206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/05/06(金) 14:47:45.04 ID:nk3J/V1n0

千冬「お、お前・・・私のセーラー服で何を・・・?」

一夏「ち、違うよ千冬姉!」

千冬「何が違うというのだ!」

一夏「変な匂いが付いてないか確認しただけだよ!」

千冬「なっ・・・」

一夏「長い間、仕舞ってたからな。 防虫剤の匂いだって付いちゃうだろ?」

千冬「むう」

一夏「まったく・・・、本当なら千冬姉が自分でしないといけないんだぜ?」

千冬「ぐぬぬ」



207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/05/06(金) 14:58:03.83 ID:nk3J/V1n0

千冬「そ、それにしてもだな」

一夏「なんだよ」

千冬「お、お前は・・・私のセーラー服に欲情したりは、しないのか?」

一夏「・・・するわけないだろ・・・。 実の姉で・・・」

一夏「ちょっと休憩するから。 散らかさないでくれよな?」

千冬「むぅー」プクー



210: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/05/06(金) 15:25:38.17 ID:nk3J/V1n0

千冬「欲情・・・しないのか・・・」ションボリ

千冬「少しくらい意識してもいいだろうに」

千冬「そうだな、例えば・・・」

千冬(一夏『はぁ・・・はぁ・・・これが千冬姉のセーラー服・・・! ごくり・・・』)
 
千冬(一夏『くんかくんか』)

千冬「・・・うぇへへへ」ニヘラー

千冬「はっ、いかんいかん」ブンブン



211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/05/06(金) 15:33:02.59 ID:nk3J/V1n0

千冬「せっかくだし、ちょっと着てみるか」ゴソゴソ

千冬「ウエストは問題ないが・・・お尻がきついな」

千冬「・・・胸がきつい」

千冬「ど、どうだ・・・?」

鏡「お似合いでございます。 あなたは本当に美しい」

千冬「ふむ・・・まだまだいけるではないか」

千冬「よし、一夏に見せ付けてやろう」



213: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/05/06(金) 15:42:56.46 ID:nk3J/V1n0

千冬「一夏は寝ているか・・・」

千冬「ふむ・・・、たまには飯の準備でもしてやろう」

千冬「何、一夏に出来るのだ。 姉の私に出来ない道理はない」トコトコ

千冬「これまでだってちゃんと・・・」

 『教官! お食事をお持ちしました!』

 『教官! コーヒーをお持ちしました!』

千冬「・・・」

 『教官!ウサギを捕まえました!』

 『三日ぶりの食料だ! 血の一滴まで無駄にはするな!』

千冬「・・・」

千冬「ダメかも知れん」ズーン



215: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/05/06(金) 15:54:05.74 ID:nk3J/V1n0

千冬「しかし、やらない訳にもいかない」ガチャ

千冬「冷蔵庫に漬け込んだ豚肉がある」

千冬「これなら焼くだけでいいはずだ」

千冬「ふふふ、待っていろ一夏。 お前に姉の偉大さを思い知らせてやる」



216: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/05/06(金) 16:06:10.66 ID:nk3J/V1n0

一夏「・・・ん、なんだこの焦げ臭い・・・」

一夏「か、火事か!?」ガバッ

一夏「この煙・・・、キッチンか!」ダダダ

千冬「ぅぁー」

一夏(千冬姉の悲鳴!?)

一夏「千冬姉!」

千冬「あ・・・、一夏」



217: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/05/06(金) 16:20:02.95 ID:nk3J/V1n0

一夏「・・・で、この有様と」

千冬「・・・はい」セイザ

一夏「大量に油を敷き、強火で引火させた挙句、焦って水をかけた、と」

千冬「・・・」ションボリ

一夏「・・・まぁ、大事にはならなかったからいいけど」

千冬「うむ」ムクリ

一夏「立ち直り早っ!」



219: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/05/06(金) 16:30:32.03 ID:nk3J/V1n0

一夏「そもそも、なんで料理なんかしようと思ったんだよ」

千冬「・・・」ブスー

一夏「いつも何にもしないくせに」

千冬「・・・が」

一夏「ん?」

千冬「お前が、私をなんとも思わないとか言うから・・・」

一夏「」

千冬「エプロンセーラー服でご飯を作って、お前を悩殺してやろうと・・・」ゴニョゴニョ

一夏「」

千冬「お前は、やっぱり、なんとも思わないか?」

一夏「そんなわけないだろ!」



221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/05/06(金) 16:36:31.72 ID:nk3J/V1n0

一夏「そんなわけ・・・ないだろ」

千冬「一夏・・・」

一夏「セーラー服を見つけたときもドキドキしたし、
   今だって、エプロンセーラー服の千冬姉を見て、心臓がマキシマムドライブですよ」

千冬「そ、そうか」モジモジ

一夏「胸とお尻がぱっつんぱっつんなところが正直堪りません」ジー

千冬「あ、あんまり見るな」ササッ



223: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/05/06(金) 16:49:12.63 ID:nk3J/V1n0

一夏「今日はキッチン焦がした罰として、一日その格好でいること」

千冬「なっ」

一夏「いいだろ? 千冬・先・輩?」

千冬「く・・・、仕方ない」カァー

千冬「だ、だが」

一夏「ん?」

千冬「やはりお前には・・・姉と呼ばれたい」モジモジ

一夏「何この可愛い姉」

千冬「か、可愛いとか言うな! ・・・お姉ちゃんだぞ」

一夏「ああもう、可愛いなあ!」ギュー

千冬「こ、こら、くっつくな」



229: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/05/06(金) 17:06:16.22 ID:nk3J/V1n0

一夏「今日は寝かせないぞ、千冬姉」

千冬「待て、何をする気だ」

一夏「仲のいい姉弟が夜にすることなんて、ひとつしかないだろ?」

千冬「ま、まさか・・・」





一夏「家族水入らずの、パジャマパーティーです」

千冬「うむ」



230: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/05/06(金) 17:13:08.40 ID:nk3J/V1n0

一夏「ポッキーとー、ポテチとー、コーラとー」スチャッ

千冬「ビールとー、ウイスキーとー、チーかまとー」スチャッ

一夏「アルコール禁止ー」ポイッ

千冬「ああーん」ガックリ

一夏「千冬姉は酒飲んだら寝ちゃうでしょ!」

千冬「うむ、そうだな、すまん」

一夏「話すことはいっぱいあるんだから・・・な」

千冬「うむ、いっぱい話そう。 これまでのこと、これからのこと」

千冬「私達は、ふたりきりの姉弟なのだから」



おわり



232: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/05/06(金) 17:29:08.65 ID:nk3J/V1n0

おわりました
やはり姉はすばらしい



234: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/05/06(金) 17:50:25.73 ID:e5GyfG7b0

乙乙



元スレ
一夏「千冬姉の着てたセーラー服…」ハァハァ 千冬「い、一夏…!?」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1304592163/