1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 18:58:54.10 ID:bwe+t28L0

シャル「一夏に裸見られちゃったよぉ・・・」

シャル「でもよかった、気付かれてないみたい」ホッ

シャル「こんなもの付いてるなんて知られたら嫌われちゃうよね・・・」

シャル「お、お、おちんちんなんて///」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 18:59:36.03 ID:bwe+t28L0

シャル「急にこんなの生えてきて・・・誰にも相談できないし、どうすればいいんだろう」

シャル(それにしても・・・男の人ってこんなのついてて邪魔じゃないのかなぁ)

シャル(ちっちゃいけど・・・なんだか変な感じ)

シャル(でも、ちょっとだけ・・・かわいいかも///)

ツンツン

シャル(あ、あれっ・・・なんか変な感じ・・・んっ)ツンツン

ムクムク



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 19:00:21.24 ID:bwe+t28L0

シャル(お、おっきくなって・・・あっ・・・)

ビンビン

シャル(か、形が変わっちゃった・・・なんか怖いよぉ・・・)

シャル(これ、ぼ、勃起っていうんだよね。授業で習った・・・)

ニギッ

シャル「うあっ!」

シャル(なにこの感覚!全身に電気が走ったみたいな・・・)

シコシコ



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 19:01:05.98 ID:bwe+t28L0

シャル「はぁっ!・・・あうっ・・・うぅ!」

シャル(駄目・・・これ、頭の中が白くなってくよ・・・怖い)

シャル(でも手が止まらないよぉ!)

コンコン

一夏「シャルル、入るぞ」

シャル「わあっ!ちょ、ちょっとまって!」ビクッ



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 19:01:51.90 ID:bwe+t28L0

シャル(あとちょっとだったのに・・・って何言ってるのボクは///)

シャル(一夏のおかげで止められたんじゃないか!・・・残念だなんて思ってない)

シャル「い、いいよ」

一夏「? おう」ガチャ



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 19:02:31.81 ID:bwe+t28L0

~~~~

シャル「・・・はぁ」ボー

一夏「どうしたんだシャルル、さっきからため息ついて。顔もちょっと赤いぞ?風邪か?」

シャル「う、ううん!なんでもないよ!それより今日はもう寝ちゃおうよ!」

一夏「? まぁもう遅いしそうするか。おやすみ、シャルル」

シャル「おやすみ、一夏」

パチッ

シャル(うぅ、おちんちん大きくなったままだよぉ)

シャル(どうすれば治るのかなぁ)

シャル(・・・おちんちんくるしいよぉ)モゾモゾ



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 19:03:38.54 ID:bwe+t28L0

次の日

シャル「やっと治ったよ・・・朝になってもおっきくなってたのは驚いたけど・・・」

シャル「ヘンな事考えなければ元に戻るみたいだ」

シャル「気をつけないと・・・」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 19:04:01.33 ID:bwe+t28L0

学校

シャル「うぅ、やっぱり違和感あるなぁ」フラフラ

ドン

シャル「うわっ」

??「キャ」

バターン

シャル「いたた・・・って!」

シャル(ボクの胸思いっきり掴まれてる!)



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 19:04:18.49 ID:bwe+t28L0

鈴「あいたた・・・ちょっとアンタ!どこ見て歩いて・・・って転校生じゃない」

鈴「・・・あれ、なんでアンタ胸あんの」モミモミ

シャル「あっ・・・やめ・・・///」ビクン

鈴「アンタもしかして、おん」

シャル「うわああああああ鈴さん屋上で話そう!」アセアセ



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 19:05:28.99 ID:bwe+t28L0

屋上

鈴「ふーん、アンタ女だったんだ。確かに男にしては可愛すぎると思ったのよね」

シャル「お願い!この事は内緒にして欲しいんだ」

鈴「・・・それはいいけどさ、その・・・股のところのソレ・・・なんなのよ//」カァー

シャル「えっ?」

ビンビン

シャル「わわわわ!な、なんでぇ?」

シャル(さっき胸を揉まれたから?も~訳わかんないよ!)



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 19:06:03.78 ID:bwe+t28L0

鈴「それって男の人の、お・・・お・・・あ、アレでしょ!なんでアンタについてんのよ!//」

シャル「ボクにもわかんないよぉ・・・最近になって急に生えてきちゃったんだ」

鈴「・・・それ、苦しいの?」

シャル「えっ?う、うん」

鈴「し、仕方ないわね!あたしにもちょっとは責任あるわけだし?とりあえず何とかしてあげるわよ」

シャル「え、ええっ!?」

鈴「ほら、さっさとズボン脱ぎなさいよ!」

シャル「や、やだよ!恥ずかしいよぉ!」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 19:30:10.96 ID:bwe+t28L0

鈴「うるさいわね!脱がないなら無理やり脱がすわよ!」

ババッ

シャル「わ~~ん」

鈴「こ、これは・・・大きいわね・・・」ゴクリ

シャル「ひどいよ鈴さん・・・」グスン

鈴「」ゾクゾク

鈴(なにこの子・・・可愛すぎるじゃない。虐めたくなっちゃう)ゾクゾク



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 19:31:18.14 ID:bwe+t28L0

鈴「くすくす・・・本当にフタナリだなんてね。しかも学校内で大きくしちゃうとか」

鈴「この変態っ!」

シャル「うぅ・・・ち、ちが」

ギンギン

鈴「どこが?学校の屋上で裸にひん剥かれて変態呼ばわりされてるのに、そこはどんどんおっきくなってるじゃない」

鈴「こんな変態が同じ学校に居ると思うと寒気がするわね。やっぱり先生に」

シャル「そ、それだけは許して!お願い!・・・なんでもするから・・・」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 19:33:03.62 ID:bwe+t28L0

鈴(かかった!)

鈴「な ん で も ?」ニヤ

鈴「・・・じゃあ、ここでオナニーしなさい。もちろん男のほうを使ってね」

シャル「・・・えっ」

鈴「ここでオナニーしなさいって言ってるの。出来ないの?なら・・・」

シャル「わ、わかったよぉ・・・」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 19:36:27.09 ID:bwe+t28L0

シャル(うぅ・・・はずかしいよぉ)

鈴(どきどき)

ニギッ

シャル「あうぅ・・・」

シコシコ

鈴「ふーん、ちょっと皮かぶってるわね。これって包茎っていうんでしょ?」ジー

シャル「そ、そんなに見ないで・・・はぁ・・・はぁ」シュッシュ



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 19:37:13.30 ID:bwe+t28L0

鈴「何言ってるのよ。どんどんおっきくなってるじゃない」

鈴「アンタは屋上で裸になってオナニー見られて感じてる 変 態 なの」

シャル「や、やぁ・・・言わないで・・・」シコシコ

鈴(あぁ・・・この子のこの表情・・・たまんない)ゾクゾク

鈴「ほら、先っぽから変な汁出てきたわよ。どんどん溢れてる」

シャル「も、もう頭の中ぐちゃぐちゃでわかんないよぉ・・・」

グチュグチュ

鈴「ふふっ、いやらしい音。泡立ってるじゃない」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 19:38:09.42 ID:bwe+t28L0

シャル「はぁ・・・はぁ・・・」グチュグチュ

鈴「・・・もう聞こえてないみたいね。目もなんかうつろだし。そろそろかな?」

シャル「あっ・・・あっ・・・だめっ、何か来る、上ってきてるよ。怖い、怖いよ鈴さん」グチュグチュ

鈴「・・・いいわ、そのままイキなさい。キスしてあげるから」

チュ・・・ピチャ・・・レロ・・・チュピ

シャル「・・・ぷはっ!ダメッ!何か出る!出ちゃう!キスされて!うわああああああぁあ」

ドビュル ビュルッビュルビュルビュルビュルッ



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 19:39:28.35 ID:bwe+t28L0

鈴「あはっ♪すごい、噴水みたい!」

シャル「や、やだ、止まって!お願いだから止まってよぉ!!!」

ビュル ビュルルルッ ドプドプン

鈴「どんだけ出す気なのよ、この種馬は」

シャル「と、止まらないよぉ・・・」

ビュルルッ ビュルッ ピュッ ドロッ

鈴「やっと終わり?うわ・・・水溜りみたいになってるじゃない」

シャル「・・・はぁ・・・はぁ・・・」ビクビク



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 19:41:35.39 ID:bwe+t28L0

鈴「まさか本当にオナニーするとは思わなかったわ。くすくす」

シャル「うぅ・・・でも、これで約束通り・・・」

鈴「何言ってるの?」

ニギッ

シャル「うあっ!」

鈴「誰が こ れ で 終 わ り って言った?」クスクス

シャル「えっ・・・も、もう無理だよ、だってこんなに」

鈴「大丈夫、さっきみたいにバレないように、全部搾り出してあげるから」

クチュ



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 19:43:33.42 ID:bwe+t28L0

シャル「はうっ!い、今まだ敏感で!だめっ、苦しいっ」

鈴「何言ってるのよ。まだこんなにビンビンじゃない」ニヤニヤ

グチュグチュ

シャル「あんっ・・・頭、おかしくなるっ・・・!」

鈴「さっき出たのが潤滑油みたいになってるわね。すっごいいやらしい音」

グチャッグチャッ



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 19:45:56.98 ID:bwe+t28L0

シャル「鈴さんの手・・・気持ちよすぎるよぉ・・・」トローン

鈴「」ドキン

鈴「あ、あたりまえでしょ。感謝しなさいよね//」

グチュグチュグチュ

シャル「う、動きが激しくなってるよ!」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 19:46:27.97 ID:bwe+t28L0

鈴「・・・びしょびしょのこっちも一緒に弄ったらどうなっちゃうのかなー?」ニヤニヤ

クチュクチュ

シャル「」

シャル「うわああああああぁああ」

ブビュルッ ビュルビュル ビュッビュー

鈴「わわ、さっきより出てない?ってキャッ、ちょ、ちょっと誰が私にかけろって」

シャル「そ、そんなこと言ったって・・・あんっ、止まらないんだよぉ・・・あうっ」

ビュルビュルル



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 19:48:54.18 ID:bwe+t28L0

鈴「あ、熱い・・・それにすごく濃い・・・糸引きそう・・・」トローン

シャル「り、鈴さんがいけないんだからね・・・両方一緒に弄るなんて・・・あんなこと///」

ビュルン ビュル ピュッピュ

鈴「・・・はぁ、どうすんのよコレ。この後授業出れないじゃない」

シャル「ご、ごめんなさい・・・はぁ・・・はぁ」ビクビク

鈴「とりあえず服は後でアンタが持ってくるとして」

鈴「こうなった以上は・・・」

鈴「と こ と ん 搾ってあげないとね♪」



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 19:51:00.02 ID:bwe+t28L0

~~~

シャル「あひ・・・らめ・・・もうらめ・・・あ、あ、あ、あああひゃああああん」

ドプッ

鈴「あははっ!12回目ぇ~♪」

グチュグチュ

シャル「ゆるひてぇえもうらめなのぉ・・・あたまぐちゅぐちゅでおちんちんこわれちゃうよぉ」



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 19:52:37.88 ID:bwe+t28L0

鈴「うるさいわね。壊れちゃえばいいのよ」

ズボッ

シャル「お、おしりの穴ぁぁ!そこらめえええいぐうううううう」

ビュルッビュッビュー

鈴「はい、13回目♪もうどこに突っ込んでもイっちゃうじゃない」

シャル「あ・・・う・・・」



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 19:55:03.10 ID:bwe+t28L0

鈴「・・・そろそろ本格的に壊れちゃいそうね。次で最後にしてあげるわ」

グチュグチュ

シャル「う・・・あう・・・」

鈴「こっちのワレメと・・・」

グチュグチュ

シャル「あっあっあっ・・・」

鈴「お尻の穴を一緒に弄ったらどうなるのっと」

ズボッ クニクニクニクニ



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 19:56:45.05 ID:bwe+t28L0

シャル「ッ!!!!」

シャル「あああああああああァァァ!!」

ドブッドピュルビュルビュルブパッビュッビュー

鈴「14回目ぇ~♪うわぁ、まーた派手に出たわね。どんだけ入ってるのよ」

シャル「・・・・・・」

鈴「・・・失神しちゃってるわね。ちょっとやりすぎたかな・・・//」

鈴「って着替え持ってこさせられないじゃない!もー!起きなさーい!」



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 19:59:16.35 ID:bwe+t28L0

次の日の朝

シャル「う、うーん・・・はっ!ここは・・・」

シャル「ボクと一夏の部屋だ・・・」

シャル「昨日の記憶が・・・えーっとえーっと」

シャル(そうだ、確か屋上で鈴さんに・・・//)

一夏「よぉシャルル、起きたか?」

シャル「う、うん、おはよう一夏」



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 20:00:57.10 ID:bwe+t28L0

一夏「覚えてるか?お前屋上で倒れてたらしいぞ。鈴がここまでお前を担いできたんだ」

一夏「やっぱり風邪だったんじゃないか。鈴にはちゃんと礼言っとけよ」

シャル「そ、そうだったんだ。うん、わかったよ」



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 20:05:49.35 ID:bwe+t28L0

昼休み

シャル(えっと、鈴さんはどこだろう)

シャル(一応、お礼は言っておきたいな・・・)

??「シャルルさん、ちょっとよろしくて?」

シャル「はい?あ、セシリアさん」

セシリア「お話がありますの。ちょっと屋上まで来てくださらない?」

シャル「? う、うん。わかった」

シャル(鈴さんにはまた後で会いにいこう)



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 20:07:50.40 ID:bwe+t28L0

屋上

シャル「何かな?セシリアさん」

セシリア「・・・わたくし、昨日見ましたの。貴方と鈴さんが、ここで・・・その///」

シャル「えっ・・・う・・・」

セシリア「貴方は一体何者なんですの?言っておきますがわたくしに力づくは通用しなくってよ」

シャル「わわ、わかったよ!話すから落ち着いて・・・」



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 20:09:27.16 ID:bwe+t28L0

~~~

シャル「・・・というわけなんだよ」グスン

セシリア「なるほど。貴方は本当は女性でしたのね。しかしなぜか・・・その・・・」

セシリア「・・・男性器が生えてきてしまったと//」

シャル「・・・」コクン

セシリア「おかしいと思いましたわ。昨日もはじめは貴方が無理矢理鈴さんに襲い掛かっているのかと思って止めようとしたら、なにやら逆のようでしたので・・・」

セシリア(おおかた、鈴さんがそれをネタに脅したといったところでしょうか)



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 20:11:57.37 ID:bwe+t28L0

シャル「・・・え?ちょっと待ってよ!じゃあ結局最後まで止めずに見てたってこと?!」

セシリア(ぎくり)

セシリア「そ、そんなことありませんわ!ただちょっと、興味があっただけですわ・・・」ボソボソ

シャル「ひ、ひどいよぉ」グスグス

セシリア「」ドキン

セシリア(・・・なんでしょうこの気持ち。この方のこの顔をもっと見たい、虐めたい!)

セシリア「・・・貴方、状況がわかってまして?わたくしも貴方の秘密を握っているんでしてよ」

シャル「・・・」ビクッ



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 20:12:57.99 ID:bwe+t28L0

セシリア「口の利き方に気をつけたほうがいいんではなくって?」ニヤ

シャル「・・・はい、セシリアさん」

セシリア「『さん』?」ズイッ

シャル「ひっ・・・!せ、セシリア様・・・」

セシリア「・・・ふぅ、貴方にはもう少し自分の立場を自覚してもらわないといけませんわね」

セシリア「お脱ぎなさい。立場を教えて差し上げますわ」ニコッ

シャル「ひ・・・ひえぇ・・・」



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 20:15:46.21 ID:bwe+t28L0

~~~

シャル「こ、これでいいんですか?」カァ

セシリア「くすくす・・・まだ何もしていませんのに、貴方のそこは準備万端で涙を流していますわね」

シャル「・・・あっ//」

ビンビン

セシリア「待ちなさい!隠したり手で触れることは許しませんわ!」

シャル「そんなぁ・・・」ウルウル

セシリア「見れば見るほどいやらしい形ですわね//」ドキドキ



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 20:18:26.67 ID:bwe+t28L0

セシリア「わたくし、鈴さんと違ってこんな汚らわしいモノを触りたくありませんの」

セシリア「ですから・・・」

セシリア「 足 で 踏んで差し上げますわ♪」スルッ

グニッ

シャル「あうっ!そ、そんな、足でなんて・・・い、痛いよ!」

セシリア「これは躾ですのよ。躾に多少の苦痛が伴うのは仕方のないことですわ」

グニグニ



64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 20:21:55.73 ID:bwe+t28L0

シャル「あんっ・・・で、でもちょっと優しくなった・・・ありがとう、セシリアさん」ウルッ

セシリア「」ドキッ

セシリア「ふ、踏まれて礼を言うなんて貴方は本当に 変 態 ですわね!///」

セシリア「そ、それに、言葉遣いには気をつけなさいといっているでしょう!」

セシリア「・・・いいですわ。そこまでいうならとことん踏んで差し上げます」

グニグニグニ

シャル「うあっ!もう片方の足で・・・裏をなぞっちゃ・・・」



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 20:24:51.64 ID:bwe+t28L0

セシリア「くすくす、これがいいんですのね」

グニグニ シュッシュ

シャル「うぅ・・・あうっ・・・あっ・・・」ビクビク

セシリア「では下のほうへ・・・」ツツツ

シャル「そ、そっちは駄目っ!そっち弄ったらすぐに」

クチュ

シャル「はうぅぅっ!」

ビュルッビュルビュル



71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 20:29:28.60 ID:bwe+t28L0

セシリア「キャッ!・・・熱いのが・・・わたくしの足にたくさんかかってますわ・・・」

シャル「すぐに・・・はぁ・・・はぁ・・・イっちゃうから・・・駄目って言ったのに・・・」ピクンピクン

セシリア「・・・とんだ粗相をしてくれましたわね。わたくしの足にかけるだなんて」

シャル「す・・・すいませ・・・」ウルウル

セシリア「・・・自分で汚したものは、自分で綺麗にするのが当たり前ですわね」

ズイッ

セシリア「さあ、わたくしの足を舐めて綺麗になさい」



72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 20:31:01.42 ID:bwe+t28L0

シャル「う・・・は、はい・・・」

オソルオソル

ペロ

ペロペロ

セシリア(あぁ・・・この征服感・・・たまりませんわ!)ゾクゾク

シャル(うぅ・・・いくら自分のだからって汚いよぉ・・・変な味・・・)ペロペロ

セシリア「・・・あらあら、自分で自分の精液を舐めながら興奮してらっしゃるなんて・・・つくづく 変 態 ですわね」



73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 20:31:35.47 ID:bwe+t28L0

シャル「・・・えっ?」

ビンビン

シャル(そ、そんなぁ!なんでぇ?!・・・うぅ)

セシリア「仕方ありませんわね。そのまま手で扱きなさい。自分の精液を舐めとりながら」

シャル「・・・はい」

クチュ

シコシコ

セシリア「惨めですわね。フランスの代表候補生がこんな惨めな姿を晒しているだなんて、国民が知ったらどう思うでしょうね」



76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 20:34:04.82 ID:bwe+t28L0

シャル「うぅ・・・お願いだから言わないで・・・」ピチャ レロ

セシリア「貴方の態度次第ですわ・・・んっ、そう、丁寧に舐め取りなさいな」ピクン

ピチャピチャ

グチュグチュ

シャル「あう・・・も、もう駄目・・・出ちゃう・・・」ビクビクッ

セシリア「お待ちなさい、それ以上弄ることは許しませんわ」グイッ

シャル「ひっ・・・な、なんで・・・」ピタッ

セシリア「わたくしの許可なしに射精するなんてもってのほかですわ」



79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 20:35:09.81 ID:bwe+t28L0

シャル「で、でも・・・もうおちんちん苦しくて・・・」

セシリア「触りたければ触ってもいいですわよ。その後どうなるかは、知りませんけど」ニヤ

シャル「・・・はい・・・わかりました」ピクピク

セシリア「そろそろ触ってもいいですわよ。但し射精しそうになったら必ず言うこと。言わなかったら・・・」

シャル「・・・はい・・・」

クチュクチュ

シャル「はぁ・・・はんっ・・・くぅ・・・」

シコシコ



82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 20:36:24.85 ID:bwe+t28L0

セシリア「ほら、お口が休んでましてよ」ズイッ

セシリア「貴方が大量に出すものだから、まだまだたくさんかかっていますわ」

シャル「・・・・・・」ペロ レロ ピチャ

シャル「・・・せ、セシリア様・・・も、もう・・・」

セシリア「では、手を離しなさい」ニヤニヤ

シャル「・・・くぅん・・・」ピタッ

セシリア「くすくす、射精したいんですの?女の子ですのに?」



83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 20:37:19.80 ID:bwe+t28L0

シャル「・・・うぅ・・・ボ、ボクは・・・」

セシリア「別にしたくなければいいのです。あと1時間ほどこうして繰り返すだけですもの」クスクス

シャル「そ、そんな・・・」ゾーッ

セシリア「ただ・・・もし射精したいのであれば・・・きちんとお願いできれば考えないこともありませんわ」

シャル「・・・」

シャル(こんなの1時間も繰り返されたら頭がおかしくなっちゃうよぉ・・・)

シャル(そ、それに・・・)

シャル(ボク、女の子なのに・・・射精・・・射精したい!気持ちよくなりたいよぉ!)



84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 20:38:00.55 ID:bwe+t28L0

シャル「お・・・」

セシリア「お?」クスクス

シャル「お願い・・・射精させて・・・」カァ

セシリア「・・・ダメですわ、頼み方がなっていませんもの」

シャル「・・・お、お願いします。どうか私にこの汚らしいおちんちんで射精する許可をくださいっ!!」ウルウル

セシリア「」ゾクゾクゾクッ

セシリア「・・・いいですわ、射精を許可します」ウットリ



86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 20:38:41.10 ID:bwe+t28L0

シャル「は、はい・・・はっ・・・はっ・・・」

グチュグチュグチュ

セシリア「ふふふ、まるでお猿さんみたいでしてよ」

シャル「はぁ・・・はぁ・・・」シュッシュ

セシリア「ちゃんとお願いできたご褒美を差し上げますわ」スッ

グニッ

シャル(・・・!ボクの顔に・・・セシリアさんの足の裏が・・・)



87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 20:39:20.38 ID:bwe+t28L0

シャル「はぁっ!はぁっ!セシリアさん!セシリアさんっ!」グチュグチュ

セシリア「まったく、言葉遣いは治りませんのね」ハァ

シャル「も、もう出ます!射精します!うぅ!」

セシリア「もひとつおまけにご褒美ですわ」

グチュ

シャル(も、もう片方の足で、ボクのワレメを・・・それ駄目ッ!!)

シャル「うわあああああああぁぁぁぁあっ!!」

ビルッビュルビュビュッ ブビュッ



90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 20:42:10.11 ID:bwe+t28L0

シャル(が、我慢してたからっ・・・その分・・・)

ビュッビュビュ ビュルルッ

シャル(あたまのなか・・・焼ききれちゃいそうだよぉ・・・)

ビュッ ピュッ

セシリア「・・・あきれた量ですわね。まったくもう」

シャル「・・・はぁ・・・はぁ・・・・・・っはぁ」ピクピク

セシリア「・・・言葉遣いは今のままで許して差し上げますわ。ただし!」

セシリア「・・・また、付き合っていただきますわよ///」

シャル「・・・う、うん・・・」ピクン



93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 20:43:57.57 ID:bwe+t28L0

次の日

シャル「うぅ・・・まさかこんな事になるなんて・・・」

シャル(でも、一夏にだけは、こんな体ってバレたくないよ・・・)

??「おい、何をやっている」

シャル「はい!」ビク

ラウラ「どうしたんだ、体調でも悪いのか」

シャル「う、ううん、そんなことないよ。あは、あはは」アセアセ



94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 20:45:17.97 ID:bwe+t28L0

ラウラ「? そうか、それならいいが」

シャル(・・・待てよ、ラウラならこの体のこと、相談できるかも・・・変なことしなそうだし・・・)

ラウラ「ではな」テクテク

シャル「ま、待って!そ、相談があるんだ」

ラウラ「私に?」



95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 20:46:33.31 ID:bwe+t28L0

ラウラの部屋

ラウラ「ふむ、もしやとは思っていたが、やはり女だったか」

ラウラ「我がドイツ軍でも、男性のIS乗りなど前例がないからな」

ラウラ「それにしても・・・先天性のものならともかく、男性器が突然生えるなど聞いたことがないな」

シャル(よかった、ラウラはやっぱり真面目なんだなぁ。相談してよかったよ)ウルウル

ラウラ「提案があるんだが」



97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 20:47:14.07 ID:bwe+t28L0

シャル「うん」

ラウラ「秘匿事項とした上で、私の部下、黒ウサギ隊に相談してもいいか?当然お前の名前も伏せる」

シャル(名前も伏せて、秘匿事項ならいいよね・・・)

シャル「うん、お願いするよ。ありがとう、ラウラ。ラウラは優しいね」ニコッ

ラウラ「べ、別にお前のためではない!ISに関わる重大な秘密かもしれんしな//」プイッ

ピッポッパ



98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 20:47:58.47 ID:bwe+t28L0

ラウラ「クラリッサか?私だ、ラウラだ」

クラリッサ「お疲れ様です隊長。何か問題が?」

ラウラ「ああ。まず教えて欲しいのだが、女性に後天的に男性器が生えることはありうるのか?」

クラリッサ「・・・当然ありえます。日本にはそれについて記した本が多数存在します」

ラウラ「さすがだなクラリッサ。ここからが本題なのだが、万が一そうなった場合の治療方法が知りたい。わかるか?」

クラリッサ「そうですね。最もポピュラーなのは、そこから精液を大量に放出することでしょう」

シャル(・・・それはもうやったんだよぉ・・・)ヒソヒソ

ラウラ「その方法はもう試したらしい。他には?」



100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 20:50:35.26 ID:bwe+t28L0

クラリッサ「・・・挿入は?挿入は試されたのですか?」

シャル(そ、挿入?!・・・そんなの試せないよぉ)カァ

ラウラ「試していないらしい。それが今のところ最善か?」

クラリッサ「ええ、間違いありません。これで治らなければ・・・申し訳ありませんが我々にもお手上げです」

ラウラ「了解した。助かったぞ」

クラリッサ「ご武運を」

プチッ



103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 21:01:37.53 ID:bwe+t28L0

ラウラ「挿入が今のところ最も効果的な治療方法だそうだ」

シャル「なんでそうなるんだよぉ!確かに試してないけどさ・・・そんなの・・・恥ずかしいよ//」カァ

シャル「それに、相手だって居ないし・・・」

ラウラ「・・・」

シャル「ラウラ、ボクのためにわざわざありがとう。他の方法を探してみr」

ラウラ「・・・私を使え」

シャル「・・・えっ?」

ラウラ「私を使えと言っている//」

シャル「えーっ!?///」



114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 21:29:49.28 ID:bwe+t28L0

~~~

シャル(うぅ・・・結局脱がされちゃったよ)

ラウラ「・・・さぁ、来い!」

シャル「そ、そんな、戦闘じゃないんだから・・・」

シャル「・・・でも、こんなの・・・ラウラだって、こういうのは好きな人と・・・」

ラウラ「・・・私は、お前が好きだ」

シャル「えっ」ドキン

ラウラ「そうだな、いわばお前は私のムコだ!//」



116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 21:31:09.31 ID:bwe+t28L0

シャル(な、なんか違うような・・・)

シャル(・・・でも、ラウラの裸、綺麗だなぁ・・・)ドキドキ

ドクンッ

シャル「?! あ・・・あ・・・」

ビンビンビン

シャル「ま、また・・・うぅ・・・おさまってよぉ」

ラウラ「・・・心配するな。私がなんとかしてやる。ムコだからな///」

シャル「・・・ラウラ・・・」

ギュッ



117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 21:32:48.61 ID:bwe+t28L0

ラウラ「シャルル・・・」ポー

シャル「ラウラ・・・」ポー

チュッ

ピチャ チュピッ レロ

ラウラ「ぷはっ・・・あ・・・また大きくなって・・・///」

ビキンビキン

シャル「ラウラが可愛いすぎるのがいけないんだよ・・・」



118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 21:34:39.11 ID:bwe+t28L0

ラウラ「わ、私に入るのか・・・?これが・・・」ドキドキドキ

シャル「な、なるべく痛くならないようにがんばるよ」

ラウラ「た、頼む」

シャル(ラウラのほうは準備できてるのかな?)

クニッ

ラウラ「きゃんっ!」ピクッ

シャル「・・・ラウラ、濡れてる・・・」

ラウラ「し、仕方あるまい!慣れていないんだからな!///」



119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 21:36:40.67 ID:bwe+t28L0

シャル「じ、じゃあ、入れるよ・・・!」

ラウラ「こ、来い・・・!」ググッ

シャル「力抜いたほうがいいかも・・・えっと・・・どこだろう」

ピトッ

シャル(うっ・・・ぬるっとしてて・・・これ、やばいよぉ)

シャル「い、いくよ・・・!」

ズルッ



120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 21:37:36.43 ID:bwe+t28L0

シャル「あっ・・・くぅっ!」

ビュルブルルビュルッビュルビュルッ

ラウラ「あ、熱いっ・・・えっ・・・?入って・・・ない?」

シャル「・・・ごめん、失敗して・・・でもラウラのお腹でこすれて・・・それで・・・」

シャル(ラウラのお腹・・・ボクの精液まみれになっちゃったよぉ)

ラウラ「そ、そうか」

ラウラ「気にするな、もう一度挑戦してみろ」

シャル「う、うん」



121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 21:38:54.80 ID:bwe+t28L0

シャル「ここかな・・・」ピトッ

ラウラ「う、うむ、おそらく」

シャル「じ、じゃあいくよ!」グッ

ラウラ「くっ!」

ズイッ

シャル(さ、先っぽだけ入ったよ!・・・ってなにこれ!とろとろしてて・・・だめっ!)

シャル「うわぁあああああ」

ドプッドプドプッ



122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 21:41:06.15 ID:bwe+t28L0

ラウラ「あ、熱いっ・・・!こ、今度はなんだ?!」

シャル「だ、だめだよラウラ・・・先っぽだけ入れただけで・・・出ちゃった・・・」ショボン

シャル「ラウラの中・・・気持ちよすぎて怖いよぉ・・・」ウルウル

ラウラ「だ、大丈夫だ!少しずつ、少しずついくぞ!」

シャル「・・・うん」グスン

シャル「そーっと、そーっと・・・」

ラウラ「そうだ、ゆっくり・・・くっ」

ピトッ



125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 21:42:38.71 ID:bwe+t28L0

シャル「さっき出たのが・・・ぬるぬるして・・・」ビクン

ラウラ「大丈夫だ、潤滑剤と思えば・・・」

シャル「こ、今度こそ・・・」

ズズズッ

シャル「くっ!これ・・・女の子の中ってこんなに・・・」

ラウラ「ううぅっ!」ギュッ

シャル「ま、まだ先っぽだけだけど・・・大丈夫?」

ラウラ「だ、大丈夫だ」ウルッ



126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 21:43:41.82 ID:bwe+t28L0

シャル「ぬ、抜くよ!」

ラウラ「ダメだ!」ガシッ ダイシュキホールド

ズイッ

シャル「ッ!!」

シャル(お、おちんちんの皮が・・・ラウラの中で剥かれて・・・!)

シャル「うわああああああああああッ!!」

ビュルルルッビュルビュルッビュルルルッ

ラウラ「あああああっっ!!熱い、シャルルの熱いモノが、私の中に・・・」ビクンッ



127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 21:44:28.76 ID:bwe+t28L0

シャル「ひ、ひどいよラウラ・・・ゆっくりって言ったのに・・・」グスン

シャル「それに・・・中で出しちゃった・・・」

ラウラ「心配するな。大丈夫だ。それにだな・・・」

ラウラ「わ、私の初めてを奪っておいて泣くな//」

シャル「ラウラ・・・」

チュッ

チュピッ レロ

ラウラ「・・・な、なんだか、中で・・・また大きくなっていないか///」



129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 21:46:12.52 ID:bwe+t28L0

シャル「だ、だってラウラが・・・///」

ラウラ「人のせいにするな///」

シャル「ごめん・・・我慢できない・・・!」

ズチュ ズチュ

ラウラ「はうっ・・・ん・・・ちょ、ちょっ・・・待て!」

シャル「だめ・・・腰が止まんないよぉ・・・」

ズチュッ ズチュッ



131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 21:46:38.48 ID:bwe+t28L0

シャル「さっき出たのが中でぐちゅぐちゅになってる・・・」

ラウラ「あっ・・・んっ・・・なんだか・・・私も・・・」ボーッ

シャル「ラウラ・・・ラウラぁ!」

ズチュッ グチュッ

ラウラ「あんっ・・・シャルル、頼む・・・んっ・・・キス・・・して///」

シャル「うん・・・」

チュッ

チュルッ ピチャッ



132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 21:47:55.12 ID:bwe+t28L0

ラウラ「んっ!な、なんだこれは・・・頭が白く・・・うあ・・・うわああああああっ!」ギューッ

ビクン ビクビク プシャッ

シャル「な、中が急に締め付けて・・・う、うああああああああああ」ギューッ

ドプン ドプドプッ ゴポォ

ラウラ「あ・・・うあ・・・シャルル・・・気持ちよかった・・・のか?」ハァハァ

シャル「うん・・・すごく・・・気持ちよかったよ・・・」ハァハァ

ラウラ「そうか・・・よかった・・・」ピクン



134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 21:49:59.87 ID:bwe+t28L0

~~~

シャル「そ、その・・・ラウラ・・・」オドオド

ラウラ「何も気にすることはない。全て演技だ。設定通りだ」キリッ

シャル「えぇっ?!そうだったの?!」

ラウラ「それより、それは・・・まだ消えていないな」

シャル「・・・みたいだね・・・はぁ、せっかくラウラががんばってくれたのに」シュン

ラウラ「気にするな。こちらも別の方法を探してみよう」



135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 21:50:36.02 ID:bwe+t28L0

シャル「ありがとう、ラウラ」

ラウラ「ふ、ふん///」

シャル「じゃあ、ボクはいくね・・・ラウラ、本当にありがとう」ペコッ

ラウラ「気にするなと言っている」

ガチャ バタン

ラウラ「・・・・・・演技・・・か・・・」

ラウラ「・・・これでよかったのだ」



136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 21:51:59.78 ID:bwe+t28L0

次の日

シャル(うぅ・・・なんだか最近すごく疲れるよ)ハァ

シャル(それにラウラとしてからなんだか胸も苦しい・・・)ズキン

シャル(でも、なんかおちんちんだけはどんどん元気になってる気がする)

シャル(もー、どうしたらいいの)



143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 22:09:35.84 ID:bwe+t28L0

??「シャルル、少しだけいいか」

シャル「はい?あ、しのののさん」

箒「シャルル、頼みがあるのだが」

シャル「う、うん。ボクに出来ることなら手伝うよ」

シャル(なんだろう?用事って)



145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 22:10:56.60 ID:bwe+t28L0

アリーナ

箒「てぇえい!」ガキィン

シャル「そこだ!」ダダダダ

箒「ぐっ、まだまだ!」

シャル(それにしても、しのののさんが特訓に付き合って欲しいだなんて、ちょっと意外だったかも)

箒(私はまだまだ弱い。シャルルの実力は私より上だ。だからこそ学ぶ余地は大いにある)

箒「はあっ!」ブオン



146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 22:12:28.41 ID:bwe+t28L0

シャル「うわっ!」ヒョイ

シャル(さすがに近距離だと不利だ。距離を取らなきゃ)

シャル(・・・しのののさん、胸大きいなぁ)

シャル(って、なに考えてるのボクは!)

箒「もらったあああ!」

シャル「あっ。しまった!」

ドガーン



148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 22:14:48.09 ID:bwe+t28L0

~~~

箒「まったくどうしたのだ。これでは特訓にならないぞ」ムスッ

シャル「ご、ごめん、ちょっとその・・・」

箒「なんだ」

シャル(うぅ、胸が気になっちゃう)

箒「一体どうしたというのだ。それになぜ前かがみなのだ」

シャル「ちょ、ちょっと腰が痛くて・・・あは、あはは」アセアセ

シャル(まっすぐ立ったら、おちんちん立ってるのばれちゃうからだよぉ!)

箒「何?それはいかん。ちょっと見せてみろ」ズイッ



149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 22:18:03.70 ID:bwe+t28L0

シャル「ちょ、待って!大丈夫だから!」

箒「心配するな、ちょっと見るだけだ」

シャル「うわわわ、見ないでぇ!///」

箒「・・・こ、これは・・・///」カァ

箒「き、貴様っ!一体何を考えているのだ!///」チャキ

シャル「ち、違うんだよ、これは」

箒「問答無用!破廉恥な・・・成敗してくれる!///」ブオン

シャル「うわぁぁぁん!」

ドガァン



151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 22:21:22.12 ID:bwe+t28L0

~~~

シャル「うぅ・・・いたた・・・はっ、ここは?」

箒「・・・医務室だ」

シャル「そっか、ボクあの時まともにしのののさんの一撃を・・・」

箒「・・・すまない。自分でも悪い癖だと判っているのだ。すぐに力に訴えてしまう」シュン

シャル「ううん、気にしないで。どっちかというと、その、ボクが悪いんだし・・・///」

箒「まったく、何を考えていたのだ」ヤレヤレ

シャル(・・・このまま誤解されたままじゃ、一夏の耳にも入っちゃうかもしれない・・・)

シャル「しのののさん、実は・・・」



153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 22:24:45.64 ID:bwe+t28L0

~~~

シャル「というわけなんだ。信じてもらえるかは判らないけど。見せろっていうなら胸も・・・」

シャル「本当に困ってるんだ。ラウラの部隊に調査してもらっても治す方法がわからないんだよ」シュン

箒「・・・ふむ。そういうことか」

シャル(あれ?意外と理解してくれてる・・・?)

箒「・・・少し心当たりがある。もしかすると身内の犯行かもしれん」

ピッポッパ



155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 22:29:06.38 ID:bwe+t28L0

?「もすもすひねもすぅ~?箒ちゃ~んひっさしぶり~」

箒「・・・姉さん・・・あなたはまた何かおかしなものを作ったのですか」

束「ふふふ、束さんの最新作だよ~?びっくりした?」

箒「無関係な人を巻き込むとは・・・貴方は本当に・・・」ハァ

束「本当は箒ちゃんに仕掛けたかったんだけどね~。マークがきつかったので実験台になってもらったのだ~」

箒「何を考えているんですか!・・・とりあえず治療法を教えてください」

束「基本的に装着者の精神に強く依存する装置なんだよ~。だから本人の欲求を叶えてあげるのが一番かな~?」

箒「相変わらず貴方は・・・頭が逆方向に回転している・・・」ハァ

束「でしょでしょ~!きっとそれを使えばいっくんも一発でぇ~」

ブチッ



156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 22:31:47.56 ID:bwe+t28L0

箒「・・・ということだ。どうやら私の身内が原因らしい」

シャル「ええっ?そうなの?な、治す方法もわかったの?」

箒「本人の欲求を満たすのが一番らしい。シャルルの欲求はなんだ?」ズイッ

シャル「そ、そんなこと急に言われてもわかんないよ・・・」

シャル「というか、近いよしのののさん!そ、その、さっきから胸が///」

ムクムク

箒「・・・そ、そういうことだったのか///」

箒「よ、よし!わかった!身内のしでかした事だ。私がお前の欲求を叶えてやる!///」

シャル「・・・えっ?」



159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 22:34:29.72 ID:bwe+t28L0

箒「シャルルは怪我人だ。寝たままでいい」

シャル「い、いいよ!大丈夫だから!」

箒「・・・お前は私の胸を見て・・・その・・・ぼ、ぼ、勃起していたではないか!// つまりそういう欲求なのだろう!」カァ

シャル「う、確かにそうだけど・・・でも」

箒「これで治れば万事解決だ。覚悟を決めろ//」

シャル「うわぁん」

ヌガシヌガシ

ビキビキ



167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 22:48:06.61 ID:bwe+t28L0

箒「・・・これはなんだその・・・大きいな・・・」ゴクリ

シャル「もう許してよぉ・・・」グスン

箒「ダメだ。私の姉が原因なのだからな。治るまでは責任を持つ」

箒(し、しかし、どうすればいいのやら・・・)

箒(はっ、そうか、そういえば胸を見ていたな///)

箒(む、胸で挟んでみるとしよう!)

ムニッ



171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 22:52:02.82 ID:bwe+t28L0

シャル「あっ・・・」ピクッ

箒「ど、どうだ?」ドキドキ

シャル「す、すっごく柔らかくて・・・き、気持ち良いよ」

箒「そ、そうか」ホッ

箒「・・・これでどうすればいいのだ」

シャル(うぅ・・・ダメ、こんなことされたらもっと気持ちよくなりたくなっちゃうよぉ・・・)

シャル「・・・あ、あのね、その、胸で挟んで・・・動いて欲しいな、って・・・///」

箒「わ、わかった。こうか?」

ズリュ ズリュ



173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 22:55:19.37 ID:bwe+t28L0

シャル「あっ・・・うん、気持ち良いよっ・・・くっ」ピクン

箒「そうか。満足できそうか?」

シャル「う、うん、これなら多分すぐに出ちゃ・・・んっ・・・」

箒「な、なにか先から漏れているぞ」

グチュ グチュ

シャル「・・・んっ・・・これは・・・前兆みたいなものだと思う・・・あんっ」

箒「なるほど」

グチャ グチャ



174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 22:57:32.98 ID:bwe+t28L0

シャル「うあっ・・・しのののさんの胸、柔らかくて、あったかくて・・・気持ちいいよぉっ!」

箒「ふふっ。そうかそうか」

グチュ グチュ

シャル「だ、ダメッ・・・もう、出そうっ・・・しのののさん!!」

箒「いいぞ、私の胸で射精してしまえ!」ギュッ

シャル「うううううぅぅっ!!!」ビクンッ

ドプッ

箒「んっ・・・出ているぞ。お前の熱いものが、私の胸の中に・・・」



175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 23:00:59.23 ID:bwe+t28L0

シャル「あっ、熱いっ!」

シャル(しのののさんが胸できつく挟んで・・・胸の中に精液溜まっちゃってるよぉ・・・)

ドプンッ ビュルビュルビュルッ

シャル(溜まった精液がおちんちんに絡んで・・・精液ってこんなに熱いものだったの・・・?)

箒「ま、まだ出てるのか・・・?こ、これ以上は」ピクン

ドプッ ドプドプ

箒「あっ、溢れて・・・んっ・・・」

ドロッ チュポン



176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 23:03:22.00 ID:bwe+t28L0

シャル「はぁ・・・はぁ・・・うぅ・・・はぁっ」ピクン

箒「見ろ、この量を出したのだぞ///」

オッパイクパァ

ネトォ

シャル(うわぁ・・・胸の間で糸引いてる・・・いやらしいよぉ)

箒「・・・それにしても」

ビンビン

箒「まだまだ足りないようだな・・・よし、再びいくぞ」キッ



178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 23:05:34.23 ID:bwe+t28L0

シャル「ちょ、ちょっとまって!今出たばっかりでびんか・・・んんっ!」

グチョ

シャル「うわぁっ!さっき出したのがぬるぬるして・・・はうっ」

グチョ グチョ

箒「んっ・・・すごい音だな・・・」

シャル「こ、腰が抜けちゃうよぉ・・・」

グチュッ グチャ

箒「わ、私もなんだか・・・変な気分に・・・あっ・・・んっ///」



179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 23:08:26.65 ID:bwe+t28L0

シャル「うぅ、また来ちゃう、出ちゃいそうだよぉ!」ビクンビクン

箒「・・・」

ペロ

シャル「ッ!!?」

箒「あむっ・・・はふっ・・・んっ」レロ チュピ

シャル(しのののさんがボクのおちんちんを舐め・・・だめっもうっ!)

シャル「あっあっあああああああっ!!!!!」

ドプッ



181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 23:10:42.94 ID:bwe+t28L0

箒「んんっ?!ぷはっ!」

ビュルッビュルル

箒「あっ・・・んっ」ビシャッ

シャル(あっ、しのののさんの顔にかかっちゃってる!)

シャル「ううううっ!止まってよぉ!」

ビュルビュル ブビュルル ピュル

シャル「はぁっ・・・はぁっ・・・しのののさん、ごめん・・・」

箒「謝る必要はない」

ペロッ



182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 23:12:16.60 ID:bwe+t28L0

箒「・・・嫌いじゃないな」ボソッ

シャル「えっ?何?」

箒「な、なんでもない。それより、ずいぶん汚れてしまっているな」

箒「汚したのは私だ。綺麗にしてやろう」

シャル「えっ、ちょっと」

ペロ

シャル「はうっ」

ピチャ レロ チュピ



183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 23:14:30.62 ID:bwe+t28L0

シャル「あ・・・あ・・・あ・・・」ガクガク

箒「はむっ・・・ちゅ・・・また、どんどん固くなっているぞ」

ピチャ チュピ

シャル「らめ・・・もうらめなのぉ・・・もう・・・」ピクン

箒「いいぞ、このまま出すといい」

ピチャ ピチャ

シャル「あ、あ、あひゃあああああああん!」

ブビュルルッ ビュルル



184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 23:17:01.14 ID:bwe+t28L0

箒「んっ・・・んっ・・・」

コクコク

シャル「の、のんでりゅ・・・しのののひゃんが・・・あうんっ」ビクン

ドクン ドクドク

箒「んっ・・・ぷはっ!だ、出しすぎだっ!あっ!」

ビュルッビュルル

箒「・・・しかし、ようやく萎えてきたか」

ピュッ ピュピュッ



185: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 23:19:01.26 ID:bwe+t28L0

シャル「・・・」ビクッ ビクビクッ

箒「・・・シャルル?おい!」

箒「・・・気を失っているな」

箒「これで治っているといいのだが・・・」

箒(しかし、これは相手が女だし作り物だしノーカウントということで問題ないな?!)

箒「さて、私にはしなければならないことがあるのだった」



187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 23:21:16.34 ID:bwe+t28L0

~~~

シャル「はっ・・・!」

シャル「医務室・・・?あれ、ボク、なんでこんなところに・・・」

シャル「あ・・・そっか、しのののさんと・・・///」

シャル「そういえば、どうなったんだろう」

ガバッ

シャル「・・・やっぱり消えてない・・・」シュン

シャル「でも、治療方法はわかったんだ。ボクの欲求を満たせばいいんだよね」



196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 23:45:13.07 ID:bwe+t28L0

シャル(ボクの欲求ってなんだろう・・・やっぱり、一夏と・・・なのかな)

シャル(なんだろう、この気持ち・・・)

??「シャルル!」ガチャッ

シャル「い、一夏!?」

一夏「聞いたぞ、箒と特訓してて怪我したんだって?!大丈夫か?」

シャル「うん、全然平気だよ。完全にボクの不注意だったから、しのののさんは悪くないよ」

一夏「そうか、よかったぜ。でも箒は真面目だからさ。千冬姉に自分で報告して、今こってり絞られてるよ」

シャル「そ、そんなぁ。悪いのはボクなのに・・・」



197: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 23:46:17.69 ID:bwe+t28L0

一夏「あいつも自分なりにケジメをつけないと納得できないのさ。そういうやつなんだ、箒は」

シャル「そっか・・・確かに、さっきもそれで」

一夏「? さっき?」

シャル「な、なんでもないよ!」

一夏「・・・なぁシャルル。俺はそんなに頼りないか?」

シャル「えっ?どういうこと?」

一夏「前に部屋でその・・・お前の裸を見ちまった時。あの時からなんか様子が変だぞ」

一夏「あの時言ったけど、俺は誰にも言うつもりはない。あれが原因でお前の様子がおかしいのなら」



199: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 23:48:34.98 ID:bwe+t28L0

シャル「ち、違うよ一夏!それが原因じゃないんだ!」

一夏「じゃあどうしてなんだ?俺は確かに頼りないけど、お前が苦しんでいるなら力になりたいんだ」

シャル「い、一夏・・・」

一夏「今すぐじゃなくてもいい。でも、俺の力が必要になったら言ってくれよな」

シャル「・・・・・・」

一夏「じゃあ俺は部屋に戻」

シャル「待って!・・・話すよ。一夏に隠してたこと全部」



202: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 23:50:40.67 ID:bwe+t28L0

~~~

一夏「な・・・なんだってー?!」

シャル「こ、声が大きいよ!」シー

一夏「す、すまん。けど束さんが絡んでるなら充分ありうる話だな・・・」

一夏「で、治療法はわかるのか?」

シャル「う、うん。ボクの欲求を満たせばいいって言ってた」

一夏「欲求?シャルルの欲求ってなんなんだ?」

シャル「それは・・・」チラッ



203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 23:52:36.52 ID:bwe+t28L0

一夏「あ、そうか、シャルルは女の子だもんな。俺達くらいの歳の女の子の欲求といえば恋愛絡みだよな!」

シャル「う、うん、まぁそうだけど・・・」

一夏「誰だよ~?たぶん俺の知らない奴だろうけど、相談くらいは乗ってやれると思うぞ」

シャル「・・・はぁ。・・・それが、自分でもよくわかんないよ。その人のこと、本当に好きなのかどうか・・・」

一夏「そういう時は目を閉じて深呼吸するんだ。そして最初に思い浮かぶのが、シャルルにとって一番大事な人だと思うぜ」

シャル「・・・うん、やってみる」

スー ハー



206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 23:55:35.08 ID:bwe+t28L0

シャル(・・・ボクの一番大切な人・・・)

シャル(・・・きみは・・・)

パチッ

シャル「・・・わかったよ一夏。ボクの本当に好きな人」

一夏「そうか。がんばれよ」ニコッ

シャル「うん!行ってくる!」

タッタッタ



209: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 23:58:30.90 ID:bwe+t28L0

~分岐点~

ルート1 純愛END

ルート2 快楽堕ちEND

以下5レスで希望の多いほうになります
シナリオの方は出来てるのでご安心ください



213: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/02(土) 23:59:22.75 ID:b8GsjPIs0

2



220: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/03(日) 00:01:34.73 ID:oBH1PJ9m0

~~~

ガタンゴトン

ガタンゴトン

シャル「・・・んひっ・・・くっ・・・」ブルブル

ガタンゴトン

シャル「・・・あっ・・・ぅあぅ・・・」ブルブル

幼女「ねぇねぇ、どうしたのー?」

シャル「あ・・・あぁ・・・な、なんれもないよぉ・・・」ビクン



222: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/03(日) 00:03:39.45 ID:oBH1PJ9m0

幼女「おなかいたいの?おいしゃさんいる?」

シャル「ら、らいじょうぶらよぉ・・・んっんんんんんん!」ビクッ

幼女「ほんとにだいじょうぶ?」

シャル「う、うん・・・ありがとぉ・・・んっ・・・」ビクン

幼女「うん、わかった、じゃあね~♪」トコトコ

シャル「ひぅっ・・・あぐぅ・・・」ビクッ

??「くすくす・・・ダメじゃない、小さな子に心配かけちゃ」

??「まったくですわ。代表候補生として恥ずかしくてよ」



225: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/03(日) 00:05:51.28 ID:oBH1PJ9m0

シャル「あ・・・」

鈴「ふふっ、もう完全に蕩けきってるじゃない」

セシリア「次の駅で降りますわよ」

シャル「・・・」コクン



227: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/03(日) 00:07:59.04 ID:oBH1PJ9m0

駅のトイレ個室

鈴「さて、どうなってるのかなぁ?」

ヌガシヌガシ

セシリア「まったく、その歳でオムツを履かされるなんて、人間としてどうかと思いますわ」

シャル「ひゃん・・・は、はやく・・・抜いてくだしゃい・・・」ビクン

鈴「じゃあオムツ脱がしまーす♪」

ビリッ

ドロォォォ



229: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/03(日) 00:10:53.20 ID:oBH1PJ9m0

セシリア「・・・これはもうお漏らしというレベルではありませんわね・・・」

鈴「3時間つけっぱなしで電車に乗るとこうなるんだぁ。本当にすごいね、エネマグラって」

シャル「ぬ、ぬいてぇ・・・んんんんっ!」ビクッ

ドロッ

鈴「あ、またイったんだ♪ホントにトコロテンみたい」

セシリア「貴方、電車の中で何回達しましたの?数えておきなさいと命令しましたわよね」

シャル「・・・に、20・・・を越えてから・・・頭まっひろで・・・数えられまひぇんでした・・・」ビクビク

セシリア「・・・はぁ。貴方はこんな簡単な命令も守れませんの?」



232: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/03(日) 00:14:12.66 ID:oBH1PJ9m0

シャル「すいまひぇん・・・セシリア様ぁ・・・」

セシリア「これは お 仕 置 き ですわね。ソレは刺しっぱなしにします」

シャル「そ、そんな・・・ひぐぅ!」ビクン

ドロッ

鈴「さらに追加でコレだよっ!」

シャル「な、なに・・・それ・・・」

鈴「オ ナ ホ ー ル ♪これでもっと搾り取ってあげるわね」



234: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/03(日) 00:16:21.10 ID:oBH1PJ9m0

鈴「ゆっくり、ゆっくり」

ピトッ ズニュゥ

シャル「あ・・・あっ・・・」

鈴「・・・と見せかけて一気に奥までっ!」

ズボッ

シャル「ッ!!」

シャル「あああああああああッ!」

ドプッ ゴポォ



238: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/03(日) 00:18:31.60 ID:oBH1PJ9m0

セシリア「あらあら・・・本当に堪え性のない方ですわね」

鈴「当然、ここで終わりじゃないからね~?」

グポッ グポッ

シャル「んぐっ!ひゃん!ら、らめ・・・あひゃ」

グチョ グチョ

鈴「それにしても、あの時は驚いたわ」

セシリア「全くですわ。わたくしたち、貴方をあまりに虐めすぎたと思って反省してましたのに」

鈴「まさか『もっと虐めてください』だなんてね。本当に 変 態 だわアンタ」



245: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/03(日) 00:22:48.48 ID:oBH1PJ9m0

シャル「あひゃあああああああんっ!!」ビクン

ドプッ

鈴「うふふ、中で出てるの分かるわ。でもまだまだよ」

グチョッ ネチョッ

シャル「う・・・あ・・・」

セシリア「お望みどおり虐めて差し上げますわ。それこそ、壊れるくらいに・・・ふふっ」

シャル「あ・・・ありがとうごひゃいまふ・・・ボクは、ボクのおちんちんも・・・2人のおもちゃですぅ・・・んっ・・・またいぐうううぅぅ!!」

ドプッドプドプッ

シャル「あ・・・あは・・・おちんちんきもちいいよぉ・・・」

BAD END



246: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/03(日) 00:23:31.79 ID:8t952pbhO

最高の展開だ!だけど終わったら純愛ルートも書いてほしい



247: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/03(日) 00:24:36.83 ID:9cg9ErB00

さあ純愛ルートこい!!



251: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/03(日) 00:27:20.82 ID:oBH1PJ9m0

むむ、じゃあ純愛ルートも書くわ
ただし甘甘なんであんまりエロくないが簡便な



254: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/03(日) 00:28:43.45 ID:oBH1PJ9m0

~~~

??「・・・いいのだ。これで」

コンコン

シャル「・・・入っていい?」

??「・・・シャルルか。いいぞ」

ガチャッ

シャル「お邪魔します」

ラウラ「どうしたのだ。珍しい」



256: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/03(日) 00:30:32.92 ID:oBH1PJ9m0

シャル「ラウラ、話があるんだ」

ラウラ「あ、改まってどうした」

シャル「この間のこと、ごめん」

ラウラ「・・・謝るな。私が望んだことだ。謝られると惨めになるだろう」

ラウラ「話はそれだけか?・・・なるほど。またシたいということか?いいぞ、私でよければ」

シャル「違うよっ!!!」

ラウラ「ッ!」ビクッ



258: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/03(日) 00:32:41.06 ID:oBH1PJ9m0

シャル「あの時は気付かなかった。あの後、自分でもなんで胸が苦しいのかわからなかったんだ」

シャル「やっと気付いたんだよ。ボクは・・・」

シャル「ラウラのことが好きなんだ」

ラウラ「・・・な・・・」

ラウラ「・・・馬鹿者め。私たちは女同士だぞ・・・」プイッ

ラウラ「それに、私は・・・知っていることは戦うことだけ。綺麗な服も持っていない・・・それに」

ラウラ「それに・・・ぐすっ・・・私なんかとシャルルが一緒に居たら・・・ひっく・・・シャルルが皆に笑われ・・・」

ギュッ

シャル「・・・ラウラ。大好きだよ」ギュー

ラウラ「・・・う・・・うゎう・・・うわあああぁあん」ポロポロ



260: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/03(日) 00:35:08.56 ID:oBH1PJ9m0

~~~

シャル「・・・落ち着いた?」

ラウラ「・・・すまない」

シャル「ふふっ、あのラウラが泣いちゃうなんて」

ラウラ「黙れ。誰かに言ったら許さんぞ」

シャル「どうしよっかなぁ~?」ニヤニヤ

ラウラ「・・・面白い。お前は私がお前の体の秘密を握っていることを忘れているようだな」ニヤッ

シャル「そ、それは・・・ごめん、許してよぉ」



269: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/03(日) 00:38:59.21 ID:oBH1PJ9m0

ラウラ「・・・そうだな。その・・・もう一度、言ってくれたら許してやる///」

シャル「・・・ラウラ、好きだよ」ニコッ

ラウラ「///」カァ

シャル「ねぇラウラ。キスしていい?」

ラウラ「な、何を・・・んむっ?!」

チュッ

チュピッ レロ チュパ

ラウラ「・・・ぷはっ、きょ、許可はしていないぞ!///」



270: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/03(日) 00:41:39.05 ID:oBH1PJ9m0

シャル「ごめん、でもラウラが可愛くて・・・我慢できないよ」

チュ ハフッ ピチャッ

ラウラ「・・・その、なんだ、当たっているのだが///」

ビンビン

シャル「あはは・・・だってラウラが可愛いんだもん」

ラウラ「し、仕方ないな。ムコの面倒を見るのはヨメの勤めだからな///」



272: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/03(日) 00:43:54.36 ID:oBH1PJ9m0

~~~

ラウラ「い、いいぞ・・・」ドキドキ

シャル「ラウラのここ、もう溢れるくらい濡れてる・・・」

トロォ

ラウラ「お、お前が強引にキスしてくるからだろう!」

シャル「違うよぉ。ラウラがえっちだからだよぉ」

ラウラ「え、えっちな女は嫌いか・・・?」

シャル「ううん、大好きだよ♪」

ズニュッ



273: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/03(日) 00:46:15.48 ID:oBH1PJ9m0

ラウラ「あっ!ちょっと待っ・・・」

シャル「ううっ・・・」

ズプンッ

ラウラ「あああああああッ!!」ビクンビクン

シャル「うううっ!」ビクンビクン

ドプッ プシャッ

ラウラ「はぁ・・・はぁ・・・」ピクン

シャル「はぁ・・・はぁ・・・ごめん、また入れただけで、ちょっと出ちゃった・・・」

ラウラ「わ、私も・・・その・・・ちょっとだけ・・・いや結構・・・達してしまった///」



276: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/03(日) 00:50:20.51 ID:oBH1PJ9m0

シャル「あぅ・・・ラウラの中気持ちよくて我慢できない。動くよ」

ズチュッ グチュッ

ラウラ「ま、待て!今は敏感で・・・んっ!刺激が強すぎっ・・・あっ!こ、怖いっ!シャルル!」ギュッ

シャル「ラウラ!ラウラぁ!」ギュッ

チュッ

チュピッ ピチャッ

パンッ パンッ グチョ グチャ

ラウラ「あうっ、もう駄目だっ!さ、さっきからずっと達しているっ!」

シャル「ボ、ボクももう・・・いくよラウラ!」

シャル&ラウラ「あああああああああああああっ!!」



278: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/03(日) 00:53:03.87 ID:oBH1PJ9m0

~~~

ラウラ「シャルル」

シャル「なあに、ラウラ」

ラウラ「その、なんだ。私もお前が好きだ///」

シャル「ありがとう、ラウラ」ニコ

ラウラ「ふんっ/// 私のムコになったからには甘えは許さんぞ」プイッ

シャル「はいはい」

チュッ



279: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/03(日) 00:55:44.27 ID:oBH1PJ9m0

次の日の朝

シャル「・・・消えてる。おちんちんが消えてる!!」

シャル(これでやっと普通の体に戻れたんだぁ・・・!)

シャル「やったぁぁ!!ラウラ、見て!治ったよ!」ユサユサ

ラウラ「う~ん、もう朝か・・・」ムクリ

シャル「・・・えっ」

ラウラ「・・・なんだこれは」

ビンビンビン

シャル「ええええええっ!?今度はラウラに!?」



280: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/03(日) 00:57:16.67 ID:oBH1PJ9m0

ラウラ「・・・ふむ、ひょっとするとこれは伝染するのか?」

シャル「と、とりあえず服を着ようよ///」アセアセ

ラウラ「まぁ待て。私がお前の治療に協力したように、お前も私の治療に協力するべきではないか?///」

シャル「そ、それは・・・」

ラウラ「安心しろ、私が散々されたように荒々しくしてやろう」ニヤリ

シャル「ひっ・・・ラウラ、目が怖いよ・・・」

ラウラ「くっくっく・・・」ジリジリ

シャル「うわ~~~~~~~ん!!」


HAPPY END



285: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/03(日) 01:01:37.17 ID:oBH1PJ9m0

>>206から 誰得即興ルート

~~~

シャル「ボクは・・・一夏のことが好きなんだ!!」

一夏「・・・えっ」

シャル「ボクを必要としてくれたあの時から、ボクはずっと一夏のことが好きだったんだよ」

シャル「・・・でも、ボク、こんな体になっちゃったから・・・言えなくて」グス

シャル「気持ち悪いよね・・・ごめんね」ポロポロ

一夏「・・・シャルル」

ギュッ

シャル「・・・一夏?」

一夏「ごめんシャルル。俺はお前の気持ちに気付いてやれなかった」

一夏「わかった。お前の気持ち、俺が受け止めてやる!」



288: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/03(日) 01:03:17.52 ID:oBH1PJ9m0

シャル「い、一夏!」

ヌギヌギッ

一夏「来いッ!シャルル!」

シャル「・・・ねぇ、一応聞いてもいいかな・・・」

一夏「なんだ?」

シャル「なんで裸で四つんばいになってるの・・・?」

一夏「決まってるだろ。お前が俺に挿入するんだ!」

シャル「・・・」

シャル「ええええええええええええっ?!」



295: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/03(日) 01:05:04.45 ID:oBH1PJ9m0

~~~

シャル「こ、ここ?」

一夏「お、おう・・・その・・・初めてだから優しく頼む・・・」

シャル「う、うん、出来るだけがんばるよ」

シャル(なんでこうなるのぉ?普通逆だよぉ・・・)

シャル「いくよ・・・?」

ピトッ

一夏「はうっ!」

シャル「い、一夏、力抜かないと・・・入らないよ」



298: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/03(日) 01:07:32.04 ID:oBH1PJ9m0

一夏「あ、ああ・・・ふっ・・・」

シャル(これで入るのかな・・・)

グイッ

ズニュッ

一夏「おおうっ!!」

シャル「わわわ・・・なにこれぇ!?」

ズニュッ グニュニュッ

一夏「はぁっ・・・はあっ・・・は、入ったか?!」

シャル「う、ううん、まだ先っぽだけだよ」



301: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/03(日) 01:08:49.50 ID:oBH1PJ9m0

一夏「ま、マジかよ・・・皆こんなことしてるのかよ」

シャル(みんな・・・?)

一夏「だ、大丈夫だ、来いシャルル」

シャル「・・・うん」

グニニニッ

一夏「ううぅぅっ!」

シャル「し、締め付けがすごいっ・・・!」

ズプンッ

シャル「は、入ったよ、全部」

一夏「はぁっ・・・はぁっ・・・こ、これは苦しいな・・・ぐっ」



303: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/03(日) 01:10:50.18 ID:oBH1PJ9m0

シャル「えっと・・・どうすればいいの・・・」

一夏「え、遠慮なく動いてくれ・・・ぐっ」

シャル「う、うん・・・」

ズニュッ

一夏「ぐおおおっ!なんだこの感覚ッ!」

シャル「ど、どうなの・・・?」

一夏「こ、言葉では・・・うまく・・・んぐっ・・・ああっ!」

シャル「・・・はぁ、なんだか泣きたいよ」グスッ

一夏「な、なんだ?」

シャル「・・・なんでもない。こうなったら思いっきり動くからね!」

ズンッ ズンッ



305: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/03(日) 01:12:00.91 ID:oBH1PJ9m0

一夏「ぐあっ!!シャ、シャルル!待て!はげし・・・ううっ!」

シャル「・・・一夏の変態!変態!変態っっ!!!」

パン パン パン

一夏「んぐううううううっ?!な、なんだ、変なところに当たって?!」ピクン

シャル「・・・このお腹側を擦るといいみたいだね」

一夏「か、体に電気が流れるみたいに・・・ううぅ!!」

シャル「・・・そんなにいいなら、もっと突いてあげるよっ!!」

ゴンッ ゴンッ ゴンッ

一夏「し、シャルル!駄目だって!!そこやばっ・・・うぐあっ!」



307: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/03(日) 01:14:01.34 ID:oBH1PJ9m0

シャル「・・・これでおちんちん弄ったらどうなっちゃうのかなぁ~?」ニヤッ

一夏「や、やめろ!」

シャル「ええ~い!」

ギュッ

一夏「うあああああああああああっ」

ビュルッ ビュルビュルビュル

シャル「うわぁ・・・すごく出てるよ一夏」

シコシコ

パンッ パンッ



309: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/03(日) 01:15:46.64 ID:oBH1PJ9m0

一夏「シャルル!手、手と腰を止め・・・ぐああああっ」

ビュル ビュッー

シャル「まるで牛のお乳を搾ってるみたいだね。あははっ」

一夏「はぁッ・・・はぁっ・・・」

シャル「でもね一夏。ボクは全然満足してないんだけどなぁ?」クスッ

一夏「えっ・・・あっ・・・」

ゴンッ ゴンッ ゴンッ

一夏「うあっ・・・んぐっ!キツ・・・うおっ」

シャル「ふふっ、一夏のお尻すごく締め付けてくるよっ!」

パン パン パン



311: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/03(日) 01:17:12.69 ID:oBH1PJ9m0

一夏「あぐっ・・・んあっ!」

シャル「あれ?あははっ!一夏のおちんちん、トコロテンみたいに精液垂れ流しになっちゃってるよ!」

一夏「そんなこといったって・・・んおっ!止まらねえんだよ!ぐおっ」

シャル「・・・んっ、ボクもそろそろイキそうだよ。ちゃんと締め付けてね一夏!」

ゴンッ ゴンッ

一夏「うおおおおおおおっ」

シャル「出すよっ!!一夏の中にっ!!」

一夏&シャル「ああああああああああっ!!!」

ビュルッ ビュルルルッ



314: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/03(日) 01:18:52.36 ID:oBH1PJ9m0

~~~

シャル(やっぱり消えてないよぉ。こんなのボクの望みじゃないもん)グスン

一夏「こ、これはキツイな・・・けど・・・癖になりそうだ///」ボソッ

シャル「ん?何か言った?」

一夏「な、なんでもない!」

シャル「・・・あのさ一夏、なんでこんな事したの?」

一夏「? なんでってどういうことだ?」

シャル「ほ、ほら、普通はさ、逆っていうか、その・・・」



315: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/03(日) 01:19:52.94 ID:oBH1PJ9m0

一夏「男と女のセックスってこうやるんだろ?女が男の尻にいろんな物を入れたりするって、千冬姉が教えてくれたぞ?」

シャル「?!」

一夏「まさかこの歳で初体験とは思わなかったけど・・・ま、まぁ、悪くなかったかな///」

シャル(・・・こうしておけば、相手がドン引きすると思って吹き込んだんですね・・・織斑先生)ハァ

一夏「というわけで、また頼むよシャルル!」ニコッ

シャル「な、な、なんでこうなるんだよぉ~!!」

EXTRA END



317: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/03(日) 01:21:44.77 ID:oBH1PJ9m0

今度こそ終わり
読んでくれた人ありがとう

よかったらこのスレはおちんちん生えちゃうISのSSスレとして使ってね
じゃあ寝る



318: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/03(日) 01:21:50.43 ID:JyfjQQT40

なんという俺得



321: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/03(日) 01:23:14.76 ID:JyfjQQT40

>>317
おつ
よいものを読ませていただいた



324: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/03(日) 01:28:16.46 ID:9/mM4jpJ0


堪能したぜ



元スレ
シャル「おちんちんくるしいよぉ・・・」完全版
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1301738334/