過去作
モバP「小悪魔夕美とハロウィン」

北条加蓮「もう一度だけ、夢を見て」

小日向美穂「私達のプロデューサーと」

加蓮「12月…か」

モバP「卯月と秋の日に」

モバP「ristorante(レストラン)・ザ・アイドル」

武内P「忘年会企画案検討会議」

加蓮「流れ星キセキ」

新田美波「オトナ、一歩手前の距離で」

モバP「冬の夕焼けとシンデレラシューコ」

モバP「ほう、赤緑青ピカチュウか」

モバP「冬はつとめて」

モバP「とある歳末Pの1日」

モバP「ほう、無双シリーズか」

武内P「太鼓の達人…ですか」

七尾百合子「武内Pさん…むむ…」

モバP「空力使い(エアロハンド)だと?」 裕子「!?」

モバP「ほう、テイルズオブ20周年か」

かな子「美味しいけど大丈夫じゃなかった…」

モバP「ほう、ペルソナか…なに、アルカナ考察もやってみる?」

堀裕子「ぼええええ!」剛田武「ホゲーーー!」矢吹可奈「!!」

武内P「はあ…ラップ、ですか?」 みりあ「そうなの!」

イヴ・サンタクロース「ダンボールの神様…ですかぁ?」

未央「かれん、お待たせ!」加蓮「それなんだけどさ」

島村卯月「ぴ、ぴにゃー」 綾瀬穂乃香「!!!」

モバP「ほう、サモンナイトか」

七尾百合子「346プロダクション…む、むむむ…」

杏「歌いたくない!」かな子「ええっ!?」智絵里「どうしよう…」

曹操「ほう、スターライトステージか」モバP「誰だアンタ」

モバP「ほう、THE IDOLM@STERか」

モバP「あれ、何か違わないか…?」



SS速報VIP:モバP「ほう、ニビシティか」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1449947939/



1: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/13(日) 04:19:00.15 ID:Tjx39Rgt0

実験作と言うか妄想の産物と言うか。
独自設定が多数含まれるのでご注意を…

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1449947939




2: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/13(日) 04:19:47.20 ID:Tjx39Rgt0

P「………は?」

P「いやいやいや、おかしいだろ普通に考えて」

P「なんで俺はニビシティに来てるんだよ、おい」




3: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/13(日) 04:20:22.71 ID:Tjx39Rgt0

P「…あ、ボール…」

ぼんっ

ヒトカゲ「かーげかげー♪」

P「……つまりアレか、ハードモードだと」

P「参ったなあ…そんで、可愛いじゃねえかおい…」ひょいっ

ヒトカゲ「かげー」



4: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/13(日) 04:21:00.64 ID:Tjx39Rgt0

ーニビシティジムー

P「たのもーっ!!……てな」

P「一度言ってみたかったんだよ、この台詞。わかんない人はテレビアニメを見ようぜ」

P「さて、ゲームと同じならジムリーダーが…」




5: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/13(日) 04:21:46.10 ID:Tjx39Rgt0





李衣菜「あ、来ましたね挑戦者!受けて立ちますよ!」


P「うわあロックなジムだなあ」

ーーーーーーーー



6: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/13(日) 04:22:18.26 ID:Tjx39Rgt0

李衣菜「さあて…それじゃ、始めましょうか…」とんとん…

P「…いや、始めるならポケモン出しなさいよ」

李衣菜「へ、ポケモン?」

P「いや、イワークとかイシツブテとか、持ってるだろ?」




7: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/13(日) 04:23:02.42 ID:Tjx39Rgt0

李衣菜「イヤだなあ、何言ってるんですか…ジムリーダーって言うのはポケモンとトレーナーの力量を図る仕事」

李衣菜「そのために、特殊な訓練を受けた私達アイドルが、ポケモン達の相手をする…それがジム戦ですよ」

P「何それこわい」



8: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/13(日) 04:23:51.34 ID:Tjx39Rgt0

李衣菜「そんなに私の実力が知りたいと言うのなら仕方ありません…」

李衣菜「この私のロックな技の数々、見せてあげますよ!」

P「いや、だから俺は…」

ヒトカゲ「かげ!」ずいっ

P「な、おい、ヒトカゲ!お前まで…」




9: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/13(日) 04:24:23.01 ID:Tjx39Rgt0

李衣菜「やる気はあるみたいですね…それじゃあ行きますよ! 試合、開始っ!」

ゴゴゴゴゴゴゴゴ…

P「な…!?」

P(周囲の岩盤や岸壁から…欠片が浮かび上がっていく…?)

李衣菜「これが私の能力…『ステルスロック』です!」




10: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/13(日) 04:24:54.18 ID:Tjx39Rgt0

P「………本当に、やる気なんだな」

ヒトカゲ「かげ!」

P「……仕方ないな」

P「おい李衣菜、火傷してから後悔するんじゃないぞ!」

李衣菜「そっちこそ、怪我してからじゃ遅いんですからね!…行きます!」




11: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/13(日) 04:25:26.44 ID:Tjx39Rgt0

岩片が周囲に浮かび上がる…!

P(……しかし、あの岩はなんだ…?周囲に浮かぶばかりで無意味なように見えるが…)

P「考えててもしゃーないか…! ヒトカゲ、ひのこだ!」

ヒトカゲ「かーげーっ!」ぼおおおおおお…

李衣菜「……………」



12: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/13(日) 04:26:03.93 ID:Tjx39Rgt0

P「よし、入った!」

李衣菜「甘いです!」きっ…

岩壁「じゃこん!」

P (な、さっきの岩か!重なり合って防壁になりやがった!)

ぼぼぼぼ……しゅううう…




13: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/13(日) 04:26:33.30 ID:Tjx39Rgt0

李衣菜「ステルスロックは岩を浮かせ、それを操作する技…」

李衣菜「ご覧の通り、うまく使えば防壁にも。そして…」すっ…

P「!」

李衣菜「こんな風に、攻撃にも使える!『ロックブラスト』!」

ひゅぅっ! ひゅん!ひゅん!ひゅん!



14: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/13(日) 04:27:03.41 ID:Tjx39Rgt0

P「く…かわせ、ヒトカゲ!とにかくよく見て避けまくるんだ!」

ヒトカゲ「か、かげ!」こくん!

ヒトカゲ「かげ、かげ、かげ!」すか、すかっ…

李衣菜「まだまだ!このフィールドにある岩ならいくらだって…!」どごーん!どごーん!

李衣菜が手で誘導した方に、岩の欠片が撃ち出される…!




15: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/13(日) 04:27:38.78 ID:Tjx39Rgt0

P「く…なんて技だ…! ロックロック言ってるだけあって、流石に岩の扱いに慣れてやがる」

ヒトカゲ「かげ!かげかげ!」

P「ん?……そうか!」

P「いくら岩が補充できようが、岩の操作をしているのは李衣菜じゃないか!」

P「そして、今は岩がこちらに射出されている状態…懐は無防備!」




16: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/13(日) 04:28:34.88 ID:Tjx39Rgt0

P「ヒトカゲ!ダッシュで距離を詰めるんだ!」

ヒトカゲ「かげっ!」

李衣菜「えっ」

ヒトカゲ「かげかげかげかげか…」だだだだだ……

ぴょんっ……




17: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/13(日) 04:29:09.70 ID:Tjx39Rgt0

P「ぶっ放せぇ!」

ヒトカゲ「かげーっ!」ぼぼぼぼぼぼ……

李衣菜「ひゃーーーっ!!!」どかかかかかか……

どっごおおおお………

P「はあ…はあ…」




18: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/13(日) 04:29:37.46 ID:Tjx39Rgt0

ヒトカゲ「かげ!」しゅたっ…

P「……はは、お前、足が速いんだな…」

ヒトカゲ「かげ!」

もくもくもく…

P「……やったか……?」




19: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/13(日) 04:30:25.55 ID:Tjx39Rgt0



ゴゴゴゴゴゴ……


P「な!?」

P(岩が……また!?)




20: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/13(日) 04:30:55.10 ID:Tjx39Rgt0

李衣菜「……言いましたよね」

李衣菜「このフィールドにある岩なら、いくらでも動かすことができるんです…」

P「まだやるってのかよ…!」

李衣菜「勝負はまだ、付いてませんから!」

李衣菜「行きます!……『ロック』……」




21: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/13(日) 04:31:32.99 ID:Tjx39Rgt0

P「『ブラスト』の方か! ヒトカゲ、もう一度さっきの…」

李衣菜「『ロックカット』!」

しゃききききき……ぃいいん!

P「い…っ!?」

P(自分の身体を、削って…!?)



22: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/13(日) 04:32:07.66 ID:Tjx39Rgt0

李衣菜「ここからは、本気ですよ…! 『ステルスロック』浮上して!」

ふわ…………っ

P(フィールド全体に岩が展開した…っ!)




23: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/13(日) 04:33:03.17 ID:Tjx39Rgt0

李衣菜「…安心してください。この岩が一気にあなた達を襲うことはありません。」

李衣菜「これだけばらばらに浮かせると、それだけでエネルギーを使っちゃうんです」

P「それはいい情報だな…だが、言うからには勿論、悪いお知らせの方もあるんだよな?」




24: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/13(日) 04:33:34.48 ID:Tjx39Rgt0

李衣菜「それは今からお見せします!」たん……っ!

P「飛んだ………高い…っ!?」

李衣菜「ロックカットは一時的に身軽になって自分の素早さを高める技…つまり…!」

李衣菜「『ロッククライム』!」

ばっ ばっ ばっ ばっ ばっ……




25: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/13(日) 04:34:03.52 ID:Tjx39Rgt0

P「岩の上を、自在に…!」

李衣菜「こうして跳び回れば、その子の炎は絶対に食らいません!」

ヒトカゲ「かげ!?」

P「ぐ…ここへきて小賢しいマネを…!」




26: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/13(日) 04:34:42.28 ID:Tjx39Rgt0

李衣菜「へへーん、こういうのはやったもん勝ちなんですよ!これで…」ばばばばば………

李衣菜「攻撃は…絶対に…!」ばばばばばばばば………

李衣菜「…………………」

P「……………?」




27: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/13(日) 04:35:27.18 ID:Tjx39Rgt0

李衣菜(………どうしよう)

李衣菜(このままだと私、攻撃できないじゃん!)ちーん……

ーーーーーーーーー




28: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/13(日) 04:36:04.50 ID:Tjx39Rgt0


P「いやー、勝った勝ったぁ、ははは」

P「グレーバッジか…へえ、実物はこんな感じなんだなジムバッジって」

P「ヒトカゲもお疲れ様だったな」

ヒトカゲ「かげ!」(肩に乗ってる)




29: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/13(日) 04:36:36.98 ID:Tjx39Rgt0

李衣菜「ちょっと!ひどいじゃないですか、いくらなんでも!」

李衣菜「普通、やけくそで覚悟決めて特攻決めた女の子に火の粉とか!」

李衣菜「おかげで服もほとんど焦げちゃったじゃないですか!もー!」ぼろっ……




30: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/13(日) 04:37:30.83 ID:Tjx39Rgt0

P「いや、だって、あのスピードで上から降ってくるとか、もう俺が命令しなくても…なあ」

ヒトカゲ「かげ」←びびって勝手にやった。

李衣菜「それでも! ポケモンの面倒は普通トレーナーがちゃんと見るもので…!」

P「ああ、言ってなかったっけそういや」

李衣菜「?」




31: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/13(日) 04:38:04.25 ID:Tjx39Rgt0

P「俺はトレーナーじゃない。俺の肩書きは「プロデューサー」だからな」けらけら…

李衣菜「あーー!ずっこい!!」

P「こーいうのは言ったもん勝ちなんだよーだ」

李衣菜「待てこの陰険プロデューサー!」

ーーーーーーーー



32: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/13(日) 04:38:43.26 ID:Tjx39Rgt0

ぴぴぴぴぴ………

P「ん……朝…? 今、何時だ…」

P「って、やっべえ寝過ごした!?」

P「うわわ、遅刻遅刻…! ああ、社員証社員証…」

ころっ…




33: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/13(日) 04:39:16.07 ID:Tjx39Rgt0

P「……ん? なんだこれ、バッジ…?」

P「っとと、こんな事してる場合じゃない!今日は朝から会議なんだって!」

P「急げーっ!」どたどたどた……ばたん…




34: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/13(日) 04:39:44.06 ID:Tjx39Rgt0

ーーーーーーーー

ーーーーー

ーー




35: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/13(日) 04:40:12.51 ID:Tjx39Rgt0



ーおしまい。






36: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/13(日) 04:43:39.32 ID:Tjx39Rgt0

岩でロックと言うとむしろ「ザ・ロック」と呼ばれたジムリーダーさんもいたと思いますけどそれはそれで。
なんとなく思いついた妄想なので、また気が向いたらこの夢の続きをPが見るのかもしれません。

…続くかどうかわからないので弱点保険かけたとか…読まれちゃってますね多分。



37: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/13(日) 04:45:59.25 ID:Tjx39Rgt0

元スレ
SS速報VIP:モバP「ほう、ニビシティか」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1449947939/



アイドルマスター シンデレラガールズ 多田李衣菜 セリフストラップ

新品価格
¥1,100から
(2015/12/13 04:58時点)