SS速報VIP:人妻「今日は娘の家庭訪問があるのを忘れてたわ!」間男「え?
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1461405839/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 19:03:59.44 ID:hbMx7y1F0


間男「それまずくない?」

人妻「もうすぐ時間だから、早く服着て帰って!」

間男「えー! くそー、今日はたっぷりできると思ったのに」

人妻「いいから早く! 私は準備があるから!」バタバタ

間男「はいよ」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1461405839




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 19:04:42.14 ID:hbMx7y1F0


間男「ったく、今日は珍しく旦那いないって言うから来たのによ」ゴソゴソ

間男「ま、3発やったしいいか」

間男「よし、さっさと帰りますか」

 <ガチャ

女教師「あ、どうも

 <ガチャ

間男「うわああああ!!」





3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 19:05:13.52 ID:hbMx7y1F0


間男「どうすんだよこれ!」

間男「もう先生来てんじゃねーかよ!」

間男「ていうか来たなら来たって教えてくれよあいつ!」

間男「でもこのまま隠れてると怪しまれるよな……」

間男「ここはもう、旦那のフリしてやり過ごすしかないな」

間男「よし!」

<ガチャ





4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 19:05:42.13 ID:hbMx7y1F0


女教師「あ、どうも、お邪魔しています! 娘さんの担任の者です!」

間男「あ、いえこちらこそ!」

女教師「はい?」

間男「ああ、いや! どうもはじめまして!」

人妻「すみません、今お茶入れますので……っ!?」

女教師「いえ、お構いなく」

間男「ああ、お構いなく」

女教師「え?」





5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 19:06:11.50 ID:hbMx7y1F0


間男「あ、いや、あの……オカマいないですね!」

女教師「オカマ……?」

間男「普段いるんですよ、オカマ!」

女教師「この家に!?」

間男「はい!」

女教師「オカマが!?」

間男「そうなんですよ~」

女教師「はぁ……」

女教師(なんかちょっと、複雑なご家庭なのかしら……)





6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 19:06:42.97 ID:hbMx7y1F0


人妻「ちょ、ちょっと失礼しますね!」グイグイ

間男「うわ、ちょっと引っ張るなよ!」

人妻「いいから向こうの部屋行くわよ!」

女教師「どうされました?」

人妻「すみません、少しお待ちくださいね!」グイグイ

間男「うわぁぁ!」

 <ガチャ

女教師「どうしたんだろう……」





7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 19:07:10.88 ID:hbMx7y1F0


人妻「ちょっと、何してるのよ!」

間男「何が?」

人妻「なんで普通に話してるのよ! 早く帰ってって言ったでしょ!?」

間男「仕方ないだろ、寝室出ようとしたらもういたんだよ!」

人妻「じゃあ部屋で隠れてなさいよ!」

間男「一回見られたのに隠れてるのもおかしいだろ!?」

人妻「そんなこと言ったって!」

 <コンコン

女教師「あの、大丈夫ですか?」

人妻「あっ! どうもすみません、すぐ戻りますので!」

女教師「は、はい」





8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 19:07:40.39 ID:hbMx7y1F0


人妻「とりあえず、こうなったらもう仕方ないから、なんとか誤魔化すわよ!」

間男「わかったよ」

 <ガチャ

人妻「すみません、お騒がせして」

女教師「いえいえ。早速ですが娘さんのお話を──

 <プルルルル

人妻「あら、電話が……すみません、失礼します」

女教師「はい」





9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 19:08:13.41 ID:hbMx7y1F0


女教師「では、娘さんのお話をさせていただきますね」

間男「あ、はい!」

間男(そういえば確かこの間──)

――――――――――――――――――――――――――――

人妻「最近ユミコが大きくなってきてねー、可愛いけど大変なのよねー」

――――――――――――――――――――――――――――

間男(娘の名前はユミコだな、よし)





10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 19:08:42.23 ID:hbMx7y1F0


間男「先生、ユミコは学校ではどうなんですか?」

女教師「……ユミコ?」

間男「はい」

女教師「……娘さんの、レイナちゃんのお話ですよね?」

間男「はい?」

女教師「はい?」

間男「……」

間男(やっべー! 違ったー!)

間男(あ、確か娘二人いるんだったな。もう一人の方か!)





11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 19:09:11.39 ID:hbMx7y1F0


間男「ああ、すみません、ユミコじゃなくてレイナの方でしたね!」

女教師「はい」

間男「いやー、二人いるとついつい間違えちゃって!」

女教師「……? レイナちゃんのお姉さんは二歳上のレイカちゃんですよね?」

間男「はい?」

女教師「はい?」

間男「……」

間男(ユミコって誰なんだよ!!)





12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 19:09:44.55 ID:hbMx7y1F0


人妻「すみません、お待たせしました」

女教師「いえ」

人妻「動物病院からの電話で、うちの犬が今日退院するので迎えに来いと……」

女教師「あ、犬飼ってるんですね!」

人妻「はい、ユミコって言うんです」

間男(ユミコって犬かよ! 紛らわしい名前つけるなよ!)





13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 19:10:11.85 ID:hbMx7y1F0


女教師「でしたら、どうぞそちらに行っていただいて、あとは私と旦那様で大丈夫ですよ」

間男「えっ!」

人妻「じゃあ、そうさせてもらいますね」

間男「ちょちょちょ!?」

人妻「あとお願いね、あなた?」

間男「えっ、えっ」

女教師「お気をつけて」

人妻「はい、失礼します」

間男「ええ……」





14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 19:10:38.46 ID:hbMx7y1F0


女教師「そういえば、確か小説家でいらっしゃるんですよね?」

間男「え、ええ」

間男(旦那小説家だからなかなか隙がないんだよなあ)

女教師「私、本を読むのが好きなんです! 作品、見せてもらえませんか?」

間男「えっ、いや、それは……あ、私、官能小説家なんですよ!」

女教師「えっ……」

間男「いやもうとんでもないもの書いてるんで! ちょっとおすすめできないかなって!」

女教師「そ、そうですね……」





15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 19:11:04.52 ID:hbMx7y1F0


女教師「ああ、脱線してしまってすみません。では、続きを……あれ、今度は私に電話が……」

間男「ああ、どうぞ出てください」

女教師「すみません、では向こうで……」

間男「どうぞどうぞ」

女教師「失礼します」

間男「はいー、ごゆっくりー」





16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 19:11:34.90 ID:hbMx7y1F0


間男「……しんどい」

間男「なんで俺がこんな目に……」

間男「……自業自得か」

 <ガチャ

夫「ただいまー」

間男「あっ」

夫「あれ?」

間男(うわああああ!! 旦那帰ってきたああああ!!)





17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 19:12:05.84 ID:hbMx7y1F0


夫「……どなたですか?」

間男「あ、えっと……その……」

夫「……?」

間男「……む、娘さんの担任の先生です!」

夫「……ああー! どうもはじめまして!」

間男「ああ、お邪魔していますー!」

間男(誤魔化せたー!)





18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 19:12:48.58 ID:hbMx7y1F0


夫「すみません気がつかなくて。そういえば今日は家庭訪問の日でしたね」

間男「そ、そうなんですよ~」

夫「いやー。仕事が仕事なもんで普段は家にいるんですが、今日は出版社の方で会議がありましてね」

間男「ああ、そうですか! お疲れ様ですぅ」

夫「あれ、妻は……?」

間男「あっ、えっと……動物病院に、ユミコさんを迎えに行きました!」

夫「えっ、どうもすみません。あいつ、先生をほったらかしにして……どうも自分勝手な所があるんですよね」

間男「ああ~、エッチの時とかもそうですよね~」

夫「はぁ!?」

間男「あっ! い、いや、女ってそういうところありますよねって! はは……」

夫「小学校の教師がなんてこと言うんですか!」

間男「すみません……」





19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 19:13:32.26 ID:hbMx7y1F0


夫「で、娘のレイカは学校ではどうなんですか?」

間男「はい……あれ、レイカ……?」

夫「ああ失礼、今日はレイナの方でしたね」

間男「あ、そうですよ!」

夫「いやいや、二人いるとどうしてもね。歳も名前も近いし」

間男「あー、そうですよねー」

間男(なんかデジャヴだぞ)





20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 19:14:00.40 ID:hbMx7y1F0


女教師「すみません、お待たせしました」

夫「えっ?」

間男「あっ」

女教師「あっ、えっ!」

夫「ああっ!」

間男「うわ、あの、あっ」

女教師「なっ!」

夫「なっ!」

間男「うわ、ちょ、うわ。うわうわうわ!」

間男(終わったああああ!!)





21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 19:14:29.88 ID:hbMx7y1F0


夫「どうして君がここに……?」

間男「……ん?」

女教師「こっちのセリフです!」

間男「……んん?」

夫「いや、先生、違うんですよこれは」

女教師「先生……?」

間男「あ、これは、その違くて!」

夫「この人は先生なんだよ」

間男「あわわわわ……」





22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 19:15:18.30 ID:hbMx7y1F0


女教師(ああ、小説家だから先生ってことかしら)

女教師(確かこの人、出版関係の仕事って言ってたし……官能小説の出版社とは思わなかったけど)

女教師「なるほど、あなたがここにいる理由はわかりました」

夫「はぁ?」

間男(なんか知らないけど勝手に納得してる!)

夫「君はなんでここにいるんだ!」

女教師「あなたには関係ないでしょう!」

夫「関係ある!」

女教師「散々私を弄んで捨てた癖に!」

夫「っ!」

間男(なんか大変なことになってきたぞ……!)





23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 19:15:50.43 ID:hbMx7y1F0


夫「あれは……昔の話だろう」

女教師「あなたにとってはそうでも、私には昨日のことのように思い出せるの!」

夫「くっ」

女教師「あんなことしておいて……昔の話だから許せって言うの!?」

夫「それは……」

間男「! あの、私はお邪魔……みたい、ですね?」

夫「ああ、すみません先生」

女教師「どうもすみません、お騒がせして」





24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 19:16:23.70 ID:hbMx7y1F0


間男「私は席を外しますので、あとはお二人で存分にやっていただいて!」

夫「気を遣っていただいてすみません……」

女教師「申し訳ありません……」

間男「いえいえ、では失礼しますー、はいー」

 <ガチャ

人妻「ただいまー!」

女教師「あっ」

夫「あっ」

間男「あっ」

人妻「あっ」





25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 19:17:09.43 ID:hbMx7y1F0


人妻「こ、これは、違うのよ!」

夫「いや、ち、違うんだこれは!」

間男「違うんです違うんですこれは!」

女教師「これは、ち、違うんですよ!」


人妻「ん?」

夫「ん?」

女教師「ん?」

間男「チガウンデスチガウンデス」





26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 19:17:39.11 ID:hbMx7y1F0


夫「……ちょっと状況を整理してみましょう」

人妻「……そうね」

間男「いやっ、いやそれは!」

女教師「まずあなたはなぜここに?」

夫「ここは俺の家だ!」

女教師「……あ」

女教師(さっきレイナちゃんのお父さんが言っていたオカマって、まさか!)

女教師「まさか、そんな人だったなんて!」

夫「はぁ!? 何言ってるんだ! そういう君はなんでここにいるんだ!」





27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 19:18:14.74 ID:hbMx7y1F0


女教師「それは──

人妻「私の客よ。そうですよね?」

女教師「まあ、そうですね」

夫「そ、そうか……」

夫(まさか、彼女が妻と知り合いだったなんて……なんてことだ……)

人妻「で、あなたたちはどういう関係なのよ」

夫「そ、それは」

女教師「……私の元カレですよ」

人妻「なんですって?」





28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 19:18:41.86 ID:hbMx7y1F0


夫「いや、違うんだ!」

女教師「違わないでしょう!」

人妻「どういうことなのか説明してちょうだい!」

女教師「この人は、私のことを弄ぶだけ弄んで、捨てたのよ!」

人妻「本当なの!?」

夫「貴様ぁ!」

女教師「きゃっ、ちょっ、やめてよ!」

間男(こいつらやべえ……)





29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 19:19:09.67 ID:hbMx7y1F0


人妻「やめなさいあなた!」

間男「ぼ、暴力は駄目ですよ!」

夫「くっ……」

女教師「……最低!」

夫「なんでこんなことに……」

人妻「とりあえず、ここは一度落ち着きましょう」

間男(なんとかうやむやにできそうだな……)





31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 19:19:52.11 ID:hbMx7y1F0


 <ガチャ

娘「ただいまー」

間男「あっ」

人妻「あら、おかえりなさい」

夫「……ああ、おかえりレイナ」

娘「あ、お父さんただいまー」

女教師「……お父さん?」

娘「あっ、先生だー! 家庭訪問終わってなかったんだ!」

女教師「ええ、ちょっとね」

夫「……先生?」

間男「あっ」





32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 19:20:18.01 ID:hbMx7y1F0


夫「ちょっと待ってくれレイナ、レイナの先生って……?」

娘「あの人だよー」

女教師「ええ」

夫「なに?」

女教師「レイナちゃん、お父さんは……?」

娘「これだよー」

お父さん「こ、これって言い方はないだろう……」

女教師「なんですって?」

間男「あっ、あっ」





33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 19:20:48.63 ID:hbMx7y1F0


夫「ということは……」

女教師「……あなたは?」

娘「おじさん誰ー?」

間男「あっ、あああっ」

間男「……」

間男「……ゆ、ユミコです」

夫「は?」

女教師「は?」





34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 19:21:16.12 ID:hbMx7y1F0


間男「飼い犬の、ユミコです!」

夫「な、なにを言っているんだ!?」

女教師「そ、そんなわけないでしょ!?」

間男「わんっ! わんわんっ!!」

夫「! ゆ、ユミコの鳴き声にそっくりだ……!」

女教師「ええ!?」

間男(ええええええ)





35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 19:21:46.85 ID:hbMx7y1F0


娘「おじさん、ユミコなの?」

間男「ユミコだよ、レイナちゃん! わんわん!」

娘「私の名前知ってるー! 本当にユミコだー!」

女教師「そんなことが……」

夫「いや、しかし、わからないぞ」

夫「小説のようなことが、現実に起きることもあるかもしれない……!」

女教師「た、たしかに……!」

間男(あ、こいつらバカだ)





36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 19:22:14.13 ID:hbMx7y1F0


夫「ユミコ!」

間男「わんわんっ!」

娘「ユミコ!」

間男「わんわんっ!」

女教師「ユミコ!」

間男「わんわんっ!」

人妻「ユミコ!」

間男「わ、わんわんっ!」

間男(お前は悪ノリすんなよ!!)





37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 19:22:43.56 ID:hbMx7y1F0


夫「しかし、ユミコはメスだったはずだが」

間男「わうっ!?」

娘「そうだったー」

間男「……」

間男「わ、私もなんでオスの姿になったのかわからないの! くぅーん……」

間男(死にてえ)

人妻「っ、ぷっ……くく……」

間男(笑ってんじゃねええええ!!)





38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 19:23:30.83 ID:hbMx7y1F0


間男「れ、レイナちゃん! 私、お外で遊びたいな! わん!」

レイナ「あれー? ユミコ、いつもお外行くの嫌がるのにー」

間男「たまにはお外で遊びたくなるわん! わんわんわんわん!! くぅーんくぅーん!」

娘「行って来ていい?」

夫「でも、もう夕方だぞ?」

間男「ぐるるるるるる……」

夫「わ、わかった、行って来なさい」

娘「はーい! ユミコ、行こ?」

間男「うおおおおおん!!」ダダダダダダ!!

娘「あっ、待ってよー!」





39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 19:23:56.38 ID:hbMx7y1F0


夫「げ、元気だな、ユミコは……」

人妻「退院して来たばかりなのにね」

女教師「なんか、言い争う気なくなっちゃいました」

夫「ああ、あの時は……すまなかったな」

女教師「……もういいです」

人妻「……」





40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 19:24:23.45 ID:hbMx7y1F0


娘「お父さんお母さん!」

夫「どうした?」

娘「あのね、ユミコが走っていっちゃったから追いかけていったら、犬に戻ってたのー」

犬「わんっ」

夫「なんだって!」

娘「お庭で寝てたー」

人妻「あっ」







41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 19:24:51.53 ID:hbMx7y1F0


人妻「そう、残念だったわね……」

夫「レイナがいい子にしてれば、きっとまた人間の姿になるよ」

娘「ほんと?」

女教師「ええ、先生もそう思うわ」

夫「……はは」

女教師「……ふふ」

人妻(大団円ね)





42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 19:25:17.43 ID:hbMx7y1F0


間男「わおおおおん!!」ダダダダダダ!!

警察「君、待ちなさい!」

間男「わぉん?」

警察「な、なんだね君は!」

間男「あ、いや、違うんですこれは」

警察「ちょっと署まで来てもらおうか」

間男「いや、あの、いや、ちょっ!」


間男「ちくしょー! 不倫はもうこりごりだあああああ!!」



   終劇



43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 19:25:55.16 ID:hbMx7y1F0

平和が一番ですね
お疲れ様でした



44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 19:27:05.05 ID:ulayhWu1O

笑えたわ。乙



45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 20:12:38.42 ID:laCaUsQ80

最高



元スレ
SS速報VIP:人妻「今日は娘の家庭訪問があるのを忘れてたわ!」間男「え?
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1461405839/