SS速報VIP:男「俺は女もハーレムも嫌いだ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1445763492/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/25(日) 17:58:12.67 ID:1vjGrcWV0


チュンチュン....

男「ん....朝か ふぁあ?... 今日も仕事に行かなくちゃなぁー....」

ドタドタドタッ

男「?!」

妹「おにいちゃーん!おっきろー!」どーーん

男「?!! だ、誰だテメェ!!」

妹「? なにいってるの?おにいちゃん?」

男「.....は?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1445763492




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/25(日) 18:03:39.83 ID:1vjGrcWV0


男「あ?妹だぁ?」

妹「そーだよー 忘れちゃったの?」

男(バカな...俺には上に二人 下に一人兄弟はいるが妹なんていないぞ?!)

妹「もー 寝ぼけてないで 朝ごはんだよー」

男(もしかして これって....)

男(ラノベなんかである 転生ものなんじゃ....)

男「カーーーーーッ!!」

妹「?!」




3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/25(日) 18:10:56.65 ID:1vjGrcWV0


男(まさか 学生時代にアホな男友達に無理矢理読まされた ラノベの知識が役に立つとは...)

妹「ちょ...ちょっと ほんとに大丈夫?」

男(...うわっ!よく見りゃ俺 高校生ぐらいの体になってやがる...んだよ この体は もっと鍛えろよ....)

妹「おにいちゃん?」

男「ん、あ だ、大丈夫だ」(つーことはコイツは俺の妹か...くそっ 女の姉妹となんてどう接すりゃいいんだ?)

妹「う、うん あ!そうだ 今日も幼なじみさんが来るんでしょー?早く朝ごはん食べないと!」

男「幼なじみ...?」




4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/25(日) 18:17:03.11 ID:1vjGrcWV0


男「......」

幼なじみ「もうっ!遅すぎよ!なにしてたの!?」

男「うっせえ くそアマ」

幼なじみ「?!」

男(しまった!条件反射で....)

男「い、いや 朝メシ 食ってたからな..」

幼なじみ「そ...そっか そーだね な、なんかあせらせてゴメンね....」

男(うわーーーっ めんどくせぇーーー!)

男(なーんで この女のことなんて気づかわなきゃいけねぇーーんだよ 糞がっ!!)

幼なじみ(な....なんだろう 今日の男 なんか変.....)




5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/25(日) 18:24:41.07 ID:1vjGrcWV0

男(くそ... 今は様子見ねーと...会う女全員と仲悪くなってもマズイだろーからな...)

幼なじみ「........」

男(しっかし なんで別の世界なんかに来ちまったんだ...どうせなら女の少ないとこに...)

幼なじみ「ねぇ 男...」

男「あ?」

幼なじみ「ひっ!」

男「あ、ごめん考え事してたからさ..」

幼なじみ「そ、そう ....ねぇ 男? なんかさぁ.... 今日 いつもと違わない...?」

男「えっ?そ、そんなことないだろー」




6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/25(日) 18:30:13.60 ID:1vjGrcWV0


幼なじみ「で、でもさ... 話し方も違うし...」

男「そ..それは....」

「見つけたわよ! 幼なじみさん! 男さん!」

男「」ピクッ

お嬢様「ほーっほっほ!どきなさい!幼なじみさん! 男さんの横は 私の...」


男「うっせぇんだよ!! 糞ガキがぁっ!!!」


お嬢様「」

幼なじみ「」




7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/25(日) 18:40:32.69 ID:1vjGrcWV0


男「テメェー なにピーピーでけぇ声出してんだゴラァッ?! 殺すぞオイ!!?」

幼なじみ「ちょ...ちょっと 男?!」

お嬢様「あ....... ぁ その... ごめ..」

男「...........はっ!」(しまった!)

男(くそっ!ここは....なんとか紛らわす!!)

男「すぅーー.....うおおおおおおおっ!!」

ガァアアンッ!!

幼なじみ「なにっ?!なんなの?!なんで男がいきなり電柱に頭を打ち付けたの?!」

お嬢様「え? ...なっ....どういうことなんですの? えっ?」

幼なじみ「ちょっと 起きてよ! ねぇ!男ったら!」

男「.............」




8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/25(日) 18:55:16.54 ID:1vjGrcWV0


男「んっ......ここは?....」

「あら?おはよう 男くん ここは保健室よ?」

男「.....あんたは」

保健の先生「あら?忘れちゃったの? 私よ 保健の先生 ふふっ」

男「.........」

保健の先生「ん?なぁに?そんなに見て...」

男「あんたの胸 邪魔」

保健の先生「」




11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/25(日) 19:14:03.73 ID:1vjGrcWV0


男「胸がデカすぎて顔が見えねーんだよ」

保健の先生「」

男「なんだオマエは あれか?親が牛かなんかか? でかすぎんだろ 栄養全部持ってかれてんのか?」

保健の先生「これは....ほんとうに聞いていた通りね.....」

男「あっ」(またやっちまった....)

...............................

保健の先生「ということは...女性と喋ると発作的に怒りが爆発してしまうと...そういうこと?」

男「はい....」(よし...なんか病気かなんかと勘違いしてんのか...)

保健の先生「なるほど....そうねぇ 確かに男くんの周りって女の子ばっかりだし...ストレスが溜まってたのかしらね...」

男「は?」

保健の先生「え?」

男「いま....なんて?」




12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/25(日) 19:19:49.95 ID:1vjGrcWV0


保健の先生「いえ、だからストレスが...」

男「そーじゃねぇよ!! 周りが女ばっかり?!!」

保健の先生「そ、そうよ?だってここは 女子校から共学になったばかりで...」

男「はあああああああああ?!」

保健の先生「」ビクッ

男(くそっくそっ!なんだそりゃあ! んなもんまるでラノベじゃねーか!そもそもなんで元の俺はそんな学校選んでんだよボケぇぇぇぇ!)

保健の先生「なるほど...重症みたいね...」




17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/25(日) 19:49:06.42 ID:1vjGrcWV0


男「はぁーーーー.....」イライライライラ

(保健の先生「良い?入学式でも言われた通りこの学校を退学することはできないの... だからこの状況に慣れなくちゃいけないわ」)

男「ったく.. あのチチでか女 くその役にもたたねぇ...しかもなんだよ退学できねーって 俺に権利は無しか?憲法は無視か?」

(保健の先生「それと...ほらあの子がいるじゃない?アナタの友達の悪友くん 女の子と喋りたくなかったら あの子と一緒にいればいいんじゃない?」)

男「まぁ いいか 俺に男の友達がいることも分かったし...まずはそいつと話してみるか」




18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/25(日) 19:55:28.71 ID:1vjGrcWV0


男「.......ん 1-B教室 ここか....」

男(まぁ つっても共学なんだし そんなに多すぎるって程じゃあねぇだろ)

ガララララッ

男「すいませーん 遅れましたー...」

女ども「ざわざわ...ざわざわ....」

男(女ばっかりじゃねぇかぁぁああああ 畜生があああああああああああっ!!)

男「......」(しかも..) ガララッ ドスッ

モブ女「ねぇ男くんどうしたんだろう?」

モブ女「なにかあったのかな....」

男(なんでこっち見て 顔赤らめてんだよぉぉぉぉぉぉっ!!くそアマどもがァァァァァァッ)




20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/25(日) 20:01:29.03 ID:1vjGrcWV0


男「....」(あああああああああああああっ)

悪友「おい 男! どうしたんだよ?」

男「...はっ お前は...」

悪友「あー?大丈夫かよお前 俺は悪友だぞ?」

男「親友....」(そうか コイツが悪友か...)

悪友「変なヤツだなー」

男(なんだよ...このクラス俺とこいつ以外男はいないのか....!)

悪友「.....なんか あったら言えよ? 親友だろ?」

男「悪友.......」




21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/25(日) 20:06:29.64 ID:1vjGrcWV0


男「.....なぁ 悪友 ちょっと話したいことがあるんだ」

悪友「おっ なんだ?....大事な話か?」

男「ああ...どこか人のいない場所がいい」

悪友「おっけー なら屋上だな... 次の休み時間にでも行こうぜ」

男「分かった」

男(やっぱり男友達と話すと落ち着くな....)




22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/25(日) 20:16:04.95 ID:1vjGrcWV0


屋上

悪友「はぁー?! お前が別の世界から来た別人?!」

男「そうだ...だから俺は 昨日までお前が会っていた男とは別の人間なんだ....」

悪友「はぇー...それってつまり 入れ替わったっつー....」

男「そんな感じだな」

悪友「なるほどな 朝から感じてた違和感はこれか....」

男「! 信じてくれるのか?」

悪友「あ?そりゃそうだろ!親友の言うことは信じるぜ! .....って お前は違うヤツなのか ハハハ」

男「悪友....ありがとう 信じてくれて」(なんだよコイツすごくいいヤツだな...)





24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/25(日) 20:21:13.72 ID:1vjGrcWV0


悪友「でだ....どうするんだ?これから..」

男「なんとか 元に戻る方法を探さないと...」

悪友「そーだな 俺も 元のお前にも会いてーしな」

男「ああ でもそもそもなんで俺はこんなことに....」

悪友「もしかしたら....いや 絶対あれだろうな」

男「! なにか知ってるのか?!」

悪友「多分....宇宙人ちゃんの仕業だ」

男「?!!!」




25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/25(日) 20:31:18.48 ID:1vjGrcWV0


男「なにいってんだよ?!宇宙人?」

悪友「え? あっそうか お前は別の世界から来たからな...って お前がそんなんなのに宇宙人に驚くなよ..」

男「そ、それもそうか」

悪友「わかった とりあえず 元のお前がどんなヤツでどんな状況にいたか 説明してやる」

男「お、おう」

悪友「まず 元のお前はもっとナヨナヨしてたな 草食系っつーか」

男「へぇ...」

悪友「でーだ 幼なじみと同じ高校に行くためこの学校に入学 そして幼なじみの入ってた天体観測部に入部したんだ 部長は世界一の金持ちのお嬢様 あと二人部員がいるな」

男(幼なじみ....お嬢様.... アイツらか)




27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/25(日) 20:42:46.31 ID:1vjGrcWV0


悪友「で、確か...七夕だったか お前らが部活中に... UFOが学校に墜落したんだ それで出てきた宇宙人ちゃんが さっき言ってた子だ あとすっげー可愛い」

男「なんだそりゃ?!出来の悪いマンガか?!」

悪友「俺も最初はそう思ったよ! でー なんか知らねーけどその子が学校で暮らすことになってー お前らはその子中心にいつもわちゃわちゃしてたな」

男「はぁー.... なんつーかなぁ...」

悪友「はは 今思うと もしかしたらここはラノベかマンガの世界なのかもな!」

男「なんだよ...怖いこと言うなよ」

悪友「まぁとにかく この事件も多分その宇宙人ちゃんがしでかしたんじゃねーかってのが 俺の考えよ」

男「なるほど...わかった!で、そのクソガキはどこにいるんだ?」

悪友「ちょっ? クソガキって!」

男「え?...ああ 言ってなかったか 俺は女が心底嫌いなんだ...だから 名前で呼ぶ気にもならいんだよ」

悪友「えぇ...? おまえ...人生損してるぞ?」

男「........」




28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/25(日) 20:53:55.16 ID:1vjGrcWV0


悪友「まぁいいか 人の好みだしな...」

男「それで ソイツはどこに?」

悪友「んー それが...わかんないんだよ」

男「えっ?」

悪友「いやー実はさ ここ最近お前と あっ元のお前と喋ってなくてさ... なんか宇宙人ちゃんがいなくなっちゃったとかは聞いたんだけどな」

男「悪友...」

悪友「ん?あ、気にすんなって! まぁ元のお前はさ 段々モテるようになってくと なんか付き合い悪くなっていってさ... ま、いいんだけどな!ハハハ...」

男「悪友!」

悪友「ん?」

男「....おまえのこと信頼してるからな 俺を助けてくれ」

悪友「! ......おう!もちろんだ!頑張ろうぜ!」




32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/25(日) 21:37:00.42 ID:1vjGrcWV0


(悪友「いいか?俺は宇宙人ちゃんに何があったかは知らない けど、元のおまえの部活の部員連中なら知ってるはずだ」)

(悪友「お前が女嫌いなのは分かってるが 俺じゃ話しかけても相手にされない だからお前が聞き出してくれ」)

男「ふぅー...クソッ しかたねぇか まさか俺から女に話しかける日が来るとは....」

男「.....お、いたな」

男「おいっ!そこのお前!」

お嬢様「」ビククッ!

男「お嬢様 だっけか ちょっと話したいことがあるんだ...」

お嬢様「あ...あの わたくし...」

男「ああ?」

お嬢様「その... ごめんなさい!」

男「あ?なんだよいきなり...」




33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/25(日) 21:46:28.53 ID:1vjGrcWV0


お嬢様「わたくし...今まで 男さんのことも考えず... いえ 男さんに甘えてましたわ... それでいつも迷惑をかけてしまって...」

男(なんだ...?朝のこと謝ってんのか?)

お嬢様「本当にすみませんでしたわ!」

男(...へぇ 声が高いだけのバカかと思ったら 案外ちゃんとしてんのか)

男「あー うんいいよ よく考えたら俺も大声出してたし ごめん」

お嬢様「...! ありがとうですわ!」

男「うるせぇ」

お嬢様「ご、ごめんなさい...」




44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/26(月) 19:14:30.05 ID:FwSFnT3z0


男「あっ! それよりさ お前宇宙人が何処にいるか知らないか?」

お嬢様「えっ? さぁ.. そういえば近頃見ていませんのよねぇ まぁ何処かへ居なくなるのはよくあることですけれど...」

男「あー?! クソッ知らねぇのかよ!」

お嬢様「ひっ! あ、あの」

キーーンコーーンカーーンコーーン

男「げっ もういいよとりあえず 教室に戻るぞ」

お嬢様「はっはい....分かりましたわ..」

タッタッタッ....




45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/26(月) 19:35:46.63 ID:FwSFnT3z0

授業中

男(くそっ...結局なんも分かんなかったじゃねぇか....)イライライライラ

男(それにあの女が宇宙人はよく居なくなるって言ってたし....こりゃあ長くなるかもな....)

男「....ん?」

幼なじみ「」チラッ..

男(なんだぁ?アイツ チラチラ見やがって...イスでも投げつけてやろうか...)ピクッ

男「........そういえば」

男(俺の横のメガネ女だけは俺のことで噂したり 俺の顔見て赤くなったりとかしねーな..)

男(はん どうやらこっちの俺にも手が出せてない女がいたみたいだな? 爪が甘いぞこっちの俺よぉ)




46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/26(月) 19:46:11.83 ID:FwSFnT3z0


悪友「おい 男 どーだったんだよ結果は」ヒソヒソ

男「え?あぁ それがさ...」ヒソヒソ


お嬢様(....男さんどうしてしまったのでしょう... なんだかいつもと全然違いますわ... それに 私だけでなくて 他の女性にも冷たいような...)

幼なじみ「ねぇ お嬢様」

お嬢様「? なんでしょうか?」

幼なじみ「なんかさ... 男 いつもとなんか違わない?」

お嬢様「実は私もそう思ってましたの どうしたのかしら...」

幼なじみ「なんていうか 今日の男って酷いよね...」

お嬢様「あ...でも わたくしも反省するところはありますわ...いつも迷惑をかけてしまっていますもの 怒りたくなるのは当然です」

幼なじみ「いや それにしたって酷いよ!お嬢様にあんな暴言言ったりさ...」

お嬢様「...?」




49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/26(月) 20:01:24.53 ID:FwSFnT3z0


お嬢様「なんだか...幼なじみさんも変じゃありませんか...? いつもなら もっと男さんをかばったりするような... ほらこの前の偽者騒動の時も....」

幼なじみ「え?い、いや 今回は 流石に酷すぎると思ったからさ!」

お嬢様「ですが...」

幼なじみ「..あっ!先生来たよ 静かにしないと!」

お嬢様「え?わ、分かりましたわ....」(なんでしょう この違和感は....)

.........................
休み時間

悪友「お嬢様ちゃんが知らねーなら 次聞くなら幼なじみちゃんだが.... いないな 」

男「んだよ...役にたたない女ばっかりだな」

悪友「まぁまぁ なんか用事があんのよ じゃあ次は元気くんにでも聞いてこいよ」

男「元気くん?どこにいるんだ」

悪友「多分...グラウンドじゃねぇか? 良く走ってんだよ お前の入ってる天体観測部と陸上部掛け持ちしてるからな」

男「へぇ... わかった聞いてみる」

悪友「おっけー 俺も調べられる範囲で調べてやるからな」

男「すまないな 悪友」

悪友「いいってことよ」




53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/26(月) 20:19:50.60 ID:FwSFnT3z0


男「グラウンドに来てみたが.. ん?」

「はっはっはっ.....」

男「あのユニフォーム アイツか... おーーい!」

元気「えっ? あっ!男くん!」

男「や、やぁ?元気...くん?」(なんだコイツ...女みてーな顔だな)

元気「ん?なんかいつもと違わない?」

男「えっ そ、そんなことないだろ?」

元気「ふーん...あ!そうだ 悪いんだけどハードル用意するの手伝ってくれない?」

男「は、ハードル?」

元気「うん 全部持ってくるのは大変だからさぁ 男手がほしくて!」

男「あ、うん いいぞ」(何いってんだお前も男だろうが...)

元気「じゃあ 体育倉庫いくから 着いてきて!」 ダダダダダッ

男「わっ ちょっ 速ぇっ! ま、まてよ!」タッタッタッ..





54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/26(月) 20:27:36.33 ID:FwSFnT3z0

体育倉庫内

元気「うひゃー 埃っぽいね けほけほ」

男「なぁ ほんとにこんなにハードル使うのか..?」

元気「え?もちろんだよー ほら持って持って」ガシャガシャ

男(なんつうか こいつ見た目と実際の力が違いすぎんだろ... どこにその筋力あるんだよ..)

男「んっ... おーい 奥にもあるぞ?」

元気「えっ?ならそれも取りに行くよ!」タッタッタッ

男「これ使えるか?」

元気「うーんちょっと古いけど...」

ギィィィィィィィィィッ ガチャンッ

男「ん?」 元気「え?」




55: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/26(月) 21:06:13.02 ID:FwSFnT3z0


男「くそっ!」ダッ!

元気「えっ? なに!?」

男「ぐっ!」ガチャガチャッ!

男「やばい.. 閉じ込められた!」

元気「ええっ?! うそ!」

男「おーい!開けろーー!」ドンドンドンッ!

元気「....? や、やっぱり男くん いつもと違う....」

男「クソがっ!どうなってんだよ!」ガンッ!




56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/26(月) 21:10:37.63 ID:FwSFnT3z0


男「.........ちょっと待てよ?」

元気「え?」

男「俺 こういう状況 どっかで見たことあるぞ.....」

元気「ど、どうしちゃったの?! 男くん?」

男「..........なぁ 聞きたいんだが」

元気「な、なに?」

男「お前....男か?」

元気「な、何いってるの!僕は女の子だよ!」

男「」




58: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/26(月) 21:48:13.65 ID:FwSFnT3z0


男「はぁっ?! だってお前 元気くんって呼ばれてて一人称も僕じゃないか?!」

元気「いや それは くん付けで呼ばれてるのは小学校からずっとで 一人称は 昔からの癖で治らないって... 前に話したよね?」

男(悪友....紛らわしい言い方しやがって..)

元気「....ねぇ一体どうしたの男くん?」

男「待て!それ以上近づくな....頼む」

元気「!」

男「.....わかった 話すから そこでいてくれ..」

元気「う、うん...」




62: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/28(水) 20:46:59.68 ID:614YcvRJ0

.........................

元気「な、なるほど....別の世界の人..」

男「そうだ 宇宙人なんてのがいるんだからそれくらい信じられるだろ?」

元気「それは分かったんだけどさ....なんでそんなに離れてるの?」

男「いや...その 俺は実は女が大嫌いで... 近づくと何故かイライラしてくるんだが....」ズズズッ

男「...あれ?おかしいな イライラしてこない...」 スッ スッ

元気「えっ?」

男「いや ここまで近づいてイライラしてこない女は初めてだ」 スススッ

元気「そ....それはまた 失礼なのか誉めてるのか分かんないね...」

男「うーん 不思議だな まぁ最初はお前を男と思ってたしな...」




63: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/28(水) 21:01:40.34 ID:614YcvRJ0


男「はぁーっ しっかし誰だよ 閉めやがったのは......」

元気「....はぁ」

男「ん?なによ」

元気「いや....僕ってそんなに男っぽいかなぁ...」

男「うん」

元気「えぇっ?そんな即答しないでよ!」

男「えっ なにもしかして女っぽく見られたいのか?」

元気「そりゃそうだよ!僕だって女の子だもん!」

男「.....なら髪伸ばせよ」

元気「え?」

男「それにもっと化粧とかさ.. というか僕ってのが一人称ってのがダメなんだろ 癖って言ったって頑張りゃ直せるだろ...」

元気「そ、そうすれば女の子っぽくなるかな!?」

男「....いや お前バカか そりゃそうだろ
女っぽくしてりゃブスでも女っぽいだろ..」

元気「そ、そっか そうだね...やってみるよ!」

男「あ、でも頼むから俺がいなくなってからにしろよ 突然 俺に殴られるかも知れないいからな」

元気「う、うん 気をつけるよ...」




64: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/28(水) 21:29:21.76 ID:614YcvRJ0


男「...あ、そうだ もしかしてだけどさ元の俺っがさお前に お前は充分女らしいよ とか お前にも可愛いところはたくさんある とか 言ってなかったか?」

元気「えっ?なんでわかるの?!」

男「しかもお前 その言葉で元の俺に惚れたりしなかったか?」

元気「ええっ な、なんでそれを...」

男「カーッ! なんだそりゃあ お前それくらいでいちいち惚れてんなよ.... 」

元気「な、なんでさ!だって男くんは初めて僕を女の子扱いしてくれて..」

男「でもさぁ だったら もし俺がお前はカワイイヨーとか最初に言ってたら惚れてたワケ?」

元気「そ、それは..」

男「もっとしっかり考えて交際相手は選べよ...じゃないと 俺の兄貴たちみたいなひどい目に...」

元気「も、もう!恋ってのはそんな理屈っぽいもんじゃないんだよ!」

男「また なにを訳のわからんことを... お前がもしもう少し女っぽかったら俺はそろそろキレて暴れてるところだな」

元気「....うーん 君はなんていうか生きにくそうだねぇ...」

男「余計なお世話だ」




65: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/28(水) 21:41:00.09 ID:614YcvRJ0


元気「それにしても....どうしようか このままだと次の体育までは閉じ込められたままだよ...」

男「...うーん 一つだけ方法を思い付いたんだが...」

元気「えっ?なに?」

男「....いいか?お前絶対にこれから扉が開くまで女みたいな反応をするなよ?」

元気「え?う、うん...」

男「それじゃ ちょっと失礼して...」

ガバッ!

元気「!!!」(えっ!なに?いきなり押し倒され....)

ガララララッ!

悪友「男! ここか!? 大丈夫....っておまえら何してんだっ?!」

男「やっぱりきたか..」(ってことはコレは..)

元気(えええっ?なにこれ?!男くんに押し倒されて...でもこの人は男くんじゃなくて...)

男「あっ悪いな 離れるよ もうキャーとかイヤーとか言っても これだけ離れてりゃ大丈夫だ」

元気「あわわわ...」

悪友「な、何があったんだ...?ほんとに..」




66: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/28(水) 21:52:11.16 ID:614YcvRJ0

..............................

悪友「へぇ!元気くんとは イラつかず話せるのか!」

男「そうみたいだ 実際 男友達ぐらいに思ってる」

元気(うーん...なんだかなぁ)

悪友「...で?聞いてみたのか?宇宙人ちゃんのこと」

男「あっ..そうか おい元気 お前宇宙人がどこにいるか知らないか?多分アイツが俺がここに来た原因だと思うんだが...」

元気「えっ?宇宙人ちゃん?...うーん 最近そう言えば見てないなぁ... ごめん どこにいるかは分からないや...」

男「くそっ 皆知らねぇのか... じゃあ残るは幼なじみとあともう一人の部員のどっちかに聞くしかねぇか...」

元気「あっ もう一人の部員って 弱気ちゃんのこと?」

男「また女か..」

悪友「おおっ!弱気ちゃんはいいぞ~ 胸もお尻もでかくてセクシーでなぁ しかもスッゲー可愛くて...」

男「お前...その情報 俺が喜ぶと思うのか?」

悪友「へへっ それもそうだな...」




67: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/28(水) 22:02:08.60 ID:614YcvRJ0


悪友「ん~でもなぁ 弱気ちゃんってどこにいるのかな 教室?」

元気「いや 弱気ちゃんは休み時間なんかは先生の手伝いとかしてるよ!」

悪友「へぇ~ やっぱ いい子なんだなぁ~」

男「つっても結局 どこにいるのかやからなきゃ話に...」


「お、男さん! ど、どいてください~~~っ!!」

男「あ?」

どっしゃーーーーん☆(顔面騎乗位)


弱気「いたた... お、男さんっ?! ご、ごめんないぃっ!」

男「」ピクッ

弱気「あっ!そ、そんなところに顔入れちゃだめですぅ~!」

悪友「.......あっ」

元気「.....やばっ」

男「」ブチッ ブチッ ブチッ...




70: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/30(金) 22:15:59.84 ID:fan2JdAO0


バッ!!

元気「早く逃げて!!」

弱気「ふ、ふええ?!な、なんですかぁ?!」

カチャッ.....

男「テメエ......」ズッ...

悪友「ちょっ! 消火器?!」

弱気「お、男さん....?!」


男「なに人の顔に汚ねぇケツ乗せてんだ ゴラアアアアアッ!!!」


弱気「ひ、ひいいいい!ご、ごめんなさいいい!」 ピューーーッ!

男「逃げてんじゃねぇええええっ!!」




71: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/30(金) 22:23:54.84 ID:fan2JdAO0


悪友「お、落ち着け 男ォ!」ガバッ

男「このクソアマぁぁぁぁぁ!」

元気「まって!まって!もういないから落ち着いて!」ガシッ

男「はぁっ...はぁっ... ふぅーっ... 分かった」

悪友「よ、よし おちつ..」

男「うぉりゃあ!」ズガァンッ!!

元気「わーーっ!何してるの!?」

男「頭突きだ...これやると頭が冷えて落ち着くんだよ...」

悪友「そんな直に血を抜かなくても...」




72: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/30(金) 22:32:49.79 ID:fan2JdAO0


悪友「それにしても...お前も損してんなぁ 俺ならメチャクチャ嬉しいぜ?」

男「は? おまえ... なんで顔面にケツ乗せられて嬉しいんだよ...」

悪友「いや でも女の子に顔に乗られるならさぁ」

男「お前分かってんのか? ケツは糞出すところだぞ? そんなもん乗せられてたら 例えアイツが女じゃなくてもキレるに決まってんだろ それにアイツがぶつかってきたんだしよぉ」

悪友「う、うーん そう言われると... けど毎日そんな目にあってた元の男は羨ましいけど 大変だったろうな..」

男「しかも息も出来ねぇし こっちの俺も苦労してんだな...」

元気(.....私1回乗っちゃったんだよなぁ... 黙っとこ...)




73: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/30(金) 22:41:25.08 ID:fan2JdAO0


男「はぁ...まぁいい じゃ さっき言ってた弱気ってやつを探そうぜ」

悪友「......あ」

元気「.......それなんだけど...」

男「ん?」

悪友「さっき お前にぶつかったのが..」

元気「弱気ちゃんなんだ....」

男「.........」

男「それなら結局追いかけなきゃいけねぇじゃねぇか!!」

悪友「そうなんだよ...お前から弱気ちゃんを離そうと必死で...つい」

男「あーもういい!とりあえず探すぞ!」ドタドタドタドタッ!

元気「あっ!ちょっと待ってよ!」タタタタッ!

悪友「わっ ちょっ! 二人とも速すぎるって!」
トトトッ




80: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 19:34:58.31 ID:ImXNXugy0


男「どこだぁーー!弱気!!出てこぉーーーい!!」ドタドタッ

男「できるだけ怒らねぇから出てこーーい!」ドタドタッ

元気「弱気ちゃーんどこー?」

悪友「うーん弱気ちゃんどこに行ったんだろなぁ...」

男「...ん」(あれは俺の隣のメガネか)

男「おいそこのメガネ!」

無口「......なに?」

男「お前 胸とケツがデカイ女がどこに逃げたか知らないか?」

無口「.......ここの学校は胸とケツのデカイ人は多い...」

男「ん...確かにな あ、名前は弱気って言って眉がずっと八の字なんだが」

無口「........知らない」

男「..........そうか」

無口「..........じゃあ」

男「..............」




81: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 19:45:28.96 ID:ImXNXugy0


元気「あれ?無口ちゃんに聞いてたの?」

男「ああ アイツ無口っていうのか なんつーか そのまんま静かなやつだな...」

元気「はは.. まぁ無口ちゃんはなんか不思議な子だね」

男「ま、うるさい女よかマシだな」

悪友「おーい 見つかったか?」

男「いや、まだ見つかってない」

元気「一体 どこに逃げたのかなぁ?」

男「クソッ じゃあ二階でも探しに..」

「何をしているのですか!男君!」

男「.....あぁ?」ビキッ




82: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 19:55:53.87 ID:ImXNXugy0


生徒会長「貴方が我が校の女子生徒を追い回していると生徒から報告があったわ!」

元気「せ、生徒会長さん..」

男「なんだ?あのうるさい女...」

悪友「あぁ あの人はうちの学校の生徒会長なんだ..」ヒソヒソ

生徒会長「まったく なんてハレンチ漢なの!!」

男「あ? テメェ.. んなデカイ声だしてんじゃねぇよクソアマがぁ...」

生徒会長「なっ...?! お、男君 なんて事を言うの!!」

悪友「ちょっ 男っ」

男「だから...うるせぇってんだろがぁ!」ダッ!

生徒会長「!!」


ダァンッ!!




83: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:09:05.66 ID:ImXNXugy0


バタッ!!

元気「わぁっ!男くん?!」

男「な....」(コイツ...俺を投げ飛ばしたのか?!)

生徒会長「い、いきなり襲いかかって来るなんて... やっぱり貴方はそんな人だったのね!」

男「糞がぁ...!」(クソッ.. もっとこの体に慣れてりゃ..)

生徒会長「! まだ来るつもり?!」


悪友「ちょっ、お、落ち着けって!男!」ガシッ

男「ぐっ...... わ、悪い またキレちまってた」

生徒会長「な、なんなの...?」

悪友「ね? 生徒会長さんも 落ち着いて..」

生徒会長「私は落ち着いているわ!...ええと...」

悪友「....?」

生徒会長「えっと...貴方 名前はなんていったかしら」

悪友「え?」




85: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:22:18.34 ID:ImXNXugy0


男「...ん?」

悪友「ちょっ やだなぁ! 悪友ですよ! ほらよく男と一緒にいるじゃないですかぁ! この前のプールでの騒ぎの時なんかも...」

生徒会長「...そう だったかしら あのときは男君だけがいたような....」

悪友「いや...確かに騒ぎになってからは ふっ飛ばされていませんでしたけど...」

生徒会長「......ごめんなさい 覚えてないわ」

悪友「そ、そんな...」

男「......おい 元気」

元気「え?」

男「正直に答えろ 悪友の名前...知ってたか?」

元気「えっ....あの その」

悪友「.....」

元気「ごめん...あんまり喋ったことないから 知らなかった....」

悪友「ええっ?!」




86: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 20:41:08.33 ID:ImXNXugy0


男「.......」

悪友「う、嘘だろ?だって今はそんなにだけど前はよく話に入ったりもしたし...」

生徒会長「.....」 元気「.....」

悪友「......やっぱり男だけか」

生徒会長「!」元気「!」

悪友「いつもいい目にあうのは男だもんな... 俺はせいぜい どこかにふっ飛ばされたり 噂話を男に伝えるだけの役目だよ... くそっ!」

元気「ご...ごめん 悪友くん...」

男「......悪友」

悪友「え?」

男「.....俺があの女を殴ってやる」

悪友「えっ?!」 生徒会長「なっ!」

男「名前を忘れられるとムカつくよなぁ?それも普段真面目ぶってる女にされると特になぁ...」

悪友「お、男....でも そんな 俺の影が薄いのだって悪いんだし...」

男「....理屈じゃねぇよ 人の友達 軽くみられて....」


男「イラつかずにいられるかよ!!」


悪友「お...男...」




91: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 21:05:01.16 ID:ImXNXugy0


生徒会長「お、男君....いや 貴方は男君じゃ...!」

男「テメェ歯ぁ噛み締めねぇと折れるぞオラァッ!」 ダッ!

生徒会長「くっ!」(ここはまた投げ飛ば...)

男「うぉりやぁっ!!」ビュンッ!

生徒会長「?!!」(消火器?!!)

生徒会長「きゃっ!」バッ!

男「どこ見てん...だぁっ!!」シュッ!!

生徒会長「ひっ!?」(殴られ...っ!)

ガスッ!!




94: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 21:12:36.86 ID:ImXNXugy0


男「...........」

生徒会長「え.....?」

悪友「......あ」

バタッ......

男「....てめ ぶっ ころ......ぐっ」ガクッ..

保健の先生「おイタが過ぎるわ....止めなさい」

悪友「お、男!」 元気「お、男くんっ!」

生徒会長「せ、先生....」

保健の先生「......とりあえず保健室に運びましょう」




98: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 21:30:21.35 ID:ImXNXugy0

.........................

男「......ん ...また保健室かよ...」

悪友「お、男ぉ!よかった...」

元気「男くん...! 起きたんだね!」

男「........あっ! おいあの生徒会長とセンコーはどこだ!! アイツ一対一に水さしやがて..!」

元気「あー..っと このままじゃ男くんに殴られちゃうから 二人とも男くんが元に戻るまで 遠くに逃げてるって...」

男「はーっ?! なんだそりゃっ?!クソ 追いかけてでも...」

悪友「お、男 もういいって ...怒ってくれてありがとな」

男「悪友.....」

元気「.......悪友くん ほんとにごめん!!」

悪友「えっ?」




99: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 21:35:38.28 ID:ImXNXugy0


元気「....確かに 前はみんなで一緒に遊んだりもしたのに...なぜか忘れちゃってた...ごめん!僕を殴ってもいいから!」

悪友「い いいよそんな... 男じゃあるまいし」

男「ん?」

元気「だからさ.....また今度..みんなで遊びに行こ?」

悪友「お....おう! 行こう!ぜひ!」

男「....良い話だな」

元気「あ....男くん!僕を殴りたいなら殴っても...!」

男「いやもういいよ.. もう怒ってないし」

元気「そ、そっか...」

悪友「......なぁ 男」

男「ん?なんだ?」

悪友「お前はさぁ....どうして あんなに女が嫌いなんだ?」

男「...........」

悪友「....あっ すまん 言いたくないなら言わなくても....」

男「いや...いいよ そうだな 迷惑かけちまってるし....話してもいいかな」

悪友「........」元気「.......」




100: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 21:58:30.35 ID:ImXNXugy0


男「俺もさぁ 小学校くらいまでは女嫌いじゃなかったんだよ」

元気「へぇ...そうなんだ」

男「でも弟が産まれてすぐ 俺の親が離婚してな 俺は母ちゃんについてったのよ」

男「けど 母ちゃんは男は連れ込みまくるわ すぐ殴ってくるわ 酒飲んで泣いて怒ってでよ...」

悪友「それは....」

男「.....で、ある日 俺と親友だった奴とで遊んでた時に 母ちゃんが来てさ 言ったんだよ」

男「なにそんな汚い子と遊んでるの 早く帰りなさい ってな そして俺を殴ったんだ」

男「それで....気がついたら 俺が母ちゃんの頭をカチ割ってた」

悪友「ええっ?!」




107: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/01(日) 00:22:04.07 ID:X1YYWzNk0


男「それで...まぁ 結局父ちゃんの方で育てられることになったんだよ」

悪友「なるほど...それで女嫌いに...」

男「いや 違うぞ?」

悪友「え?」

男「問題はここからでよー.. その頃から 俺と関わった女にろくなのがいねーんだよ」

元気「どういうこと?」

男「まずさぁ 俺が父ちゃんの家にいくから引っ越すことになった学校で女子がイジめて来てよぉ」

悪友「ええ?」

男「そんで担任の女の教師も知らんぷりよ あの頃の俺は弱かったからなぁ.... 」

男「でもまぁ いつの間にかその女どもの脚の骨 へし折ったりもしてたけどな」

元気「そ、それはまた....」

男「その頃からさ ムカついたら頭が真っ白になるようになっちまって....体が勝手に暴れだすんだよ」

男「それになぜか会う女 会う女みんな クソだったせいで...女を見るだけでイラつくようになっちまって..」

元気「そんな...会う女の人みんな?」

男「ああ.. 俺の兄貴たちでさえ 美人局とか浮気されたりとか ろくな目にあってねぇし 俺も痴漢冤罪とか友達の悪口流さたり とにかく 女で良いヤツに出会ったことがない」

悪友「なんつーか 女運がないんだなお前...」




109: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/01(日) 00:31:33.93 ID:X1YYWzNk0

悪友「んー まぁでも 女は嫌いにしても 話すくらいは出来るんだろ?」

男「まぁな なにかされないと殴ったりはしねぇよ」

元気「え、でも じゃあ学校なんかは...」

男「そりゃもう 男子校だったんだが.....」

悪友「ん?どうした」

男「いや うちの学校はメチャメチャ荒れててさぁ それも俺の性格になるのに一役買ったんだろうなと思って...」

悪友「なるほど...」

元気(やっぱり不良だったんだ...)

悪友「.....あれ?お前 実際は何歳なんだ? 」

男「あ? 26だけど」

悪友「ええっ?!思ったより年上!?」

元気「そ、それ働けるの...?」

男「いや 俺の高校の先生がいい人でな 男しかいねぇ工場を紹介してくれて そこで働いてんだ」

悪友「そうなん...ですか?」

男「おいおい 敬語は止めろよ さっきまでと同じでいいよ..」

悪友「そ、そうかすまん」




110: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/01(日) 00:42:53.14 ID:X1YYWzNk0


悪友「しっかしお前 それだとこの学校は苦痛だろ...」

男「ああ...マジで地獄だ 早く元の世界に帰りてぇ」

元気「ま、まぁ 頑張ろ?早く男くんが帰れるようにさ!」

男「ああ そうだな...」

キーンコーンカーンコーン

悪友「あっ もう学校終わりか..」

男「あ?俺そんなに寝てたか?」

元気「うん だいぶ寝てたよ 先生も起きられたら困ると思ったんだろうね...」

男「くそ そうか... あっ弱気を探さなくちゃいけねぇんだった...」




111: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/01(日) 00:55:45.12 ID:X1YYWzNk0


元気「あ、それなら大丈夫僕が探しとくからさ!」

男「え?いいのか?」

元気「うん!どうせ部活で残るしね!」

男「そうか....悪いな」

元気「いえいえ!」

悪友「俺も残って調べてみるよ ...写真部の部活もあるし」

男「....おまえ 女の写真ばっかり撮ったりしてんじゃないか?」

悪友「ばっ... しょうがないだろココ女ばっかりなんだから!」

元気「撮ってるのは認めるんだ...」

男「ははははは!」




112: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/01(日) 01:01:15.02 ID:X1YYWzNk0


悪友「ふっ...まぁいいや 男はとりあえず帰ったらどうだ?正直この学校には居たくないだろ お前も安静にしてた方がいいしな」

男「...いいのか?」

悪友「大丈夫大丈夫! また明日頑張ろうぜ!」

男「わかった....悪いな」

元気「じゃあね!男くん!また明日ー!」

男「おー じゃあな! 二人とも」ガララッ

男「......二人とも良いヤツだな」タッタッタ...




113: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/01(日) 01:13:05.05 ID:X1YYWzNk0

...........................

妹「おにいちゃんおかえりー」

男「....ただいま」(そうかコイツがいたのか...)

妹「おにちゃーんどうだった?幼なじみさんとは?」ニヤリ

男「? いや... 何がだ?」

妹「えー?だってさぁ 幼なじみさんが朝来てくれるようになったんだからさ?なにか進展とか..」

男「....? なんだ幼なじみはいつもは朝来てなかったのか?」

妹「ええ?ボケたのお兄ちゃん... 一昨日から幼なじみさんが朝来てくれるようになったんだよ?だから てっきり幼なじみさんと仲が進展したんだと...」

男「そう...そうだったな はは」(意外だな てっきり毎朝来てるもんだと思っていた..)

妹「....?変なおにいちゃん」




114: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/01(日) 01:26:05.70 ID:X1YYWzNk0


自室

男「...........」

男(今日...あった事から考えても...)

男(会った奴らのキャラ とりあえず気絶すりゃどんな騒ぎも治まる所 アホみたいな学校)

男(あんだけ暴れて警察も救急車も呼ばれねぇ所 テンプレ通りの出来事の数々....)

男「.....もしかしたら いや きっと」

男「ここは....二次元の世界..なんじゃないか?」

男「来たときから薄々思っちゃいたが...そうだろうな ここは二次元の世界だ..」

男(しかし..なんで俺はこんな所に来たんだ?俺は別にマンガとかが好きなわけでもねぇし 二次元の世界に行きたいなんて思ったこともなかった)

男(宇宙人のせい....ってもなにか 理由があるんじゃ....)

男「.......まぁいいや 寝よう...明日にはなんとかなるだろ..........zzz」




120: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/01(日) 15:48:50.26 ID:X1YYWzNk0

チュンチュン....

男「.....朝か 体は....戻ってねぇか はぁ」

妹「おにいちゃーーん 起き...ってあれ 起きてたんだ」

男「ああ... 朝飯だろ? 先行ってろ」

妹「うん わかったー」

.......................

妹「あれ?今日は 幼なじみさん来てないね?」

男「あ?あぁ そうだな...」(まぁ昨日あんなことがあればな...)

妹「ふーん なに?ケンカでもしたの?」

男「してない じゃいくから」

妹「え?うん...」(なんか淡白だなぁ....)


男(はぁ...兄妹でも女は落ち着かねぇな)

男(こっちの世界じゃ兄妹だし 仲良くしてやりてえんだけどな...)




122: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/01(日) 16:34:10.50 ID:X1YYWzNk0

テクテクテク....

男「一人の登校ものんびりしてて良いもんだな」

男「.......ん?」

お嬢様「あっ 男さん... おはようございますわ...」

男「そうかお前がいたか... けどなんか昨日と比べて大人しいな」

お嬢様「そ、そうですか..?」

男「ま、大人しい女はまだマシだけどな ...あ、ちょっと離れとけよ 危ないからな」

お嬢様「....男さん..」

男「あ?なによ」

お嬢様「男さん...やっぱりいつもとどこか違いませんか....?わたくし...何かずっと不安で....」

男「えーとそれは...」(...まぁいいか話したって)




123: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/01(日) 17:12:20.69 ID:X1YYWzNk0

...........

お嬢様「お、男さん 別人だったんですの?!」

男「まー簡単にいえばそうだよ」

お嬢様「よ....よかったですわぁ...」

男「は?なにが?」

お嬢様「いえ...わたくしてっきり男さんが私のことを嫌いになってしまったとばかり..」

男「あー そゆこと どうせ元の俺はお前がいくら騒いだってお前のこと嫌いになるような奴じゃなかったんだろ?」

お嬢様「そう...ですわね ええ!」

男(ちっ 話したら騒がしくになっちまった...)

お嬢様「.....そういえば 貴方は..騒がしい女性が嫌いですの?」

男「あっ?あぁ いや というか女そのものが嫌いだ」

お嬢様「ええっ?!じゃあ同性愛者ですの?!」

男「んでそうなるんだよボケッ! 男にも女にも恋なんてしたことねぇよ!!」

お嬢様「うう... こっちの男さんは怖いですわ...」

男「テメーがそんなこと言うからだろうが..」




124: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/01(日) 18:12:11.33 ID:X1YYWzNk0


お嬢様「けれど...なんだかこの前の騒動を思い出しますわ」

男「騒動?」

お嬢様「ええ 少し前なんですけど 男さんの偽物が出たときがありましたのよ その時はその時は人と入れ替わってたわけではないのですけれどね」

男「それは.... やっぱり宇宙人のせいか?」

お嬢様「ええ 確かその人はロボットだったんですけどね あの時は...ひどい目に会いましたわ..」

男(どうせしょうもないエロいアクシデントが起こっただけだろ.. ま、騒ぎつったらは宇宙人の仕業で確定みたいだな)

お嬢様「...そういえば宇宙人さんは見つかりましたの?」

男「まだだよ...くそ手間のかかる...」

お嬢様「それでしたら 無口さんには聞きましたか?」

男「....は?無口?」




125: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/01(日) 18:33:02.79 ID:X1YYWzNk0


お嬢様「ええ 宇宙人さんと無口さんは仲がいいのですのよ?」

男「そうなのか? なんだよそれなら元気のやつもそう言えば.. あ」

(元気「あれ?無口ちゃんに聞いてたの?」)

男「しまった.... ありゃ宇宙人の奴のこと聞いたかってことだったのか...」

お嬢様「どうしましたの?」

男「いいやなんでもない 情報ありがとよ」

お嬢様「は、はい それで...出来れば早く..」

男「はいはい お前の愛しの男さんの方を戻って来させてやるから」

お嬢様「そ、そんな愛しのだなんて...恥ずかしいですわー!!」

男「うるせぇっ!!」

お嬢様「ご、ごめんなさいですわ...」




126: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/01(日) 19:41:59.11 ID:X1YYWzNk0

学校

男「無口...無口か」

悪友「おう男!おはよう」

男「おっ 悪友か おはよう」

悪友「昨日はいろいろ調べたんだけど 結局宇宙人ちゃんはどこにいるのか分からなかったんだ... 悪いな 男」

男「いやいいよ ありがとう それより....無口はまだ来てないのか?」

悪友「無口ちゃんか?あの子は来るの遅いからなぁ...」

男「そうか...なら待つしかねぇか」

男(ん? ...幼なじみのヤツもいない..もうさっさと行ってるんだとおもったが..)

「お、男さぁん...」




127: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/01(日) 20:01:39.07 ID:X1YYWzNk0


男「ん?...あれ弱気?」

弱気「お、男さん ごめんなぃぃ..昨日は私、 私が悪かったのに逃げちゃってぇ..」

男「あ?...いやもう別にいいけど..」

元気「おはよー男くん!」

男「なんだ?お前もいるのか」

元気「いやー昨日 弱気ちゃんと話してさ 男くんに謝りたいっていうから連れてきたんだー」

元気「どーしたらいいか分かんないから一応何も教えてないんだ...だからフォロー入れといてよ」ヒソヒソ

男「あ?しゃあねぇな... まぁいいよ弱気 いつもの ことだろ? 気にしてないって」

弱気「ご、ごめんなぁさぃぃぃ」

男(逃げなきゃ逃げないでウザいな...)




128: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/01(日) 20:12:44.63 ID:X1YYWzNk0


男「あ、そうだ 宇宙人のことなんだが」

弱気「ごめんなさい...元気ちゃんにも聞かれたんですけど...私なんにも知らなくて...うぅ」

男(...こいつの涙腺はぶっ壊れてるのか?いつまで垂れ流しなんだ...)

幼なじみ「ごめんねー 私も調べたけど分かんなかったよ...」

男「まぁいいや ならやっぱ無口を待って...」

キャーーーーーっ!!

男「!」悪友「!」元気「!」弱気「!?」

男「なんだ?今の声...」

元気「だ、誰かの悲鳴だよ!行ってみよう!」ダッ!

悪友「お、おう!」ガタッ!

弱気「ええっ ま、まって下さいぃ」とててて

男「...行ってみるか」たったったっ...




129: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/01(日) 21:27:02.70 ID:X1YYWzNk0


幼なじみ「きゃああああっ!」

お嬢様「きゃあああああっ!」

元気「幼なじみちゃん!お嬢様ちゃん!」

悪友「うおおおっ!」

弱気「ひ、ひぃぃぃぃ」

男「............」

うにょうにょうにょうにょっ

男「......あーあ 触手か.....」




130: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/01(日) 21:40:52.29 ID:X1YYWzNk0


ひゅんっ ひゅんっ

元気「わっちょっ!」ぱしゅっ

弱気「きゃあっ!」ぱしゅるる

男「簡単に捕まりすぎだろ...」

幼なじみ「お、男!たすけて!」

弱気「た、たすけてくださいいぃ!」

男「えー?そんな騒がなくても大丈夫だろ....」

幼なじみ 弱気「ええっ?!」




131: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/01(日) 21:46:47.17 ID:X1YYWzNk0


男「だってどう見たってサービスカット用の触手じゃねーか...絶対 怪我とかはしねーから安心しとけ」

幼なじみ「そ、そんな!ひっ!」

弱気「ひぇぇぇ スカートの中にぃ!」

男「今思うとお前らスカート短すぎないか? 朝とか電車で痴漢にあったりしない?」

悪友「おおお...久しぶりにこういうシーン見た...」

男「よかったな 悪友」

元気(こりゃ絶対助けてくれないな...)

お嬢様(助けてくれませんわね...)




132: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/01(日) 22:00:38.87 ID:X1YYWzNk0


うにょうにょうにょ

男「しかしは どうせこういう場面はお前ら何度も経験したことあんだろ?そういうときはどうしたんだよ?」

弱気「ま、前は男さんが 美術室に飾ってる剣を持ってきて助けてくれたじゃないですかぁぁ」

男「えっ?剣だって?そんなまさか俺に銃刀法を犯せというのか?」

元気「さんざん女の子殴ろうとしたりしておいて?!」

男「イラついてないときの俺は常識人だから」

元気「自分で言う?!」

お嬢様「きゃあ!服が溶けてきましたわ!」

男「それってなんか人類の役に立ちそうだな ゴミの処理なんかに使えそう」




133: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/01(日) 22:11:00.60 ID:X1YYWzNk0


男「........あ、そうだ 思い付いた おい悪友」

悪友「な、なんだ は、鼻血が」

男「ここでよーお前があいつらを助けたらどうだ?」ヒソヒソ

悪友「えっ?」

男「ここで助けたらお前ヒーローだぞ? 四人もいるんだどうせ元の俺が全員と付き合えるわけじゃねぇ 誰か一人くらいとフラグ建てとけよ!」ヒソヒソ

悪友「お、おう!なるほど!よし!剣取ってくる!」ダッ!

弱気「ひぇぇぇぇっ早く助けてくださぃぃぃ」

男「俺が見てないと服が溶けるの遅くなってない?しかも乳首のとこだけ溶けないってのは実に器用な溶けかただな...」

元気「わーっ 悪友くん助けてー!男くん絶対助けてくれないー!」




134: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/01(日) 22:33:36.28 ID:X1YYWzNk0



悪友「と、とってきた!」

男「よし!行け!俺が引き付けるからお前は皆を助けろ!」

悪友「わかった!」

男「おーら触手こっちだ!こい!」

ヒュンヒュンッ!

男「遅いぞオラ!」

悪友(よし....今だ!)

悪友「うおおおおおおおおおっ!」

ヒュゥンッ!

悪友「へ?」

バチコーーーンッ!

悪友「うぎゃああああっ!!」

ガッシャーーーンッ!!バリバリ

男「あ、悪友?!」




135: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/01(日) 22:45:05.81 ID:X1YYWzNk0


男「なんで大声出したんだ! おい!悪友大丈夫か?!!」

悪友「だ、だいじょーぶ..」

男「えっ ここ2階だぞ?」

悪友「......慣れてる」

男(....やっぱマンガだな...)

男「大丈夫ならいいが...テメェ...」

うにょうにょうにょ...

男「よくも悪友をモブキャラみたいに吹っ飛ばしやがったな....」

幼なじみ「あんたがけしかけたんじゃない...」

男「テメェ女だけうにょうにょさせて男は嫌いか...?コラ...」

元気(そう思うと男くんと逆だな)

男「テメェ ぶっ殺してやる!!」




136: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/01(日) 22:55:52.36 ID:X1YYWzNk0


ヒュンヒュンッ!

男「よっと!」ガシッっ!

ぐにぐにぐに....

男「ぬるぬるしてるが取っ掛かりがあって引っ張りやすい.....ぞっと!!」

ブチィッ!!

男「まず一本!全部ぶち抜くぞゴラァッ!!」

ブチンッブチンッブチンッ.....

........................

元気「や、やっと助かった...」

弱気「ひぇぇ 服がぁぁ..」

男「あんだけ時間かかって全部溶けてないのは不思議だわ」

悪友「お おぉい 大丈夫かぁ」ガララ

男「おっ悪友!スマンもう終わっちまった..」

悪友「い、いいよいいよ 俺吹っ飛ばされてたしな」




137: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/01(日) 23:07:12.43 ID:X1YYWzNk0


元気「ね、ねぇ悪友くん」

悪友「ん?」

元気「ありがとね 助けようとしてくれて..」

悪友「えっ!?あっ はは!いやそんな!」

男(....おっ なんかいい感じか?)

幼なじみ「............」

お嬢様「幼なじみさん?」

幼なじみ「....なんで...」

お嬢様「ち、違いますのよ 幼なじみさん 男さんが助けようとしなかったのは..」

悪友「あっ!あそこ!」

男「あっ?」

悪友「ほら!無口ちゃんいるぞ!」

男「ほんとだ...なんでグラウンドに?」




138: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/01(日) 23:12:36.38 ID:X1YYWzNk0


元気「え?どうしたの?」

男「無口が宇宙人がどこにいるか知ってるかもしれねぇんだ!行くぞ!」バッ!

悪友「よ、よし!」ダッ!

元気「ええっ? 前聞いたんじゃないの?!」ダッ!

弱気「えぇぇ この格好で行くんですかぁ!」

お嬢様「み、みなさん?!」

幼なじみ「............」




139: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/01(日) 23:20:37.39 ID:X1YYWzNk0

.................

男「おい!無口!」

無口「........なに?」

男「お前!宇宙人のやつがどこに行ったか 知らないか!?」

無口「..............知ってる」

男「どこ?!」

無口「.............熱海」

男「熱海?!」

無口「...........温泉のチケット」

男「....」

無口「................手にはいったって」

男「お前もうちょっとハキハキ喋れよ!」




140: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/01(日) 23:28:52.70 ID:X1YYWzNk0


悪友「男~ どうだった?」タッタッタ

男「熱海だとよ...」

悪友「熱海?!」

元気「なんでそんなところに...」

弱気「ふぇぇ はずかしぃぃ..」

お嬢様「熱海とは...また遠くに」

無口「.............でも」

ふよふよふよふよふよ

「!!」

無口「..............多分今日帰ってくるって」




141: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/01(日) 23:40:52.52 ID:X1YYWzNk0


ふよふよふよふよふよふよふよふよふよふよ

悪友「いたっ!あれだ!あのちっこい円盤!」

男「あれに宇宙人がいるのか!?」

元気「そう!多分宇宙人ちゃんのことだから屋上に降りると思う!」

男「あの宇宙人....さんざ手間かけさせやがって... あんなのろいのが屋上に降りるまで待てるか!」

悪友「んなこといってもどうする..」

男「おい元気 バットとグローブどこにある?」

元気「えっ?!」

男「あのクソを撃ち落としてやる....!」




148: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 19:15:08.28 ID:543RubkZ0


元気「も、持ってきたけど...」

悪友「お前 ほんとにやんのか?!」

男「だいじょーぶだ この世界観で高いところから落ちて死ぬヤツは居ねーよ 悪友だってケガ1つしてないしな」

悪友「ええ?そりゃまぁ俺はケガしてねーけど...」

元気「けどボールは...」

男「これを使う」スッ...

お嬢様「い、石じゃないですの!」

弱気「あ、あぶないですよぉ!」

男「UFO撃ち落とすんだ石くれぇいるだろ!おら元気 グローブだ!」

元気「ええっ!僕?!」




149: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 19:21:21.89 ID:543RubkZ0


元気「だ、大丈夫なの?!」

男「ホウキと石での野球は小学校からやってんだ! これがバットで当てられねぇ分けねぇだろ!」

お嬢様「な...なんか楽しんでません?」

男「いいから投げろぉ!!」

元気「もう!え、ええいっ!!」シュッ!!

男「どっせぇいっ!!」

ガキィィンッ!!




150: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 19:26:39.31 ID:543RubkZ0


ふよふよふよふよふよ

宇宙人「はぁ~ 熱海の温泉の気持ちよかったナ~」

宇宙人「やっぱり地球はいいところだネ~」

宇宙人「...ん?グラウンドにみんな集まってル?」

宇宙人「あ、やきゅうしてるのかナ!いいなぁあたしも参加しタ...」


ヒュンッ!!バゴォォォッン!!


宇宙人「うわああああああア!めーでー!めーデー!」

ひゅるるるるるるるるっ




152: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 19:36:21.50 ID:543RubkZ0


男「おっしゃあ!」

悪友「うわっ!直撃!?」

ひゅるるるるるるるるっ

お嬢様「お、落ちますわ!」

弱気「ひぇぇぇっ宇宙人ちゃーん!」

男「よし!行くぞ!元気 バット返す!」

元気「うわっ?!メッチャ凹んでる!!」

男「うおおおおおおおおっ!」ダダダダダッ!

悪友「ええっ?!キャッチするつもりか!?」




154: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 19:46:18.71 ID:543RubkZ0


男「おりゃああああああ」ズシャシャシャシャッ!!

ガシィッ!!ガンッ!!

ズシャーーーーーッ!

悪友「す、すげぇ!」

男「俺は中学は野球部で 高校はアメフト部だぞ?へへ....」

元気「け、けどやっぱりワザワザ撃ち落とす必要ないよね...」

男「おーら テメ バイキンマン号みてーなのに乗りやがって 出てこい!」ガッ

宇宙人「うええええエ なにするんダ~!」

男「あー?なんだガキじゃねぇかよ...」




155: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 20:10:15.06 ID:543RubkZ0


宇宙人「あッ!男じゃないカ!なにするんだヨー!こんなことするなんテー!」

男「あ?テメェが俺をこっちの 男と入れ換えたんだろーがっ?!」

宇宙人「なにいってるんダ?! そんなことできるわけないだロ! 何かしようと思ってもこのUFO以外 道具を全部取り上げられたんだかラ~!」

元気「えっ?取り上げられた...?」

悪友「えっ!宇宙人ちゃんの仕業じゃないの?!」

お嬢様「と、取り上げられたってどなたに?!」

宇宙人「お...幼なじみ だヨー!」

弱気「え、えぇぇっ?!」




156: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 20:23:59.25 ID:543RubkZ0


男「......幼なじみ..?」

お嬢様「そ、そういえば幼なじみさん いませんわ!」

悪友「ええっ?!どゆこと!?」

弱気「お、幼なじみさんが何かしたんですかぁ?」

元気「幼なじみちゃん どこに...」

宇宙人「お、幼なじみなラ 上から見たとき二....」

無口「.............あ、あそこ」

男「! 屋上にいるぞ!!」




157: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 20:31:50.36 ID:543RubkZ0


悪友「え! あっ 引っ込んだ!」

男「クソッ!もしかしたらアイツが...!」ダッ!!

お嬢様「そっそんな...まさか!」

元気「ま、待ってよ男くん!」

弱気「な、何がなんなんですかぁぁ」

無口「.............宇宙人ちゃん大丈夫?」

宇宙人「うウ ひどいめにあいましタ...何ですかこの騒ぎワ.....」

........................

バタンッ!!

男「幼なじみぃーーっ!!」

幼なじみ「.........」

お嬢様「お、幼なじみさんっ?!」

悪友「ど、どうしたってんだよ...」

幼なじみ「........来たんだ "別の世界"の男さん」

お嬢様「! あなたが何故それを....!」




158: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 20:58:20.14 ID:543RubkZ0


男「まさか....お前が....」

幼なじみ「...そうよ その男を元の男と入れ換えたのは .....私よ!」

悪友「ええええっ?!」

元気「な....なんで?!」

幼なじみ「私は.....ずっと悩んでたの」

お嬢様「え.....」

幼なじみ「私は....男の事が好きだったの なのに....この学校に来てから 男の周りには ドンドン女の子が増えていった!」

「!!」

幼なじみ「おかしいじゃない? 確かに男はカッコいいけど... だからって"会う女 会う女 全員に好かれていく"なんて!」

男(.......会う女全員 か、変な共通点があったもんだ)




159: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 21:36:33.43 ID:543RubkZ0


幼なじみ「それで....悩んでた時に あの偽物事件があったの 宇宙人の起こしたね」

宇宙人「あウ...」

幼なじみ「その時 私は気づいたの アナタたちは....男が誰かと変わっていても気付かないってことを!」

男「ええ... どうなのよそれ..」

元気「うっ.....」弱気「あぅぅ」

幼なじみ「実際 あんなに変わっていてアナタ達が考えたのは なんか変だなってだけ!」

お嬢様「そっそれは...」


幼なじみ「そして....私は思いついたの... もし男が 別の"酷いヤツ"と入れ換われば アナタ達が男の事を嫌いになるだろうって!」

「!!!」

男「」ピクッ





160: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 21:48:33.06 ID:543RubkZ0


幼なじみ「それで私は 宇宙人に悪さをさせないっていう名目上で 宇宙人から道具を全部取り上げて...探した そして見つけたのよ...」

幼なじみ「別の世界の人とこちらの人とを入れ換えさせる道具を!」

無口「............実に都合よく」

悪友「そ、それで....」

幼なじみ「そして....私は」

幼なじみ「 "女嫌いで 短気で すぐにキレて 暴言を吐いて 殴ろうとして 頭の悪い キチガイ" な男 を見つけたのよ!」


男「................」ピクピクッ





163: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 22:02:23.93 ID:543RubkZ0


幼なじみ「ま、さらに ホモだったとは思わなかったけどね」

男「.......」ピクピクピクピクッ

幼なじみ「ほんとなら アナタが暴れて 男の事を皆が嫌いになって それで終わりだった」

幼なじみ「けど...アナタは予想外の事ばかりしてくれたわ 」

お嬢様「予想外...?」

幼なじみ「まずは 朝に会うお嬢様 アナタが初めに男の事を嫌いになってもらうはずだった」

幼なじみ「けど...まさかいきなり電柱に頭を打ち付けて気絶するなんて思いもしないじゃない」

お嬢様「.......」

幼なじみ「そして... まさか悪友くんと接触するなんて... 悪友くんのことなんてすっかり忘れていたわ...」

悪友「そ、そんな またぁ?」

男「」ピクピクピクピクプッツゥ




164: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 22:11:55.19 ID:543RubkZ0


幼なじみ「そのせいで 暴れまわったりするんじゃなく なぜ自分がここに来たかを探ろうとしだした...」

元気「なるほど...幼なじみちゃんには予想外のことだったんだ」

幼なじみ「ええ でも...私はなんとか その男をキレさせようといろんなことをしたわ!」

幼なじみ「お嬢様には男の事を悪く言って!」

お嬢様「!」

幼なじみ「元気くんと一緒に体育倉庫に閉じ込めて!」

元気「!」

幼なじみ「弱気ちゃんには急ぎの用事だって言って廊下を走らせて!」

弱気「!」

幼なじみ「生徒会長には男が女の子を追いかけまわしてるって伝えて!」

無口「......」

幼なじみ「宇宙人には邪魔をされないよう熱海へ旅行に行かせた!」

宇宙人「!」

幼なじみ「そしてあの触手を使って 男が皆を助けないってことも見せた!」

悪友「あ、あれも幼なじみちゃんの仕業だったのか!!」




166: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 22:19:57.92 ID:543RubkZ0


幼なじみ「なのに....なのに なぜか 皆が男についてる... あんなに"頭のおかしい"ヤツなのに....」

「.............」

幼なじみ「あんな"キチガイ"でも.... 誰も嫌いになってない... 元の男を心配して... 男が入れ替わってるって分かっても 今度はそっちの男のことも一緒に心配して......」

男「」プゥッッーーーン...

幼なじみ「.....どうして... 私が一番男の事を思ってたのに...私が最初に男のことを...好きになったのに....」

お嬢様「......幼なじみさん」

幼なじみ「...えっ?」

パシィンッ!




167: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 22:29:10.07 ID:543RubkZ0


幼なじみ「...!」

お嬢様「...私たちは...」

お嬢様「私たちは...いつも 思っていましたわ ....私たちは男さんに 幼なじみさんよりも好かれることは出来ないと...」

幼なじみ「......えっ?」

お嬢様「私たちの恋は....決して叶うことのない恋だと...皆 気づいていますわ..」

元気「....」弱気「....」無口「.....」

お嬢様「.....それでも!それでも諦めたくなくて! ずっと頑張ってきたんですの!」

幼なじみ「....あ...」




170: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 22:38:39.29 ID:543RubkZ0


お嬢様「それなのに... アナタはこんな方法で男さんを手にいれようと...!」

幼なじみ「う....うう ああ...」

お嬢様「......でも 分かりますわ...不安だったんでしょう?」

幼なじみ「う.....えっ?」

元気「男くんの事思うと すごく切なくて不安な気持ちになるよね... 他の誰かに取られちゃうんじゃないかって...」

弱気「男さんはみんなに優しいですから...そう思うのも分かります....」

宇宙人「つまり全部男のせいってことだナ!」

無口「............そう」

お嬢様「.....だから 私はアナタを許します....そして 私たちは 変わらずライバル同士のままですわ」

幼なじみ「...ぅ..うあ... ひぐっ わーーん! みんな... えぐっ....ごめ」




173: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 22:42:41.65 ID:543RubkZ0


ダダダダダダダダッ!!!


ドッッッゴオオオオオオオオンッ!!!!


お嬢様「?!!」元気「?!!」弱気「?!!」無口「!」宇宙人「?!」

幼なじみ「ぶえ....」



男「テッメェェェェェアアアアア!!! 泣いて済むと思ってンじゃねぇぞゴラアアアアアアアアアアッッ?!!」



悪友「う、うわぁーーっ!!ヤバイ!!!」




179: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 22:55:13.48 ID:543RubkZ0


男「女は泣きゃ済むと思いやがってよぉぉぉぉぉぉぉボケがああっ!!テメェ 人をさんざ利用して さらにはキチガイ扱いしやがってよぉぉぉぉぉぉぉっ?!!生徒会長にやれなかったぶんやったんぞゴラアアアアアアアアアアッッ!!」

悪友「お、男ぉーー!っ!! 落ち着けぇ! このままじゃ人を殺しかねない!!」

男「んなもんしるかどうせこっちは俺の元いた世界じゃないわ!法律もクソも怖かねぇ!!バラバラにして屋上からバラ撒いてやる!!」

弱気「ひぃぃぃぃぃっ!!」

悪友「は、早く幼なじみ連れて逃げろー!!」

元気「や、ヤバイよここまでキレてるの見たことないよ!」

お嬢様「こ、こわいですわぁ!!」

無口「.............逃げよう」




183: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 23:10:25.17 ID:543RubkZ0


宇宙人「うワーー!幼なじみの顔が凹んでルー!」

元気「凹んで.... はっそうだ! これ!悪友くん!」シュッ!

悪友「えっ?! これって...バット?!」

悪友「......そうか!」

(男「頭突きだ...これやると頭が冷えて落ち着くんだよ...」 )

悪友「アイツ暴れた時 アイツが気絶することで騒ぎは治まってアイツも落ち着いた! つまり... これで頭を打って気絶させりゃ"騒ぎは治まる"!」

男「テメエエエエエエエッ 逃げんなぁあああああああッ!!」

悪友(確かに...お前の怒りも分かる...俺もこんなことしたくない! けど....)

悪友(親友のお前を人殺しにはもっとしたくない!)


悪友「うおおおおおおおおおおおっ!!!」


カキーーーンッ......





187: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 23:23:10.18 ID:543RubkZ0

.......................

男「......あーちくしょ..」

悪友「男....大丈夫か?ごめんな...」

男「いやいいよ...俺も悪かった ....キレやすいのは昔っからで治らねぇけど...さすがにやり過ぎた.... ありがとな 」

悪友「そんな感謝されるようなことは...」

男「.....幼なじみのヤツは?」

元気「......男くんに殺されないよう先生と生徒会長と北極に逃げてる けどスゴく謝ってたよ」

男「けっ 別にもう殴らねぇよ一発殴っちまったからそれで十分だ ...幼なじみには俺からも謝ってたって言っといてくれ」

お嬢様「...思っていたのですけど 男さんって結構優しいですわよね?」

男「は?」

お嬢様「だって私が謝った時は 殴らないように距離を開くよう教えてくれたり...」

元気「あ!それ僕もだ 倉庫で近づかせないようにして...」

弱気「私のことを考えて 元の男さんのふりをしてくれたりもしてました...」

無口「..........シャキシャキ喋れとアドバイスされた」

宇宙人「小型UFOおとされター!」




189: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 23:35:09.29 ID:543RubkZ0


悪友「ま、確かに キレると怖いけど良いヤツだよな?」

男「な、何いってんだよ!」

元気「まあまぁ!照れないでさー」

男「照れてねぇ」

お嬢様「そうですわ!そんなご謙遜なさらず!」

男「うるせっ」

お嬢様「うう 最後までうるさいと言われましたわ...」

男「........最後か」

悪友「.........そうだな」

宇宙人「もう準備は出来てるからネー いつでも元の世界に戻せるヨ!」

「..................」




190: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 23:45:48.69 ID:543RubkZ0


男「......ま、お前らも元の男に会いてぇだろ ソイツだって困ってるだろうし 早く戻してやんねぇとな」

お嬢様「あ.....」

悪友「.........」

無口「.........」

弱気「.........」

元気「........ここには居れないの?」

「!!」

元気「..........別に男くんが二人いたって良いんじゃないの?........どうにか男くんの二人ともがこっちの世界に居られないの?」

男「おいおい....俺は自己中心的な"女"は大嫌いなんだぞ?」

元気「!」

男「俺には俺の 元の俺には俺の生活があるんだ...俺はこっちの世界には居られない」

元気「......そっか ごめんね」

男「いいよ .....いろいろありがとな みんな まぁ今でも女は嫌いだけど これからは出来るだけイラつかないようにしようとは思えたよ」

元気「.....男くん...」

男「......さ、宇宙人 俺を元の世界に戻してくれ」





191: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 23:51:51.96 ID:543RubkZ0


悪友「....男!」

男「ん?」

悪友「俺とお前は!世界が違うかったって親友だからな!忘れんな!」

男「......おう!」

宇宙人「それじゃア....いくヨ!」ポチッ

シュウウウウウ...

悪友「男!」

元気「男くん!」

お嬢様「男さん!」

弱気「男さぁん!」

無口「..............さよなら」

シュウウウウウ....

無口「...........でも」

無口「................またどこかで」

シュッ.....




192: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 00:02:41.83 ID:4meSyrE/0

チュンチュン....

男「...........朝か」

男「......」キョロキョロ

男「...........夢...じゃねぇよな」

.............................
工場

工場長「ねぇ 男くん昨日はどうしたの?」

男「え?」

工場長「女の子を殴っちゃわないようにいつも女の子に近づかないようにしてる男くんが 女の子が困ってるのを助けたりとかさぁ あの子君のこと好きになっちゃってたみたいだよ!」

男「え?いやあの まぁ この性格っていうか病気も 治さなくちゃいけないなーって思いまして!」(ちっ あっちの俺 こっちの世界でも女を惚れさせてんのか...?)

工場長「どっかのお金持ちみたいだったけど また来るかも知れないよ!」

男「へぇ...そうっすか」




193: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 00:10:34.73 ID:4meSyrE/0


工場長「でね...まぁここからが本題で...」

男「え?」

工場長「実はね...なんか 男女雇用なんとかでね ここにも女性社員をいれなくちゃいけなくなったんだ...」

男「えっ!ほ、本当ですか!?」

工場長「うん...でも安心したよ!君がその病気を治そうとしてくれてるって聞いて なら女性社員が入るのも治療の役に立つかもしれない!」

男「は...はは そっすね..」

工場長「で.....実際ここで働きたいって子が二人いてね その中の一人が女性なんだ」

男「は、はぁ」

工場長「まぁ朝集まったときに紹介するから
...とりあえず顔だけでも知っておいてくれ」

男「....わ、分かりました」




194: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 00:20:04.27 ID:4meSyrE/0

..................

工場長「えー今日!新しい仲間を二人迎え入れることとなりました...」

男(....女か..)

工場長「えーでは 自己紹介をしてもらいましょう」

男「.......!」

「えーっと俺は....っていいます!これからしっかり頑張るのでよろしくお願います!」

「僕...じゃなくて 私は....っていいます 皆さんよろしくお願いします! 」

男「..........へっ 女か 」

男「俺は女もハーレムも嫌いだが....」


男「....ま、友達なら 良いもんだよな」



..........................終わり



197: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 00:30:27.55 ID:4meSyrE/0


今日で終わり

皆さんの支えがあってなんとか終わらせることができました

元々はただめんどくさい女キャラを殴っていくだけのssのつもりだったのですが

書いていくうちもっとストーリーが欲しくなり考えているときに皆さんからのコメントの 男へのキチガイ扱いをみて このストーリーを思い付きました

つまりこのssは皆さんのコメントで出来たものです こんなひどい駄文を読んでくださり本当にありがとうございました

あとまだイマイチ分からないことや気になる事がありましたら答えますので 質問や感想をご自由にお願いします




195: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 00:23:13.44 ID:l1j1DM6AO

乙!



200: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 12:39:23.79 ID:e7Mqrjjo0


面白かった




元スレ
SS速報VIP:男「俺は女もハーレムも嫌いだ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1445763492/



ブッダはなぜ女嫌いになったのか (幻冬舎新書)

新品価格
¥821から
(2015/11/4 18:56時点)