これまでの事件↓
第一幕・悪魔館殺人事件
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1447491615/


※神崎蘭子が主演のドラマという設定なので、当たり前のようにキャラ崩壊
※事件に巻き込まれるキャラクターは殆ど仮名を使った架空のオリジナルキャラ
※グロテスク表現、猟奇殺人要素有り


※このSSを読むときは、部屋を明るくして、できるだけ離れて観てね!!探偵ランとのお約束だよ!!



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1449306013




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 18:01:15.67 ID:XFvDbenx0



プロローグ


男が倒れている 目は虚ろ 舌はだらんと口から下がり ぴくりとも動かない


自分がこの手でやったのだ 意外と一思いにやれるものなんだな と思った


自分の殺意がそうさせるのか 自分に宿る悪魔がそうさせるのか


手に残る 初めて絞めた感触と共に 頭の中に なおも囁く声 次なる獲物の事


間もなくして、ここ…麻神島は狩場となる 入ってきた獲物は 二度と出られない 狩人の領域


何年も追い求め続けた光景 犠牲者達の末路が もうすぐそこにあることに


自然と 胸の高鳴りを感じた





3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 18:06:21.50 ID:XFvDbenx0



数日前 夜 D県 ルートインD 駐車場


警察A「ガイシャは?」


警察B「ホテルの客室9階窓から転落したようです。即死ですね」

警察B「ホテルに周りにいた人の話だと、私達が警察を名乗り、あの部屋に踏み込む数秒前に、窓から飛び降りるこいつを見たらしいです」

警察B「私達に捕まって口を割られる前に自殺したと見るべきでしょうか…室内に争った形跡もないし、踏み込んだ時、部屋の中にはこいつ以外誰も居なかったようですし」


警察A「…くそ、密売人を見たって通報があったから直ぐに駆けつけたってのに」

警察A「ホントにこいつがヤクの売人で、取引のために誰か待ってたのか?」


警察B「部屋に放られていあの粉末袋は、麻薬だったと連絡がありました。袋に付いた指紋も遺体のものと一致。確定ですよ。」

警察B「量的に、デカイ取引じゃなくて、チンピラ相手の小遣い稼ぎだったようですが…」

警察B「今からここで張って、買いに来た客から詳細を聞き出してみましょうか?」


警察A「この騒ぎの中で、のこのこヤク買いに来るバカだったら、逆にお目にかかりたいもんだ」


警察B「ですよねー…」


警察A「…」


警察B「…何か?」


警察A「あれ…見ろ」


警察B「はい?」


警察A「死体をいじってる奴…明らかに警察じゃねーよな…?」


警察B「…は!?」




警察B「おい!!何をしているんだ君!?やめなさい!!」





4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 18:09:40.91 ID:XFvDbenx0

http://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira095826.jpg


ラン「む?」


警察B「む?じゃない!ちょっと可愛いけど、部外者は立ち入り禁止なんだ!離れろ!」グイッ


ラン「無礼者っ、私の相棒は…(部外者じゃないですよ、私は赤羽根さんの…)」


赤羽根「こら、ラン!!」ダダダッ

赤羽根「すいません、直ぐ追い出しますんで…」


警察A「お前の連れだったのか!?」


赤羽根「あ、こいつ、俺のいとこの、ランっていいまして…」


警察A「何やってんだお前!現場に一般人連れてきて良いと思ってんのか!!」


赤羽根「すいません、事件で帰るの遅くなるって言ったら、何故か現場の場所突きとめられてて…」


ラン「むー!」じたばた


警察A「ったく…この件では、お前はただの応援なんだからなっ」

警察A「ただお前は、俺たちの指示に従って雑用やってりゃいいんだよ!」


赤羽根「はい…すいません、ほら、離れてろ、ラン」


ラン「…」


警察B「なんなんですかね、あの子、ホントに赤羽根刑事の身内ですか?」


警察A「…知らん。とにかく身元洗え。この件は自殺ってことで手っ取り早く処理して、さっさとそのヤクの出どころ探るぞ」


ラン「…」ピク

ラン「…」くるっ ツカツカ


警察A「なんだ。早く出てけ。邪魔だ」


ラン「まるで罪人の道化だな(貴方達バカですか?)」





6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 18:13:30.19 ID:XFvDbenx0



警察A「あァ!?」


赤羽根「こ、こら、ラン!」


ラン「奴が裁かれるべき者であることに異論は無い(確かに彼が麻薬関係者である事は、ほぼ間違いないと思いますが…)」

ラン「でも、彼の者は自ら命を絶つほど忠誠を誓う業もないのよ(この人は死のうと思って飛び降りたんじゃない…殺人です)」

ラン「屍にメスを入れれば、微睡の粉末が見つかろうな(詳しく検死してみれば、彼の胃の中から睡眠薬の成分が検出されると思います)」


赤羽根「…」


警察A「なんでお前なんかにそんなことがわかんだよ!」


ラン「愚か者。彼の者の隠れ家を見よ。火元が手つかずのままだったのだぞ(貴方達、あの部屋の灰皿とマッチを見ましたか?一回も使われてないんですよ?)」


警察A「それがどうした!!」


ラン「こいつはしっかりと狼煙の上げ方を知っている(さっき死体を調べたところ、この人のポケットにはタバコの箱がありました)」

ラン「しかも、常に火遊びをせずにはいられない手合いと来た(部屋に残された荷物の中にも数箱入ってることから、恐らく彼はヘビースモーカーです)」

ラン「そんな奴が大義名分を背負っていながら火薬の一擦りもしないなど不自然極まりないわ(そんな人が、喫煙可能な部屋を用意して、取引相手を待ってる時に一本も吸わないなんておかしいと思わないんですか?)」


警察A「…」


ラン「そして、見よ。この火種を(極めつけが、同じく死体のポッケに入っていたこのホテルのマッチです)」


警察B「…マッチ?」


ラン「これはそれぞれの牢に二つとないものだ(ええ、これ、部屋に一つしか備え付けられてないはずなんです)」

ラン「しかし、私の手には、あるはずのないもう一つの陽炎…(なのに、部屋に残されたマッチとは別に、彼はもう一つの同じマッチをポッケにしまっている)」

ラン「それは、奴の入った牢が一つでない証明なのよ(彼が二つの部屋を出入りしていた証拠ですよ)」

ラン「マスターに鎖の数を確かめてみるが良いわ(ホテルの支配人さんに、あそこ以外に予約してあった部屋が無いか聞いてみてください)」

ラン「あるはずよ。もうひとつ…奴のタグのついた、隠されし牢の在処が(おそらく、2階か3階の一室も合わせてとってあると思いますよ)」


警察B「…!?」





7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 18:18:49.09 ID:XFvDbenx0



警察A「…どうだったよ?」


警察B「…確認を取って見みたら…私達が入った912号室と一緒に、同名義で212号室が予約されていました」

警察B「でも、なんでそんなことを…」


ラン「幻術よ(彼を心理的な罠にはめるためです)」

ラン「奴は低階層の牢にて取引を行う手はずだった(おそらく彼は、取引相手が用意した212号室で、その人に麻薬を売るつもりだった)」

ラン「しかし、取引相手は欲望の白い粉ではなく、人間の赤い血を欲していた(しかし、その人の本当の目的は、麻薬なんかじゃない、彼の命そのものだった…)」

ラン「彼の者はまんまと咎人の幻術にはまり込み、身を委ねてしまった(彼は犯人によって薬で眠らされ、その後912号室に運ばれた…)」


警察A「…」


ラン「そして運命の刻、彼の者は公の犬の咆哮で覚醒する(眠ってしまった彼は、あなた達警察が扉を叩いている音と怒号で目を覚ます)」

ラン「しかしその覚醒は完全ではない。微睡の中、咎人の策略に気付きはしたが…(彼は朦朧とした意識の中で、扉の外の警察の言葉と、自分の手に握られた麻薬袋を見て…)」

ラン「幻術そのものには理解が及ばず、光の先へ逃げる彼の者は、目下の奈落に気付かない(犯人にハメられたことを察知し、袋を捨て、ここが二階だと思っている彼は咄嗟に窓から逃げようとして飛び降りた)」

ラン「これがその成れの果てよ。その間、当の咎人は晩餐にフォークでも刺しているのだろうな(結果は見ての通り即死、死亡推定時刻の時間、犯人は意気揚々とアリバイを作っているでしょう)」

ラン「お前たちは目前の餌を闇雲に追いかけ回す駄犬だったという事なのよ(あなた達はまんまと犯人によって、人殺しの道具にされました)」


警察B「…」


ラン「あの粉末も、彼の者の悪事の証明にしかならん(現場に残された麻薬からは犯人へつながる手がかりなんてありませんよ)」

ラン「真犯人を追いたければ、号令を出した何者かの影を嗅ぎ付けなさい(あなたたち警察に、彼を麻薬密売者だと通報した何者かの電話番号の方から先に調べてみては?)」



警察A「…」

警察B「…」



ラン(ばーか)んべー





8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 18:23:22.86 ID:XFvDbenx0



数日前 夜 D県 レストラン内


ラン「おいひ~♪」もきゅもきゅ


赤羽根「お前…さっきからプリンばっかり食ってるけど…」


ラン「私の辞書に限界の二文字は無い!!(幾らでも食べれます!!)」


赤羽根「いや…こーいうレストランのデザートって、量に対して値段が高すぎるからさ、財布のダメージが…」


ラン「次はもっとカラメルを増やせ!!(おかわり!!)」


赤羽根「やめろぉ!!勘定がすでにメシで払う桁じゃねぇんだよ!!」

赤羽根「行きたいところがあるっていうから来てみりゃ…強引にでもバイキング方向にしときゃ良かった…」

赤羽根「まいったなこりゃ…」


ラン「私が着せた恩はこれよりはるかに高いのだっ!(私のおかげで早く帰れてるんですから、いいじゃないですか)」


赤羽根「仕事が早く終わったんじゃなくて、面子潰されたから怒って追い払われたの!」

赤羽根「あの人たち、意固地になって、結局トカゲしっぽ切りの自殺で処理して、麻薬組織のイザコザの線で捜査進行だってさ」


ラン「ならば、我が灰色頭脳の出番なり!(だったら私があの事件を!)」


赤羽根「出来ればいいよな。出来れば。でも、このご時世、警察は民間人に頼るほど無能じゃないの」


ラン「鼻の利く犬を飼っているならば飼い主が首をくくることもないだろう(警察が優秀な国の国民が、毎年三万人以上も自殺するんですか?)」

ラン「強者に媚びへつらう犬しか居ないから、ただ奪われてゆく現実なのだ(さっきの事件みたいに、面倒だから事件として記録しないだけでは?)」


赤羽根「…」


ラン「時に、我が相棒よ、胸の紋章は、何かの風の吹き回しか?(ところで、胸ポケットのそれ、何ですか?変な紋章ですね。頭のつながった鳥…?)」


赤羽根「ん?…あ、やべっ、持ってきちまった」

赤羽根「被害者のバッグに付けられてたものなんだが、珍しかったから、これ持って聞き込みしてたんだ」

赤羽根「まいったな…すぐ返しに行かないと…」


ラン(警察って…もしかしてバカばっか?)





9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 18:30:32.30 ID:XFvDbenx0



数日前(別の日) 夜 D県 赤羽根のアパート 居間


ガチャ バタン


赤羽根「…」


ラン「逢引は首尾よくやれたのか?(おかえりなさい、美千香さんと仲直りできました?)」


赤羽根「ばっちりだぜ?」


ラン「偽るでない(嘘ですね)」


赤羽根「全然。もうラッブラブ」


ラン「見たくもない頬の紅葉が失策を語っている(頬っぺたのビンタの跡キレイに残ってます)」


赤羽根「…」

赤羽根「うぅ…美千香ぁ…」ぐったり


ラン「相性が悪いわけではないのに…何故そうすれ違うのか(せっかくいい感じになってたのに、なんで最後の最後で喧嘩なんてしちゃうんですかぁ…)」


赤羽根「なんで見てきたようにわかってるんだよ!!」


ラン「尾行の存在にも気づかぬとは愚かね…(見てきましたもん)」しらー


赤羽根「や…疫病神めぇ…!!」


ラン「責任転嫁とは感心しない!(私のせいじゃないでしょう!?)」


赤羽根「くっ…」

赤羽根「はぁ…現役アイドルとの恋って…やっぱ許されないものなのか…?」


ラン「相棒よ、気を確かに持て。私が天上に舞い戻った暁には…(しっかりしてください、赤羽根さん、私が天界に帰ることができたら…)」

ラン「我が親友に口添えしてやろう!!(チエリエルちゃんにお願いしてみますから)」


赤羽根「そんな、いつくるかわかんねーチャンスに頼れるかよ…もう、いつ別れを切り出されるかわかんねんだぞ…」

赤羽根「会える時間も多くないし…それに、女心って…よくわかんねーんだよなぁ…」


ラン「拠りどころの一つもないわけではなかろう?(職場には、相談に乗ってくれる人はいないんですか?)」


赤羽根「いないよ…ウチ、けっこー男職場だし…」

赤羽根「…ん?」カサ…


ラン「いまどき、古風な便りよ(ああそれ、ポストに入ってましたよ)」


赤羽根(差出人、目暮 十次…誰?麻神島…灰原優の友に贈る招待状?)

赤羽根(灰原ってたしか…高校の時の…)





10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 18:36:45.47 ID:XFvDbenx0



一日目 朝 D県 クルーザー前 桟橋




ラン「お、乙女を放ってうつつを抜かすというのっ?(み、美千香さんのことはどうするんですか?)」


赤羽根「とりあえず一旦忘れよう…」

赤羽根「さすれば…見えてくるものも…あろう!なんてな!!」


ラン「恥を知りなさいっ!!(忘れちゃダメでしょっ!!)」




佐木「赤羽根君じゃーん!!ひさしぶりーっ!!」


赤羽根「お前…佐木か?何年ぶりだっけか?」

赤羽根「お前もあの招待状をもらったんだ?」


佐木「うん!ほら、こっち!いつものメンバー揃ってるよ!」


赤羽根「いつものメンバー?」


佐木「高校の時、いつも6人一緒だったじゃん?」


赤羽根「もしかしてあいつら全員来てるのか?なんだか同窓会みたいだな」


ラン「…」


佐木「…あれ?この子は?」


赤羽根「あ、こいつ、ちょっとウチで預かってる、いとこのラン」

赤羽根「面倒見ろっていわれてるから、連れていきたいんだけど、いいかな?」


ラン「…宜しく(…どうも)」


佐木「赤羽根君に…そんなイトコいたっけ…?」

佐木「なんか、変わった髪の色だし、マント着てるし…あまり顔も似てないっていうか…」


赤羽根「うっ…ま、まあ、とりあえず、気にしないで、皆のところへ行こう!」


佐木「うん…?」





11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 18:41:20.00 ID:XFvDbenx0



一日目 朝 D県 海上 クルーザー内


佐木「じゃ、ランちゃんに紹介するって形で、一人ずつ自己紹介していきましょっか!」

佐木「まずアタシ!佐木 竜香!OLやってます!よろしく!」


阿笠「え!?あんたがOL!?」


剣持「うっそだろお前!親、金持ちだったじゃん!」


佐木「ちょっとあって、破産しちゃってさー」


明智「衝撃…」

明智「あ、私、明智 健美。よろしくね」


剣持「剣持 修。今は運送やってる。一つ宜しく」


灰原「灰原 優。新聞記者だ」


阿笠「え、職業も言う流れなの?…阿笠 博子。女優よ」


赤羽根「…俺は赤羽根。久しぶりだな、みんな。今は刑事だ」



灰原「刑事ィ!?」

明智「うそ…!?」


ラン「…?」


佐木「すごーい!!」

剣持「お前、テストいっつも赤点だっただろ!?それが今や公務員かよ!?」

阿笠「人は見かけにならないというか…衝撃その2だね」

明智「わ、私フリーターなんだけど…」


赤羽根「う、うるせーなお前ら!!」

赤羽根「俺だって、やればできんだよ!!」


ラン「私は彼の者の相棒、ランという。よろしく頼む(私は赤羽根さんのいとこのランっていいます。よろしくお願いします)」


剣持「銀髪…」


阿笠「へー、こんなコいとこにいたんだー」


ラン「ところで、我が問いに答えてはくれないか(あの、ちょっといいですか?)」

ラン「宴の宣誓者を知るものは?(招待状を出した目暮 十次さんって誰か知ってます?)」


佐木「え?とりあえず私は会った事ないけど…」





12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 18:47:13.70 ID:XFvDbenx0



ラン「見知らぬ者からの誘いに耳を貸すと?(会った事ないんですか?)」


佐木「灰原君の友達なんだよね?招待状に書いてあったし」


剣持「…俺は、一応名前だけは知ってたぞ」

剣持「灰原のダチのおっさんで、今向かってる島を買い取った金持ちだったよな?」


灰原「…ああ」


ラン「最果ての楽園を創りし聖地であるか…?(じゃあ、リゾート地なんですかね?)」


阿笠「私達行ったことないからわかんないわ、灰原に聞いてよ」


灰原「…自然は多いし、砂浜もあるけど、ほとんど崖だし…期待しない方が…」


阿笠「えー?私、屋久島みたいなの期待してたのに…」


灰原「そもそも目暮さんは、人招くためにあそこ買ったんじゃないんだよ」


阿笠「じゃあ何の為よ?」

佐木「…実際私達はそこに呼ばれてるんだよ?」


灰原「…」


佐木「灰原君?」


灰原「考え事してるから、ちょっと黙っててくれないか」


剣持「おーい灰原、せっかく何年振りかに6人が揃ったのに、そりゃなくないか?」




??「あのー、聞きたいことがあるのだが…」スッ…


一同「!?」





13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 18:51:41.55 ID:XFvDbenx0



??「島に向かう6人というのは、君たちかな?」


佐木「え、ええ…」


赤羽根(すっげー美人…)

ラン(こら)


??「島の持ち主の目暮 十次という人から、皆の身の周りの世話をするよう雇われた者だ」

お手伝い(東郷あい)「東郷という。宜しく頼む」


佐木「ど…どうも、ご丁寧に」


阿笠「お手伝いさんと一緒に行くなんて、変なの…普通こういう人って島で待ち構えるもんじゃないの?」


明智「ねぇ、灰原…あの人…」


灰原「…」


剣持「ま、いんじゃね?スッゲ可愛いし。後で番号聞かなくちゃなー」


灰原「あの…」


お手伝い「うん?」


灰原「目暮さんとは、お知り合い…なんですよね?」


お手伝い「いや?会ったことも無いよ。これを見てくれ」ピラ


灰原「…」


お手伝い「私のもとに送られてきたものだ。目暮 十次の名義で、君たち6人の事が書かれている」


ラン「ふむふむ…」


お手伝い「…君を入れて7人かな?とにかく、かなりの金額の前金が同封されていたもので、俗な話、やらない手はないと思ったのさ」


灰原(何故…)


ラン「…?」





14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 18:55:24.53 ID:XFvDbenx0



一日目 朝 D県 海上 クルーザー内 操縦席


船長「…」


灰原「白鳥さん」


船長「…俺は、何も、知らねぇ」


灰原「でも、何かあったんでしょう?」


船長「…オーナーの考えてることは、よくわからん。ま、いつものように、島に着いたときに館長室に無線つなげて聞いてみるよ」

船長「きっと何かしらの重要な連絡があるんだと思うぜ」


灰原「だとしたら尚更変でしょう」

灰原「いつもは、俺と明智と白鳥さんと、アイツの四人だけで行くのに、招待状なんて名目で関係ない人何人も集めて、新顔のお手伝いさんも加わって…」

灰原「俺、白鳥さんまで別人に変わってたら、島に行くのやめてましたよ」


船長「あの別嬪さんは、恐らく急ごしらえで雇ったんだろうよ、だからあのお手伝いは何も知らねぇはずだ。仲間だと思ってボロ出すなよ」


灰原「急…ごしらえ?」


船長「あ?知らねぇのか、最近の話だぞ?これまで一緒に仕事してたアイツなんだけどな…」





15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 18:58:52.69 ID:XFvDbenx0



一日目 昼 D県 海上 クルーザー内


ラン「きもちわるい…」

ラン「わたしのあたまをゆらすのはだれだぁ…」


お手伝い「船酔いかい?直ぐに横になった方がいい」

お手伝い「酔ってしまってからじゃ効果は薄いが、酔い止めの薬も持ってきてるから、取ってこよう」


赤羽根「やけに静かだと思ったら、こういうことか…」


お手伝い「彼女に長時間、細かい文字を見せたのがまずかったようだね」


ラン「うにゅ~…」


お手伝い「赤羽根君、彼女を甲板に運ぶの、手伝ってもらってもいいかい?」


赤羽根「わかりました」


ラン「ぅー…」ぐてー


赤羽根(天使も酔うのか…)





16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 19:02:25.39 ID:XFvDbenx0



一日目 昼 D県 海上 クルーザー内



お手伝い「風に当たろうか。横になって…頭を冷やしながら、じっと雲を眺めて」


ラン「あなたはこの…せいしんおせんを…よくたえている…(お手伝いさんって…よく船に乗るんですか?)」


お手伝い「殆ど乗らないよ。ただ、心得ていなきゃいけないだけさ」


ラン「うぅ~」こてん

ラン「従者よ…貴女は、恋情の心得は持っているか(お手伝いさんって、女心に詳しかったりします?)」


お手伝い「…女心も何も、私はれっきとした女性だが…」

お手伝い「しかし、そうだな…およそステレオタイプの乙女心に近い思考を持っているかと言えば…少し、首を傾げざるを得ないな…」


ラン「相分かった…(そうですか…)」


お手伝い「どうかしたのかい?」


ラン「我が相棒のことなのだが…(赤羽根さんの事で…ちょっと…)」


お手伝い「赤羽根君の事?…あ、なるほど…フフフ」

お手伝い「彼は君の事を、ただのいとこだって言ってたけど…あどけない顔をして、意外とおませさんだったのかな、君は」


ラン「ふぇ?」


お手伝い「…おっと、どうやらもう少しの辛抱の様だ、ラン君」


ラン「?」


お手伝い「目的地が見えてきたよ」





17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 19:08:12.60 ID:XFvDbenx0



一日目 昼 麻神島 本館への道中


ザッ ザッ ザッ


ラン「ま…しん…とう…?」


灰原「麻神島(あさかみじま)だよ。ランちゃん、具合はもういいの?」


ラン「完全ではないが、魔力が戻りつつあるわ(大分よくなってきました)」

ラン「…この地を踏んだことは、初めてではないと見えるが(灰原さんは、ここに来た事あるんですよね?)」


灰原「皆と違って俺は何回も来てるよ。目暮さんと知り合いだし、さっきのクルーザーの船長さんとも仲いいんだ」

灰原「もともとここは魔神島(まじんとう)と呼ばれていて、鬼が住む島だって、祠を作ってからは誰も近寄らなかったらしいんだが…」

灰原「最近になって鬼退治の言い伝えの舞台がここじゃないのかって説が出てきて、島の名前から、鬼の文字をとったのさ」

灰原「だが、いわくつきの島だったことは変わりない。目暮さんがここに別荘を建てて住むまでは、ずっと無人島だった」


ラン「魔界の主か…息の詰まる話である(そんな孤島で一人暮らしって、退屈そう…)」


灰原「人間嫌いなのさ、あの人は。一週間に一回ある定期便の人も、普段は食料を本館前に置いて、直ぐ帰るし」

灰原「俺達が泊まる時だけは、今日みたいな感じでお手伝いさんを呼んで、客を世話させるけどね」


お手伝い「…随分変わり者の雇い主だ」


ラン「数少ない同志が、あなたということか(あなたは例外なんですね)」


灰原「ま、ワケあってね」


ラン(そんな人が…わざわざ他人に招待状を…?)


灰原「…」


灰原「さて、着いた。みんな、先に、本館にいる目暮さんに挨拶しよう」





18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 19:12:39.82 ID:XFvDbenx0



一日目 昼 麻神島 桟橋 クルーザー内 操縦席


ザザザ… ガ… ザザ…


船長「おーい、目暮さんよ、聞いてるか?」

船長「いつもの回線使わずに、手紙で指示ってどういうこった?」


船長「この船に乗せるのはいつものメンバーだけって決まりだったろ?」

船長「それを、ただのアシに使っちまうとか、俺にゃサッパリわかんねぇよ…」


船長「…いないのか?お前さんがいつもいる館長室の通信機に繋いでるんだが…」





一日目 昼 麻神島 本館 1F 広間



剣持「目暮さーん?…いねーぞ?」


灰原「あの人、呼んでも降りてこないんだよ」

灰原「いっつも二階の館長室に籠りっきりさ。こっちだ」


阿笠「変な人…自分から呼んでおいて…」


お手伝い「館長室…ふむ…地図の間取りは確かの様だ」ピラッ

お手伝い「右手にリビング…左手に見えるのは私の部屋か…なかなか良い別荘じゃないか」


ラン「…」


ぞろぞろ…





19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 19:15:25.78 ID:XFvDbenx0



一日目 昼 麻神島 本館 2F 館長室前


灰原「目暮さーん?俺です。灰原です」


シーン…


灰原「おかしいな…いつも返事位ならしてくれるんだけど…」ガチャガチャ

灰原「あれ、空いてる…」

灰原「…皆連れてきたので、開けますよー」



ガチャ



灰原「うっ!?」


一同「!?」





20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 19:17:03.78 ID:XFvDbenx0



一日目 昼 麻神島 本館 2F 館長室内





館長「」ギシ…ギシ…





灰原「あ…あ…」

明智「目暮さ…!?」

剣持「うわ!?」

佐木「きゃああああああああっ!!」

阿笠「何よこれっ!?」

お手伝い「…これは…!?」


赤羽根「な…」

赤羽根(男が…吊るされてる…)


ラン「相棒よっ!(赤羽根さんっ!)」


赤羽根「っ」ハッ

赤羽根「皆そこを動くなっ!!」


一同「!」ビクッ





21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 19:18:34.56 ID:XFvDbenx0



ラン「…」キョロキョロ

ラン(争った跡はないけど…部屋にかけられた額縁の中身が全部抜かれてる…何故?)


赤羽根「灰原、まず確認したいんだが、この人が、目暮さんで間違いないのか?」


灰原「あ…ああ、そうだ」


赤羽根「普段この島にいる人間は、この目暮さん一人だけ、そうだな?」


灰原「うん…」


赤羽根「…パッと見、ついさっき首を吊ったって感じじゃない」

赤羽根「死んでからだいぶ時間が経っている」


ラン(部屋の真ん中で首吊り…首に爪跡…死体のそばにあるのは、紙?)

ラン「…」カサ…


ラン「これは…」


赤羽根「見せてくれ、ラン」





22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 19:20:15.93 ID:XFvDbenx0



佐木「あれ?…い、いや、ちょっとまってよ…これっておかしくない?」


明智「私達、この人の招待状でここに来たのよ?」


阿笠「その人が死んでるってことは…」


灰原「だ、誰が俺たちを呼んだんだよ!?」


剣持「なんで招待した奴が首つってんだよ!?まさか自殺か!?」




赤羽根「いや、これは自殺なんかじゃないよ」

赤羽根「倒れた踏み台が見当たらない…目暮さんは誰かに吊るされたんだ」


ラン「然り(その通りです)」

ラン「この首の傷は、死に行く者の痕跡ではない(首元に爪跡が。これは目暮さんの爪です。)」

ラン「地の底から這いあがらんとする屍の傷だ(おそらく何者かに後ろから首を絞められたときに抵抗したんでしょう)」


赤羽根「それに、死体のわきにあった紙は遺書じゃない。見てくれ」ピラ


一同「!?」


赤羽根「俺たちに送られてきたものと同じ招待状だ。そしてその裏面に…」





23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 19:22:35.46 ID:XFvDbenx0




二つの首は 我が手によって括られ 地獄の門前に

魔神鬼



明智「魔神…鬼…?」


赤羽根「この魔神鬼ってやつによって、俺達が集められたらしいな」


剣持「一体何の為にだよっ!!」


ラン「…解せん(おかしいですね)」


赤羽根「どうした?ラン」


ラン(文章に書かれている、この二つの首という単語…おそらく一つは、この目暮さんの首…だったらもう一つは?)

ラン(この島には目暮さん一人だけ…この場の私達じゃない…誰か…?一体誰?)


ザザザ… ガ… ザザ…


赤羽根「この音は?」


灰原「そうだ、あそこの通信機の音だ!白鳥さんが船の通信機でコンタクトを取ってるんだ!」

灰原「白鳥さんにも、目暮さんが死んでたって知らせないと!」



ラン「!!」


  二つの首は 我が手によって括られ 地獄の門前に



ジジジ… ザ… ザザ…

灰原「白鳥さん、聞こえますか!?大変なことに…」

ラン「退け!!!魔の手が迫っているッ!!(今すぐこの島から逃げてください!!!)」ガバッ



ドオォオォオォオォオン!!



一同「!?」





24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 19:24:05.19 ID:XFvDbenx0



剣持「こ、今度は何だよォ!?」


赤羽根「桟橋の方からだっ!!」


灰原「無線が…途切れた…」


ラン「しまった…!!」ダッ


赤羽根「おい、ラン!」



バタバタバタ!!









明智「灰原…これってまさか…」


灰原「とにかく確かめるしかないだろう…!」





25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 19:26:28.07 ID:XFvDbenx0



一日目 昼 麻神島 桟橋


ゴオォォォォ…


明智「クルーザーが…」


阿笠「燃えてる…」


灰原「うそ…だろ…白鳥さん…」ガクッ


剣持「爆弾を投げつけられたのか…?船長さんの肉片が桟橋まで飛んで…」


佐木「そんなこと言わなくてもいいでしょっ!?」




赤羽根「…灰原」


灰原「…」


赤羽根「俺達が乗ってきたクルーザーとは別に、食料を運ぶ定期便があるって言ったよな…それはいつ来る?」


灰原「…定期便は毎週火曜だから…三日後だ」




阿笠「三日…ですって!?」


剣持「てことは俺達、この島に閉じ込められたってのかよ!?」


明智「嘘でしょ!?」


佐木「…っ」



赤羽根(麻神島…この島に住んでいた鬼は…死んでいなかった、とでも言うのか?)

赤羽根(俺達7人を孤島に誘い込み、まんまと狩場に閉じ込めた魔神鬼…)

赤羽根(まさか、このまま俺たちを皆殺しにする気なのか!?何のために!?)


ラン「…」スッ…


赤羽根(ラン…?)





26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 19:29:09.52 ID:XFvDbenx0



ラン「…」キィィィン…


赤羽根(俺の隣で見ていたランの右目が、かすかに煌き、燃えている様に揺らいで見える)

赤羽根(感情が昂る時、悪魔を祓う時、何かを強く記憶する時、こんな風に彼女の目が燃える…)

赤羽根(ランとしばらく過ごして、分かった事の一つ…ランに少しだけ残された、この天使の力だ)

赤羽根(彼女は今、記憶しているんだろう…文字通り、この光景を頭に焼き付けるために…地獄の様な光景を忘れないために…)

赤羽根(皆の動揺とは反対に、炎上するクルーザーを静かに見つめる、その小さな炎を、俺は無意識に、ずっと眺めていた)






主演:神崎蘭子・赤羽根P(765プロ)


堕天使探偵ラン 魔神島殺人事件
http://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira095827.jpg




27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 19:30:36.16 ID:XFvDbenx0



一日目 11:21 現在


 A 赤羽根刑事

 B ラン

 C 阿笠 博子(女優)

 D 灰原 優(記者)

 E 剣持 修(運送業者)

 F 明智 健美(フリーター)

 G 佐木 竜香(OL)

 H オーナー・目暮←DEAD

 I お手伝い・東郷

 J 船長・白鳥←DEAD





30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 20:24:05.94 ID:XFvDbenx0



一日目 昼 麻神島 桟橋 破壊されたクルーザー前


赤羽根(この燃え方は…燃料にも引火しているな…これを使って脱出はとてもできない…)


ラン「…」す…

ラン「さて、どうする?相棒よ(どうします?赤羽根さん)」


赤羽根「どうするか…くそ、どうすればいい…?」

赤羽根「携帯は、当然だが圏外…助けを呼ぶことなんてできない…」


阿笠「逃げることも…無理…」


佐木「捕まえないと…」


赤羽根「…」


佐木「その、魔神鬼って人が島のどこかにいるんだよね?」

佐木「こっちは大人が6人もいるんだよ?きっと捕まえられるよっ」


ラン「…」


剣持「たしかに、こっちには警察もいるんだしなっ」

剣持「拳銃がありゃあ、楽勝だぜっ!」


赤羽根「いや、今は拳銃なんて携帯してないぞ」


剣持「何で持ってねーんだよォ!?」


赤羽根「休暇で来てんだから当たり前だろーが!!手帳だけだよ!」


灰原「…だが、いい考えかもしれない…みんな、本館前に集まろう」

灰原「この島は、それほど広くはない、皆で手分けして探せば、二、三時間もあれば、森の中も含めて網羅できる」





31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 20:28:10.51 ID:XFvDbenx0



一日目 昼 麻神島 本館前


灰原「俺は、この本館に潜んでいないかを確認しようと思う」


明智「わ、私も手伝うわ」


ラン(え…?)


佐木「じゃ、じゃあアタシ、コテージの方、見に行ってみるよ!」ダッ


剣持「おれは…とりあえず反対方向の道を当たってみる」ダッ


灰原「剣持!佐木!もし何も見つからなかったら、危なくならないうちに本館のあたりに集合するんだ!」


剣持「お、おう!」


佐木「おっけ!」


阿笠「え?え?どうしよ…」


赤羽根「阿笠さんは俺と、この本館の裏手の方を探していきましょう」


お手伝い「わ、私は…?」おどおど


赤羽根「お手伝いさんは、ランと一緒に道を戻って、さっきの桟橋の方をもう一度よく調べてください」

赤羽根「犯人が直ぐに現場に戻るとは思えませんから、一番危険度が低い場所だと思います」


お手伝い「あ…ありがとう」


赤羽根「ランも、クルーザーの事で何か、引っかかることがあるんだよな?行って来い」


ラン「うん…」





32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 20:32:18.92 ID:XFvDbenx0



一日目 昼 麻神島 来客用コテージ付近


佐木「…」キョロキョロ





一日目 昼 D県 麻神島 通信塔前


剣持「くそ、壊されている…森の方を探すしかねーか…」





一日目 昼 D県 麻神島 本館 2F


灰原「明智、見つかったか?」


明智「…」ふるふる


灰原「やっぱり、これも魔神鬼って奴の仕業か…?」

灰原「…聞いてくれ明智、実はこの島に来る途中、白鳥さんが話していたんだが…」





33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 20:36:27.55 ID:XFvDbenx0



一日目 昼 麻神島 鬼のほこら前


赤羽根「なんだ…これは?社?」ゴソゴソ…


阿笠「…」


赤羽根「…人ひとり位なら隠れられそうだったから、まさかと思ったが…いないな」


阿笠「…」


赤羽根「林の向こう、微かに開けてるな、砂浜か…行ってみよう」


阿笠「…」


赤羽根「女優業はうまくいってるのか?」


阿笠「…え?」


赤羽根「雑談だよ。黙ってると息苦しくなるだろ?だから、ほら、何でもいいからさ」


阿笠「…テレビで見るでしょ。ドラマの主役にもなってるわよ。出番には困らないわ」


赤羽根「…そうか」


阿笠「あ、そういえば、美千香とは仲良くやってるの?」


赤羽根「…」ピシッ


阿笠「え?なに?」

阿笠「…もとは私の紹介だったし、ちょっと気になっただけなんだけど…どうしたの?」


赤羽根「前言撤回だ…一言も喋らず…黙って探そうぜ…」


阿笠「…はぁ?」





34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 20:39:38.84 ID:XFvDbenx0



一日目 昼 麻神島 桟橋 破壊されたクルーザー前


お手伝い「クルーザーの前でぼーっと突っ立って、どうしたんだい?」


ラン「…」


お手伝い「…炎が完全に消えた…もう燃料や可燃物は燃え尽きてしまったようだね」


ラン「ほっ」ピョン


お手伝い「!?」


ラン「…」ごそごそ


お手伝い「と、飛び乗ったら危ないよ!ラン君!!炎は確かに消えたけど、まだ…」


ラン「…これは?」すすっ… じゅっ

ラン「あちっ!?」バッ


お手伝い「言わんこっちゃない…早く戻り給え、看てあげるから」

お手伝い「それに、船底にも穴が開いてる様だ…じき沈んでしまう」


ラン「しばしまたれよ…(ちょっと待ってください…)」ごそごそ…

ラン「よっ」ぴょん


お手伝い「…何かわかったのかい?」


ラン「…」


お手伝い「お、教えてくれないの?」


ラン「…是を是とは断言できん(まだ…分からないことだらけですから…)」


お手伝い「寂しいな…」


ラン「…」

ラン「ならば…(じゃあ、途中までなら…)」





35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 20:43:26.82 ID:XFvDbenx0



ラン「標を此方へ(地図を持ってましたよね)」


お手伝い「う、うん…これだね」ピラッ
http://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira095835.jpg


ラン「この地はガイアの恩恵を受けてはいるが、外敵を遮断する城壁の性質も持っているわ(この島は、まんべんなく森が広がってはいますが、島の外周は殆どが崖だって灰原さんが言ってました)」

ラン「しかし船が爆ぜたあと、刻を待たずして戻った私達の前に鬼の姿はなかった…(そして、あの爆発が起こって、私達がこの桟橋に駆けつけた時には、すでに犯人の姿は無かった…)」


お手伝い「ふむ…」


ラン「当の鬼が直接手を下したならば、どんな術を使って消えたのだろうか?(爆弾を投げつけて殺したとしたら、犯人はどうやってここから私達に見つからずに逃げたんでしょうか?)」


お手伝い「爆発音に反応して、桟橋に駆けつけた時間は、10分も無い」

お手伝い「ここは一本道…クルーザーを破壊してすぐ海に飛び込んだ…としても、数分で泳げる距離なんてたかが知れてる…水しぶきで見つかるか…」


ラン「即ち、魔神鬼は遠方から導火線を点けて船長を葬った…(つまり、クルーザーが爆発した時、犯人は桟橋にいなかったということになりますよね)」


お手伝い「時限爆弾か…」


ラン「…」コクン


お手伝い「だけど…犯人は少なくとも、それを仕掛けるために、私達が本館に入った後、一度桟橋を訪れる必要がある」

お手伝い「桟橋に近づく人影に、船長さんは気付かなかったんだろうか…」

お手伝い「何かに夢中だった…のかな?」


ラン「…それよりも」


お手伝い「え?」


ラン「鬼の仕業というには余りにも俗に使って浸かってはいないか…と(麻神島の鬼を名乗ってるにしては、時限爆弾なんて、人間くさい手口だと思いませんか?)」

ラン「ある意味では自らの正体を明かすメッセージ…ともとれる(むしろ、自分は人間に過ぎないというような、犯人側のアピールの様にも思えるんです)」


お手伝い「ふむ…?しかし、アピールをする意味がどこにある?」


ラン「…」


お手伝い「ちなみに、さっき船で拾っていたそれ、何だい?」


ラン「この破片…何故か私の魂を引いて離さない(これですか?ちょっと気になっちゃって)」

ラン「この欠片を其れと定義できるなら、私に教えて欲しいのだけれど(なんだかわかります?この、光ってる破片みたいなもの…)」


お手伝い「うーん…何処かの国のメダルだろうか…?何かのマークが彫られているようだが…小さい破片だからよくわからないな」





36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 20:47:24.97 ID:XFvDbenx0



一日目 夕方 麻神島 本館 1F 広間


ガチャ


阿笠「…」

赤羽根「あれ、もう皆戻ってたのか」




灰原「誰かいたか?」


赤羽根「いや…」


阿笠「見なかったわ。砂浜も森もまんべんなく探したけど…」


明智「ああもう…どうなってんのよ…」


剣持「俺の言った方向には通信塔があったが、壊されていたよ。連絡させない為だろうな」


佐木「なんで誰も見つからないの…」


赤羽根「ホントにいるのか…?魔神鬼って奴は…」


灰原「いや…これだけ探してもいないってことは…だ」

灰原「もしかしたら、犯人は隠れてないで、堂々とこの本館にいるのかも知れないぜ?」


明智「は?どういうことよ?」



トン、トン、トン

お手伝い「ラン君、分かったよ、死亡推定時刻」

お手伝い「解剖できないから、正確にピタリとは言えないが、遺体の死後硬直や腐敗状況から考えるに、目暮さんは一昨日の昼頃に殺されている」

お手伝い「にしても、私が医者志望だって、よく気付いたね」


ラン「杖に縋る蛇の香りがしたのよ(なんとなくそういう雰囲気がしたんですよ。知識も豊富でしたし)」




灰原「…なるほど」


明智「…」


お手伝い「おや?どうしたんだい?皆してこっち見て」

ラン「…?」


赤羽根「灰原、よせ」


灰原「だが怪しい。俺らの中で一番得体が知れない人間だ」





37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 20:51:41.09 ID:XFvDbenx0



お手伝い「わ、私を疑っているのかっ…?」


ラン「…」


赤羽根「おい、灰原!だから、根拠もなしに言うなっつーの!」


灰原「…」

明智「…」


剣持「おい…やめろってば」

阿笠「今はいがみ合ってるときじゃないでしょ?」

佐木「そうだよぉ…」


お手伝い「確かにこの中では、ただ一人のはぐれ者…疑われるのも、無理もない…のかもしれないな」

お手伝い「気持ちは分かるが…それでも、信じてほしい…私はただバイトで雇われただけの大学生だ」

お手伝い「本館の掃除点検や、君たちの食事の用意を依頼されただけさ、危害を加えろと頼まれたわけじゃあない」

お手伝い「それは、目暮さんから送られてきたこの書類に書いてある」ピラッ


ラン「…?」

ラン「少し借りるぞ(ちょっと良く見せてください)」


灰原「その手紙、目暮さんが本当にあんたに渡したか証明できるのか?」


剣持「そこまで言い出したらキリねーだろが!!」


佐木「灰原くんっ!!」



赤羽根「…少なくともだ、現在この本館の中には、見るからに誰かを殺そうとしてる奴なんていないよ。安全だ」

赤羽根「みんな、腹減らないか?朝も昼も食ってないし、もう夕方だし」

赤羽根「作ってくれるんですよね?お手伝いさん」


お手伝い「…ああ」


ラン「力を貸そう。いらぬ疑惑は払っておかねばな(私も手伝います。その方が安心ですよね?灰原さん)」


ガチャ バタン


灰原「…」





38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 20:56:42.93 ID:XFvDbenx0



赤羽根「そろそろ日が落ちるな…灰原、剣持、俺らが交代で入口を見張ろう」


灰原「…やだね」


赤羽根「おい」


灰原「俺は、一足先にコテージで休ませてもらう」ゴソゴソ


剣持「腹減ってねーのかよっ」


灰原「一日なにも食わなくたって平気だよ」


赤羽根「…」

赤羽根「何を隠してる」


灰原「…」


赤羽根「思えばお前、島に向かった時から変に無口で、様子がおかしかった」


灰原「俺はいつもこんなだよ。何年も経てば人間、フツーに変わるもんだ」

灰原「また明日な」


ギィ… バタン





39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 21:01:21.51 ID:XFvDbenx0



一日目 夕方 麻神島 本館 1F キッチン


トントン… ジュー… グツグツ…


ラン「…」


お手伝い「ラン君、食糧庫がそんなに珍しいかい?」


ラン「ただの些事よ(あ…い、いえ)」バタン


お手伝い「…君も、私を疑ってるのかな?」


ラン「未だ皆目見当がつかないわ(まだわかりません)」


お手伝い「…」


ラン「しかし貴女は業を背負うような強面でもないわね(でも、殺人鬼には全然見えませんよ。素敵な顔してますからね)」


お手伝い「…ふっ、容姿を言うなら、君もなかなかの美貌だよ」


ラン「へっ?」


お手伝い「あと5年もすれば、君に堕とされない男はそうそう居なくなるんじゃないかなぁ」

お手伝い「君ならモノにできるよ。自身を持つと良い…おっと、醤油を取ってくれ」


ラン「??」




ラン「…供物は全て炙っているのだな?(火を通した料理ばかりですね?)」


お手伝い「灰原君の言ってた定期船の話だと、ここに保管されている食材は、少なくとも四日は経っているからね」

お手伝い「念には念をさ。もしお腹でも壊されたら、相手にも私の立場的にもよろしくないし」


ラン「…」





41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 21:06:37.23 ID:XFvDbenx0



一日目 夕方 麻神島 本館 1F リビング


お手伝い「出来上がったよ」

ラン「肝心の奴が見当たらない様だが(あれ?灰原さんは?)」


明智「あんたらがキッチンに入ってから直ぐに、置いてた荷物持って、コテージに行っちゃった」

明智「一日食べなくても死にはしないって…ま、私は半信半疑だけどさ」


ラン「奴め…(あの人…っ)」


お手伝い「いいさ、無理に食べさせるわけにもいかないし、本人の好きにさせておこうよ」


赤羽根「お、いい匂いだな!」


剣持「待ってました!」


佐木「アタシたちも食べよっか」


阿笠「うん」


お手伝い「では…余った灰原君の分はどうするか…」


ラン「私!!」バッ


お手伝い「…どうぞ」





42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 21:09:30.92 ID:XFvDbenx0



一日目 夕方 麻神島 来客用コテージ(灰原)前


灰原「くそ…馬鹿じゃねーのか、あいつら…」


灰原「あの女に毒でも盛られたら、ひとたまりもねーんだぞっ」



ガチャガチャ カチッ



灰原「閉じこもるに限る…こういう時は…」


ガチャ ギィ…


灰原「ん…?」








43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 21:10:57.81 ID:XFvDbenx0



一日目 夜 麻神島 本館 1F リビング


赤羽根「ふー…食った食った」


ラン「けぷ…っ」


お手伝い「君たちも、このあと直ぐにコテージに移動するのかい?」


阿笠「いや、私達は…」


佐木「灰原と違って、館のそとに犯人が隠れてるんじゃないかって思ってるからさー…ちょっと怖くて」


剣持「それに、俺達数年ぶりに集まったんだしさ」


明智「一人抜けちゃったけど、皆でお互いに近況でも話して夜を過ごしたいんだ」


佐木「お手伝いさんもさっ、何か話そ?」


お手伝い「…ふふっ」

お手伝い「…そうだね、外敵を警戒してばかりでは、身が持たないのも事実だし…」

お手伝い「せっかくのお誘いだ。お言葉に甘えることにするよ」





44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 21:14:19.69 ID:XFvDbenx0



一日目 夜 麻神島 本館 1F リビング


佐木「…似てないなぁ、やっぱり」


赤羽根「…」だらだら


ラン「…」あせあせ



佐木「阿笠さ、赤羽根君から聞いたことあった?こんな可愛いイトコいるって」


阿笠「多分、一番最近、赤羽根君に会ったのって私だと思うけど、全然…?」

阿笠「それより…」ズイッ


ラン「…な、なに?」



赤羽根「別に隠してたわけじゃ…」

赤羽根「い、言う必要のない事だと思ったからさ…」


お手伝い「へぇ?そうなんだ。てっきり家族内とかで公認の仲なんだと…」


赤羽根「何言ってるんですか!?お手伝いさん!別にそんなんじゃ無いですって!」

赤羽根「…第一俺には…」



阿笠「ねぇ、ランちゃん、芸能界に興味ある?貴女なら速攻でシンデレラよ」


ラン「?」


赤羽根「阿笠も何言ってんの!?」





45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 21:17:49.14 ID:XFvDbenx0



一日目 夜 麻神島 本館 1F リビング


ワイワイ…


剣持「ちょっと外でタバコ吸ってくるわ」


赤羽根「お、おい待て待て!もう外真っ暗だぞ!危険だ!」


剣持「大丈夫だっつーの、中で吸うわけにもいかないし、ちょっとだけ外行くだけだから…」


赤羽根「だ、だがな…」


阿笠「いいじゃん、なんか、暗くなっても何も襲ってこないから拍子抜けしちゃった」


赤羽根「そう思ってる時が一番危ないんだよっ」


佐木「じゃあさ、30分以内に絶対戻ってくるようにするってのはどう?」

佐木「もし30分経っても戻ってこなかったら、一大事ってことで、皆で探しに行くって感じで」


赤羽根「…」

赤羽根「わかった、行っていい」

赤羽根「だが30分は長すぎる。15分で帰ってこい」


剣持「決まりだな。じゃ、お先に」


ギィ バタン


赤羽根「…」





46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 21:20:51.18 ID:XFvDbenx0



佐木「とゆことでさ、アタシも後で外の空気吸ってきたいんだけど」


阿笠「喋り疲れちゃった?」


佐木「近況報告の一番バッター私だったじゃん」

佐木「ただのOL仕事だっつーに、なんで根掘り葉掘り聞かれるかなー」


阿笠「だってさ、変化に一番びっくりしたんだもん…会うの高校以来だから、てっきり…」


佐木「金持ちのままだと思ったんだ?」


阿笠「そりゃあ…ねぇ?」

阿笠「いいひととか居ないの?」


佐木「いなーい」


阿笠「いい人と言えば…なんか怪しい反応の奴もいるけど…」チラ


赤羽根「やめろって、馬鹿」あせあせ


佐木「…明智君の近況も聞きたかったけどなー」


阿笠「あいつ出発した時から、ほとんど私達と会話して無くない?考え込んじゃってるっていうか…明智、何かしらない?」


明智「…」


ラン「…?」


お手伝い「私としては、ラン君の話がまだ気になるなぁ」


ラン「えっ」


お手伝い「赤羽君との関係…本当に、ただのいとこ、なのかな?」じーっ


ラン「えぇーっと…?」だらだら


赤羽根(めんどくさいこと言ったら一生プリン買ってやんね)


ラン(わ、わ、わかっているっ!)





47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 21:24:33.13 ID:XFvDbenx0


一日目 夜 麻神島 本館 1F 広間


お手伝い「はい、これが君たちの寝泊まりするコテージの鍵だ。名前のタグがつけてあるだろう?」


赤羽根「これ…お手伝いさんが付けたものですか?」


お手伝い「いや?タグは初めて開けたときから付けられていたよ?」

お手伝い「既にひとつ灰原君が持って行ってしまったが、本来は私が全員の鍵を渡すように指示されていたんだ」


赤羽根「コテージの数は6つ…か…」

赤羽根「ちなみにお手伝いさんは?」


お手伝い「私はこの本館備え付けの私室で寝るよ」

お手伝い「二階に死体のある家だから、安眠は期待できないだろうけど、コテージに空きがあるわけでもないしね」


赤羽根「…とんだ小旅行ですね」


お手伝い「はは、違いない」

お手伝い「ここの戸締りはしっかりしておくから、君たちも、くれぐれも気を付けて」


赤羽根「はい、あなたも気を付けてください」


剣持「えーっと…つーか、コテージってどっちだ?館の周り、木ばっかで何も見えねーぞ?」


お手伝い「待ってくれ…地図によると…玄関を出て左手の道だ。あの道の先だよ」

お手伝い「…そうだ、ラン君、ちょっと」ちょいちょい


ラン「?」


お手伝い(こんな事態だが、それでも君は、今夜、赤羽根君と一緒のコテージになる)

お手伝い(仲がぐっと進展するかもしれないね。応援しているよ)


ラン「???」





48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 21:28:29.82 ID:XFvDbenx0



一日目 夜 麻神島 来客用コテージ(赤羽根・ラン)内


ラン(コテージ内に仕掛けらしきものは無し…でも…)

ラン(犯人に用意された部屋割りって…なんか気持ち悪いなぁ…)

ラン「むー…心がざわつく…(みなさん、大丈夫ですかね…)」


赤羽根「一応、皆のコテージの戸締りチェックもしておいたから、大丈夫だと思うけど…」

赤羽根「つーか、なんか俺達お手伝いさんに勘違いされてないか?」

赤羽根「俺達を見る目が温かいっつーか…例の如く一緒の部屋だし…」


ラン「さ…さあ?」

ラン「明日に備え、肢体を清めることにしよう(とりあえず、お風呂、お先に使いますねー)」


赤羽根「お、おう…」


ジャーッ バチャバチャ…


赤羽根「…」

赤羽根(お、俺もなんか落ち着かねー…)



ラン「相棒よ、禊の外套は使うかしら?(バスローブが一着しかないですけど、赤羽根さん、着ます?)」


赤羽根「…着ない」


ラン「では、私が…」


赤羽根「お前も着るな!尚更俺が落ち着かなくなるだろ!」


ラン「う!?わ、わかった…」





49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 21:35:43.96 ID:XFvDbenx0



一日目 深夜 麻神島 来客用コテージ(赤羽根・ラン)内


ザァァァァッ…


ラン「雨…」


赤羽根「好都合だな…地面がぬかるむ程降ってくれれば、犯人がコテージに近づく水音が聞ける」


ラン「コテージの周りは煉瓦だけど」


赤羽根「…れ、レンガでもたくさん降れば、びちゃびちゃ言うだろっ」

赤羽根「一旦、状況を整理するか」


ラン「…む」


赤羽根「俺達がこの島に上陸して最初に発見したのが、本館の二階で首を吊るされた、死後二日経過した目暮さんだ」

赤羽根「つまり、魔神鬼を名乗る犯人がこの島に上陸したのは一昨日で、周到な準備をして俺達を待ち構えていた、ということになる」


ラン「…」


赤羽根「館長室を現場検証している最中に爆発音、クルーザーに乗っていた船長さんが船ごと粉々になってしまった」

赤羽根「その結果、この島に閉じ込められた俺達は、この事態を引き起こした魔神鬼とやらをとっちめるために島中を探したが、見つからず終いだった」

赤羽根「相手の姿も目的も何も分からず…今日が終わろうとしている」


ラン「…」


赤羽根「…お前はどう思う?魔神鬼は、この後も誰かを殺そうとしているんだろうか…」



ラン「魔神鬼は些事に至るまで全ての因果律を支配している様ね(魔神鬼と名乗る何者かが、綿密に計画を練りこんでいることだけは確かです)」

ラン「従者に宛てし書簡は麻神の爪先に至るまでの詳細な情報だった(彼女の手紙には、食糧庫の中身や本館の間取りなど、不必要なほど細かく書かれていました)」

ラン「そこまでの情報は書くより見せる方が容易い事の筈(電気コンロの使い方とか、あの手の細かいことは普通、現地に行ってから、雇い主に説明してもらうものです)」


赤羽根「なぜそこまで細かくやり方を書いたのか…」


ラン「主の絶命を前提に置いた便りであったからよ(手紙を送った人は、説明するはずの目暮さんが死んでいると知っていたからです)」


赤羽根「…」


ラン「鍵の名札も、おそらくこれから行う戯れの布石であろうな(手紙の中で目暮さんたちを殺した後の事…例えば、部屋割りも決めているということは、今後も何かをするつもりだとは思いますが…)」

ラン「残りの真実は闇に飲まれたまま…(でも、あとはわからない謎だらけです)」


赤羽根「というと、なんだ?」





50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 21:44:59.46 ID:XFvDbenx0



ラン「相棒の言う通り、魔神鬼は彼の地にて私達を待ち伏せしたとするわね(赤羽根さんの言う通り、犯人は前もってこの島に上陸し、周到な準備をして私達を待ち構えていたと仮定しますね)」


ラン「すると、複数のパラドクスが発生する(そうすると、幾つも矛盾が出てくるんです)」

ラン「一つ、魔神鬼は主を喰らい、箱舟をどこに仕舞い込んだか(まず、犯人は一昨日、目暮さんを殺した後、何処にボートを隠したのか…)」

ラン「この地は箱舟なしには人魚の類でなければ到達不可能…(一昨日は木曜日…定期船は出てませんから、移動手段は自前のはず…)」

ラン「一つ、魔神鬼は何を糧にしているのか(もう一つ、犯人は私達が来るまでの二日間、何を食べていたのか)」


赤羽根「モーター付きのゴムボートだとしたら、携帯は可能だぞ?」

赤羽根「ただ今度は、それをどこに隠したかが問題にはなるけど…」

赤羽根「何を食べていたかってどういうことだ?」


ラン「どうやら魔神鬼は人間の食料に興味がないみたい(料理していた時に食糧庫の中を覗いてみたんですけど、あまり減ってないんです)」

ラン「今日までに散らかした食べ物の行方は一つだけ…(キッチンのごみ箱の中から考えるに、使われた食料は大人一人の二日分…)」

ラン「つまり、憐れな犠牲者の胃袋の中だけだったの(それは、火曜の食料の補充から目暮さんが殺されるまでに食べたであろう二日分だと思います)」


赤羽根「…確かに変だな…森には食えそうな実なんてなってなかったし」


ラン「一つ、魔神鬼は何故私達を召し寄せたのか(そして、なぜ私達とお手伝いさんが呼ばれたのか)」

ラン「そして何故宣言を覆したか(何故船長を、犯行文通りに殺さなかったのか)」


赤羽根「へ?」


ラン「あのエンゲイジは不完全なものだったわ(思い出してください、あの犯行文)」


二つの首は 我が手によって括られ 地獄の門前に


ラン「確かに魔神鬼は一つの宣告を完成させた…(目暮さんは、確かに首を括られていました。恐らくこれが一つ目の首です)」

ラン「しかし、二つ目の宣告は、そもそも再現を放棄している(でも、二つ目であろう船長さんの首は括るどころか爆弾で粉々にしてしまっているんです)」

ラン「その粗いやり口が、どこか気に食わないの(何故犯人はそんな殺し方をしたんでしょうか…)」


赤羽根「…船長だけは爆弾で殺さざるを得なかった…とか?」


ラン「…」

ラン(赤羽根さんの前で言いたくないけど、もう一つ気にかかるのが…既に怪しい行動を取っている人物が…少なくとも二人いること…)





51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 21:51:40.59 ID:XFvDbenx0



二日目 早朝 麻神島 来客用コテージ(赤羽根・ラン)内



ラン「ん…」

ラン(朝日…昨日の雨は…すぐ止んだみたい…)

ラン(…)チラッ




赤羽根「…」すぅ…すぅ…


ラン(…赤羽根さん…やっぱり疲れが溜まってたんですね) す… なで…

ラン(ソファの上じゃ疲れなんてとれないだろうに…)なでなで…


赤羽根「…」


ラン(そういえば、お手伝いさんが言ってたことって、どういう意味だったんだろう…)

ラン(君ならモノにできる…応援しているよ…仲がぐっと進展…)

ラン(私が、意外とおませさん…?)


ラン(…)


ラン(!?)カァッ

ラン「な…なっ!?」


赤羽根「うーん…」ごろん


ラン「ひゃあ!?」ドキッ


赤羽根「…?」パチッ


ラン「…わ…煩わしい、太陽…ね」


赤羽根「うぉああ!?」ババッ


ラン「みゃあ!?」バタバタ



ドンドン!


お手伝い「もう起きてるかい!?ちょっと開けてくれないかなっ」



ラン「ぴにゃああっ!?」ドッキーン





52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 21:54:32.08 ID:XFvDbenx0



二日目 早朝 麻神島 来客用コテージ(赤羽根・ラン)内


ラン「…」


赤羽根「…」


お手伝い「えっと…何かあったのかい?」



赤羽根「…なんでもないです、というか…」

赤羽根「お手伝いさんは何でここに?」


お手伝い「あっ、そうだった!」

お手伝い「見てくれ!本館の玄関にこれが!」


赤羽根・ラン「!?」





53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 21:56:29.98 ID:XFvDbenx0







また一人 地獄の門前に 魔神鬼







ラン「犯行文!?」


赤羽根「まさか、みんな…!」ダッ





55: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 22:01:44.32 ID:XFvDbenx0



二日目 早朝 麻神島 来客用コテージ


赤羽根「剣持!開けろ!」


剣持「おい、どうしたんだ?」


赤羽根「何ともないか…剣持、お手伝いさんのところにこんなものが…」


剣持「なんだ…こりゃあ!?」




ラン「…」キョロキョロ


ラン(また一人 地獄の門前に…つまり…)


ラン(誰かが…死んだ…?)




二日目 早朝 麻神島 来客用コテージ(阿笠)前


赤羽根「阿笠!阿笠!開けろ!!」ドンドン


ガチャ

阿笠「何よ!うるっさいわね!」


赤羽根「ぶ…無事か…」




二日目 朝 麻神島 来客用コテージ(佐木)前


お手伝い「佐木君!」ドンドン!


ラン「姿を見せなさい!(開けてください!)」


ガチャ

佐木「え?え?なに?」


ラン「よかった…」ホッ


お手伝い「阿笠、明智、佐木、剣持、後は…」



剣持「大変だ、みんな!灰原が全然返事しねぇから、ぶち破って中入ったら…!!」





56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 22:05:28.63 ID:XFvDbenx0



二日目 早朝 麻神島 来客用コテージ(灰原)内


赤羽根「…」


ラン「相棒よ!(赤羽根さん!)」


お手伝い「灰原君の身に何が!?」


赤羽根「入っちゃ駄目だ!」


ラン「っ!!」


お手伝い「え…あっ!?」















灰原「」





57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 22:09:45.57 ID:XFvDbenx0



二日目 06:49 現在


 A 赤羽根刑事

 B ラン

 C 阿笠 博子(女優)

 D 灰原 優(記者)←DEAD

 E 剣持 修(運送業者)

 F 明智 健美(フリーター)

 G 佐木 竜香(OL)

 H オーナー・目暮←DEAD

 I お手伝い・東郷

 J 船長・白鳥←DEAD





60: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 23:12:37.19 ID:XFvDbenx0



二日目 朝 麻神島 本館 1F 広間


ラン「…」


赤羽根「灰原…」


お手伝い「まず、現場の状況から見て、灰原君はコテージの中で絞殺されたと考えるのが妥当だ」

お手伝い「お風呂上がりを狙われたのだろう…灰原君はバスローブを着ていて、体も綺麗だった」

お手伝い「手口は目暮さんの時と同じ…ただ気にかかるのは、部屋が施錠されていて、密室だったことだ」


剣持「コテージに鍵がかかってたんなら、どうやって灰原を殺したんだよ!?」


阿笠「やっぱり…鬼の…仕業…!?」


お手伝い「死亡推定時刻は発見当時から9時間ほど前…昨夜9時から10時の間といったところか」


阿笠「その時間って…」


佐木「私達が、本館のリビングで話をしていた時間だよね?」


剣持「つ、つまり?どういうこった?」


明智「…」


赤羽根「…みんな、お手伝いさんが持ってた、この地図を見てくれ」

赤羽根「この本館からコテージまでは、昨晩、歩いて片道40分はかかっていた…走ったとしても20分は以上使う道のりだ」

赤羽根「つまり往復するだけでも40分超…だが、俺達は、タバコとか、外の空気を吸うとかで少しの間館を出ることはあっても…」

赤羽根「長くても15分程で、皆は館に戻ってきた…つまり俺たち全員にアリバイがあり、灰原を殺すことは出来ないってことだ」


ラン「…」


剣持「やっぱり、誰かいるんだよ…この島には…俺達の他に…!」


佐木「…っ」


阿笠「…」


明智「一人だけいるじゃない。アリバイに関係なく灰原を殺せる人間が」



一同「!?」






61: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 23:17:49.64 ID:XFvDbenx0



明智「もし…この死亡推定時刻が間違っているとしたら?…いえ」

明智「わざと偽の時間を言っているんだとしたら?」


赤羽根「!?」


お手伝い「なっ!?」




明智「あんたがやったんじゃないの?」


剣持「…そうか!まさかあんた、自分に都合のいい時間をでっち上げて、アリバイを作ったのか!?」


お手伝い「冗談じゃない!!なぜ私がそんなことをしなきゃいけないんだ!!」

お手伝い「しかもあのコテージは鍵がかかっていて、灰原君以外中には入れないんだぞっ!?」


明智「こっそりスペアキーでも隠し持っているとか?」


お手伝い「出鱈目を言うなっ!!」




ラン「待て、その解法はパラドクスを孕んでいる(待ってください、その推理は矛盾していますよ)」


明智「…」


佐木「ランちゃん…?」


ラン「従者が偽っていると仮定するならば、更に他者を陥れるシナリオを考えるはず(お手伝いさんが嘘の鑑定をしたんだとしたら、どうして全員にアリバイのある時間を証言したんですか?)」

ラン「何故彼女が全員の潔白を証明したか答えられるか?(他の誰かに容疑をかけるつもりなら、もっと都合のいい時間を言っているはずです)」


阿笠「…言われてみれば…そうだけど…」


ラン「私達が檻の中にいることは変えようのない真実…(どちらにせよあと二日…私達は、この島から出ることは出来ない)」

ラン「冥界からの脱出は、孤人の力では到底敵わないものなのよ(私達が仲間割れしてしまったら、それこそ犯人の思うつぼですよ)」




一同「…」





62: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 23:23:26.72 ID:XFvDbenx0



二日目 昼 麻神島 来客用コテージ(灰原)内


赤羽根「荒らされた形跡はない様だ」

赤羽根「ま、玄関はぶっ壊しちまったから荒れ放題だが…」

赤羽根「それにしても、何故だ…何故なんだ…!」


ラン「禊の外套を纏っていたのは何故?(何故灰原さんはバスローブを着ていたんだろう…?)」


赤羽根「そこかよ!!」


ラン「ふぇ?」


赤羽根「違う違う!そんなことより気に掛けることがあるだろ!?」


ラン「?」


赤羽根「密室だよ密室!」

赤羽根「灰原のコテージは、鍵がかかっていたんだぞ?鍵は部屋の中だ!」

赤羽根「どうやって犯人は密室を完成させたんだよ!?」


ラン「そんな事、容易い。中の者に招かれる必要はあるが。(そんなの、中にいる灰原さんに玄関を開けてさえもらえれば、簡単に作れますよ?)」


赤羽根「…え」





63: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 23:27:48.22 ID:XFvDbenx0



ラン「見よ、この籠は錠をかける行動に人の手を必須としない(見てください、このコテージの玄関、内鍵は古いレバー式です。レバーを下げれば閉まります)」

ラン「加えて下方に少しばかりの隙間、ならば答は明白(扉の下には、わずかに隙間がありますよね?)」

ラン「まず魔神鬼は彼の者に招かれた後、背後から喰らいつき…冥府に堕とした(犯人は、何か理由をつけて、灰原さんに中に入れてもらい、中で絞殺した後…)」


スルッ


ラン「その後、簡易的な操糸術をゲートに残し、ここから出る(内鍵のレバーにこんな感じの簡単な釣り糸か何かをひっかけておいて、外に回して、ドアを閉めます)」


バタン


ラン「最後に是を手繰れば(あとはこの糸を引っ張れば…)」
http://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira095867.jpg


クイッ ギシッ…


ラン「ね?」


赤羽根「…おおぅ」


ラン「操糸は誰にでも可能だ。条件があるとするならば…(密室を作ることは誰にでもできます。ただ、このトリックを使うためには…)」


赤羽根「まず灰原に、コテージの中に入れてもらう必要がある…犯人は顔見知り…てことか」

赤羽根「だが…死亡推定時刻には、俺達全員にアリバイがある…」


ラン「従者が嘯いていなければ…だが(彼女が嘘の鑑定をしていなければ…ですけど)」





64: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 23:32:26.87 ID:XFvDbenx0



ラン「…」キョロキョロ


赤羽根「バスルームは湿っているな…当然か…昨夜使ったんだから」


ラン「…」ごそごそ


赤羽根「荷物がどうかしたか?貴重品類は盗まれてなかったが…」


ラン「封印されし眼の結晶…(コンタクトレンズ…中身が入ってる…)」


赤羽根「そりゃあ風呂入る時くらい外すだろ」


ラン「相棒は是を知っていたのか?(赤羽根さんはコンタクトのことを知ってたんですか?)」


赤羽根「俺達が高校生だった時にこいつは眼鏡からコンタクトに変えたんだ。だから覚えてる」


ラン「…周知の事実だった…と(あのメンバーたちはみんな知ってるんですね)」


赤羽根「ああ…それがどうかしたか?」


ラン「…相棒よ、昨日禊の外套に見向きもしなかったのは何故?(赤羽根さん、昨日、なんでバスローブを着なかったんですか?)」


赤羽根「はぁ?…そりゃ…お前の目の前でする格好じゃないと思ったから…」


ラン「…」


赤羽根「それに、何も携帯できないから、丸腰になるだろ?いざ何かあった時に困る」


ラン「ならば彼はすすんで成す術を捨てたというのか?(じゃあ、灰原さんは何故丸腰になったんでしょう?)」

ラン「視界も縛るということは、腹を見せるも同義の愚行よ(しかも、コンタクトまで外した状態で他人を部屋に入れています)」

ラン「彼は、危機を察知する能力はむしろ長けていた筈…(灰原さんはお手伝いさんの作った料理を食べずにおくほどに強い警戒心を持っていたはずですよね)」


赤羽根「…確かに変だな」


ラン(なんだろう…この違和感…)





66: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 23:39:31.51 ID:XFvDbenx0



二日目 昼 麻神島 来客用コテージ(明智)内


明智「…で、話って何よ、探偵気取りのお嬢ちゃん」


ラン「答えよ、貴女は麻神の主を知っていたはず(教えてくれませんか?灰原さんだけじゃなく、あなたも、目暮さんと面識があった筈です)」

ラン「貴女は刑死者を確かめる前に口を滑らせたわ…(昨日、死体を発見した時、灰原さんにあの死体が目暮さんだと確認する前に…)」

ラン「それは、麻神の主の名だった…(あなたは目暮さんの名前を言いかけました)」


明智「…」


ラン「私達が魔神鬼を炙り出そうと方々に散った時も…(そして、私達が手分けして犯人を探し始めたとき、あなたと灰原さんは…)」

ラン「何故か貴女は二人連れで館に潜む鬼を探すと言い出した(狭い本館の中を、二時間かけて、二人がかりで探すと言い始めた…)」

ラン「館は狭い。鬼探しならば猫一匹に任せても足るほどなのに(あの館の中は、それほど広くない…ものの10分もあれば、一人で全部の部屋を確認できます)」

ラン「つまり、貴女の目的は鬼でも鼠でもない何かだった、そうであろう?(あなたと灰原さんは、島の中にいる犯人を探すよりも先に、本館の中でやるべきことがあった…違いますか?)」


明智「…」


ラン「答えよ…貴女達は何者だ?犠牲者たちは同胞なのだろう?(教えてください。あなたと殺された3人は…一体どういう関係なんですか?)」

ラン「魔神鬼とは?狙われる因果は?何でもいいから答えよっ!!(島に潜む魔神鬼について、命を狙われる理由について、なにか心当たりはないんですか!?)」


明智「…私が言えることは、たった一つよ」


ラン「…」


明智「さっき貴女は私の推理に矛盾があるといったけど、私はそうは思わない」

明智「常に合理的に動ける人間なんて、そういないわ。でしょう?」


ラン「…」


明智「間違いなくあのお手伝いさんが犯人。だから赤羽根君に言って、直ぐに逮捕して」


ラン「…」


明智「私が…あの女に殺される前に…早く…!」


ラン「…」





68: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 23:49:50.82 ID:XFvDbenx0



二日目 昼 麻神島 本館前


ラン「…」

ラン(目暮さん…灰原さん…明智さん…それに、船長さん…)

ラン(この人たちを繋ぐ一本の線…いったい…)



タッタッタッ…ザザッ!

赤羽根「ハァ…ハァ…何分だ?」


ラン「…」ボーッ


赤羽根「おい!ラン!」


ラン「え…?あっ!!」ピッ

ラン「え、えっと…」


赤羽根「走ればコテージまで往復で38分42秒…結構縮まったな…」ゼーハー


ラン「完全開放状態ならばな…(全力疾走したら、ですけど…)」

ラン「不可能か…手を汚すことなど以ての外(それに、ここから犯行時間も足さないといけません。本館からでは到底無理ですね)」


赤羽根「当然だ…人間には無理だ…こんなん…」ハーハー

赤羽根「分かりきってたことだが、これで、完全な証明になった…だろっ?」


ラン「…」


赤羽根「すっげ疲れた…ちょっと本館で休ませてもらうよ」


ラン(到底無理…か…)

ラン(みんな…犯人の正体がわからないまま…漠然と敵の姿を想像している…鬼か人間か…内部か外部か…)

ラン(これも犯人の狙い…なのかな?)

ラン(うーん…)





69: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 23:56:25.84 ID:XFvDbenx0



二日目 昼 麻神島 本館 2F 館長室内


ラン「…」


ラン(本館は、部屋数自体は少ない)


ラン(1Fは、お手伝いさん用の私室、リビング、キッチン、食糧庫)


ラン(2Fは館長室と、奥の寝室だけ…)


ラン(灰原さんと明智さんは、本館の中で何をしていたのか…)


ラン(一番怪しいのは、ここ…館長室か、館長の寝室)


ラン(目的は…単純に考えれば…外への連絡…だけど…)


ラン「…」キョロキョロ


ラン(床には…ところどころに、家具を引きずって、元に戻した跡…あの二人が何か探していた証拠)


ラン(何も入ってない額縁も、最初から気になってて怪しいと思うんだけど…こっちに手を付けた跡は無い…)


ラン(うぅーっ…ていうか、もし何かを持ち去っているんだとしたら…確認する方法は無いなぁ…)


ラン「…」


ラン(通信機…少しいじった跡がある…)


ラン(そういえば…)





70: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 23:59:40.25 ID:XFvDbenx0



二日目 夕方 麻神島 通信塔前


ラン「ここか…」


ラン(本館の通信機と接続されて、電波を送受信していたのはここ…)


ラン(確かに、剣持さんの言う通り、斧か鉈の様なもので電線がズタズタにされている…)


ラン(犯人の痕跡になる様なものが見つかれば…)キョロキョロ


ラン(…あれ?)


ラン(電線や計器類の他に、ズタズタにされている場所がある)


ラン(…何かの紋章…?)


ラン(もしかしたら、クルーザーの中で見つけた破片は…)


ラン「…?どこしまったっけ…」ごそごそ




??「危ないよ」


ラン「!?」ビクッ





お手伝い「島のどこかに犯人が潜んでいるんだ」

お手伝い「もし私が犯人だったら…やられていたぞ」


ラン「…」


お手伝い「皆と離れたところで孤立するな、自殺行為だ。赤羽根君も心配している」




ラン「…ご、ごめんなさい」

ラン(とりあえず、傷だらけの紋章は覚えておいて…)キィィン…





71: >>1です 2015/12/06(日) 00:03:10.16 ID:umwD8Jij0



二日目 夕方 麻神島 本館へ続く道


お手伝い「すまないな、私は勘違いをしていた様だ」


ラン「?」


お手伝い「てっきり君が赤羽根君に恋慕しているものだと」


ラン「お、愚か者めっ!(な、なにを言ってるんですかっ)」


お手伝い「ごめんごめん…なんだか赤羽根君は…こう…」

お手伝い「君みたいに一回り若い女性を何人も侍らせているイメージがあるというか…」

お手伝い「そんな気がして、つい…」


ラン「ぶーっ…」むすっ


お手伝い「それにしても、まいったなぁ…」


ラン「へ?」


お手伝い「流石に表に出すことはしてないが、今朝の明智君の言葉で、皆私を疑ってる」

お手伝い「当の明智君も、自分のコテージから一歩も出ようとしない…」

お手伝い「まるで私は、疑われるために招かれたかの様だ」


ラン「…」


お手伝い「こんなことなら引き受けなければ良かったよ…こんな仕事」


ラン「…」





72: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/06(日) 00:06:39.52 ID:umwD8Jij0




二日目 深夜 麻神島 本館 お手伝いの私室



お手伝い「…はぁ」


お手伝い「疑惑の視線を受け続けるって…存外疲れるものなんだな…」







ガタッ



お手伝い「誰だ!?」バッ



お手伝い(…部屋の外からか?こんな夜中に?)



お手伝い「…まさか…犯人!?」





73: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/06(日) 00:09:09.04 ID:umwD8Jij0




二日目 深夜 麻神島 本館 リビング



お手伝い「…」


お手伝い「いない…」


お手伝い(ただの…風が窓を叩いた音だったのか…?)






??「…」ヒュッ

ゴッ!



お手伝い「ぐっ…」ガクン



ドシャッ…



??「…」






74: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/06(日) 00:12:07.48 ID:umwD8Jij0



三日目 朝 麻神島 来客用コテージ(赤羽根・ラン)内


赤羽根「ラン!おい、ラン!起きろ!!」


ラン「うみゅ~?」


赤羽根「コテージの玄関にこれが挟まっていたんだ!」


ラン「…?」ボーッ




地獄の門前にもう一人 魔神鬼




ラン「…!!」

ラン「明智さん!!」ダッ


赤羽根「あ、明智?なんで分かるんだ!?」


ラン「説明している暇は無い!!(いいから早く!!)」





75: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/06(日) 00:15:58.05 ID:umwD8Jij0



三日目 朝 麻神島 来客用コテージ(明智)前


赤羽根「明智!!明智!!開けろ!!」ドンドン


剣持「どうした!?」


佐木「なにがあったの!?」


阿笠「もしかして、また…!?」


ガチャガチャ!


赤羽根「くそ…まただ…鍵がかかっている…」


ラン「返事をせよっ!(明智さん!!)」




剣持「ぶち破るしかねぇっ!!赤羽根!手伝え!!」


赤羽根「お、おう!」



ドンッ!ドンッ!バキバキッ!!





76: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/06(日) 00:19:09.48 ID:umwD8Jij0



三日目 朝 麻神島 来客用コテージ(明智)内




赤羽根「明智…っ!?」
http://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira095873.jpg


お手伝い「あ…ぁ…」ブルブル



赤羽根「お手伝いさん!?手に何を持って…」

赤羽根(血まみれのナイフ!?)


佐木「きゃああっ!?」


阿笠「あ、明智さんっ!?」


赤羽根「え…なっ!?」


赤羽根(皆の視線の先…部屋の奥には、血を流した明智が横たわっていた…)


ラン「…」





77: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/06(日) 00:21:18.39 ID:umwD8Jij0



三日目 07:02 現在


 A 赤羽根刑事

 B ラン

 C 阿笠 博子(女優)

 D 灰原 優(記者)←DEAD

 E 剣持 修(運送業者)

 F 明智 健美(フリーター)←DEAD

 G 佐木 竜香(OL)

 H オーナー・目暮←DEAD

 I お手伝い・東郷

 J 船長・白鳥←DEAD





78: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/06(日) 00:24:44.33 ID:umwD8Jij0



三日目 朝 麻神島 来客用コテージ(明智)内


カランッ


お手伝い「ち…違う!私じゃない!!」


赤羽根「…」


ラン「…」


お手伝い「わ、私は、本館で…誰かに後ろから殴られて、気絶させられた!」

お手伝い「目が覚めた時には、彼女はもう死んでいたんだっ!!」


剣持「そんな話信じられるかっ!握ってたナイフはなんなんだよ!」

剣持「疑いをもたれたから、カッとなって殺したんじゃないのか!?」

剣持「灰原殺しの時も、やっぱりお前は犯行時刻を誤魔化していたんだなっ!?」


お手伝い「信じてくれっ!これだって、気が付いた時には握らされていたんだっ!」

お手伝い「何故私がこんなことをしなければならない!私には君たちを殺す理由なんてない!!」


佐木「…」


阿笠「…」


お手伝い「…みんな」





79: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/06(日) 00:27:29.07 ID:umwD8Jij0



赤羽根「…」スタスタ

赤羽根「手錠は無いから、紐で縛らせてもらう」


ラン「相棒よっ!?(赤羽根さん!?)」


赤羽根「…灰原殺しの密室の謎は、既にランが解いている」


ラン「…っ」


赤羽根「そして、その灰原を殺しに行った時間を誤魔化せる人間は、君しかいない」

赤羽根「…この状況だと、俺にはこうすることしか出来ないんだ…すまない」


ラン「そんな…」


お手伝い「…」





80: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/06(日) 00:30:28.78 ID:umwD8Jij0



三日目 朝 麻神島 本館 1F お手伝いの私室


赤羽根「明日は…灰原の言っていた連絡船が来る日だ」


ラン「…」


お手伝い「…」


赤羽根「それまで、君を見張らせてもらうよ」


お手伝い「本土に帰ったら…私は…これからどうなるのだろうか…」


赤羽根「…わからない」




お手伝い「…私は、名前も知らない何者かに…はした金で自分の人生を売ってしまったんだね…」

お手伝い「馬鹿なことをしたものだ…」


赤羽根「…」





81: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/06(日) 00:34:02.59 ID:umwD8Jij0



ラン「我が相棒よ(赤羽根さん)」


赤羽根「…なんだ?」


ラン「魔神鬼の尖爪から、従者を守ってもらいたい(明日、連絡が来るまで、お手伝いさんを犯人から守ってあげてください)」

ラン「自刃を誘われる恐れがあるのでな(もしかしたら、自殺に見せかけて殺される可能性があります)」


お手伝い「…え」


赤羽根「どういうことだ?ラン」


ラン「魔神鬼は自身の隠れ蓑として従者を召し寄せたのだ(恐らく犯人は明智さんを殺害した後、お手伝いさんを昏倒させ、部屋に運び込んだ上で…)」

ラン「そして、同じように地獄の門を閉めた(灰原さんの時と同じ手口で密室を作ったんだと思います)」

ラン「全ての業を従者に被せるために…(全ての罪をお手伝いさんに擦り付けるために…)」


お手伝い「き、君には犯人がわかるのかい!?」


ラン「全ての理が解かれたわけではないが…(まだ全部謎が解けたわけではないですけど…)」

ラン「私達は魔神鬼の幻術によって罪深き虚像の従者を見せられているわ(この事件、犯人がお手伝いさんではないことだけは、確信してますから)」


お手伝い「…!!」





82: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/06(日) 00:37:58.56 ID:umwD8Jij0





ラン「案ずるな、全て我が魔眼に委ねるが好い(安心してください、お手伝いさん)」

ラン「闇に飲まれし真実は我が両腕で必ず掬い上げて見せようぞ!(犯人の正体は必ず私が暴いてみせます!)」

ラン「天神の名の下に!!(パパの名にかけて!!)」







83: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/06(日) 00:43:03.06 ID:umwD8Jij0



三日目 昼 麻神島 来客用コテージ(灰原)内


ラン(お手伝いさんは犯人じゃない…)

ラン(彼女が犯人だったとしたら、灰原さん殺しの時に絶対に出来ない行動が一つだけある…)

ラン(つまりこれは、彼女の犯行に見せかけた、計画殺人…)

ラン(だから目暮さんや灰原さんと違って、明智さんは絞殺せずに、ナイフで刺した…)

ラン(お手伝いさんに凶器を握らせる必要があったから…!)


ラン(ただ、そうなると、たった一つの…最大の謎は残ったまま…)

ラン(灰原さんの死亡推定時刻は、確実に午後9時から10時の間ということ…)


ラン(その時私達は全員本館にいた…皆がお手洗いやタバコで席を外した時間は長くても15分…とてもコテージに行ける時間じゃない)


ラン(…)


ラン(バスローブだって…奇妙な話…警戒している灰原さんが丸腰になるはずない…)

ラン(お湯で死体を温めたことを隠すために着せた…とか?)

ラン(でも、そんなことで誤魔化せる死亡時刻なんてたかが知れてるしなぁ…)



ラン(…うー)






84: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/06(日) 00:48:23.87 ID:umwD8Jij0



ラン(あーっ!もぉ!!)


ラン(これは絶対犯人が着せたんだ…それは間違いない筈…一見、殺人とは全く関係ない行動…でも、そこには必ず理由がある)



ラン(解らない…密室の謎は簡単に解けたのに…っ)


ラン(…)


ラン(ちょっとまって?)

ラン(自殺に見せかけているわけじゃない…そして、アリバイ成立の時点で不可能犯罪として成立している)

ラン(だったら何故、わざわざ部屋を密室にする必要があったの?)



ラン(もしかして、私はとんでもない思い違いをしているんじゃ…!)




ラン「!」ダッ!




ジーッ、がぱっ!


ごそごそ…


ラン(ない…)


カチャカチャ ジッ


ラン(ない…ない!!)




ラン(やっぱりだ…なくなってる…灰原さんの荷物から無くなったものが一つだけある!!)

ラン(あの夜、トリックが使われた証拠…!だから犯人は死体にバスローブを着せた!)

ラン(だけどまだ完全じゃない…このトリックを使うには、犯人は一日目、灰原さんに、何かしらの合図を送っている必要がある…)

ラン(灰原さんはあの日、直ぐにコテージに移動してる…それまで会話は最低限…二人きりの時間があった人間は明智さんだけ…)

ラン(なのにどうやって…犯人は合図を送れたのか…)ジャラジャラ…


ラン(?)

ラン(荷物の革に何か埋め込まれてる…?)ごそ…


チャリンッ


ラン「…」





85: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/06(日) 00:51:13.90 ID:umwD8Jij0



三日目 夕方 麻神島 本館 1F お手伝いの私室


バンッ!


赤羽根「うおっ!?」


ラン「力を貸せ!我が相棒よ!(赤羽根さん!ちょっと手伝ってください!)」


お手伝い「…?」





86: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/06(日) 00:55:41.60 ID:umwD8Jij0



三日目 夕方 麻神島 本館 2F 館長室


お手伝い「…」


赤羽根「何でもいいから写真を探せって…どういうことだよ…」

赤羽根「…そういや、ここ額縁の写真類、全部無くなってたよな…」


ラン「魔神鬼がすべて闇に葬ったのよっ!(きっと犯人が持ち去ったんです…!)」


赤羽根「は?一体何の為に…」


ラン「…!!」バタバタ


赤羽根「うわっぷ!すげー埃…げほっ」


ラン(アルバムは…こっちも中身が全部抜き取られているか…)

ラン(どこかの家具に挟まってないかな…)キョロキョロ


赤羽根「…うーん…おっ?」


ギギギ…


赤羽根「一枚あったぞ、クローゼットの裏に。ほら」ピラ


ラン「見せよ!(見せてください!)」バッ

ラン「…」


赤羽根「なにか分かったのか?」

http://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira095876.jpg
ラン「繋がった…!」


赤羽根「え?」





87: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/06(日) 01:01:50.65 ID:umwD8Jij0



ラン「見よ、ここに写されし者達を(赤羽根さんも見てください、ここに写ってる人達)」


赤羽根「えーと、館長の目暮さんに、船長さん…灰原…明智…殺された人たちじゃないか…」

赤羽根「もう一人は…こ、こいつはっ!?」


ラン「更に、彼の者の荷物にこれが!(そして、灰原さんの荷物に、これが隠されていました)」チャリン

ラン「そして、同じ痕跡が箱舟の中にもあったのだ…!(クルーザーの中にも、破片になりましたけど、同じものが…)」

ラン「これこそが、犠牲者を繋ぐ一本の線だった(おそらく、全員がこれを持っていると思います)」


赤羽根「まさか…そんな…」


ラン(これで全てが繋がった…殺人計画の全貌…犠牲者たちの共通点…)

ラン(魔神鬼の書いた犯行文の本当の意味…)

ラン(そして、灰原さん殺しの、アリバイトリック…!)







ラン「万物の理は我が手中に在り!!(謎は全て解けました!!)」





88: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/06(日) 01:07:08.18 ID:umwD8Jij0



三日目 夜 麻神島 本館 1F リビング


赤羽根「今日の夕ご飯は俺が作るよ、状況が状況だしな」


阿笠「…」

佐木「…」

剣持「…」


赤羽根「ラン、例の件はどうなった?」


ラン「惜しくもかなわじ…(全然見つかりません…)」


赤羽根「絶対あるはずだから、もっとよく探せよ」


阿笠「赤羽根君、例の件って?」


赤羽根「大したことじゃないんだが…ちょっと気になってな」

赤羽根「今、ランが持ってるイヤホン、灰原の物なんだ」


ラン「…」スッ


赤羽根「イヤホンがあるのに、何故かそれを繋いでいた先がないんだ。あいつ記者だから、ポッケにICレコーダーかなんかを持ってたはずなんだが…」

赤羽根「だが、灰原の部屋にも、容疑者のお手伝いさんの部屋にも、見つからなくてな…」

赤羽根「彼女も全く知らないの一点張りだし…それだけが、どーも引っかかってな…」

赤羽根「もしあれが、別の場所で見つかったとしたら、真相に繋がる重要な手がかりになるかもなって」


佐木「…へ?でも、灰原君はコテージの中で殺されたんでしょ?」


赤羽根「ま、そうなんだけどさっ」

赤羽根「飯食ったら、俺も手伝って探してみるよ、絶対見つかる。でないと辻褄が合わないからな」


剣持「犯人も捕まったことだし…俺ぁ細かい事考えずにさっさとこの島出たいんだが…」


ラン「…」





89: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/06(日) 01:11:25.28 ID:umwD8Jij0



三日目 夜 麻神島 ???


ザッ…


??「…」



ギイィ…


??「…」



ゴソゴソ…


??「…」












ラン「御機嫌よう、魔神鬼(やっと会えましたね、魔神鬼さん)」


??「!?」





90: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/06(日) 01:16:35.26 ID:umwD8Jij0



三日目 夜 麻神島 ???


ザザッ


赤羽根「…お前!?」


お手伝い「…まさか」



ラン「騙して悪いが捜査なのでな…あれは我が相棒の私物(ごめんなさい、あのイヤホン、赤羽根さんのなんです。)」

ラン「彼の者の痕跡など元から虚無の産物だったのよ(灰原さんの落としたICレコーダなんて存在しないんですよ)」

ラン「しかし礼を言う。魔神鬼よ、貴様の愚行のおかげで…(でも、ありがとうございます、あなたの案内のおかげで…)」





??「…」




ラン「真に黙示の行われた地を知ることが出来た(灰原さん殺しの本当の犯行現場を正確に知ることが出来ました)」


赤羽根「…本当の犯行現場…だと?」


ラン「魔神鬼の仕掛けた幻術は、まさにその爪を振るった場所から始まっていたの。(そもそも私達のしていた勘違いは、犯人が灰原さんを『殺しに行った』と思い込んでいた事でした…)」

ラン「彼の者は自らの根城にて事切れたわけではない…(灰原さんは自分のコテージで殺されたんじゃない…)」






ラン「魔神鬼の下に引き裂かれに来ていた!!(灰原さんが、ここ…鬼のほこらへ『殺されに来ていた』んです!!)」





一同「!?」





91: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/06(日) 01:21:27.44 ID:umwD8Jij0



三日目 夜 麻神島 鬼のほこら前


赤羽根「鬼の…ほこら!?」


ラン「この地ならば…獲物を狩るのに半刻とかからない(そう…ここから本館へは、走れば5分前後で往復できる…10分もあれば、犯行は十分可能です)」

ラン「貴様はあの夜に犠牲者を呼びつけ、皆の虚を突いて牙を向いた(犯人はあの夜、灰原さんをここに呼び出し、頃合いを見て本館を抜け出し灰原さんを殺害…)」

ラン「しばらくの間屍を隠せる棺さえあれば、闇の時間に地獄を拵えることができたのよ(死体をほこらの中に隠し、皆がコテージで寝静まったタイミングで、死体を取りに行き、事件現場に運んだんです)」

ラン「彼の者の殺戮にて行われた操糸術の存在は、幻術のすべてではなく…(コテージを密室にしたのは、犯行の不可能性を表現しようとしたのではなく…)」

ラン「それ自体が更に巨大なる夢幻術の歯車になっていたのよ!(わざと解かせることで、逆に、『犯行時刻に灰原さんがコテージの中に居た』という印象を植え付けるためだった)」





ラン「違うか?魔神鬼!いや…(そうでしょう!魔神鬼!いや…)」



http://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira095878.jpg
ラン「佐木 竜香!」








佐木「…」





92: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/06(日) 01:29:09.87 ID:umwD8Jij0



剣持「佐木…」ザ…


阿笠「ほんとなの…?」ガサ…


佐木「な…何言ってるのよ!ランちゃん!」


ラン「貴様はこの幻術の行使の為に、二つの禁忌を犯した(貴女の行った、一見完璧とも言えるアリバイ工作の中で、2つの致命的な誤算がありました)」


赤羽根「誤算…?」


ラン「一つは…雨(まず、雨です)」

ラン「本来、彼の者は殆ど手を付けずに吊るす手筈だったのよ(そもそも灰原さんは、一日目に着ていたあの服のままコテージに吊るす計画だったんです)」

ラン「しかし天がもたらす清めの雨が鬼に試練を与えた(でも、覚えていますか?あの夜、少しの間だけ雨が降りましたよね)」

ラン「彼の者の屍に、罪の在処を刻みつけてしまったのよ(突然降ってきたその雨で、コテージに運ぶ最中だった死体の衣服がずぶ濡れになってしまったんです)」

ラン「魔神鬼は咄嗟に機転を利かせ、むしろ彼の者を清めきってしまおうと考えた(このまま吊るせば犯行現場が屋外だとバレてしまうと焦ったあなたは、死体の衣服を脱がしバスローブを着せることを思いついた)」

ラン「選択は確かに正しかった…でも、彼の者の状態を、禊の最中だったと演出したことは間違いだったわね(しかし、灰原さんの死体を、お風呂上がりだと演出するために、コンタクトレンズまで外したことが、決定的なミスでした)」

ラン「眼結晶の存在は、従者の知る余地ないものだったのだから…(彼と初対面で、コンタクトの存在なんて知らないであろうお手伝いさんに、そこまで細かい偽装工作は出来る筈ありませんからね)」

ラン「私は第二の黙示録を目の当たりにした瞬間、従者を陥れる鬼の存在を察知したのよ(今朝、殺された明智さんの傍にお手伝いさんが居た段階で、私は逆に、彼女に罪をかぶせる何者かの存在を確信しました)」


お手伝い「成程…確かにそれは無理だね。コンタクトのことなんて、たった今知ったばかりだ」


ラン「第二の禁忌は、凍てつく死体…(二つ目の誤算は、死後硬直)」

ラン「微塵も動かぬ身体は袖を通さず、衣は仕方なくその爪で切り刻み、彼方に放さざるを得なかったのだろうな(死体が動かない為に、濡れた衣服は脱がすことができず、仕方なく細かく切り刻んで、海に投げ捨てるしかなかったのでしょう)」

ラン「それゆえ、痕跡は確かに、無という形で私の前に現れていた(そのせいで、灰原さんの荷物から一日目に着ていた衣服が無くなっていた、という証拠を残すことになってしまったんです)」

ラン「禊の外套の真の意図に気付いたのも、その矛盾のお陰よ(それによって私は、バスローブを着せた本当の理由にもたどり着きました)」

ラン「選択の余地など無かったのだろう?凍てつく屍を前に、禊の外套の他には…(死後硬直のせいで、バスローブしか、着せられなかった…ですよね?)」


佐木「…」





93: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/06(日) 01:33:29.28 ID:umwD8Jij0



ラン「貴様は黙示の前夜、麻神の主を食い破り…(貴女は私達が麻神島に来る二日前、この島を訪れ、目暮さんを殺した…)」

ラン「舞台にて躍らせる呪われたマリオネット達を選定した(そして、犠牲者と自分、そしてその周辺の人たちの中から、今回の殺人劇のキャストを選び出したんです)」


赤羽根「キャストを…選び出した?」


ラン「初めは、二体の魔神鬼の供物(まず、初めに選ばれたのが、犠牲者となる灰原、明智の二人)」

ラン「咎の皮を被せるための従者(お手伝いさんは、最終的に罪を被る犯人役)」


お手伝い「…私が犯人役?」


ラン「我が相棒は、咎を嗅ぎ付ける猟犬として…(そして、赤羽根さんが、犯人を捕まえる探偵役として選ばれ…)」

ラン「彼の鼻先に偽りの業の香り突きつけ…(犠牲者の疑念を利用し、お手伝いさんがアリバイ工作をしたと思わせ…)」

ラン「果てに従者に噛み付かせるという筋書きであった(最終的に全員がお手伝いさんを疑うように仕向けられていたんです)」




佐木「いい加減にしてよッ」

佐木「さっきから黙って聞いてれば、ただのこじ付けとか推測ばっかで穴だらけの推理じゃないっ!」


ラン「…」





94: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/06(日) 01:36:53.20 ID:umwD8Jij0



佐木「アタシがどうやって皆にお手伝いさんを疑わせたっていうの?」

佐木「そもそも、さっき言ったアリバイ工作だって変よ!アタシがどうやって灰原君をココに呼び出せたっていうのよ!」

佐木「灰原君は、本館に皆が集合した時、自分の意思で直ぐにコテージに籠っちゃったんだよ?」

佐木「あの日は私も含めて皆、彼と殆ど会話をしていなかった!」

佐木「それに、もしそんな変な時間に私が灰原君を呼びだそうとしたって…」

佐木「灰原君がそんな怪しい誘いに素直に従ってくれると思う!?」



ラン「全ての奇跡が叶ったのよ(それが、全部できるんですよ)」

ラン「貴様は私達の認識の齟齬を巧みに操り…(あなたは犠牲者の二人と、私達との認識の違いを利用し…)」



ラン「犠牲者にのみ効果を持つ呪言を作ったのよ!!(魔法の言葉を作ったんです!!)」



剣持「魔法の…」


阿笠「言葉…?」





95: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/06(日) 01:41:28.32 ID:umwD8Jij0



ラン「我等に纏わり付く呪言の解放の前に…(この魔法の言葉を説明する前に…)」

ラン「憐れな贄たちと私達の間にある鎖を壊しましょう(犠牲者の二人と、私達との認識の違いから紐解いていきましょう)」


ラン「黙示録を読み進めるに伴い、魔神鬼のやるべきことは一つではない…(殺害計画を滞りなく進めるにあたって、あなたは目暮さんを殺した日、そして私達と島を訪れた三日間…)」

ラン「犠牲者たちの断末魔と共に、彼の者達の身分もろとも焼いて捨てなければならなかったの(彼らの殺害と同時に、彼等4人の正体を示す手がかりをこの島から取り除く必要がありました)」

ラン「写された記憶…装置の刻印…箱舟や、供物に至るまで、滅しつくした…(額縁やアルバムの写真を抜き、通信塔の紋章を削り、クルーザーは丸ごと爆破し、犠牲者の荷物からあるものを奪った…)」

ラン「でも、その幻影を砕くカギを、僅かながら、私は見つけた(でも、わずかに貴女が消しきれなかった手がかりを、私は見つけることができました)」


お手伝い「手がかりって、一体なんだい?」


ラン「…」スッ


剣持「コイン…と、これは、灰原や明智が映ってる写真か?」


お手伝い「コインは、双頭の鷲のマークだね…そして写真には、犠牲者を含めた5人の人間が写っている…」


阿笠「この5人目の人…誰?会った事ないんだけど…」



ラン「これは、彼の者の隠し持つ紋章と、麻神の主の下にあった写し絵…(これは、灰原さんが荷物に隠し持っていたコインと、目暮さんの部屋の家具に挟まっていた写真です)」

ラン「船の主も同型の紋章を持っていたわ、これがその証(船長さんも、同じコインを持っていました。船に残されたこの破片が、このコインと一致します)」

ラン「これが通信塔にも刻まれ、恐らく彼女も用いていた筈(通信塔にも同じ紋章が…そして、明智さんも恐らくそれに準ずるものを持っていたでしょう)」


ラン「この事実の隠蔽という点においては、犠牲者と魔神鬼との利害は一致していた(これこそが、犯人も…そして、おそらく犠牲者の人たちも、皆に隠しておきたかった事実です)」


剣持「灰原達も隠しておきたい事実って、どういう…?」


ラン「彼らは同胞だったのよ…同じ紋章を胸に刻んだ…(彼らは示し合わせてこの紋章を掲げた一つの集まりだったんですよ。そして…)」

ラン「そしてこの正体不明の男は、偶然ながら私と顔を合わせたことがある(写真に写っていて、この場にいない、五人目の人物…実は私と赤羽根さんは、数日前に会ったことがありました)」


お手伝い「えっ…?」



赤羽根「…D県のホテル、ルートインDで、麻薬取引を見抜かれ、転落死した男だ」



お手伝い「なんだってっ!?ということは…この5人は…」




ラン「この紋章は神に背を向けた合成獣を表していたのよ(この双頭の鷲は、犯罪グループの紋章だったんです)」



一同「!?」





96: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/06(日) 01:49:12.77 ID:umwD8Jij0



ラン「貴様の操りし呪言は是だ(あなたの使った魔法の言葉は、最初の犯行文です)」


二つの首は 我が手によって括られ 地獄の門前に


ラン「私はこの文章を誤解していたの。二つ首を言葉通りに捉えていただけだった…(私は初め、このメッセージを見たとき、とっさに、目暮さんの他にもう一人犠牲者がいるのだろうと考えました)」

ラン「小狡い貴様はご丁寧にもすぐに二つ目の犠牲者を用意していた為に、疑問にも思わなかった…(事実、立て続けに二人目の犠牲者が出たことで、その認識を変えることはありませんでした)」

ラン「狂気を纏う爪が私たち全員を狙っている…と(私達を皆殺しにする凶悪犯が島のどこかにいる…とね)」


ラン「でも、憐れな犠牲者のみが魔神鬼の真意に気付いた彼等だけは姿を正確に捉えていた…(でも、あれを読んだ灰原さんと明智さんだけは、犯行文の真の意味に気付き、私達とはまったく別の犯人像を作り上げていたんです)」


赤羽根「括られた二つの首ってのは、双頭の鷲…つまり、組織そのものだったってことか!」


ラン「然り、犠牲者の二人は、グリフォンの頭が潰されたことを瞬時に悟らせたのよ(そう、灰原さん達だけには、あの犯行文は、リーダーを殺し、グループを壊滅させたことを伝えていた…)」

ラン「そしてこれは、同時期に姿を現した爆ぜる箱舟によって、志を同じにするものからの警告と受け取ったのよ(そして同時に発生したクルーザーの爆発によって、その犯行文は、自分の組織の事を知っている同業者からのメッセージだと完全に勘違いしてしまった)」

ラン「では、誰の仕業か?当然よそ者にのみ警戒が集中するわね(当然、疑惑の目は、ホテルで殺された男の代わりを名乗る謎の女性であり、この場において旧知の中でない他人…お手伝いさんに向けられる)」

ラン「そしてそれは、魔神鬼の所業によってより堅固なものとなる(その疑惑は、島に犯人らしき人物がいなかったことと、この島の本館にあるものが無くなっていたことで、確信に変わる)」


お手つだい「あるもの…?」


ラン「神に背いた麻神の主が孤島に君臨する最大の理由なんて一つきりよ(犯罪グループのリーダーが絶海の孤島に閉じこもる理由なんて一つしかありませんよね)」


赤羽根「高跳び…じゃないか、国内だし…もしかして隠し財産か?」


ラン「然り、それは魔神鬼によって既に隠され、彼の者らは見つけることができなかった(その通り。本館に隠されていたであろうそれは、灰原さんと明智さんが二人がかりで探しても見つからなかった)」

ラン「現在の在処は、恐らく海の彼方だと思うわ(当然です。目暮さんを殺した際に、魔神鬼が持ち帰っていたからです)」

ラン「この瞬間、私達と犠牲者の二人とでは、行動理念の段階まで隔たりが産まれてしまった…(この時点で、私達と犠牲者の二人とでは、身を守る手段のレベルから、行動が変わっていきます)」


赤羽根「俺達は室外の犯人を警戒して、本館に閉じこもり…」


お手伝い「私を警戒した灰原君は、まず私から離れることを優先した…ということだね」


ラン「彼の者は、虚像にまみれた同業者の仮面に恐れを抱き…(案の定、明智さんとは違い、表向きにも頻繁にメンバーと連絡を取り合っていたであろう灰原さんは、大胆な手口と堂々と構えるお手伝いさんに一番の危機感を感じ…)」

ラン「即座に空に籠る選択をしたの(誰よりも先にコテージに籠城する選択をした)」


ラン「でも、それは冥府に繋がる近道…(しかし、コテージで彼を待っていたのは、死に直結するメッセージでした)」


お手伝い「え…?」





97: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/06(日) 01:54:44.91 ID:umwD8Jij0



ラン「貴様は第一の呪言から刻を待たず暗躍し、既に籠に第二の呪言を忍ばせていたの(あなたは一日目の昼…誰にも気づかれないように、灰原さんのコテージの玄関に、あるメッセージを挟み込んでいた…)」

ラン「恐らく犠牲者の作り上げた虚像に合わせた、こんな言葉よ(おそらく、ありもしない同業者を騙ってこんな風に書かれていたんじゃないでしょうか)」



私は魔神鬼 隠し財産は 私の手中にある

もし私の組織に付くならば 隠し財産を山分けし 密かに島から脱出させてやる

午後9時までに 誰にも見つからないように 鬼のほこらに来い



ラン「ここまでの彼の者に纏わり付いた幻影の囁きは、選択の余地をすべて奪っていた…(組織の壊滅で限界まで膨らんだ危機感と、極限状態からの脱出、財宝の魅力…灰原さんに従わない手は無かった)」

ラン「呪言を忍ばせる猶予は、貴様だけは約束されていた…(そして、メッセージを仕込むチャンスは、あなたには一度だけありました)」

ラン「私達で魔神鬼を炙り出そうとした時よ(島の中にいる犯人を捕まえようと、手分けして探したときです)」

ラン「貴様はいち早く先陣を切って、籠の群れの方まで消えていったわね?(あなたは犯人の捜索を一番初めに煽り、皆のコテージの方へ一目散に走っていきましたよね?)」


赤羽根「だが、ラン…一日目の夕方、灰原と一緒に明智もコテージに先に行く可能性だってあった筈だが…」


ラン「結果は変わらぬ。犠牲者が好き好んで咎を背負うとは思えないし…(同じですよ。その場合だと、灰原さん殺しの容疑者がまず明智さん一人となり…)」

ラン「彼女の叫ぶ従者への疑惑は、最後には全員の頭の中に刻み付けられることになるわ(彼女は無罪を主張するために、結局お手伝いさんの死亡推定時刻ずらしの可能性を指摘します)」

ラン「贄には疑惑と死を、従者には無実の代わりに罪を差し出すその立ち回りは…(犯人役に自身のアリバイを証明させ、犠牲者役にも探偵役の一端を演じさせる二段構え…)」

ラン「あと一歩で天をも欺けたかもしれないわ(よくこんなの思いつきましたね…)」




ラン「これらの術を使って、貴様は二つのペルソナを使い分け、犠牲者に指一本触れることなく…(そうやってあなたは、同時に二つの犯人像を作り出し、灰原さんと示し合わせることなく、一言も言葉を交わすことなく…)」

ラン「彼の者を操ることが出来たのよ(灰原さんを呼び出すことに成功したんです)」


ラン「違うかッ!?魔神鬼!!(そうでしょう!魔神鬼!)」





佐木「…っ」







98: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/06(日) 02:00:37.94 ID:umwD8Jij0



佐木「で…でたらめ言わないで!」

佐木「私はただ犯人を捕まえようって思って、コテージの方に向かっただけ!」

佐木「私はメッセージなんて挟んでない!どこにそんな証拠があるのよっ!」



ラン「語るに落ちていると未だ気づかぬか?(墓穴を掘っていることがまだ分からないんですか?)」



佐木「え…」


ラン「解くべき謎は貴様の行動のことではない…(重要なのは、コテージで何をしていたのか、ではなく…)」

ラン「行動を起こせた要員そのものだ(なぜあなたがコテージに向かうことが出来たのか…ですよ)」

ラン「貴様は言っていた…いざ魔神鬼を炙りだそうとするために集ったとき…(あなたは言ってましたよね?皆で犯人を手分けして探そうとしたとき…)」


―佐木『じゃあ、アタシ、コテージの方、見に行ってみるよ』


ラン「だが、貴様がこの地を踏んだのは初めての筈…(あなたはこの島に初めて来たはずです)」

ラン「遠方の景色は緑が遮り、場を把握することなど不可能…(本館の周りは木々で覆われていて、道の先が、一体どこに通じているかわからない)」

ラン「なぜ貴様は迷うことなく籠に触れることが出来たのだ?(それなのに、どうしてあなたはコテージに続く道が瞬時に判断できたんですか?)」


佐木「くっ…!」



ラン「答えは明白…この地が初めてではないからよ(来たことがあるからでしょう?つい最近の話ですからね?)」

ラン「麻神を魔神と化す為に下拵えをしていたのだから!(目暮さんを殺し、ここを魔神鬼の狩場にする為に…あなたはこの地を踏んでいたんですから!)」



佐木「…」






99: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/06(日) 02:05:49.38 ID:umwD8Jij0



三日目 夜 麻神島 鬼のほこら前


赤羽根「…どうしてだ…佐木…」


お手伝い「ターゲットが犯罪グループだということは…おそらく彼女は…」


剣持「…」


阿笠「…」







佐木「探偵役として赤羽根君を呼んだつもりだったのに…」

佐木「彼がさらに上を行く名探偵さんを連れてきてしまったみたいね…」


赤羽根「佐木…」




佐木「確かに私は…お金持ちの親の間に産まれて、裕福な暮らしをしていたわ」

佐木「だから、世の中の事なんて何も考えずに、漠然と、その生活が一瞬で崩れ去るまでのうのうとしていた」



佐木「数年前…あの時の私と両親は…一体何が起こったのか分からなかった…」

佐木「何故、幸せな日々が壊れてしまったのか…まったくの謎だった…」

佐木「何が起こったか分からないままに、私の両親は、責任を被せられ、財閥を追われ、借金を抱え、首を括ってしまった」





100: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/06(日) 02:11:16.65 ID:umwD8Jij0



佐木「私はその時ようやく、絶対的な、この世の理をひとつ知った」


佐木「無知は罪」


佐木「この世界で、知恵の無い者は、知恵の有る者の餌にされるしかないって事」


佐木「だから私はがむしゃらに様々な知識を蓄えた。そして、あの日、何が起こったのかを徹底的に調べつくした」


佐木「そして突き止めた…ある犯罪グループの存在が、陰にあった事…」


佐木「奴等の手口によって、いとも簡単に私達の財産が奪われてしまった事」


佐木「恐ろしいことに、彼等は巧妙に法の網を潜り抜けていて、たとえ起訴したとしても、裁けないって事」


佐木「そして、あろうことか、グループの一員に高校のクラスメートがいた事…」


佐木「私は、この情報を知ったことを後悔するどころか、逆に快感だったわ」


佐木「奴等の行動原理、手口、連絡手段、アジトの場所…」


佐木「あのグループの事を知れば知るほど、私には明確なビジョンが見えてきた…!」


佐木「たった数日でメンバー全員を殺して…そして…」



佐木「っ」バッ


一同「!?」





101: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/06(日) 02:14:21.86 ID:umwD8Jij0



ガシッ!


お手伝い「!?何をする…っ!!」


佐木「この女に罪をなすりつける計画が…!でも…小娘のせいで台無しよッ!」シャッ





ラン「貴様…ッ!(佐木さん!)」




佐木「一歩でも近づいたら、この女の首を切るわよ!」グッ










赤羽根「大馬鹿野郎っ!!」



一同「!?」






102: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/06(日) 02:17:31.10 ID:umwD8Jij0



赤羽根「お前はこの事件を引き起こす前に、俺が刑事だって知ってたんだろっ!?」

赤羽根「俺達、仲間じゃないかっ!」

赤羽根「なんで俺を頼ってくれなかったんだよっ!?」



佐木「警察だからよ!!」


赤羽根「…」


佐木「私は知っているっ」

佐木「あんた達がしっかりしていれば、私の両親が自殺で処理されることも無かった!!」

佐木「警察だって所詮は組織…権力に媚び、圧力に屈し、そのくせ面子だけは大事にするっ!」

佐木「検挙率稼ぐために仕事を選んでるような体たらくだから、本当に助けてほしい人は救われないのよっ!」

佐木「だから私がやってやったの…外道には外道…正義のためにはこうするしか…!」

佐木「法を重んじてる奴に真の悪党は倒せないんだからっ!」


ラン「だが貴様が刃を立てているその人は何の罪も背負ってなどいないっ!」

ラン「むしろ人を救うための知恵を蓄える、まさに正義の使者ではないかっ」

ラン「それに比べ、人を殺す知識ばかり蓄え、そんな本質的なことなど何も知らぬ貴様に…」


ラン「正義を名乗る資格なんかないッ!!」



佐木「ごちゃごちゃと…」


お手伝い「…やれやれ」ぐっ


佐木「!?」





103: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/06(日) 02:20:09.30 ID:umwD8Jij0




ぐるん!! ドシャアッ!!



佐木「がうっ!?」





剣持「せ…背負い…」


阿笠「投げ…?」



お手伝い「君は頭だけでなく、体も鍛えるべきだったようだ」フゥ…ッ

お手伝い「頭でっかちも考え物なのさ…私を見習いたまえ」



ラン「…」ザッ、ザッ


そ…っ

ラン「天の名において貴様を浄化する」

ラン「大人しくひれ伏し、この女から出ていけ。『強欲』の化身、マモン」キィィィン




マモン『グゥッ…な、何故だ…ッ』

マモン『私は、此奴に至高の知識を与えた筈だ…』

マモン『何故敗ける…ッ』


バキンッ



ラン「『強欲』だからよ」

ラン「五人を殺し、五人を欺き、一人に罪を着せる」

ラン「貴様は誰の手も借りることなく三つの不可能を全て成し遂げようとした」


ラン「罪は犯した者が償わなければならないのに…」

ラン「5人もの人間の命と、そして、彼らの罪を償う機会を奪っておきながら…」

ラン「あろうことか、その業を罪なき人に背負わせようとした」

ラン「その愚かしいほどの強欲さが身を滅ぼしたのよ」





104: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/06(日) 02:29:21.68 ID:umwD8Jij0



後日 昼 D県 赤羽根のアパート 居間


赤羽根「…」


ラン「…」


赤羽根「クルーザーをふっ飛ばした爆弾をどこで手に入れたのか…まだ佐木は答えてくれない」

赤羽根「というより…記憶から抜け落ちているようだった…もしかしたら…」

赤羽根「お前の言う悪魔の化身の誰かが、裏で佐木を支援していたのかもしれないな」


ラン「我が相棒よ…元気を出せ(赤羽根さん…大丈夫ですか?)」


赤羽根「…」


ラン「同士に罪人が居た事実など…そう簡単に癒える傷ではないし(確かに…同級生が罪を犯していたなんてショックですし…)」

ラン「魔神鬼の言葉は僅かに真理を突いているのかもしれない…(佐木さんの言う事…私も全部否定できるわけじゃないです…)」

ラン「天の為に天に背く…道理としては…ありえるのかも(正義のために悪に堕ちる…そんな考えも…あるのかもしれませんが…)」


赤羽根「ん?ああ、それのことなら…」


ラン「へっ?」


赤羽根「俺、単純に助けてほしい人を最優先に救うことこそが正義だと思ってるから」

赤羽根「その上で、余裕があれば犯罪をしようとしてる人を全力で邪魔すればさ」

赤羽根「悪党もだんだんやる気なくなってくかなって…それが俺の持論でさ、曲げるつもりなんか全然ないし」


ラン「…」ぽかーん

ラン「では、何故気を落とす?(じゃあ、何で落ち込んでるんですか…?)」




赤羽根「結局分からず仕舞いだったからさ…」


ラン「…」


赤羽根「美千香とどう仲直りすればいいのか…」


ラン「…」


赤羽根「うぅ…どうしよぉ…」





105: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/06(日) 02:33:51.15 ID:umwD8Jij0



ラン「…同士に仲人を頼めば良いのでは(…阿笠さんに相談してみては?)」


赤羽根「はっ!そうか!ラン、でかした!」ポパピプぺ


ラン「…」


赤羽根「もしもし、阿笠か?数日ぶりだな!ちょっと折り入って相談が…」


ラン「…」


赤羽根「え…何で知ってる!?…あのあと気になって美千香に電話した!?」


ラン「…」


赤羽根「ぐ…ぅ…はい…はい…あいつ、あの件で怒ってたんですね…」

赤羽根「あの件だけじゃない!?あ…それも…これもですね…」スッ


ラン(正座…)


赤羽根「はい…確かに全面的に俺が悪いです…」

赤羽根「わかりました…絶対にその日は神に誓って予定開けておきます…」

赤羽根「途中で捜査に呼ばれて美千香を放っといたりしません…」



ラン「はぁ…」

ラン(…警察って)

ラン(結局単純バカじゃないと務まらないのかも…)



魔神島殺人事件 幕引
http://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira095879.jpg



106: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/06(日) 02:34:25.99 ID:umwD8Jij0





こんな変なSSに長い事付き合ってもらって、ありがとう

HTML依頼出した後は

もっともっと面白い話が作れるように修行してきます







107: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/06(日) 02:44:40.74 ID:umwD8Jij0


次回以降のスレタイは↓にしようと思ってます。

神崎蘭子「××殺人事件」【劇中劇・第×幕】

たとえ自己満足SSでも、いらぬトラブルは避けたいので…

第三幕の書き溜めが終わったらまた、土曜よる6時に書きに来ますね。




108: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/06(日) 02:48:52.16 ID:nJLLfT+do


今回もかなりの読み応えとあふれんばかりの熊本弁パワーでした



元スレ
SS速報VIP:【劇中劇】堕天使探偵ラン「魔神島殺人事件」【第二幕】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1449306013/



アイドルマスター シンデレラガールズ サイクルジャージ 神崎蘭子 半袖 Mサイズ

新品価格
¥11,200から
(2015/12/6 03:13時点)