1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 18:23:56.84 ID:1W4zOlb7O

シャル「い、今なんて言ったの一夏」

一夏「あー、彼女欲しいなって。俺だって健康な男子高校生だし彼女とイチャイチャしたいと思うことだってある」

シャル「ふ、ふーん。そう」

一夏「どっかに可愛いくて優しくて料理上手い子とかいないかな・・・」

シャル「あの、一夏・・・よ、よかったら、僕がね、その」

一夏「ん・・・そうだ!シャル!」ガシッ

シャル「わあっ!な、なに一夏」ドキドキ

一夏「なんでこんなことに気づかなかったんだろうな・・・」

シャル「・・・」ドキドキ

一夏「シャル」

シャル「は、はいっ」

一夏「彼女探すの手伝ってくれるか?」

シャル「うん、僕でよけれ・・・えっ」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 18:31:08.75 ID:1W4zOlb7O

一夏「ありがとう!やっぱ持つべきものは友達だよな・・・」

シャル「て、手伝ってって、どういう」

一夏「やっぱ、どうすればモテるかは女の子に聞くのが一番だろ?シャルなら気兼ねなく相談できるしな!」

シャル「そうなんだ・・・」

一夏「ん?どうした?」

シャル「・・・例えば、例えばだよ?」

一夏「うん」

シャル「その、僕が彼女にとかは・・・だめなの?」

シャル「料理も得意だし、見た目もそんなに悪くないし、優しいよ?」

一夏「うーん・・・シャルは友達としか思えないかなあ」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 18:37:35.26 ID:1W4zOlb7O

シャル「友達・・・友達ね・・・ははっ」

一夏「な、なんか悪いこと言ったか俺」

シャル「ううん、べつに・・・大丈夫、大丈夫」



一夏「じゃあ早速、彼女ってどうやれば出来るんだ」

シャル「やっぱり告白じゃないかな?」

一夏「あれか、好きです付き合って下さい!なあれか」

シャル「うん」

一夏「でもなー、断られたら嫌だしな」

シャル「なら練習してみない?」

一夏「練習?」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 18:43:26.92 ID:1W4zOlb7O

シャル「うん、僕を相手だと想定して、やってみようよ」

一夏「シャルに告白の練習かー・・・うーん」

シャル「そんなに難しく考えないで、あくまでも練習、ね?」

一夏「そうか・・・じゃあやってみるかな」



シャル「あ、一夏。話ってなに?」

一夏「よ、よう。その、大した話じゃないんだけど、あのな」

シャル「なに?」

一夏「あの、す、す・・・好きです付き合ってくだぶふぉっwww」

シャル「ど、どうしたの一夏!」

一夏「やっぱり無理だwwwシャルじゃなんか笑っちまうwww」

シャル「・・・」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 18:49:23.20 ID:1W4zOlb7O

一夏「ぶふっwww」

シャル「・・・しっ!」ゲシッ

一夏「いてっ!な、なんだよシャル」

シャル「告白の最中に笑うなんて最低だよ・・・このっ!」ビシッ!ビシッ!

一夏「すまん!すまんって!」



シャル「気を取り直してもう一回」

一夏「ちょっと待った」

シャル「なに?」

一夏「シャルじゃ無理だ。誰か他の人と練習したい」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 19:11:13.14 ID:1W4zOlb7O

シャル「他の子?」

一夏「あぁ、なんか笑っちゃうから、他の誰かならちゃんと練習出来ると思うんだ」

シャル「そう、なら僕が呼んで来るよ」

一夏「ほんとか?ありがとうシャル」

シャル「ううん気にしないで、友達だもんね」

シャル「じゃあ呼んで来るから、待っててね」




一夏「なんて言うのが一番なんだろうか・・・俺のパンツを洗ってくれってのは・・・やっぱみそ汁か?うーん」

コンコン

一夏「はいどーぞー」

箒「し、失礼するぞ」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 19:21:41.60 ID:1W4zOlb7O


箒「だ、大事な話とはなんだ」ソワソワ

一夏「シャルから聞いたのか?」

箒「そうだ」

一夏「箒か・・・」

一夏(箒は古風なところがあるからな・・・ここはみそ汁でいってみよう)

一夏「箒」ガシッ

箒「なっ、なんだ一夏」ドキドキ

一夏「思えば箒とは初めて会ってから10年近い付き合いになるんだよな」

箒「そうだな・・・」ドキドキ

一夏「別れの言葉を言う暇もなく突然転校しちゃった時はさ、悲しかったんだぜ・・・」

箒「わ、わたしもだ」ドキドキ

一夏「偶然にもここで再会出来たからよかったけど・・・また突然別れることになるかもしれない」

箒「そんなことはない!二度とあんな」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 19:25:32.91 ID:1W4zOlb7O

一夏「なにがあるかなんてわからないだろ?だから、今のうちに言っておきたいんだ・・・」キリッ

箒「・・・」ドキドキ

一夏「箒・・・毎日、俺の為にみそ汁を作ってくれないか」キリッ

箒「っ・・・」

一夏「箒?」

箒「わ・・・わたしで・・・わたしなんかでよ」

ガチャッ

シャル「いちかー練習終わった?」

一夏「シャル!今いいとこなん」

箒「れん・・・しゅう・・・?」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 19:33:10.74 ID:1W4zOlb7O

箒「一夏・・・練習とはなんのことだ?」

一夏「ん?なんのことって、告白の練習するからってシャルに呼ばれて来たんだろ?」

箒「・・・・・・」プルプル

一夏「箒?」

箒「き、きき・・・」

一夏「どうしたんだ猿の真似なんか」

箒「きさまぁあああああああああああああああ!!!」ジャキッ

一夏「うわああ!?な、なんだよ危ないだろ馬鹿!」

箒「斬る!!絶対斬るううう!!」ブンブン

一夏「おわあああああああああああああ!!」

シャル「・・・・・・へっ」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 19:41:20.26 ID:1W4zOlb7O



一夏「ひどいめにあった・・・」ボロボロ

シャル「箒は酷いね、僕はちゃんと練習って言ったのに。多分舞い上がっちゃったんだね」

一夏「いてて」

シャル「大丈夫?痛いの?」

一夏「まあちょっと切れたくらいだから平気だ。うーんしかし、やっぱり告白って難しいな・・・」

シャル「さあ、また次呼んで来るから準備して」

一夏「えぇ!?まだやるのか?」

シャル「だって全然練習にならなかったでしょ?」

一夏「確かにそうだけど」

シャル「なら練習しないと!じゃあ行ってくるね」

バタン



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 19:55:14.36 ID:1W4zOlb7O

コンコン

一夏「どうぞー」

ガチャッ

セシリア「し、失礼しますわ」

一夏「セシリア・・・シャルに呼ばれたのか?」

セシリア「は、はいっ!シャルロットさんに言われて」

一夏「ちゃんとシャルにきいた?」

セシリア「しっかりとききましたわ!」



シャル『セシリア、一夏が呼んでるよ』

セシリア『一夏さんが?』




37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 20:00:43.79 ID:1W4zOlb7O

シャル『大事な話があるって・・・』

セシリア『大事な話ですの?』

シャル『うん・・・セシリアなら仕方ないよね』

セシリア『うん?どういう意味でしょうか』

シャル『二人っきりで、セシリアと話したいんだって。でも自分から呼ぶのは恥ずかしいからって、僕に』

セシリア『二人っきり、大事な話、恥ずかしい・・・はっ!』

シャル『・・・ぐすっ・・・おめでとう、セシリア・・・』

セシリア『シャルロットさん・・・』

シャル『でも、セシリアなら仕方ないって思えるんだ・・・だから、頑張って』

セシリア『ありがとう・・・でも、一つだけ。例え一夏さんとの関係が変わっても、わたくし達の友情はかわりませんわ!』

シャル『セシリア・・・うん、もちろんだよ!』



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 20:09:27.16 ID:1W4zOlb7O

シャル『・・・・・・くひっw』



セシリア「しっかり・・・しっかりとシャルロットさんからは聞きましたわ!」

一夏「そうか、なら安心だな・・・セシリア」キリッ

セシリア「は、はい!」ドキドキ

一夏「第一印象から決めてました!俺と付き合って下さい!」スッ

セシリア「・・・」

一夏「・・・セシリア?」

セシリア「・・・わたくしも・・・ずっとお慕いしておりました」ギュッ

一夏「セシリア・・・やった!成功したぞ!」

セシリア「な、なんだか恥ずかしいですわ。うふふふ」

ガチャッ

シャル「どうだった一夏?」

一夏「成功だよ!こんな感じでいけば本番もいける気がする!」

セシリア「・・・本番?」



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 20:21:27.88 ID:1W4zOlb7O

一夏「ありがとなセシリア!おかげで自信ついたよ!」

セシリア「えっ?えっ?な、なんですの?本番?」

一夏「まだ誰にするかは決めてないんだけどな。やっぱストレートにいくのがいいと思うか?」

セシリア「・・・どういうことですの」

一夏「だから、本番の時は今みたいに」

セシリア「・・・今のは練習だったと?」

一夏「いまさらなに言ってんだ?」

セシリア「・・・」プシュッ

一夏「わああ!?い、いきなり撃つやつが」

セシリア「・・・」プシュップシュッ

一夏「あぶっ、うわああああああああああ!!」



シャル「候補が減ったよ!やったねシャルちゃん!」



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 20:29:12.07 ID:1W4zOlb7O



一夏「うぐっ・・・」ボロボロ

シャル「大丈夫?」

一夏「腹に2発喰らったけどなんとかな・・・」

シャル「じゃあ次の練習にいこうか、呼んで来るね」

一夏「待った!」ガシッ

シャル「なに?」

一夏「もう練習はいい、身体がもたない」

シャル「じゃあどうするの?誰かに告白するの?」

一夏「いや、なんか告白は駄目な気がする。他になんかないかな」



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 20:34:05.02 ID:1W4zOlb7O

シャル「・・・」

一夏「うーん・・・そうだ!ナンパだ!ナンパしよう!」

シャル「ナンパ?」

一夏「あぁ、夏は女の子が開放的になるからナンパが成功しやすいって弾が言ってたからな!」

シャル「ふーん、中学の同級生の?」

一夏「そうそう、そうだ、せっかくだし弾を誘うか」プルルルル

弾『よぉーどうした?』

一夏「ナンパしようぜ!」

弾『はぁ?いきなりどうした』

シャル「・・・」



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 20:43:54.78 ID:1W4zOlb7O



一夏「じゃあ今度の日曜な」

弾『あぁ』

一夏「よーし彼女作るぞー!」

シャル「・・・」

一夏「そうだそうだ、シャルにも頼みたいことがあるんだ」

シャル「なに?」

一夏「ここにある服でさ、ナンパが成功しやすくなるようなコーディネート考えてくれないか?」ガラッ

シャル「・・・」

一夏「一応服にはそれなりに気使ってるけど、女の子目線から選んでもらったほうがいいかなって」

シャル「・・・これとこれなんてどう?」

一夏「これ?うーんこれかー、こういうのが女の子受けするのか?」

シャル「僕はいいと思うよ」

一夏「そうか・・・なら信じてみるかな!」



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 20:49:16.40 ID:1W4zOlb7O

日曜・駅前のショッピングモール

一夏「弾のやつ遅いな・・・なにやってんだ」ブブブ

一夏「ん、メール・・・」

from:弾
ごめんいけなくなった

一夏「なんだよそれ、せめて電話してこいよまったく」プルルルル

『お客様のおかけになった電話は、現在電波の届かない…………』

一夏「・・・なんでメール送った直後に圏外なんだ?」

一夏「どうするかな・・・帰るか・・・」



一夏「・・・せっかく来たんだし、やっぱナンパしよう!」



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 20:56:20.61 ID:1W4zOlb7O



一夏「す、すいません、俺とおおお茶でも」

ギャル「はぁ?なにこいつ」

ギャル「ナンパじゃないの?」

ギャル「ぎゃはははは!今時お茶って!」

一夏「す、すいませんでした!」スタタタッ


一夏「ギャルはダメだ・・・怖い・・・大人しそうな子に、お・・・あれは」

簪「・・・」スタスタ

一夏「へい彼女!」

簪「っ!・・・お、織斑くん?」

一夏「なにしてるんだ?」



69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 21:10:27.18 ID:1W4zOlb7O

一夏「一人で?」

簪「ぅ・・・一人で悪い?」

一夏「そんなこと言ってないだろ?なに買うんだ?」

簪「ま、漫画」

一夏「漫画か・・・そうだ、俺も実は小さいころから漫画好きでさ、一緒にいってもいいか?」

簪「だ、だめ」

一夏「よーし、ってなんでだよ」




71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 21:11:12.77 ID:1W4zOlb7O

簪「・・・好きな漫画は?」

一夏「うーん、北斗の拳」

簪「ほかは?」

一夏「鉄拳チンミ」

簪「さ、最近のは」

一夏「最近?うーん、よつばととか」

簪「わたしも好き!」

一夏「ほんとか?なら一緒にいっても」

簪「あ・・・うん、いい・・・よ・・・」

一夏「よかった、じゃあ」

シャル「ごめーん一夏!遅くなっちゃった」



76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 21:18:25.80 ID:1W4zOlb7O

一夏「シャル!?なんで」

シャル「ひどいなー遅くなったからって」ギュッ

簪「・・・」

シャル「この子は?」

一夏「4組の、会ったことないか?」

シャル「あー会長さんの妹さんだった?こんにちは」ニコッ

簪「・・・」スタスタ

一夏「あ、おーい!」

シャル「なんだか暗い子だね。さて一夏、ナンパするんでしょ?」

一夏「あ、あぁ」



79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 21:23:37.93 ID:1W4zOlb7O

一夏「あの、よかったら一緒に遊びませんか」

お姉さん「あらナンパ?」

シャル「・・・」ニコニコ

お姉さん「あそこの子は連れじゃないの?」

一夏「連れっていうか、友達で」

お姉さん「女連れでナンパなんて、お馬鹿さんね」スタスタ

一夏「あっ・・・」



一夏「あの、一緒に遊ばない?」

黒髪少女「・・・わ、わたしですか?」

一夏「うん、よかったらさ」

黒髪少女「な、ナンパですか?」オドオド

一夏「友達に約束すっぽかされてさ」

黒髪少女「あの・・・こういうの初めてで・・・」

一夏(お、いけそうだ!)



80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 21:26:34.38 ID:1W4zOlb7O

一夏「じ、実は俺も初めてでさ・・・だ、だめかな」

黒髪少女「ぁぅ・・・わ、わたしなんかで」

シャル「はい一夏、オレンジジュース」ニコッ

一夏「シャル!?ちょっ、今は」

黒髪少女「・・・こんなに可愛い人つれて・・・馬鹿にしないでくださいっ!」スタタタッ

一夏「あっ、待って!」

シャル「・・・」ニコニコ



84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 21:31:52.63 ID:1W4zOlb7O

一夏「なあシャル・・・」

シャル「なーに?」

一夏「その、言いづらいんだけどさ・・・帰ってくれないかな」

シャル「・・・なんで?」

一夏「流石に、女の子連れてナンパなんて成功するわけないだろ?だから」

シャル「・・・僕のせいだって言うの?ひどいよ・・・ぐすっ」

一夏「ちがっ、そうじゃなくて!常識的にな?実際今も成功しそうだったのに」

シャル「僕は、友達として応援に来ただけなのに・・・うぇっ・・・」

一夏「ご、ごめん!俺が悪かったよ!だから泣かないでくれ!」



90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 21:45:16.43 ID:1W4zOlb7O

シャル「じゃあ・・・今日一日付き合ってくれたら許してあげる・・・」

一夏「そんなことでいいなら喜んで」

シャル「ほんと?じゃあね、まず行きたい洋服屋さんがあるの!」グイッ




翌週

一夏「今日こそナンパを成功させて」

シャル「あ、遅かったね一夏!」

一夏「・・・」



95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 21:49:53.07 ID:1W4zOlb7O

その翌週

一夏「今日は場所を変えて」

シャル「今日はここなの?彼女出来るといーねっ」ニコニコ


さらに翌週

一夏「今日はあえて学園の中で」

シャル「流石に学園の中は先生に怒られないかな」

一夏「・・・」


そして翌週

一夏「今日は駅を変えたどころか他県に」

シャル「わー!あのお店美味しそう。あとで行こうねっ」

一夏「・・・・・・」



102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 21:58:03.25 ID:1W4zOlb7O

また翌週

シャル「おっ、また懲りずに出掛けた。さて僕も」

千冬「まあ待て」ガシッ

シャル「ひっ!な、なんですか?僕は出かける用事が」

千冬「最近わたしの弟が悪質なストーカー被害にあっているらしくてな」

シャル「ストーカー!?誰がそんなことを!」

千冬「・・・」

シャル「僕は気づかなかったけど・・・だとしたらなかなかの手練ですね、どこかの組織ですか?」

千冬「・・・ストーカーは自覚がないとはいうが・・・まあいい、一緒にこい」ズルズル

シャル「あっ、どこいくんですか?一夏を守らないと!」

千冬「犯人なら捕まえた」

シャル「えっ?」



106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 22:06:11.13 ID:1W4zOlb7O

一夏「ストーカーは千冬ねえにお願いしたから今日は大丈夫だろ・・・」

鈴「一夏」

一夏「ひぃっ!?また・・・ってなんだ鈴か」

鈴「なんだとはなによ。こんなとこで一人でなにやってんの?」

一夏「ナンパをな」

鈴「・・・はっ?」

一夏「彼女欲しくってさ、夏はナンパかなって!」

鈴「・・・馬鹿じゃないのあんた・・・ほんと自分の立場理解してないのね・・・」

一夏「よくわかんないけど、邪魔しないでくれよ!こっちは真剣なんだからな」

鈴「はぁ・・・ナンパなんかしなくたって、あ、あたしが」



112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 22:11:41.81 ID:1W4zOlb7O

一夏「いや、大丈夫です」

鈴「ちょっと、大丈夫ってなによ大丈夫って!」

一夏「ほんと勘弁してください、まじで」

鈴「な、なによ!まだなにも言ってないでしょ!!」

一夏「いや本気で、本気のやつだからこれ。じゃあな」スタスタ

鈴「な・・・なによそれ・・・扱いが酷すぎる・・・」



一夏「うーん、そういやナンパっていっても相手の性格とかわからないから、付き合って楽しいかはわからないよな・・・」

一夏「どうしよう」

蘭「あの、一夏さんっ」

一夏「あ、蘭」



117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 22:17:36.50 ID:1W4zOlb7O

一夏「もう蘭でいっか。蘭俺の彼女になって」

蘭「ふぇ・・・?・・・は、はい!わわわわたしでよければ!!」



数日後

シャル「あ、一夏」

一夏「しゃ、シャルか・・・どうした?」

シャル「ごめんね、当分はナンパに付き合えないの」

一夏「あーそれなら大丈夫、もうナンパ行くことはないから」

シャル「なんで?」

一夏「彼女出来たんだ・・・」

シャル「わあ!よかったね一夏!おめでとう!」

一夏「あ、ありがとう・・・祝ってくれるのか?」



124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 22:22:33.94 ID:1W4zOlb7O

シャル「もちろんだよ!友達でしょ?」

一夏「シャル・・・ごめん、俺誤解してたよ」

シャル「誤解?」

一夏「シャルがさ、俺のナンパ邪魔して彼女出来ないようにしてるんじゃないかって」

シャル「僕が?まさかそんなことしないよっ!やだなーもう」

一夏「だよな、ごめん。やっぱりシャルは親友だな!」

シャル「うん!ちなみに、彼女は誰なの?」

一夏「蘭っていって、前に会ったことあるだろ?」

シャル「うん、あの赤い髪の?」

一夏「そうそう、年下っていいよなーもう可愛くってさ」

シャル「・・・・・・」



132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 22:28:29.47 ID:1W4zOlb7O

蘭「あ、一夏さんからメール・・・えへへへっ」

蘭「初デートかー、オシャレ頑張らなくちゃ!」

コンコン

蘭「はーい誰?おにい?っておにいは事故って入院中か」


蘭「だれー?」

蘭「もーなによ」ガチャッ

蘭「・・・誰もいない・・・なんなのまったく」バタン

蘭「さて・・・ふんふーん♪なに着てこうかなー」

「これはどう?」

蘭「えっ?」クルッ



終・わ・り



134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 22:29:31.52 ID:1W4zOlb7O

一夏が彼女作ったらこうなるかもしれないよね。じゃあの。



136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 22:29:43.55 ID:aEodQsF50

うわわわわわあああああああ

乙、やっぱりシャルちゃんはかわいい!



142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 22:37:22.63 ID:+GEJv4UC0

やはりシャルは正義だった




140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 22:31:02.04 ID:dpwmKVwF0

いやいやいやいやこええよ



元スレ
一夏「彼女が欲しい」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1311845036/