過去作
モバP「小悪魔夕美とハロウィン」

北条加蓮「もう一度だけ、夢を見て」

小日向美穂「私達のプロデューサーと」

加蓮「12月…か」

モバP「卯月と秋の日に」

モバP「ristorante(レストラン)・ザ・アイドル」

武内P「忘年会企画案検討会議」

加蓮「流れ星キセキ」

新田美波「オトナ、一歩手前の距離で」

モバP「冬の夕焼けとシンデレラシューコ」

モバP「ほう、赤緑青ピカチュウか」

モバP「冬はつとめて」

モバP「とある歳末Pの1日」

モバP「ほう、無双シリーズか」

武内P「太鼓の達人…ですか」

七尾百合子「武内Pさん…むむ…」

モバP「空力使い(エアロハンド)だと?」 裕子「!?」

モバP「ほう、テイルズオブ20周年か」

かな子「美味しいけど大丈夫じゃなかった…」

モバP「ほう、ペルソナか…なに、アルカナ考察もやってみる?」

堀裕子「ぼええええ!」剛田武「ホゲーーー!」矢吹可奈「!!」

武内P「はあ…ラップ、ですか?」 みりあ「そうなの!」

イヴ・サンタクロース「ダンボールの神様…ですかぁ?」

未央「かれん、お待たせ!」加蓮「それなんだけどさ」

島村卯月「ぴ、ぴにゃー」 綾瀬穂乃香「!!!」

モバP「ほう、サモンナイトか」

七尾百合子「346プロダクション…む、むむむ…」

杏「歌いたくない!」かな子「ええっ!?」智絵里「どうしよう…」

曹操「ほう、スターライトステージか」モバP「誰だアンタ」

モバP「ほう、THE IDOLM@STERか」

モバP「あれ、何か違わないか…?」

モバP「ほう、ニビシティか」

モバP「ほう、ハナダシティか」

モバP「ほう、苺が安いのか」

モバP「ほう、クチバシティか」

モバP「ほう、シオンタウンか」



SS速報VIP:モバP「ほう、タマムシシティか」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1450055339/



1: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/14(月) 10:09:00.31 ID:2+fvXHY30

ニビ・ハナダ・クチバ・シオンと来て第5話。
相変わらず妄想が暴走しており大変危険です。
十分注意してお読みください。



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1450055339




2: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/14(月) 10:10:28.71 ID:2+fvXHY30

P「着いたなあ…いやあ、でかい街だ……」

カラカラ「…………!」キョロキョロ…

P「ははは、見るものすべて珍しいんだろうなあ…きょろきょろしてら」

P「行くぞカラカラ。見て回りたいところは色々あるが、まずはジム戦といこう」

P「前回の雪辱を晴らしたいってのが2匹。ボールの中で燃え上がってるからな」




3: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/14(月) 10:11:15.45 ID:2+fvXHY30

ーーーーーーーーー

P「そういやタマムシジムって男子禁制だったっけか? 昔アニメでサトシが女装してた記憶があるなあ」

P「ま、流石にアニメだけだろうけどな、ゲーム版では普通に戦えるわけだし」

P「……そう言えば、ジムの前にのぞき魔がいたよな」

P「…………」



4: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/14(月) 10:11:47.52 ID:2+fvXHY30




愛海「うひひ…お山が…お山がたくさん…! ここがあたしの桃源郷か…!」


P「またとない配役だぞお前」





5: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/14(月) 10:12:35.31 ID:2+fvXHY30

ージム内部ー


夕美「あれ、プロデューサーさんだっ!」

凛「あ、本当だ…どうしたの、今日はもうお店おしまいだよ?」

P「……あれ、ジムじゃなかったっけここ」




6: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/14(月) 10:14:02.75 ID:2+fvXHY30

ーーーーーーーーー 

ーーーーーー 

琴歌「はい、特製のハーブティーですわ♪」

P「あ、ああ…随分大所帯だな、このジムは…みんなここのトレーナーなのか」

智絵里「いえ…ここ、色んな植物が見られる植物園だったり、喫茶店が一緒になってて」

紗枝「お花のお稽古もやってますしなあ…気付いたらうちら、いつの間にかひとかたまりになってたんどす」

桃華「まあ、この街の大きさを見てもらえればわかると思いますけれど、この建物はジムがメインではないのですわ」

P「へえ? …確かに、植物園に喫茶店…花屋に…アロマの店なんてのもあるんだな。まるでアミューズメントパークだ」

P「……で、ちなみに聞きたいんだけど、その、ジムリーダーってのはこの中の誰なんだ?」




8: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/14(月) 10:15:58.13 ID:2+fvXHY30

ーーーーーーーーーー

ータマムシシティジム・サンルームー

P「ここか…よし、それじゃあ行くか!」

カラカラ「…………!」こくん!

P「たのもーっ! ジムリーダーは……」がらっ……

ぽかぽか……ちゅんちゅん…ピヨピヨ…

P「…ものっすごいうららかだな…本当にここがジムなのか…?」




9: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/14(月) 10:16:32.15 ID:2+fvXHY30

藍子「あ、プロデューサーさん! どうしたんですか、こんなところまで…」

藍子「もしかして、プロデューサーさんも日光浴ですか? ここ、日当たりが良くて気持ちいいんですよ…♪」

P「来る場所間違えたかな俺」

ーーーーーーーー




10: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/14(月) 10:17:09.92 ID:2+fvXHY30

P「まさかの展開だ、お前がジムリーダーとは予想してなかったよ…」

藍子「私も、自分がそういう立場になるなんて思ってませんでしたけど…」

藍子「でも、みんな、私のこと推薦してくれて…私一人だと、色々危なっかしいからって、集まってくれたんです」

P「なるほど…それでこういう造りになってるんだな…」




11: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/14(月) 10:17:58.27 ID:2+fvXHY30

藍子「あとで、みんなでお茶にしようって約束があるんですけど…」

藍子「よかったらプロデューサーさんも一緒にいかがですか?」

P「それは光栄だな…ありがたく御相伴に預からせてもらうとしよう。……だが」

P「勝負は勝負。こっちは全力で勝たせてもらうから、泣きを見ることになっても知らないからな」

ヒトカゲ「かげかげ!」

藍子「わかりました。それではこっちも全力でお相手させてもらいますね。」




12: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/14(月) 10:18:41.32 ID:2+fvXHY30

ーーーーーー


P「カラカラはそこで見学していてくれ。いいか、しっかり戦いを見て、勉強するんだ」

カラカラ「………から!」

P「いい返事だ。仲間の見てる前で無様は晒せないってな」

P「この勝負は勝ちに行くぞ!」

ヒトカゲ「かげ!」


ー戦闘開始ー



13: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/14(月) 10:23:54.26 ID:2+fvXHY30

藍子「それでは、いきますね…! むむむ……!」

P「藍子の身体が光って……いや、光を吸収してるのか!」

P「なら、チャージが終わる前に崩す! ヒトカゲ、ひのこ!」

ヒトカゲ「かあああげっ!!」ぼおおおおおっ!

P「以前までより威力は上がってる、必殺の炎だ!」

P「流石にジムリーダー、これで倒せるとは思わないが、致命打にならぬまでも少しくらい…」

藍子「ひゃあああああっ!」ぼおおおお……

P「………………ええ…」




14: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/14(月) 10:24:49.85 ID:2+fvXHY30

P「………避けるどころか反応すらしない……だと…!?」

藍子「いたた…もう、ひどいじゃないですか!」ぼろ…っ

P「…あれ、勝負してるんだよな俺たち…」

藍子「おしおきです! いきますね、『ソーラービーム』!!」

ぎゅおおおおおっ!!

P「来た!ヒトカゲ、かわしてひのこ!」

ヒトカゲ「かげ!」




15: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/14(月) 10:26:32.93 ID:2+fvXHY30

P(ビームの速度もそれほど早くない…これなら余裕で避けられる!)

ヒトカゲ「かげっ!」すかっ!

藍子「あああっ!」

P「いいぞ、そのまま……!」

きいいいいいい…………ん!

P「……何の音だ?」きょろ…

ばしゅうううううう!!

ヒトカゲ「かげえええっ!!」ぎゅおおおおっ!

P「!?」




16: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/14(月) 10:27:44.21 ID:2+fvXHY30

P(避けたはずの光弾が背後から!? ……しかも、速い…!)

藍子「やりました!うまくいったみたい…」

P「一体、何がどうなって…! …………あれは……」

鏡「…………」

藍子「はい。お日様の光をうまく調整するための鏡です。このお部屋のあちこちに置いてあるんですよ」



17: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/14(月) 10:28:38.30 ID:2+fvXHY30

藍子「そして……それをうまく使えば、こんなことだって!」

ぱあああああああああ…………

P「うお…っ! 陽射しが、強く…!」

ヒトカゲ「かげ……っ!」

藍子「……………」しゅううう………

P「傷が…治っていく……!」

藍子「………はい、これで元気になりました!まだまだいきますよ!」




18: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/14(月) 10:29:12.59 ID:2+fvXHY30

P「一体、どうなってるんだ…!? だって、さっきまで、あんなにボロボロで…」

凛「『光合成』だよ。陽の光を吸収して体力を回復するの」

P「凛!」

凛(なんとなく様子が気になって来てみたけど……この分だと、勝負はもう決まったようなものかな…)




19: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/14(月) 10:30:00.91 ID:2+fvXHY30

P「だったら、その回復量を上回る攻撃で…!」

ヒトカゲ「かげ!」

凛「無駄だと思うけど…単純に回復量だけで言うならあれ、ほとんど全回復だし…」

P「……は!? 全快!?」




20: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/14(月) 10:30:45.18 ID:2+fvXHY30

凛「……藍子の怖いところは、無意識で相手を自分のペースに引き込んじゃうところ…」

凛「そして、その藍子がやる気になっちゃった今…」

凛「一撃の威力だけで勝つのは、ちょっと難しくなったんじゃないかな…」

藍子「それでは、次はこちらからいきますね! はああっ!」

ぎゅおおおおおっ!

ヒトカゲ「かげっ!?」

P「な!? チャージなしでビーム!?」




21: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/14(月) 10:31:35.68 ID:2+fvXHY30

ヒトカゲ「かげっ!」すかっ

P「うまい、よくかわしたぞヒトカゲ! そのまま…」

凛「……まだ終わってない」

P「何!?」

ヒトカゲ「かげーーーっ!!」ぎゅおおおおおおお………

P「しまった、向こうにも鏡が…! 直撃だ、大丈夫かヒトカゲ!」




22: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/14(月) 10:32:21.62 ID:2+fvXHY30

ヒトカゲ「か、かげ…!」むく…っ

P「よし、まだやれる…!」

凛(効果は今ひとつ、だからね…けど、これからだよ)

藍子「これはどうでしょう…ええーーーいっ!」

ぎゅおっ!ぎゅおっ!ぎゅおおおおっ!

P「れ、連射!?」

P(それも、連射間の予備動作もほとんどないなんて…)




23: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/14(月) 10:33:30.92 ID:2+fvXHY30

ヒトカゲ「かげっ!」すかっ

きゅいいいい……ん! ぎゅおっ!

ヒトカゲ「かげ…かげ、かげっ…!」すかっ、すかっ…すかっ!

P「く……八方から攻められて、これじゃ防戦一方じゃないか…!」

P「……まてよ?」

P「………ヒトカゲ!」




24: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/14(月) 10:34:01.42 ID:2+fvXHY30

ヒトカゲ「かげ!」こくん

P「やってくれるな! よし、ひのこ!」

ヒトカゲ「かげーーーーっ!」ぼおおおおおっ!

藍子「遅いです!」すかっ!

P「は、速い! さっきまで、避けるそぶりすらなかったのに…!」




25: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/14(月) 10:34:54.34 ID:2+fvXHY30

藍子「この速さも陽の光のおかげです! まだまだいきますよ! えーーいっ!!」ばしゅうう!

P「く、ひのこ!」

ヒトカゲ「かげ!」ぼぼぼ…!

P「ひのこ!」

ヒトカゲ「かげー!」ばばばば!

P「もう一発ひのこだ!」

ヒトカゲ「か、げー!」ぼおおおお




26: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/14(月) 10:35:37.99 ID:2+fvXHY30

ーーーーーーーーー

ーーーーーー

藍子「そろそろ、ひのこも吐けなくなってきたんじゃないですか?」

ヒトカゲ「かげ…かげ…」ぜえぜえ…

藍子「これでおしまいです!『ソーラー…』」

P「…確かにな…」




27: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/14(月) 10:36:20.39 ID:2+fvXHY30

P「……確かに、もうおしまいだよ」

藍子「え……? あ、あれ?」しゅううう……

凛「陽射しが…弱くなってる」

P「藍子、避けまくったりビームを乱射するお前の戦い方は、確かに脅威だったけどな」

P「知るべきだったんだ。お前のそのビーム…鏡の位置をそのまま俺たちに教えてるってことに!」

割れた鏡「………」




28: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/14(月) 10:37:02.18 ID:2+fvXHY30

藍子「そんな…! じゃあ、はじめから私じゃなく、鏡を…?」

P「……チェック・メートだ! ヒトカゲ!」

ヒトカゲ「かげかげかげ…!」だっ……

藍子「く…だけど、陽射しが弱くても少しだけなら回復できるんです…!」

藍子「まだ、負けは決まったわけじゃ…!」

ヒトカゲ「かーーーーげーーーーー!」だだだだだ……

ぱああああああああ…………




29: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/14(月) 10:38:07.77 ID:2+fvXHY30

藍子「えっ!?」

P「………これは…!」

凛「……進化の、光…!」

リザード「がぁああああああ!!」ごおおっ!!

P「………!!」

P「……いっ………けええええええええ!!」

藍子「………!!」




30: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/14(月) 10:38:46.12 ID:2+fvXHY30

P「『はじけるほのお』!!」

リザード「がああああああっ!!」

どごおおおおおお………ん………


ーーーーーーーーーー




31: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/14(月) 10:39:28.98 ID:2+fvXHY30

一回・喫茶スペース

琴歌「はい、こちら、夕美さんとの共同作ですの。」

P「おお、いい香りだな…ん、こっちのケーキもうまい!」

藍子「うう…ボロボロです…」くすん…

凛「まさか、ビーム戦法が裏目に出るなんてね…けど、頑張ったよ、うん」




32: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/14(月) 10:41:32.50 ID:2+fvXHY30


桃華「それにしたって、PちゃまもPちゃまですわよ」

桃華「そもそも、進化したからっていくら何でも至近距離で攻撃する必要なかったんですの」

桃華「回復はほとんど封じていたのですから、一撃いれてしまえばそれだけで隙を作って勝てましたのに」

桃華「Pちゃまはもう少し、レディの扱いを心得ておくべきですことよ」

夕美「確かに、藍子ちゃん、回復はできるけど体力はほとんどないからね…」

智絵里「あ、あはは…」

P「……そういや、最初のひのこだけで既に虫の息だったような…」




33: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/14(月) 10:43:51.16 ID:2+fvXHY30

P「なのに途中からめちゃくちゃ張り切りだしたよなお前。実は破れかぶれだったんじゃ…」

藍子「あ、あれはその…別に、そういうわけじゃなくてですね…」あわあわ…

紗枝「あらあら、藍子はんのお顔がまっかっかや♪ ほんにプロデューサーはんはいけずなお人やなぁ」

藍子「もう!紗枝ちゃん!」

カラカラ「カラカラ!」しゅっ!

P「ん?」

カラカラ「……から、から!」しゅっ!しゅっ!




34: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/14(月) 10:44:24.59 ID:2+fvXHY30

P「はは、素振りの練習か、それ。…もしかして、リザードのマネなのかもな」

リザード「がる?」

P「……ふう…何にせよ勝ててよかった。」

ナゾノクサ「なぞ、なぞなぞな!」

P「そうだな、次はお前の番だ…頑張るぞ、目指すは妥当、唯…ってな!」

ナゾノクサ「なぞ!」

ーーーーーーーーーー




35: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/14(月) 10:44:58.32 ID:2+fvXHY30

ぴぴぴぴぴ……

……かちっ


P「ん……なんか今日は寝覚めがいいな…」

P「あれ、外、すごい晴れてるな…うわ、陽もあんなに強く…」

P「大丈夫だよなこれ…日傘とかさしたほうがいいんじゃなかろうか」




36: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/14(月) 10:45:31.16 ID:2+fvXHY30

P「っと、冗談はほどほどにして…そうだな、今朝は…」

P「目玉焼きと、サラダでも食べて行くとしようかなー」

ーがちゃ……ばたん…

レインボーバッジ「…………」




37: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/14(月) 10:46:00.68 ID:2+fvXHY30



ーおしまい。






39: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/14(月) 10:50:08.81 ID:2+fvXHY30

と言うことでタマムシジム編でした。
戦闘描写が苦手なので、脳内で上手いこと補完してやってください…
ついでにBGMとかも脳内補完すれば、それなりには誤魔化せるんじゃないかなぁ(白目)

では、毎度の如く今回も、妄想にお付き合いいただきましてありがとうございました。



40: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/14(月) 10:59:19.10 ID:2+fvXHY30

KA・KO・SA・KU ☆ (エリカちがい)▼

モバP「ほう、ニビシティか」

モバP「ほう、ハナダシティか」

モバP「ほう、苺が安いのか」

モバP「ほう、クチバシティか」

モバP「ほう、シオンタウンか」


いつまでたってもポリゴンが手に入らず、指をくわえて見ていた景品交換所…
そう言えばゲームコーナーって大人の事情でもう無理なんでしたっけ、ゲームに出すの…

ではでは、依頼とさせていただきます。ありがとうございました。





38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/14(月) 10:49:34.73 ID:ul0NLK3PO


ラストはゆるふわほんわかで心がほっこりした



43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/14(月) 11:20:21.86 ID:MPwke/Bg0

おっつ
陽射しでテンションもパッションしたかと思ったらはりきったのはそういう理由かwww
かわいいですわ~~



元スレ
SS速報VIP:モバP「ほう、タマムシシティか」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1450055339/