1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 15:21:13.98 ID:kwiMocSj0

岡部「ぬるぽ」

紅莉栖「がっ」

チュッ

岡部「…んっ」

紅莉栖「んむ!?」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 16:18:40.14 ID:6SPkDWIQ0

紅莉栖(なに、なんなのコレ……)

紅莉栖(あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

     ”ぬるぽされてガッしたと思ったらいつのまにかキスされていた”

     な… 何を言ってるのか わからねーと思うが私も何をされたのかわからなかった…)

岡部(こいつ直接脳内に……!)

チュッ

岡部「…んっ」

紅莉栖「んむぅ!?」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 16:32:26.29 ID:6SPkDWIQ0

紅莉栖(岡部にキス……キス……何回も///)

岡部「おい」

紅莉栖「えへ……えへへ///」

岡部「おいクリスティーナ」

紅莉栖(──じゃなくて!)

紅莉栖「い、いきなりキ…キスとかどういう事よ!説明求む!つーかしろ!返答次第では……その、許さないからな!」

岡部「その前に締りのない顔を鏡で見てきたらどうだ?ん?」

紅莉栖「ちょ!こっちみんな!つーかタイーホっつっただろ!通報しま──!」

チュッ

岡部「…っ」

紅莉栖「すんぅ!?んっ……あぁっ」



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 17:23:25.23 ID:6SPkDWIQ0

紅莉栖「なんで?なんで……こんなことするの?ねえ岡部……」

岡部「不満か?」

紅莉栖「べ、別に不満って訳じゃ……」

紅莉栖「恋人同士でもないのにキスとか早いっていうか!あ、でもキスされたくないわけではなくて!」

紅莉栖「あっ……遊びでやってんなら、あんたを一生許さないから」

岡部「決して遊びなどではない」

紅莉栖「ふぇっ!?」

紅莉栖「い、今の言葉、確かに正真正銘本当に真実でしょうね!?」

紅莉栖「もし嘘だったらボコボコにしてやんよ!///」

チュッ

岡部「…んっ」

紅莉栖「んん……///」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 17:30:05.59 ID:6SPkDWIQ0

紅莉栖「」ポケー

紅莉栖「……ねぇ岡部、あんたの気持ちはなんとなく分かった、分かったから」

紅莉栖「ちゃんと、言葉で伝えて……欲しいな///」

岡部「何をだ?」

紅莉栖「その……私のこと……」ゴニョゴニョ

岡部「聞こえんぞ助手ぅ」

紅莉栖「ど、どう思って……」ゴニョゴニョ

岡部「お前こそはっきり伝えたらどうなのだ?」

紅莉栖「……///」

紅莉栖「あぁもう!ねぇねぇ今どんな気持ち!?///」

紅莉栖「キスとか何連発もしちゃってねぇどんな気持ち!?///」

紅莉栖「ねぇねぇったら!///」

チュッ

岡部「…んっ」

紅莉栖「んんっ……っふ……///」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 17:38:13.13 ID:6SPkDWIQ0

紅莉栖(こ、言葉は必要ないってこと?///)

岡部「お前ならば、そろそろ俺の意図に気づいてもおかしくはないだろう」

紅莉栖「わかってる、わかってるから」ギュ

紅莉栖「おかべぇ……」スリスリ

岡部(絶対わかってない……)

紅莉栖「すごい一体感を感じる。今までにない何か熱い一体感を」

チュッ

岡部「…んっ」

紅莉栖「ん……///」



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 17:45:17.99 ID:6SPkDWIQ0

紅莉栖「おかべおかべおかべ!///」スリスリ

岡部「」

紅莉栖「おかべぇ……」ギュウウ

岡部「よ、よせクリスティーナ!」

紅莉栖「えっ?」

岡部「き、貴様には失望したぞっ」

岡部「たかがキスごときで男に気を許すスイーツ(笑)だったとはな!」

紅莉栖「なっ、ちょっ!べ、別に誰でもいいってわけじゃ!アメリカじゃキスなんてそう珍しくもなんともないんだからな!」

岡部「ロスでは日常茶飯事というわけかこのヴィイイイッチめ」

紅莉栖「はいはい、童貞乙」

チュッ

岡部「…んっ」

紅莉栖「んんんっ……!?」



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 17:48:32.70 ID:6SPkDWIQ0

紅莉栖「何が何だか分からない……」

チュッ

紅莉栖「!?」


紅莉栖「ちょっと岡部……少し、頭冷やそうか」

チュッ

紅莉栖「!!?」


紅莉栖「だめだこいつ、早く何とかしないと」

チュッ

紅莉栖「!!!?」


紅莉栖「こういうキス、マジでもういいから……」

チュッ

紅莉栖「」



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 17:53:21.69 ID:6SPkDWIQ0

紅莉栖「……」

岡部「……」

岡部(そろそろ気づくか?)

紅莉栖「あんた……」フルフル

岡部「うおっ!?」

岡部(小刻みに震えだした)




紅莉栖「もしかして安価か!?安価なのか!?VIPで安価でも出してるの!?」

紅莉栖「好きな娘に安価でいたずらするとかスレ立てしちゃってるんだろ!」

紅莉栖「私はだまされないからな!」

チュッ

紅莉栖「んむ!?」



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 17:59:47.10 ID:6SPkDWIQ0

紅莉栖「この節操無いキス……」

紅莉栖「明らかに安価のノリ……」

岡部(惜しい、がもう一歩)

紅莉栖「よくもだましたアアアア!!」

紅莉栖「だましてくれたなアアアアア!!」

チュッ

紅莉栖「──!」

紅莉栖「……」フルフル



Q.『紅莉栖がネラー語を話すたびにキスしたらどうなるか』








紅莉栖「……」ジワッ

A.『泣かせた』



72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 18:03:25.78 ID:6SPkDWIQ0

岡部「おいクリスティーナ」

紅莉栖「うっさい、話しかけんな!」

岡部「聞いてくれ紅莉栖」

紅莉栖「あーあー聞こえない!」

チュ

紅莉栖「」

紅莉栖「だからもうそういうのやめてってば!」

岡部「……」

紅莉栖「……今分かった」

紅莉栖「あんた……私が@ちゃんねる用語口にするたびにキスしてきた……」



79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 18:13:32.17 ID:6SPkDWIQ0

紅莉栖「私が@ちゃん用語を口にしたらキスをする実験、みたいな感じかしら、あんたの態度から見て」

紅莉栖「全く……何がしたいのよ……意味がわからない」

岡部「紅莉栖、すまなかった」

紅莉栖「ちょ、あんた今、名前で……」

岡部「数秒前にも名前で呼んだではないか」

紅莉栖「……そっか、耳、塞いでたから」

紅莉栖「……」

紅莉栖「で、何?謝罪なら聞いてあげないこともないけど」

岡部「謝罪ならもうすませた」

紅莉栖「って、どこまで上から目線なんだあんたは!」

岡部「俺が言いたいのは、その……」




岡部「紅莉栖、俺はお前が好きだということだ」

紅莉栖「……」

紅莉栖「嘘だッ!」



80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 18:20:32.12 ID:6SPkDWIQ0

岡部「実験はもうおしまいだ、キスならしないぞ」

紅莉栖「……」

チュ

岡部「ん!?」

岡部「お、おい、いきなり何を」

紅莉栖「ここここここの味は!…嘘をついている味だぜ……!///」

岡部「おいおい……どんな味だ」

紅莉栖「う、うっさい!証明、証明が必要!///」

岡部「そう言われても……」

岡部「……分かった、少し黙っててくれ」

紅莉栖「証明できるんだろうな……///」

岡部「いいから」

紅莉栖「……」

岡部「……」


紅莉栖(こ、こっち見んな……///つーか凝視しすぎ!///)



82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 18:28:59.75 ID:6SPkDWIQ0

岡部「先ほどお前は、どんな気持ちだ?と言ったが……」

岡部「俺なんかのキスで舞い上がってくれた多幸感」

岡部「くだらない実験でお前を泣かせてしまった罪悪感」

岡部「そして今は、緊張感でいっぱいだ」

紅莉栖「……」

岡部「お前は言葉で伝えてくれ、そう言っていただろう」

岡部「だからはっきりと言葉にしよう」

岡部「紅莉栖……俺はお前が好きだ」

紅莉栖「……!///」

岡部「そしてこれが証明だ」

チュ

岡部「…んっ」

紅莉栖「んむ!?」

チュッ……チュ

紅莉栖(ぁ……舌が///)



83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 18:33:25.72 ID:6SPkDWIQ0

紅莉栖「はっ……んんっ……」

岡部「んっ……」

紅莉栖「んうっ……」

紅莉栖「んん……はぁっ……」

岡部「……これじゃ証明にならないか?」

紅莉栖「け、結局キスとか!はいはいワロスワロス!ワンパターン乙!///」

紅莉栖「もう、バカなの!?死ぬの!?///」

岡部「実験は終わりと言ったろう」

紅莉栖「……」



Q.『紅莉栖がネラー語を話すたびにキスしたらどうなるか』




紅莉栖「じゃあ、もうしてくれないの……?」

岡部「お望みとあらばいつでも」

A.『結局爆発』



86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 18:37:19.07 ID:6SPkDWIQ0

おまけ



紅莉栖「岡部助けて!まゆりが息をしてないのっ!」

チュッ

岡部「…んっ」

紅莉栖「んむ!?」


















フェイリスルート期待、俺はオカクリ至上主義だからかけない



92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 18:44:23.36 ID:v3pR4nT70

        ト            /|
         'i::\         /::i
          ヘ::::`_,--y~7-/>、/::::i
        r´ ヘ< ヘへ~ヽ 、//ゝ⌒ヽ  
         /   ∞        ∞ ヾ、i\
       /  /  ;  i  }  リ  ヽ ソ  〉
      〈 { {i ,トルN、从Nリノりi.|   }〈  /
      〈ミ ヽ'{. i{.●    ●  ii   .! ー(y、
      __ソ ! l⊃ 、_,、_, ⊂⊃  リ   ノ } フェイリスルート書いていいかニャ?
     {/⌒ヽ_レヘ   ゝ._)  リ;,,/⌒i  ( /
     ノ\ ノノ`゛'''>,、 __, イW/  /   Vンヽ
.    (ミ、  `i    }f ~∞~ i | {.ヘ==/〉    ~)}
      リ   ヽ  (::{ |:| |::}    /    ノ'




93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 18:46:34.05 ID:wtqqIq9B0

いいともー



94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 18:47:05.59 ID:4LSHwFEo0

>>92
オナシャス



100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 18:50:48.66 ID:v3pR4nT70

岡部「フェイリスがニャというたびにキスしたらどうなるか」

フェイリス「うにゃ?」

チュ

岡部「……んっ」

フェイリス「んむっ!? にゃ、にゃにを……」

チュ

岡部「んっ……はむ」

フェイリス「んっ……あっ、……」



103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 18:55:36.83 ID:v3pR4nT70

フェイリス「ぷはっ、きょ、凶真!? にゃ、にゃにを……」

チュ

岡部「……んっ」

フェイリス「んむ……んっ」

留未穂「お、岡部、さん……? な、なんでこんな事を……」

岡部「……」

留未穂「……ね、ねえ」

岡部「……」





107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 19:00:18.89 ID:v3pR4nT70

留未穂「……」

岡部「……」

フェイリス「そ、そういう事かニャ! 凶真はフェイリスの魅了されてしまったのニャ! くっ、いままで封印してきたのに凶真まで魅了してしまうなんて……我ながら恐ろしい能力(ちから)だニャ」

岡部「3回か……ふむ」

フェイリス「ニャ?」

岡部「いや、4回」

フェイリス「にゃ、ニャにを言って……」

岡部「6回か」

チュ

フェイリス「んむっ!?……んっ、あっ」

チュ

フェイリス「んっ……」



113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 19:11:25.15 ID:v3pR4nT70

チュ

フェイリス「凶真ぁ……んっ、」

チュ

留未穂「岡部さん……えへへ、んっ」

チュ

留未穂「あむっ……んっ」

チュ

留未穂「岡部さん……はむ、んっ」


岡部(い、いかん、さっきから耳元で名前を囁かれるせいか、こっちもドキドッキしてきた。そろそろ終わりに……)

チュ

岡部「んむ!?」

留未穂「んっ……」



116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 19:23:14.23 ID:v3pR4nT70

岡部(な、に……?)

留未穂「岡部さん……」

岡部「ふぇ、フェイリス!? お、お前、何を……」

留未穂「いまは、留未穂って呼んで……んっ」

チュ

岡部「る、留未穂! き、キスはもう止め……」

チュ

留未穂「んむっ……」クチュ

岡部(し、舌を入れて……!)

留未穂「これが岡部さんの味……えへへおいし」レロレロ

岡部「や、やめ……」

チュ





119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 19:32:11.54 ID:v3pR4nT70

――1時間後

留未穂「岡部さん、岡部さん」ペロペロ

岡部「」ビクンビクン

留未穂「えへへ」ムギュ

岡部(お、おわったのか……?)

岡部「い、いい加減離してくれ、留未穂」

チュ

岡部「んむっ!?」

フェイリス「残念ニャ! 今はフェイリスだニャン」



120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 19:35:21.04 ID:v3pR4nT70

岡部「そ、そんな……」

チュ

フェイリス「んっ、ニャハハ、凶真ぁ……」

岡部「フェイリス……」

チュ

フェイリス「んっ、やっと凶真からしてぅらたニャ」

岡部「……俺の負けだな」

フェイリス「うにゃ?」

Qフェイリスがニャ、と言うたびにキスしたらどうなるか?




A ピンクは淫乱




次、ルカ子を誰か



127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 19:54:18.29 ID:kwiMocSj0

誰か鈴羽を



133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 20:04:16.47 ID:lPRZ6zib0

岡部「鈴羽に俺の知らん単語使う度キスしたらどうなるか」



134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 20:05:59.07 ID:4LSHwFEo0

>>133
もうそれでいこう
さぁ書くんだ



元スレ
岡部「紅莉栖がネラー語を話すたびにキスしたらどうなるか」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1342160473/