1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/02/05(水) 01:03:48.76 ID:1ldeYEJK0

美希「何の具にしようかな?」

美希「うーん」

美希「よし、>>5 にするの!」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/02/05(水) 01:05:18.37 ID:DUCYThxs0

いちごババロア



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/02/05(水) 01:08:30.15 ID:1ldeYEJK0

美希「よし、いちごババロアにするの!」

美希「ミキはいちごババロアも大好きだから、きっと美味しいって思うな!」

美希「というわけで、いただきますなの!」

美希「あーん」

美希「あむっ」

美希「あむ……あむ……」

美希「…………」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/02/05(水) 01:12:45.83 ID:1ldeYEJK0

美希「……んー……」

美希「甘いものとごはんっていう組み合わせ自体は」ムグムグ

美希「おはぎとかもあるし、合うと思うんだけど」モグモグ

美希「おにぎりの場合はごはんに塩味がついてるから……」ムシャムシャ

美希「正直、ビミョーなの……」

美希「でも! おにぎりである以上、ミキは絶対に残さずに食べ切るの!」

美希「……………」ムシャ……ムシャ……

美希「……がんばるの……」グスッ



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/02/05(水) 01:15:38.51 ID:1ldeYEJK0

美希「……あふぅ。はい! ちゃんと食べましたなの!」

美希「まあミキ的にはビミョーだったけど、うん、でも大丈夫なの」

美希「ミキはこれくらいじゃめげたりなんかしないの」

美希「とゆーわけで、次のおのぎりの具は >>15 にするの!」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/02/05(水) 01:16:37.67 ID:4rSZOuav0

ちんぽ



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/02/05(水) 01:50:37.99 ID:HbicJvFc0

P「zzz……」

美希「ハニーはお休み中なの。ハニーのおち○ちんおにぎりを食べるチャンスなの」

美希「よいしょっ……カチャカチャ」

美希「!? ……すっごいの」

美希「これの周りにご飯をペタペタ。流石に熱いご飯じゃハニーが死んじゃうから、少し冷めたご飯を使うの」

P「……んぅ?」

美希「……」

P「ん……zzz」

美希「ほっ。起きないうちに急いで海苔を巻いて……完成なの」

美希「……」

美希「……」

美希「これ、恵方巻きなの」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/02/05(水) 02:07:33.05 ID:HbicJvFc0

美希「今年の恵方、どっちだっけ……」

美希「まあ、どうでもいいの」

美希「いただきまーす、んぐっ」

美希「んっ、んっ、具を傷つけないように食べなきゃいけないから」

美希「けっこー大変なの」

美希「んちゅ、ちゅっ、んぅ、酢飯にも負けない濃いぃ味」

美希「美味しい」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/02/05(水) 02:18:50.53 ID:HbicJvFc0

美希「あふぅ、ごちそうさまなの。中々の食べ応えだったの」

美希「ハニーのおちん○んをしまって、証拠隠滅」

P「……んんっ」

美希「あっ、ハニー、おはようなの。よく眠れた?」

P「ああ。でも、寝てる時に腰の辺りがムズムズした感じがしてさあ」

美希「ドキィ!」

P「美希、なにか知らないか?」

美希「さ、さあ? 気のせいだと思うな」

P「そうかあ。まっ、いいか」



トイレ

P「ん……何か俺のあそこから酢みたいな匂いが」

P「つーか、なんでご飯粒がついてんの?」


fin



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/02/05(水) 02:09:24.07 ID:5t3xJqcq0

ミキミキ~恵方巻きは食べてる時は無口じゃないと駄目なんだよ~



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/02/05(水) 02:19:26.82 ID:HbicJvFc0

>>33
そうなんだ。知らなかった…



元スレ
美希「おにぎり食べるの」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1391529828/