SS速報VIP:女児「あっ!野良妖精だー!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1443960852/



1: ◆ERH4IkRlmI 2015/10/04(日) 21:14:12.48 ID:PJOffMjW0


女児「かわいい!見て、お母さん!この妖精、すごく人なつっこいよ!」

母「本当、珍しいね。かわいいねー」

女児「…ねえ、お母さん。この妖精、飼ってもいい?」

母「うーん…自分でちゃんと世話できるなら、ね」

女児「やったー!妖精、よろしくね!」

妖精は嬉しそうに女児に擦り寄りました。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1443960852




2: ◆ERH4IkRlmI 2015/10/04(日) 21:16:21.62 ID:bCTjaQvQ0


女児「妖精、ここが私のおうちだよ!」

母「なんだか喜んでるみたいね。よかったわねえ」

女児「妖精と庭で遊ぶ!行こ、妖精!」


女児「ほら、ボールだよ!取ってきて!それっ!

…いいこいいこ!もう1回!それっ!

…かわいい!かしこいのね!

次は猫じゃらしだよ!ほらほら!」

女児は、日が暮れるまで妖精と一緒に遊びました。





3: ◆ERH4IkRlmI 2015/10/04(日) 21:18:42.21 ID:bCTjaQvQ0


母「今日の晩ご飯は、クリームシチューよ」

女児「いただきまーす!

…おいしい~!お母さん、ほんと料理上手!今度、女児にも教えてね!」

母「はいはい。あら、お父さんが帰ってきたわ」

父「ただいま~…

うわっ!妖精!」

女児「私が拾ってきたの。飼ってもいいでしょ?お母さんは、飼ってもいいって…」

父「お母さんが?それなら…

自分で面倒を見るってお父さんと約束できるなら、いいぞ!」

女児「やったー!」

その晩、女児は遅くまで妖精と戯れました。そして次の日…。



4: ◆ERH4IkRlmI 2015/10/04(日) 21:20:22.52 ID:bCTjaQvQ0

女児「う~ん…おはよう、妖精。よく眠れた?

…あっ!お母さん!お母さーん!」

母「朝から大きい声出して、どうしたの?

…あら!妖精が2匹!」

女児「分裂したんだよ、きっと!

ねえ、飼っていいでしょ?」

母「うーん…自分でちゃんと世話できるなら、ね」

女児「やったー!妖精、よろしくね!」

新しい妖精は嬉しそうに女児に擦り寄りました。




5: ◆ERH4IkRlmI 2015/10/04(日) 21:22:46.94 ID:bCTjaQvQ0

母「今日の晩ご飯は、妖精の唐揚げにしましょう」

母は慣れた様子で妖精の首を切り落として頭を捨てました。

母「妖精の頭は苦いからね」

母は妖精のお腹を切り開き、内臓を取り出し、食べやすい大きさに切り分け、塩胡椒を振って、醤油や酒やみりんで作ったタレに漬け込み、1時間程寝かせてから片栗粉をまぶし、最初は160℃、次に180℃の油で揚げました。柔らかくジューシーに仕上げるために二度揚げにしたのです。



6: ◆ERH4IkRlmI 2015/10/04(日) 21:24:32.95 ID:bCTjaQvQ0


母「今日の晩ご飯は、妖精の唐揚げよ」

女児「いただきまーす!

…おいしい~!お母さん、ほんと料理上手!今度、女児にも教えてね!」

母「はいはい。あら、お父さんが帰ってきたわ」

父「ただいま~…

うわっ!新しい妖精!」

女児「分裂したの。飼ってもいいでしょ?お母さんは、飼ってもいいって…」

父「お母さんが?それなら…

自分で面倒を見るってお父さんと約束できるなら、いいぞ!」

女児「やったー!」

その晩、女児は遅くまで妖精と遊びました。そして次の日…。




7: ◆ERH4IkRlmI 2015/10/04(日) 21:26:26.79 ID:bCTjaQvQ0


女児「う~ん…おはよう、妖精。よく眠れた?

…あっ!お母さん!お母さーん!」

母「朝から大きい声出して、どうしたの?

…あら!妖精が2匹!」

女児「分裂したんだよ、きっと!

ねえ、飼っていいでしょ?」

母「うーん…自分でちゃんと世話できるなら、ね」

女児「やったー!妖精、よろしくね!」

新しい妖精は嬉しそうに女児に擦り寄りました。





8: ◆ERH4IkRlmI 2015/10/04(日) 21:28:31.54 ID:bCTjaQvQ0


母「今日の晩ご飯は妖精のピカタにしましょう」

母は慣れた様子で妖精の頭をちぎり取り、捨てました。

母「妖精の頭は苦いからね」

母は妖精のお腹を切り開き、内臓を取り出し、食べやすい大きさに切り分け、塩胡椒を振って、小麦粉をまぶし、醤油と混ぜた溶き卵をつけ、熱したフライパンに油と白ワインを入れて両面を焼きました。柔らかくジューシーに仕上げるために白ワインを入れたのです。




9: ◆ERH4IkRlmI 2015/10/04(日) 21:30:30.86 ID:bCTjaQvQ0


母「今日の晩ご飯は、妖精のピカタよ」

女児「いただきまーす!

…おいしい~!お母さん、ほんと料理上手!今度、女児にも教えてね!」

母「はいはい。あら、お父さんが帰ってきたわ」

父「ただいま~…

うわっ!新しい妖精!」

女児「分裂したの。飼ってもいいでしょ?お母さんは、飼ってもいいって…」

父「お母さんが?それなら…

自分で面倒を見るってお父さんと約束できるなら、いいぞ!」

女児「やったー!」

その晩、女児は遅くまで妖精と遊びました。そして次の日…。





10: ◆ERH4IkRlmI 2015/10/04(日) 21:33:00.08 ID:bCTjaQvQ0


母「今日の晩ご飯は妖精の煮込みにしましょう」

母は慣れた様子で妖精の頭を引っこ抜き、捨てました。

母「妖精の頭は苦いからね」

母は妖精のお腹を切り開き、内臓を取り出し、食べやすい大きさに切り分け、生姜やにんにくと下茹でし、ザルにあけ、酒と水に野菜と妖精を入れて煮込み、味噌・醤油・みりんを混ぜ、再び酒を入れました。柔らかくジューシーに仕上げるために酒を多めに入れたのです。




11: ◆ERH4IkRlmI 2015/10/04(日) 21:34:24.97 ID:bCTjaQvQ0


母「今日の晩ご飯は、妖精の煮込みよ」

女児「いただきまーす!

…おいしい~!お母さん、ほんと料理上手!今度、女児にも教えてね!」

母「はいはい。あら、お父さんが帰ってきたわ」

父「ただいま~…

うわっ!新しい妖精!」

女児「分裂したの。飼ってもいいでしょ?お母さんは、飼ってもいいって…」

父「お母さんが?それなら…

自分で面倒を見るってお父さんと約束できるなら、いいぞ!」

女児「やったー!」

その晩、女児は遅くまで妖精と遊びました。そして次の日…。




12: ◆ERH4IkRlmI 2015/10/04(日) 21:36:34.17 ID:bCTjaQvQ0


女児「う~ん…おはよう、妖精。よく眠れた?

ねえ、聞いて聞いて!今日は、お母さんとお父さんの結婚記念日なんだよ!

だから、私が晩ご飯を作るの。手伝ってくれる?

手伝ってくれるの?やったー!ありがとう!」

妖精は嬉しそうに女児に擦り寄りました。



13: ◆ERH4IkRlmI 2015/10/04(日) 21:38:23.75 ID:PJOffMjW0


女児「今日の晩ご飯は、妖精の照り焼きにしよう!」

女児は不慣れな様子で妖精の頭を叩き潰し、捨てました。

女児「妖精の頭は苦いからね!」

女児は妖精のお腹に何度も包丁を入れてやっとのことで切り開き、内臓をブチブチとちぎり取り、食べやすい大きさに切り分け、片栗粉をまぶし、両面を焼いてから、醤油・酒・みりん・ハチミツで作ったタレを加えました。しかし、焼きすぎて焦げてしまいました。




14: ◆ERH4IkRlmI 2015/10/04(日) 21:40:28.38 ID:bCTjaQvQ0

女児「ふええ…焦げちゃった…」

母「泣かないで、すごく美味しいよ?

ね、お父さん?」

父「うん、美味しい!こんなに美味しい妖精の照り焼きは初めて食べた!

お前はお母さんに似て、料理上手だなあ!」

女児「お母さん、お父さん…ありがとっ!」

その晩、女児の家からは遅くまで笑い声が響いていました。



おわり



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/04(日) 22:19:53.63 ID:8w1lTn/9O

乙 かわいくて狂気的で面白い



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/05(月) 01:02:53.79 ID:wafZ4rPAo


腹減った



19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/05(月) 05:01:06.34 ID:N87Rb/vTo

会話リピートと説明口調がじわじわくる
でも分裂する前に料理しちゃったのか……また捕まえなきゃ
天然モノと養殖はどっちが美味しいんだろう?




元スレ
SS速報VIP:女児「あっ!野良妖精だー!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1443960852/



妖精を呼ぶ本

新品価格
¥1,404から
(2015/10/17 00:33時点)