SS速報VIP:モバP「あっ、捨てみくだ」みく「にゃあ…」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1423303590/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/07(土) 19:06:30.73 ID:LJRNRuXIO

P「こんなダンボールの中で雨に濡れちゃって…」

P「エロいな」

みく「にゃあ!」

P「冗談です」

P「でもどうしようかな…家にはもう…」

みく「Pチャン…」

P「…まあ大丈夫だろ。家に連れて帰るか」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1423303590




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/07(土) 19:13:20.28 ID:LJRNRuXIO

P「ただいまゆ」

まゆ「お帰りなさいPさん」

まゆ「…後ろのねこはなんですか?」

P「みくです」

みく「にゃあ」

まゆ「……」

P「コイツを一緒に住ましてやってください!お願いしまゆ!」土下座



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/07(土) 19:18:40.70 ID:LJRNRuXIO

まゆ「…うふ、なに言ってるんですか?」

まゆ「ここはPさんの家じゃないですか」

P「あ、ああそうだったな」

まゆ「私もワガママはいいませんよ」

P「…ふぅ、よかったなみく。ここがお前の新しい家だぞ!」

みく「にゃあ!」

まゆ「…」



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/07(土) 19:25:20.44 ID:LJRNRuXIO

まゆ「…そういえば、ご飯がまだでしたよね」

まゆ「用意しておいたのでいっぱい食べてくださいね」

P「いつもすまないな、まゆ」

まゆ「いえ、いつも家にいるのでPさんの為にこのくらいはやっておきたいんです」

P「じゃあ一緒に食べようかみく」

みく「にゃあ!」



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/07(土) 19:32:36.27 ID:LJRNRuXIO

みく「……」

P「どうしたみく。食べないのか?」

みく「お魚はちょっと…」

P「おいおい、せっかくまゆが作ってくれたんだから…」

まゆ「いいんですよPさん。はい、みくちゃん」

みく「…!ハンバーグにゃあ!!」



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/07(土) 19:38:38.35 ID:LJRNRuXIO

まゆ「でも、飼うのならちゃんと躾しないとダメですよ」

P「大丈夫だよ。まゆがこんないいこに育ってるんだから」

P「みくだってきっといいこになるさ」

まゆ「うふ…そうですね」

みく「PチャンPチャン」

P「ん?なんだみくー」



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/07(土) 19:45:49.51 ID:LJRNRuXIO

みく「ハクションニャア!」

P「そういえばみく濡れたままだったか」

P「よし、一緒にお風呂でも…まゆ「私がお風呂入れてあげますね」」

P「…じゃあ頼んだまゆ」

みく「…ニャア」

まゆ「うふふ…綺麗にしてあげますね」



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/07(土) 19:53:15.02 ID:LJRNRuXIO

P「どうだったお風呂は?」

まゆ「ええ、ちゃんと綺麗にできましたよ」

みく「ミクイイコニャア…ミクイイコニャア…」

P「そうか、じゃあ俺も風呂に入るか」

まゆ「…昔みたいに一緒にお風呂入りませんか?」

P「おいおい、まゆはさっきお風呂入ったばかりだろ」



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/07(土) 19:57:34.46 ID:LJRNRuXIO

P「のぼせちゃうかもしれないしみくと一緒にもう眠ってくれ」

まゆ「…わかりましたおやすみなさい」

P「ああ、おやすみまゆ」

みく「オヤスミニャサイ」



19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/07(土) 20:06:43.43 ID:LJRNRuXIO

次の日

P「って感じで昨日拾ってきたのよ」

CoP「そう…」

P「…なんかもっと反応はないのか」

PaP「いや、こっちも飼ってるし…」

P「確かCoPはあr「橘です」でPaPは「ぶおおー」だったな」



20: ◆dW/SRO7O5. 2015/02/07(土) 20:13:45.38 ID:LJRNRuXIO

CoP「ああ、最近飼い始めたばかりだがたt「名前で呼んでください」ありすとは大分仲良くなったぞ」

PaP「こっちも空から落ちてきたところを拾っただけだが今では法螺貝吹いてくれるようになったな」

P「それならまゆだって家事はしてくれるしお布団温めてくれるぞ」

CoP「うちのありすだって論破できるぞ」

「「「…………」」」



21: ◆dW/SRO7O5. 2015/02/07(土) 20:28:51.72 ID:LJRNRuXIO

CoP「みくにゃんは何かやってくれるの?」

P「…にゃあって言う。後ネコミミ」

CoP「…!(ネコミミプレイか…アリだな)」

PaP「それだけ?」

P「ま、まあ来たばかりだしこれからさ」



28: ◆dW/SRO7O5. 2015/02/07(土) 22:58:25.20 ID:LJRNRuXIO

ぶおおーぶおおー

PaP「そろそろ授業か」

P「次は体育だったな」

CoP「サッカー?」PaP「野球?」

P「柔道だよ」

P「(みくは家でいいこにしてるだろうか…)」



29: ◆dW/SRO7O5. 2015/02/07(土) 23:08:25.61 ID:LJRNRuXIO

みく「うーん…」

まゆ「どうしたのみくちゃん?」

みく「まゆチャンは家事もしてるし確か読モもしてるんでしょ」

まゆ「ええ、Pさんの為ならなんだってできますから」

みく「みくも何かしたほうがいいのかにゃあ…」

まゆ「そんなに焦らなくてもいいと思いますよ」

みく「でも…流石になにもせずにいるというのはイヤにゃ」

まゆ「じゃあまずは自分がやりたいことをやってみる…とか」

みく「自分がやりたいこと…」



31: ◆dW/SRO7O5. 2015/02/07(土) 23:14:54.23 ID:LJRNRuXIO

CoP「ふぅ…今日も学校楽しかったな」

CoP「家に帰ったらまず宿題しないとな」

CoP「ただいま」

ありす「ただいま戻りました」

凛「お…おかえりにゃあ//」ネコミミ

CoP「凛…ベットにいこうか(な、なんで凛がネコミミを…)」



32: ◆dW/SRO7O5. 2015/02/07(土) 23:22:47.85 ID:LJRNRuXIO

PaP「ただいまー」

芳乃「にゃー」みりあ「にゃー!」

PaP「…どうして二人ともネコミミを付けてるんだ?」

みりあ「これはね、ネコミミのお姉さんから貰ったんだ!」

芳乃「ええー、これには彼女の想いが閉じ込められているのでー」

PaP「…なるほど(わからん)」



45: ◆dW/SRO7O5. 2015/02/08(日) 12:54:30.60 ID:MStCc5FEO

P「ただいまゆ」

まゆ「お帰りなさい」

P「あれ、まゆもネコミミつけてるのか」

まゆ「ええ、みくちゃんに勧められて…どうですか?」

P「ああ、似合ってるよ」

まゆ「うふ…Pさんにそう言ってもらえるなんて…まゆとっても嬉しいです♪」



46: ◆dW/SRO7O5. 2015/02/08(日) 12:59:02.04 ID:MStCc5FEO

P「ところでみくは?」

まゆ「みくちゃんはまだ何処かに出掛けてます…」

まゆ「…今日は一緒にお風呂…入ってもいいですよね」

P「え…」

まゆ「ね、Pさん」

P「…わかった」



48: ◆dW/SRO7O5. 2015/02/08(日) 13:07:34.50 ID:MStCc5FEO

まゆ「では、流しますね」

P「ああ、頼む」

まゆ「うふふ…こうしていると、昔を思い出しますね」

P「そうだな…あれは確か俺が遅刻しそうなときだったか」

まゆ「ええ、まゆがまだ野良まゆだったころ…」

まゆ「トーストをくわえて走ってたら交差点でPそんとぶつかって…」



57: ◆dW/SRO7O5. 2015/02/08(日) 20:59:52.85 ID:MStCc5FEO

P『うわあー遅刻遅刻ー!』タッタッタッ

ドッーン

P『うわっ!』

??『きゃっ!』

P『いてて…君、大丈夫?』スッ

??『…はい、ありがとうございます』



58: ◆dW/SRO7O5. 2015/02/08(日) 21:04:32.67 ID:MStCc5FEO

P『ごめんね…ぶつかっちゃって』

??『いえ、まゆも前方不注意でしたので…』

P『でも…そうだ!これ使ってよ』ハンカチ

??『あっ、ありがとうございます…』

ぶおおー

P『あっ、もうこんな時間だ。急がなきゃ!』

P『じゃあね!』



??『…見つけた』



60: ◆dW/SRO7O5. 2015/02/08(日) 21:13:26.24 ID:MStCc5FEO

学校

CoP『どうした小梅?』

小梅『そ、その…Pさんの…せ、背中に…』

P『え、霊でもいるの!?』

『……』

小梅『霊じゃないけど…』

小梅『や、やっぱりなんでもない…』



61: ◆dW/SRO7O5. 2015/02/08(日) 21:20:54.49 ID:MStCc5FEO

自宅

P『結局なんだったんだろう…』

P『とりあえず風呂入ってサッパリするか…ん?』ヌギヌギ

??『うふふ…』

P『ああ、妙に重いと思ったら君が背中に張り付いてたのか』

??『ええ、あなたのまゆですよ♪』



62: ◆dW/SRO7O5. 2015/02/08(日) 21:33:21.35 ID:MStCc5FEO

P「ふぅ…ついつい昔話が弾んで長風呂になっちゃったな」

P「まゆ、そろそろ…」

まゆ「はぁ…はぁ…」

P「…ほら、そろそろ出るぞ」スッ

まゆ「あん…もう、Pさんってばゴウインなんですから…♪」

まゆ「でも、Pさんのためなら…うふ…もっとカラダがアツくなっちゃう…」

P「…早く出してやらないとな」



64: ◆dW/SRO7O5. 2015/02/08(日) 23:34:26.03 ID:MStCc5FEO

みく「ふぅ…やっとご近所さんへの挨拶が終わったにゃ…」

みく「たっだいまにゃ~」

P「お帰りみく」

みく「あれ、まゆチャンは?」

P「まゆはもうベットで寝てるよ」

みく「まさかPチャン…」

P「え?魚食べたいって?」

みく「…冗談にゃ」



65: ◆dW/SRO7O5. 2015/02/08(日) 23:39:52.30 ID:MStCc5FEO

P「ところでみくはこんな時間まで何をしてなんだ?」

みく「ちょっとご近所さんにネコミミを配ってたにゃ」

P「ええ…」

みく「いやいや、これからここでお世話になるんだしちゃんとご近所さんにも挨拶しとかないとって思って…」

みく「それにチャンと喜んでくれた子もいたのにゃ」

P「(後のほとんどが困惑してたんだろうけど…まあみくが嬉しそうだしそれでいいか)」

P「(俺も後でちゃんと挨拶しとかないとな)」



74: ◆dW/SRO7O5. 2015/02/11(水) 21:31:43.56 ID:eYTEiyOYO

P「…そういえば、なんであんなところにいたんだ?」

みく「…あんなところって?」

P「俺達が初めて会ったところだよ」

みく「…ごめん、それはまだ答えれないのにゃ…」

P「…そうか。ごめんな」

みく「別にいいのにゃ。それじゃあおやすみなさい」

P「ああ、おやすみ…」



75: ◆dW/SRO7O5. 2015/02/11(水) 21:36:41.60 ID:eYTEiyOYO

P「…俺は…焦ったのかな」

うづパカ「…パカ?」

P「うづパカ…」

うづパカ「…ガンバリマス!」トントン

P「励ましてくれるのか?」

P「…ありがとううづパカ」ナデナデ

うづパカ「エヘヘー、ガンバリマス!」




78: ◆dW/SRO7O5. 2015/02/11(水) 21:44:53.92 ID:eYTEiyOYO

みく「…言えないよね」

みく「思いきって上京してみたけど泊まるとこがなくてあんなことしたなんて…」

みく「Pチャンになんて説明すればいいかにゃ…」

みく「それに、いくらお人好しのPチャンだからって泊めて貰ってる恩はちゃんと返さないとにゃ…」

みく「…おやすみなさい」



79: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/11(水) 21:46:20.44 ID:eYTEiyOYO

思い付きで書いてみたけどオチがないな



80: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 05:03:54.22 ID:lzbDl6mOo

魔法使いでもだして呪文でぱぱぱっと〆ればいいにゃ



元スレ
SS速報VIP:モバP「あっ、捨てみくだ」みく「にゃあ…」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1423303590/