SS速報VIP:ヘンゼルとグレーテル「和菓子の家だ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1464260973/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 20:09:33.78 ID:C09KdGQ2o

―森の中―

ヘンゼル「パンくずで作っておいた目印がなくなってる! どうして!?」

グレーテル「どうするの、お兄ちゃん!」

ヘンゼル「と、とにかく……森を出なきゃ!」

グレーテル「出るって……どうやって?」

ヘンゼル「歩くんだよ! 適当に歩けば、きっと森を出られる!」

ヘンゼル「森を出たら、誰かに助けを求めればいいのさ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1464260973




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 20:10:25.70 ID:C09KdGQ2o

ところが――

ヘンゼル「ハァ、ハァ……」

グレーテル「ねえお兄ちゃん、ここさっきも通らなかった?」

ヘンゼル「うう……」

グレーテル「お兄ちゃん、あたしたち本当に森を出られるの?」

ヘンゼル「出られるさ! とにかく歩くんだ!」



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 20:11:53.73 ID:C09KdGQ2o

……

ヘンゼル(くそっ、いくら歩いても森を出られない!)

グレーテル「お兄ちゃん……あたし、もう歩けない……」

ヘンゼル「グレーテル……」

ヘンゼル「ほら、おぶってあげる」

グレーテル「お兄ちゃん……ありがとう」

ヘンゼル「兄が妹を助けるのは当然だろ? なんとしても、この森を出るんだ!」



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 20:13:32.38 ID:C09KdGQ2o

……

グレーテル「お兄ちゃん、大丈夫?」

ヘンゼル「ああ、へっちゃらさ」

グレーテル「――あっ」

ヘンゼル「どうした?」

グレーテル「あそこに……家があるよ!」

ヘンゼル「……本当だ! 行ってみよう!」



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 20:15:18.31 ID:C09KdGQ2o

ヘンゼル「……なんだこれ? ただの家じゃないな……」

グレーテル「なんだか甘い匂いがするよ」クンクン

ヘンゼル「ホントだ」クンクン

ヘンゼル「――こ、これは!?」

ヘンゼル「これは……壁が羊羹でできてる!」

グレーテル「あっ……こっちはきんつばでできてるよ!」

ヘンゼル「ということは、そうか、これは――」

ヘンゼルとグレーテル「和菓子の家だ!」



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 20:17:21.80 ID:C09KdGQ2o

グレーテル「……」グゥゥ…

ヘンゼル「……」グゥゥ…

グレーテル「ねえお兄ちゃん」

ヘンゼル「ん?」

グレーテル「この和菓子の家……ちょっと食べてもいい?」

ヘンゼル「!」

ヘンゼル「ダメだダメだ!」

グレーテル「どうして?」



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 20:20:47.44 ID:C09KdGQ2o

ヘンゼル「和菓子ってのは、ハッキリいってマズイんだ!」

ヘンゼル「いくら腹が減ってるからって、こんなの食べたらダメだ!」

グレーテル「でも……おいしそうな匂いだけど……」

ヘンゼル「とにかく、ダメったらダメなの!」



魔女「おやおや、ひどい言い草だねえ」ヌゥッ



ヘンゼルとグレーテル「わっ!?」



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 20:22:05.55 ID:C09KdGQ2o

ヘンゼル(あの不気味な黒いローブ、間違いない!)

ヘンゼル「お前……魔女だな!」

魔女「おやおや、よく分かったじゃないか。私が魔女と呼ばれてるってことを」

グレーテル「ま、魔女……!?」

ヘンゼル「ぼくたちを……食べるつもりか!?」

魔女「そんなことしやしないさ。むしろ、食べてもらいたいと思ってるのさ」

魔女「私が作った……和菓子をね」



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 20:23:06.27 ID:C09KdGQ2o

ヘンゼル「誰が和菓子なんか食べるか!」

魔女「食べたくなきゃ食べないでいいよ」

魔女「そっちのお嬢ちゃん。ほら大福だ、食べてごらん」

グレーテル「うん!」

ヘンゼル「お、おいっ! あいつは魔女なんだぞ!」

グレーテル「いただきます!」モグッ

グレーテル「……」モグモグ

グレーテル「うっ!」

ヘンゼル「グレーテル!? 大丈夫か!?」



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 20:24:57.34 ID:C09KdGQ2o

グレーテル「おいし~い!」

ヘンゼル「へ……」

グレーテル「控え目な味の餡とさっぱりした皮が絶妙なハーモニーをかもし出してる!」

魔女「ひっひっひ、ありがとうねえ」

グレーテル「ねえ、もっと食べていい?」

魔女「いいとも、和菓子はいつもたっぷり作ってあるからね。たんとお食べ」

ヘンゼル「……」ゴクッ…



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 20:26:53.00 ID:C09KdGQ2o

ヘンゼル「あ、あのっ!」

魔女「なんだい?」

ヘンゼル「ぼくもちょっとだけ食べたいかな~……なんて」

魔女「おや? 和菓子はマズイんじゃなかったのかい?」

ヘンゼル「うぐ……」

ヘンゼル「お、お願いします! 食べさせて下さい!」

魔女「仕方ない坊やだ、ほれ、どら焼き」



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 20:29:07.21 ID:C09KdGQ2o

ヘンゼル「どら焼き……? こんなの食べるのタヌキぐらい――」モグッ

ヘンゼル「うんめえええええええええ!」

ヘンゼル「ふわっふわの生地が、つぶあんと絡み合って、うんめえええええええ!」

ヘンゼル「うめえ、うめえよぉ……!」ガツガツ

ヘンゼル「手にくっついた餡ですら、舐めたくなる……!」ペロペロ

魔女「ひっひっひ、ありがとうよ」

グレーテル「お兄ちゃん……ちょっと怖い」



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 20:29:33.28 ID:C09KdGQ2o

魔女「和菓子はまだまだ家の中にあるから、たっぷり食べておくれよ!」





ヘンゼルとグレーテル「いただきまーす!」



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 20:32:07.63 ID:C09KdGQ2o

―魔女の家―

ヘンゼル「このせんべい!」バリボリッ

ヘンゼル「噛めば噛むほど幸せが押し寄せてくる! たまらねぇ~!」ボリボリッ

ヘンゼル「ああっ、今ぼくは幸せを噛んでいるぅ~!」バリボリバリッ



グレーテル「このおはぎ、おいしい!」モグッ

グレーテル「お米も餡もモチモチしてて、いつまでも楽しんでいたい食感だわ!」モチモチ

グレーテル「んもう、ほっぺた落ちそう!」



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 20:33:32.89 ID:C09KdGQ2o

ヘンゼル「羊羹うめえ!」モグッ

ヘンゼル「歯触りがよくって、上品な甘さで、非のうちどころがない!」

ヘンゼル「この紫色のキューブには、完璧の二文字が詰まっているんだぁ~!」



グレーテル「栗まんじゅう、おいしいよぉ!」

グレーテル「ほくほくしてて、栗の甘みがふわっと口の中に広がる!」

グレーテル「飲み込んだ後にも、ほんわかと余韻を楽しめるよ!」



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 20:35:49.74 ID:C09KdGQ2o

ヘンゼル「このきんつば……なんて素晴らしい味なんだ……!」モグモグ



グレーテル「ん~、このかりんとう、やめられない止まらない!」ポリポリ



ヘンゼル「芋けんぴうめえ! 芋の持つ甘みが、菓子に昇華されている……!」サクサク



グレーテル「八つ橋おいしいよぉ……ニッキの香りがたまらない……」モグモグ



魔女「ほら、お茶を持ってきたよ」

ヘンゼルとグレーテル「いただきます!」



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 20:37:25.19 ID:C09KdGQ2o

ヘンゼル「あ~……食った食った」ゲプッ

グレーテル「ごちそうさまでした!」

魔女「こちらこそ、おいしく食べてくれてありがとうよ」

ヘンゼル「……だけどぼくはまだ、完全に和菓子を認めたわけじゃない!」

グレーテル「ええっ!?」

ヘンゼル「たしかに和菓子の美味しさは分かった……だけど!」



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 20:39:08.24 ID:C09KdGQ2o

ヘンゼル「和菓子って色が地味だし、見た目って点ではやっぱり洋菓子には敵わない!」

魔女「ひっひっひ、そいつはどうかねえ?」

ヘンゼル「なにっ!」

魔女「こっちに来るといいさ、いいものを見せてあげよう」



19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 20:41:51.03 ID:C09KdGQ2o

ヘンゼル「こ、これは……!?」

グレーテル「すごい!」

ヘンゼル「この落雁……まるで宝石みたいだ!」

グレーテル「こっちの最中(もなか)も、食べるのがもったいないくらいキレイだよ!」

魔女「ほれ、さらにそっちを見てごらん」



20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 20:44:13.05 ID:C09KdGQ2o

ヘンゼル「この鶴……魔女さんが作った彫刻? ――いや、これは!」

ヘンゼル「これ……お菓子でできてる!」

グレーテル「こっちのお寺もそうだよ、お兄ちゃん!」

ヘンゼル「お菓子でこんなものが作れるなんて……!」

魔女「ひっひっひ、工芸菓子ってやつさ」

魔女「和菓子の見た目の美しさは、決して洋菓子に引けを取っちゃいないよ」

ヘンゼル「くっ……」



22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 20:46:57.45 ID:C09KdGQ2o

ヘンゼル「ごめん……なさい」

魔女「謝ることはないよ」

ヘンゼル「だけどなぜ、あなたほどの和菓子作りの名人が魔女になったんです?」

魔女「ひっひっひ、いっとくけど私は魔法なんか使えないよ」

ヘンゼル「え……!?」

魔女「元々は私も町でお菓子屋をやっていたんだけどねえ……」

魔女「私の作る和菓子は異端扱いされ、魔女呼ばわりされ、町を追い出されちまったのさ」

魔女「そして……今はここで細々と和菓子研究をする毎日さ」

ヘンゼルとグレーテル「……」



23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 20:48:16.64 ID:C09KdGQ2o

ヘンゼル「あ、あの……」

魔女「なんだい?」

ヘンゼル「もしよろしければ、ぼくに和菓子の作り方を教えてくれませんか?」

グレーテル「あ、あたしもっ!」

魔女「あんたたち……」



24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 20:50:28.86 ID:C09KdGQ2o

魔女「気持ちは嬉しいけど、あんたたちも両親がいるだろう?」

魔女「きっと心配するよ。まさかこんなところまで通うわけにはいかないだろうしねえ」

ヘンゼル「いえ……実はぼくたち……」

グレーテル「お父さんとお母さんに捨てられたの……」

魔女「!」

ヘンゼル「元々は家に帰るつもりで、ここにたどり着いちゃったけど……」

ヘンゼル「もし帰ったとしても、ぼくらの居場所は……」

魔女「そうだったのかい……」



25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 20:52:06.99 ID:C09KdGQ2o

魔女「よし、分かった!」

魔女「だったらこの私が、あんたたちを一人前の和菓子職人にしてやるよ!」

ヘンゼル「ホント!?」

グレーテル「ありがとう!」

魔女「ただし私は厳しいよ! ビシビシいくからね!」

ヘンゼル「はいっ!」

グレーテル「よろしくお願いします、先生!」



26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 20:54:36.70 ID:C09KdGQ2o



ヘンゼル「ぼくの作った餡、どうですか?」

魔女「……」ペロッ

魔女「まだまだだね。こんな餡じゃ、いい和菓子は作れないよ!」

ヘンゼル「は、はいっ!」



魔女「なんだいこりゃ!?」

魔女「皮と餡のバランスが悪すぎる! もっと精進しな!」

グレーテル「すみませんっ!」

グレーテル(個々の味がよくてもダメ……大事なのはバランス……! つまり調和……!)



修行は厳しかったが、二人は魔女の技術を吸収し、和菓子職人としてめきめきと成長していった。



27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 20:57:07.95 ID:C09KdGQ2o

やがて――

―城―

王「ふむ……」モグモグ

王「おおっ! なんとうまい菓子だ! これがくず餅というものなのか!」

ヘンゼル「ありがとうございます」

グレーテル「お褒めにあずかり、光栄ですわ」

王「ぜひ、そなたらには多大なる褒賞を授けたいが……」

ヘンゼル「いえ、褒賞はいりません」

王「ほう?」

グレーテル「その代わり、ある人物の名誉を回復させていただきたいのです」

王「いったいだれの?」

ヘンゼル「ぼくたちの師匠です」



28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 20:59:31.52 ID:C09KdGQ2o

―町―

魔女「ひっひっひ……ありがとうねえ」

魔女「おかげで私はまた、町でお菓子屋をやれることになったよ」

魔女「しかも、なにしろ今度は王様のお墨付きだしねえ」

ヘンゼル「よかったですね!」

グレーテル「これでやっとご恩をお返しすることができました!」

魔女「まったく師匠孝行な子たちだよ」

魔女「さて、あとは……」

魔女「立派になったあんたたちの姿を、見せるべき相手に見せるだけだねえ」

ヘンゼルとグレーテル「はいっ!」



29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 21:01:41.27 ID:C09KdGQ2o

……

……

―自宅―

父「あの子らを森に置き去りにしてからというもの、毎日夢を見るね……」

母「ええ、森であの子たちが飢えて死んでいく夢を……」

父「こんなことになるのなら……やめておけばよかった……」

母「ええ、口減らしをして私たちはなんとか助かったけど……」

母「こんなことなら、四人で飢え死にするべきだったのかもしれないわ……」

父「おお、ヘンゼルとグレーテルよ、愚かな私たちを許しておくれ……」



「ただいまーっ!」



30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 21:03:19.90 ID:C09KdGQ2o

ヘンゼル「ただいま、父さん!」

グレーテル「ただいま、お母さん!」

父「お、お前たちは……ヘンゼルとグレーテルか!?」

母「生きていたの!?」

ヘンゼル「へへへ、なんとかね」

父「そ、そうか……」

母「よかった……」ウルッ…



31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 21:05:02.62 ID:C09KdGQ2o

父「すまん! 私たちは命にかえても守るべきだったお前たちを……!」

母「私たちにもう、あなたたちの親である資格はないのよ……!」

ヘンゼル「いいんだよ……父さん、母さん、何も気にしないで」

グレーテル「あたしたち、なーんにも気にしてないんだから」

ヘンゼル「そうだ! 今日は二人に和菓子を作ってきたんだ!」

父「和菓子……!?」



32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 21:09:01.26 ID:C09KdGQ2o

母「このういろう……ちょうどいい甘さで本当においしいわ!」モグモグ

父「こっちの草餅も……とてもおいしいよ!」モグモグ

グレーテル「やったね、お兄ちゃん!」

ヘンゼル「ああ!」



こうして一流の和菓子職人となったヘンゼルとグレーテルは、いつまでも幸せに暮らしましたとさ。





―おわり―



33: ◆iX5A4Cf7i2 2016/05/26(木) 21:09:56.40 ID:C09KdGQ2o

以上で終わりです
ありがとうございました



35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 21:18:39.06 ID:azKFo/clO


いい話だった



元スレ
SS速報VIP:ヘンゼルとグレーテル「和菓子の家だ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1464260973/