初月「提督め……この執務室を掃除すればするほど」

初月「青年雑誌が埃のように出てくるじゃないかっ」

初月「あのバカ……」カァー…



初月「三日も家を空けるなら、せめて隠して行けばいいだろっ」

初月「こんなものを目にする僕の気持ちにもなれ!」






SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1455535359




2: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/15(月) 20:27:06.83 ID:ypEbwZ0/0

4: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/15(月) 20:36:44.09 ID:ypEbwZ0/0




初月「はぁ……」

初月(……一人ごちても、仕方ない……か)

初月(……しかし……)

初月(こんなものを読んでるくらいだから)

初月(“興味”は……あるんだよな)

初月(…………)

初月(僕にそんなを気配を見せたことはないのに)






5: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/15(月) 20:42:25.92 ID:ypEbwZ0/0




初月(奴の秘書となって一週間)

初月(分かっていたことだが、僕にはやはり……)

初月(女の魅力はないらしいな)シュン







6: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/15(月) 20:50:53.94 ID:ypEbwZ0/0




初月(奴は内地に出張だと言ったな)

初月(行先は教えてくれなかったが……)

初月(…………)

初月「なんだかもやもやしてきた」


初月「休憩しよう……」







10: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/15(月) 21:16:14.34 ID:ypEbwZ0/0




ガラッ


初月「もう夜だったのか……気付かなかった」

初月「…………」

初月「……“月”が見えはじめたな……」



初月「……秋月姉さん、照月姉さん」

初月「……今も元気にやっているか?」







14: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/15(月) 21:24:43.31 ID:ypEbwZ0/0




ブォォォォォォォォン……


初月「!」

初月「輸送機……帰ってきた」ニコッ







15: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/15(月) 21:33:07.01 ID:ypEbwZ0/0




「ただいま……」

初月「提督、ご苦労様」スクッ


ガチャ


初月「今回の出張は、一体何を……」

初月「……っ!」

提督「やあやぁ、初月君」ハハハ

初月「おい、顔がものすごく腫れてるぞっ」

初月「どうしたんだ!」







16: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/15(月) 21:39:13.21 ID:ypEbwZ0/0




提督「転んだ……」

初月「……転んだ?」

提督「輸送機の揺れのせいでね」

提督「ゴッ……て音がした」

提督「乗組員の皆に一斉に見られてもうやだ」シュン

初月「そ、そうか……」

初月「待っていろ、今氷嚢を作るからな」


タタタッ……


提督「……」

提督「“中佐ごときが”……か」

提督「……ちくしょう……」グッ







17: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/15(月) 21:46:27.27 ID:ypEbwZ0/0




………………
…………
……


初月「提督、新しい艦だ……よかったな」

提督「うん、艤装との馴染みもいいらしいね」

提督「少し、顔を出してくるよ」

初月「あぁ」


バタン

初月(…………)







18: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/15(月) 21:53:02.93 ID:ypEbwZ0/0




バンッバンッ

ガッ!

初月「チィッ、当ててくるな……っ!」

瑞鶴「初月!」

初月「心配するな、僕はまだ戦える」フフッ

初月「瑞鶴、そのまま流星を四時の方角へ飛ばし続けてくれ」

初月「この演習、勝てるぞっ」


……
…………
………………







19: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/15(月) 21:57:02.79 ID:ypEbwZ0/0




初月「いつもすまないな……五十鈴」

五十鈴「お安い御用よ、初月っ」

五十鈴「で?その提督の余裕がどうとかだけど……」

初月「あぁ……」

初月「実はあの日から、提督の様子が少しおかしいんだ」







20: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/15(月) 21:59:26.66 ID:ypEbwZ0/0




五十鈴「おかしいのは前からよ?」

初月「そ、そんなことを平気で言うんじゃないっ」







21: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/15(月) 22:07:11.93 ID:ypEbwZ0/0




初月「今日、新しい艦娘が着任しただろ?」

五十鈴「えぇ、たしかあの“千代田”って子ね」

初月「あぁ」

初月「あれから艦娘を“建造”したのはこれで10回目だ」

五十鈴「へぇ……」

初月「それに、演習の回数も明らかに増えている」

五十鈴「そう?よそじゃあのくらい、普通にやってるわよ?」

初月「あぁ……実際、僕たちはそれで構わないのだが……」



初月「提督の方に、いつもの余裕がないように見えるんだ」







22: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/15(月) 22:18:26.40 ID:ypEbwZ0/0




五十鈴「なるほどね……」

初月「僕の杞憂なら、それでいい」

初月「だが……もし、僕の手腕に問題があるなら改善したい」

五十鈴「ふふっ、あなたはよくやってるわ」

初月「だ、だが……」オロオロ


五十鈴「……ぷっ」

初月「……なんで笑うんだっ」

五十鈴「……べっつにー?」



五十鈴(……幸せな人ね、提督も)







23: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/15(月) 22:27:52.35 ID:ypEbwZ0/0




五十鈴「五十鈴にも、具体的なことは分からないわ」

初月「そうか……」

五十鈴「でも……今は提督にとって」

五十鈴「きっと、とても大事な時なのよ」

初月「大事な時?」

五十鈴「そうよ……」


五十鈴「だから、あなたは彼を信じて……」

五十鈴「隣で支えてあげなさい」ニコッ


……
…………
………………







24: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/15(月) 22:38:36.50 ID:ypEbwZ0/0




初月(支える……か)


提督「…………」ジー…

提督「…………」カキカキ

提督「……よしっ」

提督「ご飯作る!」


初月「!」

初月「ま、待てっ」

初月「今日は僕が作ろう!」

提督「え、だって君まだ……」







25: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/15(月) 22:51:48.39 ID:ypEbwZ0/0




初月「…………」ジワ…



提督(焦げて歪な玉子焼きの下に、麦飯を炒めたもの……)

提督(……“オムライス”を作りたかったのかな)クスッ







26: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/15(月) 22:54:32.21 ID:ypEbwZ0/0




初月(提督が好きな洋食……)

初月(これなら作れると思ったのに……)

初月(碌な食事をしていなかった僕じゃ……だめなんだ)

初月(……僕なんかが、提督の支えになんか……)グスッ



提督「いただきます!」







27: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/15(月) 23:02:03.73 ID:ypEbwZ0/0




パクッ

提督「うんまァイ!!」

初月「!」







28: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/15(月) 23:06:38.27 ID:ypEbwZ0/0




初月「お、おい……そんなの食べたら……!」

提督「形はよく分からないけど……」

提督「味付けはバッチリだよ!」

初月「……っ」

初月「そう……なのか?」

提督「うん!これ、簡単そうに見えてもね」

提督「オムレツを綺麗に作るの、難しいんだよ」

提督「初月ならできると思うし、今度一緒に作ろうよ!」


初月「……ていとく……」







29: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/15(月) 23:12:26.17 ID:ypEbwZ0/0




「「ごちそうさま」」


提督「なんか、疲れが吹っ飛んだよ!」

提督「ありがとう!」ニコッ

初月「……あぁ」


初月「お安い御用だっ」ニコッ


……
…………
………………






30: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/15(月) 23:21:02.61 ID:ypEbwZ0/0




提督「ふぅ……」

初月「今日もご苦労様、提督」

初月「茶を入れた……好きな時に飲んでくれ」

提督「ありがと、じゃあ早速」ズズッ…

提督「……ウマイ」

初月「そうか」フフッ







31: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/15(月) 23:25:12.80 ID:ypEbwZ0/0




提督「受け持つ作戦が、少しづつ大規模になってきたなぁ……」

提督「皆には無理させて、申し訳ないね」

初月「何を言う……」

初月「最近は、お前も海に出てきているじゃないか」

提督「旧式のミサイル巡洋艦“近江”に乗ってね」


提督「でも、深海棲艦相手にミサイルは通用しないから」

提督「皆の邪魔にならないように後ろの方で指揮してるだけだよ……」







32: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/15(月) 23:31:29.01 ID:ypEbwZ0/0




初月「いや……それでもお前は立派にやっているよ」

初月「近江に食料や燃料を載せてきてくれるし」

初月「なによりお前の指揮は一流だ」

初月「すぐ近くで共に戦ってくれるのは……とても頼もしいぞ」

提督「嬉しいこと言ってくれるじゃないの」フフン



初月(以前の艦隊では、考えられなかった……)







33: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/15(月) 23:36:06.31 ID:ypEbwZ0/0




初月「お前に何かあったら、僕が守ろう」

提督「ははは、そうなる前に一目散に逃げることにするよ」



提督「それより、ここに……3本のアイスキャンデーが」サッ

初月「!」

提督「ほしい?」


初月「…………」コクッ

提督「じゃあ長たんも呼んどいで」ニコッ


……
…………
………………







34: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/15(月) 23:46:30.50 ID:ypEbwZ0/0




提督『……やっこさん、なんて言ってる?』ザーッ

駆逐棲姫「……」

初月「あぁ、降伏に応じるそうだ」

提督『ん、了解』ザザッ




提督「皆、よく聞け」

提督「現時刻を以て、捷四号作戦は終了だ」

提督「……よくやった」



……
…………
………………







35: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/15(月) 23:50:07.82 ID:ypEbwZ0/0




ゴロン

提督「お疲れ様、初月!」

初月「あぁ……」ドキドキ

提督「ん?どしたの」

初月「……仕方ないだろう」ドキドキ


初月「……僕は今」

初月「お前に“腕枕”をされている……」カァー…







36: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/15(月) 23:53:18.48 ID:ypEbwZ0/0




提督「いーのいーの」

提督「前のお返しだってー」ハハハ

初月(また布団に一緒に入ることになるなんて……)ドキドキ



提督「そうだ初月、聞いてよ」

初月「な、なんだ」

提督「今回の作戦の成功で……」

提督「僕はついに、晴れて中将となった」

初月「あぁ、おめでとう!」ニコッ







37: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/15(月) 23:55:53.16 ID:ypEbwZ0/0




初月「……だが、それはさっきも聞いたぞ」クスッ

提督「あはは、そっか」

提督「でも、これでようやく……」

初月「ん?」

提督「……なんでもない」クスッ







38: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/16(火) 00:06:39.19 ID:IOHh01sc0




提督「それより、また提督命令なんだけど」

提督「いいかな」

初月「ん、なんだ?」

初月(また、僕の腕枕だろうか)クスッ







39: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/16(火) 00:07:22.01 ID:IOHh01sc0






提督「ケッコン指輪を受け取ってほしいんだ」

初月「……」


初月「!」









40: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/16(火) 00:11:58.02 ID:IOHh01sc0




初月「お、お前っ!?」オロオロ


提督「はじめはなんだか」

提督「ほっとけない子だなって思ってた」

提督「……でも、君は僕にきっかけをくれた」

提督「小さな島の泊地に収まる器だった僕が」



提督「初めて人のために大きなことをしようと思えた」







41: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/16(火) 00:16:37.21 ID:IOHh01sc0




提督「だから僕はこれを、君に渡したい」

提督「きっかけをくれた素敵な女性にね」

初月「す、すてきな……じょせい?」カァー…







42: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/16(火) 00:23:56.29 ID:IOHh01sc0




初月「そ、そう、いうことは!」

初月「こうい、いう時にっ」

初月「い、言うものなのかっ!」

提督「…………」


初月「……なんてバカなんだ、お前はっ」

初月「バカモノ、バカバカバカっ」

初月「そ、そこはム、ムードという、ものをだな!」

初月「それがないと、ぼ、僕だって……」ドキドキドキドキ



初月「……こ、心の準備が……」カァー…







43: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/16(火) 00:29:32.21 ID:IOHh01sc0





初月「…………」ドキドキドキ

提督「……受け取ってくれるか?」

初月「…………」



ギュ



初月「…………喜んで」








44: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/16(火) 00:33:36.59 ID:IOHh01sc0




………………
…………
……


ガチャッ


提督「たっだいま~」

初月「出張ご苦労様、提督……」

提督「今すぐ引っ越しだよ!」



初月「…………は?」







45: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/16(火) 00:37:25.32 ID:IOHh01sc0




提督「引っ越しだよ引っ越し!」

提督「ひっこーし!ひっこーしっ!」ピョン

提督「さっさとひっこーし!」ピョン

初月「ち、ちょっと待てっ」


初月「引っ越すって……どこにだ!」

提督「……内地の鎮守府さ」

初月「!」







46: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/16(火) 00:40:56.22 ID:IOHh01sc0




提督「軍令部総長直々に、指示を頂いた」ピラッ

初月「指示?」

提督「えーっと、帝国本土の関東方面二個歩兵師団と高射砲部隊」

提督「工兵隊、新鋭航空機群、艦艇部隊」

提督「そして、“艦娘部隊”からなる総勢三万の兵力を貴官の麾下に置く」

提督「……だってさ」







47: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/16(火) 00:46:13.72 ID:IOHh01sc0




提督「叩き上げの中将だからね、仕方ないね」キリッ

初月「お、おぉ……」

初月「なんだか、すごい出世だな……」

提督「あぁ、君のおかげだね」ニコ



提督「で、この泊地ではそれを運用できないから」

提督「今から内地の鎮守府に僕たちの拠点を移します」







48: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/16(火) 00:46:52.16 ID:IOHh01sc0




提督「それは……」

提督「君の姉さん達がいる鎮守府だ」

初月「っ!」







49: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/16(火) 00:49:03.65 ID:IOHh01sc0




提督「これで彼女達も、僕の指揮下だね」

提督「今までそこで偉そうにしてた連中も、早速僕にペコペコしてきたよ」

提督「実に愉快だねぇ……」ニタニタ

提督「はっはっは!」

初月「…………なぁ」



初月「まさか……お前、はじめから……」

初月「僕の……姉さん達のために……」







50: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/16(火) 00:52:07.57 ID:IOHh01sc0




提督「ははは、かいかぶっちゃいけないよ(棒読み)」

提督「ぼくのしゅっせかいどうに(棒読み)」

提督「かのじょたちをりようさせてもらったd」

ギュ

提督「!!」



初月「…………」ポロ…ポロ…







51: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/16(火) 00:53:10.48 ID:IOHh01sc0




提督「……はは」

提督「初月はかっこいいくせに、泣き虫だな」

初月「……すまな……い……」グスッ



提督「……さ、行こ」

提督「これから、初月の姉さん達に……」

提督「たくさん御馳走を腹いっぱい食べさせてあげようよ!」

初月「……あぁ」







52: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/16(火) 00:53:51.70 ID:IOHh01sc0





初月「……姉さん達は」

初月「喜んでくれるかな……オムライス」ニコッ



―――――――――――fin――――――――――――








53: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/16(火) 00:57:09.64 ID:IOHh01sc0

このお話は、これで終わりとなります。

ドロップして4日足らずで、初月にここまで愛着持てるとは思わなんだです。


ここまで読んでくださった方……楽しく書かせていただき、ありがとうございました。



元スレ
SS速報VIP:【艦これ】初月「なんて不埒な……っ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1455535359/



艦これプレイ漫画 艦々日和(5) (ファミ通BOOKS)

新品価格
¥842から
(2016/2/16 09:09時点)