関連
ココア「え、ラビットハウスなくなっちゃうのッ!?」

チノ「ライバル店が増えてきました」

ごちうさSS~チノちゃんの激動の1日~



SS速報VIP:リゼ「命までモフられるーー///」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1448130740/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 03:32:20.55 ID:hroiGgwl0

モカ「うふふふ…リゼちゃ~ん」

リゼ「うわぁッ、来るなぁーーー///」

モカ「リゼちゃんっておっぱいだけじゃなくてアソコの方も立派そうね……」ジュルリ

リゼ「アソコだと?」

モカ「うふふふ……えいッ!」

ズルリ…


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1448130740




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 03:33:35.07 ID:hroiGgwl0


リゼ「うわぁぁぁーーーーーーな、何をするッ、スカートを脱がすな///」

モカ「うふふ、やっぱりリゼちゃんは可愛いな〜♪」

モゾモゾ

リゼ「ひゃうッ、や…やめろぉ…パンツの上からモゾモゾするなぁ〜///」

モカ「あれ〜〜、少し触っただけなのにリゼちゃんこんなに濡らしちゃって」

リゼ「ひゃうッ////」
ビクッ!!

モカ「さてと、下準備はこのくらいにして、直でリゼちゃんのアソコをモフモフしちゃうよーーー」

リゼ「や…やめろぉ………///」




3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 03:34:46.63 ID:hroiGgwl0


???「せ、先輩に何してんのよ、この変態ーーーーッ!!」


バゴォォーーン!

モカ「ぐはッ!!」
バタン!!


シャロ「リゼ先輩、大丈夫ですか!?」

リゼ「ハァハァ……// シャロか……おかげで助かったよ」ビクビク

シャロ「い、いえ、襲われている先輩を放っておけません//」

シャロ(うわぁぁぉ、真っ赤になってる先輩色っぽい/// しかもパンツ丸見えだよぉーーーって、何考えるのの私!!)



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 03:36:22.41 ID:hroiGgwl0



リゼ「それにしても、まさかこんな事をされるなんて」

シャロ「そ、そうですよ。いくらココアのお姉さんだからってやっていい事と悪い事があるわ!!」

モカ「…………………」

シャロ「あれ?」

リゼ「おい、モカが反応しないぞ」

シャロ「え、嘘でしょ……」




5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 03:37:03.98 ID:hroiGgwl0



ツンツン

モカ屍「……………」チーーーン


シャロ「つついても反応がない……」

リゼ「これってまさか………!?」

シャロ「し、死んでる!!!」

モカ屍「……………」
チーーーーーーーン



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 03:37:49.80 ID:hroiGgwl0



シャロ「い……いやあぁぁぁぁぁぁぉぁぁーーーーーーーー!!!!」

リゼ「おッ、落ち着けシャロ!!」

シャロ「うわぁーーーーーーごめんなさいごめんなさいッ、私はただ襲われてる先輩を助けようとしただけで殺すつもりなんてこれっぽっちも無かったのよぉーーーーーーーー」

リゼ「落ち着けシャロ、裁判になったら私が証人になってやるから、だから心配するな!!ここはひとまず冷静になれ」



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 03:38:34.29 ID:hroiGgwl0




シャロ「せ、先輩……………うぅぅ、でも私、モカさんを殺しちゃったんですよ。これから一体どうすれば……」

リゼ「とにかく、事が公になるのは何かとマズそうだな…………まずはこの死体をなんとかしなければ」

シャロ「じゃあ、千夜に相談してお店の奥に隠してもらいましょう」

リゼ「ああ、そうだな」




8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 03:40:20.80 ID:hroiGgwl0


甘兎庵にて……

リゼ「といわけで千夜、モカの遺体を隠してくれないか?」

千夜「まあ、そんな事があったのね!?わかったわ、しばらくはうちのお店で隠しといてあげるわ」

シャロ「ありがとう、千夜」

リゼ「しかし面倒なことになったな、どうにかして対策を練らないと大変な事になるぞ」

シャロ「ごめんなさい先輩、私がモカさんを撲殺しちゃったせいで迷惑をかけてしまって……」

リゼ「気にするなシャロ。シャロは私を助けようとしてくれたんだ」

千夜「そうよシャロちゃん。シャロちゃんは何も悪くないわ、とにかく今はこの状況をうまく切り抜ける方法を考えましょう」

シャロ「うん、そうね」



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 03:41:08.36 ID:hroiGgwl0

リゼ「まずはこの事をココアにどう説明すればいいかだな」

千夜「正直に話したところで、ココアちゃん信用してくれるかしら?せっかく実家から会いに来たお姉さんが友達に殴られてそのまま帰らぬ人になっただなんて知ったら、ココアちゃんきっと悲しむに違いないわ」

シャロ「うぅぅ………心が痛い」

リゼ「おい、シャロを追い込むなーー!」

シャロ「でも、いつかばれそうよね。」

千夜「そうね。流石にいつまでも隠せそうにないし、それにうちのお店も飲食店だし、死体が隠してあるだなんて知れたらお店の評判に影響するわ」

リゼ「くそ、何かいい方法はないのか……」



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 03:43:21.64 ID:hroiGgwl0




安倍晋三「やあ、お困りのようだね」

シャロ「うわッ、おじさん誰よ!!」

リゼ「いきなり現れて、怪しい奴めッ!!」カチッ

安倍「うわ、いきなり銃を人に向けるとは!! しかも君はまだ学生じゃないか?何故銃を持ち歩いている!?」

千夜「このおじさん、お知り合い?」

シャロ「知らないわよこんなおじさん!!」



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 03:44:11.40 ID:hroiGgwl0




ドラえもん「やれやれ、騒がしい子達だな」

リゼ「うわ、また怪しいのが出てきたぞ!!」

千夜「まあ、こんなに大きなタヌキ初めて見たわ!!それも青色だなんて」

ドラえもん「僕はタヌキじゃないぞぉーーーー、未来から来た猫型ロボットだッ!!!」



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 03:45:22.65 ID:hroiGgwl0



リゼ「とにかく怪しい奴らめ、一体何者だぁーーー!」

安倍「私は安倍晋三、この街の町長です」

ドラえもん「んで、僕は相棒のドラえもん。わけあってこの安倍さんの家でお世話になってるんだ」

千夜「まあ〜そうだっの!私は千夜です。そしてこっちがシャロちゃんで、こっちがリゼちゃんよ」

リゼ「おい、勝手に名乗るな!」



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 03:46:25.15 ID:hroiGgwl0


シャロ「町長って……この街に町長なんていたの?聞いた事ないわよ」

安倍「失敬なッ! これだから最近の若い娘は政治に無関心でダメなのだ!!せっかく困っているところを見かけて助けようとしてあげたのに」

シャロ「何よその言い方!! それなら関心を持たれるような政治を市なさいよね」

千夜「まあまあシャロちゃん、落ち着いて」



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 03:47:14.48 ID:hroiGgwl0



リゼ「困っているところを見かけたって………お前達は敵ではないのか?」

安倍「もちろん、なんせこの街の町長だからね。困っている人がいたら手を差し伸べるのが当然さ」

ドラえもん「そうそう。僕達は未来の世界から取り寄せた道具で困っている人達を助けるのが仕事なんだ」

リゼ「未来の道具だと!?」

千夜「リゼちゃん、この人達になら話してもいいんじゃないかしら?」

リゼ「う〜ん…………」




15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 03:49:07.29 ID:hroiGgwl0




事情を説明し……

安倍「なるほど。そんな事があったのか」

ドラえもん「それは大変だね」

シャロ「うぅぅ……私は一体どうすればいいの!! ココアに正直に話しても許してもらえそうにないわ……」

安倍「心配いらないさ。私とドラえもんに任せなさい!!」

ドラえもん「うん、どうにか出来ない話ではないからね」

リゼ「一体どういうことだ?」



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 03:50:05.39 ID:hroiGgwl0



ドラえもん「要するに、そのモカさんという人が死んじゃった事を他の誰にも知られなければいい話さ」

リゼ「それはつまり……バレる恐れのある相手を始末するという事か!?」

ドラえもん「う〜ん………始末するっていうのとは違うけど、でももっと効果的な手段があるんだよ!!」

千夜「効果的な手段って?」

安倍「ドラえもん、アレを使うときが来たようだな」



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 03:50:53.19 ID:hroiGgwl0




テッテレーーーー!!
ドラえもん「どくさいスイッチ〜〜〜!」

シャロ「どくさいスイッチ?」

ドラえもん「そう、このスイッチを使うと消したい相手を簡単に消す事が出来るのさ」

リゼ「そんな簡単に消す事が出来るのか!? まるで暗殺だな」

ドラえもん「まあ、より正確に言うと、その人物を最初からこの世に存在しなかったことにする道具なのさ。だから暗殺とは違うんだけどね」

千夜「最初から存在しなかったことに出来るですって!? なんて恐ろしいのかしら……」

シャロ「そ、そんな物騒なものを使えっていうの!!」



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 03:52:06.28 ID:hroiGgwl0


安倍「このスイッチは未来の世界の大物政治家が己の独裁政権を保つため、邪魔な相手を消し去るために作らせた大変恐ろしい道具なのだよ。だから本来なら君達のような女子高生に使わせるのは気が引けるが、君達なら恐らく大丈夫だろう」

ドラえもん「そうそう、このスイッチを使ってまずモカさんを最初からいなかったことにすればいいのさ。そう知ればシャロちゃんは存在しないはずのモカさんを殺しようがない、つまり誰も殺さなかったことになるのさ」

リゼ「しかし、それではモカの存在は消しても、ココアになんて説明すればいいのだ?」

ドラえもん「その点も心配ご無用、最初から存在しない事になるから、モカさんの事もそのココアって子の記憶の中から消える事になるよ」



19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 03:54:14.35 ID:hroiGgwl0




千夜「なるほど〜〜、つまりモカさんの事は誰の記憶からも消されるってわけね」

シャロ「それに私がモカさんを殴り殺した事実すらなくせるって事になるわ」

安倍「うむ、このスイッチを上手く使ってくれたまえ」

ドラえもん「じゃ、健闘を祈るよ」



20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 03:55:37.34 ID:hroiGgwl0


リゼ「シャロ、一体どうする?」

シャロ「こうなったら後戻り出来ない………私やります!!」


千夜「よし、それじゃ早速スイッチを押してみましょう」

リゼ「そうだな、思い切ってやるんだぞ!!」

シャロ「……………えいっ」


ポチッ



21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 03:56:40.84 ID:hroiGgwl0


その頃、ラビットハウスでは……


ココア「チノちゃん、お姉ちゃん見かけなかった?」

チノ「そういえば、さっきリゼさんと出掛けたっきり戻ってきてませんね」

ココア「そんなぁーーー、私に黙ってお出かけなんてひどい!!」

ティッピー「そのうち戻ってくるじゃろう」




ドッカァァァァァァーーーーーーーーーーーーンッ!!!!!





22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 03:57:58.73 ID:hroiGgwl0

ココア「うわぁぁぁぁ、今の音なに!?」

チノ「物凄い爆発音ですッ!!」

ティッピー「一体何の騒ぎじゃ!!」

ココア「うわぁぁぁーーーー見てチノちゃん、向こうの建物から煙が出てるよッ!!」

ティッピー「あのあたりは確か………」

チノ「あの方角……甘兎庵がある辺りですよ!!!」

ココア「えぇぇぇ、千夜ちゃん達の危険が危ない!!!」




23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 03:58:50.87 ID:hroiGgwl0



ココアたちが慌てて甘兎庵を訪れた頃には、既に千夜とシャロとリゼはお店ごと跡形もなく消えていました。
彼女達はドラえもんから受け取ったスイッチを何の躊躇いもせず押したが最期、一瞬にして店ごと消し炭となったのです。
店の跡地からはモカと見られる遺体が発見されました。その知らせを受けココアは心の底から悲しみ、涙が止まりませんでした。突然姉を失ったショックのあまり、ココアの顔からはその日から笑顔がなくなりました。
心に深い傷を負ってしまったココアはお店の仕事にも出れなくなってしまい、学校も不登校となり、結果として木組みの街から離れ実家へと帰る事になりました。それ以降、彼女が木組みの街を訪れることはなく、チノ達とも会わなくなったそうな……



24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 03:59:38.04 ID:hroiGgwl0


ココアが去った後のラビットハウスはと言うと、チノも突然ココアがいなくなったことで人が変わってしまい、中学生にしてレディース暴走族の総長になってしまい、木組みの街を破壊するという非行を繰り返し、変わり果てた孫の姿にショックを受けたティッピーは車にひかれて死亡。チノを元に戻そうとしたタカヒロはラビットハウスを喫茶店ではなく本物のうさぎがたくさんいるうさぎ喫茶にしようと試みましたが、ウサギを仕入れようしたは良いが発注した業者のミスでウサギと間違わられてお店に届いたウナギがアナルから侵入し、それが原因で亡くなってしまいしまた。

チノの友達のマヤとメグは、変わり果てたチノを元に戻すため奮闘しますが、街にたまたま観光へやってきた在日韓国人に誘拐されそのままレイプされ、その韓国人がなんと性病を持っており、さらにコンドームも使用せず生で挿入されたのが原因で性病にかかってしまい、現在その韓国人を相手取り裁判の真っ只中にいるそうで、忙しさのあまりチノの事を忘れてしまいましたとさ。



25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 04:01:35.38 ID:hroiGgwl0


青山ブルーマウンテンさんは、ラビットハウスがなくなってしまった事にショックを受け、小説家の仕事を辞め渡米。やけを起こしたのか、自慢の大きな胸を利用しポルノ女優への道を志しますが、現地で起きた大規模なテロに巻き込まれ死亡しました。

そして、ココアの事など考えずにスイッチを使おうとしたシャロ達ですが、彼女達の事を覚えている人はもう街にはいませんでした。
甘兎庵の焼け跡からはかろうじてモカの遺体のみが見つかりましたが、3人の遺体は綺麗さっぱり消し飛んでしまったため、発見されず、捜査しても誰も彼女達が本当に死んだかどうかわからないのでした。事件後しばらくは行方不明と扱われていましたが、時が経つにつれ、本当に爆発に巻き込まれて死んだかどうかわからない彼女達の存在は日に日に薄れ、皮肉にも人々の記憶から彼女達3人の存在は消え去ったのでした。





26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 04:03:41.16 ID:hroiGgwl0


ドラえもん「このスイッチは本来、邪魔な者をすぐに淘汰しようと考える危険な権力者を懲らしめるための道具なのさ。皮肉な事に、これでモカさんの存在を消そうとした3人の方が、人々から存在を忘れ去られてしまったね」

安倍「だが、これで将来危険因子になりうる思考の持ち主をこの街から消し去る事に成功したな」

ドラえもん「うん、悪い奴は懲らしめないとだね!!」

安倍「ああ、だがあのシャロという子がしたことも、あながち間違いではなかっただろうにな」

ドラえもん「まあ、確かに気の毒だよね」

安倍「彼女はただ、自分にとって大切な存在を守ろうとしただけなのたろうな」

ドラえもん「大切な友達が誰かに襲われているのを見て、助けようと思ってしたことなんだよね」

安倍「やられている友人をただ黙って見ている事など出来なかったのだろうな。殺られる前に殺ることでしか救えぬ命もあるのかもしれない……」

ドラえもん「命を守るって、場合によっては正義にも悪にもなるってことなのかな?」

安倍「正直、私にもよくわからない。だが、私はこれからも、この街のために己の正義を貫くだけだ。ドラえもん、これからもこの街のために危険な輩を排除しよう!!」

ドラえもん「うん、そうだね!!」

安倍「そうだドラえもん、あのラビットハウスとかいうお店の跡地に、新しくコンドーム屋が出来たそうなんだが、行ってみないか?」

ドラえもん「本当に!! 行く行くーーーー」


END




元スレ
SS速報VIP:リゼ「命までモフられるーー///」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1448130740/



TVアニメ「ご注文はうさぎですか??」キャラクターソングアルバム チノ/cup of chino

新品価格
¥2,700から
(2015/11/22 10:51時点)