SS速報VIP:恭介「何故か俺の部屋にコミックL○が置かれてあった」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1443444822/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/28(月) 21:53:43.07 ID:zw1yIBmD0

恭介部屋

ドーン

恭介(コミックL○…簡略的に言うとロリ御用達雑誌だ。それが何故か俺の部屋に置かれていた)

恭介(無論、俺はこんなもの買った覚えはない。興味すらない。……何故だ。どうしてこんなところにあるんだ)

恭介(しかもこれよく見たら今月号じゃねーか。こんなの誰かに見られたら愛読者にしか見られねえ。くそっ、陰謀か?誰かが俺をはめようとしてるのか?)

恭介「………………」

恭介(まあいい。幸いルームメイトは他の奴のところへ泊まるらしいし焼却炉で燃やしてしまえば証拠隠滅万事解決モーマンタイだ)

ガタッ

恭介(そうと決まれば善は急げだ。どこの誰か知らんがこんなところに置いたお前が悪いんだ。文句は言うなよ)

ガチャ…

真人「おう恭介!突然だが今日はお前の部屋で遊ぶことにしたんだ!」

来ヶ谷「みんな暇なんでな。いつもと違って賑やかになるぞ」

理樹「今日はルームメイトがいないんでしょ?……あれ、その本は?」

恭介(真人の後ろには来ヶ谷や理樹などリトルバスターズ全員が集結していた。もちろん鈴もその中にいる)

恭介「…………………」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1443444822




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/28(月) 22:01:05.86 ID:zw1yIBmD0

恭介(なんだこの運の悪さは。とりあえず全力でドアを閉めた)

恭介「ちょっと待っててくれ」

バンッ!!

真人「ギャハァーーーッ!!」

恭介(鈍い音を立てた後、真人の悲鳴がドア越しに轟いた。すまん)

恭介「………っ」

恭介(真人が『なにしやがんだこの野郎ー!』とか言って再びドアを開けてくるまで残り2秒もない)

シュッ

恭介(もはや今から本の抹消は難しい。頭を全力で回転させ、この少ない時間の中で一番見つかりにくいベッドの下にブツを隠すことに成功した)

ガチャッ

真人「なにしやがんだこの野郎ーーっ!!」

恭介「悪い手が滑った」

恭介(これでもう見つかるまい。少なくともその時はそう思っていた)



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/28(月) 22:10:37.85 ID:zw1yIBmD0

数十分後


恭介部屋

ガヤガヤ

恭介「…………」

小毬「鈴ちゃーんっジュースはオレンジかコーラどっちにするー?」

鈴「オレンジ」

真人「へぇー!三年だけあって部屋って結構広いんだな!」

理樹「謙吾、そのコップ取ってくれない?」

謙吾「ああ」

恭介(俺の部屋は見事にパーティー会場と化していた。なんなんだお前らは。特に祝うことなんかないはずだろ)

恭介「なあ…今日はみんないつ帰るんだ?」

クド「あ…も、もしかしてお邪魔でしたか…?」

恭介(能美が申し訳なさそうにうつむいた)

西園「それなら出て行けと言われても仕方がありませんが」

鈴「なに?恭介は出て行ってほしいのか?」

恭介(みんなが俺の方に視線を注いだ。ここで頷けば俺を責めずに片付けに入ってくれるだろう。なんて良い奴らなんだ)

恭介「はっはっはっ!そんな訳ないだろう!今日は思いっきり楽しんで行ってくれ!」

恭介(こう言うしかなかった)



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/28(月) 22:30:29.80 ID:zw1yIBmD0

恭介(さて、これで楽に隠し通せる可能性は消えた。もはや、見つからないことを祈るのみだ)

来ヶ谷「…ふむ。そろそろピザが届く頃なんじゃないか?早く行かないと門が閉まるぞ」

恭介(来ヶ谷がふと時計を確認して言った)

理樹「本当だ。もうこんな時間なんだね」

恭介「ピザだって?」

理樹「うん。今日は夜ご飯はそれにしようかなって。せっかくみんなで集まるんだしたまにはね」

真人「よーし!それじゃあそろそろ手を洗いに行くとするか!」

恭介「!」

恭介(しめた。神はまだ俺を見放してはいなかったらしい。このまま全員が洗いに行ったところを素早く駆け抜け、焼却炉にブツをシュートすれば俺の勝ちだ!)

葉留佳「じゃー姉御ー私たちもいきましょっか」

来ヶ谷「うむ。受け取りは…」

理樹「僕に任せてよ」

来ヶ谷「ではお言葉に甘えよう」



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/28(月) 22:32:21.93 ID:zw1yIBmD0

恭介(ぞろぞろと出て行った。この部屋から洗面台はそう近い訳ではないのでしばらくは戻ってこないだろう)

理樹「恭介は行かないの?」

恭介「俺は後で行く」

バタンッ

シーン

恭介「ふっ……」

恭介「ふはははははは!よっしゃあ!ミッションコンプリートだぜ!」

恭介(勝利を確信した俺はベッドからそれを取り出すとドアを開けた。敗北を知りたい)

ガチャッ

理樹「あはは…肝心のサイフを忘れちゃったよ……って…」

恭介(……………)

理樹「そ、その本は…?なんか小さい子が…」

恭介「こ、これは違うんだ!」

理樹「あっ…なるほど…」

恭介(もはや誤解は解けそうもない。俺は理樹を部屋に入れると両肩を掴んだ)

ドンッ!

恭介「理樹………っ!!」

理樹「えっ…な、なに!?」

恭介(突然の出来事に顔を赤くする理樹へこう言った)

恭介「お前を殺す」

理樹「えっ……?」



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/28(月) 22:43:55.59 ID:zw1yIBmD0

恭介(違う、そうじゃない)

恭介「すまん、言いすぎた。だがこのことを他の奴、特に鈴に漏らせばお前はどうなってもしらんぞ…!」

恭介(遂に見つかってしまった。よりよって理樹に……いや、まだ理樹でよかったかもしれない。まだ理樹なら口封じは出来そうだ)

理樹「いやそれより状況が理解出来ないんだけど…」

恭介「とにかくこれは俺の物じゃないと言うことを信じてくれ。頼む…この棗の名にかけて誓う」

恭介(必死の形相だったからか理樹は信じてくれた)

理樹「まあそこまで言うなら…」

恭介「ありがとう……ハッ!」

ドスドス

真人『じゃあ俺、ピザ2枚な』

謙吾『切れじゃなくて枚か…』

恭介(もうすぐそこまで真人と謙吾が近づいて来ていた。しょうがない。またベッドの下に隠すか!)

恭介「そういう訳でみんなが帰るまで見つからないようお前も出来る限り協力してくれ!いいな!?」

恭介(早口でまくし立てた)

理樹「う、うん分かった!」

シュッ

ガチャッ

真人「たっだいまーっと……おろ?まだ行ってなかったのか理樹?」

理樹「あ、あはは…今行くよ!」

バタンッ

恭介(絶対に隠し通してみせるぞ…俺の威厳にかけても!)



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/28(月) 22:59:05.28 ID:zw1yIBmD0

……………………




ガチャッ

理樹「ただいまー」

真人「よっ!待ってましたー!」

恭介(今の所見つかる気配は微塵もない。そもそも俺が見つかったのも自分から取り出したからだし案外余裕かもしれん)

葉留佳「よーし!切るのはこのはるちんに任せろー!」

シャキーンッ

恭介「いえーい!」

恭介(このまま流れに身を任せよう。そうと決まれば今日は楽しみまくるぜ)

ポロッ

葉留佳「あっ…」

恭介(立ち上がった拍子に三枝のポケットから何かが転がっていった)

葉留佳「いっけない。ビー玉落としちゃった」

コロコロコロ…

恭介「!」

恭介(あろうことかそのビー玉はベッドの下に転がっていってしまった)

葉留佳「おっとっと…ちょっと失礼しますネ」

ズイッ

理樹「あっ…」

恭介(三枝が理樹を退けてビー玉の後を追った)

恭介「あぶなーーーい!!」

ドヒューンッ

恭介(俺は三枝がベッドの下を探り出す前にメル・ギブソン仕込みのハリウッドダイブをかました。最高速度はバシリスクのそれをゆうに超えていただろう)



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/28(月) 23:09:10.25 ID:zw1yIBmD0

ゴンッ!

小毬「ほ、ほわぁあ!?」

鈴「痛そうだな…」

葉留佳「だ、大丈夫ですか恭介サン!?」

恭介「ああ、なんとかな…ほれ、お前のビー玉だろ?」

葉留佳「あ、ありがとうございマス…」

恭介(ふう…危ないところだったぜ。この恐ろしくアホな展開、俺でなきゃ付いていけないところだったぜ)



……………………

…………





真人「ふぅー食った食った…」

理樹「流石ドミノピザだよね」

葉留佳「さーてレディースエーンドジェントルメーン!私に注目注目~!」

クド「わふー!なんでしょう葉留佳さん!」

西園「なんでしょう?」

恭介「む…?」

葉留佳「腹ごなしも終わったことだし早速男女混合のチームに分かれてチャンバラ大会をいたしやしょー!」

恭介(また厄介なことを思いつきやがって。今日ばかりはお前をリトルバスターズに入れたことを本気で後悔しているぞ)



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/28(月) 23:15:55.86 ID:zw1yIBmD0

来ヶ谷「なるほど、チーム戦か。面白そうだな」

理樹「チャンバラ?」

葉留佳「そう!この余った新聞をこうやって巻いて~~そいや!」

バシンッ

真人「ぐはぁっ!?三枝テメェ……って痛くない?」

葉留佳「でしょでしょ?今日はこれをチーム戦で行います。叩かれた回数が合計で一番多いチームが罰ゲーム!」

恭介「おいおい、そんなことしたらうるさくなりゃしないか?」

葉留佳「あっれぇ~?もしかして怖気付いたんですカ?」

恭介「いやそうじゃないが…」

葉留佳「じゃあやりやしょうよ!ルールは簡単。この新聞紙ブレードで叩いた時は『かたじけのうござる!』と言って、打たれた方は…」

恭介(まずいな…このままだとベッドが安全だとはとても言えなくなってくるぞ……)





12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/28(月) 23:34:43.14 ID:zw1yIBmD0

恭介(いや、ピンチをチャンスに変えていくのが俺だ!考えろ…この状況で見つからずに処理する方法を……)

真人「にしても、そろそろ暗くなってきたな…お前ら時間はいいのか?」

小毬「うーん居るとしてもあと一時間くらいかなあ」

恭介「暗い?…そうか!」

恭介(この余興を利用してさりげなく窓を開けてさりげなくブツを外へ放り投げたら証拠は隠滅出来るじゃないか!)

恭介(幸い外は暗いし投げたところでどこから飛んできたのか分かるはずもない!名案だぜ俺!)

恭介「よし!そうと決まれば早速チーム分けをしよう!」

西園「急にやる気になりましたね」

恭介(ミッションスタートだ!)



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/28(月) 23:58:55.76 ID:zw1yIBmD0

バシッバシッ

謙吾「かたじけのうござる!」

メコッ

真人「く、くそー!剣道部め!ここぞとばかりに本気出しやがって!」

理樹「かたじけのうござる!」

パンッ

小毬「む、無念なり~」

恭介(よし!全員争いに集中してるな…これなら証拠隠滅も容易いぜ!)

ガラッ…

恭介(まずは窓を少し開けた。そしてベッドの下に手を突っ込む)

ズリッ

恭介(よしっ!さらばロリータ!)

恭介「……じゃない!?」

来ヶ谷「む?」

恭介(俺が手に持っていたのは使われていない花火セットだった。間違えて取り出してしまったようだ。気を取り直してもう一度探る)

恭介「くそっ!」

ゴソゴソ

恭介(この厚み。今度こそビンゴだった)

恭介「今度こそ終わりだぁーっ!」

バサッ

ガンッ

恭介「ッ!?」

恭介(何が起きたというのか。窓に向かって放り投げた瞬間、その窓が勢いよくしまった。そのせいでブツが挟まって外に飛べず仕舞いとなっていた)

恭介「だ、誰だ!」

来ヶ谷「私だ。恭介氏だけ逃すわけには行かないな」

恭介「勘違いしてんじゃねーよ!」



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/29(火) 00:04:52.26 ID:5o7kcUGT0

来ヶ谷「勘違い?……なんだ、その本は」

恭介「あっ」

恭介(恐らくこの中で鈴に次いで一番見つかってはいけない人物に見つかってしまった)

恭介「い、いや…これは…!」

来ヶ谷「………ふむふむ。なるほどなるほど」

恭介(来ヶ谷の顔はどんどん邪悪な笑みへと変わっていった)

来ヶ谷「………ひとつ…」

恭介「な、なんだって…?」

来ヶ谷「一つ、恭介氏へのカードが手に入ったな」

恭介(こいつ!わざと沈黙して俺の弱みを握るつもりだ!)

恭介「ご、誤解なんだよこれは!」

来ヶ谷「果たしてその言い分を何人が信じるかな?」

恭介(ニヤニヤと笑う来ヶ谷。やべぇ、バレたら前科があるから余計に信じてもらえねえ)



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/29(火) 00:17:32.39 ID:5o7kcUGT0

バシッバシッ

「かたじけのうござる!」

「無念なりー!」

恭介(俺の心中とは裏腹に横では普通に盛り上がっていた)

来ヶ谷「ではこれは預かっておくぞ」

恭介(こいつは自分と同等かそれ以上の相手にはとことんやるタイプだ。このままではこれから先ヤツに逆らえん!かくなる上はっ!!)

ガシッ

恭介「こいつはやる訳にはいかん!」

恭介(素早く手を伸ばし来ヶ谷より先に掴み取った)

来ヶ谷「やれやれ残念だ。抵抗した恭介氏が悪いんだぞ?……すぅ」

来ヶ谷「あれー!?恭介君は何を大事そうに抱えてるのー?」

恭介「くっ……」

ザワザワ

真人「なんだなんだ?」

クド「どうしたですかー?」

恭介(やはりそう来るか!だが俺も覚悟は決めた!覚悟を持つものしか闘ってはいけないんだ!)

恭介「っ!」

ビリビリッ

恭介(俺は花火セットの袋を強引に破り、本にしおりのように刺しまくった)

来ヶ谷「なにをする気だ……まさか!」

恭介「ああ!お前が考えている通りだぜ!」

恭介(流石に周りの理樹達に飛び火させることは出来ない。俺は引出しのチャッカマンを手に取ると花火に次々と火を付けた)

ジジジジ…

恭介「お前ら伏せろ!爆発するぞ!」

来ヶ谷「くっ…」

鈴「なぁ!?」

恭介(これで秘密は守られた…任務、了解)

バチバチバチバチバチーーーーッ!!!



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/29(火) 00:23:01.80 ID:5o7kcUGT0

後日

恭介部屋

コンコンッ

恭介「どうぞ」

理樹「だ、大丈夫恭介?」

恭介「ご覧の通り胸に大火傷だ。寮長へは花火が誤って引火したということにしておいてもらってる」

理樹「それにしても、そこまでして秘密にしたかったの?」

恭介「男には何が何でも守り通さなければならない時がある」

理樹「もしかして僕も見習った方がいいのかな…」

恭介「俺みたいにはならんかもしれんが、万が一そうなったなら一つだけ忠告しておく。死ぬほど痛いぞ」






18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/29(火) 00:25:00.23 ID:5o7kcUGT0

終わり



19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/29(火) 00:27:09.60 ID:5o7kcUGT0

キャラ色々崩壊してすまんな

>>13
任せろ!



20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/29(火) 00:36:43.69 ID:AfT7s6yl0

伏せ字が伏せられてない定期



21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/29(火) 01:12:40.83 ID:TueUj6yYo

恭介じゃなくてヒイロじゃねーかww



22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/30(水) 19:41:09.26 ID:7zkt1oMVo


結局誰の仕業だったのか気になるが



元スレ
SS速報VIP:恭介「何故か俺の部屋にコミックL○が置かれてあった」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1443444822/



リトルバスターズ! Blu-ray BOX1 <完全生産限定版>

新品価格
¥19,180から
(2015/10/9 22:01時点)