SS速報VIP:六花「私が本気を出せば俗世間に溶け込むことも可能」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1448738977/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/29(日) 04:29:37.24 ID:kYs5BWnH0

勇太「ならやってみろよ。お前もそろそろ中二病を少しは克服すべきだしな」


六花「了解した。今から私は知能レベルをこの世界のものと同等にまで引き下げ…」


勇太「その偉そうな口調もやめろ。あと小難しい単語を使うのもなしな」


六花「…了解した」


勇太「…」ジトー


六花「…わかった…よ」


勇太「はぁ」(果たしていつまで続くのだろうか)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1448738977




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/29(日) 04:57:17.92 ID:kYs5BWnH0

思いつきでダラダラと書いていきますので細かいところは気にしないでいただけると嬉しいです



登校中


勇太「で、お前いつまでそれ続ける気なの?学校でもその調子か?凸守が悲しむぞ」


六花「心配ない。マイサーヴァントである凸守は……あ、じゃなかった…早苗ちゃんとは契約を交わしたものの間だけで可能なテレパシーで…」


勇太「…ま、無理しなくていいぞ。どうせ無理だろうし」


六花「む…聞き捨てならない。邪王真眼は最強」


勇太「ほらまただ」




森夏「あっ。富樫くん小鳥遊さん、おはよー」


勇太「ああ、丹生谷。おはよう」


六花「…おはよう」


森夏「二人ともなに話してたの?」


六花「…ふ、普通におしゃべりしてただけだよ…森夏ちゃん」


森夏「…えっ?小鳥遊さん?…森夏ちゃん?え?」


勇太「なんでも、邪王真眼にかかれば俗世間に溶け込むなんて余裕…らしいぞ」


森夏「それって普通に振舞うってこと?だからあんな感じ?どうしたのよ一体」


勇太「さぁな。理由は知らんが…なんかムキになってるんじゃないか?」


六花「…ふ、二人とも…早く学校行こうよっ」


森夏「はいはい。小鳥遊さん普通にしてれば可愛いし、結構それもいいかもね」


勇太「…そうだな。悪くないんじゃないか?」


六花「なっ…//」


六花(勇太はこういう俗世間の…あ、普通の…)


(普通の女の子が好きなのかな…)





3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/29(日) 05:13:55.13 ID:kYs5BWnH0

なんだかんだで学校終わり。その日の帰り道



六花(勇太はダークフレイムマスター…一般人のような狭隘な心を持ってはいない…)


六花(…優しい人。理解のある人…だから私を受け入れてくれた)


六花(だからこのまま、ずっと邪王真眼であり続けていいと思っていた)


六花(…私が勇太の優しさに甘えていたのかな)


六花(…考えすぎ?でも…普通が…いいのかな)


六花(こんな風に振舞うの、あの一件以来…)




六花「」ボーッ


勇太「………おい、六花」


勇太「聞いてるのか?…おい、六花。六花ってば」


六花「…あっ 勇太…ごめん。…へへ、なんでもない」


勇太「妙に素直だな。…その辺も、普通をってやつか?いいことだな」


六花「う、うん…そう」


六花(いいこと…勇太は笑いながらそう言うけど)


(私は、その会話がアタマの中から離れずに、その夜眠れなかった)



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/29(日) 06:37:32.36 ID:kYs5BWnH0

レスは励みになりますぞえ…



翌日の放課後とか


勇太「今日もそのまんまで部活か?」


六花「…あはは、そのまんまって?私はいつもこんな感じだよっ…早くいこ、勇太」


勇太「あ、あぁ…」


勇太(思ったより長続きするのな…ギャップにまだ慣れん…)


六花「勇太?どうかした?」


勇太「いや、何でもないよ…そういや六花、今日は眼帯もしていないしカラコン…や、邪王真眼も開眼していないんだな。徹底してるじゃないか!」


六花「…私、普通でしょ?」


勇太「…見事に普通だな THE 普通って感じだよ。」


勇太「でもお前、無理して…」

ダダダダ…

凸守「マスター!とダークフレイムマスター!こんなところにいたデスか?」


勇太「うおっ!なんだよいきなり…あんまり廊下は走るなよ、凸守」


凸守「うるさいデェス!一般人!」


勇太「いやお前さっき俺のことダークフレイムマスターって呼んでただろ」


凸守「細かいことはいいのデス。それよりマスター!今日はマビノギオンの解読をするに当たって、助力を願いたいのデスが…」


六花「マビノギオン…!………」


六花「う、うん。一緒に…わかったよ」


凸守「…?マスター、昨日からマスターの魔翌力が弱まっている気がするのデスが…どうかしたのデスか?」


六花「…大丈夫だよ。部室いこっ」

タッタッタッタッ…


凸守「あっ!マスター…」


凸守「マスターに何かあったのデスか?それとも…貴様がマスターを傷付けるような真似でもしたのデスか?」


勇太「違う!断じてない!…ただ」


凸守「ただ?」


勇太「…わからん。暫く様子見だ。」


凸守「…納得いかないデェス…」



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/29(日) 16:23:44.43 ID:kYs5BWnH0

時系列的には一期と二期の間くらいを想像しています。ちなみに勇太と六花の家は別々です


勇太「じゃなあ、六花」


六花「…また明日ね、勇太」



ガチャ…

勇太「ただいまー」


樟葉「あっ お兄ちゃんお帰りー」


勇太「おう。夢葉は?」


樟葉「ん~…なんかついさっき遊びに行くって出て行ったけど」


勇太「もう夕方なのにな…大丈夫か?」


樟葉「多分六花ちゃんのところじゃないかな」


勇太「六花のところか。なら安心だな」


樟葉「だねっ あ、お兄ちゃん私買い物に行ってくるから。何か欲しいものある?」


勇太「んー…とくにないかな。気を付けて行ってこいよ」


樟葉「はーい」ガチャ…バタン




勇太(はぁ…なんだか疲れたな)ソファーにボフッ


勇太(いや…寧ろ今日は疲れる要素少なかったはずだが…)


勇太(六花の口数が少なかった分な)


勇太(凸守が怒りの矛先をこちらに向けてくるのも時間の問題かもしれん…はぁ)


勇太(丹生谷は特に何も言わないが…くみん先輩は)



くみん『六花ちゃん最近なんだか元気ないね~寂しいな~…』



勇太(何が原因なんだろう…ただムキになっているだけとは思えないんだよな)


勇太(またじいちゃんばあちゃんといざこざでもあったのか…はたまた十花さんか?)


勇太(それとも…………)


勇太「…はぁ」


勇太(ため息ばかりだな。)


勇太(疲れてるんじゃなくて…俺も、寂しいのかな)

勇太(六花…)


勇太(………)zzZ




14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/29(日) 19:08:43.46 ID:kYs5BWnH0

大体同時刻六花の部屋では


六花「…プリーステスはまだ帰還していない」


六花「盟約に従い契約を結んだ植物に…聖水を与えなければ」


六花(ハイリヒヴァッサー…どこに置いたっけ)


ピンポーン


六花(奇襲!?)


夢葉「りっか~!りっか~!」


六花「…夢葉」ガチャ


夢葉「りっか!遊ぼ遊ぼ~!夢葉も探索手伝う~!」


夢葉「今宵、月は…出ているぞ…」


夢葉「お兄ちゃんみたいでしょ!」エッヘン


六花「…やはり夢葉は将来有望。今からでも修行を続けていれば兄であるダークフレイムマスターをも凌駕する可能性がある」


夢葉「すごい?夢葉すごい?」


六花「最強。夢葉はすごいよ」ナデナデ


夢葉「やった~!」ムギュー


六花「………」ナデナデ


六花「…でも、もう外は暗くなる。夢葉はまだ修行中の身、探索はまた今度。中に上がる?」


夢葉「わかった!おじゃましまーす!」




15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/29(日) 19:11:09.74 ID:kYs5BWnH0

六花「夢葉、何か食べる?」


夢葉「う~ん…夢葉はりっかと一緒に修行がしたい!しゅぎょー!しゅぎょー!」キラキラ


六花(夢葉すっごく楽しそう…)


六花(私は………私は、)


六花(私は、どうしたいんだろう…)


六花「…わかった!夢葉、まずは魔方陣の生成の仕方から教える。魔方陣は魔翌力を操る上では基本となる」


夢葉「ふむ、ふむぅ!」メモメモ


六花「邪王真眼のように固有の能力を持つようになれば、私のように魔方陣無しで魔翌力を操ることも可能!」


夢葉「おおぉ~!!やっぱり六花はすごい!」


六花「邪王真眼は、最強…!」どやっ


夢葉「さいきょお~っ!!」


キャッ キャッ ワイワイ



勇太「………うーん…?あれ?俺寝てたのか」


勇太(なんだか上が騒がしいな)


勇太(…夢葉と六花か?)


勇太(楽しそうじゃないか、二人とも)




19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/29(日) 21:20:21.58 ID:kYs5BWnH0

聖なる水なんだからねっ!


樟葉「ただいま~」ガチャ


勇太「樟葉、おかえり」


樟葉「ただいま、お兄ちゃん。夢葉はまだ帰って来ないの?」


勇太「そういや遅いな。六花のところに迎えに行ってくるよ」


樟葉「お願いね。晩ごはん作ってるから~」



ピンポーン


勇太「六花~?入っていいかー?」


ガチャッ


夢葉「お兄ちゃーん!」ギュッ


勇太「うぉっ!夢葉!遅いじゃないか。お兄ちゃん迎えに来たんだぞ」


夢葉「ふっふっふ…じゃおーしんがんに魔方陣のつくりかた教えてもらってたの!」


勇太「よ…良かったじゃないか~夢葉」


勇太(六花め、また我が妹に余計なことを吹き込みやがって…って…ん?)


勇太(もう六花は普通に戻ったのか?)


勇太(いや、六花の普通は“普通”じゃないが…)


六花「あっ…勇太。こ、こんばんは」


勇太「お、おっす。悪いな、夢葉と遊んでもらって」


勇太(なんだこの微妙な距離感は…)


六花「ううん、大丈夫。私も楽しかった」


勇太「そっか。良かった良かった」


勇太「じゃあ夢葉、帰るか」


夢葉「はーい!」


六花「あっ…勇太。勇太、ちょっと話せない?」


勇太「あ、あぁ…晩ごはんまで時間はまだあるだろうし。いいぞ」


勇太「夢葉、先に1人で帰れるか?お兄ちゃんちょっと六花の部屋に上がってくから」


夢葉「はーい。だいじょうぶだよ!六花またね~!」


六花「ばいばい、夢葉」フリフリ





24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/30(月) 18:16:44.53 ID:qX/2Xrp10

六花宅


勇太「お邪魔しまーす。十花さんはまだなのか?」


六花「プリー…おっ、お姉ちゃんはまだなの」


勇太(お、お姉ちゃん…可愛いな…)


勇太「そっか。で、話ってのはなんだ?なんか悩み事か?」


勇太(最近ずっとしおらしいもんな…)


六花「…最近の私」


六花「最近の私…勇太から見てどう?」


六花「どんな感じ…かな」


勇太「どんな感じって…普通じゃないか?俗世間とやらになかなか上手く溶け込めてるんじゃないか?」


六花「…うん。…それだけ?」


勇太「そうだな………ん、素直で…なんだ、その…可愛いんじゃないか?いかにも清楚系女子高生と言いますか…って何言わせるんだ!」


六花「っ…/// ゆ、勇太が勝手に言っただけ…//」


勇太「…// 悪い。でもな、六花…お前は無理をしてるんじゃないか?」


六花「う…そ、そんなことない!」


六花「私は…常に無為自然。揺るがない」


勇太「あ 今の発言いつものお前っぽいぞ」


六花「あう…」


勇太「…六花が無理をしてないならそれでいいんだけどな…大体、なんでそこまでして貫こうとしてるんだ?くみん先輩や凸守は心配してるかも知れないぞ」


六花「確かに凸守やくみん…先輩には心配をかけているかもしれない、よね。特に凸守には申し訳ないと思ってる…」


六花「でも…」


勇太「…どうした?」


六花「…勇太は、普通の私を見て……悪くない、いいことだって、」


六花「そう言ってくれたから…それだけじゃない」


六花「私…今まで、勇太の優しさに甘えてたのかなって…勇太はありのままの私を受け入れてくれたから…私も、それに応えなきゃって」


六花「それで…」



25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/30(月) 18:17:36.11 ID:qX/2Xrp10

勇太「…六花」


勇太「よく聞いてくれ…確かに俺はもうダークフレイムマスターじゃないし、そういうのが苦手じゃない訳でもない…寧ろトラウマだよ」


勇太「でもな…俺、六花と知り合っていろいろ話すようになってわかったんだ」


勇太「お前の邪王真眼は…俗世間で言う中二病ってやつは…憧れや、夢を信じる気持ちが具現化されたものなんだ…多分」 



六花(………)


六花(私の憧れは、勇太…)


六花(そう、いつだってそうだった。パパの死が直接のきっかけだったんじゃない…)


六花(悲しみに暮れる中で、勇太のひた向きで一途で、何にも恐れないような…自分を信じる、そんな姿に救われた)


六花(何よりもカッコよく見えた。少なくともその時の私の目にはそう映った)


六花(ただ強い心を持ちたいと思った…勇太のようにすればそうなれると思った)


六花(現実逃避なんかじゃ、なかった)



勇太「…信じることは、尊いんだぞ」


六花「勇太…」


勇太「なんてな、かっこつけちまった」


六花「…かっこいいよ、勇太。かっこいい」


勇太「それにな、俺はいつも通りの六花を否定した訳じゃない。自由で、いきいきした六花が見たいよ」


勇太「俺のために自分を抑え込むんじゃなくて、俺のためにありのままの六花でいてくれ」


勇太「どんな六花でも…その、好き…だから…」


六花「勇太………勇太ぁ…!」ポロ…


勇太「な、泣くなよ…泣くなって」


六花「…うん……勇太、ありがとう」


勇太「いいんだよ。俺も…ありがとうな」


六花「…大好き」ちゅ




30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/01(火) 18:42:02.05 ID:fYgCOQzF0

それから…


六花「勇太ぁ~!」


勇太「おう、おはよう」


六花「おはようぉーたーどらごん!」ビシッ


勇太「すっかりいつもの六花だな」


六花「私は勇太の意志を引き継ぐ者。やはり常に邪王真眼は活動させておかなければならない。力が弱まってしまう」


勇太(また新しい設定を…俺の名誉が傷付きかねん!)


勇太「はいはい」


勇太(まぁ…いいんだけどな)


勇太「…凸守が知ったらきっと喜ぶと思うぞ」


勇太「さ、学校行くか」


六花「うんっ!」ニコッ




おしまい。



31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/01(火) 18:49:28.11 ID:fYgCOQzF0

初SSで少し手間取りましたが、やりたいことは出来たのでこれにて終わりにしたいと思います。

ちなみに中二恋映画のOP主題歌になった「-Across the line-」の歌詞から勇太のセリフに引っ張ってきたところがあります。

中二恋は三期ないような気がしますが、もったいない題材だと思います…なので、SSで少しでも作品が増えると嬉しいです!

六花ちゃんかわいい!

お付き合い頂きありがとうございました!



32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/01(火) 19:02:01.95 ID:fYgCOQzF0

間の描写はありませんが、六花が普通を振る舞うようになりだしてから、元に戻るまで一週間以上はかかったということで。

しばらくはぎこちないながらも部活に顔を出していたという認識をしていただけたら。

急展開になりすぎました。



33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/01(火) 19:07:04.02 ID:aBjle0F3O

乙乙~
六花ちゃんペロペロ



元スレ
SS速報VIP:六花「私が本気を出せば俗世間に溶け込むことも可能」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1448738977/



中二病でも恋がしたい!戀 小鳥遊六花 バニーver. 1/7スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥10,000から
(2015/12/1 19:48時点)