過去作
【艦これ】扶桑「遭難ですか」山城「そうなんです」

【艦これ】グラーフ「ブブヅケ?……なに、これも食べてもいいのかっ」

【艦これ】グラーフ「震度3だと……この国はもうおしまいだ!」

【艦これ】グラーフ「もう赤身のスシは食べられないのか……」

【艦これ】ヲ級「ファミチキクダサイ」

【艦これ】グラーフ「私の口もとに……何かついているのか?」

【艦これ】雪風「えっ!山城さんがぎっくり腰?」

【艦これ】ル級「コウチャガノミタイネー」

【艦これ】こんにちは、僕は菊原静男だよ

【艦これ】提督「別に、清水の舞台は飛び降りなくていいんだけど……」

【艦これ】木曾「俺だって……スカートくらい!」

【艦これ】初月「長10cmを返してくれ」

【艦これ】初月「き、今日は……提督の所にいかないのか」

【艦これ】提督「2月14日」【バレンタイン】

【艦これ】初月「なんて不埒な……っ」

【艦これ】初月「秋月姉さんに」照月「ごちそう食べさせたいっ」

【艦これ】空ヲ飛ンデミタイナ【戦後短編集】

【艦これ】江風「こいつPT子鬼じゃン!この、このっ!」

【艦これ戦後短編】初春「ぬ……なんぞ?」ロ級「ミ、ミツカッタ!」



SS速報VIP:【艦これ】提督「中破した古鷹のお腹の素肌をこの指でなぞりたいんや……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1456741289/



1: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/29(月) 19:21:29.73 ID:GLNZcs6w0





提督「ぶひひょひひぃ……」フゴッ


提督「アカンん……もう抑えられまへんでぇ……」クネッ

提督「古鷹のあのアンダータイツがあられもなく破かれ……」

提督「そこからチラァッ………と見えます、あの白く透き通った地肌の潤いをぉ」クネッ

提督「私のこの両人差し指で……」

提督「ツツーーーッとぉぉぉ……」クネクネクネクネ



提督「あぁたまりまへんっ!(裏声)」






SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1456741289




2: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/29(月) 19:25:33.76 ID:GLNZcs6w0





トボ……トボ……


古鷹「はぁ……」

古鷹(今日の作戦で無茶しちゃった……)

古鷹(私の大破のせいで今日も撤退、か)

古鷹(せっかく支給してもらった服もボロボロ……)

古鷹(提督……悲しんでるよね)








5: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/29(月) 19:31:51.56 ID:GLNZcs6w0





提督「……はっ!」

提督「いかんいかんっ」ブンブン

提督「皆が南方海域の攻略に力を注いでくれているこの時期にッ!」

提督「私はなんと破廉恥なことを……!」グググ



古鷹「……」トボトボ

提督「ヌッ」








6: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/29(月) 19:37:42.38 ID:GLNZcs6w0





古鷹(やっぱり……私みたいな旧式艦じゃ……)

古鷹(満足のいく戦果なんて……!)グスッ



提督「やぁ古鷹」

提督「ご苦労、今日はざんね……」

古鷹「!」ポロ…ポロ…

提督「!?」


……
…………
………………






7: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/29(月) 19:41:40.29 ID:GLNZcs6w0




コトッ

提督「茶を淹れた……」

提督「飲めるときでいいから飲んでくれ」

古鷹「……すみません」



提督「で、どうしたんだ」クスッ

提督「何があったか言ってみなさい」








8: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/29(月) 19:49:38.99 ID:GLNZcs6w0





古鷹「……私」

古鷹「艦娘として、自信をなくしました……」

提督「む」

提督「その原因は、今日の大破か?」

古鷹「……」コク

提督「なんだ、そんなことか」フフッ

提督「君がそんな弱音を吐くところ、初めて見たよ」

古鷹「……すみません」








9: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/29(月) 19:54:59.64 ID:GLNZcs6w0





提督「私としてはむしろ、感謝しているのだがな」

古鷹「感謝……ですか?」

提督「そう、感謝」

提督「最近はこうやって、君たち艦娘と面と向かった話をすることがなかった」

提督「だから、君が自分で自分を追い詰……」




提督(あれ今ならお腹さわれるんとちゃうか)









10: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/29(月) 19:58:49.29 ID:GLNZcs6w0





古鷹「……」グスッ


提督(……いや、泣き腫れた顔のおなご相手にそれは男が廃るやろ……)

古鷹「……提督?」

提督「……難しい話はなしだ」キリッ


提督「とにかく、君という優秀な秘書艦がいなければ、今の鎮守府は無い」

提督「一度や二度の失態がなんだ」

提督「私には君が必要だ、必ずな」


古鷹「てい……とく……」








11: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/29(月) 19:59:59.56 ID:GLNZcs6w0





古鷹「……ありがとうございます」

古鷹「なんだか、さっきまでクヨクヨしていた自分が……」

古鷹「とても、バカバカしくなっちゃいました」クスッ

提督「それはよかったよ」ニコ

提督「今日はもう疲れたろう」

提督「部屋に帰って、ゆっくり……」

古鷹「あの……すみません」



古鷹「私、今の顔で外に出るの……少し……」

古鷹「恥ずかしい……です」カァー…




提督(ん?)








18: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/29(月) 21:27:24.05 ID:GLNZcs6w0



………………
…………
……


古鷹「すみません提督……我儘を聞いていただいて……」

提督「い、いや……私は構わないのだが……」

提督「…………」チラッ



提督(今ここ、私の執務室にいるのはまさに)

提督(中破以上の損害を被り、あられもない姿となった古鷹だ)

提督(彼女は一人、しかも自分の意志でここにいる……)








20: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/29(月) 21:31:22.72 ID:GLNZcs6w0





提督(……なぁ“提督”さんよぉ)

提督(自分自身を偽るのは、もうやめましょうや)ニタァ




提督(そうだ、私はこの子の腹を触る)キリッ

提督(そうでなくては……私に、もう安息の夜は来ないだろう)

提督(今……私は)

古鷹「……提督?」

提督「うえぉ!!!」


古鷹(うえぉ……?)








21: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/29(月) 21:38:30.13 ID:GLNZcs6w0





提督「ははっ、すまん……」オロオロ

提督(いかん、こんなところでバレては……)


提督「本当になんでもないんだ、ははは……」

古鷹「?」

提督「それより、最近みんなの調子はどうだ?」

古鷹「はい、皆とても張り切っていますよ!」

古鷹「この作戦が無事に完遂されれば、提督も喜んでくれるって……」








22: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/29(月) 21:47:44.04 ID:GLNZcs6w0





提督「そうなのか……」ホロリ


提督(なんだか目頭が熱くなったよ……みんなええ子やなぁ!)

提督(この子も、そんな気持ちで尽くしてくれていると思うと……なんだか……)


提督(……だが今日、私は鬼となる)キッ

提督(隙を見て、必ずその吸い込まれるような地肌を……!)








23: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/29(月) 21:58:00.71 ID:GLNZcs6w0





提督「ふふ、私は嬉しいよ」ニコッ

提督「でも、それでもし君たちの無理が祟って……」

提督「一人でも轟沈してしまうような事があったならば」

提督「私は耐えられない……」


提督「もちろん、君もだ」

古鷹「提督……!」パァァ

提督(……これは心からの本音だ)








24: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/29(月) 22:07:08.18 ID:GLNZcs6w0





古鷹「古鷹は今まで……」

古鷹「提督は物静かで、もっと厳しい人だと思っていました……」

提督「ははは、失礼だなぁ」

提督(兵学校を卒業するまで、碌に女と話したことがなかったから)

提督(接し方が分からなかっただけなんだよなぁ……)ズーン



古鷹「でも、本当はお優しい方なんですね」ニコッ

提督「い、いきなり何を言い出すんだ……」








25: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/29(月) 22:18:55.44 ID:GLNZcs6w0





提督「まったく、私を褒めたところで……」

提督「酒くらいしか、出してやれんぞ」ニコッ

古鷹「ふふ、提督ったら……」

古鷹「では、お言葉に甘えますね」ニコ



提督(よし……いい子だ)ニタァ

提督(まずは、彼女のガードを無くす)

提督(酒に酔わせるは、古典的かつ有効な戦法なり)








26: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/29(月) 22:37:03.89 ID:GLNZcs6w0





古鷹「提督はいつも、お酒は一人で飲まれてるのですか?」

提督「まぁそうだな」

提督「一人酒もいいものだよ、一日の終わりをうんと堪能できる」

提督(たまに寂しくなることもあるがな……)クスッ

古鷹「……」ジーッ








27: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/29(月) 22:40:01.58 ID:GLNZcs6w0





古鷹「……提督」

提督「ん?」

古鷹「もし必要でしたら、必要な時だけでもいいので古鷹も呼んでください」ニコ

古鷹「お一人だと……さっきの古鷹みたいになったら」

古鷹「お酒も美味しくなくなってしまいますから」

提督「……ありがとう」








29: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/29(月) 22:46:43.65 ID:GLNZcs6w0





提督「古鷹はウイスキーは飲めるのか?」

古鷹「い、いえ……恥ずかしながら」

提督「そうか、なら日本酒にしようか」フフッ

提督「こちらも、いいものがあるんだ」

古鷹「提督、すみません……」シュン

提督「いや、いいんだ」

提督「酒はその時々に美味しく頂けるものを呑まないとな」トクトク…



提督「では、かんぱい」

古鷹「かんぱいっ」


キン







30: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/29(月) 22:54:54.51 ID:GLNZcs6w0





提督「古鷹、新しい砲の調子はどうだ?」

古鷹「新しい砲……ザラさんの持ってきてくれた、203㎜砲ですね」

提督「そうだ」

古鷹「そうですね、射程の伸びはいいのですが……」

古鷹「私では、なかなか上手く扱ってあげられなくて」シュン

提督「そうか……」








31: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/29(月) 23:00:27.67 ID:GLNZcs6w0





提督「取り回しが難しいようなら、今まで通り3号を使ってもらっても構わないぞ?」

古鷹「いえ、古鷹に使わせてください!」

古鷹「これをうまく使えれば、私が先に敵の随伴艦を減らして」

古鷹「機動部隊の皆のサポートを行うことができます……」


古鷹「私は体が小さくて、皆みたいな活躍はできないけど……」

古鷹「せめて、こうやってみんなの役に立てるなら……嬉しいです」ニコッ


提督「……分かった」








32: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/29(月) 23:06:42.31 ID:GLNZcs6w0





古鷹「―――♪」

提督(……しかし、なかなか酔わないな)

提督(加古あたりに鍛えられたんだろうか……)


古鷹「提督っ」

提督「ん?」

古鷹「もしよければ古鷹、なにかおつまみでもお作りしますよ」ニコ

提督「あぁ……別にかまわないよ」

提督「今日は君が客人なんだから……座ってていいんだ」

古鷹「そうですか……」








33: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/29(月) 23:18:06.21 ID:GLNZcs6w0





提督「古鷹たちは非番の時、どう過ごしているんだ?」

古鷹「そうですね……お部屋で読書をしたり、料理をしたり……」

提督「ほう」

古鷹「他のみんなは街におでかけしたりしていますね」

古鷹「私はほとんど、外には出ませんけど」フフッ

提督「?」

提督「どうしてだ?」

古鷹「…………」



古鷹「この“左目”が恥ずかしくて……」








34: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/29(月) 23:21:31.24 ID:GLNZcs6w0





提督「……あぁ、探照灯のことか」

提督「“綺麗な目”じゃないか」

古鷹「……っ」

提督「?」








35: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/29(月) 23:31:48.54 ID:GLNZcs6w0





古鷹「そ、そんなことよりっ」

古鷹「提督こそ、お休みの日はどうなんですか?」

古鷹「こ、恋人さんとかと……お忍びで会ったり……」

提督「あはは、そんなわけがないだろう」

古鷹「!」

提督「私も似たようなものだな」

提督「部屋でこうやって酒を飲みながら、映画を見漁るんだ」

古鷹「映画……ですか」








36: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/29(月) 23:39:33.32 ID:GLNZcs6w0





古鷹「提督は、どんな映画を見られるんですか?」

提督「そりゃもう、色々だなぁ」

提督「最近見たのでよかったのは、あのミュージカル映画だな」

提督「見たのが最近なだけで、昔のアメリカ映画だが……」

古鷹「アメリカの……へぇ……!」








37: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/29(月) 23:40:48.11 ID:GLNZcs6w0





提督(この子が酔うまで、まだ時間が必要だな……よし)

提督「よかったら見てみるか?」

古鷹「え、いいんですか?」

提督「たまには誰かと、映画の話題を共有したいんだよ」

古鷹「……はいっ!」ニコッ


……
…………
………………







38: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/29(月) 23:53:50.47 ID:GLNZcs6w0





古鷹「すごおくおもしろかたでしゅ!」

提督「そうか、それは良かった」ニコッ

提督「なんか、良い顔になってきたな」

古鷹「ほえぇ」トロン





提督「本当に、良い顔だよ」ニタァ








39: ◆9l/Fpc6Qck 2016/02/29(月) 23:59:12.10 ID:GLNZcs6w0





ガシッ


古鷹「ていとく……?」

提督「ククク……!」

提督(時は満ちた!)

提督(もうどうなってもいい!)

提督(今から私はこの子を―――)



古鷹「えへへ、てーとくの……たのしそうな顔……」ニコッ

提督「……え?」








40: ◆9l/Fpc6Qck 2016/03/01(火) 00:02:31.03 ID:cjE0ggPP0





古鷹「ていとく、じつはここ最近……」

古鷹「むずかしい顔ばかりしてしてましたよね?」

提督「……なにを言ってるんだ」

古鷹「それは……わたしたちが」

古鷹「南方海域の攻略に手間取っているからって思ってましたぁ」

提督「……そんなことは」

古鷹「でも……」

古鷹「てーとくに笑顔になってもらえて……」








41: ◆9l/Fpc6Qck 2016/03/01(火) 00:07:59.92 ID:cjE0ggPP0





古鷹「ふるたか、うれしいんです!」ニコッ

提督「っ!」




提督(……そうなんだよな……)

提督(古鷹は……こういう子……)

提督(……なんだよ……)








42: ◆9l/Fpc6Qck 2016/03/01(火) 00:10:49.92 ID:cjE0ggPP0





ガクッ

提督「古鷹……すまない……!」グスッ

古鷹「ふぇ!?」

提督「白状しよう、私は……!」

提督「君が中破した時に、タイツの破け目から見えるその地肌……」

提督「そこばかりを見ていた……!」

提督「それを、ただただ触りたかっただけなんだ……!」ポロ…ポロ…








43: ◆9l/Fpc6Qck 2016/03/01(火) 00:14:24.37 ID:cjE0ggPP0





古鷹「え?」

古鷹「え、えと……??」

提督「意味が分からないと思うが……」

古鷹「!」コクコクッ

提督「そのままの意味なのだ……!」


古鷹(いや、わかんないです!)








44: ◆9l/Fpc6Qck 2016/03/01(火) 00:21:33.95 ID:cjE0ggPP0





古鷹「えと……よく分からないですけど……」オロオロ…



古鷹「古鷹はみんなに言いふらしたりなんかしませんよ」ニコ

提督「え……」グスッ

古鷹「たしかに、わるいことなのかもしれませんけど……」

古鷹「てーとくは、古鷹の“ひだりめ”をほめてくれたただ一人のひと」

古鷹「だからわたし、うれしかったんです」ニコッ

提督「!」








45: ◆9l/Fpc6Qck 2016/03/01(火) 00:31:04.29 ID:cjE0ggPP0





古鷹「それと……てーとくなら……」



古鷹「さわっても……いいですよ……?」カァー…

提督「!!」








46: ◆9l/Fpc6Qck 2016/03/01(火) 00:35:31.88 ID:cjE0ggPP0





私はその後、なにも考えられなかったように思う。


目に映ったのは、きわめて艶やかな黒いタイツと素肌のコントラスト。
その時感じたとても良い香りが、私のこころを幸せにした。

その温かみを帯びた絹のような柔肌を、私はただただ獣のように撫でた。
彼女はそれを拒むことなく、その眩しいまでの笑顔で受け入れてくれた。








47: ◆9l/Fpc6Qck 2016/03/01(火) 00:37:07.74 ID:cjE0ggPP0





情けなくも私は涙を流し、彼女の息遣いをしっかりと耳元で感じる。
その艶やかな声は、一途に彼女の腹部を撫ぜる私の心をはげしく揺さぶった。


しかし、同時にその溢れんばかりの母性が、私に揺りかごの中にいるような心地よさを与えてくれた。

そう……
私は彼女の膝の上で、そのまま眠りについてしまったのだ……


……
…………
………………






48: ◆9l/Fpc6Qck 2016/03/01(火) 00:38:13.76 ID:cjE0ggPP0





提督「……」スー…スー…

古鷹「……ていとく……」ナデナデ


古鷹「……“さいご”まではしてくれなかったかぁ」

古鷹「ふふ、すこし……ざんねんかも」


古鷹「てーとく、こんどは楽しみにしていますよ」ニコッ



―――――――――――fin――――――――――――








49: ◆9l/Fpc6Qck 2016/03/01(火) 00:40:42.89 ID:cjE0ggPP0

なんだこの頭悪いSS!(驚愕)

でも、たまにはこういうのもいいもんですね(哲学)


ここまで読んでいただいた方、楽しく書かせていただきありがとうございました。





51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 00:42:48.88 ID:5sJag1yRo





52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 00:43:02.39 ID:JE1qiToIO

乙乙

なんだかんだでいつものあんたらしい終わり方だった



元スレ
SS速報VIP:【艦これ】提督「中破した古鷹のお腹の素肌をこの指でなぞりたいんや……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1456741289/