SS速報VIP:真「ボクの昼寝中に油性ペンで額に【女】って書いた奴を絶対に許さない!!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1395053415/



1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/17(月) 19:50:18.47 ID:uap+AsWs0



真「いや、割と、本気で、正直殺すまであるね」フーーフーー!!

春香「キレてるねぇ」

真「こんなイタズラ悪意の塊でしょ!! 吹いても全然消えないし!!」ゴシゴシゴシゴシ!!

春香「どれ、どんな感じなの?」

真「……ん」ッス【女】



春香「wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」



真「春香」

春香「ごめん、違うんだってwwいやwwふふwwwwぷふぇwwwwww」

真「春香」

春香「ちょww待ってww一回タンマww………ふーーwはーーーふーーーはーーー……よしっ」



真「…………」【女】



春香「ぼへぇwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」



真「春香ぁ!!!!!!」

春香「だってwwwそれww卑怯www無理wwwwwww」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1395053415




3: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/17(月) 19:56:37.49 ID:uap+AsWs0



春香「とりあえずさwww前髪で隠そうwwねwwwwお腹痛いwwww」

真「……」サッ

春香「はーーーー……危なかったぁぅふぅっぷへぇwwwwwww」

真「余波食らってんじゃねぇよ!! チクショウ!! 誰だ!!?? 誰がこんな事!!」

春香「はーーwwwwはーーwwww亜美とか真美じゃない? はーーwwwwこんな事すんのwwww」

真「そうか……よし、問い詰めてくる」

春香「お手柔らかにねwwふぅww」



真「…………」


春香「……ww??」


真「春香じゃないよね」クルッ


春香「もぺぇwwwwwwwwwwwwwwwwww」


真「何で隠れてるのに笑うのさぁ!!!!」

春香「だってwwwもうwww竜の紋章かってくらいwwwもうww目に浮かんじゃうwwwww」

真「春香じゃないよねぇ!!??」

春香「無理ww私だったらwwww書いてる途中で絶対笑っちゃうwwwww」

真「もういい!! 亜美真美に聞いてくる!!」




4: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/17(月) 20:07:04.55 ID:uap+AsWs0



真「亜美」

亜美「ん?どったの?まこちん」ジュースグビグビ

真「ちょっと聞きたい事があるんだよ」

亜美「アレ? イメチェン? 髪型いつもと違うね?」ポテチパリパリ



真「これ、やったの亜美?」ペラッ【女】



亜美「コレ?コレ……て」モグモグ




亜美「wwwwwwwwwwwwwwwww」ブーーーーーーーーーーーーー!!!!!!




真「コレやったの亜美!?」

亜美「何www何それwwww女wwww女ってwwwww」

真「答えてよ亜美!!」

亜美「ちょっとまってwwwお願いwwww一回だけwww一回だけ叫ばせてwwwww」

真「叫ぶ?」イライラ

亜美「何の主張だよーーーーwwwwwwww!!!!!はーーーーーwwwwwwwwww!!!!!」

真「亜美!! ボクは、真剣に、怒っているんだからね!!!!」

亜美「え、だって、だってそれ」


真「…………」【女】


亜美「はーーーーーーーーーーwwwwwwwwwwwwwww」

真「もう良い!! 亜美じゃなさそうだから真美に聞いてくる!!」プンスコプンスコ!!

亜美「はーーーーーーーーーーwwwwwwwwwwwwwww」




7: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/17(月) 20:17:55.48 ID:uap+AsWs0



真「真美!!」

真美「フニャ!!」ビクッ

真「ちょっと聞きたい事あるんだけど」

真美「え? な、何? まこちん……えっと、あの……何か、怒ってる?」

真「真美さ、ボクが昼寝している最中に」

真美「う、うん」

真「額に、コレ、書いた?」ペラッ


真美「…………」【女】


真美「くノ一っっwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」


真「ねぇ!! 真美!! これ書いたの真美!?」


真美「しらねぇwwwwwなんだソレwwwwあははwwwあはははははwwwwww」

真「真美じゃないんだね!!??」

真美「そんなwwwwハイセンスすぎwwww嫉妬するwwwww面白いwwwwwww」

真「真美じゃないかって聞いてるの!!」

真美「真美もwwwwそんなwww発走www欲しいwwあがががががwwwwwwwww」

真「もう良いよ!! 全く!! 真美のバカ!!」プンスコプンスコ!!

真美「女wwwwwwわざわざwwwww酷ぇwwwwwwあはははwwwwww」





11: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/17(月) 20:26:03.07 ID:uap+AsWs0



真「亜美でも無く、真美でも無い……」

真「じゃあ、一体、誰なんだ全くっっ……」イライラ

真「えっとぉ……ボクが寝ている間に事務所に居たのは」


真美「春香、亜美、真美、小鳥さん、雪歩、あずささん、千早か……」


真「貴音は……無いだろうな、雪歩やあずささん、ましてや千早もこんな事しないだろうし」

真「と、なると、だ」


真「…………」


真「…………ヒヨコか」

真「ヒヨコの仕業か……」

真「問い詰めてやる…………っっ」





12: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/17(月) 20:39:22.64 ID:uap+AsWs0



小鳥「午後の仕事は~眠い~から~♪」

小鳥「コーヒー片手に~やりま~しょね~っとくらぁ♪」

小鳥「はーー!! よいこらせーのどっこいしょぉおっとぉ!!」ドサッ

小鳥「背中痛ぇ~湿布貼っかな~……」トントン

真「小鳥さん」

小鳥「え!?あ、あら、真ちゃん/// い、今の聞かれちゃった? おほほほほ///」

真「小鳥さん、ボク、小鳥さんに聞きたい事があるんです」

小鳥「あ、はい、何でしょう? スケジュールの変更とか?」

真「ボクの目を見てください」

小鳥「え? あの、えと?」

真「ボクに何か言う事ないですか?」ズイ

小鳥「あ、あの、えっとま、真ちゃん、その、近///」

真「何か、言う事、ないですか!?」

小鳥「だ、ダメ、だめよ真ちゃん、そんな、年が、性別がぁ///」



雪歩「ナニシテルンデスカ」



小鳥「ピヨォオオォオオォオオ!! ジェ、ジェイソン!!!??」

真「あ、雪歩」

雪歩「オタノシミダッタヨウデ」

真「一応雪歩にも聞いておきたいんだけどさ」

雪歩「ワタシハイチオウデスカ、ソウデスカ」

真「コレ、やったの誰」ペラッ



小鳥「コレ?」


雪歩「ドレ?」


真「…………」【女】




13: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/17(月) 20:49:33.47 ID:uap+AsWs0



雪歩「あがっwwががっwwががっwwががっwwががががwwwwwwww」


小鳥「だっしゃっしゃっwwwwwwしゃっしゃっwwwwwwww」


真「……」


雪歩「真ちゃwwwwそれwwwwほーーーーーーwwwwwwww」


小鳥「いやいやいやいやwww卑怯wwwそれは卑怯だわwww無理ww無理wwww」


真「コレ、書いたの誰?」


雪歩「これ? これって、そのwwwww????」

小鳥「お、おおおwwwwwおおおおおおんwwwwww」


真「……」【女】


雪歩「ほーーーーーーーーーーーーーーwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

小鳥「だめwwww!!!! お腹ちぎれるwwwww!!!!! マジでwwwwwww!!!!」


真「二人とも知らないんだよね!?」


雪歩「いえwww真ちゃんが女の子だってwwww事はwww存じ上げwwwほーーーーーーーーーーwwwww」

小鳥「やめwwwwww雪歩ちゃんのwwwほーーーもwwwツボにwwww死ぬっっwwwwまじでっwwwwww」


真「死ね!! 二人とも!! 出来うる限り苦しんで死ね!!」プンスコプンスコ!!


小鳥「っっっっwwwwwwっっっwwwwwww」プルプルプルプル

雪歩「十分wwww十分苦しんでwwwいらっしゃるwwwほwwwほーーーーーwwww」





15: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/17(月) 21:00:42.94 ID:uap+AsWs0



真「……疑いたくは無いんだけど」

千早「何かしら?」

真「千早さ、僕が寝ている間に」

千早「あぁ、さっき寝ていたわね」

真「これ、書いた?」

千早「これ?」


真「これ……」【女】


千早「……」

真「……」

千早「……何をふざけているの?」

真「いや、ちょっと待ってよ」

千早「亜美や真美じゃないんだし、そんな事で遊んでいる暇があったら」

真「待って、待ってって、千早」

千早「ダンスのレッスンに費やしたり 真「千早!!」

千早「……???」

真「これを、ボクが、自分で、やったって、思ってるの?」

千早「……違うの?」


真「そんなわけあるかぁ!! なんでこんなバカみたいな事自分から進んでやらなきゃいけないんだよ!!」


千早「真は、その、ちょっと、バカだから……」


真「あ、そっか、なるほどね、バカだからか、そりゃね、だったらね、仕方ないわけあるかぁぁああまな板ぁああああ!!!!!」





19: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/17(月) 21:14:07.25 ID:uap+AsWs0



千早「今、誰の事言ったの?」


真「そこの絶壁に…………ゼッペキーナに言ったんだよ」


千早「おぅ!! ゼッペキーナは取り消せやこら? あ?」


真「その前にボクの事をバカだって思ってた事の謝罪だろうよ、お?」


千早「あ!? ゼッペキーナだったら真も変わらないでしょうよ? お? ゼッペキーナ'sでしょうよ? あ?」


真「その物静かでいかにも「勉強できます」キャラだから触れられて無いけど、おめぇ、あんま成績良くねェだろ? お!?」


千早「真とは一度、本当に【総合力においての優劣】について話をつけなきゃって思ってた所よ」


真「アニメでちょっと優遇されたからって舐めんなよ? お?」


亜美「あーーーーーはいはいはいはいはい」

真美「ストップストーーーップ」


千早「止めないで、真は、超えてはならない最終ラインを越えてしまったのよ」

真「千早とは一度、本気で話し合わないとって思ってた所なんだよっっ」


亜美「もうさ、やめてよ二人とも」

真美「もっとさ、大人の女性って奴をさ、亜美と真美に教えてくれても良い年齢じゃない?」


真「僕はそんな悠長な事!!」フワッ

亜美「あーーーーーーーwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

真美「それーーーーーーーーーーーーwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」


真「ちょっと!! 亜美!! 真美!!」


亜美「ダメだってwwwww!! 解放しちゃダメだってwwwwwwww!!」

真美「強烈すぎるwwwww!!!! その額の威力半端じゃないwwwwwwwwwwww!!!!」


真「くっそ!! もう良いよ!!」プンスコプンスコ!!


千早「あ!! 真っ!! まだ話は!!」

亜美「今のwwwまこちんにwww何をwww言ってもwwwくはぁwwwwwwww」

真美「ほっとくのがwwwwいちばwwwむふぉwwwwぷへぇwwwwwwwww」





22: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/17(月) 21:32:19.59 ID:uap+AsWs0



真「あずささぁん!!」バンッ!!

あずさ「ぴゃ、ぴゃい!!??」

真「聞きたい事、あるんですけど、ちょっと良いですか?」

あずさ「え? い、いや、あの、皆で食べようって言ってたハーゲンダッツの事?」

真「違います」

あずさ「あ、あの、人数分用意したタイ焼きが半分なくなった事かしら?」

真「違います」

あずさ「え、えぇ……っと、他にはえっと……」

真「食べ物方面の話じゃないです」

あずさ「あ、あらぁ~~、そ、それならそうと早く言ってぇ? 真ちゃんったらぁ」ツン

真「コレやったの、あずささんですか?」ペロッ

あずさ「コレ? コレってどれぇ?」





24: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/17(月) 21:41:46.89 ID:uap+AsWs0



真「コレです」【女】

あずさ「…………」

真「これ、書いたの、あずささんですか?」

あずさ「…………」

真「何で何も言わないんですか? あずささんなんですか!? こんな事書いたのは!!」


あずさ「…………」ポロポロポロポロ


真「え!?」


あずさ「真ちゃん……そんなに……思い悩んでいたなんて…………」ポロポロポロポロ

真「い、いや、あずささん?」

あずさ「大丈夫……大丈夫よ? 真ちゃん、そんな事書かなくても、真ちゃんはちゃんと乙女だって、私、解っているから!!」ガシッ

真「い、いや、これはボクが」

あずさ「掘りましょう!!」

真「は!?」

あずさ「そこまで思い悩んでいるのであれば、もういっその事、掘っちゃいましょう真ちゃんっっ!!」

真「え? い、いや、あずささん、いったいなんの事で……」

あずさ「ほっぺ? それとももう……女の事として一番大事な所に!!」

真「あずささん!!」

あずさ「あ、は……はい」

真「これ、誰かのイタズラで書かれた物でボクが書いたわけじゃないですから」

あずさ「え? ……へ?」





29: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/17(月) 21:56:37.47 ID:uap+AsWs0



真「あずささん……掘るって……」

あずさ「あ、いや、あの、その、ち、違うのよ? この業界顔が広いじゃない?」

真「そう言った方々とも」

あずさ「そう言う事じゃなくてね? ん、んもう!! 真ちゃん? 似合ってるぞ!! この【女】って言うタトゥー」

真「掘ってるわけあるかぁ!! 何かを勘違いした外国人か!! 腕に【謝罪】とか掘っちゃった系のぉ!!!!」

あずさ「あ、あら? 違うの?」

真「違います!! って言うか本当に掘ったって思ってたならそれはそれで殴りますけどね!!」

あずさ「じゃあ、それは?」

真「昼寝から起きてトイレに行ったらこんな事になってたんです……心辺りはありませんか?」

あずさ「ん、ん~~、確かに私も事務所に居たけれども……ずっと渡辺篤史の建もの探訪見てたから」

真「あれまだやってたんですかっ!?」

あずさ「あ~~……天窓だぁ……」

真「良いですから、割とクオリティ高いモノマネ見せて頂かなくて良いですから」

あずさ「ともかく、そう言うわけだから私は知らないわ、ごめんなさいね?」

真「まぁ、あずささんのその真意な姿勢を信じます、すいませんでした」

あずさ「良い風が……通るんですねぇ……」

真「それは、もう、良いですか……」





30: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/17(月) 22:03:43.81 ID:uap+AsWs0



真「はぁ……もう、貴音しか残って無いよ……」

貴音「わたくしが、どうかしましたか? 真」

真「いや……コレ、やったの貴音じゃないよね?」ペロッ【女】

貴音「わたくしですが」

真「そっか、やっぱり違うか、そうだよね、変な事聞いてごめぇえええええええええええ!!??」

貴音「わたくしです」

真「え……えぇ!? 貴音が油性ペンでボクの額にコレを書いたの!?」

貴音「左様です」

真「えええええええええええええええええ!!!!!!!!!!!!!!!1」





31: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/17(月) 22:11:08.24 ID:uap+AsWs0



真「ど、どういうつもりさ!!」

貴音「どういうつもり? と言いますと?」

真「何でこんな事したのさ!!」

貴音「はて? 真の望みだからこそ、ですが」

真「ボクが!?」

貴音「はい」

真「ボクが!! ボクの額に!! 【女】って書いて欲しいって!! 望んでたって事!?」

貴音「いえ、正確にはそうではありません」

真「だろうね!? そうだろうよ!! 「私の額に女って書いてください!!」 ってどんな性癖だよって模索するレベルだよ!!!!」

貴音「真、貴女は【言霊】を信じますか?」

真「こ……とだま?」

貴音「己が発した言葉、または記した言葉は本当になると言う考え方です」

真「それが、ボクの額に【女】って書いたのと何の関係が……っっ!!」

貴音「真、貴女が昼寝をする前の頃を思い出せますか?」

真「……ボクが昼寝をする前?」





32: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/17(月) 22:13:38.82 ID:uap+AsWs0



雪歩『真ちゃん、またソファー何かで寝て……』

真『ダンスレッスンはやっぱり疲れるんだよねぇ……ごめん、雪歩、目を瞑って?』

雪歩『ん~~、はしたないよう、やっぱり』

真『僕もそれは解っているんだけどねぇ、この事務所で寝るって言ったらここじゃない?』

雪歩『せめてお腹には毛布かけて寝てよ?』

真『あ、もぅダメ、動けない……』

雪歩『はぁ……もう、真ちゃんは……しょうがないんだから』ファサッ

真『ありがとう、雪歩……僕も……雪歩みたいな……女の子らしい……子に……な……zzz』

雪歩『……おやすみ、真ちゃん』ナデナデ




貴音『……聞き届けましたよ』キュポン







33: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/17(月) 22:16:46.90 ID:uap+AsWs0



貴音「と言う訳です」

真「あぁ、なるほどね、そう言う事か、ならばしょうがないってなるわけあるかぁ!!!!」

貴音「!?」

真「なんて事しくさってくれてんだって話だよね!! せめてそれならば水性でやっとけって話だよ!!」

貴音「で、ですか!! 一度決めた目標は、そう軽々しく違える物ではないと!!」

真「…………じゃあさ」

貴音「……はい?」


真「その【ことだま】だっけ? それは、別にボクにだけって話じゃないわけじゃない?」


貴音「は……いや、まぁ、それは、そう、です、が……」

真「じゃあ、ボクも皆の願いを叶えてあげる事にするよ……」キュポン

貴音「ま、真? なんの冗談ですか? や、やめ、やめるのですっっ!!!!」





36: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/17(月) 22:19:39.30 ID:uap+AsWs0




春香「事情は解ったけど、これは酷くない!!!??」【個性】


亜美「いや、はるるんは本気でまともだと思う」【左】


真美「真美達に至っては、見た方向だからね、本人の立ち位置からじゃないからね!?」【右】


あずさ「こ、これって、消える……の、よね?」【GPS】


千早「か、関係ない私たちまで……くっ!!」【脅威の胸囲】


雪歩「こ、こんな事……思ってないもん……」グスッ【百人斬り】


貴音「皆、文句を言う物では無いですよ?」【麺用】


小鳥「割とマジで苛めだって思うんです」【婚期】


真「これで、ちょっとは気が済んだ……」ハァハァ【女】


ガチャ


伊織「ただいまー」


亜美「!!」

春香「おあつらえ向きが来たね」

雪歩「キャンバスも広いし」

貴音「志も高そうです」

千早「そうね、特大のフォントで」

真美「【素直】なんてどうかな?」

小鳥「等身大の、って付けたい所ね」

真「良いね、それで行こう」キュポン


伊織「……な、何よあんた達……全員してキン肉マン見ないな顔して……」


真「言霊、だよ?」ニコリ


伊織「ちょ……やめ、やめなさいよ!! やめっ!!!! ぎゃーーーーーーーーー!!!!!!」






38: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/17(月) 22:21:26.30 ID:uap+AsWs0



何だこれ……。


あ、お終いです。


尻つぼみ感はぬぐえませんが楽しく書けました、お付き合い頂きありがとうございますww






39: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/17(月) 22:22:23.05 ID:Dsl4nb490

雪歩「キャンバスも広いし」
おいwwwwwwwwww



41: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/17(月) 22:24:03.08 ID:07Y1s8kC0


笑いが止まらないwwww



57: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/18(火) 17:45:06.62 ID:vlBHa1Ja0

久々に笑った




元スレ
SS速報VIP:真「ボクの昼寝中に油性ペンで額に【女】って書いた奴を絶対に許さない!!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1395053415/



アイドルマスター 菊地真 1/8スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥5,480から
(2016/1/17 03:03時点)