SS速報VIP:凛「結局は、ただの自問自答」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1461505032/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/24(日) 22:37:13.83 ID:+a1PS++j0

――――――



凛「ん……」


凛「……ん? あれ?」ムクッ


凛「…………」キョロキョロ


凛「そっか。まだ事務所だったんだ。いつの間に寝ちゃってたんだろう……」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1461505032




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/24(日) 22:38:08.91 ID:+a1PS++j0



『……あ。やっと起きた。ずいぶんぐっすりだったけど』



凛「うん……今日のレッスンが、ちょっとハードだったかな」



『確かに。まあ、もうすぐライブもあるし』



凛「ニュージェネだけでライブするの、久しぶりだから気合入れないとね。今日は個人レッスンだったけど、また明日からは三人でのハードな、レッスン……が……え?」



『……? どうかした?』





3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/24(日) 22:38:46.21 ID:+a1PS++j0



凛「…………」


凛「ねえ。アンタ……誰?」



『ワタシ? いや、誰もなにも―――』





4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/24(日) 22:39:21.04 ID:+a1PS++j0





『―――そんなこと、あんたが一番……いや、ワタシが一番よく知ってるんじゃない? ねえ、「私」』







5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/24(日) 22:40:16.76 ID:+a1PS++j0



凛「え……わ、私と同じ顔? 私がもう一人……」

リン『そう。ワタシはシブヤリン。あんたも渋谷凛。ワタシたちは「渋谷凛」ってこと。見ればわかるでしょ?』

凛「うそ……そんな……。あ、そっか。夢か。夢だよ。私まだ眠ってるんだよ。うん」

リン『そう思う? じゃあ、ほっぺでもつねってみたら? 思いっきり』

凛「…………」ギュー

リン『どう?』

凛「いたい」

リン『だよね』





6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/24(日) 22:41:15.37 ID:+a1PS++j0



凛「え? じゃあ夢じゃない……現実? 本当に、アンタは私なの?」

リン『だからそうだって言ってるんだけど。自分が二人いるのがそんなに変?』

凛「変だよっ! ドッペルゲンガーとかじゃあるまいし、同一人物なんてことあるわけが―――っ!」ピタッ


凛「……。なにが目的?」


リン『目的?』


凛「仮にアンタが私だとして……私の前に現れた理由は?」





7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/24(日) 22:43:01.79 ID:+a1PS++j0



リン『理由、か。まあそうだよね。「渋谷凛」だったら、まずそれを聞くよね』

凛「……なんか、いやな言い方。まるでなんでもお見通しです、みたいな」

リン『当たり前でしょ。だってワタシのことだから』

凛「は?」

リン『あんたのことなら、ワタシはなんでも知ってる。なんでもわかる。だってワタシたちは同じ「渋谷凛」だから』

凛「……ふーん。なるほどね。確かに同じ『渋谷凛』なら考えてることも同じはずだよね。それがウソじゃなければ、だけど」

リン『ふふ。やっぱり信じてないんだ』

凛「それはアンタ次第、かな。自分を信じるってけっこう難しいことだよね」

リン『ワタシ次第か……だったら実際に証明してあげるのがいいかな』

凛「証明?」

リン『そう、証明。例えば……えーと』





8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/24(日) 22:44:04.25 ID:+a1PS++j0



リン『あんたは……そう。「渋谷凛」は今のこの状況を。戸惑いつつも、内心ちょっと楽しんでることとか』

凛「…………」

リン『実はこんな展開にワクワクしてるでしょ。どう、正解?』

凛「…………。正解」

リン『ふふん』ドヤッ

凛「っ―――で、でもそれを当てたくらいで信じろって言われてもっ」

リン『ふーん、まだ納得しないんだ。だったら―――』





9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/24(日) 22:45:30.22 ID:+a1PS++j0



リン『―――これが、もう一人の私? なんだろう。なんでいきなり現れて……はっ! もしかしてこれ、なにかの力に目覚める予兆だったりして……』

凛「!? ちょ、ちょっと―――」

リン『もう一人の自分がトラウマを抉ってくるけど、その試練に打ち勝って、新たな能力を獲得する的なパターンのやつだ、きっと。ふふ、面白い展開だね。悪くないかな』

凛「待って! 待ってっ、私、別にそんなこと考えてな―――」

リン『同一の存在を乗り越えて、新しい自分へと生まれ変わる。……そう。さしずめ私の二つ名は「蒼の偶像」。なんてね。キリッ』

凛「やめて!! わかった! わかったから! アンタは私、私はアンタ! それでいいんでしょ!?」





10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/24(日) 22:46:26.91 ID:+a1PS++j0



リン『…………』

凛「…………」ハァハァ


リン『蒼の偶像ってなんですか? 何に引っかけた二つ名なんですか?』

凛「私たちは『渋谷凛』です!! 完全に同一人物です!! ちょっと上から目線ですみませんでした!!」





11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/24(日) 22:47:07.59 ID:+a1PS++j0



リン『よかった。信じてくれたんだ』

凛「これだけダメージ受ければね……ていうか、アンタ私なんでしょ。二つ名とか言って煽ってたけど、アンタ自信にもダメージいかない?」

リン『もちろん精神的に大ダメージ。他人の目線で見ると、自分がどれだけ痛々しいかよくわかるものだね。今ちょっと体震えてる』

凛「なんなのその新手の自傷行為……と、とにかく。アンタが本当に『渋谷凛』なのはわかったけどさ。結局なにしに来たの? 目的とかないの?」

リン『目的? あっ。ああ、目的ね。そうだった。それを言わないとね。派手に自虐してたせいで忘れてた……』


リン『目的はもちろん説明するけど、でもその前に、ワタシがどういう存在なのかを説明した方がいいかな』

凛「どういう存在って……だから、もう一人の私なんでしょ?」





12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/24(日) 22:50:25.82 ID:+a1PS++j0



リン『正確にはちょっと違うんだよね。例えるなら、うーん……あんたとは違う、別の世界のあんた、みたいな存在というか』

凛「?」

リン『あんたがいつも無意識に考えていることの具現化、みたいな存在というか。あんたがあんたじゃなかったらワタシになってるかも、みたいな存在というか』

凛「……はっきり言ってくれない? 抽象的にいえば、なんでもカッコよくなるわけじゃないよ?」

リン『その発言、あんたにそっくりそのまま返す―――ああダメだ。返したところで自分だった……じゃなくて。はっきり言っていいなら、遠慮なく言うからね。いい?』

凛「うん。むしろその方が助かると思う」





13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/24(日) 22:51:01.77 ID:+a1PS++j0



リン『ワタシはね』


凛「うん」


リン『卯月と』


凛「―――え? 卯月?」





14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/24(日) 22:51:37.59 ID:+a1PS++j0



リン『―――卯月と、百合ックスしたいだけの人生だった「シブヤリン」なんだ』



凛「」



リン『…………』



凛「」






15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/24(日) 22:52:30.46 ID:+a1PS++j0



リン『……ああ、そうだった。過去形じゃないよね。もちろん現在進行形で、百合ックスしたいと思いながら今も生きているよ』


凛「……過去形でも進行形でも、衝撃の程度は変わらないからね」


リン『うん。そうだね。確かに卯月との出会いは衝撃的だった』

凛「お願いだから自分としっかり向き合って。もう一人の自分と対話して。……ていうか、今そんな話はしてないって、わかっててとぼけてるでしょ」

リン『……へえ。思ったよりも冷静にリアクションするね。もっと取り乱すと思ったけど』

凛「さすがに発言の直後は面食らって時間が止まったけどね。なんでだろう、割とすぐ我に返れた」

リン『割とすぐ、か。ふふ、なるほどね。ワタシの見込んだ通りかも。ふふ』





16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/24(日) 22:53:15.95 ID:+a1PS++j0



凛「……なに。見込んだ通りって。あとその不敵な笑みは」

リン『なんですぐ冷静になれたか、教えてあげようと思って』

凛「え?」

リン『ワタシはあんただから』

凛「……。うん。それは何回も聞いた。ついさっきの変態発言で信じたくなくなったけど」

リン『あんたはワタシ。ワタシはあんた。つまり―――』

凛「つまり?」


リン『―――アンタも心のどこかで、卯月と百合ックスしたいと思っている―――』


凛「…………」

リン『…………』

凛「…………」





17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/24(日) 22:53:53.57 ID:+a1PS++j0



リン『……でしょう?』

凛「いや、思ってないけど」



リン『…………』



リン『…………は?』



凛「は? じゃなくて。別に思ってないけど、そんなこと。聞こえなかった?」



リン『』





19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/24(日) 22:54:51.44 ID:+a1PS++j0



凛「……いや、同じ渋谷凛でも、私の真似して時間が止まる必要ないんじゃないかな。天丼とか私のキャラじゃ―――」

リン『天丼したわけじゃないしっ! ていうか、ウソだ!! ウソだよ!! なんで!? 卯月だよ!? あの島村卯月だよ!?』

凛「知ってるよ」

リン『ニュージェネレーションの! はじけて♪サマーの! 恥じらいスマイルの! 島村卯月だよ!?』

凛「知ってるよ。ワンダーメイドで笑顔のご奉仕の島村卯月でしょ」

リン『S(mile)ING!の! 流れ星キセキの島村卯月だよ!?』

凛「知ってるよ。ワタシポンコツアンドロイドの島村卯月でしょ」

リン『ピンクチェックスクールの―――』

凛「もういいから! 確認しなくても卯月は卯月だから!」





20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/24(日) 22:55:25.30 ID:+a1PS++j0



リン『そんな……。あ、あんた、本当に渋谷凛? なんか、ただのそっくりさんな気がしてきた……』

凛「その言葉、そっくりそのまま返すっ―――ああ、ダメだ。返したところで自分だった―――って、ああ! ダメだ! この返しも天丼だった! やっぱり私たち同一人物だ! 嫌だけど!」

リン『どうして、なんで……納得いかないっ……! ねえあんた、本当にしたいと思わない? 卯月と』

凛「思わないよ! 卯月とそんな爛れた関係になりたいとも思ったことない!」





21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/24(日) 22:56:31.61 ID:+a1PS++j0



リン『まったく?』

凛「まったく!」


リン『微塵も?』

凛「微塵も!」


リン『神様に誓える?』

凛「当たり前だよ! まっすぐ目を見ながら誓えるよ!」


リン『そう……』


リン『……。じゃあ、卯月の目を見ながらでも誓える?』

凛「そんなの、もちろっ―――」



凛「……………………。もちろん」

リン『考えた! 今、長考した! やっぱり本当はしたいんだ! 欲望に素直になれないだけだ!』

凛「なっ!? ち、違うし! ちょっと言葉に詰まっただけだし!」





22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/24(日) 22:57:42.95 ID:+a1PS++j0



リン『即答できなかっただけでしょ! やましい気持ちがあるから!』

凛「ウソじゃないし!! 本心だから!! メチャクチャ本心だから!! ん、んんっ? あれ? あ、あー、なんだか声が出づらいなー。今日のボイスレッスンがハードだったかなー。あーあー」

リン『演技力!! ボイスレッスンよりやることがあるんじゃないのあんたは!?』

凛「アンタみたいに煩悩丸出しよりはマシでしょ!! 同じ渋谷凛として恥ずかしいんだけど! それでもCool属性のつもり!?」

リン『Coolアイドルが性欲旺盛じゃダメなんてルールないじゃん!! アイドルの属性と性欲は比例するわけじゃないし!!』

凛「そりゃそうだけど!! そんな方程式あったら一大事だよ!!」

リン『!? 方程式!? まさか……Cute(17歳+東京出身+長電話)=性欲(17歳+東京―――』

凛「証明しようとするな!! もうやだこのワタシ!!」





23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/24(日) 22:59:13.70 ID:+a1PS++j0



リン『しょうがないじゃん! 卯月が可愛過ぎるんだから!!』

凛「暴論だよ!!」

リン『正論だよ!!』

凛「そんな理論通らないから!!」

リン『本当に!? 本当にそう言い切れる!?』

凛「それはっ!!」


凛「……そ、それは……まあ……。う、卯月が可愛過ぎることは否定できない!!」

リン『でしょ!? 卯月が可愛いということは正論! いや、真理!』

凛「確かに! 卯月は可愛いから!」





24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/24(日) 23:00:37.94 ID:+a1PS++j0



リン『前日についつい長電話しちゃって、次の日会ったら申し訳なさそうに謝るけど、気にしてないし楽しかったよって言ってあげたときの、ほっとしたような笑顔とか!』

凛「久しぶりにニュージェネだけの仕事で、ちょっとテンションがハイになっちゃってて、やたらとスキンシップが多いけど、それを指摘すると真っ赤になっちゃうところとか!」

リン『さらにそれを未央に煽られて、さらに赤くなっちゃうところとか!』

凛「そうそれ! いいのに! もっとスキンシップしてきてもいいのに!」

リン『ワタシが指摘しなければ、別に気にしなかっただろうけどね! 卯月の恥じらう姿が見たくてついね!』

凛「卯月は照れるとすぐ顔に出るから! その様子がまた可愛くて可愛くて!」

リン『そうだね! 普段の笑顔とはまた違った味わいがあるから!』





25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/24(日) 23:01:48.51 ID:+a1PS++j0



凛「未央もまたいい仕事してくれるんだよね! 卯月を煽ってくれれば恥じらう姿が見れる! 私が煽られたとしても、その様子をちょっと困った笑顔で見てる卯月が見れる! うまくいけば未央に便乗する、ちょっと小悪魔な卯月も見れる!」

リン『本当だよ! 未央の手腕にはいつも頭が下がる思いだよ! ワタシ、ニュージェネで良かったと心から思える瞬間だね!』

凛「ああ、話してたら明日のレッスンが待ちきれなくなってきた! 早く明日が来ないかな! 疲れてるし、今日は早く寝なくちゃ!」

リン『でももしかしたら、また卯月から電話がきて、ついつい長くなっちゃうかも……どうする?』

凛「付き合うよ! 何時間でも! 通話の回線が焼き切れるまで!」

リン『よく言った! さすがワタシ! さすが「渋谷凛」!』

凛「卯月の為なら、睡眠時間くらいいくらでも捧げてみせるね! だって卯月だから!」

リン『そう! 卯月だから! つまり!』

凛「つまり!」





26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/24(日) 23:02:35.93 ID:+a1PS++j0



リン『卯月は!?』

凛「かわいい!!」


リン『かわいいは!?』

凛「正義!!」


リン『つまり卯月は!?』

凛「正義!!」


リン『卯月イズ!?』

凛「ジャスティスッ!!」





27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/24(日) 23:03:18.62 ID:+a1PS++j0



リン『…………』ガシッ

凛「…………」ガシッ



リン『……やっと分かりあえたみたいだね。ワタシたち』

凛「そうだね……。まあ、分かりあうも何も、最初から同一人物なんだけどね」

リン『確かに。今さら分かりあうっていうのも、変な話か。ふふ』

凛「ふふ」

リン『あははっ!』

凛「あはははっ!」





28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/24(日) 23:04:44.54 ID:+a1PS++j0



リン『あはは……はあ。でもまあ、これでわかったでしょ』

凛「ん? なにが?」

リン『……とぼけちゃって』

凛「…………」



リン『ワタシたちは……ううん。「私」は、卯月が好き。だよね』


凛「……。うん」



リン『したいだの、百合ックスだの言ってたけど、そんなことじゃなくて、ただ単純に、とにかく卯月が好きって思ってる』

凛「うん」

リン『そりゃあ内心は、そんなことまでできたらいいなとか思ってるけど』

凛「う、うん」

リン『卯月の笑顔が好き。卯月の歌が好き。卯月の頑張るところが好き。卯月のちょっとお姉さんぶるところも好き。卯月の少しドジなところも好き。……卯月が、好き』

凛「……うん」





29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/24(日) 23:05:27.14 ID:+a1PS++j0



リン『ならさ。もう、やることは決まってるよね』

凛「……。そうだね」

リン『うん。……ああ、もちろん今から百合ックスしに行くってのは無しだからね。ふふ』

凛「わかってるよ。当たり前だし……ふふ」

リン『だよね。……じゃあ、あんたが。ワタシが。「渋谷凛」がやること。それは?』

凛「決まってるよ。それは―――」





30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/24(日) 23:06:02.58 ID:+a1PS++j0



凛「―――それは。これからも、ずっと。卯月のことを見守ること、だよね」



リン『――――――え?』



凛「…………」





31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/24(日) 23:06:49.19 ID:+a1PS++j0



リン『いや、ちょっと待って……ち、違うでしょ。それじゃあ今までと何も変わらないじゃん。そうじゃなくてさ、その、あんたの想いを、卯月に、とか……』

凛「…………」

リン『今まで思ってたことを、言わなくちゃ、とか。ほら、今の関係よりもっと親密になりたい、とか』

凛「…………」

リン「……っ! 黙らないでよ! ワタシは! 卯月に告白しろって言ってんの! わかるでしょ!? そんなことくらい! 同じワタシなんだからさ!」

凛「……。あんたこそわかってるんじゃないの? そんなことくらい」

リン『!?』

凛「告白なんて、するわけがない。したって意味がないから。だって……うん。私は知ってるから」

リン『! やめて! 言わないで!』





32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/24(日) 23:07:32.10 ID:+a1PS++j0



凛「だって―――」


凛「―――卯月は、プロデューサーのことが好きなんだから」



リン『…………』


凛「……納得した? まあ、とっくにしてるよね。同じ私なんだし」





33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/24(日) 23:09:20.70 ID:+a1PS++j0



リン『……ワタシは、本当にそれで。このままでいいのかって言ってるの』

凛「いいよ。それで卯月が笑顔でいてくれるなら。今の関係のままでいれるなら、それでいい」


リン『……鈍感なプロデューサーなんかより、ワタシの方が、卯月のことを一番想ってるのに』

凛「応援してあげようよ。アイツ、バカみたいに真面目だから、担当アイドルにそんな感情はーとか思ってるんじゃないの? 私が二人をフォローしないとさ」

リン『イヤだよ! なんでアイツのために! なんで、卯月はアイツを!』

凛「アイツだから、卯月も好きになったんでしょ。それに、私もプロデューサーのこと嫌いじゃないしね。まあ悪くないかな、ってこと」

リン『そんなことない! 大嫌い! 卯月をとらないでよ! ワタシの卯月なのに!』

凛「……素直じゃないよね。好きなくせに。ああ、もちろん恋愛感情じゃないけどね。それなりに信頼してるよって話。それこそ、卯月を任せられるぐらいにはね」

リン『っ―――』





34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/24(日) 23:10:33.20 ID:+a1PS++j0



凛「私は、卯月を大切に思ってる。そして、プロデューサーも大事。じゃあどうするかなんて決まってるでしょ」

リン『…………』


リン『……あんたは、本当にそれで納得してるの?』

凛「もちろん。だって私は、卯月が好きだから。好きな人を想うカタチなんて、人それぞれでいいんじゃない?」


リン『…………』


凛「…………」





35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/24(日) 23:13:24.69 ID:+a1PS++j0



リン『……そう。わかった。他の誰でもない、「私」自身がそう言ってるんだし。もう何も言わないよ。言っても無駄だしね』

凛「よかった。やっぱり自分で自分を信じるって難しいね。納得させようにも、ただの卯月が可愛い論議になっちゃうし」

リン『議論が熱くなるのも仕方ないよ。普段、卯月が可愛いって声を大にして言える相手なんて、未央くらいしかいないもんね』

凛「そうだね。まあ、話し終わったら疲れた目をしてるけどね。いつも一方的に話し相手にしてごめんとは思ってるんだけど」

リン『そうやって発散しないと、いつか爆発しちゃうから。もちろん性的な意味で』

凛「……ちょっと。せっかく、もうそっち系の話はしなくていいと思ってたのに。また再燃させないでくれる?」





36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/24(日) 23:14:56.06 ID:+a1PS++j0



リン『……ん? そうだ。だったらいっそ、性的な部分は、未央で発散させてもらえば』

凛「こら。聞いてんの?」

リン『未央のカラダで慰めてもらうのも、悪くないかな。あのミツボシ級の未央っぱいで―――』

凛「ねえ。もう帰ってくれない? 結論は出たんだし、もう議論することもないし」

リン「燃やせ(意味深)友情! パッション(意味深)は、ミ・ツ・ボ・シ(意味深)」

凛「帰って!! 未央はただのもらい事故じゃん!! かわいそうでしょ! 持ち歌いじるのやめなよ!」

リン『カオスでラブリーなミツボシ。そして、目指すは六ツ星。もちろん性的な意味で―――』

凛「黙って!! 早く帰って!! あと未央に謝れ変態!!」

リン『放課後パーティー本田未央……特技名は青春の輝き……ゴクリ』

凛「帰れ!!」





37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/24(日) 23:16:05.64 ID:+a1PS++j0

――――――



凛「―――はっ!?」ガバッ



凛「…………」キョロキョロ


凛「ここ、事務所……私、寝てたんだ……じゃあ、さっきまでのは……夢?」


凛「……。なんて夢。オチまでひどすぎるんだけど」


凛「はーあ……。目は覚めたけど、気分が全然晴れない。そりゃそうだよね。ただ自分の煩悩が、どれほどひどいのか見せつけられるだけの夢なんだから」


凛「…………」





38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/24(日) 23:16:54.68 ID:+a1PS++j0



凛「卯月を見守る、か。うん……大丈夫。夢の中で言ったことは本当のことだし。卯月のことはこれからも応援するつもりだし。今までと、なにも変わらない。うん。これでいいんだ」


凛「……単純に欲求不満なだけかもしれないけど。おかしいな。私、そんなに普段色々と抑えてるのかな。もしかして自覚がないだけで、潜在的にはド変態……いや! やめようそんな恐ろしい仮定の話はっ」


凛「……というか私、なんでまだ事務所にいるんだっけ。ええっと」


凛「んー……レッスンが終わって、事務所に戻って……卯月がもうすぐ戻るっていうから、ソファーに座って待ってようかなって、そしたらそのまま寝ちゃって……卯月……」



凛「―――!!」ガタッ





39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/24(日) 23:17:33.39 ID:+a1PS++j0



凛「そうだった! 卯月! 卯月の誕生日! プレゼント渡すんだった! ど、どうしよう、もう帰っちゃったかな……待ってる間に寝ちゃうなんて……」


凛「……はあ。仕方ない、明日渡そうか。せっかく持ってきたのにな―――」





40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/24(日) 23:19:21.03 ID:+a1PS++j0



ガチャ





「―――あっ、凛ちゃん! すみません、遅くなりました!」





凛「―――!」





41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/24(日) 23:20:58.72 ID:+a1PS++j0



凛(……まだ、帰ってなかったんだ。よかった。なんとか今日中に、プレゼントは渡せる)


凛(ハッピーバースデイ。卯月。これからも、よろしくね)



凛(…………)



凛(遅くなった、って……もしかして、さっきまで、プロデューサーと会ってたのかな)


凛(…………)






42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/24(日) 23:21:55.46 ID:+a1PS++j0



凛(……ううん。私は大丈夫。二人のことは、これからも応援するつもりだし、それでうまくいったなら、本当に心からうれしいと思える……はず)


凛(……でも、もしも。嫉妬する心の方が強くなっちゃったら―――)


凛(その時は、また、自分との押し問答でもしようかな。夢の中で、ね)




凛(―――頼んだよ。『シブヤリン』さん)





43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/24(日) 23:24:57.51 ID:+a1PS++j0






凛(……ただ、あんまり変態的すぎる発言は、ちょっと……うん)






おわり




44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/24(日) 23:26:35.41 ID:+a1PS++j0

終わりです。ありがとうございました。

島村さん、誕生日おめでとうございます。
これからもしぶりんともっとイチャイチャしてください。



45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/25(月) 00:52:44.66 ID:6gQ0NXzaO

じゃあ次はイチャイチャですね



元スレ
SS速報VIP:凛「結局は、ただの自問自答」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1461505032/