SS速報VIP:モバP「スナップボタン」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1463396670/



1: ◆1CSaDSu89M 2016/05/16(月) 20:04:30.48 ID:5XxpIiB1O

 余裕を持ったスケジュールだったはずだが、収録は意外に遅くなり、Pはすっかり暗くなった空の下を車で福山舞を送っていた。

 ふと気がつくと、仕事の疲れからか舞は可愛らしく寝息をたてはじめていた。
 無理もない。小さなこの体で、歌って踊った後なのだ。

 対向車のライトで時折浮かぶ舞の寝顔の愛らしさに、Pは見とれそうになり、慌てて車を停めた。
 このままだと、事故をおこしてしまいそうだった。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1463396670




2: ◆1CSaDSu89M 2016/05/16(月) 20:09:31.41 ID:5XxpIiB1O

 見とれて事故りそうだから車を停めたPだったが、運転の心配がなくなると、やはり舞の寝顔に見とれてしまう。
 車内灯を点け、瞼を閉じたその顔は見慣れてはいたが、改めて見るとドキリとする。
 同世代の事務所の他の娘と比べても小柄な少女は、無防備にその整った顔立ちをPにさらしている。

 自分の心音が、Pの頭に大音量で響く。

「舞?」
 Pはそっと、彼女を呼んでみる。



3: ◆1CSaDSu89M 2016/05/16(月) 20:12:56.47 ID:5XxpIiB1O

 彼女からの返事はない。

 Pは意を決したように、舞の頬にそっと触れる。
 柔らかな、まるで水風船のような手触り。
 そして彼女の髪から、少女特有の甘い香りが立ちのぼる。
 Pは大きく呼吸をし、舞の香りを吸い込んだ。



4: ◆1CSaDSu89M 2016/05/16(月) 20:17:43.74 ID:5XxpIiB1O

 もう我慢ができなかった。

 Pは舞の胸に手を伸ばす。

 ほんのささやかな感触が、Pの手に伝わる。
 頼りないほどのその手触りに、Pは更に興奮してしまう。



6: ◆1CSaDSu89M 2016/05/16(月) 20:23:25.77 ID:5XxpIiB1O

 一方の舞は夢の中で、ふとPが自分を呼んだような気がした。

(プロデューサーさん?)
 はっと気がつけば、自分は眠ってしまっていた。
 そして次の瞬間、自分の頬に誰かが触れている。
 いや誰か、ではない。
 プロデューサーのPであることは、自明の理だ。
 車の揺れもないから、今Pは運転をしていない。この頬に触れているのはPだ。
 暗い車中でなければ、舞の顔が赤らんだ事にPも気づいただろう。
 舞は頬から伝わる感触が、嬉しかった。



7: ◆1CSaDSu89M 2016/05/16(月) 20:29:19.59 ID:5XxpIiB1O

(プロデューサーさんが、触れてくれてるところ……)
 顔と同様、舞は頭の中も熱をもったようにうかされていた。
 大好きなPさんが、その手で触れてくれている。
 その事実が、少女の脳内を激しく揺さぶっていた。

 そして。

 その手が頬から離れ、少し寂しい想いを舞がした、次の瞬間だった。



9: ◆1CSaDSu89M 2016/05/16(月) 20:38:16.63 ID:5XxpIiB1O

(あっ!)
 何かが自分の胸に押しつけられた。
 何だろうと思い浮かぶ間もなく、その押しつけられた物が僅かに動く。

(プロデューサーさんの……手!)
 気づいた舞は、うろたえた。
(やだ……私、全然ふくらんでなくて恥ずかしいのに……)
 嫌われたくない、舞はそれを恐れていた。

 事務所の自分より年下の娘はともかく、少し年上の娘と比べても、舞は時折ため息をついていた。
 まして事務所には、世の普通の娘より大きな胸を持つ者が多数いた。

 小さな胸は、まだ少女の舞にとっての不必要なコンプレックスだった。



12: ◆1CSaDSu89M 2016/05/16(月) 20:45:10.42 ID:5XxpIiB1O

 それから舞には、もうひとつ危惧があった。
 最近、胸に何かが触れる度に痛みがはしるのだ。

 それは成長期の幼い胸にとっては自然な現象ではあったが、舞はその痛みを恐れていた。

(痛かったらどうしよう。痛いって言ったり、痛そうな顔をしたら寝たふりしてるのがプロデューサーさんにわかっちゃう)

 しかしそれは、舞の杞憂だった。



13: ◆1CSaDSu89M 2016/05/16(月) 20:50:27.54 ID:5XxpIiB1O

(あれ? 痛く……ない?)
 Pの手は、あくまで優しく舞の胸に触れてくれていた。
(プロデューサーさん……プロデューサーさん!)
 初めて受ける愛撫。
 微かともいえるその感覚に、舞はうっとりとしてしまう。

(なんだか……あっ、プロデューサーさんの手が触れると、痛くなくて……ううん。な、なんだか……)

 足のつま先が、自然にキュッとなる。
 何かが、おかしい。
 少女にとっての初めての快楽が、僅かな刺激であるにも関わらず、
 いや、僅かであるからこそ、急速に体の中で大きくなっていく。



14: ◆1CSaDSu89M 2016/05/16(月) 21:08:32.69 ID:5XxpIiB1O

 いつの間にか、少女のニップルはなすがままの正体のないような手触りから、硬くなってその存在を主張していた。
 そのニップルが、舞に悩乱の感覚を送り込む。

(あ、あっ! ぷ、プロデューサーさん! なんです!? こ、これ、なんですかっ!?)

 舞は胸から送られてくる快楽に、対処しきれなくなっていた。
 もう寝たふりではない。ただ必死に強く目を閉じていた。
 それは強すぎる快楽から身を守ろうとする、少女の防衛本能だった。

(な、なんだか変です。わ、わからないです。こ、これって、これ……あっ!)

 Pの両人差し指が、左右のニップルに同時に押し込まれた。
 その瞬間、舞は足先から頭まで、雷に貫かれたように身体をビクンとさせた。



15: ◆1CSaDSu89M 2016/05/16(月) 21:27:43.86 ID:5XxpIiB1O

「あ、あああっ!!!」
 思わず声が出た。
 カチカチになった舞のニップルは、小さく硬いスナップボタンのようになっていた。

「ま、舞?」
 うろたえながら声をかけるPに、舞は悩乱しつつ言った。
「お、お願いですプロデューサーさん。も、もっと……もっとしてください」

 舞のもとに生理が来るようになってまだ一年にもならないが、その度に少女を苦しめる痛みを発する部位が、疼くような感覚を伝えてくる。

「プロデューサーさんなら、私……いいです」

 その言葉にPも、弾かれたように舞におおい被さっていく。



16: ◆1CSaDSu89M 2016/05/16(月) 21:48:10.17 ID:5XxpIiB1O

 痛かった。
 だがそれと引き替えるように、女の子の大事な所からの疼きが、快楽へと変わっていく。

 突き上げるようなPの動きに、小さな少女はしがみつくように必死で耐えていた。

 すべてが終わった後、舞は嬉しさと、そしてよくわからない感情の涙を流した。

 Pはそんな舞を、やさしく抱きしめた。



17: ◆1CSaDSu89M 2016/05/16(月) 21:49:04.30 ID:5XxpIiB1O

終わりです。
また機会があれば、他のアイドルでもエロを書きたいです。
どんな娘がいいでしょうか。



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/16(月) 22:45:21.88 ID:yue5wGoFo

おつおつ



元スレ
SS速報VIP:モバP「スナップボタン」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1463396670/