【モバマス】モバP「エロトラップダンジョン?」【R-18】【前編】

【モバマス】モバP「エロトラップダンジョン?」【R-18】【後編】



SS速報VIP:【モバマス】モバP「エロトラップダンジョン?」【R-18】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1456497982/



1: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/26(金) 23:46:22.93 ID:dJDQR+TJ0

診断メーカーのエロトラップダンジョンというものから思いつきました。

異種姦的要素が強めです。

よろしくお願いします。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1456497982




2: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/26(金) 23:47:32.03 ID:dJDQR+TJ0

モバP「パソコンを開いたら……なんだこれ、『エロトラップダンジョン』?」

モバP「なんだ、なんか妙にそそられるタイトルだが……」

モバP「えっと、何々?名前を入力するとその人がエロトラップにかかる?」

モバP「シンプルだな。今ちょうど暇だしやってみるか」

モバP「ん?なに?これを読んでから名前入力してスタート?」

モバP「https://shindanmaker.com/a/570937

モバP「いや、言ったところで意味があるのか?まあ、いいや。じゃあせっかくだし……」

モバP「島村卯月」



3: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/26(金) 23:49:07.49 ID:dJDQR+TJ0

[島村卯月]

「ここ、どこなんでしょう……凛ちゃーん、未央ちゃーん!」

 こつ、こつ、と靴の音だけがまるで廃墟のような通路に響く。

「うぅ、夢なら、早く覚めてよぉ……」

 照明なんてあるわけもなく、薄暗い通路を壁に手をつきながらおそるおそる歩いていく。

「出口、出口を探さなきゃ……」

 とにかくこのわけのわからない状況を何とかすべく、ゆっくりとではあるが歩を進める。とにかく進まなきゃという焦りだけが彼女の足を動かしていた。
 しかし、そのせいで、他の床と全く色の違う異質な部分を踏んだことに彼女は気づけなかった。

ガタン!

「きゃあっ!?」



4: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/26(金) 23:50:14.25 ID:dJDQR+TJ0

 突然だった。下腹部への衝撃と同時に視界がぐんと高くなる。

「わっ、わ」

 何かに下から突き上げられたのか、その感覚は小さいころ父に肩車をしてもらったことを思い出すような感じだった。
 とにもかくにもいきなりだったせいか卯月は安定性を得るために咄嗟に手を前に着く。が、それが仇となった。

「……えっ?」

 がしゃ、と音がしたと思った瞬間両手が動かなくなる。よく見ると太い鎖が地面のほうから伸び、手を着いた地点に固定しているのだ。

「えっ、えっ!?」

 突然体を固定され、高くなった視界に困惑を隠せない卯月だったが

「……あ、れ?」

 卯月を突き上げた何かはそこでぴったりと固まったまま、全く動かなくなった。



5: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/26(金) 23:51:53.41 ID:dJDQR+TJ0

「……え、っと、これ、どうしたら」

 しばらく時間が過ぎ薄暗かった視界に目が慣れてきたのか、ようやく卯月は自身が何に"跨っている"のか知ることになる。

「……これ、も、木馬?」

 昔、家に置いてあった子供用の遊ぶ木馬。姿形はまさにそれであったが比べてみると違うところがある。

「なんで、上が尖って……」

 それは見た目は『三角木馬』というものであった。が、木でできているわけではなく、全体が肉のように硬柔らかい素材でできていた。
 木馬責め、というものは戦国、江戸時代からある拷問の一種であり、現代では女性への『羞恥的』または『性的』な責めとして用いられることが多い。
 卯月も17歳の少女である。性知識を習っていることはもちろん、インターネットの急激な普及で誤ってそういった知識を仕入れてしまったこともある。
 ゆえに今のこの状況は卯月にとって現代どおり非常に『羞恥的』で『性的』なものであった。

「い、いやっ」

 着いた手に力を入れて腰を浮かさないと、その三角木馬は尖った部分を容赦なく卯月の割れ目に食い込ませ刺激を与える。

「は、はずれてよぉっ!」

 何とか手についた鎖を外そうと必死に動かしてみるが、鎖がじゃらじゃらと音を鳴らすばかりで全く外れる気配はない。

「うぅっ、これどうしたら……」

 体は固定されているので、首の動く範囲であたりを見渡してみる。
 しかし、通路が続いているだけで人が通る気配など全くない。



6: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/26(金) 23:52:40.09 ID:dJDQR+TJ0

「こ、こうなったら……」

(もう壊すぐらいの勢いでやらなきゃ。別に壊れたって誰かいるわけでもないし……)

 卯月はそう思い、木馬を壊す勢いで力の限り腕を振り上げた。すると効果があったのか固定されていた手が外れ上にあがる。

「や、やった!」

 鎖から開放された喜びからか、卯月は気づかなかった。

「……?」

 振り上げた腕がその場で固定されていることに。

「あっ、あ!」

 鎖は外れていたわけではなかった。下から伸びていたそれは卯月が腕を振り上げたとたん、何故か上に伸び、彼女を宙吊りにする形で固まったのだ。

「いやっ、いたっ!」

 先程まで手の力を使って腰を浮かしていたが、それが出来なくなってしまってはどうなるのだろうか。
 答えは単純で、卯月はその綺麗な割れ目に自重をかけることになる。

「ひ、ぐぅっ!」

 多少柔らかいといっても強烈な痛みが彼女を襲う。痛みのせいで涙が流れるがそれを拭うはずの手も今は上で固定されている。



7: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/26(金) 23:53:26.47 ID:dJDQR+TJ0

「いやぁっ、だれか、だれかぁ!」

 人の気配もなく、鎖が外れる様子もなく、さらに痛みからか、彼女はついに悲鳴をあげる。
 が、木馬にそんな声は届くはずもなく

「ひっ!?」

 それどころか彼女に追い込みを駆け出した。

「やっ、やだ、震えて……!?」

 ヴヴヴヴと細かな音を立てながら木馬の尖がりの部分が振動を立て始めた。

「は、あん!やっ、とま、ってぇ」

 食い込みは最初は痛みであった。それは当然の現象だったのだが、自重をかけ続ける痛みは少しずつ慣れがでてくる。
 卯月も少しずつ引いてくる痛みにほっとした瞬間があったのだが、木馬の本来の目的はそうではなかったらしい。

「ひゃっ、だ、めっ、こんな、こんなぁっ!」

 痛みと快楽は全くの別物であった。先程の痛みとは全く違う刺激が卯月の割れ目に食い込みながら襲い掛かる。



8: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/26(金) 23:54:24.01 ID:dJDQR+TJ0

「うぁっ!や、あん!やだやだっ!」

 何とか脱出しようと必死に体を動かそうとするが、体はほとんど固定されており動くのは腰の位置だけで、傍から見ればそれは自分から腰を振るような恥ずかしいものになっていた。
 さらにいえばその行為はなおのこと秘部に刺激を与えることになっていることに卯月自身は気づかない。

「あっ、うそ……」

 そして振動を受けている部位がわずかに湿り始め、ニチャニチャと音を立てていることに卯月は驚愕する。

「そん、な、わたし、かんじて……?」

 そしてその事実を認識した途端、卯月は下腹部に熱を感じ始める。

「あ、ん!いやぁっ、こんなので、やぁっ!」

 割れ目の部分だけの振動であったが、自身から分泌される液で滑りがよくなったせいで自然とグラインドする形になり自然とクリトリスも刺激する形になり彼女はそこが擦れるたびに電流が走るような刺激を受け背をそらす。

「ふ、ぐぅっ……あっ、ぁ!」

 何とか耐えようと歯を食いしばってみても、刺激が来る度に嬌声が上がり、口からは涎がだらしなく垂れる。
 そして、止まらない刺激に体は徐々に絶頂へとのぼり始める。

「い、ぃきたく、ないよぉっ!いや、あ、あぁっ!」

 その時――



9: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/26(金) 23:55:20.98 ID:dJDQR+TJ0

がたん、とタイミングを計ったかのように木馬が上下に揺れた。

「ひ、ぃっ――――!!!」

「あ、あああああああああぁぁぁっ!!」

 全く予期してない痛みも含んだ刺激に卯月は体を仰け反らせ絶頂した……



………………………………………………
………………………………
………………


「は、ひっ、い、やぁ……も、ういきたぐ、な、ぃっ」

 あれからいくら時間が経ったのだろうか。卯月を責め立てていた木馬はいまだに振動を続け、さらに不定期に上下に動き強い刺激を与えていた。
 そのたびに卯月は絶頂させられ、潮を吹き、放尿までさせられていた。当然だが木馬の下のほうは小さな水溜りができていたが卯月の思考はもうそこを認識することもできないほど朦朧としていた。

「あ、やっ、またっ、いやぁ、いやあっ!」

 ガタン!

 木馬が揺れる。卯月はこの衝撃と音がくるたびに絶頂していた。



10: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/26(金) 23:56:18.15 ID:dJDQR+TJ0

「ひ、あああああああぁぁぁっ!!!!!」

 体を小刻みに痙攣させ、卯月は絶頂を繰り返す。目からは涙を流し、口からは涎をだらだらと流し、ついに力尽きたかのようにぐったりと顔を伏せた。
 その瞬間彼女を固定していた鎖が音を立ててはずれ、木馬もそれと同時に振動を止め、先程まで潜んでいた床に再びもぐっていった。

「はぁ……はぁ……」

 ぐしゃっと自身がつくった水溜りに倒れながらも、卯月はそれ以上動けるはずもなく気を失った……

………………………………………………
………………………………
………………



11: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/26(金) 23:56:51.97 ID:dJDQR+TJ0

島村卯月【探索中】……三角肉馬に拘束された!股間にめり込む出っ張りが振動しだし、36回イかされてしまった…



16: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/27(土) 00:01:19.88 ID:jFAzwWXa0

モバP「……はっ!?」

モバP「お、おお?なんだ、名前打っただけなのに脳に映像が……?」

モバP「しかし、なんだ……」

モバP「卯月……やっぱエロいなー」

モバP「せっかくだし、まだいいか」

モバP「渋谷凛、と」



17: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/27(土) 00:02:10.60 ID:jFAzwWXa0

[渋谷凛]

「はぁ……」

 渋谷凛は壁に背中をつけ地面に座り込んでいた。

「どっきりだとしても悪趣味すぎるよ……」

 さっきまで事務所のソファーに腰掛けていたはずなのに、気がつけば廃墟のような場所に閉じ込められている。

「なんかさっきから悲鳴とか聞こえるし、もう、ほんとなんなの……」

 凛も最初から座り込んでいたわけではなく、しばらく出口を求めて探索をしていたのだが出口はおろか、ドアのひとつも見つからず途方にくれてからの行動であった。

―――ガサッ

「だれっ!?卯月?未央?それともプロデューサー?」

 凛は立ち上がり音がした方へと走り出す。



18: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/27(土) 00:02:46.34 ID:jFAzwWXa0

彼女もまだ15歳という年齢で、全く見覚えのない場所に一人でずっと放置されていたせいか、心細さもそれなりにあった。
 だから彼女にとって、物音というものは現状を打破する上で何よりも欲しいものであった。

「ちょっと、待っ、きゃあ!?」

 が、彼女を呼び寄せたのは人ではなかった。

「いや!?虫!?」

 走って角を曲がった彼女に突然襲い掛かってきたのは何か小さいものであった。必死に制服の上着を脱ぎ、それを叩きつけるように扱い纏まりつくものを払い続ける。
「はぁはぁ……なにもついて、ないよね?」

 軽く体を捻って、服を確認してみるが何かついている様子はなく凛はひとまずほっと一息をつく。

キュッ

「ひぅっ!?」

 が、その安堵の息は長く続かない。



19: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/27(土) 00:04:10.33 ID:jFAzwWXa0

「な、なにっ!?」

 突然の快感。それは自身がたまに自慰をするときによく刺激を与える部位からくるものであった。

キュッキュッ

「ひゃ、あっ!?」

 頭に疑問符を浮かべる暇もなく、それは定期的に緩い刺激を与えてくる。

(クリトリスに、なんかついて……?)

 彼女はまわりに誰かいないか確認してから、ゆっくりとパンツを下ろしスカートをあげる。

「え、な、なにこれっ!?」

 そして彼女は目にする。彼女の秘芯に丸いリング状の何か柔らかい形状のものがまきついているところを。

キュウ

「ふ、ぅっ!」

 先程から定期的にこのリング状の何かが秘芯を緩く締め上げ凛に刺激を与えていたのだ。



20: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/27(土) 00:04:59.56 ID:jFAzwWXa0

「さっき、とびかかってきたのは、これ……?」

 しかし、いつの間にもぐりこんで巻きついたのか。

「こんな、虫……虫?見たこともないし、聞いたことも……」

 軽く突いてみるとぐにぐにとしていて、妙な肉感を持っている。

キュウウ

「は、ぁぁっ……」

 そして、突っつくとお返しといわんばかりにリングは先程より少し強く秘芯を締める。
 いつの間にか自身の声に媚色が混じってることに気づき、凛は慌てて口を手で塞ぐ。

「と、とにかく取らなきゃっ」

 最初にそうしておくべきだったと、凛は秘芯を囲んでいるリングに手をかける。

 しかし



21: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/27(土) 00:05:46.13 ID:jFAzwWXa0

「う、うそっ!?と、とれないっ……」

 そのリングはまるで固定されているかのように秘芯に纏わりついておりいくら力を込めても全く抜ける素振りを見せない。

「そ、そんな……」

キュポッ、キュポッ

「ひゃ、ん!?やっ!」

 そして、なおも取り外そうとするとリングは先程と動きを変え、秘芯をしごくように動き始める。

キュポキュポキュポキュポキュポキュポ……

「ひゃああああああ!?やだ、やめ、て!それ、だめえっ!!」

 普段から少し弄っていたせいもあったのかその快感は凛にとって耐え難いものであった。秘所は弄ってもいないのに涎をだらだらとこぼし始めひくひくと次に来る刺激を待ち望んでいるかのようであった。

キュポキュポ……

「ひぃ、ぅ、あ……と、止まった……?」

(もうちょっとで、いきそうだった……かも)

 まるで期待してるかのような思考を自分がしていることに気づき頭を振ってその妄念を振り払う。




22: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/27(土) 00:06:27.15 ID:jFAzwWXa0

「ど、どうにかしないと……」

 とにかくこれをつけたままでは移動も間々ならないと、凛は地面に座り込んで足を少し開く。
 そして、もう一度秘芯に張り付いている肉のリングを確認する。

(うっ、すごい、ぬれてる……)

 だらしなく涎を垂らす秘所とぬらりと湿り気を帯びている秘唇、そして秘芯についているものを確認する。それはやはりリング状のもので先程よりもうねうねと蠢いているようだった。

「どうしたら……」

キュッ

「ひっ……!」

 放置したら定期的に緩く締め上げてくる。そして

「……軽く触ると」

キュポッ、キュポッ

「あん、ひゃっ!」

 どうやら放置すると定期的に緩く締め上げ、触ったりすると秘芯をしごき強い刺激を与えてくるようだと凛は気づいた。



23: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/27(土) 00:07:15.54 ID:jFAzwWXa0

「そんな、八方塞じゃ……」

キュウウ…

「はぁっ、くぅっ」

 緩い刺激といえども、ずっと続けられると徐々に気持ちよさが増幅され凛はいつの間にか吐く息に甘い色がついていることに全く気がつかない。

「はぁっ、はぁっ、取らなきゃ、これ取らなきゃあ……」

(そうだ、爪をリングに差し込んで根元から剥がすようにすれば……)

 まとまらない思考でそう考える。人並みに長い爪だがリングの底に入れ込める分はありそうである。

(でも、もし失敗したら……?)

 さっきはつまんで離そうとしただけで、何度もしごかれあっさり達しそうになっていたのだ。

(失敗……失敗したら、だめ)

 手が震える、人差し指を立て爪をリングの根元にゆっくり入れ込んだ。

「はぁ、はぁ、はぁ」

 そして凛は差し込んだ指を引きあげた。




ツルッ



24: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/27(土) 00:07:46.39 ID:jFAzwWXa0

(あっ)

 凛は気づいていなかった。元々、肉のリングはわずかだが粘着質の液体を分泌していたことを、そして自身の人差し指に自身の愛液がついていたことを。

(あ、あっ)

 爪はただ強くリングをなぞっただけだった。

「あ、ああ……」

 心臓の鼓動数が急速に上昇する。やばいやばいやばい、と凛の心は危険信号を出し続けるが彼女はもう何もできず固まるだけだった。

ギュポッ!

「ひゃあん!」

 その変わりに、先程のお返しとばかりにリングが蠢きだした……

「いやっ、いやああああああああぁぁぁ!!!」






………………………………………………
………………………………
………………




25: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/27(土) 00:08:59.24 ID:jFAzwWXa0

ギュポッ!ギュポッ!ギュポッ!ギュポッ!ギュポッ!

「ひゃ、あ!ご、ごめん、なさっ!ゆる、してぇっ!」

ギュポッ!ギュポッ!ギュポッ!ギュポッ!ギュポッ!

「だ、めぇ!また、また、ああああああああぁぁ!!!」

 凛は蹲りながら何度目かの絶頂を迎える。もはや秘所からは洪水のように愛液が流れだし、イクたびにあたりに愛液を撒き散らしていた。

ギュウ、ギュウウウウ

「いやぁ、それっ、だめぇっ!」

 肉のリングはというと、お返しを始めてからまだその責め手を緩めない。
 秘芯を強烈にしごいたかと思うと、より敏感な秘芯の裏側の根元の部分を執拗に緩くしごいたり、再び強くしごいたり。
 まるで彼女がどのようにされれば悦ぶかをわかっているかのように責め続ける。

ギュポッ!ギュポッ!ギュポッ!ギュポッ!ギュポッ!

「あっ、あっ、だめ、そっちも、だめっ!ご、ごめ、なさ、も、もう、しませんからぁ!!」



26: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/27(土) 00:10:14.43 ID:jFAzwWXa0

秘芯をしごかれ続け、凛は何度も何度も絶頂を迎える。

キュッ、キュッ、キュッ、キュッ!

「いやぁっ、つよしゃ、かえないでぇっ」

キュウ、キュウ、キュウ、キュウ!

「も、う、おねが、い、はなし、てぇ……ゆるし、てぇ」

ギュポッ!ギュポッ!ギュポッ!ギュゥウウ、ギュッ、ギュッ!

「あっ、あぁっああああああああ!!!!」




………………………………………………
………………………………
………………



「…………………………」

 そのリングが外れたのは凛が完全に気を失ってからだった……



27: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/27(土) 00:10:40.90 ID:jFAzwWXa0

渋谷凛【探索中】……リング型触手に寄生された!執拗に秘芯をしごかれ、取り外そうとすると、お仕置きとばかりに秘芯の裏と根元をしごきあげてくる!強烈な快感に許しを乞いながら失神してしまった…



28: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/27(土) 00:11:30.51 ID:jFAzwWXa0

モバP「……やばいな、色々とやばいな」

モバP「もうまともに凛を見れないかもしれん……」

モバP「………………」

モバP「未央だ。あとは未央も見なくては」

モバP「……本田未央」



29: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/27(土) 00:12:12.13 ID:jFAzwWXa0

[本田未央]

「おーい!しっぶりーん!しーまむー?」

 軽快な足取りだった。廃墟であろうが彼女にとっては少しの不安よりも多大な好奇心のほうが勝っていたからだ。

「こんな番組の収録なかったと思うけどなぁ」

「おーい!あかねちーん!あーちゃーん?」

 とりあえず片っ端から知り合いの名前を挙げてみるがただただ廃墟の壁に反射して自分に返ってくるだけだった。

「おっ?」

 そしてしばらく歩いていると未央はあきらかに他の床と色の違う部分を見つける。

(いかにも、って感じだけど。もしどっかにカメラが仕掛けられてるならちゃんと引っかからないとね)

「そーれっ」

 掛け声とともにジャンプしてその床を踏み抜く。
 未央の好奇心は彼女の強さのひとつであった。本来臆するはずのこの状況でも彼女は楽しんでおり、それだけ芯の強さは備わっている証拠でもあった。

「うわっ!?」

 が、その好奇心が自身に牙を剥く。



30: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/27(土) 00:12:56.29 ID:jFAzwWXa0

未央の踏んだ床は腐ってるかのように沈み込んだ。落とし穴だったのだ。

「くっ!」

 未央のもうひとつの長所は冷静さだった。ぐっと沈み込んでいく体を止めるために咄嗟に手を前に伸ばす。

「ふぅっ……いやいや、普通に危ないでしょ、これ」

 落とし穴に下半身を埋めながら息を吐く。落とし穴の下は空間になっているようで足がぶらぶらと宙に浮いているようだ。

(全く、このまま沈み込んだらどうするつもりだったのさ!発案者出てこい!……なんちゃって)

 と、あるわけのない番組のいるわけもない企画者に心の中で少し毒を吐く。

「さて、そろそろ出ますかね」

 呼吸を整え、掴まっていた腕にぐっと力を込めて穴から這い上がろうとする。

「よい、しょっ……ん?」

 しかし



31: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/27(土) 00:14:28.14 ID:jFAzwWXa0

「ふ、ううううううううっ……え、あがらないんだけど」

 いくら力を入れてみても体が全くあがらない。よく見てみると落とし穴の表面の部分がいつのまにか未央の体を包むように狭まっているのだ。

「ちょ、ちょっと!抜けないんだけど!?誰か、誰かー!」

 ここにきて未央は漸く周りの異常性に気づく。そもそもこんな廃墟で番組なんて予定にはなかったはずだ。
 そもそも今日はオフの日でユニットの藍子とショッピングをしていたはずであった。

「あれ?なんか、なにかおかしいような……なにか違う……?」

 ピトッ……

「ひっ!な、なに!?」

 そんな下半身だけ宙に浮いた未央の秘部にスカートの上から何か当てられる。
 当然だが、落とし穴の表面は未央の体ぴったりに形を変えており、彼女自身からは下半身に何が当てられているかさっぱりわからない。




32: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/27(土) 00:15:09.70 ID:jFAzwWXa0

「いやっ、やめてよ!」

 ぶんぶんと足を力の限り振る。もしかして穴の中に人がいて悪さをしているのではないかと思ったからだ。
 しかし足を振っても体の線がぶれるはずもなく、秘部に押し当てられている何かを払いのけることはできない。
 むしろ動くことで若干擦れていることに気づき、未央は恥ずかしさで顔を赤くしながら動くのを一度やめる。

「はぁ、もう何がどうなって……ふ、うううううう」

 足を動かすのをやめて、何度か這い上がろうとするがやはりびくともせず、穴に完全に固定されてしまったようだ。

(ずっと……あそこに、何か変なのあたってるし……)

「んん……」

 服の上から秘部に当てられてはいるが特に動かないそれに、未央はもどかしさを感じる。

「もう、なんなの!プロデューサー!?それともちひろさん!?何か変なこと考えてるんじゃ――」

 未央がすべてを言い切ることはできなかった。



33: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/27(土) 00:15:45.54 ID:jFAzwWXa0

ヴィイイイイイン

「ふあっ!?」

 未央の秘部にあてられたそれが動き出したからである。

「な、なになに!?」

 未央が人の何かだと思っていたそれは全く違うものだった。
 それは一般的に『電動マッサージ機』と呼ばれるもので、本来であればその名の通り自身の体を癒すために使われるものであった。

「ひゃ、く、くすぐったいってば!や、やめて!」

 が、未央に対しての使い方はそれとは全く違った方法であった。

「く、ふ、は、あは、ちょっと、ほんと……!」

 秘部に押し当てられたそれは執拗にその表面だけを震わせていた。

(これ、なんか振動してる……!雑誌とかでたまにあるバイブとか、じゃないよね……)

 未央の想像は当たらずとも遠からずというところで、どちらにせよ全く見えてないから考えても意味はなかった。

(うぅ、くすぐったい……)

 服の上からのせいか、秘部にあてられていても快感よりもくすぐったさがまさっており、未央は抵抗できないくすぐりにあっているようでただただ息を吐いて耐えることしかできなかった。

「はっ、はっ、あは、ぁっ……」



34: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/27(土) 00:16:30.75 ID:jFAzwWXa0

(あれ?)

 気がついたら振動が止まっていた。やっと終わったかとふうと一息ついた未央だったが、その顔はすぐ焦りに変わる。
 それだけで終わるはずなんてなかったのだ。

「えっ!?ちょ、ちょっと!」

 秘部の部分が急に涼しくなる。気温的にそうなったわけでは決してない。

(めくられてる!?)

 何かに摘まれたのかスカートが上にたくしあげられたような感覚が襲う。実際は機械のようなアームが未央のスカートを掴みめくっていたのだ。

ピチャッ…

「ひぅ!?」

 そして再び未央の秘部に電動マッサージ機があてられた。そこは先程刺激を受けたせいかわずかに濡れており、少しだけ粘着質な音を立てる。

「ま、待って、下着の上からは、だめだって!」

ヴィイイイイイン

「ひゃああああああああああああ!?」

 服一枚ないだけで刺激の内容はがらっと変わる。
 くすぐったさは消え去り、未央の秘部は快感の振動に支配される



35: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/27(土) 00:17:41.83 ID:jFAzwWXa0

「ふあ、あぁっ、だめ、とまってよぉ!!」

 電動マッサージ機は未央の秘部に固定されたまま、その表面を責め続ける。
 未央の秘部はすっかり湿り気を帯び、同じ場所を責められつづけてはいるものの愛液がローションの変わりになり、未央の感じる刺激はどんどん強くなっていく。

ヴィイイイイィィィ……

「あっ、はぁ、はれ?と、とま、った?」

 が、突然電動マッサージ機はその動きを止め、さらに離れた。

「はぁ、はぁ、はっ、あ……」

 継続的快感がようやく途切れ、未央は呼吸を無理やり整える。とにかく今抜け出さないとまずいと彼女の本能が告げているのだ。

「うぐぐっ!ぬ、ぬけてよぉっ……!」

 しかし、いくら力を振り絞っても穴からは抜け出せそうにもない。

「もう、いやぁ……」

ピチャ……

「ひっ!」

 そして、再び『それ』があたる感触が未央を襲う。

「あ!?そこ、だ、だめ!!」

 が、今度はあたる場所が変わっていた。先程は秘部の中心であったが、今度はそこから少し下がり、秘部と菊門のちょうど中間にあてられていた。
 その場所は

「そこ、わたし、よわ――!!」



36: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/27(土) 00:18:12.87 ID:jFAzwWXa0

ヴィイイイイイン

「ひゃああああああああああああんんんん!?」

 未央が責められて一番弱いところであった。

ヴイイイイイイイイイン!

「ひゃっ、あん!!だめぇ、そんあ、つよいのだめえ!!」

 出力があがったのか、急に振動が強くなりさらに強く押し当てられたのだ。

「だ、め!ほんと、そこ、すぐ、いっちゃ……ぅからぁ!」

 未央が絶頂しそうな瞬間、その空間にもうひとつ電動マッサージ機が現れた。
 当然未央から見えないそれは、徐々に近づいていき……

ヴィイイイ、ヴィッ!

「ひっ!?!?!」

 その一本は今未央を弄っている電動マッサージ機に隣接する形で彼女に押し当てられ、彼女は突然二倍になった快感になすすべもなく

「あ、ああああああああぁぁぁ!」

 絶頂に達した。





………………………………………………
………………………………
………………




37: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/27(土) 00:19:13.52 ID:jFAzwWXa0

ヴイイイイイイイイイン!

「ひゃあ、ああっん!いや、もういやぁ……」

ヴイイイイイイイイイン!

「だ、め……また、きちゃ……ぅ!」

ヴイイイイイイイイイン!

「あ、ん!ああああっ!」

 びくびくと身が震える。既に未央の思考は惚けており、愛液が足を伝って落ちる感覚もわからないほどだった。

ヴィイイイイイイイイイイイ……

「あ、やぁ……」

イイイイイイイ…

「あ……?」

イ……

「と、とま」

ウィーン

「え!?」

 電動マッサージ機は止まり、未央から離れる。彼女が次に感じたのは無機質な強い力で足を掴まれた感覚だった。

「ひ、ひきずりこまれっ――!」



38: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/27(土) 00:20:20.32 ID:jFAzwWXa0

最悪の事態が頭をよぎり未央はさっと血の気が引く。もしもこれで下の空間に引きずりこまれたらいよいよ何をされるか、いや、一生責められ続けられるかもしれない。

「い、いやっ!!」

ウィーン

「い、おっ?おおおお?」

 が、彼女のそんな思いは良い意味で裏切れた。

「うわっ、ととと……」

 機械のアームは未央を上に押し上げ穴から追い出したのだ。

ウィー……

 そして機械のアームはまた地下に潜っていく。未央が何とか意識を回復させもう一度見てみると、色違いの床はもうそこになかった。



………………………………………………
………………………………
………………



「……夢、だったのかな?」

 地面にへたりこみながら呟く。先程までの事態がまだ処理しきれていない。

ニチャ……

「ひゃあん!」

 しかし、それは以前よりもずっと感じやすくなってしまった弱点が出来上がったことで、何が起こったのかを証明していた。

「……下着、ひどい」

 ぐしょぐしょに濡れそぼったそれをずっと履いているわけにはいかず未央は下着を脱いで、立ち上がる。

「そうだ、一緒にいたあーちゃん。もしかしたら……」

 そして、今日先程まで一緒にいたはずの彼女を思い出す。

「探さなきゃ……」

 少しふらつく足で未央は歩き出した。秘部からとろりと愛液を垂らしながら……



39: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/27(土) 00:27:13.47 ID:jFAzwWXa0

本田未央【探索中】……落とし穴トラップだ!下半身が埋まり、弱点を電動マッサージ機で責められ、可愛らしい声を上げながら何度も絶頂させられる!終わらない責めに弱点をさらに開発されてしまった…



40: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/27(土) 00:27:46.40 ID:jFAzwWXa0

モバP「はぁ……だめだ、よくわからんが3人ともエロい。なんなんだこれ……」

卯月「おはようございます!」

凛「おはよう、プロデューサー」

未央「おっはよー!」

モバP「おわああああああああああああ!?!?!?」

未央「ど、どうしたのプロデューサー?急に奇声なんてあげちゃって」

モバP「い、いやいやいやなんでもないんだ。それよりどうしたんだ、今日は?ずいぶん早いじゃないか」

卯月「え?今からお仕事ですよね?」

モバP「へっ?」

凛「へっ、て……もうすぐ出発しないと間に合わないよ?」

モバP「お、も、もうこんな時間か!?い、急いで準備しないと」

凛「らしくないね。じゃあ先に車で待っとくから」

未央「早くきてね、プロデューサー!」

卯月「待ってますね!」

モバP「おう、すぐ来るからな!」

モバP(…………)











モバP(仕事終わったらまたやろう……!)



41: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/27(土) 00:31:15.17 ID:jFAzwWXa0

読んでいただきありがとうございました。

最後の未央の結果の部分だけなぜかコピペしておらず、日が変わってしまい必死に思い出しながら書いたので何か変だったらすいません。

明日は書けないかもしれませんが色々書いてみたいのでよかったら↓3ぐらいまでモバマスのキャラ名を書いていただけるとありがたいです。

ひとまずありがとうございました。



42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 00:31:20.89 ID:fpFEk9xM0

高森藍子



43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 00:31:25.66 ID:v7nT7g7p0

黒川千秋




44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 00:31:29.36 ID:ILYT4eJuo

神谷奈緒



61: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 00:40:33.82 ID:2+WjPKyT0

卯月「皆さんお疲れ様でした!」

凛「お疲れ様」

未央「お疲れ様ー!今日もばっちりだったね!」

モバP「おう、お疲れ様!今日はこのまま帰るのか?」

卯月「えーと、このあと凛ちゃんと未央ちゃんと一緒にファミレスに行ってから帰ります!」

モバP「そうか、まあ心配はしてないがあまり遅くならないようにな」

凛「大丈夫だよ、ただ食事に行くだけ出し、プロデューサーはどうするの?」

モバP「俺は、もうちょっと仕事を片付けたら帰るよ」

未央「ええっ、まだ仕事あるの!?プロデューサー頑張りすぎじゃない?」

モバP「これぐらいどうってことないさ。それにちょっとすれば終わるからあまり気にするな」

卯月「あんまり無理しちゃだめですよ?じゃあ、お疲れ様でした!」

凛「お疲れ様、倒れない程度にがんばってね」

未央「お疲れ様でしたー!今度は一緒にご飯食べに行こうね、プロデューサー!」

モバP「はいはい、楽しみにしてるよ。じゃあ、お疲れ様!」



62: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 00:41:30.11 ID:2+WjPKyT0

モバP「さて、と」

モバP「ちゃんとページは残ってるな、よしよし」

モバP「今度は誰を入れてみようか……」

モバP「そういえば未央は、最後のほうで藍子を探しに行ったんだっけか」

モバP「じゃあ、それ繋がりで……」

モバP「高森藍子」



63: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 00:42:54.40 ID:2+WjPKyT0

[高森藍子]

 お城のような廊下を小さな足音が響く。廊下の壁にはよくわからないが味のある壁画が飾られ、廊下には等間隔に装飾の施された大きな花瓶が置かれている。

「モールに、こんな場所ありましたっけ……?アトラクションをやっている時期でもありませんし……」

 花瓶に刺された花を触ってみるが造花でなく、本物の花のようで鼻を近づけ匂いを嗅いでみるとふわっとした甘い香りが藍子の鼻をくすぐる。

「不思議な匂いですね……夕美ちゃんならわかるでしょうか」

 そこで藍子は自身の首から掛けているカメラに気がついた。

「あ、この花を撮って見せてあげましょう!せっかくカメラを持って……」

 しかし、そこで藍子の思考に疑問符が浮かぶ。

「か、めら?」

『あーちゃん!こっちこっち!ここのアクセ凄い可愛いのが――』

 頭の中に聞き慣れた声が響く。

「あ、れ……?」

『ここがあーちゃんお勧めのパスタ屋さんかぁ、思ったとおりお洒落だね――』

 昼食を食べるために、お気に入りのパスタ屋を紹介され"彼女"は眩しい笑顔を藍子に向ける。

「違う……私、今日は家にカメラ置いてきて」

『じゃあ、服見に行こうよ!春物確認したいしさ!』

 藍子の腕を暖かい手が掴み、歩き出す。それに藍子は微笑みながらついていく。

「買い物、そうでした……今日は」

 そして、はっとしたようにあたりを見渡した。

「っ……!?」

 先程まで藍子の見ていた情景は無くなっていた。



64: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 00:43:48.32 ID:2+WjPKyT0

お城のような廊下は、一瞬で廃墟のように移り変わり、絵画のかかっていた場所には腐った布のようなものが垂れ下がり、綺麗だった花瓶はどす黒く変色し割れており、そこから濁った液体がこぼれ異臭を放っている。

「み、未央ちゃん!!近くに、近くにいませんかっ!いたら返事をしてください!」

 異常性に気づいた藍子は足を速め未央の名前を呼ぶ。自身の記憶が正しければ今日は未央とショッピングに来ていたのだ。

「はぁ、はぁ……未央ちゃーん!は、ぁっ」

 普段出さないような大声と早足はあっという間に藍子の体力を奪う。
 しかし、日野茜と特訓をしていたことが幸いしたのか、何とか歩みを止めることなく進み続ける。

「あっ」

 しばらく進むと、大きな門のような場所が見えてくる。そこをくぐってみると広大な大広間のような場所に出た。

「ここは、なんでしょう……?」

 薄暗い空間を藍子は周りを窺いながらゆっくりと進む。風も通っていないのか不気味なほどに静かな空間が出来上がっている。

「……あれは?」

 そして藍子は中央付近まで歩いてきてある物がそこにあることに気づいた。

「柱、でしょうか……?」

 見た目は完全に石で出来た柱であった。古代の遺跡にありそうな貫禄のあるそれは、見方によってはインテリアとして通じそうな物でもあった。

「何か謎解きなのでしょうか」



65: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 00:45:17.41 ID:2+WjPKyT0

 柱の形状はそんなに太いものではなく、藍子の体でも十分に包めそうな細い円柱だ。
 その周りを徘徊しながら藍子は昔、密室に閉じ込められ、その部屋の謎を解かないと脱出できないという趣旨の番組に出演したことがあったことを思い出す。
 今の状況はわりとそれに似ており、もしかして自分の知らない間に番組は始まっており、どこからか撮影されているのかもしれない。

(そうなると未央ちゃんは、仕掛け人?それなら突然消えた理由になるかもしれませんが……)

「うぅ……もし、そうだったら怒りますから」

 藍子は不安を打ち消すように頬を膨らました。とにかく何かして気を紛らわせたかったのだ。
 しかし、逆にその行為に気を取られてしまったのか藍子は後ろから近づく気配に気がつかなかった。

 ドン

「きゃあっ!?」

 突然の背中からの衝撃。まるで太い蔦に殴られたような感覚だった。
 そして、衝撃によって飛ばされた藍子の先にあったのは、あの柱であった。

「いたっ!」

 ガッ、と柱に正面から抱きつく形でぶつかる。何とか顔から衝突することは避けたが、体への衝撃は強烈なもので、しばらく声にならない痛みに耐えていた。

「い、つぅっ……ひ、ひどいっ」

 誰ですか!?と藍子は振り向こうとした。しかし、

「あ、あれ?」

 振り向くことはできなかった。

「え、な、何!?て、手がっ!?」

 藍子は柱にぶつかり抱きついた時に、思わず手を組んでしまった。そしてその手は何か手錠のようなものに拘束されたかのように離れなくなったのだ。

「えっ?ひゃっ、な、なにこれっ」

 そして、藍子を拘束するものはそれだけではなかった。



66: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 00:47:13.79 ID:2+WjPKyT0

「いつのまに、腰がっ!?」

 石のような柱は抱きついたままの藍子のか細い腰を囲むように本体から半ドーナツ型の石柱を出し、それを彼女の背中から付ける形で完全に柱に固定する。
 藍子から見て、その柱は薄暗さのせいで石だと思っていたが、実際はそうではなかった。

ピピピ…

 藍子は慌てていたせいで聞こえてはいなかったが、その場の雰囲気とは正反対な機械音と共にその柱は動き出した……

「な、なんですかっ、これっ!?」

 突然柱に固定されて慌てないわけがなかった。藍子はパニックに陥り何とか体を動かそうとするが、固定された身では全く意味がない。
 抱き枕に抱きついたような状態で固定されているせいで力を入れようにも入らないのだ。

「もう、悪ふざけにもほどが……?」

 そこで藍子はあることに気が付く。

「これは……?」

 藍子を固定している柱にはいつの間にか小さなモニターのようなものがいつのまにか出ていた。そこには

【05:58】

 と書いてあり。":"の部分だけが秒毎に点滅している。

【05:57】

「あ、減りました……時間を表しているのでしょうか?って、もしかしてあと6時間このままなんですか!?」

 そして、それが自身を拘束する時間だと気づき、藍子は顔から血の気が引いていくのを感じる。

「そんな、6時間もこのままなんて……」

 固定された身ではあるが、何もない空間に6時間も拘束されることは藍子でなくても辛いものであった。

「なんとか、抜け出さないと――ん?」

 が、"そのまま"6時間が過ぎることはなかった。



67: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 00:48:41.05 ID:2+WjPKyT0

「な、何が起こってるんですか!?」

 藍子は漸く理解した。自身が拘束されているこの柱は石なんかで出来ていないことに。

ガシャ、ガシャン!

「ひっ!いや、こわ、い……」

 特有の機械音がその柱から聞こえ出す。藍子は抱きつく形で固定されているので自身の周りで何か起きているかわからず、ぎゅっと身を縮めて震えるしかない。

ピチャ…

「ひゃん!?」

 が、藍子の恐怖は別なものに変わっていくことになる。

ピチャピチャ……

「ひゃっ、な、つめたっ、何、塗られて!?」

 藍子の首筋に伸びた機械のアームの先に取り付けられているのは微細な柔らかいブラシであった。それには何か得体の知れない液体が塗られていた。

「やめっ、やめてください……」

 ローションのような粘着性のある液体は藍子の首筋だけを狙ったものではなかった。

「あっ、服の上からだめっ、これお気に入りの、あ、あぁ……」

 ブラシは藍子の全身をくまなく擦りあげていく。服の上からでも関係ない。腕、手、指先、胸、腹部、臍、股、臀部、太腿、足、と顔を除く全身に液体を塗りたくっていく。

「うぅ……靴のなか、びちゃびちゃに……」

 着ていた服は豪雨に見舞われたかのように塗られた液体ですっかりと透けてしまい、靴の中も液体で満たされ最悪な不快感を藍子が襲う。

ピチャ、ピチャ

「や、ぁん!ま、まだ、するんですか!?」

 全身をブラシで擦られ、もう終わると思ったがそんなことはなく、ブラシはもう一度藍子の首筋から動き出した。



68: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 00:49:52.54 ID:2+WjPKyT0

【05:38】

ピチャ、ピチャッ

「はぁ、はあ……きもち、わるいです……」



【05:19】

ピチャア…ビチャッ

「は、ぁ、んんっ」



【04:51】

ピチャピチャピチャ

「は、ひっ!や、ぁんっ」



 藍子は薄々と気づいていた。塗られた部位を中心に体がかーっと熱を持ち始めていることに。
 そしてブラシが往復するたびに感度は格段にあがっていき、自身の声に嬌声が混じりだしていることにも気づいていた。

(……これが、媚薬というものでしょうか)

 恋愛雑誌で見かけた情報を思い出しながら、虚ろな瞳で柱のモニターを見つめる。

(まだ、こんなに……)

【04:48】

ピチャ、グチャ……

「あ、はっ、んん!いや、いやぁ……」

 機械のアームはまだ止まらない……



………………………………………………
………………………………
………………



69: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 00:50:57.02 ID:2+WjPKyT0

【03:59】

ガシャ、ウィーン

 機械アームが収容されたのは開始から2時間後であった。

「はぁっ、はぁっ」

 そしてその責めをひたすら受けていた藍子は完全に出来上がっていた。

(体、熱い、全部、痒い……弄りたい……)

 全身に塗られた媚薬は確実に藍子の精神を蝕んでいた。
 息を吐く行為ですら、背中をぞっと何かが駆け巡るような快感が走るのだ。

「は、ふぅ……ふーっ」

 手が拘束されていなければ間違いなく藍子は自身の秘所に手を伸ばし、慰めていたであろう。それぐらい彼女は追い詰められていた。

【03:50】

「なんで、とまって……?」

 機械アームが収容されてから数分、何も起こらなかった。音のひとつすら起こらない。

「う、あ、痒い、痒い、です……」

 先程まで必死に離れようとしていた柱に、藍子は体を擦り付けていた。そうしないと体の疼きでどうにかなりそうだったのだ。

「あ、はぁっ」

 ずり、ずりっ、と必死に体を擦り付けるものの

「足りないっ、足りないですっ……」

 それで得られる快感なんて今の彼女の状態ではいかにちっぽけなものか。

「なにかっ、なにか欲しいよぉ……」

 媚薬は強烈だった。発散できないとどんどん彼女の身は熱を帯びていき、秘所からは媚薬以外の液体が糸を引きながら地面に滴る。
 しかし、機械はそれ以降音を立てることはなかった。


………………………………………………
………………………………
………………




70: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 00:52:21.19 ID:2+WjPKyT0

【03:00】

「はぁっ!はぁっ……」

 藍子は限界だった。

(熱い熱い熱い熱い熱い熱い熱い……)

 体の疼きは限界点をとっくに超え、目からは哀願の涙を流す。

(滅茶苦茶に……してほしいっ、されたい、されたいっ!)

 強烈な媚薬は藍子を完全に支配していた。彼女は色欲に囚われ普段の様子とはかけ離れた狂った姿を晒していた。
 そして、そんな彼女を見かねたのか、あらかじめそういう風になっていたのか、機械が再び動き出した。

「あっ」

 彼女のその声は驚愕でも恐怖でもない、その声色は完全に何かを期待しているものであった。

ジュルッジュル……

 が、柱の開いた穴から出てきたのは機械のアームではなかった。

「あっ、あっ♪」

 それは肉の触手だった。

「こんなに、たくさん……」

 柱から出てき大量の触手は藍子の体に纏わりつきだした。触手は粘液をその身に纏っていた。それを藍子に馴染ませる様にゆっくりと動き出す。

「あっ、服の中までっ、ひゃ、ああん!」

 先程のブラシと違い、自由な長さの触手は服の中に入り込み下着を中でずらして藍子の性感帯と思われるところを弄りだす。

「あっ、きもち、いいっ!もっと……もっとしてくださいっ!」

 待ちに待っていた快感だった。藍子は最早、自身が何を叫んでどんな状況になっているのかすらわからなかった。
 そして、触手はついに藍子の秘部を触りだした。



71: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 00:52:48.70 ID:2+WjPKyT0

「ひゃあああああああ!?!?!!」

ニチャッと粘着質な音がした瞬間そこから来る快感に藍子を背を仰け反らす。

 ズリュ、ズリュッ…!

「これっ、ぁ、ん!これほしかったんですっ!もっと、もっとくださいっ!」

 触手はゆっくりと優しく藍子の秘所を舐めまわすように弄る。

「あっ、やん!そこ、もっと、くださ、いっ!」

 しかし……

「あっ……も、っと、強くして、よぉ……」

 ズリュ…ズリュ…

 触手は決して激しく動かなかった。藍子の中に挿入することはせず彼女の秘所の表面とぴんと張った淫核をただ撫でるように刺激するだけだった。

「そんな、ぁん……た、たりませんよぉ……」

 気持ちはいいが、絶頂することは出来なかった。

「もっと、めちゃくちゃして、ほしいのにぃっ……!」

 秘所からは大量に愛液をこぼし、藍子自身気づかないうちに腰をいやらしく振り懇願するように刺激を求めるが触手はそれでも責めの強さを変えずひたすら藍子を焦らしに焦らし続けた……



………………………………………………
………………………………
………………




72: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 00:53:26.89 ID:2+WjPKyT0

【01:12】

「あっ!も、だめっ、いく、いきますっ!」

ジュリュ、ジュ……

「あ、そ、そんなっ、とまっちゃ、やっ」

 触手の責めは優しく暴力的であった。いくら優しい愛撫でもずっと続けられると絶頂は近づく。実際に藍子は先ほどから何度も達しそうになっていたが

「あ、やだぁっ、うごいて、うごいてくださいっ……」

ズチュ、グチュッ!

「あ、ひゃあぁん!?あっ、つよっ、だめ、いくっ、いきま――」

ズッ、チュ……

「あ、あああっ!なんで、なんで、とまるのぉっ!?!」

 そのたびに触手は動きを止め藍子の絶頂を阻止する。そして少し時間が経つと責めをはじめる。
 それをひたすらループしていたのだ。

「もう、やだぁっ……なんでも、しますからぁ……いかせてぇ……」

 涙と涎をだらしなく流しながら必死に懇願するが触手に言葉は通じることはなかった。

 そして……




73: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 00:56:31.31 ID:2+WjPKyT0

【00:01】

ジュリュ、グチュッ、ズリュ…

「ひゃっ、あん、やだ、もぉ、やだぁっ!いかせて、いかせてよぉっ!」

ピッ

【00:00】

『パンパカパーン!パッパッパッパンパカパーン!』

「ひっ!?!?!!」

 突然情緒も風情もない明るい音楽が流れ出し、

「わわっ、きゃあ!?」

 触手はさっとどこかに引いていき、大きな機械音と共に柱も床に沈みだし、あっという間に収納されてしまう。

「…………あ」

 そして、手を拘束していた謎のリングもそれと同時にバキッ、と音を立て割れながら地面に落ちる。

「う、そ……お、おわ、り?」

 先程まで藍子の喘ぐ声が響いていた空間は何も答えない。ただただ無音だ。
 その空間に、淫靡な音が聞こえだす。

ピチャ、ピチャッ

「ひ、ぅっ、ゆび、きもちいぃ……」

 その場所で藍子は自慰を始める。おおよそ6時間、彼女は一度も絶頂することがなくただただ責められたその反動であった。

「あっ、も、もう、ひ、ああああああああああ!」

 膣に入れた指をキュッと締め付けながら藍子はびくびくと震えながらあっさり絶頂を迎える。


 しかし


「たりない……こんなのじゃ、ぜんぜん、たりないよぉ……」

 ふらふらと藍子は立ち上がり、よろよろとした足取りで前に歩き出す。

「もっと、もっと、きもちいいの、さがさなきゃ……」

 その目にいつもの明るい彼女の光は灯っていなかった。



74: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 00:57:10.33 ID:2+WjPKyT0

高森藍子【探索中】……悪魔の寸止め拷問機だ!全身に媚薬を塗られ、6時間もの間、媚薬触手に性感帯を優しく撫でられ続ける!(次階を、高森藍子/催淫/超感度/おあずけ として診断。)



75: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 00:58:22.24 ID:2+WjPKyT0

モバP「ゆるふわな子が快楽に堕ちる姿って最高だよね!!」

モバP「は、いかんいかん。つい叫んでしまった……」

モバP「今日はこれで最後にしようと思ってたけどもう一人ぐらい見たいな……どうしよ」

ちひろ「プロデューサーさん!?まだ残ってたんですか!?」

モバP「わっひいいいいいいいいいいいいいい!!?!??」

ちひろ「ど、どうしたんですか?そんな奇声あげて」

モバP「い、いえいえ何も!ただびっくりしてしまって……ちひろさんこそまだ残ってたんですか?」

ちひろ「ええ、少しアイドルの資料の整理をしていまして」

モバP「なるほど、資料整理。ちなみに誰を?」

ちひろ「千秋ちゃんですよ、黒川千秋ちゃん。色々と家柄が複雑なもので少し苦労してるんです」

モバP「千秋ですか、確かにお嬢様ですからね。まだかかるんですか?」

ちひろ「いえ、今終わったので帰るところだったんです。プロデューサーさんは?」

モバP「自分もあと少ししたら帰りますよ」

ちひろ「そうですか、じゃあ明かりと鍵閉めとかお願いしていいですか」

モバP「もちろん、やっときますよ。お疲れ様でした」

ちひろ「じゃあお先に、お疲れ様でした。あ、プロデューサーさん週末あいてたら飲みいきませんか?」

モバP「いいですよ、最近飲んでなかったし楽しみにしてます」

ちひろ「ふふっ、じゃあ私も楽しみにしてますね、お疲れ様でした」

モバP「お疲れ様でしたー」

モバP「……」

モバP「黒川千秋」




76: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 00:59:03.69 ID:2+WjPKyT0

[黒川千秋]

「はぁ……」

 ため息をつきながら黒川千秋は歩を進めていた。

「まさか、演奏会にきて迷うなんて……ありえないわ」

 千秋は今日、彼女お気に入りのクラシックの演奏会を視聴する予定だった。
 初めて訪れるコンサート会場ではない。彼女はいつもどおりコンサートホールに向かっているはずだった。
 しかし、いつの間にかまったく知らない場所に出ていたのだ。

「改装の予定なんて聞いてなかったけど……」

 見覚えのない通路をただただ歩く。まさか演奏会に間に合わないなんてことになると大変なことだ。
 彼女は次第に不安になってきた。

(しょうがない、誰か近くの人に道を……)

「!!」

 そこで千秋は初めて自身を取り巻く環境の異常に気づいた。

「だれもっ、いない……!?」

 慌てて後ろを振り返ってみる。

「う、うそっ……」

 先程まで廊下を何度か曲がって歩いてきたはずだった。しかし、今千秋の眼前にはただただまっすぐ続く廊下が広がっていた。




77: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 01:00:22.40 ID:2+WjPKyT0

「な、なにっ、どういうことなの……?」

 一瞬、前後感覚が失われ少しふらつきながら壁に背をつける。

(夢?夢を見て?演奏会も夢?)

 色々な疑問が頭をよぎる。が、その答えが返ってくることはない。

「とりあえず、お約束の行為を……」

 そう言って千秋は頬を思いっきりつねってみる。

「痛い……」

 確かに感じる痛覚。それはこれが彼女の思うものではないことを証明している。

「夢、じゃないというの?とりあえず進んでみるしか……」

 彼女はひとまず前に進んでみることにする。前後どちらも同じ光景だが、進んできた方向感覚ぐらいはある。



78: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 01:01:15.53 ID:2+WjPKyT0

「出口とか全然見当たらないのもだけど、窓もないなんて……」

 見映えの変わらない廊下をひたすら進む。しかし、何も変化は訪れない。

「ちょっと、冗談じゃ済まされなくなってきたわね……あっ、携帯!」

 そこで千秋は漸く自身のバッグに携帯をしまっていたことを思い出した。

「誰かに連絡すればよかったんだわ。もっと早く気づきなさいよ私……」

 自分に悪態をつきながら千秋は期待を込めて携帯を開いた。しかし、

「うそっ……圏外!?ここwifiも繋がってるはずじゃ!?」

 携帯の通信アンテナの部分には大きく×が描かれ、通信ができないことを表す。
 そして千秋はいよいよ自身が何かに巻き込まれつつあることを理解しだす。

「ここは一体、どこなの……?」

 まるで異次元に迷い込んだような、そんな不思議な感覚を千秋が持った瞬間だった。

「――!?」

 千秋は自分が踏んでいる床が輝きだしていることに気が付く。
 その床の光は徐々にその形を露にしていき、千秋は自身が大きな魔方陣の中心にいることに漸く気がついた。



79: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 01:01:50.66 ID:2+WjPKyT0

(まずいっ!)

 直感的に悪寒を感じた千秋は前に駆け出そうとしたが、遅かった。

「きゃあっ!!」

 バンッ!と大きな破裂音と共に強烈な閃光が廊下を包む。



………………



 しん、と静まり返った廊下にはバッグと携帯だけが落ちていた。



………………………………………………
………………………………
………………



80: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 01:02:29.36 ID:2+WjPKyT0

「う、うぅっ……」

 頭を何か鈍器で殴られたような鈍い痛みを感じて千秋は目を覚ました。

「な、なにが、おきたの……?」

 薄暗い空間で千秋はまだ目が慣れてないのか、どんな場所にいるのかも把握できない。

「とにかく、ここがどこか確認を……」

ガシャリ…

「なっ!?」

 しかし、彼女が確認のため動くことは出来なかった。

ガシャガシャ

「く、鎖!?」

 前に進もうとした足と手は大きな鎖で繋がれていたのだ。
 そして、漸く目が暗闇になれてきたのか千秋は今自分がどこにいるかを知ることになる。




81: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 01:03:22.70 ID:2+WjPKyT0

「なによ……ここ、牢屋じゃない!」

 周り三面は石壁、残された面は横に通路が続いているようだが、その前に太い鉄格子が立ち塞がるようにはめられている。
 牢屋に閉じ込められていることに気づいた千秋を強烈な焦燥感が襲い掛かる。

「ど、どういうことよっ!?ちょっと、誰かー!!」

 鎖のぶつかり合う音だけが響く。しばらくの間千秋はもがいていたが、次第に叫び疲れ始めてきた。

「もうっ、本当悪ふざけが過ぎるわ!こんなこと考えたのはプロデューサーじゃないでしょうね!」

 不安もあったせいか、千秋は自身のプロデューサーに怒りをぶつける。しかし彼女の望む人物がその場に現れることなく。

ガシャ、ウィーン……

「ひいっ!」

 その変わり彼女の下から半円柱状のものが下の空間から出てくる。



82: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 01:04:16.12 ID:2+WjPKyT0

「ちょ、ちょっと!なにしてるのよ!?」

 それは千秋の股を広げながら上昇し、彼女の足を地面から少し浮かす程度まで上がってくるとそこで止まる。
 彼女は手と足を鎖で繋がれ、半円柱状のものが下から出てきたために、座り込む形で完全に拘束されてしまった。

「なんて、はしたない……」

 半円柱に跨っているせいか、完全に股は開かれており、言ってしまえばそれは彼女にとって下品でしかなかった。

「どうしろっていうのよ、こんなの……」

 足が浮いているせいで力も入れることもできずに、途方にくれる。
 そんなときだった。

「っ!?」

 ガシャッと音がした瞬間に、千秋は自身が座り込んでいる半円柱の真ん中が少しずつ裂けていることに気がついた。真ん中がぱかっと割れてしまったおかげでまた少しだけ股を開くことになってしまい、誰かが見ているわけではないもののその顔を赤面させる。
 しかし、その顔の赤さはすぐに引くことになる。



83: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 01:05:29.07 ID:2+WjPKyT0

ウィーン…

「ひっ!?」

 ぱかっと割れた半円柱の下からもうひとつあるものが出てきた。

「ま、丸鋸……!?」

 それは見た目は間違いなく丸鋸であり、それが下から出てきて千秋の股にぴったりと固定される。

「いや、いやっ!!」

 千秋は丸鋸が回転を始め自身の股がその刃に引き裂かれる様を想像し、サァッっと血の気が引く。

「やめてっ、お願い!やめてぇ!!」

 こんなところで死にたくない!と彼女は渾身の力で鎖を取ろうとする。
 が、やはり鎖がぶつかりあう特有の騒がしい音が響くだけで意味はない。

ウィーーン

「あ、あああっ……!」

 そして丸鋸は彼女の制止を無視し、無慈悲にも回転を始めた。

チュルッ

「ひうっ!?」

 千秋の思っていた痛みとは全く違う物を彼女に与えながら……



84: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 01:06:43.34 ID:2+WjPKyT0

キュルキュルチュルッ

「ひっ!ああぁっ!な、なにこれっ!?」

 丸鋸に取り付けられているのは刃ではなかった。その代わりについているのはシリコン製の小さなコブだ。

「いやぁ、そんな、ところ、こすらないでぇっ!」

 安心と羞恥心が混じりあったよくわからない感情が千秋を包む。
 丸鋸についていたものが刃ではなかったので、最悪な状況は回避できた。が、今の状況が改善されたわけではない。

「こぶっ、だめぇ!割れ目がっ、やぁん!」

 ぷつぷつとしたこぶは回転を続ける限り、千秋の割れ目に少し食い込み、抜け出し、また食い込み、抜け出しを繰り返される。

(こんな、気持ち良いはずないのにっ……!)

チュルチュル、キュルッ

「あ、いや、とま、って、ひぅ!」

(コブが通るたびに、あそこがどんどん気持ちよく……そんな、私そんないやらしい娘じゃ……)

 千秋の秘所はコブの刺激を受け、しっかりと発情していた。
 しかしそれはただ彼女が感じていたせいではない。コブは彼女の視界の入らないところで機械によって強烈な媚薬が塗りこまれ続けられていたのだ。
 ゆえに回転すればするほど千秋の秘所には媚薬がどんどん塗りこまれ、さらに発情した秘所の垂れ流す愛液のせいかさらに滑りがよくなりはじめ、それは尚更快感の強さをあげていく。キュルキュルチュルッ

「ひっ!ああぁっ!な、なにこれっ!?」

 丸鋸に取り付けられているのは刃ではなかった。その代わりについているのはシリコン製の小さなコブだ。

「いやぁ、そんな、ところ、こすらないでぇっ!」

 安心と羞恥心が混じりあったよくわからない感情が千秋を包む。
 丸鋸についていたものが刃ではなかったので、最悪な状況は回避できた。が、今の状況が改善されたわけではない。

「こぶっ、だめぇ!割れ目がっ、やぁん!」

 ぷつぷつとしたこぶは回転を続ける限り、千秋の割れ目に少し食い込み、抜け出し、また食い込み、抜け出しを繰り返される。

(こんな、気持ち良いはずないのにっ……!)

チュルチュル、キュルッ

「あ、いや、とま、って、ひぅ!」

(コブが通るたびに、あそこがどんどん気持ちよく……そんな、私そんないやらしい娘じゃ……)

 千秋の秘所はコブの刺激を受け、しっかりと発情していた。
 しかしそれはただ彼女が感じていたせいではない。コブは彼女の視界の入らないところで機械によって強烈な媚薬が塗りこまれ続けられていたのだ。
 ゆえに回転すればするほど千秋の秘所には媚薬がどんどん塗りこまれ、さらに発情した秘所の垂れ流す愛液のせいかさらに滑りがよくなりはじめ、それは尚更快感の強さをあげていく。



85: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 01:07:24.07 ID:2+WjPKyT0

「あっ!だめっ、ひ、あああああああ!」

 彼女が達するのは簡単だった。強烈な媚薬はコブの刺激だけですら簡単に絶頂させるほどの効果を持っていた。
 絶頂と同時にプシャッと潮を噴き全身の力が弛緩する。

ギュルッギュルギュル!

「あ、ああああああああああぁぁっ!??!」

 そして、それが仇となり体重を丸鋸にかけたことが彼女をさらに追い込む。

「だめっ!そこっ、だめえええええええ!!」

 秘所と同じように欲情した淫核が丸鋸に触れてしまったのだ。秘所に丸鋸を受ける刺激とは違う、強烈な電流が体中を走ったような感触が千秋を襲い、彼女は背を仰け反らせ潮を噴く。

「いやあ!ああああああ、とまって、とまってえええええ!!」

 丸鋸は媚薬と千秋の愛液を潤滑油にして彼女を責め続けた……


………………………………………………
………………………………
………………



86: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 01:08:03.11 ID:2+WjPKyT0

「はひっ、ひぃっ……」

 気がついたら半円柱状のものと丸鋸、さらに手足についていた鎖もどこかに消えていた。

「はぁっ、はあっ、あ、はぁ……」

 千秋は解放された瞬間、目の前に倒れこんだ。責め抜かれた秘所と淫核はいまだに媚薬の影響で発情しており、だらしなく涎を垂らしている。

「でなきゃ、ここから、でなきゃ……んん!」

 ずりずりと体を引きずりながら鉄格子を目指すが、床と擦れあうだけでも強烈な刺激が千秋を襲い、そのたびにとろりと愛液が流れる。

「はぁ、はぁ、鉄格子、つかまないと……」

 牢屋がそこそこ狭かったのが幸いしたか、千秋は割りと近かった鉄格子を支えにしてやっと立ち上がれた。
 そして、牢屋の扉部分にふらふらと歩いていく。

「あ、開いた……」

 その鉄格子につけられた扉は強固そうで開かないものと思っていたが、何の抵抗もなくあっさりと開く。
 牢屋から出て、薄暗い廊下にでる。そこは奥が見えないほど長く、どこまで続いているかわからない。
 しかし、千秋はその廊下をおぼつかない足取りで歩き出した。

「こんなこと、考えたやつ、絶対ただじゃおかないんだから……」

 ピチャッ、ピチャッと秘所から愛液の滴を垂れ流しながら……



87: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 01:08:29.74 ID:2+WjPKyT0

黒川千秋【探索中】……転移の罠にかかり、性感拷問部屋に転移させられ、高濃度媚薬が滴るシリコン製の丸鋸が取り付けられた半円柱状の器具に拘束された!失神することも許されずに、強烈な快感に泣き叫びながら 4回もイかされ続けてしまった!



88: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 01:09:38.42 ID:2+WjPKyT0

モバP「やっぱお嬢様の乱れる姿はエロい!しかも場所が牢屋っていうのもまたエロさを際立たせるなぁ」

モバP「前は騎士の格好したし、次あんな企画がきたら是非ともお姫様になってもらうか……」

モバP「さて、時間は……10時前、か。あとひとりぐらいいけるか?」

モバP「でも、誰に……」

モバP「そうだ、アイドル名簿があったな」

モバP「これのページを適当に、開くっ!」

『神谷奈緒』

モバP「よし、奈緒!君に決めた!」

モバP「神谷奈緒っと」



89: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 01:10:43.74 ID:2+WjPKyT0

[神谷奈緒]

「おーい!誰かいないのかー?おーーーい!」

 あたりを見回しながら神谷奈緒はやや乱暴に髪を掻く。

「おいおい、いくらなんでも冗談じゃすまないぞ……」

 奈緒はレッスンのためにさっき事務所に着いた。今日のレッスンは彼女の所属するユニット『トライアドプリムス』のメンバーと予定されていた。
 それなりに早めに着いてしまった奈緒は特にすることもなかったので、レッスンルームで準備でもしようと思い、事務所を早めに出る。
 しかし彼女がレッスンルームに着くことは出来なかった。

「なんだよ、事務所にこんな場所なかっただろ……」

 奈緒の歩いている場所は普段歩くプロダクションの明るい通路ではない。

「アニメの世界に迷い込んだじゃないだろうな……」

 そこは石で出来た洞窟のような場所で、奈緒は最近見ているアニメにあったシーンを思い出しながら歩いていた。

「しかし、凄い雰囲気だな。何か撮影に使うために作ったのか?いや、こんな大掛かりな改装が気づかないうちにできるわけも……」

「というか、いつになったら出られるんだよ!どこまで歩いてもずっと同じ風景じゃんか!」

 悪態をつきながらも歩き続ける。

「かれーん!りーん!」

 試しにユニットメンバーを呼んでみるが返事があるわけもなく。

「……もう引き返すか。これ以上奥に行くのもこわ――うん?」

 流石に不安になったのか、奈緒は来た道を引き返そうとした。しかし、奈緒の目にあるものが映ったおかげでその思考は打ち切られる。



90: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 01:11:42.49 ID:2+WjPKyT0

「うわ!?すごいな、これ!」

 それは巨大な魔方陣だった。魔法少女のアニメに夢中になったことがある奈緒にとってその魔方陣は魅力的なものだった。

「おお、描かれてるわけじゃないのか?何か光っているし、どっかから投影してるのか?」

 魔方陣はキラキラと光っており、奈緒はどこからか映しているのかと思いあたりを見回すが投影機らしいものはどこにも見当たらない。

「いや、ほんと不思議な技術だな……あ、そうだ」

 奈緒は魔方陣への中心へと歩き出す。

「一度立って見たかったんだよな、こういう魔方陣の中心♪」

 そして、奈緒は魔方陣の真ん中へ立った。立ってしまった。

「そうだ、千佳と比奈にも教えてやろう!たぶん驚くはず――」

 しかし奈緒が彼女たちにこの魔方陣のことを教えることはできなかった。

「えっ、うわっ!?」

 奈緒の足元の魔方陣が急に強烈な光を発し始めた。

「な、なんだ!?」

 奈緒はあまりの眩しさに腕で目を塞ぐしかできなかった。



91: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 01:12:44.79 ID:2+WjPKyT0

「くそっ、なにがおこって……って!?」

 漸く光がおさまってきたのを確認してから奈緒は目を開けて驚愕した。

「ど、どこだよここっ!?」

 事務所かと思ったらよくわからない洞窟、よくわからない洞窟だと思ったら

「闘技、場か?ここ?」

 奈緒は闘技場の真ん中にひとり立ち尽くしていた。
 そこはローマにあるコロッセオのような場所だった。しかし観客は誰もいなく、ただときたま強い風が吹き荒れ奈緒の髪を靡かせる。

「まさか魔方陣でワープしたのか?え、本当にアニメの世界に入ったとかじゃないよな?」

 奈緒は本来警戒心が強いほうだ。しかし今の状況はアニメ好きな奈緒にとっては好奇心がどうしても働いてしまい、浮かぶはずの疑問も特に気にせずコロッセオの壮観っぷりに完全に魅入っていた。



 そのときだった。

『ふふっ』

「……!」

 奈緒の頭に突然、女性の声が響いた。本当に脳に響くような声だったので、奈緒は聞こえてきた方角がわからずあたりを慌てて見渡す。

「……?」

 そして見つけた。



92: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 01:14:26.52 ID:2+WjPKyT0

『こんにちは、あらあら今日はずいぶんと可愛い子が来たのね』

「可愛いって言うな!あと……あんたはだれだ?」

 奈緒の目の前には女性が立っていた。身長は奈緒よりも高くさらっとした黒髪が腰まで伸びている。
 ただ奈緒の目に映っているのはそこではない。目の前の女性には普通の人間とは違うある特徴があった。

「角?つば、さ?」

 頭にある小さな角、そして背中からは蝙蝠のような黒い翼が生えている。

『尻尾もあるのよ?』

 目の前の女性はそう言いながら、先っぽがハートマークの黒い尻尾を見せ付ける。
 奈緒は漫画の中で彼女のようなものをモチーフにしたようなキャラクターを見たことがあった。そしてそのキャラクターはこう呼ばれていた。

「さきゅ、ばす?」

『大正解♪』

 当てられたことが嬉しいかのようにサキュバスは喜んでいる。対して奈緒の表情は険しい。

(本当にサキュバスなのか……?確かにコスプレというには難しいぐらいフィットしているし作り物には見えないけど)

『全部本物よ?』

「……!?あ、あたし、しゃべって!?」

 いつの間にか思っていたことが口に出ていたのかと奈緒は慌てて口をつぐむがサキュバスはその様子をみて笑っている。



93: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 01:15:24.54 ID:2+WjPKyT0

『違う違う、貴女の心を読んでいるだけよ』

「な!?」

『ついでにいうと、私の発する声も貴女の脳に直接話しているの。だから耳を塞いでも聞こえるし、貴女が口を閉ざしても心の声は聞こえちゃうのよね~』

 笑みを浮かべているサキュバスを警戒の意味を込めて奈緒は睨みつける。

「か、仮にあんたがサキュバスだとして、どうしてあたしをこんなところに……」

『え、どうしてって貴女ここを見てわからないの?』

「ここって、闘技場か?」

『わかってるじゃない。今からここでお互いの身をかけて決闘するのよ』

「け、決闘!?あ、あたしが!?」

『貴女以外に誰がいるのよ』

 しょうがないわね。そう言うとサキュバスは説明を始めた。



………………………………………………
………………………………
………………


「つまり、あたしがお前の責めに耐えれば事務所に帰してくれるんだな?」

『簡単に言うとそうね。貴女はただの人間みたいだし、私もサキュバスだから傷つけあうよりはそっちのほうが貴女にも楽かもね。
 でももしも貴女が堕ちて私のモノになるって宣言したらその時は貴女は私のモノになってもらうわよ
 じゃあ準備はいい?』

「始める前に、ひとつ聞きたいことがある」

『どうぞ?』

「サキュバスって基本的に男を襲うものじゃないのか?」

『私みたいに可愛い女の子が大好きなサキュバスもいるわよ?特に私は貴女みたいな娘の嬌声を聞くのが大好きなの』

「そういうのもあるのか……」

『質問はもういい?じゃあ時間ももったいないし始めましょうか。ちょっとー!銅鑼鳴らしてー!』

「ど、銅鑼?私たちのほかに誰も」

ジャーン!!!

「ひゃっ!」

『私が言えば鳴らしてくれるのよ。じゃあ始めましょうか。次の銅鑼が試合終了の合図だから、まあそれまで必死に耐えて見せなさい。まあ無理だと思うけど』

「くっ」

 奈緒は身構えた。ここから彼女は想像を絶する責めに長時間苦しむことになる。



………………………………………………
………………………………
………………



94: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 01:16:06.29 ID:2+WjPKyT0

(なんだよ、なんなんだよ!)

 サキュバスに対峙しながら奈緒はひたすら悪態をつく。

(知らないうちに洞窟に迷いこんでこんなことになるなんて……くそっはやく引き返しておけば)

『ふふふっ、そういうこと考えていていいの?』

「えっ……わ、わ!?」

 奈緒が考え事に気を取られた一瞬の隙をサキュバスは見逃さなかった。

「あ、あんな距離があったのに!?」

『転移ぐらい簡単よ?』

「あっ……!」

 呆気に取られた奈緒の腰にサキュバスの手がまわり、ぐっと彼女を抱き寄せる。
 サキュバスの透き通るような赤い目に奈緒は一瞬魅入られてしまった。

『まずは一口。んっ』

「んんっ!?」

 サキュバスは躊躇せずに奈緒の唇を奪う。



95: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 01:16:50.28 ID:2+WjPKyT0

(すごい、やわらか……)

「あ、んむっ、ふぁっ」

 サキュバスの柔らかい唇と、甘い匂いは奈緒の脳を官能的に揺らす。

『んんっ、ぷはっ!はい、息整えて?』

「ふぁ、あ、はぁっ、はあ……」

『はい、もう一回。んっ』

「ふっ!?うぁっ、むぅっ!」

 サキュバスの名は伊達ではなかった。接吻のひとつからにしても奈緒はすでに快感に近いものを感じる。

(あ……)

 そして、その中で奈緒は自身の唇にサキュバスの唇以外の別の感触を感じる。

「んん!むぅっ……!」

 それはサキュバスの舌であった。それは器用に奈緒の唇をつついたりその表面をゆっくり舐めまわす。

『口、開けて?』

「ふぁっ!?んむぅっ」

 サキュバスは奈緒の脳に直接語りかけてきた。まさか接吻しながら話しかけられるとは思っていなかった彼女は驚きで思わず口をあけてしまった。

『おりこうさん♪』

「あ、ふぁっ!んむぅ!」

 ジュルジュルと奈緒の脳に舌と舌の絡みあう音が響く。サキュバスは奈緒の舌を簡単に絡め取ると楽しむように口の中を犯し始める。

「は、むっ、んぁっ、はぁっ……!」

 今度は息継ぎをさせてもらえず、奈緒は口内を犯されながら何とか隙間を見つけては苦しそうに呼吸をする。



96: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 01:17:17.08 ID:2+WjPKyT0

『こっちも弄って欲しいでしょ?』

「ふんむっ!?うぅん!!」

 グチュッと音がした瞬間、奈緒はサキュバスの腕の中でびくんと震えた。サキュバスは接吻をしながら奈緒の秘所に手を伸ばし、いやらしい手つきで弄りだす。

「んむ、ひ、ゃぁっ!あんむっ!?」

 スカートの中に手をいれ、下着を器用にずらしすっかり濡れそぼったそこを撫でるように愛撫する。
 たったそれだけの行為なのに、奈緒の秘所は涎をだらだらと垂らし、もっと強い刺激が欲しそうに引くついている。

(だめだ、あたま、ぼーっとして……)

 秘所への責めと休みなしの接吻は奈緒を酸欠に近い状態に持っていく。しかし、サキュバスは責めることをやめない。

『まず一回イっちゃおうか?』

(えっ……あっ!?)

『おまんことお豆さん一緒に弄られると凄い気持ちいいのよ?』

グチュ、クリッ

 脳に直接その声が響いた瞬間、サキュバスの指は奈緒の膣内と淫核を同時に擦りあげた。それと同時に奈緒の体を快感という名の電流が突き抜けた。

「むぐぅっ!?んぁっ!!あ、ぐぅぅうううううっ!?」

 いまだにサキュバスの腕の中で奈緒は強い絶頂を迎えた。

(あ、だめ、いしき、がっ……)

(だめ、おちたら、だめっ――――)



………………………………………………
………………………………
………………




97: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 01:18:08.63 ID:2+WjPKyT0

「ちょっと!奈緒!奈緒ってば!!」

「んぁ……?」

「あ、やっと起きた」

「……か、加蓮?」

 奈緒は重い瞼をあけた。どうやらソファーに寝ていたらしい。そして目の前には頬を膨らませた加蓮が立っている。

「あれ、あたし、なんで?サキュバスは?」

「はあっ?何言ってるの?サキュバス?」

 加蓮は奈緒のその言葉を聴いてにやっとする。

「ははーん?さては昨日徹夜でアニメを見てたなー?レッスンの前日にそんなことするなんて勇気あるねー」

「なっ!?ち、ちがうって!ちょっとなんか夢を……」

「ゆめー?サキュバスの夢を見るなんて奈緒エッチー♪」

「ば、ばかいうなっ!」

 奈緒は顔を真っ赤にして否定する。しかし、加蓮はそんな彼女を見て益々笑うだけだ。

「あーもうっ、いいよっ!別にエ、エッチでも!」

 ついには奈緒はふてくされてぷいっとそっぽを向いて拗ねてしまった。そんな彼女をみて彼女は微笑みながら奈緒の隣に腰を下ろす。



98: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 01:19:03.77 ID:2+WjPKyT0

「ごめん、ごめんて。ねぇ、機嫌なおしてよ」

「知らん!あーあーあー」

 そんな奈緒を見て、加蓮はため息をついて奈緒の肩に手をかける。

「もう、しょうがないなあ……ほら、奈緒こっち向いて」

「なんだよ、なにもらったって……んむっ!」

 奈緒が振り向いた瞬間に加蓮はその唇を奪う。そのままソファーに奈緒を押し倒した。

「な、なにするんだよ!」

「なにって、いつもしてるじゃん」

「し、してるけど、ここ事務所だぞ!?」

「だいじょうぶ、だいじょうぶ、今日誰もいないしさ、それに……」

クチュッ

「ひゃっ!?」

「奈緒だって、こんなに期待してんじゃん」

 そう言いながら加蓮は奈緒の胸をまさぐりながら、秘所をゆっくりとした動作でなぞる。

「だ、だからって……」

「レッスンまで時間あるしさ、大丈夫。ちゃんと気持ちよくするから」

 奈緒の秘所は加蓮の優しい指使いで簡単にほぐされ、愛液を垂れ流す。




99: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 01:19:39.17 ID:2+WjPKyT0

グチュ、ニチュッ

「か、かれん、んっ!ま、まって」

「んー?あー、はいはい」

「んむっ!?」

 加蓮は秘所への弄りを続けながら奈緒に再び接吻する。

「奈緒はキスと私の涎好きだもんねー?」

「ん!?ふ、ぁっ!」

 加蓮の唇から温かい液体が奈緒の口に移される。それは加蓮の涎で奈緒は自身の口内にそれを受け止める。

「んんっ、じゅ、るぅっ!」

「んん、ふぁ、ぷはぁっ……ふふ、そんなに美味しかった?」

「う、うるさいっ」

「あーもー可愛いなあ」

グチュ、グチュッ

「ひやぁ!?か、かれん!急に、うごかしたら、だめだっ、てぇ!」

 そう言って加蓮は秘所に添わしていた指を再び動かし始めた。さっきよりもだらだらと愛液を垂らすそこは加蓮の責めに過敏に反応する。

「奈緒だってきもちいいでしょ?」

「きもち、いいけどぉっ!も、すぐ、凛も、くるか、らぁっ」



100: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 01:20:29.80 ID:2+WjPKyT0

「りん、凛かぁ。まあいいじゃん?」

グチュッニチャ……

「な、なに、いって……!?」

「別にほっとけばいいじゃん。それよりも、2人で気持ちよくなろうよ、そっちのほうがいいって絶対」

「……………」

「ちょっと奈緒?おーい?」

「……ちがう」

「えっ?」

「かれんは、そんなこと、言わない……」

「なに言って……」

「そもそも、私たちはこんな関係じゃないし、加蓮は凛のことをほっとこうなんて言う奴じゃない!」














「あたしの親友をばかにするなっ!」

 奈緒は思いっきり加蓮を突き飛ばした。




………………………………………………
………………………………
………………




101: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 01:21:19.83 ID:2+WjPKyT0

『いやあ、驚いたわー』

「はぁ、はぁ……」

 荒い地面に奈緒は膝を着いていた。目の前には驚いた顔のサキュバスがいる。

『記憶を覗いて、それらしい感じで出せてたと思うんだけど、まさか取り込まれないとはね』

 いやあ、すごいすごい。と拍手するサキュバスを奈緒は鋭く睨みつけた。

「あたしの親友を舐めるな……!」

『幻覚は失敗かぁ』

「もう、終わりなら、はやく、かえせっ……!」

 呼吸を荒くしながらも凄む奈緒だが、サキュバスはまだまだ余裕そうな笑みをしている。

『まさか、もっともっとあるのよ。じゃあ次は……これなんてどう?』

 パチンとサキュバスは指を鳴らす。その瞬間小さな魔方陣がサキュバスの横に描かれる。
 そして、そこからはある人物が現れた。



102: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 01:21:58.57 ID:2+WjPKyT0

「なっ!?」

 そしてその人物に奈緒は目を見開く。

「…………」

 手は手錠で縛られ、サキュバスの持つ鎖に繋がれる形で首輪がかけられているその人物は

「り、凛!?」

「…………」

 虚ろな瞳をしている彼女は返事をしない。

「お、おい、凛、凛なのか!?」

『ああ、そういえば昨日やりすぎたんだったっけ。ほら起きなさい』

 サキュバスが人差し指を凛と思われる人物に近づける。
 パチッと小さな電気が走ったような音がした瞬間、彼女はぴくりと震える。

「あ、うっ……」

「凛!!聞こえないのか!?おいっ!!」

 小さな衝撃で覚めた凛の目は、弱々しくはあるが光を取り戻し、弱ったように顔をあげる。

「あ……っ!な、奈緒!?」

 そして、目の前で膝を突いている奈緒をみて驚いたように声をあげた。

「凛!凛なのか!?」



103: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 01:22:42.14 ID:2+WjPKyT0

「そ、そうだけど……」

 奈緒の問いかけに答えた凛だったが、すぐにその表情を険しくして叫んだ。

「って、そうじゃない!奈緒早く逃げて!!」

「えっ!?」

「こいつと戦ったらだめ!早くどこかに逃げて!」

 繋がれた鎖を揺らしながら凛は叫んでいた。奈緒は突然言われたことに対して困惑を隠せない。

「な、何を言って……!?」

「奈緒!お願いだから、こいつは私たちを――」

『へぇ、あれだけしたのに、まだこんな元気なんだ……』

 凛が何かを叫ぼうとした瞬間、サキュバスが割って入った。その瞳は横で鎖に繋がれて倒れている凛を冷たく見下す。

「ひっ!」

 サキュバスはまた指を鳴らすと凛の周りから太い触手が何本も現れる。

「あっ、いやっ、いやぁ……」

「お、おいっ!やめろ!凛に触るな!!」

『んー?』

 奈緒がそう言うと触手の動きが凛の直前で止まる。



106: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 01:25:16.58 ID:2+WjPKyT0

『だってねー、この娘が変なこと言おうとするから……』

「凛に何をした……!」

『なにって、この娘私のペットなのよ』

 そう言ってサキュバスは凛の首筋に舌を這わす。

「ひゃ、ぁん」

 ただ首筋を舐められただけだが凛は甘い声をあげる。それを聞いて奈緒は怒りの感情が底からふつふつと湧き上がってくる。

「やめろっ!凛がお前のペットなわけあるか!早く離せ!!」

『この娘を返して欲しい?』

「そもそも凛はお前のものじゃない!!」

『そうねーじゃあ次はこれでいこうかしら』

 パチンとまたサキュバスは指を鳴らす。すると奈緒の目の前にうねうねと一本の触手が生えてくる。

『それで、オナニーしてイったら返してあげる』

「お、おなっ!?」



107: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 01:26:31.64 ID:2+WjPKyT0

「奈、緒……したがったら、だめ……!」

 凛は荒い呼吸を続けながらも奈緒を止めようとするが

『貴女は黙ってなさい』

 サキュバスはそれを制止する形で凛の周りの触手を彼女に纏わり着かせる。

「あっ!ごめ、ごめんなさいっ、やめてっ、もう、いや、イクのいやぁ!」

「やめろって言ってるだろ!これを使って、お、オナニー、すればいいんだろ!?」

 奈緒は声を荒げる。それと同時に凛の周りの触手は動きを止める。

『ええ、そしたらこの娘は返してあげる』

「くっ……」

 目の前にある触手を奈緒は見る。ただの触手の形ではなく、途中途中に傘のような返しがついている触手だ。
 奈緒は恐る恐る粘着質な液を出す触手をつかみ、それを秘所にあてがう。

ツプッ…

「ふ、あぁっ!」

 秘所はいまだにしっかりと濡れており、触手はスムーズに飲み込まれていく。

グプッ、グチュッ

「ひっ、ぁあっ!」

『気持ち良いでしょ?こっちの世界じゃ今大流行してるのよ』

「だ、まれっ、ひゃあっ!」

 あっという間に触手は奈緒の最奥に到達し、子宮の入り口をぐにぐにと刺激する。




108: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 01:27:57.51 ID:2+WjPKyT0

「ふぁっ、ひぐっ、ああああああぁぁっ!」

 歯を食いしばって奈緒は刺激に耐えるが、子宮口まで責められたことがあるはずもなく未知の快楽に耐えることができずあっけなく絶頂する。

「はひっ、はひっ、こ、これでいいんだろ……!?」

 しかし、サキュバスはにやにやと笑いながら言う。

『その触手はね、使っている人が"ちゃんと"絶頂したら射精するのよ』

「しゃ、しゃせいっ!?」

『ああ、妊娠はしないわよ?ただ気持ちよさを求めるためのオプションなの。
 今、触手は射精してなかったわよね?だから、まだイってないのよ』

「そ、そんな馬鹿な話がっ!!」

『別にいいわよ、この娘はまた持って帰るだけだから』

「ぐっ……」

 いまだに膣内で蠢く触手に耐えながら奈緒は悔しそうに俯く。

「奈緒……」

 しかし心配そうに見つめる凛に、顔を上げて笑みを見せる。

「絶対助けるから、待ってろ……」

 そして再び奈緒は触手を使って自慰を始める。奥まで到達していた触手を掴み、一度戻すために引く。
 しかし、奈緒は忘れていた。自身の中に入っている触手の形状が傘型であったことを。



109: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 01:28:40.45 ID:2+WjPKyT0

グッチュ、カリカリカリガリ

「ひ、ゃあああああああああああ!!?!?」

『ああ、言い忘れてたけどその触手ね、引くときが最高に気持ちいいのよ』

 傘の部分は返しになり、膣壁を遠慮なく擦りあげる。Gスポットも含め奈緒の敏感な膣壁を一度に擦られ彼女はまたもあっけなく絶頂する。が、射精はされない。

「はひーっ、はひー……」

「奈緒!」

「だい、じょぶ、だから、大丈夫、だいじょう、ぶ……」

『早く射精されないとつらいだけよー?』

「うるさ、い、だまれっ……」

 奈緒はそういうと再び奥まで触手を挿入する。

グプッグププッグチュッ!

「ひ、ん!ぐ、ぅぅぅっ」

 そして、引く抜く。

グチュ、カリカリガリ!

「あ、ひゃぁああああん!!」

 そこでサキュバスが、気づいたように声をかけた。

『おっ、次奥までいれたら射精するみたいよ?』

「く、くそ、くそおおおおおぉ!」

 奈緒は力を込めて触手を自身に突き刺した。

グププッ、グチュッ!

「あっ、ああっ!」

 触手は子宮口にぴったりと密着し、その中にビュルッと精液を吐き出した。

「ああああああああああぁっぁぁぁぁっ!!!!!」

 熱い精液が子宮に満たされていく感触と衝撃で奈緒は何度も絶頂した。




110: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 01:30:01.92 ID:2+WjPKyT0

「あ、ああっ……ああああ」

 奈緒は倒れた。あまりの快感に耐えることができず口からはだらしなく涎を垂らし、秘所からは先程吐き出された白濁の液体が溢れ出す。

『ふふっ、やっとできあがったかしら』

 サキュバスはパチンと指を鳴らすと、凛は煙に包まれ消えた。

「あ……?」

『貴女も少し疑っていたようだけど、今回も偽者なの。すごいでしょ、私ほどになると記憶から造ることもできるのよ?』

「じゃ、じゃあ凛は……?」

『あんな娘知らないわよ。貴女の記憶から造ったんだから』

「そっか……」

 奈緒は凛が偽者であったことにむしろ安心していた。

(凛がひどいことをされてなかったなら……)

『…………』

 サキュバスはそんな奈緒の心を覗き少し驚いていた。

『ここまでされて堕ちない人間がいるなんて……貴女よっぽど精神が強いのか、それともよっぽどのお人好し?』

「どっちだって、いいだろ……」

 奈緒は倒れていた体をふらふらになりながら起こした。



111: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 01:32:03.12 ID:2+WjPKyT0

「もう、ないなら、かえせっ……あたしの勝ちだろ?」

『ふぅ……そうね、うん、決めた』

 サキュバスはパンと手を叩き言った。

『貴女私のペットにしてあげる』

 その言葉に奈緒は驚愕するのを隠せない。

「な、なにいって!?耐えたら勝ちなんだろっ!?」

『試合終了の銅鑼がなるまで耐えたら勝ちよ。最初に言ったでしょ』

『それよりも誇っていいわよ。私、人間の女の子はよっぽど気に入らないとさっさと堕として触手の苗床にして終わりなのよ。
 だけど貴女は気に入っちゃった。ペットにしてこれから毎日ずっと貴女の全身を弄って犯しつくしてあげる』

「ふ、ふざけるな!ペットなんて、誰がっ!」

 パチン、と指がなる。

「うわっ!?」

 立ち上がっていた奈緒の後ろから巨大な触手の柱が生え、さらにそこから普通の触手が奈緒の手を絡めとり、後ろ手に拘束する。
 そしてサキュバスは余裕をもって奈緒の目の前まで歩いてくる。




112: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 01:33:21.90 ID:2+WjPKyT0

「は、はなせっ!このっ!」

 奈緒は体を揺らし抵抗するが、体力はなくなる寸前まで消耗し、触手もぬめりを帯びているせいかほどけるどころか動きもしない。
 サキュバスは奈緒の顎を指でつまむと、くいっと自身にその顔を向かせ、キスをする。

『今までは魔法を使ってきたから、ここからはサキュバスの技を見せてあげる』

「絶対に、屈さない……お前のペットなんかなるもんかっ」

『ふふっ、じゃあそんな奈緒ちゃんにいいこと教えてあげる。最初、加蓮ちゃんだっけ?あの子とキスして涎をもらったでしょう?あれは幻覚だけど幻覚じゃないの』

「…………」

 奈緒の脳に加蓮と交わった情景が浮かぶ。

『そして、凛ちゃん?のときの触手。あれね、オナニー用の道具じゃなくて私の使役する触手なの』

 奈緒の脳に凛に見られながら自慰にふけった記憶が蘇る。

「…………」

『本人が一番わかっているわよね?涎も精液もとっても強力な媚薬だってことぐらい』

『本当は疼いて疼いてしょうがないんでしょ?こんなふうにねっ』

 そう言ってサキュバスは

「ひ――――――」

 奈緒の膣に長い指を入れ込み、途中で思いっきりその指を曲げる。
 ガリッという音と共に奈緒の全身を電流が流れる。




113: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 01:33:53.47 ID:2+WjPKyT0

「あ、が――――!!!!!!!!」

 声にならない叫びを上げながら奈緒は思いっきり潮を噴く。

『サキュバスって凄いでしょ?相手の気持ちいいところが一発でわかっちゃうんだから』

 チュポッと音を立てて指が抜かれる。

「はぁ、はっ、ぁ!はぁ!」

 突然の衝撃と絶頂に、息が止まってしまい、奈緒は空気を取り込むために荒れた息を繰り返す。

『たっぷり、イジメてあげる』

「――ひっ!」

 奈緒は初めて恐怖した。彼女の周りから何本もの触手が現れ、サキュバスはその触手と共にゆっくりと奈緒に近づいてくる。

「くるなっ!いやっ、いやああああああああああ!」

 奈緒の絶叫がコロッセオにむなしく響いた……




………………………………………………
………………………………
………………




114: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 01:35:56.94 ID:2+WjPKyT0

「やら、もぅ、やらあっ!いきだぐなぃいいぃいいい!!!」

『ふふっ、この触手は凄いでしょ、子宮までついたら柔らかい棘を周りに生やして回転するんだから』

「ひっ、あ、あああああああああぁぁぁ!!!」

 サキュバスの責めはひどいものだった。口に触手を銜えさせ媚薬の再投入をした後は、ひたすらに指や触手を使って奈緒を壊していく。

「も、う、ゆるしてぇっ、ゆるして、くだしゃいぃっ!!」

 触手を膣に入れ込み、ピンと張った淫核を指を使って擦りあげたり、長い爪を利用してその裏側を引っかいたりする。
 そのたびに奈緒は体を震わせながら絶頂し、潮を噴出し、放尿する。
 そんな奈緒の顔は先程までとは打って変わり、ぐしゃぐしゃに崩れ、涙に鼻水に涎と、最悪なものであった。
 が、今の彼女はそんなことに気を使う余裕もないほど快楽の波に溺れていた。

『流石にもういいかしら』

 サキュバスは奈緒を責めている触手を止める。

「あっ、なん、でっ」

『んー?もっとして欲しかったかな?』

「あ、ちが、うっ、そ、そんなわけ、ない……ぜったいない……」

『そっか、そっかー。じゃあ奈緒ちゃんにここで提案!』




115: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 01:37:14.12 ID:2+WjPKyT0

「てい、あん?」

『そう!さっきペットにする。なんて言ったけどあれは無し!』

「……えっ?」

『ここまで、責めに耐えられたことも凄いしね、それなら友人として私の家に来ない?』

「ゆう、じん……?」

『そう、友人。しばらくしたらちゃんと元の場所に帰してあげるしさ。悪い話ではないでしょ』

 奈緒の心が歪んだ。

(ゆうじん、ゆうじんなら、ちゃんと、かえしてくれるっていうし……)

『それに、家にくればもーっと気持ちいいことできるのよ?』

「ひうっ!?」

 そう言うとサキュバスは奈緒に抱きつき、人差し指を自分の口に咥え唾液をたっぷり塗りつけた後、その指で奈緒の菊門の周りをゆっくりなぞり、つぷっと入れ込んだ。。

「あ、ああっ!」

 それだけで奈緒は軽く絶頂を向かえ、ピュッと弱く潮を噴く。

『お尻用の触手もあるのよ?丸い球が繋がっていてね、お尻の穴に入れて振動して気持ちよくなった時に思いっきり引き抜くの』

 その刺激を想像しただけで奈緒は体に快楽が走る。



116: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 01:38:07.06 ID:2+WjPKyT0

『尿道用の微細な触手もあるわよ。放尿するたびにイってみたくない?』

(……イキたい、イってみたい)

 奈緒は新しい刺激に自身が期待していることに気づいていない。

『なんだったら、耳でも鼻でも、口でも、お臍でも、いいえ、もう全身で絶頂させてあげてもいいわよ?もう滅茶苦茶になるほど気持ちいいんだから、それこそ一日中ずっとイかせ続けてあげる……』

(ああ、きもちいいんだろうなぁ、きっといまのよりずっと……ずっと……)

 サキュバスは菊門に入れた指を出し入れしながら、もうひとつの指を膣に入れ込み、その指を曲げてピンポイントにGスポットを擦りあげる。

「ひゃ、あああああああああぁぁぁぁんんんっ!!!!!!!!」

 びくびくっと痙攣し秘所からは洪水のように愛液を垂れ流しながら奈緒はがっくりと項垂れる。呼吸も小さくなり衰弱していた。

『だから、今だけ言おう?「私はサキュバス様のペットになります」って。そしたらここから出れるし、私の家にもいけるから、ね?』

 奈緒はもう思考できなかった。快楽に支配されきった体は新たな刺激を求めるために勝手に行動する。

「あ、あたし、は……」

『うんうん』

「さきゅ、バス様の……ペットに」

 にやりとサキュバスの口元が歪む。




117: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 01:38:42.40 ID:2+WjPKyT0

ジャーン!!ジャーン!!

「――!?」

 しかし、それは強烈な銅鑼音によって防がれた。

『……うそでしょ、あとちょっとだったのに!!もう、最悪!!』

 銅鑼が鳴り終わった瞬間、サキュバスは消え去った。それと同時に奈緒を縛り付けていた触手も消える。

「うぐっ」

 びちゃっと地面に倒れこむ。荒れた土で出来ていた地面は奈緒の液やら触手の分泌液やらでそこだけ沼地のようにぬかるんでいた。

(だめだ……たて、ない)

 奈緒は腰が完全に砕けており、立ち上がることができずただ倒れ伏せて

(すごい、ねむ、い……いしき、が――――)

 そこでぷっつりと意識を失った。



118: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 01:39:22.06 ID:2+WjPKyT0

神谷奈緒【探索中】……転移の床を踏んでしまい、闘技場に転送させられた!レズサキュバス(LVカンスト)と戦闘になり、エッチな技や魔法で遊ばれ、快感に完全屈伏しても理性がトんでも止めてもらえず、18時間もの間イかされ続けた…



119: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 01:40:10.02 ID:2+WjPKyT0

モバP「なが!?18時間も犯され続けたの!?って、まあ想像の話だから当然か」

モバP「にしても、奈緒の必死に耐える様も堕ちそうな様もエロかったな……」
モバP「さて、今日はこれぐらいで、って」

時計【12時をお知らせします】

モバP「もう12時か!?日を跨いじゃったの!?やばっ、流石に帰らないと……」

モバP「また明日、来たらやろう……!」



120: ◆JfOiQcbfj2 2016/02/29(月) 01:44:10.42 ID:2+WjPKyT0

読んでいただきありがとうございました。
いまさらですが、診断メーカーの結果から自分の想像というか妄想で書いているのでこれじゃない感があるとは思いますが、ご容赦ください。
というわけで次はいつかけるかわかりませんが、見ている方がいらっしゃれば↓3ぐらいにモバマスのアイドル名を書いてもらえるとありがたいです。

とりあえず、今回はここまでです。ありがとうございました。



121: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/29(月) 01:44:15.45 ID:3GfdWd9No

南条光



122: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/29(月) 01:44:16.14 ID:LqmC50UDO

新田美波



124: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/29(月) 01:44:21.44 ID:uPyzo2uDO

前川みく



144: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/02(水) 00:16:25.52 ID:LZ9rPZnN0

モバP「おはようございまーす。ってこんな朝早かったら誰もいるわけないか」

モバP「まあ、それが狙いだったんだけどな。パソコン起動!」

モバP「さてさて、今日は誰を入力するかだが。そうだ、今日朝一番で来るアイドル……」

モバP「光のレッスンか。今日日曜日だからそろそろ張り切って早起きしてるんだろうなぁ」

モバP「…………」

モバP「南条光」



145: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/02(水) 00:18:07.91 ID:LZ9rPZnN0

[南条光]

 彼女はピンク色の光を発する床にうつぶせに倒れていた。

「ぐっ、ああっ」

 その目は何かに耐えるようにキッと鋭いが、時折情欲に囚われたかのようにその瞳が揺らぐ。

(なんで、あたし、こんなことにっ……)

 ピンク色の床が輝きが増す。

「あっ!ああぁっ!」

 その床の輝きを浴びた彼女は、体を内側から焼かれるような感触を受け、その体をのたうちまわせながら身悶える。

「は、ひっ!ひぃ……!」

 口の端から涎が垂れるがそれを拭う余裕は今の彼女にはない。

「く、そっ……はやく、ここから、でないと……」

 ずり、ずりっと地を這いながら光はこの"特殊な床"の上から少しずつ動き始める。

「ひゃっ、ひっ!」

 地面と摩擦するだけで、光の体にはあまり経験することのない快感が駆け巡る。
 その快楽に頭を朦朧とさせながら、光は何故こんな状況になってしまったのか、ぼんやりと思い出していた。



………………………………………………
………………………………
………………



146: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/02(水) 00:19:52.46 ID:LZ9rPZnN0

「じゃあ、南条さん準備の方お願いしまーす!」

「はいっ!今日はよろしくお願いしますっ!」

 テレビスタッフの声掛けに反応して、光は前に踏み出す。

「大丈夫か?」

 心配そうに声をかけるプロデューサーに彼女はとびきりの笑顔で答える。

「大丈夫、大丈夫!毎日運動だってしてるしさっ。この企画はアタシ向けだって!」

 そう言いながら彼女はスタジオに設置された巨大な門の前に立つ。
 彼女が準備できたのを確認したスタッフは収録開始のカウントダウンを始める。

「開始までー、5、4,3、2…………」



147: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/02(水) 00:22:33.72 ID:LZ9rPZnN0

「スタジオにお越しの皆様!それとテレビの前の皆さん、こんばんはー!」

 司会役の女性のはきはきとした声がスタジオに響く。

『こんばんはー!』

 収録スタジオにいるたくさんの観客がそれに応える形で収録はスタートした。

「さあ、今週のダンジョンチャレンジのお時間です!まず今週の勇気あるチャレンジャー……」






「今をときめくヒーロー系アイドル、南条光ちゃんです!!どうぞっ!!」

「みんなー!よろしくー!!」

 台本どおり、光は大声で笑顔を振りまきながら観客に手を振る。

『きゃああああー光ちゃーん!』
『がんばれー!』
『応援してるぞー!』

 観客の声援を受ける光を確認して、司会者は再びマイクを握る。



148: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/02(水) 00:25:26.82 ID:LZ9rPZnN0

「さあ、毎度恒例となりましたが、ルール説明をさせていただきます。
 ダンジョンチャレンジはスタジオに作られたダンジョンの中をいかに早く脱出できるかを競います!
 数多のトラップを潜り抜け、複雑な迷路を抜け出し、無事ゴールするとそのタイムに応じて豪華な賞品が贈呈されます!
 なお、制限時間はありませんが、ギブアップ宣言をした段階でチャレンジは失敗とみなされます。
 それでは今回のチャレンジャー南条光さん!意気込みをどうぞ!」

「はいっ!前からこの番組には出たいと思っていたかったので嬉しいですっ!
 ヒーローの力で困難なダンジョンを越えてみたいと、いやっ、越えてみせます!」

 そう言って、握りこぶしをつくり天井に向けて高く突き出し掲げる。観客のボルテージは益々あがり、割れんばかりの歓声が光に向けられた。

『わあああああああああ!』

「素晴らしい意気込みでした!では門を開きます!オープーン!!」
 
 司会者が合図をすると、大きな鈍い音を立てて門が開いた。その先は暗く、光は少しだけ畏怖するがぶんぶんと首を振り、弱気を追い払うとぐっと身構えた。

「それでは、『ダンジョンチャレンジ』いま、スタートですっ!!」

 パァン、と空砲がなった瞬間、光はダンジョンに駆け出した。その背に観客の声援を受けながら……



………………………………………………
………………………………
………………




149: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/02(水) 00:29:38.50 ID:LZ9rPZnN0

「ふぅっ、だいぶ走ったけど、本当広いな。少し足を緩めよう……」

 最初こそ全力で駆け出した光だったが、ゴールまでの距離がわからないこともあってか体力温存のために走りを早歩きに変える。

「迷路は複雑だけど、トラップにも気をつけないと……」

 薄暗い通路の中を必死に目を凝らしながら強い警戒心を持ちながら慎重に進む。

 カチャ…

「っ!?」

 その警戒心が功を奏した。
 普段から特撮ものを見ていた影響もあったのか、頭上から聞こえた異音に光は確認よりも先に後ろに飛び退いた。

 プシューッ!

 そしてその場には謎の紫色の煙が噴出される。

「あ、あぶなっ……」

(でも、今の少しヒーローみたいだったかもっ)

 立ち上がり、服についた埃をはたき落としながら、今のアクションを振り返り満足気に鼻を鳴らす。

「よし、この調子でゴールを目指すぞっ!」

 調子をよくした光は、歩きを駆け足に変えて再び走り出した。

 しかし、彼女の調子の良さはここで途絶えることになる。



150: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/02(水) 00:35:26.38 ID:LZ9rPZnN0

光が床トラップに引っかかったのは煙トラップを抜けてからすぐだった。

 煙トラップを抜けた彼女は張っていた警戒心を少しだけ解く。それは、トラップのすぐ近くに別のトラップがあることはないという考えと鮮やかに煙トラップをかわしたことからくる高揚感のせいだった。

 しかし、それは完璧な思い違いであった。

 光が走りだしたまさにその一歩目、彼女が勢いよく踏み抜いたその床は急に輝きだす。
 走り出したのがまずかったのか、彼女はその床に気づきはしたが、すぐに飛びのくことが出来ない。

「あ、まずっ」

 そして、彼女は唐突に体全体が弛緩する感触とともがくっと膝をつき、その床に倒れこんだ。
 その床は輝きを徐々に増しながら光に襲い掛かった。



………………………………………………
………………………………
………………



 ブーンという聞き慣れない音と同時に床のピンク色の輝きはどんどん増す。

「あ、ぐっ、あつ、あつ、いぃっ!」

 その床は『性感超増強床』と呼ばれるものだった。
 実際に彼女がその言葉を耳にしてもおそらく理解できず、疑問符が返ってくるだろうその床の効果は、乗っている者の性感を刺激し無理やり限界まで引き上げてしまうという凶悪なものであった。



151: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/02(水) 00:39:47.44 ID:LZ9rPZnN0

「し、しらな、い、こんなの、しらな、いぃっ!」

 彼女もアイドルという立場を持つがそれと同時にただの14歳の少女でもある。年相応の性知識はあるし、自身を慰めることだって何度か経験している。
 しかし、今の彼女にもたらされている快感は自慰のように外から来る快楽ではなく、体の中心から熱い波が全身に押し寄せるような、それは、間違いなく彼女が今まで感じたことのない経験だった。

「やだっ、やだぁ、ぷろでゅ……っ!」

 未知の快楽を受け、光はつい信頼している者に助けを呼びそうになったが、慌てて口を手で抑えた。

(だめ、だめっ!これ、収録されて、いるんだっ。ちゃんと、りあくしょん、とらなきゃ……)

「……ま、まけない、こんな、へんな、のにぃっ」

 光のアイドルとしての根性は強かった。

 体は発情しきっており、だらだらと涎を垂れ流しているであろう秘所を光は今すぐにでも慰めたい。
 しかし、その思考を抑えることができたのは、自分を見ているはずの観客やテレビの前にいる人々の姿が思い浮かんでいたからだ。



152: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/02(水) 00:48:06.70 ID:LZ9rPZnN0

(ひーろーは、まけないっ、こんなもの、すぐぬけてっ……)

 ズリッズリッっと床を這いながら、光はゆっくりとだが腕の力を使い少しずつ少しずつ前へ進む。

「はーっ!はーっ!ああっ、ぐぅ!」

 少しでも気を緩めてしまうと、浮かしていた体が地面と接触し、擦れそこから強烈な快楽が光に襲い掛かる。

(あついっ、あついっ……胸も、股のところも、なんでっ……?)

 床の効果で光の体は完全にできあがった。

 14歳の成長途中の体は強い刺激を求め熱を持ち、同年代の中では明らかに大きい胸は服と擦れあうだけでも弱い電流が流れるような刺激を光に与える。
 その胸についている乳首も刺激からかビンビンに膨らみ勃ち、こちらも服と擦れるたびに光に強い快感を与え、彼女の体を震わせる。

 しかし、なによりもひどいのは秘部であった。

 発情しきった秘唇は愛液でぬらぬらと濡れ、未発達な淫核は年不相応に勃起している。



153: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/02(水) 00:56:45.65 ID:LZ9rPZnN0

(さわりたいっ、さわりたいよっ)

 光の顔は14歳の少女のものではなくなっていた。

 欲情しきった彼女の瞳は情欲に染まり、口から涎を垂らす姿は、年に似合わぬいやらしさを醸し出している。

 ズリッズリュッ…

「あ、ああっ、あああああああっ!!」

 体が床と擦れるだけの刺激で小さな絶頂を何度も繰り返し、光はびくびくと体を震わせながらも少しずつだが進む。進む。

 ズリッズリッ…

「はあっ、はあっ、は、あっ……あぁっ!!」

 光は絶頂を繰り返すたびに何度も立ち止まりそうになっていた。進むのを諦め、この床の上で淫らに乱れる自分が脳に勝手に想起され、そうなってしまってもいいじゃないかという悪魔の囁きが強く聞こえる。

 しかし、それに負けずに進み続けた彼女に希望が見えた。

「あっ、ふっ、ふつうのゆかっ」



154: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/02(水) 01:03:43.97 ID:LZ9rPZnN0

 光の眼前には輝く床と普通の床の境目が見えていた。

 彼女は最後の力を振り絞り体を前に投げ出した。空中に投げ出した体は特殊床と普通の床の境目を越え、地面に激しく衝突する。

 ズシャアッと音を立てて、地面と擦れた彼女を襲ったのは痛みではなく今までで一番の快楽の雷だった。

「あ、ああああああああああああっ!!!」

 プシャッと小さく潮を噴いて彼女は倒れこんだ。

「あっ、はあ、はあ、はあ、はあ!」

 そして、荒い呼吸を繰り返し、冷たい空気を取り込むと先程まで体を支配していた熱が嘘のように冷めていく。なおも激しい呼吸をずっと繰り返し、光は漸く体が落ち着いてくる。

「……そ、うだ。ゴール、めざさ、ないと」

 さっきまで光は自分がどのように乱れていたのか、もうよくは覚えていなかった。それぐらい床の催淫効果は凄いものであった。
 強烈な熱は引いたもののいまだに発情している体を弱々しく起き上がらせ、光はおぼつかない足取りで進み始めた。

 あるのかもわからないゴールを目指して……



155: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/02(水) 01:04:26.23 ID:LZ9rPZnN0

南条光【探索中】……性感超増強床だ!クリと乳首が限界まで勃ちあがり、お腹の奥も熱い!(『催淫』or『淫紋』or『超感度』 の場合5時間に及ぶ激しい自慰の末、失神してしまう。)



156: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/02(水) 01:06:35.19 ID:LZ9rPZnN0

モバP「こんな番組あったら視聴率爆上げどころじゃないだろ!みたい!すごいみたいぞおおおおおお!」

モバP「まあ、ありえないけどな……仮にこんなことやらせたら俺の首も爆発待ったなし!妄想だから許される!」

ガチャ

光「おはようございます!あ、プロデューサーおはようっ!」

モバP「おう、狙ったかのようなタイミング!おはよう」

光「いやぁ、今日のライダーも最高だった!プロデューサーは見た!?」

モバP「おれ、早朝出勤だったから……」

光「あ……ごめん」

モバP「なんてなっ!録画してるから帰ったらじっくり見てやるぜ!」

光「おおっ!じゃあ、今度たっぷり話そうっ!約束だぞっ!じゃあレッスンいってくる!」

モバP「おう、がんばってこい!」



モバP「明るくていい子だなぁ……あんな子があんな姿を……」



157: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/02(水) 01:07:28.06 ID:LZ9rPZnN0

モバP「流石に仕事中あのページを見るわけにはいかない。とりあえず昼休みまで我慢だ……」

美波「あのプロデューサーさん、お茶をどうぞ」

モバP「おう、ありがと……って、あれ?美波?ちひろさんは?」

美波「今日ちひろさんお休みの日でしたから、ちょうど手が空いていたので淹れたんですが」

モバP「あ、そうだったっけ……美波は気が利くなぁ」

美波「そんな、ただ偶然気づいただけだったので。じゃあ、お仕事頑張ってくださいね。あ、無理はだめですよ?」

モバP「おっけーおっけー、美波も体調には気をつけるんだぞ」

美波「体調管理もアイドルの仕事、ですから。心配いりませんよ。それでは失礼します」

モバP「おうっ、ありがとうなー」

モバP「新田美波、か……大学生ながらにしてあの大人顔負けの雰囲気が最高だな」

モバP「よし」


――――昼休み


モバP「飯を食う暇も惜しい!」

モバP「新田美波、と」




159: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/02(水) 01:13:48.03 ID:LZ9rPZnN0

[新田美波]

 新田美波は女子寮を訪れていた。

「なんだろう、アーニャちゃん。急に呼び出すなんて……」

 そう言いながら携帯を開き、アナスタシアから届いたメールをもう一度確認する。

 このメールに美波が気づいたのは彼女がレッスンを終えてからであった。
 その内容は非常に簡素で『部屋で待ってます』という一文だけで終わっていた。

「もう、ちゃんとメールには用件を書いてね。ってこの前言ったばかりなのに……」

 そう言いながら、美波は女子寮の廊下を歩く。

(今日は珍しく誰ともすれ違わないけど、皆お仕事なのかな?)

 時間が4時前であることも踏まえて、きっとまだ帰ってないのだろうと納得し、美波はアーニャの部屋の前に立つ。

「アーニャちゃん?きたよー?」

 コンコンと部屋をノックして彼女を呼んで見るが、返事はない。

「……?アーニャちゃん?いないの?おーい、あれ?」

 もう一度ノックするがやはり返事は返ってこない。

「……食堂かな?まさか留守じゃないと思うけど」

 一応部屋のドアノブに手を掛けて見る。鍵がかかっていると思っていたそれは

「あれ?」

 なんと鍵がかかっておらず、あっさりとドアは開いた。

「アーニャちゃん、いくら寮だからって無用心すぎるよ。今度教えてあげなきゃ……」

 そう思い、鍵が開いたままの部屋を放置するわけにもいかないので、美波はその部屋に足を踏み入れる。

「――!?」

 しかし、その部屋の中に入った瞬間、美波は驚愕し目を見開く。

「な、なにこれっ!?」

 女子寮の部屋は一人暮らし用なのであまり広くは取られていない。
 しかし、呆気にとられる美波の眼前に広がる光景はその常識を打ち破っていた。



160: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/02(水) 01:18:51.98 ID:LZ9rPZnN0

「ど、洞窟っ!?」

 それはまさしく、美波の言ったとおりの光景で、奥が見えないほど長い洞窟が続いていたのだ。

「な、なにが、おこって……、ここって一階じゃないよね……いや、一階だとしてもこんな空間があるはずないよ……」

 美波がアーニャの部屋がある階を間違えるわけはない。

「と、とりあえず、外にでて、誰か呼ばなくちゃっ!!」

 混乱する美波は一度部屋を出るために振り向く。しかし

「そ、そんなっ!!」

 後ろを振り返ると、そこにはもうアーニャの部屋のドアはなかった。

「…………っ」

 美波はひとり、謎の洞窟で放心したように立ちすくんでいた。



………………………………………………
………………………………
………………



「アーニャちゃーん!いたら、返事をしてー!アーニャちゃーん!」

 美波は声を張り上げながら洞窟を進んでいた。アーニャの部屋がここに繋がっているとしたら彼女も自分と同じように巻き込まれている可能性があると思ったからだ。

 しかし、洞窟に響くのは美波の声だけで、他には物音ひとつ聞こえない。

「何か薄気味悪いし、アーニャちゃんもだけど出口も見つけなきゃ……」

 あたりを見渡しながら美波は慎重に進む。足元がよく見えないほど薄暗いのだ。
 そんな状況だったので、ずっと不安げな表情を美波はしていたが、ある物を感じた瞬間その顔がパッと明るくなった。

「……風っ!」

 それは、一瞬だけ美波の顔を触った風だった。

「こっちから、だったから……このまま歩けばどこかに、出れるってことよね」

 少しだけ早歩きになった美波は洞窟を進みだした。時折感じる風だけを頼りに確かに前に進んでいたのだ。



161: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/02(水) 01:22:42.62 ID:LZ9rPZnN0

 そして、ついに……

「あっ!」

 彼女は扉を見つけた。どうやらこのドアの隙間から風が吹いていたらしい。
 そしてそのドアの隙間から光が漏れているのを見て美波は出口に続いているのではないかと期待してその扉を開く。しかし

「……ここ、は?」

 そこは出口ではなかった。扉のさきは今まで歩いてきた洞窟よりも広く円形状の構造をしており、まるで大広間のような空間を形成していた。
 そして照明器具はないが、今まで歩いていた道よりは遥かに明るい。どうやらこの明かりが扉から漏れていたようだ。

「出口、じゃないの?」

 その事実に美波はがっくりと肩を落とすが、その大広間の先にも扉があることに気づく。

「風はあそこから?だったらあの先が、出口?」

 あたりを見渡して見るが、他に扉は見当たらない。美波は部屋を突っ切るように歩きだす。
 そして、彼女が部屋の中央に来た瞬間だった。



162: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/02(水) 01:26:46.69 ID:LZ9rPZnN0

カチッ

「えっ?」

 時計のような音が小さく聞こえた瞬間、美波の足は何かに思いっきり蹴躓いた感覚を受ける。

「きゃっ!?たお、れっ……!」

 蹴躓いたと思った美波は、次に地面に倒れ込む自分を想像し、そのこけたときにくる痛みに耐えるため反射的に目をぎゅっと閉じる。

 しかし

「…………あ、れ?」

 その痛みの衝撃は美波に来ない。。

「こけて、ないっ?」

 美波は視線の高さが躓く直前と同じであることを目を開けて確認する。

「えっ?なに、何に躓いて……?」

 色々と疑問はあるがとりあえず蹴躓いた何かを確認するために美波は首を曲げ足元を向けようとした。

「……??」

 しかし、その視線は変わらない。

「ん……?んん!?」

 変わらないのではない。

「……!?な、なんで、うごかな、い!?」

 変えれなかったのだ。それは首だけではない。

「ぜ、全身、固まって!?」

 美波はこの空間に体を固定された……



………………………………………………
………………………………
………………



163: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/02(水) 01:31:23.17 ID:LZ9rPZnN0

「だ、だれかーっ!だれか、いませんかー!?」

 空間に完全固定された美波の体ではあるが、顔の部分だけは動かせるようで、必死に声をあげて助けを求める。

「なにこれっ!?どうなってるの!?んぐぐぐぐ……」

 体を何かに挟まれているわけではない。動かせない視界の中では少なくともそういった物体は見当たらない。

 美波は何度も力を振り絞りどうにか動こうとするが、指先まで完全に固定されているようで体は石像のように固まっている。

 まるで体が他人のものといれかわったような錯覚を受けるが、地を踏んでいる感覚と、いまだに吹いている少しの風を感じているということはやはりこの体は自分の物だと美波は考える。

「……まさか、このままずっとここに閉じ込められる、なんて、ないよね?誰か、来てくれるんだよね……?」

 美波の心が不安と恐怖に染まったときだった。

 ギ…

「あっ」

 その顔に希望の光が宿る。

 美波の視界にあるドアが音を立てて開きだしたのだ。

 ギィ…

 そのドアが半分ぐらい開いたところで美波は大声で助けを求める。

「す、すいませんっ!助けてください!!からだが、体がうごかないんですっ!」

 ギイイイッ

(た、助かった……)

 美波はドアの開きに比例して表情を明るくする。少なくとも誰か来てくれることだけでもありがたかったのだ。

 しかし

 グチュ、ジュルジュル、グチュ

「――――ひっ!?」

 ドアを開け入ってきた者に、美波は表情を一変させることになる。

「……な、なっ、ばけ、もの!?」

 粘着質な音を立てながら部屋に入ってきたのは、陸を這う触手の塊であった。



164: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/02(水) 01:33:51.41 ID:LZ9rPZnN0

「……いやっ、いやあ!こないで!あっちにいって!」

 先程とは正反対のことを大声で美波は叫ぶ

 触手の集合体のようなそれは、美波の言葉を無視しながらズルズルと音を立てながら彼女に近づく。

「あ、ああっ……」

 そして、触手塊はついに固定されている美波の前までやってきた。

 その中の1本の触手がゆっくりと伸び、それは美波の頬に粘着質な音を立てて触れる。

「ひいっ!」

 ピチャッと嫌な音を立てながら、1本の触手は品定めするかのように美波の顔から首、胸、腰と全身を触っていく。

「やめ、てっ、はなれてっ、くださぃ……」

 目をぎゅっと閉じ、美波は懇願する。しかし、それをこの触手が理解できるはずもなかった。

「いや、いやあ……」

 涙が流れる。それは恐怖から来るもので美波はこれから自分がどうなってしまうのか。何もわからない。
 美波の体をまさぐる触手は1本から気がつけば何本にも増え、ついに美波を包みだす。

「――いやああああああああああああああああ!!!!」

 美波の悲鳴が大広間に響いた。



………………………………………………
………………………………
………………



166: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/02(水) 01:37:30.55 ID:LZ9rPZnN0

「むんぐっ!?ううんっ!!ぷぁっ!あああっ!!」

 触手は美波に襲いかかった。その触手の数の多さをいかし、美波の全身に絡み付いていく。

 その触手が最初に狙ったのは口だった。遠慮なく突きこまれた触手は粘着質な液体を分泌しながら、美波の口内を犯す。

 体を動かせない美波は抵抗することも出来ず、ただ口内を蹂躙される。

 美波は息苦しさに必死に耐えていたが、その触手は追い討ちをかけるようにぶくっと膨らむと先端から生温い液体を吐き出した。

「むぐ、あっ、ぐっ!?」

 喉奥に直接叩きつけられるように吐き出され、美波は目を見開く。口の中がどろっとした液体で満たされ、美波はそれを吐くことも許されず、ついに耐え切れず飲み込んでしまう。

「んぐ、ごくっ、ごくっ!んぁっ……」

 出すものを出したからか、ちゅぽんと糸を引きながら触手が口から抜かれる。

「はぁっ、はぁっ……!」

 口から触手が抜かれ、美波は足りなくなった空気を取り込むように荒い呼吸をする。

 しかし、荒い呼吸の原因は息苦しさからだけではない。

「はぁっ、はぁっ、はぁっ……」

(からだ、なんだか、火照って……)

 美波は全身がほんのりと熱を帯びだしたことに気づく。原因は何となくわかっていた。

(さっき、飲んだ、やつのせい……?)




168: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/02(水) 01:40:36.91 ID:LZ9rPZnN0

 美波の考えは正解だった。

 触手の周りからずっと分泌されている潤滑液と美波の口に吐き出された液体、それはどちらとも強力な媚薬だったのだ。

 それを大量に摂取した美波はあっという間に体を発情させ、まだ弄られてすらいない秘所はじっとりと濡れ、物欲しそうに引くついていた。

「あっ、やぁっ、むね、いじっちゃだめぇっ!」

 次に触手は美波の服の中に器用に潜り込む。当然体の動かない美波は好き勝手に素肌を蹂躙されることになる。

 潜り込んだ触手はまず、美波の胸を揉みあげるように絡み、先端の細い部分で乳首の根元に巻きつく。

 触手の分泌液は媚薬とともにローションの役割も果たし、美波は乳首をぬるぬるのリングで強烈に扱かれるような刺激に、思わず甘い声をあげる。

「ひゃ、やぁっ!だめ、とれちゃ、とれちゃうからぁっ!!」

 泣き叫ぶように美波は嬌声をあげるが、動かない体ではどうしようもない。

 そんな状況を知ってか知らぬか、触手はついに彼女の下半身に絡みつき始める。

「ひ、ぃ」

 太腿に触手が這いずりまわり、美波の身の毛がぞわっと逆立ったその瞬間だった。

 ゴツン!

「――え」



169: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/02(水) 01:45:35.85 ID:LZ9rPZnN0

 美波が最初に感じたのは下腹部への純粋な圧迫感だった。

 グチッ、ミチチッ

「か、はっ――――――っっっ!!??!?」

 次にくるのは、子宮を中心に体中を走る電撃にも近い痛撃だった。

「あっ、あああああああああああああっっっっっ!!!!」

 いくら媚薬が浸透している身とはいえ、勢いずいた太い触手に膣を最奥まで貫かれると、快感よりも先に息がつまり、重く鈍い痛みが美波に襲い掛かる。
 
 本来、人間というものは外部から痛みを受けると、それを抑えるために様々な行動を取る。

 しかし、今の美波は動くことができないために、その痛みを全て真正面から受けることになり、結果的に絶叫に近い悲鳴をあげる。

「あ、ぎっ、ああああぁっっっ……!」

 そんな強烈な衝撃に気を失いかけている美波の膣の中で追い討ちとばかりに触手がぐぷっと膨らんだ。

 ビュルッ

「あっ、ひぃっ!?」

 そして、その触手の先端をさらに子宮口に押し付け、先程美波の口に出したものと同じ媚薬を大量に吐き出す。

「あ、あつっいいいいいい!?」

 たぷんと、子宮には媚薬の池が出来上がった。



170: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/02(水) 01:49:38.18 ID:LZ9rPZnN0

「か、ひゅーっ、かひゅー、ふーっ……!」

 膣に出される感触に、美波は再び意識を覚醒させるが、そのまま気を失ったほうが彼女にとって幸せであったかもしれない。

 グチュッ!グチュッ!グチュッ!

「あっ、ひゃっ、ぁあああっ!!!」

 触手は膣の中で乱暴に動き出した。

 子宮口をぐにぐにと押していた触手は膣壁をズリズリと削りながら入り口まで引かれると、また子宮口まで一気に貫く行為をひたすら繰り返す。

 本来であれば太い触手の動きは快楽よりも痛みを優先的に感じるはずだった。しかし、一度思いっきり貫かれたせいで痛みへの耐性がついたのと、子宮に吐き出された媚薬のせいで乱暴な動きですら今は快楽に変換される。

「や、らぁ、やらああ、こわれ、こわえ、ちゃううううううううううう!」

 触手が抽送運動をするたびに美波は膣から潮も愛液も噴き出しながら、何度も何度も絶頂した。



………………………………………………
………………………………
………………



 ジュポッグチュッ、グチュッ

「は、むぅっ、んんっ、じゅるっ、ごくっ!」

 美波の目から光は消え失せていた。
 触手を口にねじ込まれ、胸を責められ、膣と菊門も触手の侵入を許し好きなように嬲られている。

 ビュルルッ!

「んっ、むぅっ、ごく、ごく、ごくっ……」

 触手が何度目かわからない媚薬をいっせいに吐き出す。美波はそれを抵抗することなく美味しそうに飲みこんだ。

 膣と菊門からは入りきらなかった媚薬がとろとろと溢れ出し、地面にびちゃびちゃと滴り落ちる。

 美波はその媚薬が流れ出る感触だけで、軽く絶頂するほどになっていた。

「んむっ、ぐ、むっ、ん、んんっ……」

 美波は完全に正気を失い、自ら触手を咥え媚薬を欲しがるように口で奉仕をしながら、膣と菊門から来る快感にひたすら声にならない嬌声をあげ続けた。

 美波と触手の肉宴はまだ続く……



171: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/02(水) 01:50:13.81 ID:LZ9rPZnN0

新田美波【探索中】……停止の空間だ!身体がピタッと動かせなくなり、動かせない身体を媚薬触手で乱暴に責め上げられ、無様な声をあげながら 143回もイッてしまった!



172: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/02(水) 01:52:06.70 ID:LZ9rPZnN0

モバP「停止された状態で143回……妄想だとしても、すごいな、美波は」

美波「え?なにがですか?」

モバP「にゃああああああああああああああ!?!?!?」

美波「わっ!?だ、大丈夫ですか!?」

モバP「あ、あー、だいじょぶ、だいじょぶ!ちょっとびっくりしただけだから!」

美波「す、すいません、急に後ろから話しかけて……」

モバP「いやいや、ぼーっとしてた俺が悪いよ。それでどうしたんだ?」

美波「あ、お昼に皆で食事に行ったとき、たい焼き買ってきたんです。プロデューサーさんもどうぞ」

モバP「おお、ありがとう。あ、これってあの有名なやつか」

美波「あ、知ってました?いつも凄い行列なんですけど今日は偶然お客さんが少なくて」

モバP「食べて見たいとは思ってたんだよ、毎度テレビで取り上げられてるし」

美波「みくちゃんも、このお魚だったら食べられるにゃ!って美味しそうに食べてました」

モバP「…………」

美波「……どうしました?」

モバP「みくの真似する美波が可愛いなあって」

美波「えっ!?あ、か、からかわないでくださいっ!」

モバP「本心なんだけどな……まあ、ありがとう、美味しくいただくよ」

美波「昼休みももう終わりますから、早く召し上がってくださいね?冷めたら美味しさも減っちゃうと思いますから」

モバP「え?おわっ、もうそんな時間!?」

美波「何かしてたんですか?」

モバP「あ!?ああ、いやいや休み時間は過ぎるのが早いなーって思ってさ!美波は今日は昼からレッスンだっけっか」

美波「はい、今から行って来ますね」

モバP「おう、怪我をしないようにな」

美波「ふふっ、そんな昔のようなことはしませんよ。じゃあ行ってきます」

モバP「おう、いってらっしゃい」



174: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/02(水) 01:58:29.49 ID:LZ9rPZnN0

モバP「ふぅ……焦った。それにしてもこれはとんだ時間泥棒だな。気づいたら昼休み終わりかけじゃないか」

モバP「弁当は食えなさそうだし、たい焼きで午後からの仕事を乗り切るしかないな」

モバP「午後の業務が終わったら……たい焼き、みく」

モバP「よし」

――――仕事終了


「お疲れ様でした&入力!!」

「昼休みに話題になったので可愛い猫アイドルの前川みくちゃん!GO!」

「前川みく、っと」



175: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/02(水) 02:00:49.39 ID:LZ9rPZnN0

[前川みく]


「なにが、ロックバンドのライブにゃっ!!」

 前川みくの声が響く。

「こんな洞窟みたいなライブハウスがあってたまるかにゃー!」

「ごめん、ごめんてば。私も改装したなんて聞いてなくてさ」

 その隣で多田李衣菜は不安げにあたりを見回している。

「改装というか、どう考えても時代を逆行してるにゃ!」

「いや、でも太古の時代ってのもさ」

「ロックとは言わせないよ!」

「うぐ……」

 みくは李衣菜に誘われてライブハウスを訪れていた。

 どうやら彼女が最近はまっているらしいバンドのライブがあるようで、わざわざペアチケットまで用意してきたものだから半分渋々、半分嬉しく思いながらみくはその誘いを受け取った。

「おかしいなあ、前は普通のライブハウスだったのに」

「李衣菜ちゃんが昔ここに来たことがあるっていうのが怪しくなってきたにゃ……」

「き、来たことはあるって!本当に!」

 そして今日はそのライブ当日。

 李衣菜と合流したみくはそのライブハウスに足を踏み入れたのだが

「いくらなんでも、改装で洞窟にするのはおかしいにゃ、どんな技術にゃ」

「それは、確かに――あっ、LockとRockをかけたとかっ!」

「駄洒落でロックを語っていいの……?」

 そのライブハウスに揃って足を踏み入れると、彼女らの眼前には巨大な洞窟が広がっていた。



………………………………………………
………………………………
………………



177: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/02(水) 02:04:19.43 ID:LZ9rPZnN0

2人の足音だけが洞窟に響く。

 最初はお互いに他愛もない話をしていたが、あまりにも洞窟が長いためか次第にその口数は減っていき、ついには無言になる。

「…………」

「…………」

 気まずい無言の空間を2人は歩き続ける。

「…………」

「……ごめん」

 その沈黙を破ったのは李衣菜だった。その声に反応してみくが横の彼女に視線を向けると申し訳なさそうな表情が映る。

 みくは困ったように笑いながら首を振る。

「李衣菜ちゃんのせいじゃないよ……そもそも受付も地図もないし、それどころかスタッフまでいないことが悪いんだにゃ!」

「でも、そもそも私が誘わなければ……」

「それ以上言わないで」

「みく……」

「その、別に李衣菜ちゃんとこうして歩くのは嫌いじゃないし、何より誘ってくれたのが嬉しかったから……」

 みくは顔を上げていまだ申し訳なさそうな李衣菜に笑顔を向ける。

「だからっ、とっとと入り口からスタッフ見つけてライブを楽しむにゃ!ねっ!」

 李衣菜の表情が安心したように和らぐ。

「やっぱりみくは凄いね」

「ふふーん、もっと褒めるにゃ褒めるにゃ」

「あははっ、それなんか幸子ちゃんっぽい」

 2人は明るいムードを取り戻し、歩き出した。



………………………………………………
………………………………
………………



178: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/02(水) 02:08:07.64 ID:LZ9rPZnN0

「でも、本当長いね……」

「敷地面積的にとっくに飛び出してるような気がするにゃ」

 2人はまだ洞窟の中を歩いていた。歩けど歩けどその風景が変わることは無い。

「はぁ、はぁ……」

「みく、大丈夫?」

「な、なにがにゃ?」

「いや、息があがってるから……」

「あ、これは、ち、違うにゃ。毎日レッスンしてるし体力には自信あるんだから!」

「そう……?無理なら言ってね?休むからさ」

「大丈夫にゃ!さ、とっとと進むにゃ!」

 元気そうな声を出しながらもみくは内心焦っていた。

(うぅ、失敗した……)

(せっかく李衣菜ちゃんとのお出掛けだからって、必死におめかしなんかするんじゃなかった……)

 今日のみくはいつもよりも服装や装飾に気合を入れていた。それだけなら大丈夫だったかもしれないが、今日の彼女は靴も普段はかないような上品なものを履いてきてしまったのだ。

(履きなれてないせいかもしれないけど、いたい……)

 みくを襲っているのは靴擦れだった。普段履かないのとさらに足場の環境が悪いのもあいまって、傷をつくってしまったのだ。

(で、でも今は進むしか……)

「……みく?」

「…………」

「みく!?」

「にゃっ!?な、なに?」

 突然肩を掴まれ、みくは驚いた声をあげる。李衣菜は心配そうにみくを見つめている。



179: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/02(水) 02:09:33.10 ID:LZ9rPZnN0

「足、痛いんでしょ?」

「っ!!な、なんのことかにゃ?」

 無理やりにみくは笑って見せるが、李衣菜の表情は険しいままだ。

「歩き方、見てたらわかるよ。靴擦れしてるんだよね?」

「あっ、う……」

「今日のみく、凄くお洒落だったから。その靴もいつもと違って綺麗なやつだし」

 言われて、みくは観念したように息を吐く。

「気づいてたの……?」

「当たり前でしょ、いつも見てるし……」

「えっ」

 李衣菜がそう言った瞬間みくは顔を上げる。

「あっ」

 対する李衣菜はしまった。と言わんばかりに顔を強張らせる。

「いつも、見てくれてたの……?」

「わ、わーーーーっ、な、なんでもない!なんでもないから!」

 慌てたように李衣菜は手を振った。みくはそんな彼女にくすっと笑ったがすぐに表情を曇らせる。



180: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/02(水) 02:11:42.02 ID:LZ9rPZnN0

「ごめんね、みくがこんな靴履いてきちゃったせいで迷惑を……」

「そ、そんなことないって!それにその服も靴も凄い似合ってる!うん!」

「で、でも……」

 このままじゃ足を引っ張るとわかっているみくの表情は暗い。

「……よしっ!」

 李衣菜はそんなみくの表情を見て、決心したように意気込んだ声を出す。
 そして、みくの目をまっすぐ見つめて口を開いた。

「みくはここで待ってて」

「……えっ?」

 そう言って李衣菜は、軽く屈伸を始める。

「走ってスタッフさん探して連れてくる!このままじゃ歩くの辛いだろうし」

「こ、ここで待つの?」

 不安そうにするみくを励ますように李衣菜は明るい声で話す。

「そんなに広いわけも無いだろうし、すぐ帰ってくるからさ!」

「う、うん……じゃあ、待ってる、にゃ」

 みくがそう答えると、李衣菜は突然着ていた上着を脱いで、それをみくに渡すように差し出した。

「……え?」

「これ、地面に敷いて座ってて。その服せっかく綺麗なのにもったいないよ」

「な、なにいってるにゃ!?そんなことしたらこれが汚れちゃうにゃ!」

「大丈夫、大丈夫!私のはいつも着てるやつだし洗えば落ちるからさ!」

 そう言って半ば強引に差し出されたそれを、みくはどうすればいいかわからないまま受け取る。

「じゃあ、すぐ戻ってくるから!みくはここにいてね!」

 そう言って李衣菜は暗闇に向かって走り出した。

「あっ、待っ、李衣菜ちゃん……!」

 その姿はあっという間に闇に溶けて見えなくなった。

「李衣菜ちゃん……」

 李衣菜の上着を抱きしめて、みくはぽつんと佇む。

 彼女に近づく小さな影に気づくことなく……



………………………………………………
………………………………
………………



181: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/02(水) 02:14:39.86 ID:LZ9rPZnN0

 みくが違和感を感じ始めたのは、李衣菜と別れてしばらく経ってからだった。

 サワサワ…

「んっ!ま、またかにゃ……」

 結局、李衣菜から渡された上着を地面に敷くことなんて出来るわけがなかったので、みくはそれを抱きかかえて立っていた。

 歩くと痛みが走るが、立っているだけなら問題はなかったからである。

 しかし、みくの感じている違和感は足の痛みでない。

 サワサワ…

「ひっ、は、はなれるにゃっ!」

 その違和感は先程から定期的に、みくを"触っていた"のだ。




 最初にみくは何者かに突然肩を掴まれた。そのときはパニックに陥り悲鳴をあげたのだが、その瞬間にその感触がなくなったので彼女は何か勘違いをしたのかと思った。

 しかし……

 サワサワ…

「……くぅっ!さっきからなんなのにゃ!!」

 勘違いだと思ったことがそうでないことにみくはすぐに気づいた。

(間違いない、何か手みたいなのが、みくを触ってるっ……!)

 なぜならその感触が肩だけではなく、首筋、くびれ、腰、背中など見境無く襲ってきたからだ。



182: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/02(水) 02:17:41.83 ID:LZ9rPZnN0

サワサワ…サワサワ…

「ひいっ!?な、なんで、はなれないにゃっ!?」

 先程までとは違い、大声をだしてもなくならない感触にみくは焦ったように声をあげる。

 そんな謎の感触に翻弄されるみくを触っていたのは、本当に『手』だった。

 薄暗いせいでみくの視界では捉えられないが、半透明の黒い手が床、壁、天井からみくに伸びていたのだ。

「はな、れて、はなれてよっ!」

 体を捻ったりするが、その手はぴったりと張り付くようにみくの体を触り続ける。

(これ、なに、幽霊なの……?みく、襲われてるの……?)

 みくは幽霊だとかそういったホラーが苦手だった。昔、ホラー映画鑑賞会が事務所で開かれたときは夜にも関わらず公園に避難した経歴を持つほどに。

 今回の件はそれを直接体験するようなものだったが、みくが怖がっていたのは最初だけだった。

 その理由は

(なんで、こんないやらしい、触り方……)

 その手つきがあまりにもホラーとかけ離れていたからだった。



 ゴーストハンド、そう呼ばれるその手は彼らの獲物が触ることはできないが、彼らは獲物に対して好き勝手に触れるという不思議な力を持つものだった。

 そして、彼らはついにみくを獲物と認識したのか、いっせいに彼女に襲い掛かった。



………………………………………………
………………………………
………………



183: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/02(水) 02:25:09.02 ID:LZ9rPZnN0

「あっ、ど、どこさわってるにゃ!?やめ、やめてっ!」

 いやらしい手つきに体中をまさぐられ、みくは生理的に体が火照っていくのを感じる。

 それに比例して手の動きもよりいやらしく、より激しいものになっていく。

「な、なんで、服、着てるのにぃっ!ひ、にゃぁっ!!」

 その手は不思議な力でみくの着ている服を通り越し、彼女の豊満な胸を直接揉みしだき始める。

「やめ、やめるにゃっ!!あ、ひぁん!」

 その手は女性を悦ばせることが巧かった。ある手は包み込むようないやらしい手つきで胸を揉み、ある手は指の腹で彼女の乳輪の輪郭をなぞり、またある手はぴんと尖り始めた乳首を摘み、くりくりと玩ぶ。

「にゃっ!?あ、な、なにこれっ!?だめ、これだめっ!!」

 当然そんな責められ方をされたことのないみくは初めての快楽に身を震わせることしかできない。

 その手を防ぐためにみくは腕で胸を包むような格好をとるが、彼らの力はその腕に干渉されない。

「なんでぇっ!?な、んんっ!!なんでさわられっ!?いにゃぁっ!」

 みくの頭は混乱していた。
 
 当然といえば当然だった。服を着ていてさらに腕で隠しているはずなのに刺激が止まなければそうなってもおかしくはない。

 そして、その手が責めるのは胸だけで終わるわけは無い。



184: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/02(水) 02:25:35.32 ID:LZ9rPZnN0

 クチュ

「にゃあっ!?」

 みくの背筋がぴんと張る。彼女の秘所に伸びた手はそこを守る下着を当たり前のように通り越し、直接そこをゆっくりとした動きで撫で始めた。

 胸を責められている段階で既にびっしょりと濡れていたそこは、愛撫による刺激でなおさら愛液を分泌し、いやらしい音を出し始める。

「にゃ、ぁ……!そんな、やさしく、しないでっ……」

 手のひらがマッサージをするように秘部全体を撫で回す。彼らにとってみくは『全裸』だった。つまりどんな風にでも好きなように彼女を責められるのだ。

 ぐにっと秘所全体を押しつぶすように激しく手のひらで擦ったり、発情して勃起している淫核を磨り潰すように刺激することも自由自在。

 それはみくにとってたまったものではない。

 先程よりもグチュグチュと粘着質な音が強くなる。手のひらで秘所をマッサージされ、胸の各所すべてを同時に責められ

「だめっ!そんなはげし、いの……だめえええええええええっ!!!!」

 みくはブシャアッと盛大に潮を噴いて、全身が弛緩するとともに地面に倒れた。

(……あ、みくのおようふく、よごれちゃった……)

 李衣菜の上着はみくの腕に大事に抱え込まれていた。



………………………………………………
………………………………
………………




185: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/02(水) 02:27:59.79 ID:LZ9rPZnN0

その手はみくを堪能していた。

「にゃ、あんっ!だめ、また、イくっ、イ、ひゃああああああああ!?!!」

 びくびくとみくは全身を震わせて絶頂し、秘所からは洪水のように愛液が溢れ垂れる。

 ひとしきり秘所を弄んだあと、その手が次に目標として定めたのはみくの臀部だった。

 まずは手を使って、ゆっくりとお尻全体をねっとりとした手つきで揉みはじめる。

「はぁ、あぁんっ……」

 みくは抵抗することもできず、その腕にぎゅっと李衣菜の服を抱きかかえながら甘い声を上げる。

 そしてある程度お尻を揉み解すと、次は他の手が伸びてきて指の先で菊門の周りをゆっくりとなぞり始める。

「ひっ、いいいっ……」

 たまに菊門の表面をぞりっとなぞられ、ぞわぞわと全身を悪寒が走る。しかし、どうしようもない。そのまま楽しむようにその手はしばらくみくを責めると、ついに指が菊門にぴたっと添えられる。

「あっ、ああっ」

 来る、来るっ、みくは次にもたらされる刺激に耐えるため歯をぎゅっと噛み締めた。

 ツプッ…

「ひゃああああん!!」

 しかし、その行為は無意味だった。すっかりと揉み解されていたせいなのか菊門に指を少し挿入されただけで信じられないほどの快感に襲われたからだ。

 そして、そのタイミングを見計らったように動き出したものがある。



186: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/02(水) 02:33:09.70 ID:LZ9rPZnN0

 グチュッ!グチュッ!

「――――――っっっ!?!?!」

 それは臀部が責められている間は、動きを緩めながらもゆっくりとマッサージするように秘部と胸を責めていた複数の手であった。

 菊門に指が入った瞬間、胸を責めていた手は乳首をぎゅっとつねり、秘部を責めていた手のうちのひとつは秘所に指をスムーズに挿入させ、みくの特に敏感な膣壁をカリカリと刺激し、ひとつは淫核を器用に指でしごいていた。

「あああああああああアあアアああ!!?!?」

 獣めいたイキ声をあげて、体をびくんびくんと大きく振るえさせ、みくは強烈な絶頂を迎える。

「ああ、あああ……」

 びりびりとした感覚が引くころには、みくはぐったりと地面に倒れたまま弱い呼吸を繰り返し、その余韻に浸っていた。

 しかし、その時間はあまりにも短かった。

 グチュッ!ニチュッ!

「ひゃら、もう、やらぁっ!!もう、いケない……いけないからぁっ!!」

 その手は、まだまだ数を増やし続け、みくに迫っていった……



………………………………………………
………………………………
………………



187: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/02(水) 02:36:10.99 ID:LZ9rPZnN0

「ひゃひっ……ひぃーっ……」

 その手が姿を消したのはみくが5回目の絶頂を迎えた瞬間だった。

 突然消え失せた性的刺激にみくは呆然と放心したかのように固まっていたが、責め苦が終わったことに気づいて漸く体中の力を抜くことができた。

 そして、弱々しい動きで腕の中に抱いていた李衣菜の上着を見る。強い力で抱きしめられ皺だらけになったそれは、みくの涙なのか涎なのかわからないが大きな染みを作っていた。

(よごしちゃった……李衣菜ちゃんの、李衣菜ちゃんの……)

「りい、なちゃん……ごめん、ごめんな、さい……ひぐっ、えうっ」

 洞窟に少女の泣き声が小さく響いた……



188: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/02(水) 02:36:44.36 ID:LZ9rPZnN0

前川みく【探索中】……ゴーストハンドの罠だ!こちらからは触れることのできない大量の手に股座や乳首をもまれ、5回もイってしまった!



189: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/02(水) 02:37:35.28 ID:LZ9rPZnN0

モバP「ふぅ……みく、なんかごめん、ほんとごめん」

みく「なにがにゃ」

モバP「おねだりしゃるうぃいいいいいいいい!?!?!?」

みく「にゃあっ!?」

モバP「び、びっくりした!心臓止まるかと思ったわ!」

みく「それはこっちのセリフにゃ!Pちゃんいくら呼んでも返事しないし!」

モバP「え、まじ?それは悪かった。ちょっと集中してた」

みく「何かやってたの?」

モバP「いや、ちょっとな……それよりどうした?今日オフじゃなかったか」

みく「いや、李衣菜ちゃんが夕食に誘ってくれたからレッスンが終わるの待ってるにゃ」

モバP「あ、李衣菜もレッスンだったか。夕食……」

みく「……?みくの足を見てどうしたの?」

モバP「あ、いや……」

みく「あっ、ははーん、さては一緒に夕食に行きたいのかにゃあ?」

モバP「そうしたいんだけど、今日も残業だ」

みく「ええー」

モバP「また今度な、そろそろレッスン終わるだろうし迎えに行ったらどうだ」

みく「んー、そうするにゃ。何か雑談でもしてそうだし。じゃあお疲れ様にゃー」

モバP「気をつけて行くんだぞー」

モバP「さて……」

モバP「『残業』始めるか……」




190: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/02(水) 02:41:25.57 ID:LZ9rPZnN0

誤字脱字がないか、確認と訂正しながら貼り付けてたらこんな時間に・・・
すいません、すごい時間かかってしまいました・・・

機械の手とか手のモンスターとかに蹂躙されるシチュは大好きです、はい。

というわけで皆寝てそうですが↓3によかったらアイドル名をお願いします。

次は投下するのかなり時間かかると思いますが、よかったら次もお願いします。

読んでいただきありがとうございました。



191: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/02(水) 02:41:30.22 ID:yuNned4B0

美波



192: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/02(水) 02:41:31.33 ID:wQ/tvba8O

依田芳乃



193: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/02(水) 02:41:31.73 ID:+36Y0YdZ0

松本沙理奈



219: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/05(土) 19:49:14.81 ID:VE+p6+v70

モバP「残業開始……まあ名前ばかりの残業だがな」

モバP「さて、とりあえずまたアルバムで決めるか……」

モバP「適当にページを……開くっ!」

モバP「おお?新田美波、続投か」

モバP「これってどうなるんだ?一回目で散々すぎる目にあってたけど」

モバP「まあ、いいか。入力すればわかることだし」

モバP「…………」

モバP「新田美波」



220: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/05(土) 19:49:40.44 ID:VE+p6+v70

[新田美波]


 大広間のような広い空間の真ん中に少女が倒れていた。

「はぁ、は、ぁ……」

 呼吸は弱く、焦点の定まらない瞳には涙が流れた跡が残っている。

「くっ、ぅう……」 

 ビクン、と少女が微かに震えた。
 苦しさと僅かな艶色が混じった声と同時に彼女の秘所から、どろっとした粘液がこぽりと溢れた。

「なんで、私、こんな目に……」

 新田美波の苦難はまだ終わらない。



………………………………………………
………………………………
………………



221: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/05(土) 19:53:20.23 ID:VE+p6+v70

この空間で中央に体を固定された美波が触手塊に全身を嬲られ犯されつくされたのは彼女にとって古い記憶ではない。

 大量の媚薬を口に吐き出され、膣に出されたものものは子宮を浸し、腸に浸透させられ、百を超えるほどの絶頂を強制的に叩き込まれた彼女は、立ち上がることもできず、ときたま襲い来る快感の余韻にひたすら耐えることしかできなかった。

 そんな散々と悲惨な目にあった彼女だったが幸いだったこともある。

 それは固定されていた体が自由になったことと、触手塊が満足したとばかりにどこかに姿を消したことだった。

「かえりたいよ、アーニャちゃん……」

 掠れたような小さな声で、今の望みを口にする。

 大学生として勉学と学生生活に精進する日々。
 その一方でアイドルとして厳しいレッスンを乗り越え、ライブ会場で割れんばかりの声援を受ける情景。

 美波はその輝かしい記憶ひとつひとつを思い出していた。

「悪い夢なら、覚めてよ……いや、こんなのいや……」

 しかし、彼女の願いを聞き届けるものはこの場にいない。本来であれば絶望に打ちひしがれるところであった。

 だが、希望はまだ完全に潰えてはいない。

「…………」

 定まらない視界の中で、美波はある一点を見つめていた。
 それは先程まで美波の体を自らの所有物とばかりに嬲っていった触手塊が入ってきた扉だった。

「階段……」

 そこには幅の狭い階段が確かに見えていた。



………………………………………………
………………………………
………………




222: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/05(土) 19:55:22.74 ID:VE+p6+v70

「ふぅっ、ふう……」

 美波は急勾配な階段を震える足で一歩ずつ上っていた。

 彼女が触手塊に奪われた体力はかなり多かった。正直なところまだ歩けるような状態では決して無い。

「ふう、ちょ、ちょっと止まろう……」

 しかし、それでも彼女が無理やり足に鞭を打ったのはやはり先程の空間での情事が思い出されるのか、それとも触手塊がまた戻ってくるかもしれないという恐怖からか。

 どちらにせよ階段の途中で腰を下ろした彼女は少なからず安堵していた。あの空間から脱出できただけでも今はありがたかったのだ。

「あ……またっ……」

 そんな彼女は秘所と菊門から来る温い感触に嫌悪感を露にする。

「もう、下着脱いだほうがいいかも……ん」



223: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/05(土) 19:56:08.22 ID:VE+p6+v70

それは先の触手塊に注がれた媚薬だった。粘液のようなそれはしつこく美波の中にまだまだ多量に溜まっていた。
 
 彼女もそれを残しておくわけにいかないので、なんとか排泄しようとある程度の量は無理やり掻き出したりもした。

 しかし、奥に出されたものはやはり残ってしまい、こうしたふとした瞬間にどろっと溢れ出してしまう。

「……ひどい」

 下着はその役割を果たしていなかった。どろっとした粘着性の液体が付着しているそれを美波は再び穿く気持ちにはなれない。

「誰も見てないなら、いいよね……」

 しかし、その判断を後に美波は後悔することになる。



………………………………………………
………………………………
………………



224: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/05(土) 19:58:37.55 ID:VE+p6+v70

「やっと、はぁっ、ついた、んはっ……」

 美波は長い階段をようやく上りきった。その階層は下の階と比べるとだいぶ明るく、地面も壁も多少はっきりと見える。

「出口が、近いのかな……」

 そんな希望的観測を美波は口にする。が、その希望はすぐに打ち砕かれた。

「鍵つきの扉……?そんな、鍵なんて……」

 少し歩いた美波の前には巨大な扉が立ち塞がっていた。その扉は今までの物とは違い、重々しい造りに豪華な装飾が施されており、これまた頑丈そうな南京錠がかかっていた。

「ここまできて……」

 ドアに背をつけ、美波は地面に腰を下ろす。

「どこかに、隠し扉とかあるのかな……紗南ちゃんがやってたゲームにはあったけど……」

 美波は以前、事務所で少しだけ紗南にやらせてもらったゲームを思い出していた。

 しかし、無理に奮い起こしていた体は、鍵つきの扉を前にしてついに限界を迎える。

「だめ、もう疲れが……ちょっと、休まない、と……」

 荒れた地面に美波は横になった。疲れきった体は睡魔に少しも抗うことができず、固い地にも関わらず美波は深い眠りに落ちていった。




………………………………………………
………………………………
………………




225: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/05(土) 20:00:06.31 ID:VE+p6+v70

 彼女が目を覚ましたのはそれからだいぶ時間が経ってからだった。

「……ん」

 美波は深い眠りから目覚める。

「やっぱり夢なんかじゃ、なかった……」

 固い地面に寝ていたせいか少しだけ体が痛んでいたが、それを無理やりに起こした。

「ふっ、くうううううぅぅぅっ」

 そして硬まった体を美波は精一杯伸ばす。完全ではないが体力もそれなりに回復したようだった。

「……鍵、探さなきゃ。きっとどこかにあるはず」

 先程まで塞ぎこんでいた気持ちも少しだけ前向きになっていた。そのおかげか彼女はあるものに気がいた。



226: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/05(土) 20:02:06.83 ID:VE+p6+v70

「あれ?こんなところに穴なんて……?」

 それは扉の横にあった。その穴は美波の肩ぐらいの高さの場所にちょうど両手が入れ込めるぐらいの大きさで開いていた。

 しかも、その穴の上には怪しさを微塵も隠すつもりがないのか、ご丁寧に鍵のマークが描いてあった。

 美波は試しに穴の中を覗いて見るが真っ暗で肉眼では何も見えない。

「どう考えても怪しいけど……でもここ以外には何もなかったし……」

 美波はおそるおそる片腕をいれていく。

「うぅ、何も起こりませんように、起こりませんように……」

 祈るように同じことを呟きながら穴の中を必死に探る。そしてある感触に触れた瞬間美波の顔がぱっと明るくなった。



227: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/05(土) 20:03:58.41 ID:VE+p6+v70

「あ、あった!これ、鍵っ!」

 金属質のそれは、周囲を触ってみても間違いなく鍵の形をしていた。

「ふ、んぐっ……!」

 しかし、その鍵は何かに固定されているのか、片腕の力ではびくともしない。

「だったら……!」

 美波はもう一方の手を迷い無く穴に突き込んで、両手で鍵と思われるものを掴み、最大限の力で引いた。

 バキッ

「あっ、抜けっ」

 ガチャン

「――っ!?きゃあっ!?」

 そしてその力で鍵を固定していたものが折れたのか、美波は鍵を穴から取り出すことに成功する。

 しかし、彼女は抜いた勢いを殺しきれず後ろに思いっきり尻餅をつく形で盛大に音を立ててこけてしまった。

「えっ!?な、なっ」

 だが、彼女が驚いていることはそのことではない。

 ジャラッ

「そ、そんな……!」

 彼女の手には不思議な模様が描かれた手錠が掛けられていた。

 そして

 ガシャ、ガシャ

 それに慌てる彼女の後ろから大きな黒い影が迫っていた…… 



………………………………………………
………………………………
………………




228: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/05(土) 20:05:06.89 ID:VE+p6+v70

「……あ、ああっ」

 鍵を握り締めながら美波は震えていた。

 恐怖に取り付かれた彼女の瞳には巨大な『機械』が映っていた。

 その機械は周囲に様々なブラシを兼ね備えた、さながらガソリンスタンドにある洗車機の人間バージョンのようなものであった。

 機械の動きはゆっくりであるが、鍵つきの扉の前にへたり込んでしまった美波に逃げ場は無い。そんな彼女に機械はじりじりと迫る。

「やだ、もう、いやぁ」

 美波は体を丸め縮める。この機械があからさまに美波の敏感な部分に目掛けてその回転ブラシを伸ばしてきたからだ。

 しかし美波が丸まってしまうと、狙っていた部分が隠れてしまうのか。ブラシは責めあぐねたようにその場で動きを止める。

(はやく、早くどこかに行って!)

 この姿勢であれば機械が何もできないと思い、美波はさらにぎゅっと身を縮める。

 が、機械がその場合の対処法をインプットされてないわけがなかった。



229: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/05(土) 20:05:37.81 ID:VE+p6+v70

突然、機械が光を発する。美波は丸まっていたためその光を感じなかったが、それに反応し、同じように輝きだしたのは美波の手にかかっている不思議な模様の描かれた手錠だった。

「……えっ」

 美波は顔をあげて、機械に体を広げる。

 正しくいうと、顔は勝手にあがり、体は勝手に機械に向けて広げられたのだった。






………………………………………………
………………………………
………………



230: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/05(土) 20:07:57.98 ID:VE+p6+v70

 シャコシャコと小気味良い音で美波は全身を『洗浄』されていた。

「やだっ、やめてぇ!あ、あはっ、だめ、くすぐったいのも、きもちいいのもだめぇっ!あ、ひっ、あは!」




*******



 動作反転魔法。機械と手錠がワンセットになって美波にかけているその魔法は、対象のやろうとした動きを反転させてしまうものであった。

 これが何かの番組の企画とかであれば面白い画が取れるであろう仕掛けではあるが、それが性的なものとして使われると、美波にとっては拷問でしかない。

 機械のブラシを防ぐために丸み縮まろうと力を入れていた美波は、その逆の行為――すなわち機械に向けて体を広げてしまっていた。

 そんな美波に対し、機械は回転するブラシを股座に向けて伸ばした。美波は小さく悲鳴をあげて『股を閉じようとする。』

「あっ!?なんでっ、だめ、だめっ!」

 しかし、美波はその思いと裏腹に機械に対してあっけなくM字に開脚してしまう。

 そして、ブラシはゆっくりと回転しながら秘部にあてがわれた。

「ひっ、いいいいいいいいい!?!?」

 太い繊維の回転ブラシは美波の秘唇と淫核を音を立てながら優しく擦りあげる。

 さっき下着を脱いでしまったせいで露になっていたそこはブラシの刺激を直に受けることになり、その強烈な刺激に美波は股を反射的に閉じようとするが、それはつまりなおのこと足を開くということにつながり

「や、ぁっ!?にゃああああああああっ!!?!?」

 秘唇どころか膣の入り口付近までブラシに入り込まれるほど開いてしまい、美波はブラシに向けて勢いよく潮を吹いた。

「あ、ひっ、ひぃっ……」

 美波が絶頂すると、ブラシは一度離れた。



231: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/05(土) 20:09:34.54 ID:VE+p6+v70

(な、なんで、どうして……?)

 美波の頭の中には様々な疑問が交差する。体が言うことを聞かないこともそのひとつではあるが、それよりも……

(からだ、すごいあついっ……)

 美波の体は強烈に疼いてた。その原因はブラシに優しく責められたことも一因だが、それよりも一番の原因はとしてあげられるのは『媚薬』だった。

 それは前に、空間に体を固定された美波を襲った触手塊の放ったもので、彼女が扉の前で深い眠りにつく前まで、それは『疲労』という形でかなり抑えられていた。

 しかし、美波が眠りについて体力を回復しているうちに、体内に残っていた媚薬は体に吸収され、既に美波の体を完璧に発情させていたのだ。

 そして、その疼きは機械ブラシに責められ、一度絶頂を迎えたことで再びその芽を覗かせる。

(あつ、いっ、あつい、よっ……)

 体を火照らせて、発情している美波に機械は再びそのブラシを彼女に伸ばした……

 


*******



232: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/05(土) 20:10:56.85 ID:VE+p6+v70

 美波が全身の『洗浄』をされ始めてからもう一時間が経とうとしていた。最初に美波が絶頂した際に一度ブラシが離れてからは、その責めが途切れることはなかった。

「あひっ!ひゃ、あはっ!ひぃ、くっ!ああっ!」

 美波を責めるブラシはその数と種類を増やしていた。

 繊維の太いブラシはいまだに秘所を責め続け、美波の愛液をローション変わりに回転の速さに強弱をつける。

「そこ、もぉ、だめぇっ!も、いけな、いけないぃぃぃ!!?!」

 何度目かの潮吹きを美波はあっさり迎える。びちゃびちゃとブラシにそれがかかるがそれでもブラシは回転を止めない。

「だめ、まわってるの、とめてぇええっ!!」

 美波にかかっている魔法は効果抜群であった。

 秘部にブラシが接触すると、その刺激に対して美波の体は反射的にそこを閉じて防ごうとする。

 しかし、魔法の効果はそれを逆にしてしまうので、傍から見ればそれはブラシに対して自ら股を開くという痴女にも近い姿であった。

 そして、美波を責めるブラシはそれだけではない。



233: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/05(土) 20:12:26.13 ID:VE+p6+v70

「もう、だめぇ、ぁん!くるしっ、いき、あはは、でき、なっ……!」

 胸には細い繊維のブラシが覆いかぶさり、ぴんと張っている乳首を丁寧に擦りあげる。

 また、脇と脇腹、臍、臀部、太腿にもくすぐるような刺激を送り続けるブラシがセットされていた。

 その性的刺激とくすぐりの刺激は相性抜群であった。くすぐりにそこまで耐性のない美波はあっという間に思考を蕩けさせられ、ただただ笑い喘ぐしかない。

「あはっ、だめ、し、しんじゃ、あ、ひゃ、ひゃめ、てぇっ!」

 息継ぎがうまくできずついには意識が朦朧としだす。そんな彼女にブラシはとどめの一撃を刺そうとしていた。

「あ、ひぃっ……?」

 ぴとっ、とある部位に細い何かがつけられた。それが何かをぼんやりとした頭で理解した瞬間、一瞬で覚醒する。

「だめっ、そこは、だ――――」

 美波が言いきる前にピンと勃起した淫核を挟むようにセットされた柔らかい毛の歯ブラシが振動を始めた。

「あぎっ!?ひやあああああああああアああアァぁぁぁあっ!!?!?!」

 大量の潮を勢いよく吹き出しながら美波は体を跳ねさせ深く絶頂した。




………………………………………………
………………………………
………………




234: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/05(土) 20:14:08.61 ID:VE+p6+v70

 ゴシュッ、コシュッ!シャコシャコ…

「もお、ああっ、ゆるひ、へぇっ……あ、ああああああぁぁっ!!」

 美波の体は完全に絆されていた。こうなってしまえばもう魔法に頼る必要もないほどである。

 ブラシはひたすらに美波を責めていた。媚薬の効果ももちろんあるが、何よりブラシの責め方は美波用に作られているかのごとく、彼女の体を悦ばせていた。

 ヴィイイイイイイッ

「ひぃいいいぃぃぃぃっ!?」

 淫核の裏側を削るように歯ブラシが擦りあげる。振動もあいまって強烈な刺激とともに、美波はまたも潮を吹く。当然のごとく彼女の下には水溜りができあがっていた。

 だが、機械はまだ美波を開放しない。



235: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/05(土) 20:16:39.07 ID:VE+p6+v70

 チュポッ…

 ローションの滴る針金のような芯の入った極細のブラシが美波の尿道の入り口にあてがわれる。

「ひゃいぃっ!?!?そ、そこは、ちがぁっ!!」 

 チュルチュル…

 そして、それはスムーズに尿道に吸い込まれていく。

「みゃ、あああああああああっ!?!?!」 

 普通は絶対に体験できない刺激、慣れていなければかなりの痛みが伴うはずであったが、大量のローションと媚薬で出来上がった美波の体はそれすらも快楽に変えてしまう。

「だめ、で、でちゃ、うっ……あ、あああああああっ……」 

 刺激のせいで緩んだのか、それとも魔法の効果で反転して緩んだか、どちらともわからないが美波の尿道から弧を描きながら小水が放たれた。



236: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/05(土) 20:18:17.89 ID:VE+p6+v70

「いやぁ、いやぁぁぁぁっ……」

 小水がそこを通る感覚すら、今は強い刺激だった。しかし尿道用のブラシはその動きを止めるどころか、

 ウィイイイイイイイイン

「やだ、も、やあああああぁぁっっ!!!??!」

 その中で回転しだした。

「ま、また、だめっ、も、でないからぁあ!!あ、ああああ……」

 残っていたものまで出せといわんばかりに責められ、美波は先程よりも少ない量ではあるが、チョロチョロとあっけなく漏らしてしまった。

 そこでやっと、機械はブラシの動き全てを止めた。

「うぅぁ、あ……ひど、い、なんでこんな、恥ずかしい……」

 美波のプライドはずたずたに引き裂かれていた。誰かが見ているわけでもないが、ブラシに擦られ涎を垂らし、潮を吹き、あまつさえ尿まで漏らしてしまった事実は彼女の精神をかなり弱らせていた。

「あっ!?お、おわりじゃないの!?も、これ以上はっ!?あああああああああああああ!!!!」

 ゴシュ、ゴシュッ!
 シャコシャコ……
 クチュ、クシュッ!
 ヴィイイイイイイ!

 が、機械はまだ彼女を解放するつもりはないらしい。

「ひゃ、あはっあははは、も、ゆる、ゆるひてぇぇぇぇぇぇぇっ!!」

 最後の一押しとばかりに全てのブラシが強烈な回転で動き出し、美波はありとあらゆるものを吹き出しながら、終わらない快楽に弄ばれ続けた……



………………………………………………
………………………………
………………



237: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/05(土) 20:20:09.60 ID:VE+p6+v70

「…………」

 声がもう出ないのか、聞こえないほどに掠れた弱い呼吸を繰り返しながら美波は横たわっていた。

 あれから数時間、散々美波を玩んだ機械は唐突に美波を開放すると、あっという間に姿を消した。

 それと同時に魔法も解けたのだが、それに気づく力もないほど美波の体はまたも限界に近いほど弱っていた。

 しかし、それでも彼女の手にはあるものが握られていた。

 いまだに手錠のかかっているその手の中には、確かに穴の中にあった鍵が弱々しく握られていた。 



238: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/05(土) 20:20:57.61 ID:VE+p6+v70

新田美波【探索中】……両腕を拘束され、動作反転魔法をかけられた!脚を閉じようとすると開脚してしまう…ブラッシングマシンに激しく責められ、自ら脚を開きながら、9回もイかされてしまった…



239: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/05(土) 20:21:52.08 ID:VE+p6+v70

モバP「空間停止に動作反転……身体影響的なエロが多いな、たまらん。ブラシ責めっていいよなぁ……」

モバP「夕食は……いいや。時間もったいなしな。それよりも次のアイドルを、アルバムからーーーーー!」

モバP「ここだっ!」

モバP「依田、芳乃。か……」

モバP「大丈夫だよな……罰当たりとかないよな?」

モバP「でも、そんなの関係ねえ!そんなの関係ねえ!はい!オッ……」

モバP「……古いか」

モバP「よし……」

モバP「依田芳乃、と」



240: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/05(土) 20:24:19.47 ID:VE+p6+v70

[依田芳乃]



「ほー…ここですかー。邪な気配を醸し出しているのはー」

 薄暗い洞窟を鮮やかな着物を着込んだ少女が歩いている。

「ふむー、確かに怨念と色情の交じりを感じますー…」

 依田芳乃は何かに感づいたのか、ごそごそと懐を探り白い札を何枚か取り出す。それを彼女は洞窟の壁に次々と貼っていく。

「ここと、そこにもー、あとはー…ここにもー」 

 芳乃がこの洞窟に足を踏み入れたのには理由があった。

「しかしー、こんなところからー、そなたの念が届くとはー…」

 それは、彼女がそなたと呼ぶ相手――プロデューサーの謎の強い念がこの洞窟から漏れていることに気づいたからだ。

「一体何を考えているのですかー?この念はあまりにもー、汚れているのでしてー」

 そしてもうひとつの理由。

 それは流れてくるその念が強い色欲に囚われ、さらにプロデューサー以外の者の悲痛と情欲の混じった念もこの洞窟から聞こえてきたためであった。

「信じられませんがー…悪しきことをしているのであればー、それを止めねばなりませぬー」

 そう言いながら進む芳乃の背面から、彼女を狙うものがあった。

「……」




241: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/05(土) 20:26:45.54 ID:VE+p6+v70

 それは触手だった。地面からにょろにょろと生えてきたそれは彼女に狙いをつけると勢いよく飛びかかった。

 が、その触手が彼女に触れることは無かった。

 それは電撃のような衝撃音と同時にその触手が弾けとんだからだ。

「備えあればー、憂いなしでしてー」

 壁に貼られている札のうち、一枚が真っ黒に変色する。芳乃はそれを剥がして再び懐にいれる。

「さてー、そなたー…?わたくしの声が、聞こえませぬかー?」

 声量は小さいのだが、まるで空気に乗りそうな透き通る声が洞窟に響いていく。

 しかし、その声を聞いて顔を出したのは彼女の目的の相手ではなく、先程と同じ触手の群れだった。

 地面、壁、天井から伸びだしてくるそれは芳乃に狙いを定めたかのように、その先端を彼女に向ける。



242: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/05(土) 20:27:42.52 ID:VE+p6+v70

 しかし、彼女に焦りの表情は見られない。 

「ふむー、しからば、祓ってしんぜましょー。そなたを探すのはー、それからにー…」

 先程と同じように触手は芳乃に伸びていくが、彼女に届く前に壁に貼られた札が光ると、皆同じようにその身を弾けさせていく。

「学ぶことができぬとはー、悲しく哀れでしてー」

 そしてある触手が他の物と同じように弾けた瞬間だった。

「!!」
  
 バンとそれが弾けた瞬間、濃い紫色の霧をあたりに撒き散らした。

「く、ぅ……」

 油断していた芳乃はその霧を思いっきり吸い込んでしまい、脱力したように地面に膝をつく。



243: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/05(土) 20:31:04.95 ID:VE+p6+v70

「力に慢心し、学ぶことをしなかったのはー、わたくしのほうでしたかー…」

 強制的に重くなっていく瞼に芳乃は諦めたように息をつく。

「これは、これが、そな、たの意思なのですかー…?」

「……そうであるならばー…わたくしは、それを甘んじて、うけ、ま、しょ……」

 そして、芳乃は地面にゆっくりと倒れこみ

「すぅー……すぅー……」

 そこで穏やかな寝息を立て始めた。

 触手もしばらくは札に邪魔され、芳乃に近づけなかったが、札は無制限ではなかった。貼られた札すべてがその役割を終えると、残っていた触手は彼女の体に纏わりついていく。

 そのまま襲うかと思われたその触手は、しかしそれとは違う行動に出る。

 それは芳乃の軽い体を持ち上げると、そのままその身を暗闇の奥に連れ込みだしたのだ。

 そして、芳乃と触手はあっという間に暗闇に消えていった。



………………………………………………
………………………………
………………




244: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/05(土) 20:32:23.61 ID:VE+p6+v70

 芳乃が目を覚ますとそこは暗闇だった。

「ん、う……」

 強制的に眠らされたおかげで鈍った体が徐々に覚醒していく。

「ここはー…どこでしょうー、あうっ」

 ゆっくりと起き上がろうとしたら、芳乃は頭をぶつけ、小さく悲鳴をあげる。

「……天井が低い、というわけではなさそうですがー…」

 試しに手を伸ばしてみるがそれはすぐにぶつかる。横に広げてもみたが、それも同じようにすぐに壁のようなものにぶつかる。

 そこで気づく。今、自分が寝返りもうてないような狭い場所にいることを。

「閉じ込められましたかー…?」

 空間を把握するために、周りを手と足を使いながら探っていく。

「なんでしょうー?箱でしょうかー…」

 そして芳乃は自身が四角形に近い箱の中に閉じ込められていることを理解した。



245: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/05(土) 20:33:30.31 ID:VE+p6+v70

「これは、困りましたー…こうも身動きが制限されてはー…」

 芳乃を閉じ込められている箱は棺であった。その狭い中に彼女は横になって閉じ込められていたのだ。身動きの取れない体を何とか動かし棺を開けようとするが、蓋は固定されているのか、びくともしない。

「うむー、自力では無理ですかー…」

 自分の力だけでは無理だと悟った芳乃は、懐に手を入れてあるものを取り出す。

「すべて使わなかったのはー、英断でしたかー」

 それは先程壁に貼った札だった。芳乃は手を伸ばしてそれを蓋の裏面と思われるところに貼る。

 そこから、その札に力を込めるように芳乃は集中を始める。が

「ん、これはー?」

 それは小さな刺激で中断される。

 芳乃の少女を象徴する部分――すなわち秘部に何か丸みを帯びたものが接触し、彼女はぴくっと体を反応させる。

「な、なんでしょうー、あまり、よきものではー…」

 彼女の嫌な予感はあたっていた。そして言葉を言い切る前に『それ』は音を立てて振動を始めた。

「ひ、ぐっ……!?」

 彼女の表情が崩れた。



………………………………………………
………………………………
………………



247: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/05(土) 20:35:39.22 ID:VE+p6+v70

 ヴィイイイイイと機械的な音と振動が芳乃を襲う。

「くぅっ!ふぅー、ふぅーっ……!」

 彼女は秘所に当てられたものから来る振動の刺激に歯を食いしばって必死に耐えていた。

 棺の底から伸び、彼女の股にあてがわれ振動するそれは、電動マッサージ機であった。それはただのマッサージ機ではない。

「この淫気はー、んっ!、なにか、細工が、ぁっ……!」

 その電動マッサージ機には淫魔のある魔法がかけられていた。

 それはその振動に中てられた対象者の感覚を無理やり鋭敏にし、強制的に発情させるものだった。

 簡単に言えば、催淫魔法である。



249: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/05(土) 20:37:23.99 ID:VE+p6+v70

 そんな魔法の効いたマッサージ機は芳乃の秘部を責める。

 芳乃はその場所からの刺激だけでなく、届いていないはずの子宮までもが震わされているような感覚に襲われ戸惑い、無理やり快感をその身に受ける。

「これで、はー、あっ、しゅ、ちゅう、が、できませ、ぬー…!」

 芳乃の体は完全に火照り、貼られた札に力を入れることもできない。

「ひ、ぐぅっ、これに、まどわ、されてはー…気を、つよく、んんっ!」

 体を自由に動かすこともできず、ただ気持ちいい振動に芳乃は翻弄される。既に下着はぐっしょりと濡れそぼり、狭い棺の中で振動にあわせて芳乃は身を震わせる。

「は、ひっ、このまま、ではー…く、ぅっ!!!!!」

 そして、芳乃はあっけなく体をビクンと震わせながら声を押し殺して絶頂した。

「あぁっ、こんな、これ、は……ちから、が吸われ、てー…?」

 そして、絶頂した瞬間に強烈な脱力感が彼女を襲う。



250: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/05(土) 20:38:52.10 ID:VE+p6+v70

 それは、達したことから来る体の弛緩と、もうひとつ原因があった。

 淫魔の電動マッサージ機に仕組まれた魔法が、絶頂で緩んだ彼女の体からその精神力も一緒に吸収していたからである。

「これが、ぁっ、目的っ、ですかー…ひゃ、ぁ」

 電動マッサージ機は芳乃の力を吸ったからなのか、その振動力を強める。

「は、ひぃっ!たえね、ば……耐えねば、なりませぬー…っ!」

 自分に言い聞かせるよう言葉を口にしながら、芳乃は必死に体を縮みこませ少しでも刺激を少なくしようとする。

 しかし、催淫によってどんどん敏感になっていく体にはその抵抗は無意味であった。

「あっ、これ、い、いけませ、ぬ……あ、あぁっ!」

 ぴゅっと潮を吹いて、芳乃は二回目の絶頂を迎えた。

「ひ、ひぃっー…、ひー…!」



251: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/05(土) 20:39:57.47 ID:VE+p6+v70

 そして、また体中から力を抜かれる。マッサージ機の振動は益々強くなる。

「これ、では……このまま、ではー…いぃっ!」

 完璧な悪循環に陥っていた。芳乃がその小さな体を震わせ絶頂を迎えるたびに、マッサージ機はその力を吸い取り、振動を強める。

「はぁ、ぁんっ!振動、とめて、くださ、いぃっ……ふあ、ぁん!」

 刺激に何とか耐えながら固く閉じていた口からも、次第に年相応の可愛らしい嬌声が漏れ出してくる。
 
 棺にはその艶の混じった声が響き、強烈な淫気も棺の中にどんどん凝縮されていく。

 それは簡単に芳乃の思考を狂わせ、快感の色に染めていく。次第に彼女も抵抗を薄め、マッサージ機の責めに対して気づかないうちに従順になっていく。

「しんどう、が…ぁん、くぅぅっ……あっ、ま、またっ、あっあっ!」

 芳乃はさっきよりも勢いよく潮を吹きだす。

 マッサージ機はまだまだ振動を強めながらぬらりと愛液で濡れた秘唇の表面と硬く尖った秘芯を強く振るわせる。下着越しであってもその快感は強烈で、芳乃は狭い棺の中で甘い声をあげながら何度も体をのたうちまわせた……



………………………………………………
………………………………
………………



252: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/05(土) 20:42:01.45 ID:VE+p6+v70

 電動マッサージ機は動きを止めた。動き出してから数時間後のことである。

 それを合図のように棺の蓋が横に開く。芳乃はようやく開放されたのだ。

「は、ぁっ、はぁっ、そな、たー…なぜ、こんな……」

 しかし、芳乃は棺から立ち上がることができない。

「……わたくし、もー…この念の中に、取り込まれてしまうのでしょうかー…」

 下半身の強烈な疼きが消えることは無い。芳乃の抜かれた力の変わりに叩き込まれた快楽は彼女の精神を蝕み、支配していた。

「あぁ、もう、抗う力はー…」

 芳乃はその心に暗い影を落とす。

 それはその棺に向けて、先程芳乃をここに連れ込んだ触手の群れが粘液を垂らしながら近づいてきたからであった。

 その触手達はさんざんマッサージ機に玩ばれ、強制的に交配の準備をさせられた芳乃の体に纏わりつきだす。

 芳乃は諦めた。触手への嫌悪感に強張らせた体もすべて脱力させ身を任せる。

「ぁん、くっ、う、うけいれ、ましょうー、……これも、そなたの、望みならばー……ひゃ、あん!?そ、そこはー…っ」

 しばらくして、その空間から粘着質な音と少女の嬌声が響きだした……



253: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/05(土) 20:42:34.61 ID:VE+p6+v70

依田芳乃【探索中】……淫機の棺に閉じ込められた!狭い棺の中で、脚の間から出てきた 淫魔の催淫電マが股間に迫る!4時間もの間、股間を徹底的に嬲り続けられ、、完全に脱力しながら 7回もイかされてしまった。




254: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/05(土) 20:46:17.18 ID:VE+p6+v70

モバP「なんか俺が洞窟を仕組んだみたいになってるけど違うよ!?いや、ある意味違わないけど!」

芳乃「ほー、そういうことでしたかー」

モバP「そう!そうなの!全部妄想だから!うん!……ん?」

芳乃「そなたの呼ぶ声に導かれきてみればー、こんな邪な念にとらわれてるとはー」

モバP「よ、芳乃!?ど、どうした!?こんな夜に!?いや、というか今日オフだったでしょ!?」

芳乃「だから先から言っているのでしてー、そなたの呼ぶ声がしたとー」

モバP「えっ?いや、確かに芳乃のことを考えてはいたけど……」

モバP(まさか、妄想とはいえ芳乃を滅茶苦茶にしたことは言えない!!絶対に言えない!!)

芳乃「いくらそなたの思考の中でもー、あのような目に遭わされるのは精神上あまりよろしくないのですよー、わかりますかー?」

モバP「……えっ?あのような目って……?もしかして」

芳乃「ちょうど瞑想中でしたからー、そなたの念が覆いかぶさってきたのでしてー」

モバP「え、じゃあ、筒抜けだったの?」

芳乃「……つまり、そういうことでしてー」

モバP「ええっ!?じゃあ電マ責め覗かれてたの!?」

芳乃「……っ」バンバン

モバP「あ、ごめん!いてっ、アルバムいてえっ!ごめん、ほんとごめん!」

芳乃「そのおかげでだいぶ精神を消耗してしまいましたー、しばらく仮眠室をお借りしますのでー、終わったら寮まで送りますようー」

モバP「え、眠いなら帰ったほうが……」

芳乃「よいですかー?」アルバムを持つ

モバP「はい、わかりました。存分にお休みください。本当すいませんでした」

芳乃「そなたも男性だからということは理解していますがー、あまり妄に囚われませんようにー、もしも何かありましたら、お呼びくださいー」

モバP「お、おう、気をつけるよ。とりあえず仮眠室に迎えに来るからもう少し待っていてくれ」

芳乃「本当にわかってましてー?まあ、よいでしょうー。それでは、仮眠室で休ませていただきますー…」

モバP「おう、ゆっくり休んでくれー」



255: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/05(土) 20:46:53.76 ID:VE+p6+v70

モバP「ああ、びっくりしたー。まさかそんな強い妄想力だったの?」

モバP「芳乃には悪いことしたな。あとで何か頼みがないか聞いておこう」

モバP「さて、芳乃も早く送ってやらないといけないし、あと一人にしとくか」

モバP「先程俺に猛威をふるったアルバムのー……ここじゃあああ!!!」

モバP「んんんんん、松本沙理奈!」

モバP「よしっ」

モバP「松本沙理奈、っと」




256: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/05(土) 20:47:21.07 ID:VE+p6+v70

[松本沙理奈]


 松本沙理奈の豊満な胸が形を変えながら歪む。

「あっ、ぁん……!!」

 胸からの痺れるような刺激に声をあげるが、彼女の胸を弄っている手は次に指を使い、彼女の硬く張った乳首をコリコリと摘んだり、遊ぶように弾いたりする。

「は、あぁん!!……すご、胸だけなのにぃっ、きもち、いいっ……」

「淫魔の指使いって凄いでしょ?まあ、貴女のおっぱいがとってもいやらしいせいでもあるんだけど」

 松本沙理奈の胸を自由にしているのは淫魔と名乗る女性だった。
 その女性は彼女の後ろから抱きつく形で、その胸を彼女の声に合わせて強弱をつけながら弄っていた。

(あれ、なんで、アタシこんなことになってるんだっけ……?)

 自然と漏れる自分の嬌声を聞きながら、快楽に惚けかけている頭で沙理奈はゆっくりと思い出していた。



************************



257: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/05(土) 20:49:25.86 ID:VE+p6+v70

「それでアタシはなんでこんな洞窟に連れ込まれたのかしら?」

 木製の椅子に腰掛けて困ったような表情の沙理奈は目の前の女性と話している。

「いや、それを私に聞かれてもなぁ。連れ込まれたかどうかすら知らないし……」

 テーブルを挟んで話しかけられた女性も同じように困ったような表情をしていた。

「バーで飲んでいて、気がついたら洞窟に倒れているなんて普通信じられる?」

 沙理奈は今日、いきつけのバーでゆっくりと一人杯を傾けていた。
  
 本当は何人か誘ったのだが今日に限り誰も都合があわなかったので、結局一人で飲むことになったからだ。

 そうしてお酒を楽しんでいるうちに、ついつい飲みすぎてしまったのか彼女を突然眠気が襲う。抗う必要もないかとバーのカウンターに突っ伏した彼女は静かに寝息を立て始めた。

 それが彼女が眠る前に覚えていること全てだった。



258: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/05(土) 20:53:24.80 ID:VE+p6+v70

 そして彼女が次に目を覚ました瞬間、驚愕した。

 そこは誰がどう見ても洞窟であった。突然名も知らぬ場所に飛ばされ彼女は困惑する。

 だが、彼女には幸運があったのか、その目の前には建物が佇んでいた。

 洞窟の壁を刳り貫いて造られたようなそこを見て、とりあえずどうしようもなかった彼女は尋ねていった。

「うーん、まあ不幸だっととしか。というかこのお店見つけられただけでも幸運だと思うんだけどな。はい、どうぞ」

 そして現在、彼女はその建物の中で身を休ませてもらっている。

 彼女の前にいる女性は水が注がれたコップを沙理奈に差し出した。

「お店っていうけど、貴女の言うことが正しければ、貴女ってサキュバスなんでしょ?正直、この水も少し怖いんだけど」

「飲む飲まないは自由でいいよ。サキュバスだって別に年中人を襲っているわけじゃないし」

 サキュバスと呼ばれた女性は、自身のコップにも同じ水を注ぎ、飲む。

 それを見てか沙理奈もその水を飲んだ。乾いた喉に冷たい水は非常に心地よい。



259: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/05(土) 20:54:20.90 ID:VE+p6+v70

 ほぅっ、と息をつく沙理奈を見ながらサキュバスと名乗る女性は再び口を開く。

「それにこのお店に辿り着いたのは本当に幸運なんだって。そうじゃなかったら今頃……」

「いまごろ?」

「うーん、そうねぇ。触手の苗床か、スライムに取り込まれるとか、牢に閉じ込められて延々機械に嬲られるとか、とにかく悲惨な目にあうんだから」

「へー……」

 その話を聞いて、あまり表情を変えない沙理奈にサキュバスは怪訝な表情をする。

「あれ?あんまりそういうの怖がらない人?」

 うーん、と沙理奈は首を捻る。

「いやぁ、怖がらないというか信じられないというか~、急にそう言われても実感が、ねっ?」

 そんな彼女の様子に、納得したようにサキュバスは頷いた。そして言った。

「じゃあ、少しだけ体験してみる?」

「え?」



260: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/05(土) 20:55:07.46 ID:VE+p6+v70

 にわかに、サキュバスの雰囲気がかわったことを沙理奈は感じ取る。

「このお店ってね。来てくれた人に性感サービスをしてあげるところなの」

 沙理奈が椅子から立ち上がろうとする前に、後ろからサキュバスが抱きついた。そして首筋をいやらしく舐めると彼女の体中にぞわぞわっとした快感が駆け巡る。

「大丈夫、受け入れて……」

 その言葉が耳から入ってくると、沙理奈は脳が痺れるような不思議な感覚を受け、若干放心したようにサキュバスにその身を預けた。

 そして、沙理奈が体重を預けてきたのを合図にサキュバスは彼女の服をずらしその豊満な胸を空気に晒した。

「あっ……」

 ぷるんと震えるそれをサキュバスは手の平全体でマッサージするようにいやらしく触りだす。

「たっぷり、感じさせてあげる」

 その目はサキュバスらしく、真っ赤に輝いていた。



************************



261: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/05(土) 20:56:15.98 ID:VE+p6+v70

「は、あぁん!」

「ふふっ、胸だけでも達しそうね」

 嬌声をあげる沙理奈からサキュバスはその手を離した。あっ、という物足りなさを含む声にサキュバスはにやりと笑う。

「もっとして欲しかった?」

 そう言われると沙理奈は、首は振らないが困惑の瞳でサキュバスを見つめる。

「き、きもちいいんだけど、なんでこんなこと……?」

 息を荒げ、顔を上気させながら情欲に染まりかけている瞳をサキュバスは見ながら、うーん、と少し考えたようにしばらく顔を傾けると、考えをまとめたのかそれに答える。

「貴女、淫乱でしょ?」

「いん、らん?」

「そう、他人に無茶苦茶にされたいとか、もっと自分の淫らな姿を曝け出したいとか、そういった欲が特別強い者を淫乱って呼ぶの」

「アタシが、淫乱、ですって……?」

「そう。少しは自覚あったでしょ?だからこんなになってるのっ」

 再び、サキュバスの指が沙理奈の乳首を抓り上げる。



262: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/05(土) 20:57:16.39 ID:VE+p6+v70

「ひいぃぃ!?」

 その刺激に沙理奈はびくんと背を仰け反らせる。

「見られたいんでしょ?自分の淫らな姿も全部ぜーんぶ。あ、鏡だしてあげる!」

「そ、そんな……あ、ああっ」

 沙理奈の目の前に巨大な鏡が突然現われた。そこには顔を真っ赤に火照らせ胸を弄られるながら震える自身の姿が全部映る。

「ね?見える?貴女の今の姿」

 胸の上でいやらしく動き出す指に先程よりも過敏に反応しながら沙理奈は震える。

「は、ぁっ、んあっ!」

 目の前の鏡には淫らな自分の全身が映り、それはなおのこと沙理奈の興奮を昂ぶらせていく。



263: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/05(土) 20:59:18.65 ID:VE+p6+v70

「この胸、自慢なんでしょ?わかるよー綺麗だし形もいいし、感度もいい。いろんな人に触られたいよね?たくさんの手に乱暴に扱われたいよね?」

「はっ、ひゃっ、ぁあ!」

 頭の中で想像する。たくさんのファンに囲まれ蹂躙される自分を。嫌がろうがなんだろうが関係のない手によって汚される自分を。

(いや、そんなことアタシ望んで……!)

 その中で気持ちよさそうに喘ぐ自分を。

(望んで……望んで……?)

 サキュバスは内心ほくそ笑んでいた。先程渡した水、あれにサキュバスが何も細工をしていないわけがなかった。

 サキュバスはあの水にあらかじめある薬を溶かしていた。

 それは、飲んだ本人の中にある羨望を強制的に淫らなものに改編させ、まるでそう自分がそう思っているかのように錯覚させるものだった。もちろんサキュバスの飲んだ水にそれは含まれていない。

「ひゃっ!ぁん!アタシが、これっ、望んでぇっ!?」

「まあ、あの量でこうなるってことは少なからずそうした意識も少しはあったのかなー」

「はぁ、んっ、くぅ、はぁっ、はぁ……」

 サキュバスが胸から手を離すころには沙理奈は荒い呼吸を繰り返し、完全に抵抗する力を失っていた。

 その思考も薬の影響か完全に書き換えられ、彼女は次の刺激を懇願するような瞳をサキュバスに向ける。

 サキュバスもそれを理解してか、その手をついに沙理奈の股座に向けて伸ばしていく。



264: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/05(土) 21:00:34.61 ID:VE+p6+v70

「じゃあ、下のほうも触っちゃおうかなー?ねえ、触ってもいい?」

 意地悪くその直前で手を止めてわざわざ確認を取る。

「う、ん。さわって、もっとさわっていい、わよ……♪」

 沙理奈はサキュバスに焦らされていることに気づき、あろうことかその手を握って、自らそれを秘部につけた。

(はやく、はやく、もっとアタシを、めちゃくちゃにして欲しい!)

 彼女の思考は完全に惚けていた。

「ふふっ、じゃあ貴女のお望みどおり……」

 サキュバスは沙理奈の下着を器用にずらすと既に濡れていたそこに細長い指を入れ込んでいく。

「あっ、ああ、あぁぁっ!」

 クプックチュッといやらしい音を立てて入れ込まれていく快感に沙理奈は体を跳ねさせる。




265: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/05(土) 21:02:14.88 ID:VE+p6+v70

「ふふっ、根元まで入っちゃったよ?」

「あ、はっ、すごい、長くてひんやりしてきもちいい……♪」

「そうでしょうそうでしょう?で、どうしてほしい?」

 そう言うとサキュバスは膣の中に入った指を少しだけ曲げる

「……えっ?あっ、ぁん!」

 くにっと一瞬だけ曲げられた指が膣壁を削り沙理奈は嬌声を上げる。しかし、それ以降その指はその場で動かない。

「言われないとわからないし?ほら、貴女の望みどおりにしてあげるから言って?ね?」

「あっ……あ、アタシの……?」

「早くしないと抜いちゃうよ~?」

 焦らすように軽く動かす。それだけでも沙理奈はがくがくと体を震わせる。

 そして、涎が垂れる口を開いて彼女は欲望を吐き出した。

「め、めちゃくちゃにっ、もっとアタシのなかめちゃくちゃして、きもちよくしてっ!」

 その言葉を待ってましたとばかりに、サキュバスは口元を歪めた。



266: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/05(土) 21:04:20.57 ID:VE+p6+v70

「じゃあ、お望みどおり!」

 そして、グチュッと音がした瞬間、全身を駆け巡る電流に沙理奈は跳ねた。

「ひゃああああんっ!!」

 サキュバスは人差し指と中指を入れ込みぐにぐにと膣を広げるような動きで沙理奈を責めていく。時折サキュバスの爪が膣壁をカリッと擦ると沙理奈は少量の痛みと大量の快楽を感じ、びくびくと震える。

「どう?気持ちいい?」

「き、きもちいいっ、もっと、もっとぉっ……♪」

「んふふー、ここかなっ?」

 そしてサキュバスは沙理奈の膣壁の弱点を見つけ、そこをガリッと爪で削った。

「みゃ、あああああああぁぁぁっっ!!」

 体を強く仰け反らせ、沙理奈は絶頂する。その顔には恍惚の表情が浮かんでいる。

「見へぇっ、もっと、みんな、アタシをみてぇっ……!」

 呂律が回らない沙理奈は、虚ろな瞳でさらなる刺激を求める。

 サキュバスは空いていた手を先程から放置されていた胸に伸ばした。

 先程よりも格段に感度のました胸と、膣を同時に刺激されて沙理奈は快楽に暴れる。

「あ、あはっ、ぁん!ぜんぶ、ぜんぶめちゃくちゃにしてぇっ!!」




………………………………………………
………………………………
………………




267: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/05(土) 21:05:29.07 ID:VE+p6+v70

「そして、貴女は気を失いました」

「いや、もう、最悪ありえない……」

 木製のテーブルを挟んで、沙理奈とサキュバスは椅子に腰を下ろしていた。

 沙理奈の表情は羞恥心一色で、顔を手で覆って俯いている。

「あんなに気持ちよさそうにしてたのに?」

「それは貴女が薬を飲ませたからでしょっ!!」

 にやついているサキュバスに沙理奈は大声をあげる。サキュバスは笑いながら手を合わせて謝る。

「あー、ごめん、ごめん。つい、ね。サキュバスだし?美味しい餌あったらついつい食べたくなっちゃうんだよね」

 沙理奈が目を覚ましたのはベッドの上だった。自室かと思ったが古臭い天井のつくりを見て先程と同じ場所にいることをすぐに理解して起き上がった。

 サキュバスの話しによると、どうやら二度目の絶頂の瞬間に気絶してしまったらしい。



268: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/05(土) 21:06:28.53 ID:VE+p6+v70

「うーん、やっぱり人には量が多いのかなぁ。次はもうちょい減らしてみるかぁ」

「はぁ……もうアタシ行くわね。ずっとここにいるわけにもいかないし……」

 そう言って席を立った沙理奈にサキュバスは怪訝の表情を浮かべる。

「あれ?ここに住まないの?」

「は、はあっ!?す、住むわけないでしょ!」

「えー、残念」

 さもそうであるかのように言ったサキュバスに沙理奈は全力で否定する。

「薬で助長されてたとはいえ、貴女はこちら側の素質ありそうなんだけどなぁ……」

「じょ、冗談でも笑えないわよ……とにかくここから抜けなきゃ。あ、そうだ!アタシに薬飲ませてあ、あんなことまでしたんだから、出口ぐらい教えてくれるのよねっ」

「……まあ引きとめはしないけど。えっと、出口ね、確かここから出て左にまっすぐ行けば上に上がれるはず。そこから先は知らないよ」

「出て、左ね。じゃあね。もう会うことはないと思うけど」

「はいはーい。ご健勝をお祈りしますー」

 沙理奈がお店から出て行くのを見送るとサキュバスは椅子に座り、深いため息を吐いた。

「欲しかったなぁ、あの子……」




269: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/05(土) 21:06:57.95 ID:VE+p6+v70

松本沙理奈【探索中】……お店を見つけた。...中に入ってみるとそこはサキュバスの性感拷問店だった!全身を淫魔の超絶テクで愛撫され、無抵抗のまま 2回もイッてしまった…



271: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/05(土) 21:07:55.12 ID:VE+p6+v70

モバP「沙理奈は、うん。なんというか元々ちょっとアレなところもあったからな……誘惑とか誘惑とか誘惑とか……」

モバP「もし、沙理奈がサキュバスになったら凄いな。搾られたい、死ぬまで搾られてもいいかもしれん」

モバP「さて、芳乃もいるし今日はこのぐらいにしとくか……」

仮眠室前

モバP「よしのー?」

芳乃「……う、んん、終わりましたかー…?」

モバP「おう、待たせてすまんな。寮まで送ってくよ」

芳乃「よろしく、おねがいしますー…」

モバP「ん?芳乃、心なしか顔赤くないか?」

芳乃「……お気になさらずー…すぐにひっこみますのでー」

モバP「そ、そうか?じゃあ、帰るか」

芳乃「はいー、安全運転ですよー?」

モバP「ほいほい」

モバP(また明日だなぁ、次は誰にしようか)

パシンパシン

モバP「あてっ、いてっ、よ、芳乃?」

芳乃「邪な念を感じますー」パシンパシン

モバP「あ、ごめん、ごめんなさいっ。叩かないで!」



274: ◆JfOiQcbfj2 2016/03/05(土) 21:11:46.59 ID:VE+p6+v70

読んでいただきありがとうございました。正直口調とか違和感があると思いますが、自分にはこれが精一杯です。ごめんなさい。

というわけで↓3までアイドル名をお願いします。ただ今回はちょっと忙しくて一週間後ぐらいになりそうなんですけどHTML依頼してまた立てたほうがいいのかなあと悩んでます。

ひとまず、今回はここまでです。ありがとうございました。





275: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/05(土) 21:11:49.86 ID:EW80km6yo

関裕美



276: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/05(土) 21:11:50.29 ID:bJjhQazso

アナスタシア



277: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/05(土) 21:11:50.99 ID:JyiSkV3nO

元スレ
SS速報VIP:【モバマス】モバP「エロトラップダンジョン?」【R-18】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1456497982/