1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/10/19(土) 10:44:52.62 ID:gaEqEQbk0

比企谷八幡「>>5かな」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/10/19(土) 10:46:52.01 ID:Bkf0rlp/i

さきさき



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/10/19(土) 10:53:13.61 ID:gaEqEQbk0

八幡「やっぱさきさきだな」

沙希「ん?」

八幡「俺の好きな人」

沙希「はぁ!?」

八幡「あの時のお前のスカートの中を見た時から俺の心は……」

沙希「……しね」

ゴッ

八幡「がっ……!」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/10/19(土) 10:59:16.90 ID:gaEqEQbk0

沙希「もっとまともなこと言えるようになってから告白しな。じゃあな」

八幡「さきさきのことを褒めつつ俺の好意を伝えたのに、なんだこの仕打は…」

八幡「今の俺では好きな人に正しく思いを伝えられそうにない…」

八幡「この次の行動は安価>>20に任せよう」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/10/19(土) 11:06:06.53 ID:Bkf0rlp/i

もう一度アタック



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/10/19(土) 11:08:23.83 ID:gaEqEQbk0

八幡「さきさき!」

沙希「なに?」

八幡「>>25



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/10/19(土) 11:09:47.24 ID:VLLxjqLnO

文化祭のときも言ったが、心から愛してるぜ。俺の18歳の誕生日に婚姻届を出そう



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/10/19(土) 11:20:36.46 ID:gaEqEQbk0

八幡「文化祭のときも言ったが、心から愛してるぜ。俺の18歳の誕生日に婚姻届を出そう」

沙希「……」

八幡「おーい」

沙希「あ、うん……ちゃんと言えるじゃんか///」

八幡「俺の気持ち伝わったか?」

沙希「ま、まぁな///」

八幡「じゃあ、婚姻届出してもいいか?」

沙希「まだ付き合ってもいないんだけど」

八幡「………」

八幡「>>32



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/10/19(土) 11:23:00.95 ID:IQKxY6a20

やーめた



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/10/19(土) 11:28:53.87 ID:gaEqEQbk0

八幡「やーめた」

沙希「は?」

八幡「よく考えてみたらお前のこと大して好きじゃなかった」

沙希「……」

八幡「やっぱ一番は>>38だな」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/10/19(土) 11:33:14.53 ID:QX3fqWeJ0

雪ノ下



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/10/19(土) 11:38:17.17 ID:gaEqEQbk0

八幡「やっぱ一番は雪ノ下だな」

沙希「……」

八幡「告白に行ってくるわ」

沙希「ちょっと待ってよ」

八幡「?」

沙希「あんたさ……いまさらそれ通ると思ってんの?」

八幡「え……うん」

沙希「へー、通ると思ってんだ。させないよ」ジャキ

八幡「な、なんだよ……ちょっ、裁ち鋏の刃をこっちに向けないで!マジで怖いから!」



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/10/19(土) 12:12:44.28 ID:gaEqEQbk0

沙希「告白した以上、責任をもって付き合ってもらうから」ジャキ

八幡「わ、わかった……!分かったから鋏をこっちに向けないで……!」

沙希「ほんとに分かったの?」チャキ

八幡「もちろんです!俺はさきさきの恋人です!誰とも浮気しましぇんから!」

沙希「ならいいや」スッ

八幡「ハァハァ……殺されるかと思った……こんなんで恋人とか続くのか?」



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/10/19(土) 12:24:25.99 ID:gaEqEQbk0

沙希「無理矢理にでも続かせるから」

八幡「俺にとってプラスになることが無さそうなんですが…」

沙希「こっちだってそっちのワガママ聞くんだからいいでしょ」

八幡「え、それってどのくらいまでオッケーなの?」

沙希「まあ、できる範囲でなら……いい思いさせてあげもいいんだけど///」

八幡「なにそれ、最高なんだけど」


おわり



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/10/19(土) 12:42:20.98 ID:I5NYfaIp0

二人きりの時

沙希「ねぇ比企谷、付き合うって具体的にどうすればいいの?」

八幡「さぁ…俺に振るかそういうこと異性と付き合ったことがあるとでもおもってるのか?」

沙希「アンタの事だからその手のラノベとかゲームとかでいっぱい疑似体験してるとおもうんだけど」

八幡「……」

沙希「それにもちろんコッチだって異性を付き合うだなんて初めてだし…」

八幡「……」

沙希「で、どんなことするの?」

八幡「……スとか」

沙希「してみる?」



八幡「」


沙希「…他にはどんなことするの?」


的な?



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/10/19(土) 13:00:02.01 ID:I5NYfaIp0

八幡「(い、今何が起きた、川崎の顔が近づいてきて…俺の唇に…はぁ!?)」

沙希「何黙り込んでんのよ…そういう反応されるとこっちが恥ずかしいじゃないの」

八幡「(俺今ergやってるのか?小町にばれないようにかったあれを黙々とやってるんだな、そうに決まってる)」

沙希「ちょっと、まじなんとかいってよ…」

八幡「(ってことは、彼女の部屋でキスの後はお互い身体を求めあって、男女の仲に…って流れだな」

沙希「えっ!?」

八幡「へ?」

沙希「ちょ、ちょっとまって、そ、そんなことするの?したいの?私と…」

八幡「あれ?リアルなゲームだなー」

沙希「…あ、あんたがそういうことしたいっていうなら……私も……いいけど……ってバカ何を言わすんだ」


―大志「ただいまー、ってお兄さん来てるのー?」―

沙希「ちょっ、か、帰ってきた!?遅くなるっていってたのに、ひ、比企谷ちょっと隠れて!」


大志が帰ってきて顔を真っ赤にしてあわあわするさきさきと、状況が理解できずえrgだと現実逃避する八幡のギャップとかだよね



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/10/19(土) 13:34:09.75 ID:I5NYfaIp0

後日、奉仕部終了予定時刻

沙希「比企谷ーいるかー?」

由比ヶ浜「あっ、さきさきやっはろー」

雪ノ下「比企谷君だったら、えっとあれどこかしら?」

沙希「もしかして帰った?あいつ」

雪ノ下「彼の荷物はここにあるのだから、帰ってはいないと思うわ」

由比ヶ浜「そーいえば、さっきトイレいくっていってたような?」

雪ノ下「そうだったかしら?」

沙希「相変わらずあいつは影薄いな、3人しか居ない部屋でも存在感がないって」

雪ノ下「ところで川崎さん、奉仕部に何か用かしら、依頼?」

沙希「いやいや奉仕部じゃなくて…」

八幡「川崎、何やってるんだこんなところで」

沙希「あっ、比企谷!もぉ何やってるんだじゃないわよ!」

八幡「…?何がだ」

沙希「今日、一緒に帰りに買い物するから付き合ってっていったよね?だから下駄箱のところで待ってたのにいつまでも来ないから」



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/10/19(土) 13:41:37.21 ID:I5NYfaIp0

八幡「あぁーそうだったな、悪い悪い」

沙希「全然悪いと思ってないだろ、それ!」

八幡「モウシワケアリマセンデシター」

沙希「テメェー!」

雪ノ下「ちょっと、いいかしら?」

八幡「…ナンデショーカユキノシタサン」

雪ノ下「その見た目以上に覇気のないしゃべり方はやめてほしいのだけれど…まぁ今更比企谷君にその手のものを求めても仕方ないわね」

八幡「はいはい、私の事を理解してくれてありがとうございますですはい」

雪ノ下「そうじゃなくて、なんで比企谷君が川崎さんの買い物にその、つ、付き合うことになっているのかが知りたいのだけれど」

八幡「あーそれか、明日休みだろ?」

雪ノ下「暦の上ではそうね、貴方の人生は万年休日に感じるのは気のせいじゃないと思うのだけれど」

八幡「いちいち悪態つかないと会話ができないのかよ!で、川崎の家で明日飯ごちそうになるから何食べたいか買い物しながら教えてくれ、兼荷物持ち

由比ヶ浜「ヒッキー!何なのそれ!私聞いてないしー」

八幡「いってないからな」

川崎「ってわけでもう奉仕部はおわったよね?こいつ借りていくね」



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/10/19(土) 13:46:16.88 ID:I5NYfaIp0

雪ノ下「待って、待ちなさい私にはいまいちというかさっぱり状況が呑み込めないのだけれど」

八幡「もう今説明したろ?明日の休み川崎のうちで手料理御馳走になる、だから買い物に一緒にいって荷物を持つ」

雪ノ下「そうじゃなくて、なぜあなたが川崎さんのうちで手料理をごちそうになるのかということが理解できないわ」

由比ヶ浜「そう!」

八幡「…っていわれてもな?」

川崎「うーん」

由比ヶ浜「なにそのアイコンタクトみたいなの?ちょっとヒッキー」

八幡「あーいってなかったか、俺川崎と付き合い始めたんだ、先週から」

雪ノ下「」

由比ヶ浜「」

川崎「え、ちょっとまだいってなかったの?」



64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/10/19(土) 13:52:21.15 ID:I5NYfaIp0

雪ノ下「比企谷君」

八幡「ってことで、今日はこのあたりで」

雪ノ下「比企谷君」

八幡「さーて明日は何作ってもらおうかな、小町よりも上手い飯ってのは期待していないけど」

雪ノ下「比企谷君」

川崎「何それシスコンもそこまでいくと気持ちが悪いを通り越して…」

雪ノ下「比企谷君」

八幡「ブラコンが何をいう」

雪ノ下「比企谷君!!」

八幡「さっきからなんだよ!雪ノ下」

雪ノ下「何か弱みを握って脅迫、そして交際を強要するのは犯罪だからやめなさい」

八幡「意味わかんねーこと…」

雪ノ下「川崎さん、この下愚が何かしたんでしょ?」

川崎「べ、別になにもして…」チラッ

雪ノ下「やはりそうなのね、比企谷君…同じ奉仕部員から犯罪者を出すようなことだけは避けたかったのだけれど」



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/10/19(土) 13:58:24.71 ID:I5NYfaIp0

八幡「おいおいお前も誤解を生むような反応するなよ」

雪ノ下「みんなはじめは俺は知らない、やってないというの」

八幡「馬鹿、おいお前のせいで誤解されただろうが!何とかしろ!」

川崎「いや、何かしたって…実際したし………スとか…」

八幡「馬鹿、あれはお前が俺は無実だぁああ」

川崎「馬鹿とはなんだ馬鹿とか!私のはじめてを奪っておいてその言い方はないだろ!」

雪ノ下「由比ヶ浜さん、そろそろ正気に戻って先生呼んできてくれるかしら」

由比ヶ浜「え?あっ、うん…ヒッキー自首しなよ?」

八幡「おい、どんどん話が、川崎お前のせい」

川崎「お前のせいって、実際アンタがいったことじゃないのよ、付き合ってるならどういうことするの?ってきいたら」




川崎「キスとかって!だから言われた通りにして…私のファーストキスをアンタにあげたのにそんな言い方ある?」



この後、二人+先生の前で正座させられた上、どのようなことがあったのか事細かく説明させられる二人であった



67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/10/19(土) 14:00:32.92 ID:I5NYfaIp0

乗っ取りおしまい



68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/10/19(土) 14:05:06.66 ID:7bstJ5EXi

イイハナシダナー



元スレ
比企谷八幡「俺の一番好きな人」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1382147092/