SS速報VIP:男「見ぃつけた・・・」少女「ひっ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1443375576/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/28(月) 02:39:37.17 ID:nC+tvlj80

男「少女ちゃん、怖がらなくていいんだよー。ほら、こっちに来て・・・」

少女「ち、近づかないでください!」

男「傷つくじゃないかあ、少女ちゃん」

少女「もう追いかけてこないでください・・・」

男「嫌だよぉ、だって僕は少女ちゃんのことが大好きなんだから」

少女「私は大っ嫌いです!このハゲ!!」

男「っ!」

少女「お母さんが言ってました、『ハゲは敵』だって」

男「・・・僕、ますます少女ちゃんのこと好きになっちゃった」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1443375576




3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/28(月) 02:49:09.28 ID:nC+tvlj80

少女「(家まであと少しだけど、走って逃げ切れるか分からない)」

少女「(じゃあ戦う?ううん、絶対に勝てない。なら・・・)」スゥー

男「?」

少女「誰かーーーー!!助けてーーーーーーー!!お母さーーーーーーーーーーーーーん!!!!!」

男「っ!」ダダッ

少女「助かった・・・辛い戦いだった」












4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/28(月) 02:58:55.52 ID:nC+tvlj80

ーーー少女宅ーーー

少女「さっきね、ハゲに襲われたの。けど撃退出来たよ」

お母さん「だ、大丈夫だったの!?怪我は・・・してないみたいね」

少女「うん」

お母さん「危ないから市役所に通報しとかないと」

お母さん「最近は人里に下りてくる頻度が増えたわね」

少女「私怖いよ・・・」

お母さん「少女・・・」



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/04(日) 02:27:45.63 ID:AoBON6I80

少女「ねえ、今日は一緒に寝ていい?」

お母さん「・・・そうね、今日は特別ね」

少女「うん!」

お母さん「・・・」





男「少女ちゃん・・・少女ちゃん・・・」

男「かわいいなぁ。愛らしいなぁ」

男「どうすれば仲良くなれるのかな」








11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/04(日) 02:35:09.10 ID:AoBON6I80

ーーー翌日ーーー

少女「学校に行く準備できた!」

少女「そういえば通報してくれた?」

お母さん「・・・あ!ご、ごめんなさい少女!」

少女「え・・・」

お母さん「お母さんうっかりしてた・・・」

少女「もしかして、今日も」

お母さん「少女、ハゲが現れて襲って来ようとしたら昨日のようにするのよ」

お母さん「昨日のようにちゃんと対応すれば、大丈夫なはずよ」

少女「うん・・・」

少女「じゃあ、行ってきます」

お母さん「行ってらっしゃい。気を付けてね!」



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/04(日) 02:42:19.05 ID:AoBON6I80

ーーー(登校中)ーーー

少女「はあ、なんで坂の上に学校を作ったんだろう」

少女「服がベタベタしてきた、気持ち悪い・・・」

少女「ん?なんだろう」

少女「太陽が、2つ?」




男「見ぃつけた・・・」





少女「ひっ」





13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/04(日) 03:06:11.85 ID:AoBON6I80

男「少女ちゃん、昨日ぶりだね・・・」

男「どう?イメチェンしたんだけど似合ってる?」

少女「・・・?」

男「ふふふ、髪の毛を染めたんだあ。金髪に」

少女「!!!!」

少女「(ど、どういうこと?髪の毛を染めた?髪の毛がないのにどうやって?)」

男「どうしたんだい?少女ちゃん」

少女「(意味が・・・分からない)」

男「あ、頭皮かゆい」

少女「!!!!」

少女「(そ、そうか!このハゲ、頭皮に直接っ!!)」




男「さあ少女ちゃん。学校なんて休んで、恰好良くなった僕とこのままデートしようねえ」

少女「い、嫌です!私は学校に行くんです!」

男「わがままを言う少女ちゃんは可愛いなあ」

少女「さ、叫びますよ?昨日みたいに」

男「っ!」ダダッ







17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/04(日) 14:39:44.59 ID:AoBON6I80

パンパン!

男「ぐっ」

少女「・・・え?」

市役所職員「人様を怖がらせんじゃねえよ、ハゲが」

男「25口径・・・か」バタッ

市役所職員「さっき君のお母さんから市役所に通報が来たんだ。『娘がハゲにストーカーされている』ってな」

市役所職員「怖かっただろ、もう安心していいからな」

少女「あ、えっと」

市役所職員「ほら、学校に早く行きな。もう朝礼が始まっちまうぜ?」

少女「・・・」




少女「(もしお母さんにハゲのことを言わなかったら、ハゲは死なずに済んだのだろうか)」

少女「(ハゲは敵。そんなことは分かってる)」

少女「(でも・・・ハゲだからって死ななきゃいけないって、少し可哀想かも)」




この日、地球上から一人のハゲが消えた。ハゲたちは町を歩くことを許されない。
しかし時々、山から下りてくるハゲがいる。もしハゲを見かけたら最寄りの市役所や区役所に通報しよう。
25口径を腰に携えた職員がハゲを駆除してくれるからね!


終わり




18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/04(日) 15:38:38.22 ID:AoBON6I80

依頼出してきます
お疲れ様でした



元スレ
SS速報VIP:男「見ぃつけた・・・」少女「ひっ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1443375576/



「ストーカー」は何を考えているか (新潮新書)

新品価格
¥778から
(2015/10/4 15:47時点)