノウハウを叩き込みました!」

足柄「私は、敵の群狼作戦のポイントを貴女に教えたはずよ!」

扶桑「私は、どんな不運な状態でも冷静さを欠かさない統べを伝えたつもりです…」

青葉&足柄&扶桑「「「自分を信じなさい!」」」

新米提督「私の言葉ではないが、同盟国のある爆撃機乗りが『自らを価値無しと思う者のみが、真に価値無き人間なのだ』と言っている…
秋津洲、君は自分の力で二式大艇を得た! 偵察ができる 価値無きモノかね?」

秋津洲「……が、頑張るかも… ううん 旗艦頑張ります!」



121 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/19(日) 07:23:57.09

足柄「で、私達は、すぐに龍驤さん達を追えばいいのね?」

新米提督「いや!龍驤達の輸送船団が前後から挟撃されるのは怖い!
龍驤達の後方を守って、退路を確保しておいて欲しい!」

青葉「了解です!」

扶桑「念には念をですね…」

新米提督「ただ、秋津洲の二式大艇のみ、龍驤達に追いついて索敵を手伝って貰う!」

秋津洲「わかりました!大艇ちゃん ヨロシクね!」

二式大艇「!!」ケイレイ

足柄「主翼が曲がって敬礼した様に見えた!?」

青葉「き、気のせいでしょう…」

扶桑「私に積めないかしら…欲しいわ…」

新米提督「あれの中身はどういう構造なんだ…?」



122 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/19(日) 07:25:35.87

-数日後-
伊良湖「あと一日で、中間地点の港に着きます…」

女神『悪いけど、入港後も継続して船団護衛を頼めるかしら?』

伊良湖「勿論ですよ!」

女神『カ級を見つけたら船団の足を一時停止させるか航路を変えてしまえばとりあえず安全だわ!』

伊良湖「はい!」

………………
……………
…………

利根「おかしいのぅ… カタパルトの調子が悪くて索敵機が出せんのじゃ…雲が多く出てきたから、すぐにでも水観を出したいんじゃが…」

龍驤「またかいぃぃぃ!! もうええよ… ウチの子等が索敵しよるから…まぁ、砲撃翌頼むわ…」

利根「スマンのじゃ…」

天津風「あの4発機は、二式大艇じゃない?」

時津風「秋津洲ちゃんの大艇ちゃんだー!」

ザ…ザザー…
秋津洲『新米提督より後方支援を頼まれたかも~ 索敵の御手伝いするね~』

利根「スマンのじゃ 秋津洲 ヨロシク頼むのじゃ…」

天津風「ヤッパリ 新米提督にバレてるんだ!?」

時津風「まぁ、ウチの鎮守府のトップだもんねー キレものじゃないと困るしー?」

秋津洲『みんなー大艇ちゃんがカ級を見つけたかも~?』

龍驤「なんや?予定より、早ないか?とりあえず、爆戦の紙人形用意や!」

天津風「時津風!私達も行くわよ!」

時津風「はーい!」

龍驤「よし、一気に決めるで!艦載機のみんな!お仕事、お仕事!」

利根「ううむ… いいところがないのじゃ…!」

龍驤「そんなことないで、近くにいてくれるだけで安心するわぁ…」

利根「まぁ カ級相手には、正直不利だしのぅ… 残念じゃ…」

龍驤「さぁ仕切るで!攻撃隊、発進!」

………………
……………
…………



123 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/19(日) 07:27:14.45

伊良湖「あれは、秋津洲ちゃんの大艇ちゃん…!!」

女神『あきつし丸ちゃん援軍できてくれたんだね?』

伊良湖「秋津洲ちゃんです!!」

女神『ん…… な、何か気配がおかしいわ…船団が危ない?』

伊良湖「ど、どうしたんですか…?」

女神『夢と違う!!』

伊良湖「それは、どういうコトですか?」

女神『わからない でも急いで輸送船団の先頭に並んで!』

伊良湖「二式大艇より カ級1 敵艦見ユと既に龍驤さん達に連絡しているみたい!?」

女神『まだ中間地点の港に入港してないわよ!?出港後で襲われるはずなのに…!!』

伊良湖「天津風ちゃんと時津風ちゃんを先頭に支援艦隊がコチラに急行しているそうです!」

女神『何としても、船団を地獄に連れて行く気ね!? 運命の悪魔よ許せないわ!!』

伊良湖「大艇ちゃんから、さらにカ級5杯を船団の進行方向前方の中間地点港付近で発見!?」

女神『なぜ…?出港後じゃないの…?』

伊良湖「大艇ちゃんより、雲の切れ目から敵偵察機も発見したそうです!!!」

女神『敵偵察機!!?敵偵察機がこの場にいるの…? 敵が増えて……る?もし、敵艦載機が多数押し寄せたら?マズイ!!』

伊良湖「先頭に並びました!」

女神『輸送船団の足を止めたり引き返せば、艦載機の餌食に… 進めば、潜水艦隊の待ち伏せで喰われる…港は目の前なのに…』

伊良湖「私達はどうしましょう?」

女神『貴女の航行と防御力を信じてる…』

伊良湖「つまり先行するんですよね?最大戦速、一杯!!」

………………
……………
…………



124 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/19(日) 07:29:04.42

利根「龍驤!!攻撃隊全機発艦させたか?」

龍驤「それは、大丈夫や!利根は、カタパルトどんな具合やねん?」

利根「今、調整中じゃ…こんな時に…」

時津風「輸送船団の後方が見えたよー! 後ちょっとで追い付ける!」

利根「!!! なっ…、あっアレは……龍驤!!我々の後方より敵影多数じゃ!前方のカ級と挟撃されたのじゃ!!」

龍驤「このままじゃ、輸送船団が!直掩機のみんな!迎撃や!」

………………
……………
…………
伊良湖「各個撃破を狙ってくれば、カ級の魚雷が私に集中するはず!」

女神『大丈夫よ!多分…沈まないわ…』

伊良湖「多分って何ですか?怖いコト言わないで下さい!」

女神『伊良湖ちゃん 魚雷はなるべく全部避けて!』

伊良湖「勿論そのつもりです!」

女神『沈まない固い艦に魚雷を撃ちつづける程 深海棲艦は馬鹿じゃないわ!!』

伊良湖「標的を後ろの輸送船団に変えさせない為ですよね?」

女神『えぇ、私達は、避け続けなければならないわ!そして、なるべく無駄弾を相手に使わせて攻撃翌力を奪いましょう!』

………………
……………
…………

利根「龍驤!お主と輸送船団を守って見せる!重巡の対空砲火を見せてやるのじゃ!撃ち方用意!!味方の機を撃つなよ!」

龍驤「天津風 時津風! 前方のカ級の方を頼むで!
輸送船団を早く中間地点の港に収容せにゃならんくなった!」

天津風「了解!」

時津風「りょーかーい!」



126 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/19(日) 07:36:07.69

………………
……………
…………
秋津洲「敵艦隊、発見したかも! 艦隊、戦闘よーい!」

扶桑「新米提督の予見が当たるとは、流石リトルルーキーと言われるだけありますね…?」

青葉「リトルルーキー………?? まぁ、取り合えず前方、空母2 戦艦1 重巡2 駆逐1ですね!敵は、まだこちらに気づいてないよ。」

秋津洲「龍驤さんの方に行かすわけには、いかないかも!」

足柄「悪夢じゃ済まさない! 地獄を見せてやるわ!」

青葉「ワレ青葉!尋常に勝負!」

扶桑「戦艦もいるんですね…輸送船団の方には行かせませんよ!
火力に特化した私の砲撃に耐えられるかしら…?」

秋津洲「空母は、攻撃隊を挙げて今、空状態の様ですが?」

足柄「好都合ね、開幕爆撃は、コチラにこない!」

青葉「もし、生き延びれる艦載機がいたら絶望する展開が青葉見えちゃいました。」

足柄「青葉いくわよ!」

青葉「ダブルウルフですから!」

扶桑「主砲、副砲、撃てえっ!」ズ┣¨┣¨┣¨┣¨ーン!!

秋津洲「あ、あたしだって、頑張るかも!」

ズドドーン!

扶桑「あら!いきなり命中するなんて!明日はきっと悪いコトがおきそうね…」

足柄「第一戦速、砲雷撃、用意!撃ぇー!」スドドドーン!

青葉「索敵も砲撃も雷撃も。青葉にお任せ!」ズドドーン!

秋津洲「攻撃翌力、あまりないかもなんだけど・・・」ズドーン!


ズ ガ ガ ー ン !!



秋津洲「扶桑さん!被弾したかも!大丈夫?」

扶桑「かすり傷程度よ、心配いらないわ。狙いよし、…ってー!!」ズ┣¨┣¨┣¨┣¨ーン!


秋津洲「タ級に直撃!轟沈します!」



127 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/19(日) 07:37:48.49

足柄「10門の主砲は伊達じゃないのよ!」ズドドーン!

青葉「よく見えますねぇ。」ズドドーン!

秋津洲「ル級1大破 ヲ級1轟沈!」

扶桑「反撃の隙を与えないで、敵の混乱している時間は、お金では買えないわよ!」ズ┣¨┣¨┣¨┣¨ーン!

秋津洲「さらにヲ級を轟沈!」

足柄「後は蹴散らす!前に出るわよ!」

青葉「その撃ち方では、青葉には、当りません 見えてますから…」

足柄「弾幕を張りなさいな!撃て!撃てー!」ズドドーン!

青葉「敵重巡に命中!もう沈むでしょう…」


扶桑「足柄さん、出過ぎ!!危ない!」


足柄「んにゃ?んにゃー!!」




う あ あ ぁ ぁ ぁ ぁ !


ズ ガ ア ァ ァ ァ ー ン


秋津洲「ぐっ… うっ… 足柄…さ…ん…… 大丈…夫…?」ゲホゲホッ…

足柄「秋津洲?」


扶桑「この!沈みかけのル級が!!」ズ┣¨┣¨┣¨┣¨ーン!

足柄「よくも… よくも、教え子に!!!喰い千切る!」ズドドーン!

青葉「ゆるさない!」ズドドーン!
………………
……………
…………



128 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/19(日) 07:40:12.06

………………
……………
…………
女神『右舷から魚雷くるわよ!』

伊良湖「了解!」

女神『さらに進んだところに左舷より魚雷を撃ってくるはずだわ!』

伊良湖「神様チートですね?」

女神『深海棲艦の動きは何故かわかるのよ… また左舷後方より魚雷を撃ってくるわ!』

伊良湖「後方からくるアレは、爆戦!」

爆戦妖精隊長「目標確認! 散開!」

爆戦妖精達「「「了解!」」」

女神『天津風ちゃん!』

伊良湖「時津風ちゃん!」

天津風「大丈夫…いい風が吹いているもの!さあ、やるわよ時津風?」

時津風「先に行くよ!」

女神「機銃を撃って味方にカ級の方向を教えるのよ!」

機銃妖精「了解!撃って来た方向に射撃を開始!…ってーー!」トトトトト…

爆戦妖精「あそこだ!さぁ、狩られる側の恐怖を味わえ!」ヒューン…

時津風「打ち方、はーじめー!さぁ、叩くよ!」バシュン…ザバーン……ズシシン…

天津風「いい風ね…。撃ち方、始めて!」バシュン…ザブン……ズドドン…

………………
……………
…………
龍驤「くっ、迎撃機をすり抜けて来た何匹かがきおった!」

利根「撃ちまくるのじゃ!弾幕を張って船団を護るのじゃ!」

イージス艦艦長「艦載機に砲撃開始!投弾の軸を爆風で変えるのだ!」

龍驤「さすがは、我が国の海軍や、あんなに図体デカイ艦艇でもキッチリ爆弾避けてはる!」

利根「吾輩達も負けてはおれんな!?龍驤?」

龍驤「どんどん撃ち落とすで!!」

………………
……………
…………



129 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/19(日) 07:41:31.13

爆戦妖精「恐らく5杯は撃沈!」

時津風「いる位置さえわかれば、遅い標的だねー」

女神『4時方向から魚雷くるわ!これが最後の1杯!』

伊良湖「了解です!回避します!」

天津風「逃がさないって言ったでしょ?」バシュン…ガボガボン…ズシン…
………………
……………
…………
利根「龍驤、無事か?」ハァハァ…

龍驤「利根…ホンマごめんな…」

利根「だ、大丈夫じゃ…お主には、銃弾の一発も当たらんかったじゃろ?」ウゥム…

龍驤「庇ってくれたおかげで、全然大丈夫や…やけど…」

利根「少しくらいの被弾じゃ、重巡は沈まんのじゃ…」ハァハァ…

龍驤「ありがとうな…」

利根「どうやら敵潜水艦隊は上手く殲滅できたようじゃ…」ハァハァ…

龍驤「こっちの防空戦闘も、とりあえず一段落やし、伊良湖達と合流しよ?」

………………
……………
…………



130 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/19(日) 07:42:39.80

………………
……………
…………
秋津洲「ごめんなさい、旗艦のあたしが足をひっぱって…」ヒック…ウェック…

足柄「いえ、秋津洲、貴女のおかげで、私が沈まずにすんだのよ… 助かったわ!ありがとう!」

青葉「旗艦が味方を庇って魚雷を受けたら駄目ですよ…
でも、おかげで、足柄さんが轟沈せずに敵を殲滅するコトに成功しました ありがとうございます。」

扶桑「我々もかなりダメージを受けましたし、速力も低下しています…
このままでは、輸送船団には追い付けないでしょう…
しかし、我々が戦ったことで味方の不幸を背負うコトができました。」

足柄「さぁ、引き揚げましょう… これ以上は危険だわ…」

青葉「秋津洲ちゃん帰りましょう…」

秋津洲「でも、私、何も出来てないし、何より龍驤さん達が…」

扶桑「秋津洲ちゃん?貴女の背負った不幸が足柄さんを救ったのよ!大事なコトをしたのよ?」

足柄「これ以上は、戦闘は無理だわ!」

青葉「戦果は、戦艦1、空母2、重巡2、駆逐1轟沈 です!」

秋津洲「わかりました…基地に戻ります。」



131 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/19(日) 07:45:02.03

………………
……………
…………
天津風「利根さんと龍驤さんが来たわね?」

時津風「時津風頑張ったよー♪」

伊良湖「船団護衛ご苦労様です。」

利根「とりあえずじゃがな…」ウググッ…

天津風「と、利根さん…大丈夫?」

龍驤「ごめんやで、利根な?ウチを庇ってん…」

伊良湖「利根さん…無理は、いけないわ…次の港で、引き返した方が…」

利根「断る!吾輩は大丈夫じゃ!」ハァハァ…

女神「……急いで入渠しましょう…少しでも回復しなきゃ…」

伊良湖「中間地点の港が見えましたよ!」

利根「なっ…あっ…」

龍驤「なっ…なんでや…」

女神「煙が……上がってる……合流するハズの部隊は…」

伊良湖「寄港できない…」

天津風「時津風、利根さんを連れて内地へ!」

時津風「うん!りょーかーい!」

利根「断ると言ったじゃろ?重巡を舐めるなよ?」ギロッ!

天津風「ひっ!!」

女神「利根さん…貴女が沈んだら龍驤さんが悲しむのよ?」

利根「大丈夫じゃ!信じろ!」
………………
……………
…………



132 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/19(日) 07:57:49.05

-目的地周辺沖合い-
-輸送船-
女「後、ちょっとで、国に着くんですね?」

下士官「はい!新米提督と言う素晴らしい司令官のおかげで、艦娘が護衛についてくれたおかげです!」

少女「私も大きくなったら艦娘になりたいなぁ!」

女「神様ありがとうございます…無事に帰国できそうです…」

少女「そうだね!神さまありがとー!!大好き!!」
………………
……………
…………


伊良湖「利根さんの言った通り何もなくて良かったです!」ホッ…

龍驤「後、ちょっとで目的地や!」ニコッ…

利根「慢心は禁物ぞ!」

天津風「………なぜかしら、嫌な風が吹いてるわ…」



133 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/19(日) 07:59:13.60

利根「龍驤!あの、雲の切れ目から見える円形の浮翌遊物体は!?」

龍驤「しまった!! 潜水艦隊の攻撃だけに気ィ取られてて、油断してもうた! 直掩機のみんなー集合! ウチらの真上に敵がおるー!!」

天津風「敵偵察機に発見されたわ… 龍驤さん 空母の先輩にこう言うのは、失礼かも知れないけど、直掩機を操るタイミング遅すぎない?
もっとしっかりししてよ!!

……ごめんなさい… 先輩を沈ませたくないの…」

龍驤「ほんまスマンわぁ… お互い油断せず頑張ろな?」

天津風「そうね…」


利根「水観より入電!!!敵航空機50機以上がコチラに向かっているそうじゃ!」

龍驤「ヤッパリきたなぁ…?」(さっきから頭の中がザワつく)


利根「敵攻撃機隊の第ニ波じゃな…」

龍驤「このメンバーで護衛任務に着いた時から、やーな雰囲気しとったんや…爆戦の他に艦戦も用意しとったが数がメッチャ ヤバそうや…」

天津風「龍驤さん 貴女を失う怖さを味あわせないで…」

龍驤「天津風、大丈夫や! 直掩機のみんな~ お仕事や!迎撃よろしくな~? さて、爆戦のみんなも休憩終了や!さー、お仕事!お仕事!」

利根「全機出撃しても、同数くらいじゃな…」

時津風「敵攻撃機隊の第三波が来たら不味いね…」



134 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/19(日) 08:01:36.76

龍驤「ウチの勘なんやけど、輸送船団は、もうほぼ無事やと思う…」

利根「その先は聞かんぞ!」

龍驤「輸送船団の悲劇にカットイン出来てホンマ良かった!」

利根「一緒に行くんじゃ! 龍驤これ以上勝手な真似は許さんぞ!」

龍驤「利根 天津風 時津風 輸送船団を任せたで… 敵の狙いは、ウチや…」

女神『伊良湖ちゃん 上空に集中して!!』

伊良湖「わかっていますが、龍驤さんが…」

女神『前方上空!敵艦載機多数!対空戦闘用意!』

時津風「ゆっくりお話もできないよー」チャキッ

利根「くっ! 龍驤、お主を守ってみせる!」ガチャ

天津風「龍驤さん 離れないで!」ジャキ

龍驤「ウチのせいで、輸送船団が危険に晒されるなんてゴメンや!!」

利根「駄目じゃ、龍驤!離れるな!」

天津風「利根さん まで船団から離れたら駄目!」

時津風「連戦はつらいよー」

伊良湖「女神さん?」

女神『くっ! 何てこと!?龍驤さんを追うわよ!絶対に沈めさせない!』

利根「伊良湖!離れるな!」

伊良湖「私は、大丈夫!輸送船団をお願いします!」

利根「天津風 時津風 弾幕を張るのじゃ!」

天津風「敵機の大半が龍驤さんを追いかけていく!」

時津風「でも、船団を狙う機もいるよー!!」

利根「撃ちまくるのじゃ!」

………………
……………
…………

龍驤「来た 来た 鬼さんこちら 手のなる方へや!」

伊良湖「早くて、追い付けない…!」

龍驤「赤鬼だって、青鬼だって、今日は優しくしたる はよぅ コッチぃ来ぃさ!」



135 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/19(日) 08:05:38.13

女神「無駄と解ってるけど、対空戦闘はじめ!相手を引き付けるのよ!」

対空砲妖精「撃ち方はじめ!」トトトトト!!

女神「じゃんじゃん撃ってアピールするのよ!」

伊良湖「龍驤さん… 待って…!」

女神『しまった!』

伊良湖「どうしたんですか?」

女神『あの低空飛行の艦載機…龍驤さんを…』

伊良湖「龍驤さーん 注意してー!」

龍驤「伊良湖… 来とったのか…」

女神『ダメ!!』

龍驤「横から爆撃機? ……っな!! 爆弾を捨てた??」

女神『反跳爆撃だわ!!』

伊良湖「10機以上でそんなコトをされたら……!」

龍驤「こらあかーんっ!!」




ズ ガ ガ ー ン !!





龍驤「いっててて!ふぇえ……こりゃマズいでぇ!」

伊良湖「あ…… あああぁぁぁ……!!」

女神『くぅ……』

龍驤「うぅ… まだ… まだ動ける…で…… 阿呆ども コッチやぁ…」ノロノロ…
伊良湖「龍驤さんに追い付きます!」

女神『龍驤さんの左舷から魚雷がくるわ!』

伊良湖「左側に並びます!」

女神『龍驤さんの右舷からも魚雷がくる… もう… だめだ…』

ガ キ キ ー ン !!

伊良湖「左舷被弾されど被害なし!!」

ド カ ァ ー ン !!

龍驤「あっかーん!ちょっちピンチすぎや~!」

伊良湖「爆弾を四発 魚雷を一発 浮いてるのが奇蹟だわ…」

女神『あぁ、龍驤さんの神具の巻き物が燃え尽きる…』

龍驤「ぐっ… ゲホゲホゲホっ!!」ゴボォッ…



136 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/19(日) 08:19:11.03

龍驤「うち…ちょっち…疲れたわ……ごめん…。」

伊良湖「龍驤さん 足を止めたら駄目ぇ!」

龍驤「ホンマ、ごめん…運命には…抗えない…みたいや……」ズシャッ…

伊良湖「龍驤さん立ってぇぇ!」

龍驤「中堅提督は、アッチで待っててくれるかな…… 貴方の好きな私のエセ関西弁可愛く言えてましたか?」ズブズブズブ…

ボフン!!

女神「龍驤さん 貴女諦めるつもり?」

龍驤「あぁ、女神か… 突然現れんといてや…ビックリするやんか?」ズブズブ…

伊良湖「駄目です! 掴まって下さい!」ガシイィィ…

龍驤「はなしてよ… はなしてや! ウチは一人で沈むんや! はよぅアッチぃ行き!最後は、あの人の愛してくれた龍驤で沈むんや!」

伊良湖「絶対に離さない!! 頑張るの!!」

龍驤「第三波が来たらどちらにしても終りや! はよぅ逃げ!」

伊良湖「イヤ!!」

龍驤「ホンマ 堪忍して… ウチを置いて逃げや?」

伊良湖「絶対イヤ!!!」

龍驤「あの人が、私の冗談で言った関西弁を可愛いって言ってくれたのが嬉しかった………

言いつづければいつか戻ってきてくれると思ってた……

信じてた…

でも、もう足が動かないの…

あぁ…、もう一度だけ…もう一度だけ…あの腕に抱かれたかった…

許して 女神 伊良湖…さよなら…」

ズブズブ…ドプン…

伊良湖「龍驤さぁぁーんイヤぁぁぁー!!!」

………………
……………
…………



137 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/19(日) 11:23:32.76

利根「くそぅ… 敵機に当たらんのじゃ!」

天津風「残り6機腕の良いのがいる!」

時津風「ヘリ護衛艦とイージス艦に少し被害があったけど、とりあえず全艦無事だよー!」

利根「最後尾の輸送艦じゃが、何故減速してるのじゃ?みな注意するのじゃ!」

………………
……………
…………

-最後尾輸送船-
下士官「くそっ! 機関停止だと?」

他下士官「いま、復旧作業中だそうだ!!」

下士官「艦娘達がついていて、この有り様か!」

女「どんどん、他の船団から離れていきます…」

少女「まだ上に変なの飛んでるよ?」

下士官「足が止まれば狙い撃ちされる! 何とか復旧してくれ!」

他下士官「駄目だ船が止まる…」

下士官「くそっ、後ちょっとで目的地に着くのに…」

他下士官「友好国からの航空機支援は、台風の被害が酷く出せないそうだ…」

下士官「女さん 少女ちゃん 救命ボートの方へ行こう…」



138 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/19(日) 11:29:01.65

天津風「全然あたらない!」

時津風「最後尾の輸送船とまっちゃったよ!!」

利根「いかんのじゃ!狙い撃ちされてしまうのじゃ!」

利根(んっ!?あれは、カ級!?まだおったのか…皆、上に気をとられている…最後尾輸送船を狙うつもりか?)
「させん!龍驤の護ろうとした…託されたこの船団を全て護る!輸送船との射線に割り込むぞ!最大船速一杯じゃ!間に合ってくれぃ!」


ズ ガ ア ァ ァ ー ン !

時津風「利根さん?」

利根「ぐうぅぅ…重巡の装甲をなめるなよ……このカ級風情が……利根の索敵能力を侮るな!…騙し撃ち出来ると思ったか?」

時津風「よくも利根さんを!!」バシュン…ザバン……ズシシン!

利根「スマン…時津風…ゲホゲホゲホ…」

天津風「3機が単縦陣で突撃するつもりだわ!」

時津風「間に合わない!」

………………
……………
…………



139 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/19(日) 12:12:05.65

少女「ペンギンさん 待って、勝手にどこかにいっちゃ駄目だよ~」

ペンギン「………!」ペタペタペタ…

下士官「少女ちゃんコッチにくるんだ 危ない!」

他下士官「敵、単縦陣爆撃をしてくる、駄目だ……」

ペンギン「!!!」ペカー!!

ボ フ ン ! !

下士官「なっ…!?戦闘機?になった?」

烈風妖精「………」ズ┣¨┣¨┣¨┣¨…

敵艦載機「「「!!!」」」ズドドドーン!

下士官「一連射で三機を倒しただと…!?」

烈風妖精「残り三機!!」

利根(その、尾翼の認識標は…龍驤の! 龍驤はまだ…生きている!)ハァハァ…

利根「天津風 時津風 船団を必ず護りきろうぞ!」

天津風「当然よ!」

時津風「りょーかーい!」



140 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/19(日) 18:58:40.99

………………
……………
…………
女神「フフ… 上司女神の呪いの力なんて… 大したコトないじゃない… 何が気絶するよ…」ハァハァ…

伊良湖「女神さん 口から血が出てますよ!!」

女神「大丈夫よ、意識がもっていかれないように舌を噛んだだけだから…」

伊良湖「顔色随分悪いですよ… 龍驤さんについで貴女までいなくなったら…」

女神「龍驤さんは、大丈夫よ… 私が運命をネジ曲げたから……」

ザ バ ー ン !!

龍驤「………」プカァー…

伊良湖「龍驤さんが、浮いてきた!!?」

女神「また助けてしまった… また謹慎モノの罰則をしてしまったわ…」

伊良湖「助けるコトが謹慎モノの罰則に何故なるんですか!!」

女神「私は龍驤さんに乗船してないからよ… 応急修理女神は乗船してない艦を助けては、いけないのよ…」

伊良湖「意味が分かりません!」

女神「助かるはずのない艦を助けたコトによって、未来のあるべき姿が大きく悪い方向に歪むコトがあるのよ…
だからある一定のルールに乗っ取ってでしか神々は艦娘を助けることをしないと決めたの…
それより、投弾を終えて、敵機が全部引き上げた今がチャンスよ!早く龍驤さんを担いで、ここを去りましょう!」

伊良湖「わかりました!」ヨイショ

女神(まぁ、後、ちょっとで私は、女神でも何にでもなくなるから謹慎なんてどうでも良いんだけどね…)フフフ…



141 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/19(日) 19:00:49.86

伊良湖「龍驤さん しっかりして下さい…」

龍驤「うっ… うぅ…」

女神「伊良湖ちゃんが…力もちで良かったわ… 私も担いでるのに…良く平気ね?」ハァハァ

伊良湖「意識は曖昧ですが龍驤さん、少し、自力で航行出来るみたいなんです、だからただ惰性で引っ張ってるだけです…」

女神「そう、ヤッパリ完全回復は出来なかったかぁ……(でも、だから私もすぐに消滅しなかったのね…)」ハァハァ

伊良湖「諦めたら駄目なんです… それより、先程から辛そうですが大丈夫なんですか…?」

女神「私は、大丈夫… 龍驤さんを…できるだけ安全なところまで…連れて行きましょう…」ハァハァ…ゲホゲホッ…!!

伊良湖「大丈夫ですか?今、血を吐きませんでしたか?」

女神「大丈夫よ……… あぁ、ヤッパリ大丈夫じゃないのかな…後ろ6時方向敵機が来るわ…何としても龍驤さんを沈める気ね…」ハァハァ…

伊良湖「そんな、神様!!どうかお助け下さい!」

女神「ごめんね… 神様が使えなくて… 来たわ… 凄い数… まるでイナゴの大群ね…」ゲフゲフッ…

伊良湖「前方からも来ます… 挟み撃ちにされました…進路を3時方向にとります…」

女神「前方からも…私は…結局…何の役にも…たたな…かった……最後に…先輩に…逢いたかった…なぁ……」

伊良湖「え!?前方のは、戦闘機の形をしています!!援軍です!!」

女神「……」

伊良湖「女神さん?前方から更に艦娘が二杯来ます!女神さん、しっかりして!」

………………
……………
…………



142 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/19(日) 19:04:44.26

秋月「前方にいるの伊良湖ちゃんと龍驤さんと蒟蒻妖精さんじゃない?」

春雨「本当ですね…コチラ春雨、応答ねがいます!」

伊良湖「秋月さんと春雨さん無事だったんですか!!?」

秋月「はい… 大破轟沈しかけた時、たまたま近くに無人島があったので艤装の応急修理をしようと立ち寄ったんです!」

春雨「そこで、偶然、遭難中の陸軍の技術将校さんに会いまして、秋月ちゃんを治してくれたんです!
ただ、修理資材がなかなか揃わなくて、今まで時間がかかってしまいました…」

秋月「で、さっきから近くで誰かが救難信号を出しているので、来てみたら伊良湖ちゃん達だったの!」

春雨「その島の場所を教えます…龍驤さんと蒟蒻妖精さんを早く連れて行って下さい…」

秋月「私は防空駆逐艦、こう言う場合の為の艦船です!護衛任務は任せて下さい!!」

春雨「私も護衛任務には、自信がありますので…」

伊良湖「二人とも助かるわ!」

秋月「陸軍の攻撃機妖精より入電!敵空母1撃破なおも攻撃中! 春雨ちゃん さぁ私達は、まず目の前の攻撃機を叩きおとしましょう!」

春雨「守り切ります!」

秋月「伊良湖ちゃん 先に行って下さい!」

春雨「後で追い付きます!」」



145 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/20(月) 05:09:05.49

伊良湖「秋月ちゃん 春雨ちゃん ありがとう お願いします! ……女神さん龍驤さん 頑張って!」

龍驤「」

女神「」

………………
……………
…………
伊良湖「コチラ、給糧艦伊良湖です!応答願います!」

技術将校「コチラ、離島守備隊司令官の将校です!聞こえていますよ!」

伊良湖「重症の患者を二人運びます。ドクターの用意をお願い致します」

将校「二人とは、人間ですね?」

伊良湖「いえ、一人は艦娘で、もう一人は…女神様です…」

将校「女神に艦娘?了解!入渠の用意も急いでさせよう!」

伊良湖「ヨロシクお願い致します!」

………………
……………
…………

伊良湖「この島だ!二人ともしっかりして…」

将校「君が救難信号を出してた伊良湖君だね?」

伊良湖「はい!この二人を助けて欲しいんです!」

メイド妖精「一人は、歴戦の空母 龍驤じゃないですか!!」

将校「もう一人は………… 後輩…………? 後輩じゃないか……! おいっ、しっかりしろ!」

伊良湖「お知り合いですか?」

将校「こいつは、昔、陸軍で一緒に働いていた時の私の部下です!」



148 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/20(月) 07:04:21.91

メイド妖精「伊良湖さん すみませんが、簡易的に作った入渠施設まで龍驤さんを一緒に運んで下さい!」

伊良湖「女神様は、どうなるんですか?」

メイド妖精「軍医妖精とご主人様に任せましょう…」

………………
……………
…………

将校「おい、しっかりしろ、オマエ女神になったんだろ?」

女神「あっ… 先輩… 何故? ここどこ?」ハァハァ…

将校「伊良湖君がオマエと龍驤君を運んで来たんだ!」

女神「ここは、安全なの?龍驤さんは、大丈夫なの?」ゲフッ…ハァハァ…

将校「ここは、安全だ!彼女は、助かる安心しろ…」

女神「私は… あぁ、体が透けてる… 足は、もうないや… これじゃあ…前と同じだ…デートに……行けないね…」ウグッ…ハァ…

将校「何があった?どうしたんだ?」

女神「ドジ…しちゃってね… 私、消えちゃうの…」ハァ……ハァッ…

将校「天界に戻ると言う意味じゃないようだが?」

女神「うん… 存在が無になるの… また…約束破っちゃった… 天界で…先輩と一緒に…なりたかったなぁ…」コフコフッ…

将校「どうして、こんなコトに…」

女神「先輩…消えるの…怖いよぅ…消えたくないよぅ……折角…逢えたのに…もっと早く逢えば良かった…」

将校「くそぅ…抱きしめることしか出来ないのかよ!」ギュウッ…

女神「でも、消える前に…一目先輩に逢えて…良かったです… 神様……ありがとう…ございました…」ハァッ……………ハァ…

将校「オマエが神なんだろ? 諦めるな! 何か方法を探すんだ!」

女神「もう……… ここまで……… 先輩…… 好き……でした…… さよ…な…ら……」スゥーッ…



149 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/20(月) 07:05:57.79

ド ッ カ ー ン !!

将校「ぐっ、深海棲艦の艦砲射撃か?」

モクモクモクモク

将校「煙の中から人が?」

上司女神「このっ! バカ!!こっちに来るのに、手続き滅茶苦茶に大変なんだよ!」

女神「上司女神様?」ハァハァ…

上司女神「何をしているのですか?呪いを受けた状態で応急修理の技を使えば自身が消えると説明したでしょう?
私が呪いのかかった状態だと気づいていないと思ったのですか?」

女神「気がついていたんならなんであんな言い方…」ハァハァ

上司女神「給糧艦伊良湖は絶対に沈まないし、お灸を据えるのに調度良いと思ったからです!!」

女神「私にお灸を据えるため……」ハァ……ハァ…

上司女神「何があっても、絶対に無事なはずの伊良湖を担当させたのに…貴女の力は、本当は凄いモノだったのです…良い女神になれたのに…」

将校「お願いだ!後輩を… 女神を助けてくれ!!」

上司女神「とは、言え、すみませんが、女神の体は、もう消えてしまいます…」

将校「ちくしょう!!!」



150 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/20(月) 07:07:02.07

上司女神「最後まで聞きなさい… 少し運命をいじりましょう… それにより大きな不幸が産まれるかも知れませんが…」

女神「上司女神様?」

上司女神「W島攻略作戦 で悲運にも沈んだある艦娘の体の中に貴女の魂を共存させます…」

キラキラキラキラキラ…

パ ア ア ァ ァ ァ ア !
如月「」

上司女神「女神…貴女の魂を彼女に重ねます… 女神よ…貴女は今日から艦娘として生きるのです!」

パ ア ァ ー ー ッ !

如月「う… うぅ…」

将校「こ… 後輩?」

如月「如月と申します… おそばに置いてくださいね? 先輩?」

将校「……えっ?後輩だよね?」

如月「はい、そうですよ?先輩? でも、如月です!」

将校「いや、姿が違うからつい… 違和感が…」

如月「あら!? この胸なら先輩を虜に出来るじゃない!」ムニムニ

将校「あぁ… 後輩だ… 良かった!…のか?」

上司女神「はぁ、ここまでしてしまうと、私は謹慎の上、降格ですね…」ガクッ…



151 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/20(月) 07:08:25.84

-入渠施設-
伊良湖「龍驤さん 目を開けて…」

龍驤「……」

メイド妖精「おかしいわ…傷はもう癒えているのに目が開かない…」

伊良湖「龍驤さんは、どうなるんですか?」

メイド妖精「心音が弱くなっていく!?」

伊良湖「そっ、そんなぁ… 龍驤さん 起きて下さい! まだ逝っては駄目です!」

メイド妖精「伝令妖精!ドクターを早く呼んで!」

伝令妖精「わかった!」

龍驤『おぉ、自分を外から見るのは、始めてや! これが幽体離脱ちゅうやつやな?』

伊良湖「龍驤さん お願い目をあけて!」

龍驤『伊良湖、ホンマごめんやで… ウチ… もう疲れたんやわ… あの人の待つアッチに逝くわ… あの人のいない世界なんて、耐えられへん… 堪忍してな 伊良湖…』

伊良湖「龍驤さん 貴女はまだ多くの人を救えるの! また中堅提督さんみたいな犠牲者を出さない為にも戦うのよ! 生きて!生きようとしてよ!」

龍驤『ウチはつらかったんや! 中堅提督が帰ってくるまで関西弁を喋っておけ言うて、あんまりやんか、ずぅーっと ずぅーっと 待ってんのに、いつまでも帰ってこーへん… だから、ウチから逢いにいくんや!』

上司女神「伊良湖ちゃんでしたね?」

伊良湖「あ、貴女は?」

上司女神「私は、女神の上司をしてました上司女神といいます」

伊良湖「龍驤さんが… 龍驤さんがこのままでは、死んでしまいます どうか、助けてあげて下さい」

上司女神「残念ですが、魂が生きるコトを諦めようとしています…」



153 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/20(月) 07:11:03.07

伊良湖「そっ、そんなぁ… どうにかならないんですか…」

上司女神「もう魂が体から離れようとしてます…」

伊良湖「私達に出来るコトは、もうないのですか?」

上司女神「一つだけ方法は、あります… 彼女の求めるモノが満たされれば…」

伊良湖「龍驤さんの求めるモノ…その人は、行方不明です…」

龍驤『もう、このまま目を閉じてしまおう…』

まっくらや………

-------

中堅提督「おぉ!何かその関西弁スッゴク可愛いなぁ?」

龍驤「あ、あほなコト言わんといて!」

中堅提督「なぁなぁ、俺といる時は、その関西弁で頼むわ!駄目か?」

龍驤「別に…えぇけど…」

龍驤『ウチ幸せそうや…』
-------

中堅提督「龍驤!MVPとったかー!いやー優秀艦だわー!ウチの唯一の空母だし可愛いし、強いし、関東産まれなのに関西弁を喋るギャップがたまらん!」カイグリカイグリ…

龍驤「乱暴に撫でんといてや… もう…///」エヘエヘ…

龍驤『よく、抱き締めて撫でてくれたなぁ… あの温もり今でも忘れられへん…』



154 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/20(月) 07:12:29.17

-------

龍驤「あ、あのな?たこ焼作ってん…」

中堅提督「おぉ!!」

龍驤「た、たこ焼き 食べりゅう?」

中堅提督「食べりゅううううう!」

龍驤『アンタ、ホンマにウチのたこ焼き好きやったね…』

------

中堅提督「輸送船団の護衛作戦の指揮を俺が取るコトになった。艦娘は一人連れて行けるらしい…」

龍驤「ええで、用意するわ!」

中堅提督「いや、オマエじゃなくて、他の鎮守府から、あきつ丸を連れて行く!」

龍驤「えっ?」

中堅提督「オマエは、今度の大規模作戦の裏方AL作戦を控えている 大人しくここで待っていろ!」

龍驤「そんなん、ちゃーっと行って、ちゃーっと帰ってくれば、間に合うわー ウチを連れてってやー?」

中堅提督「いつもなら、連れて行くトコロだがな… MI作戦を成功させて、あの4杯の空母を助けたい オマエが万全な状態でAL作戦が出来ないと、それが出来なくなるんだ!わかってくれ!」

龍驤「いけず…」

龍驤『走馬灯…見てるんやね…ウチ…』



155 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/20(月) 07:13:48.92

-------

中堅提督「なぁ…龍驤…怒るなよ…」

龍驤「もう、アンタなんか知らん!」

中堅提督「見送りの時までイライラ伊良湖か?」

伊良湖「私の名前で冗談言わないで下さい!」

龍驤「ふん!」

中堅提督「あー、しょうがねぇなぁー 龍驤! その…帰ってからにしようと思ったんだけどな?」

龍驤「なんや?」フン

中堅提督「これ…」

龍驤「これ……ほっほー……ウチのこと、大切に思ってくれてるん? それはちょっち嬉しいなぁ♪ でも、どうせ、中身は、ビックリ箱やろ?またギャグで場を和ますつもりなんか?」

中堅提督「……」

龍驤「あのさ…キミ、うちの事どう思ってるの?まあ、いいんやけどね。ちょっちさ気になって。あぁいい、いい!ごめん…… ほんなら開けて見ようか?」

パ カ ッ …

龍驤「……これ、ホンマもんの指輪やんか…」

中堅提督「龍驤! 好きだ! 帰って来たら俺と結婚してくれないか?」

龍驤「えっ!」

伊良湖「龍驤さんおめでとう!」

中堅提督「それは、ケッコン(仮)の指輪だけど、ゆくゆくは、俺と本当の結婚をして欲しい!」

龍驤「え… 私でいいの? こんな時に冗談はよしてよ…」

中堅提督「冗談じゃない! 好きだ!愛してる!」

龍驤「わ、私も愛してます…」

中堅提督「……違うだろ? 関西弁…で言ってほしかった…」

龍驤「あっ、えっ… あ、愛してるでぇぇえ!」

中堅提督「何か違う、よし俺が帰ってくるまで関西弁でいろよ!これは、命令だ!」

龍驤「そんな、それは無理やわ…」

中堅提督「指輪、受け取ってくれるか?」

龍驤「はい!」

龍驤『………』



156 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/20(月) 07:15:01.64

-------
ザッ……ザーザッ
中堅提督「くっ、コチラ輸送…団… おうと… せよ…」…

龍驤「どうしたん?何があったん?」

中堅提督「りゅうじょ…… 敵、カ級に襲撃を受け…… これより、戦闘行動をとる…」

龍驤「なぁ…どうしたん?」

中堅提督「あきつ丸より 預かった カ号観測機をこの艦より出撃させて 敵を引き付けろ!」

龍驤「アカン!あきつ丸は何をしてんねん?」

中堅提督「あきつ丸は、船団護衛を引き続き頼む我々は囮となる!これは、命令だ!
旗艦は、もう一杯のイージス艦に頼む!」

龍驤「何を言ってんねん! 何故、囮やねん?」

中堅提督「人間の兵器にも深海棲艦を攻撃できるものが、さもあるかの様に振る舞うぞ!」

龍驤「駄目ぇ!駄目や!お願い馬鹿なことをしないで…」

中堅提督「カ級多数に艦娘一杯じゃ正直こうしないと、輸送船団を守れない!」

龍驤「お願いよぅ…やめて…」ポロポロ…

中堅提督「龍驤 すまない……
でも、何かの形になっても、必ずオマエのところにいつか戻るから……


もう一度だけ、オマエのたこ焼き喰いたかったなぁ……


オマエは幸せになってくれ…! 通信以上!」

ブツン……

龍驤「戻ってきてや……、絶対に戻ってきてや!」

龍驤『嘘つき!!嘘つきや!!!戻ってこぉへんかったやんか!』



157 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/20(月) 07:16:21.01

-------

中堅提督「龍驤!起きろ!おい!しっかりしろ!」

龍驤『あぁ、幻聴か… 暖かいなぁ… 死ぬとこんな感じなんかもなぁ…』

--------

伊良湖「あっ貴方は、妖精? いったい何モノですか?突然入渠施設に飛び込んできて!」

ザバザバ
烈風妖精「おい、しっかりしろ! 龍驤! しっかりしないか?」ユサユサ!!

伊良湖「ちょっと、揺さぶるのやめて下さい!」ヒキハナシ-…

烈風妖精「おいおい、伊良湖 久しぶりで酷いじゃないか?」

伊良湖「妖精の知り合いに貴方みたいなあやしい妖精は一人以外知りません!」

烈風妖精「この大きさじゃ、抱きしめれん… 変化をとく!」

ボ フ ン!

伊良湖「提督!?貴方は中堅提督じゃないですか!!」

中堅提督「龍驤、遅くなってスマン…」ギュウッ…

龍驤「う……」

伊良湖「どうして、中堅提督が妖精に?」

中堅提督「死んで神になっちまったんでね…現世に出現する為に龍驤の愛を受けた生き物から、龍驤を母艦とする烈風妖精に化けた!」

龍驤「うぅ……中堅提督…?」

伊良湖「気がついた!!」

中堅提督「おい!しっかりしろぉ!龍驤!」

龍驤「遅い! 遅いやんかぁぁ! 何でもっと早く来ぉへんねん!つらかったよぅ…苦しかったよぅ…」ボロボロ…



158 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/20(月) 07:17:38.31

中堅提督「すまない… 本当にすまない…」

龍驤「貴方のいない毎日が苦痛でした 貴方と会話の出来ない日々が地獄でした 貴方のいない世界から逃げ出したかった!」

中堅提督「スマン…」

龍驤「ずうっと ずーっと、待ってたんやで! 酷いやんかぁ… 寂しいやんかぁ…」エグッエグッ…

中堅提督「もうどこにも、行かない安心しろ!」

龍驤「あたり前や! 離さへん! もう離れへん!」グスグスッ…

中堅提督「愛してる!」ダキィ…

龍驤「愛してる!」チュゥッ…


上司女神「私、空気なんですが?」

伊良湖「私なんて、最初から空気ですよ…」
………………
……………
…………

伊良湖「妖精に化けるのは神々の間で流行りなんですか?」

中堅提督「いや、流行りと言うか、軍神の名のある飛行機乗りはヤッパリ妖精に化けて蒼龍や飛龍の艦載機にも乗ってるしな…」

伊良湖「いや、身近に蒟蒻妖精と言うのがいましてね…?」

中堅提督「蒟蒻妖精? そいつも神なのか?」

伊良湖「その方は、一応、応急修理女神でしたが…」

中堅提督「ふぅん?今は何をしてるんだ?」

伊良湖「色々あって、艦娘してますね…」

中堅提督「流石に、俺は艦娘できねぇな…」

伊良湖「さて、このお盆を持って下さい!」

中堅提督「おい、こりゃまた大量に作ったな…」

伊良湖「そりゃ、利根さんや母港の皆さんも、この無人島に救援に来てくれてますからね!」

…………………
………………
……………



159 : ◆.FuPxMRVDPvf :2015/07/20(月) 07:18:55.18

如月「伊良湖ちゃんありがとうね… 命を救ってくれて!」

龍驤「ホンマ 伊良湖様様やな! ウチも命も心も救われたわぁ!」

伊良湖「心も体も満たすのが給糧艦のお仕事ですから!お役に立てて光栄です!さて集まったみなさ~ん…」





伊良湖の最中、お待たせしました!!!
どうぞ、お召し上がりください。




おわり



160 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/20(月) 07:32:02.51

お目汚し大変失礼しました 以上です!



163 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/20(月) 08:21:52.45

乙 如月は巨乳になった…



167 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/20(月) 15:14:49.97

ありゃ終わってた
乙です!



178 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/20(月) 20:18:54.11

次回があれば、今回の失敗を踏まえて書きたいと思います 読んでいただいた方々本当にありがとうございました。



元スレ
SS速報VIP:【艦これ】女神「この娘が私の担当艦娘ですか…」【たまに安価】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1436776268/



艦隊これくしょん -艦これー 愛宕 1/8スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥12,690から
(2015/7/25 02:53時点)