*12回目やねん。間が空いちゃいました。生きています。
*話は続いてるけど、前作を見る必要はない……と思います。
*あらすじ:NGに代わってアスタリスクの二人がやってきました。
*漫才ってことで、ちょっと語調が強くなってます。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1456920312




2: ◆fhVo2.iXFg 2016/03/02(水) 21:05:34.16 ID:bsRlZLjq0


イェスゥイー ガンガン ガンガン ガンガン ガンガン ガーン!!


李衣菜
「どーもっ! アスタリクスです!」

みく
「アスタリスクにゃ! よろしくお願いしまーす!」

李衣菜
「ご、ごめん。緊張して噛んじゃった」

みく
「のっけから不安すぎるにゃ、しっかりするにゃ」





3: ◆fhVo2.iXFg 2016/03/02(水) 21:06:05.72 ID:bsRlZLjq0


李衣菜
「さ、切り替えていこう!」
「改めまして、アスタリスクのロック担当、多田李衣菜です!」

みく
「猫担当前川みくにゃ!」

李衣菜
「ロッカーと猫っていう一見カオスな二人でいつも漫才やらさせてもらってるんだけどさ」

みく
「いやいやいや、いつもはアイドルにゃ。アイドルメインの漫才がサブにゃ」
「っていうか、漫才やるの初めてでしょーが」

李衣菜
「なんかわーわー言ってるけど、気にしない方向で」

みく
「無視すんにゃー!」




4: ◆fhVo2.iXFg 2016/03/02(水) 21:06:47.81 ID:bsRlZLjq0


李衣菜
「んもぉ、細かいこと気にし過ぎだよ! 側頭部からハゲるよ?」

みく
「そんなハゲ方嫌すぎるにゃ!?」
「今後はもうちょっとおおらかに生きるよう心がけるにゃ」

李衣菜
「そうそう、それがいいよ」
「まぁでも、ユニット組んでから結構経つとさ、お互いのちょっと嫌な部分とか見えてきちゃったりするよね」

みく
「みくも李衣菜チャンに直してほしい部分とか、けっこうあるにゃ」

李衣菜
「私も、今ならみくのダメなところ10個以上言えるしね」

みく
「な、なんだとぉ!?」

李衣菜
「みくの好きなところは100個言えるけど」

みく
「な、なん……なん……や、やめるにゃそういうの」

李衣菜
「今、自分のキャラ忘れてたよね一瞬」

みく
「う、うっせえにゃ!」




5: ◆fhVo2.iXFg 2016/03/02(水) 21:07:36.08 ID:bsRlZLjq0


みく
「だ、だいたい! 李衣菜チャンはちょっと大雑把が過ぎると思うにゃ!」
『砂糖大匙2杯……こんなもんかな?』
「ざぱー……って、計量スプーンがなくてもせめて普通のスプーン使うなりするにゃ!」

李衣菜
「それ、私の真似?」
「まぁ、美味しくできたんだからいいじゃんか」

みく
「帳尻合わせるためにいくつ作ったと思ってるにゃ! あのままやったらじゃしじゃしのプリンになるにゃ!」

李衣菜
「しばらく食べ続けられて私は幸せだったよ」
「みく、料理美味いよね! 一人暮らし始めたばっかでしょ? 私びっくりしちゃったよ」

みく
「あ、いや……お、お手伝いとかしてれば、自然と覚えるにゃ……そんな褒められることじゃないにゃ」

李衣菜
「まぁでも、魚は食べられるようになった方がいいと思うよ。キャラ的にも」

みく
「うっせえにゃ! ほっとけにゃ!」




6: ◆fhVo2.iXFg 2016/03/02(水) 21:08:14.99 ID:bsRlZLjq0


李衣菜
「私がおおざっぱってのはあるけどさ、みくも結構細かい性格してるよね、この前さ」
『うにゃー! なんでCDの背表紙についてる曲名の書いてある細い紙がないのにゃ!』

みく
「それ、みくのまねにゃ?」
「っていうか、それは人のものを捨てる李衣菜チャンが悪いと思うにゃ!」

李衣菜
「背表紙なくても音楽は聞けるじゃんか」

みく
「ふざけんにゃ! 人のもの勝手に捨てるとかどーかしてるにゃ!」

李衣菜
「わざと捨てたわけじゃないってば!」

みく
「う~~~~!!」

李衣菜
「むーーーー!!」

みく・李衣菜
「「…………」」




7: ◆fhVo2.iXFg 2016/03/02(水) 21:08:52.71 ID:bsRlZLjq0


みく
「ま、まぁ、そのあと同じの買いなおしてくれたから……怒ってるわけじゃにゃいけど……」

李衣菜
「無くしちゃったのは事実だし……ホントゴメン……おすすめしてくれてありがと……」

みく
「気に入ってくれたみたいでみくもうれしいにゃ」

李衣菜
「面白いね、嘉門達夫さん。私すっかりハマっちゃったよ」

みく
「否定はしないけどそんなCD持ってないにゃ!」

李衣菜
「今度アルバム貸してよ」

みく
「だからもってねーにゃ!」




8: ◆fhVo2.iXFg 2016/03/02(水) 21:09:23.29 ID:bsRlZLjq0



李衣菜
「まぁ、私が意外かもしんないけど大ざっぱ、みくがこう見えて几帳面っていうユニットなんだよ」

みく
「こう見えてって何にゃ。あと、意外でも何でもねーにゃ」

李衣菜
「だから、考え方の違いで結構言い争いがおこるんだよね」

みく
「まぁ……多分他のユニットより多いと思うにゃ」

李衣菜
「最近で一番くだらないところだと、桃鉄のプレイスタイルかな」

みく
「ああ、あれはかなりしょーもない争いだったにゃ」
「っていうか、李衣菜チャンのプレイスタイルがめっちゃいやらしすぎるにゃ」

李衣菜
「いやだから、あれは資産を奪い合うゲームだし」

みく
「陰陽師からのボンビー擦り付け、カード売り場で所持金からになるまで売り買いは流石にやりすぎだと思うにゃ」

李衣菜
「あ、あはは……あれは対人戦でやっちゃいけないことだよね」

みく
「それをしれっとやっちゃう李衣菜チャンはマジキチだと思うにゃ」





9: ◆fhVo2.iXFg 2016/03/02(水) 21:10:01.04 ID:bsRlZLjq0


李衣菜
「まぁ、そのあと銀二全額+ハリケーンのコンボくらったんだけどね」

みく
「因果応報にゃ」

李衣菜
「でもさ、絶対一番性格悪いの杏だよね」

みく
「あれはもはや人間じゃねえにゃ」




10: ◆fhVo2.iXFg 2016/03/02(水) 21:10:34.52 ID:bsRlZLjq0


みく
「あとは……電車で寝過ごしたときかにゃ」

李衣菜
「いやあれはさ……みくんちにお泊りとか初めてだったし……楽しみすぎて寝れなかったんだよ」

みく
「そんな遠足前の小学生並みの感想はいらんにゃ」
「っていうか、電車の中で爆睡とか危機感がたらんにゃ! 女の子なんだからもっと自分を大切にするにゃ!」

李衣菜
「うぅ……お母さんみたいな怒りかたしないでよ」

みく
「アホぉ! 李衣菜チャンになんかあったらみくは死んでも死にきれんにゃ!」

李衣菜
「……ごめん、気を付けるよ」




11: ◆fhVo2.iXFg 2016/03/02(水) 21:11:05.79 ID:bsRlZLjq0


李衣菜
「……っていうか、さっきから私のカッコ悪いとこばっかり喋ってない?」

みく
「しょーがないにゃ。みくと李衣菜チャン、どっちがヌけてるかって言ったら10対0で李衣菜チャンのがヌけてるにゃ」

李衣菜
「そ、そんなことないと思うな!」

みく
「いやいやいや、間違いないと思うにゃ」

李衣菜
「あーじゃあ言わしてもらうけどさ、みくってキャッチとかナンパとかに結構弱いよね」

みく
「なんっ……ぐぅ」




12: ◆fhVo2.iXFg 2016/03/02(水) 21:11:35.65 ID:bsRlZLjq0


李衣菜
「すっぱりと断ればいいのに煮え切らないからいつまでも喰いつかれるんだよ」

みく
「……なんていうか、人見知りってわけじゃにゃいんだけど、初対面なのにグイグイ来る人苦手にゃ」

李衣菜
「私やほかの子が間に入ったこと、一度や二度じゃないよね」

みく
「はいにゃ。とっても感謝してるにゃ」

李衣菜
「反省しろよ?」

みく
「調子んのんにゃ!」




13: ◆fhVo2.iXFg 2016/03/02(水) 21:12:28.43 ID:bsRlZLjq0


李衣菜
「まぁ、ネコミミ外して眼鏡かけてるみくがいくら地味で没個性だからって、あんだけ至近距離まで来て気づかないのはどうかと思うけど」

みく
「いま聞き捨てならんこと言ったにゃ!」

李衣菜
「でも、眼鏡してると注目されないよねみく」

みく
「な、なんにゃとぉ! 李衣菜チャンなんてロックアイドルと謳いながらロック像がぶれっぶれじゃないかにゃ」

李衣菜
「あーっ! みく今言っちゃならんことを!」
「っていうか、最近はそうでもないでしょお!?」

みく
「いーや、ぶれぶれにゃ、ぶれぶれぶれまくって震えてんのが解んなくなるくらいぶれてるにゃ」

李衣菜
「なんだとぉ!?」




14: ◆fhVo2.iXFg 2016/03/02(水) 21:12:58.43 ID:bsRlZLjq0


李衣菜
「みくなんかこの前、ファミレスでセットとコンポタ頼んで、コンポタがダブってしまったとかアホなことやってたくせに!」

みく
「なにおー!?」
「李衣菜チャンだってこの前、雑誌の二度買いやってたにゃ! 初対面からすでに3度はあるはずにゃ!」

李衣菜
「うっぐ」
「す、スーパー前のガチャガチャに1500円もツッコんでコンプできなかったのは誰だったかな!?」

みく
「李衣菜チャンこの前、リップクリームと間違えてスティックのり塗ってたにゃ!」

李衣菜
「ぐぬぬぬぬ……」

みく
「うぅぅぅぅ……」




15: ◆fhVo2.iXFg 2016/03/02(水) 21:13:38.86 ID:bsRlZLjq0


李衣菜
「……さ、流石にユニット組んで、付き合い長いだけあるよね」

みく
「お互いの粗探ししようと思ったら10分いらんにゃ」

李衣菜
「まぁ、これもお互いをよく知ってる証拠だよね」

みく
「ケンカするのは仲のいい証拠にゃ」

李衣菜
「まぁ、このくらいの口論で途切れる仲じゃないよね」

みく
「ユニットである前に大親友にゃ」

李衣菜
「だよね~」




16: ◆fhVo2.iXFg 2016/03/02(水) 21:14:56.35 ID:bsRlZLjq0


李衣菜
「あ、大親友を再確認したところでさ、一つ謝りたいことがあるんだ」

みく
「なんにゃ?」

李衣菜
「さっきね、あんまりにお腹すいてたから、楽屋にあったハンバーグ弁当、二つとも食べちゃった。メンゴメンゴ」

みく
「……アスタリスク解散にゃ」

李衣菜
「あれぇっ!?」

李衣菜・みく
「「どうも、ありがとうございましたー!!」」

みく
「この漫才はフィクションにゃ」

李衣菜
「スーパーのガチャで1500円とかしたのは実話だけどね」

みく
「フィクションにゃ!」




17: ◆fhVo2.iXFg 2016/03/02(水) 21:15:25.85 ID:bsRlZLjq0


~終幕~
*忙しいというよりは、暇すぎてエンジンかからん上にキーをどっかにおいてきた。




18: ◆fhVo2.iXFg 2016/03/02(水) 21:16:30.68 ID:bsRlZLjq0

解散芸とはよく聞くけど、そういうコンセプトのイラストとかってあんま無いのな。渋でしか探してないけど。
参考資料がもうちょいほしかったぜよ。





元スレ
SS速報VIP:李衣菜「12回目」みく「アスタリスク漫才にゃ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1456920312/