SS速報VIP:佐久間まゆ「初恋の思い出」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1410018418/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/07(日) 00:47:08.51 ID:zbDzLPSPo

まゆ「初恋……ですか?」

P「覚えてたら話してもらえないかな。俺と会う前のまゆのこと知りたくなってさ」

まゆ「ふふ、分かりました。良いですよ」

まゆ「初恋は確か……小学校低学年の頃です。6~7歳くらいですね」

まゆ「パパとママと3人でお祭りに行って、迷子になってしまって……」




まゆ「パパ……ママ……どこ?」キョロキョロ

まゆ「……」

まゆ「…………」

まゆ「あっ……パパ? パパ、待ってぇー」トテトテ

まゆ「パパー」ギュッ

少年「ん?」

まゆ(パパじゃない……)


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1410018418




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/07(日) 00:47:55.65 ID:zbDzLPSPo

少年「僕に何か用?」

まゆ「あっ、あの……パパと間違えました。ごめんなさい」

少年「パパを探してるの?」

まゆ「うん。ママも」

少年「一緒に探そうか?」

まゆ「ほんとー?」

少年「ほんとほんと」

少年「そうだ、綿菓子あるんだけど食べない?」

まゆ「ママが、知らない人から物をもらっちゃいけませんって……」

少年「じゃあ……僕の名前は――っていうんだ。君は?」

まゆ「まゆ」

少年「まゆちゃん、よろしく。はい、握手」



3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/07(日) 00:48:33.62 ID:zbDzLPSPo

少年「これでもう知らない人じゃないよね? 一緒に綿菓子食べよう?」

まゆ「……うんっ」

少年「やっと笑ったね」


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
パパと間違えて声をかけた男の子が、一緒に両親を探してくれることになったんです。

多分中学生くらいですね。

今思えば、身長や体格も違ったんでしょうけど……

見た目じゃなくて雰囲気や歩き方が似てたのかもしれません。

残念ながら顔や名前は覚えてないんです。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


少年「まゆちゃんのお父さん、いませんかー?」

まゆ「パパー」

少年「まゆちゃんのお母さん、いませんかー?」

まゆ「ママー」



4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/07(日) 00:49:09.54 ID:zbDzLPSPo

少年「……なかなか見つからないねぇ」

少年「この辺りまでは一緒にいたんだよね?」

まゆ「うん。まゆね、金魚すくい見てたの」

まゆ「すごく上手な人がいて、金魚をどんどんつかまえてて……」

まゆ「うわーすごーいーって見てて」

まゆ「ねーパパ、すごいね~って言おうとしたら、パパもママもいなくなっちゃってた……」

少年「うーん、そっか。手はつないでなかったの?」

まゆ「最初はつないでたけど……あれー? いつ離しちゃったんだろ?」

少年「なにか夢中になって離しちゃったのかな」

まゆ「……お兄ちゃん、まゆ疲れちゃった」

少年「歩き疲れた? じゃあ……ここじゃ休憩も出来ないね。人の少ないところまで行こう」

少年「おんぶしてあげる。ほら、乗って」

まゆ「ありがとう、お兄ちゃん」



5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/07(日) 00:49:50.83 ID:zbDzLPSPo

まゆ「ねえ……お兄ちゃんはどうしてまゆに優しくしてくれるの?」

少年「困ってる人は助けてあげなきゃ。まゆちゃんだってそうするでしょ?」

まゆ「まゆは……恥ずかしくてそういうの出来ないよぉ」

少年「そっかー、恥ずかしいかー」

少年「でもさ、もし今僕が一緒にいなかったら寂しくない?」

まゆ「……寂しい」

少年「一人でパパとママ探せる?」

まゆ「ううん、まゆどうしていいか分からないと思う」

少年「ほらね? 困ってる人を助けるって、一緒にいるだけでもいいんだよ」

まゆ「あ……うんっ」

少年「よしっ、ここならゆっくりできるかな。下ろすよ」

まゆ「はい」




6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/07(日) 00:50:28.00 ID:zbDzLPSPo

少年「実は僕も、一人ぼっちで寂しかったんだ。だからまゆちゃんと一緒で、今嬉しいよ」

まゆ「本当? まゆ、お兄ちゃんを助けられてる?」

少年「ああ、もちろん」

まゆ「良かったぁ……えへへ」

まゆ「でも一緒にいるだけじゃダメなときもあるよね? そういうときはどうすれば良いの?」

少年「そのときまゆちゃんにできることならなんでも良いと思うよ」

少年「例えばそうだな……まゆちゃんはどんなことしてるときが楽しい?」

まゆ「楽しいのは……日高舞ちゃんのお歌聞いてるとき!」

少年「日高舞か、デビューしたばっかりなのにすごい人気だよね」

少年「歌を聞くと元気になったり勇気をもらえたりするよね」

少年「元気のない人がいたら元気が出る歌を歌ってあげるといいよ」

まゆ「まゆも日高舞ちゃんみたいに出来る?」

少年「ああ、まゆちゃんの歌を聞いたら絶対元気になるよ」



7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/07(日) 00:51:05.04 ID:zbDzLPSPo

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
歌うことの素晴らしさをその人に教えてもらって……

もしかしたらしばらく忘れていたかもしれません。

でもPさんと出会って、小さい頃の憧れを思い出したんです。

それからは……言うまでもないですよね?
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


まゆ「……ねえ、お兄ちゃん」

少年「どうしたの?」

まゆ「このままパパママに会えなかったら……」

少年「大丈夫、絶対会えるよ」

まゆ「うん……」

『迷子のお知らせをします……』

少年「あっ……そうか、放送してもらえばよかったんだ! なんで気づかなかったんだ!」




8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/07(日) 00:51:43.91 ID:zbDzLPSPo

少年「まゆちゃん、もうすぐパパとママに会えるよ」

まゆ「ほんとっ?」

少年「えーと、どこで頼めばいいんだ? ちょっと聞いてくるからまゆちゃんはここにいて」

少年「すぐ戻るからね」

まゆ「うんっ」

まゆ「……」

まゆ「…………」

まゆパパ「……まゆ!」

まゆ「え? あ……パパ、ママ~!」タタタ

ギュッ
まゆママ「もうっ、心配させて。もしはぐれたらそこでじっとしてなさいって言ったでしょう?」

まゆ「ごめんなさい……」




9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/07(日) 00:52:26.34 ID:zbDzLPSPo

まゆパパ「見つかったから良いじゃないか。さあ、もう遅いからな、すぐ帰ろう」

まゆ「あ、でも……」

まゆ(お兄ちゃんが……)

まゆママ「まだ遊びたいの? ダメよ、明日学校あるでしょう?」

まゆ(あっ、お兄ちゃん戻ってきた……まゆのこと探してる?)

まゆパパ「また別のお祭り連れて行ってあげるからな」

まゆママ「まゆ、どこ見てるの?」

まゆ(お兄ちゃん、まゆに手を振ってる……気付いてくれたんだ)

まゆ(えへへ、ありがとうー。また会おうね~)フリフリ



10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/07(日) 00:53:10.36 ID:zbDzLPSPo

まゆ「一緒に探してもらったんですけど、最後はお別れも出来ないままになってしまって……」

まゆ「また会いたいなぁって、しばらく思ってました」

まゆ「それだけ、なんですけどね。あとから思うと、あれが初恋だったのかなぁって」

P「そのお祭って、ひょっとして藻羽鱒神社の夏祭りじゃない?」

まゆ「あっ、そうです。どうして分かったんですか?」

P「今の話の中学生って俺だから」

まゆ「えっ!?」

P「まゆの話と俺の記憶がほぼ一致するから間違いないと思う」

まゆ「ほ、本当に……? まゆを驚かせようと思って冗談言ってるんじゃないですよね?」

P「うーん……証拠話そうか?」

P「両親を探してるうちにまゆがトイレに行きたくなって」



11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/07(日) 00:53:46.42 ID:zbDzLPSPo

P「でも公衆トイレが混んでたから、我慢できなくて茂みで……」

まゆ「わーっ! わーっ!」

まゆ「うう、すっかり忘れてたのに思い出しちゃいました……」///

まゆ「なんでそんなこと覚えてるんですかぁ……」

P「いやー、忘れてたんだけどまゆの話聞いてるうちに思い出したんだ」

まゆ「ヤブヘビでした……」

P「藻羽鱒神社か、懐かしいなー。俺、まゆと出会ったあのときしか夏祭り行ったことないんだよな」

まゆ「次の年もその次の年も、まゆは行ったんですよ」

まゆ「また会えないかと思って……お礼も言えずに別れてしまったから」

P「感動の再会に水を差すのも悪いかと思ってさ」

P「それに結局大したことしてないし」



12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/07(日) 00:54:27.17 ID:zbDzLPSPo

まゆ「そんなことないですよ。Pさんが一緒でどれほど心強かったか」

まゆ「……あらためて、その節はお世話になりました」ペコリ

P「いえいえ」

まゆ「本当に……あのときのお兄ちゃんが、Pさんなんですね」ウルッ

P「え、ちょ、なんで泣くの」

まゆ「だって初恋の人と再会出来たんですよ。しかもそれが、大好きなPさんだなんて……」

まゆ「だんだん実感がこみ上げてきて……こんなに嬉しいことないです、ぐすっ」

P「あのときは一人ぼっちでも泣いてなかったのに」

P「泣き虫になったんじゃないか?」

まゆ「むっ、そんなことないですよぉ。これは嬉し泣きですから」

P「そうか」

まゆ「そうです」



13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/07(日) 00:55:13.28 ID:zbDzLPSPo

P「……」

まゆ「ひょっとして納得できませんか?」

P「いや、正直言うと……あのときの女の子がまゆだったって、実感がわかなくて」

まゆ「……じゃあ思い出させてあげます。ちょっと向こう向いてください」

P「こう?」

まゆ「……お兄ちゃん」←背中にぴとっ

P「おうっ!?」

まゆ「どうですか、あのときのおんぶと同じでしょう? これで実感わきましたよね?」

P「あー……」

P「……いや、ダメだな。だってあのときは無かった膨らみがある」

まゆ「も、もうっ、えっち!」///



14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/07(日) 00:55:58.96 ID:zbDzLPSPo

まゆ「じゃあいいですよ、ちゃんと実感わくまでお兄ちゃんって呼びますから」

P「その必要はないよ、完全に実感わいた」

まゆ「えぇー……」

P「なんでがっかりするんだよ」

まゆ「お兄ちゃんって呼ばれるの嫌ですか?」

P「変な誤解を招きそうな気がする……」

P「あ、でも実感わいたのは本当だから」

P「その柔らかい言い方、まさしくあのときの子だって分かったよ」

P「大きくなったなぁ」

まゆ「ふふ、おじいさんみたいですよ?」

P「あれ? ってことは……まゆにアイドル目指すきっかけ与えたのって俺なのか?」




15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/07(日) 00:56:38.93 ID:zbDzLPSPo

まゆ「あ……そうですね。なんだかスゴイです」

まゆ「実は小さい頃からプロデュースされてたなんて……」

まゆ「やっぱりPさんは、まゆだけのプロデューサーさんですね」

まゆ「あーあ、もっと早く分かってたら思い出の夏祭りに行けたのに」

P「今年はもう終わってるか……来年は絶対一緒に行こう」

まゆ「本当ですか!? 約束ですよ?」

P「ああ、約束する」

まゆ「Pさんと一緒に……ふふ」

まゆ「そういえば……Pさんはあの日、家族と一緒に?」

P「いや……友達と」

まゆ「……本当に友達ですか?」

P「なんで?」



16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/07(日) 00:57:19.01 ID:zbDzLPSPo

まゆ「特に理由は無いです。しいて言えば女の勘です」

P「女の勘すごいな……まあ、友達で間違いはないんだけど」

P「正確に言うと、特に仲の良かった女の子だったんだ」

まゆ「まゆと会ったときは、その人いなかったですよね?」

まゆ「恋人……だったんですか?」

P「だから友達だって。祭りの最中に告白したけど振られたんだ」

P「仲は良かったんだけど、ほかに好きな人がいたらしい」

P「そのまま一緒にも居づらくて、一人帰る途中でまゆに会ったんだよ」

まゆ「当時のPさんには悪いですけど、そのとき振られなかったら、今こうしていなかったかもしれませんね」

まゆ「Pさんを初めて見かけたとき……あっ、小学生の頃じゃなくて、ですよ?」

まゆ「初めてのような気がしなくて、これが運命の出会いなのかも、って思ったんです」



17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/07(日) 00:58:02.11 ID:zbDzLPSPo

まゆ「実際初めてじゃなかったわけですけど……」

まゆ「やっぱり小さい頃の出会いがあったからこそ、運命を感じたんだと思います」

P「まゆは運命って好きだよなぁ」

まゆ「ふふ、だって素敵じゃないですか。運命の出会いって」

まゆ「初恋の人が今大好きな人で」

まゆ「アイドルを目指すきっかけを与えてくれた人が今私をプロデュースしている」

まゆ「どう考えても運命ですよ」

まゆ「そのお話をまゆの誕生日に聞けたのも、きっと運命です」

まゆ「とっても素敵な誕生日プレゼントになりました」

P「あっ、そう? じゃあせっかく用意したけどプレゼントいらない?」

まゆ「ええっ、そんな!?」

P「ははは、冗談だよ」



18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/07(日) 00:58:41.18 ID:zbDzLPSPo

まゆ「むぅ……開けていいですか?」

P「どうぞ」

まゆ「わあ、ネックレス。綺麗……」

まゆ「この宝石2つって……」

P「まゆと俺の誕生石だよ」

まゆ「じゃあこっちがPさんですね」

P「ひょっとして誕生石知ってた?」

まゆ「知りませんけど、上に配置されてますから」

P「……なんで上だと俺なんだ? 単純に年上だから?」

まゆ「いえ。だってPさん……」




まゆ「上になる方が好きでしょ?」///




19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/07(日) 00:59:13.79 ID:zbDzLPSPo

以上で終了です
まゆ誕生日おめでとう!



20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/07(日) 01:03:57.82 ID:biL4ZehAO

乙!!!



21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/07(日) 02:42:36.81 ID:gJOXaQs90

「やって」しまった後なのかそうでないのか
それが問題だ



元スレ
SS速報VIP:佐久間まゆ「初恋の思い出」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1410018418/



アイドルマスター シンデレラガールズ 佐久間まゆストラップ

新品価格
¥864から
(2015/9/22 21:26時点)