SS速報VIP:盗賊「むかーしむかし、ある城下町での過去の話だ…」遊び人「お願い、助けて!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1462525528/



1: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/06(金) 18:05:28.45 ID:3AIaRrnbO

昼下がり? バザー



ガヤガヤ…

盗賊「…」

盗賊「……」ギュルルル

盗賊「…腹減ったなぁ…」

黒猫「ニャー」

盗賊「ニャー、じゃねえよ。お前にくれてやるもんなんかねえぞ」

黒猫「フシュー!」

盗賊「はぁ…なんか食い物」


団子屋「いらっしゃーい!いかがですかー!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1462525528




2: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/06(金) 18:07:53.15 ID:3AIaRrnbO

盗賊「お、団子か」

団子屋「ハイハイ、いらっしゃい。旦那、今オープンセールでお安くなってるよ!」

盗賊「そりゃいいな。いくらだ?」ゴソゴソ

団子屋「一本2銅!お連れさんと2本食べたらサービスで3銅にしてあげちゃう!」

盗賊「あ?連れ?」

団子屋「ほれ、いるでしょ、そこ。足元。かわいいレディが」

黒猫「!」ワクテカ

盗賊「…はあ。コイツは俺の飼い猫なんかじゃねーよ。そもそもコイツは雄で--」パカッ

盗賊「あ、あれ…?」スッカラカン

団子屋「あらそう?ま、固いこと言わずに、気前よく、旦那!」

盗賊「…お、おかしーな」スッカラカン

黒猫「…」

盗賊「…すまねェ、また、今度くるわ…」



3: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/06(金) 18:10:40.40 ID:3AIaRrnbO

団子屋「またお待ちしてまーす!」

盗賊「…」トボトボ

黒猫「…」トボトボ

盗賊「クソ…腹減った」ギュルー

盗賊「その辺に食い物か金か…落ちてねーもんか…」

黒猫「ニャー…」

盗賊「…ん?」


王国兵A「ほほう…これはなかなか」

露店商「へへ、そうでしょうそうでしょう。よくあるようで、なかなかない、名品ですよ」

王国兵B「そうであろうな。この輝き、まことに見事…」

露店商「さすが、お目が高いですなあ旦那」

王国兵A「しかし、これで2銀はちと高いな?」

露店商「勘弁してくだせぇ、コイツはそうそう手に入らない代物ですぜ。何せ、微力だが魔力が宿ってる」

王国兵A「なにっ、魔力…!」

王国兵B「これは、また…お伽噺の世界のものとでも言うのか?」



4: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/06(金) 18:12:29.06 ID:3AIaRrnbO

露店商「ここだけの話、魔王領まで入っていった命知らずが持ち帰ったもんでしてね…」

露店商「なんでも、魔法で封印のかかった祭壇からお宝を取り上げるだけで、片腕一本消し飛んだとかなんとか」

王国兵B「なんと…」

露店商「それだけいわくつきのモノじゃありますが、魔王からお国を守る、英雄たる旦那方のような方が持つには相応しいかと…」

王国兵A「フーム…」

王国兵B「ハッハッハ、おぬしもなかなか口が達者だのう」

露店商「へへ、本当のことを言わせていただいたまででさぁ…」

王国兵B「ハハ、よく言う…」

王国兵A「ただのう、主人。これで2銀では、ちと高いと言っておるのだよ」

露店商「は?」

王国兵A「何度も言わせるなよ。お前の長ったらしい高説はどうでもよいのだ。とにもかくにも値を負けろ」

王国兵B「聞いておいてそれとは、おぬしも人が悪いな」ハッハッハ

露店商「い、いやァ、ですから旦那…」

王国兵A「勘違いしてもらっては困るぞ、主人。我々は国を守るつるぎたる王国兵。この小汚ないボロ雑巾のような店で、その我々が物を買うと言っているのだぞ」



5: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/06(金) 18:14:18.50 ID:3AIaRrnbO

露店商「へ、へえ。それはもう有り難いことで…」

王国兵A「国のために、少しはためになろうとは思わんのか、んん?」ギロリ

露店商「そ、そりゃあもう…」

王国兵B「よせよせ、その辺でやめておけ」ホホホ

王国兵A「分かったら、これは貰ってゆくぞ」

露店商「だ、旦那!お代は…!」

王国兵A「んん?お代?」ギロッ

露店商「ヒッ…」

王国兵A「フン、そうだな、こんなものでどうだ」チャラチャラ…

露店商「こ、こりゃ…これじゃ全然…」

王国兵B「おぬしwwwww先ほどもっと持っていたではないかwwww」

王国兵A「なーに、祖国を思う涙ぐましい店主が、値を負けてくれるというのでな…」

王国兵B「テラ値切り乙wwwwwwwwwwwwww」

露店商「…そんな…殺生な…」



6: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/06(金) 18:16:51.73 ID:3AIaRrnbO

ドンッ

王国兵A「うおっ?!」

盗賊「おぉっと、すまねぇ!」タッタッタッ

王国兵A「きっさまぁ!どこを見て…」

盗賊「ごめんよー!」タッタッタッ…

王国兵A「ぬ…!素早い奴め!」

王国兵B「…おい、おぬし」

王国兵A「なんだ?」イライラ

王国兵B「--財布をどこへやった?」

王国兵A「…うむん?」

王国兵A「…!」ゴソゴソ…

王国兵A「あの男!!」



盗賊「おー、持ってる持ってる」ズシ…

黒猫「ニャー♪」

盗賊「ったく、こんだけ持っていやがるならケチケチすんなってんだよなァ?」

黒猫「ニャー」

王国兵B「いたぞ、あそこだ!」

盗賊「あら?!」

王国兵A「貴様ァ!そこを動くなぁ!!」

盗賊「やっべ!気付かねぇかと思ったが、そこまでウスノロでもなかったか」ダッ

王国兵A「待てェ!!」

黒猫「ニャー!」タタタ

王国兵B「ぬ、どこへ行った?」

王国兵A「あっちの路地の方へ逃げたぞ!」



7: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/06(金) 18:19:22.06 ID:3AIaRrnbO

王国兵B「む…行き止まりか」

王国兵A「おのれどこへ行った?!」

王国兵B「おい、あそこの店…」

王国兵A「そこかぁ!!」



バー

カランカラン…

王国兵A「どこだ、コソドロめ!」

王国兵B「暗くてよう見えんな」

マスター「…おい」

王国兵A「ぬ!貴様ここの店主か?!」

マスター「店ならまだ準備中だ、出直しな。それとも、昼間っから酒飲むほど兵隊さんってのァ暇してんのかい?」

王国兵A「なにを…!」

王国兵B「おい店主。ここに男が来なかったか。黒い猫を連れた盗人だ」

マスター「知らんね」

王国兵A「隠しだてすると為にならんぞ!」

マスター「知らんもんは知らん。…あんたらこそ、早いとこ出ていった方がいいぞ」

王国兵B「なに…?」

マスター「俺の機嫌が悪くならんうちにな」ギロッ

王国兵A「!」

王国兵B「ぐっ…い、行くぞ!」

ダッダッダッ

バタン!



8: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/06(金) 18:25:15.41 ID:3AIaRrnbO

マスター「とんだ税金泥棒どもだ…」

盗賊「助かったぜ、マスター」ヒョイ

マスター「ふん」

マスター「さっさとカウンターの中から出ろ。こっち側は俺の仕事場だ。聖域だ」

盗賊「へいへい。相変わらずお堅いねえ」

盗賊「よっと」スタッ

盗賊「もしかしたら摘まみ出されて兵隊どもに売られちまうかとも思ったけどな」

マスター「その手に持ってるモンにゃ、昨晩のお前の飲み代が入ってるんだろう?」

盗賊「なに?…あー、そういやツケで飲んだんだっけか…」

マスター「馬鹿ぬかせ!俺の店じゃツケで飲めるやつなんて居やしねぇんだぞ!金は持ってるなんて大嘘吹かしやがって!いついかなる時も金はその場で払うのが俺の店ので飲む以上最低限の…」

盗賊「分かった!分かったって!」

盗賊「悪かったよ、適当なこと言って…ほら、昨夜の分」ジャラジャラ…



9: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/06(金) 18:27:28.23 ID:3AIaRrnbO

マスター「…次やったら出入り禁止にしてやるからな」

盗賊「勘弁してくれよ、酒まで取り上げられちゃ人生の楽しみってもんがなくなっちまう」

マスター「そう思うんなら、真っ当な仕事にでもつくんだな」

盗賊「はん、真っ当な仕事ね…どこぞのトンカチ兵隊みたいにでもなれってか?」

盗賊「つまらないことは仕事にできないタチなんだよ、俺は」

マスター「そりゃ結構な主義主張だな」

盗賊「…なぁ、マスター」

マスター「なんだよ」

盗賊「なんか面白い話、ないか?」

マスター「面白い話?そうだな…」

マスター「…つい先日、勇者の一行が炎の洞窟を抜け、荒れ地の大陸の砂の国にたどり着いたそうだ」

マスター「魔王軍の幹部の一人、暗黒騎士の撃破のためと見られている。近日中に根城となる死の谷へと出発する予定だ」

盗賊「興味ねぇよ」

マスター「…お前な」



10: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/06(金) 18:29:02.18 ID:3AIaRrnbO

マスター「勇者がうまくいかなきゃ、この世の中どうなっちまうか分かったもんじゃねぇんだぞ」

盗賊「連中は放っておいてもやりたいようにやるさ。それより、俺には明日の飯のタネの方が大事だね」

マスター「…まったく」

黒猫「ニャー…」

マスター「…飯のタネ、か」

盗賊「なんか、あるのか?」

マスター「…猫にエサやる時間でな。猫が好きならついてきな」ガチャ…

黒猫「ニャー!」タタタッ

盗賊「……俺は猫は嫌いなんだよ」

マスター「猫が相手だと独り言がつい多くなってな。うっかり、口を滑らせるかもしれんなぁ」

盗賊「…寂しいオヤジだな」ガタッ

マスター「なんか言ったか?」

盗賊「なんにも」



16: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/07(土) 09:26:48.09 ID:Pihi0HfWO

バーの裏

茶猫「ニャー」

白猫「ニャー」

ドラ猫「ニャー」


盗賊「うへえ」

マスター「よーしよし、お前ら待たせちまったな」ゴソゴソ

マスター「腹が減ったらどんな生き物もうまくいかねぇ、弱さが出ちまうからな」

マスター「弱さは誰にでもある。どう猛なヤツも臆病になるし、冷静なヤツも自分を見失っちまう」

マスター「そいつは、厄介なことに歳を幾つ重ねても消えてなくなったりはしないもんだ」

盗賊「…」



17: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/07(土) 09:28:44.95 ID:Pihi0HfWO

白猫「ニャー♪」モグモグ

マスター「そういや…″白猫″の″土産屋″が動くなんて話を聞いたなぁ。なんでも裏通りに流れたお宝を狙うとか」

盗賊「!」

マスター「″土産屋″のやつ、腕はどうだか知らんが、裏通りの連中に手を出したら、奴らのボスが黙っちゃいねぇだろうからな」

マスター「聞いた話じゃ、そのお宝は通称″ムラサキ″とかなんとか言うらしい」

盗賊「″ムラサキ″ねぇ…」

マスター「裏通りの頭、″棟梁″。あいつはヤバイ。泣く子も黙る裏社会の顔ってやつだ。その宝を狙うとは、まったく命知らずな奴だ…」

マスター「″棟梁″と″白猫″の一味。こりゃ、ちょいとばかり裏通りが荒れることになりそうだが…」

盗賊「…全く、はた迷惑な話だな」




22: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/07(土) 20:41:25.93 ID:nqTdfi8XO

マスター「…同類同士でやり合う話ほど無意味なモンはねぇ。日陰の連中同士で縄張り争いみたいなことをしたところで、日向の奴らの方へは行けはしねぇ」

マスター「そんな世界の奴らにとって大事なのは、落とし所さ。どこかで双方が手を打たなきゃならねぇんだが」

マスター「どっちにも顔の聞くどこぞの黒猫が…」

黒猫「ニャー♪」モグモグ

マスター「なんとか間を取り持つことはできないもんなのかねぇ…」

盗賊「…マスター。その話のどこに俺の食いぶちが…」

マスター「弱さは、誰にでもある」

盗賊「おい…」

マスター「例えば、それは人によっちゃ過去であったりもする」

盗賊「…」

マスター「だがその弱さから目を反らし続けるわけにはいかねぇもんさ」

マスター「いつかは、そいつと向き合うハメになるんだから、な…」

盗賊「…説教かよ」

マスター「独り言さ」

盗賊「ふぅ…つまんねぇ話を聞いちまったぜ」クルッ




19: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/07(土) 09:32:36.90 ID:Pihi0HfWO

茶猫「ニャーニャー」

ドラ猫「ニャー」

マスター「おーおー、お前ら、うまかったか?」

マスター「あーそうだ、ひとつ言い忘れたことがあった」

盗賊「…独り言なんだろ?」

マスター「そうさ。ひとに教えるのが勿体ねぇ話だからな」ニヤ

盗賊「なんだよ?」

マスター「バザーの角のところに新しく出来た…」

マスター「団子屋。…あそこはウマい」




24: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/07(土) 20:44:56.41 ID:nqTdfi8XO


夕暮れ
橋の上


盗賊「…」モグモグ

黒猫「…」ジー

盗賊「…」モグモグ

黒猫「…」ジー

盗賊「…」ゴックン

黒猫「…おい、盗賊」

黒猫「我輩の分はないのか?」

盗賊「…クソ猫。人通りのあるところでクチきくんじゃねぇよ」





25: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/07(土) 20:46:59.66 ID:nqTdfi8XO


黒猫「二本セットで買ってたではないか!キュートな連れに買ってやるとかなんとか!」フシューッ

盗賊「静かにしろっつのっ!目立つだろがこのアホんだら!」

黒猫「我輩も…団子食べたい…」

盗賊「お前、さっきちゃっかりマスターに食わせてもらってやがったろーが」

黒猫「あれはあれ。これはこれだ。甘いものは別腹だしな」

盗賊「人間様みたいなこと抜かすんじゃねーよ、化け猫」


「ねぇねぇ、ママー、あの人ネコと話してるよー」

「シッ、見ちゃいけません」


盗賊「…」

黒猫「…」




26: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/07(土) 20:49:28.53 ID:nqTdfi8XO


盗賊「ちっ…言わんこっちゃねえ」ゴソ

黒猫「…ん?盗賊…その小袋、もしかしてさっきの王国兵が買っていたものか?」

盗賊「ん?ああ、一緒に拝借した」

黒猫「全く、手癖の悪い奴だ」

盗賊「借りただけさ。気が向いたら返す」

黒猫「いじめっ子の理屈だな…」

盗賊「うるせーぞ化け猫」モグモグ

黒猫「それが例のお宝とやらなら、もう少しお前の羽振りもよくなるのになぁ」

盗賊「そんなわけあるか」モグモグ

黒猫「マスターの話はなんだ?我輩はちんぷんかんぷんだったぞ。やれ″ムラサキ″やら″白猫″の″土産屋″やら…」

盗賊「猫の頭じゃその程度だろ」モグモグ




27: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/07(土) 20:52:10.05 ID:nqTdfi8XO


黒猫「だいたい、″白猫″の″土産屋″とはなんだ?猫の土産と言えば…まあ一般的なのは魚の骨だがな」

盗賊「猫の一般常識なんざ知ったことか」モグモグ

黒猫「盗賊、お前本気でちょっと冷たいぞ。もう少し優しく扱え」

盗賊「断る。言っただろうが、俺は猫は嫌いなんだよ」モグモグ

黒猫「ぐぬぬ…お前~…!」

盗賊「あー団子旨ぇ…」モグモグ




28: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/07(土) 20:54:12.30 ID:nqTdfi8XO


黒猫「ニャー!」シュバッ

盗賊「うおっ?!」

スタッ

黒猫「ニャハハ!ニャホホニャッホー(団子ゲットー)!」

盗賊「てめっ!クソ猫!団子返しやがれ!」

黒猫「ニャーン♪」タタタッ

盗賊「待ちやがれ!」ダッ




29: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/07(土) 20:56:20.53 ID:nqTdfi8XO

裏通り街

盗賊「待てコルァ!」

黒猫「ニャー」テテッ

盗賊「クソ!…ったく、厄介なとこに逃げ込んだなオイ」

盗賊「噂の真っ只中の、裏通り街じゃねぇか…!分かってんのかあのバカ猫…」

「待ちやがれこのクソ猫!」

「そっち行ったぞ!」

盗賊「?」

女「待てと言われて待つ馬鹿がどこに…」タッタッタッ

女「!」

盗賊「なんだ?」

女「あんたは…!?」

盗賊「何?お前も猫なの?」



30: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/07(土) 20:58:26.89 ID:nqTdfi8XO

「あそこだ!!」

盗賊「ん?」

女「ええい、ままよ!」バッ

女「ありがとうございます、見知らぬ方!」

盗賊「…は?」

女「悪漢に追われてるんです…アイツラです!」

ゴロツキA「へへ…追い付いたぜ」

ゴロツキB「大人しくしな、仔猫ちゃん」

盗賊「…で?」

女「まぁ!助けてくださるんですね!なんてお優しい方!」

盗賊「あ?」

ゴロツキC「なんだテメェは?」

ゴロツキD「俺たちとやろうってか?」

女「きゃっ怖いっ!お願い、守ってください!」

盗賊「…」




31: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/07(土) 21:00:33.93 ID:nqTdfi8XO

ゴロツキA「すっこんでな、兄さん。怪我するぜ?」

盗賊「…ああ、そうだな」スッ…

女「えっ」

黒猫「…」コソッ

盗賊「あっ!居やがったな、このクソ猫!!」ダッ

黒猫「…!」ビクッ

黒猫「ニャー!」ピュー

盗賊「待ちやがれ!」タッタッタッ

女「…」ポツン



32: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/07(土) 21:02:58.45 ID:nqTdfi8XO

ゴロツキB「行っちまったぞ。なんだ、ありゃ?」

ゴロツキC「さぁ?どっかで見た顔な気もするが…」

女「う、嘘でしょー?!」

女「ふざけんなー!!そこは助けるとこでしょーが!?おいちょっと待てってばコラー!このフヌケヤロー!!」ギャー

ゴロツキD「…なんだか哀れな気もするが…」

ゴロツキA「ツキがなかったな、遊び人」ジリ…

遊び人(女)「ちっ…!」



33: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/07(土) 22:40:09.32 ID:nqTdfi8XO

遊び人「あんたら…そもそもどーしてあたしを追ってくるわけ?恨まれるよーなことをした記憶はないけど?」

ゴロツキA「しらばっくれるんじゃねーぜ。お前、″ムラサキ″を知っているな?」

遊び人「…なんのこと?」

ゴロツキB「お前が裏通り街で、″ムラサキ″について嗅ぎ回ってるって話はもうあがってるんだよ」

ゴロツキB「″栗猫の遊び人″…!」

ゴロツキC「有名人は、ツラいなぁ?」

遊び人「…ちっ。派手にやりすぎたか。にしても、ちょーっと耳に入ったお宝の事を聞いて回ったくらいで、随分な歓迎ぶりじゃない?」

ゴロツキA「裏通り街のルールでな。″ムラサキ″を口にする猫は一匹残らずふんづかまえろ″ってな」

遊び人「あたしもそれなりに裏通り街の暮らしは長いはずなんだけどねぇ…そんなルール、聞いたこともないわよ」

ゴロツキA「へッ、じゃあこいつも覚えておきな。″裏通りじゃルールは常に変わっていく″ってな!」ジリ…

ゴロツキB「おしゃべりは終わりだぜ、″栗猫の遊び人″!」バッ

遊び人「くっ…!」



34: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/07(土) 22:41:56.41 ID:nqTdfi8XO

黒猫「ニャー!!」ピューッ

ゴロツキB「どわっ?!なんだ!」

盗賊「待ちやがれコルァ!食らえ!」ビュッ

ガツン!

ゴロツキB「ぐえっ…?!」ドサッ

遊び人「!!」

盗賊「ゲ…」

ゴロツキC「お、おい!しっかりしろ!」

ゴロツキD「てめぇ、何しやがる!」

盗賊「や、ちょっと待て。これは不可抗力ってやつでだな。猫を仕留めようと思った石がまさかお仲間にあたるとは」

ゴロツキA「やってくれるじゃねぇか。面白れぇ、上等だぜ!」

盗賊「ってオイ。話を聞けって…」

ゴロツキC「うるせぇ!オラァ!!」ブン

盗賊「うおっ?!」

盗賊「このヤロー…話を聞けっつってんだろ!!」ビュン!

バキィッ!

ゴロツキC「アガッ?!…」バタ…

ゴロツキA「てめぇ!」

遊び人「…」ジリ…




35: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/07(土) 22:43:36.83 ID:nqTdfi8XO

遊び人(チャーンス。このスキに撒いてやるわ)

遊び人(はなっからどっちが勝とうが、時間さえ稼いでくれれば何だって良かったのよ!)

遊び人(誰だか知らないけど、名も無き草食男さん、せいぜい頑張ってちょーだい…)コソッ

ゴロツキD「ぎぇっ!」バキッ

ゴロツキA「ウゲッ!」ドカッ

遊び人「…って、え?」

盗賊「ったく。血の気の多いのはいやだぜ」

ゴロツキA「ぐ…は、速い…」

遊び人「あんた…勝っちゃったの?!」



36: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/07(土) 22:45:11.99 ID:nqTdfi8XO

盗賊「当たり前だろ。この俺がこんなサンピンヤロー共にやられるかよ」

遊び人「すっごい…!あんた強いんじゃない!」

盗賊「まーな。…そんなことより」ギロ

黒猫「ニャ…!」ギクリ

盗賊「こんのクソ猫…てめぇのせいでこっちはいらん運動させられてるってのに…」

盗賊「暢気に団子たいらげてやがったな?!」

黒猫「ニャー♪」ホクホク

盗賊「食い物の恨みは激しいぜ…!」ゴゴゴゴ

黒猫「フシューッ」

遊び人「…は、はは。猫と仲が良いのね」

盗賊「ぁあ!?んなわけあるか!!」



37: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/07(土) 22:48:11.61 ID:nqTdfi8XO

「…おやおや。日も落ちきらない内から随分賑やかだと思ったら」ツカツカ…

盗賊「あん?」

遊び人「…!やばっ…」

「あんたかい。盗賊。」

盗賊「…よぉ。こんなところで奇遇だな…」

盗賊「″棟梁″」

棟梁「なに、寝覚めの散歩とでも洒落こもうかと思ってね」



40: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/09(月) 11:06:57.94 ID:w+vKIuY/O

盗賊「今ごろお目覚めとは、やっぱり社長さんは違うねぇ」

棟梁「そんな大層なもんじゃないさね。それに、カタギの連中とはお勤め時間が違う。アタシたちゃ今からが仕事だよ」

盗賊「…それで、取り巻き連れてパトロールってわけかい?」

手下A「…」

手下B「…」

棟梁「荒くれものばかりの裏通り街だ。アタシのシマでもたまに暴れるヤツがいるようだし…なぁ、盗賊?」ジロリ

盗賊「えっ…」

ゴロツキB「…うぅ…」

ゴロツキA「ぐふっ…アネゴ…!」

棟梁「うちの若い衆が世話になったようだな?」

盗賊「あ、いや。これはだな。事の成り行きっつーか、なんつーか…」



41: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/09(月) 11:08:04.23 ID:w+vKIuY/O

棟梁「ほぉ…」ツカツカ

盗賊「た、たまたまカチ合ってちょいとやりあっただけさ。ココじゃよくあることだろ?誰が好き好んで裏通りのボスに喧嘩売るかよ」ドキドキ

棟梁「ふん…」

棟梁「まぁ良いだろう。コイツらも、喧嘩売る相手が分からなかったとなりゃ、こっちの教育不足さね」ゲシッ

ゴロツキA「ぐぁっ!」

棟梁「そうだろ?″黒風の盗賊″」

盗賊「そ、そうか?」ホッ…

棟梁「黒い猫つれた凄腕の盗賊。あんたの風体くらいは、この世界でやってくんなら知っておかないと、ねぇ?」グリグリ

ゴロツキA「いッ…いでででッ!!」

盗賊「…は、はは…参ったねこりゃ…」

棟梁「だからねぇ盗賊。今回は″猫″をこっちに引き渡してくれりゃそれで手打ちにしてやるよ」

盗賊「…猫?」



42: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/09(月) 11:09:22.39 ID:w+vKIuY/O

遊び人(こ、今度こそ今のうちに…)ソローリ…

棟梁「そこでコソコソしてる、栗猫ちゃんだよ」ギロ

遊び人「ひぃっ!?」ビクゥッ

棟梁「そいつはちょいと、気になる子猫ちゃんでね。ちょーっとばかし可愛がってやろうと思ってるんだが…」

棟梁「構わないだろ、盗賊?」

遊び人「…あ、あばば…」ガクブル

盗賊「コイツを…?」

遊び人「た、助けて!」ギュッ

棟梁「この泥棒猫が。そうやって男を使ってすばしっこく逃げ回ったのかい」

遊び人「そ…」

遊び人「そんな言われする覚えはないわよ!あたしはちょっと最近流れてきたお宝のことを聞いてまわってただけじゃない!」

棟梁「お黙り、このメス猫!」ギロリ

遊び人「ひぃっ!」ブルブル

盗賊「…」




43: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/09(月) 11:10:45.24 ID:w+vKIuY/O

棟梁「さぁ、盗賊。ソイツをこっちに渡しとくれ」

盗賊「…なぁ、棟梁」

盗賊「そんなにおっかない顔してちゃ、店から客足が遠のいちまうぜ」

棟梁「…なんだ。盗賊、まさかその小娘の肩を持とうってのかい」

棟梁「アンタともあろう男が、まさか付く側を間違えるわけじゃないだろう?」

手下A「…」ジリ…

手下B「…」チャキ

盗賊「…」

盗賊「………ふぅ」

棟梁「これが最後だ、盗賊。その小娘をこっちによこしな」

盗賊「…」

遊び人「う、うぅ…」

遊び人「…お願い、助けて!」

盗賊「やなこった」

遊び人「助けてくれたら何でも言うこと………え?」



44: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/09(月) 11:12:07.61 ID:w+vKIuY/O

盗賊「お前を助けて俺に何の得があるんだ?損する事しか浮かばねぇぜ」

遊び人「え、ちょ……」

盗賊「棟梁、あんたが猫が趣味なんて知らなかったよ。好きなだけ可愛がったらいいさ。生憎、俺は猫が嫌いなんだよ」

棟梁「…そうかい。話が早くて助かるよ。……おい」

手下A「へい」ザザ

ガシ

遊び人「なっ!!ちょっと、離して!嫌!」

棟梁「まったく手間かけさせてくれたよ、この猫ババ娘が。観念おし 」

遊び人「くっ!あんたっ…この薄情もの!」

盗賊「なんとでも言えよ」

棟梁「さ、引き上げるよ」

手下B「へい」



45: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/09(月) 11:14:01.92 ID:w+vKIuY/O

棟梁「それじゃあね、盗賊。せっかく裏通りに来たんなら、アタシんとこの店で遊んでお行きよ」クルッ

盗賊「ああ、そうさせてもらうよ」

棟梁「…そうそう、盗賊。アンタにひとつ聞きたいことがあるんだ」

盗賊「なんだよ?」

棟梁「……あんた、″土産屋″を見なかったか?最近、見かけないもんでねぇ…」

盗賊「…知らねぇな」

棟梁「…本当に?」ギロ

盗賊「………」

盗賊「ああ。…言ったろ。俺は猫が嫌いなんだよ」

棟梁「…そうかい」ツカツカ…

遊び人「ちょっと、離して!!お願い!!あたしが何したって言うのよ!!」

手下A「黙って歩け」

ザッザッザ…

盗賊「………」



46: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/09(月) 11:15:17.27 ID:w+vKIuY/O

盗賊「ふう…。こりゃ、マスターの話は本当だな」

黒猫「な、なんだったのだ、あの女」ヒョイ

黒猫「とてつもない威圧感…。猫好きには到底見えないが」

盗賊「そりゃそうだろうな。むしろその逆だ」

盗賊「…しかし、いくらなんでも猫と名のつく者を片っ端からってのァ、手段を選らばないにも程があるぜ」

黒猫「猫…″栗猫の遊び人″とかいう娘のことか?」

盗賊「…ちっ」ザッザッザッ…

黒猫「おい、盗賊どこへ行く?」

盗賊「別に。ちょいと夜の裏通りを楽しみに、な…」



50: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/09(月) 19:28:12.46 ID:w+vKIuY/O

塔のカジノ
棟梁の事務室

手下「姐さん、お疲れ様です」

棟梁「ああ。変わりはないか」

手下「へい。あの傭兵の野郎が来てます」

棟梁「…通しな」

手下「…良いんですかい、姐さん。また図に乗りやすぜ」

棟梁「ふん、たかが知れてる。構わん」

手下「…へい。おい、通せ」

ガチャ…

傭兵「…よぉ、棟梁。ここがあんたの事務室か」ザッ

傭兵「この塔から、裏通り街を見下ろして目を光らせてるってわけかい。こうされちゃあ、あんたに逆らおうって奴もこの街にはいなくなるわけだぜ」

棟梁「何の用だ?傭兵。金の話はもう済んだ筈だが」

傭兵「いやいや、あんたみたいな大物に、こんな良い条件で雇って貰っちまってよぉ」

傭兵「礼のひとつでも、しっかり言っておかねぇと、と思ってな」

棟梁「ほう」

傭兵「部屋ひとつの警備で報酬が金貨たぁ誰もが羨む仕事だぜ。だが、この傭兵様率いる一座に任せるあたり、あんたも流石お目が高い」



51: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/09(月) 19:32:21.14 ID:w+vKIuY/O

傭兵「近ごろ戦場じゃ俺たち傭兵一座は負けなしで通っててな。魔族の連中には死神と恐れられてるんだぜ?」

傭兵「死神みたいな連中にそう呼ばれるとは俺も思わなんだが…。まあ、棟梁、あんたとは仲良くやっていけると思ってるわけさ」

棟梁「なあ、傭兵」

傭兵「あ?」

棟梁「下らん用事でここに顔を出すな。アタシゃこれでも忙しいんだよ」ギロリ

傭兵「な、何ぃ…?!」

棟梁「勘違いするなよ、傭兵。たしかに貴様には今回良い条件を出したが、そりゃきっちり働いて貰うためさ」

棟梁「何も貴様の名を買ってるわけじゃない。こんな所で油を売ってる暇があるなら部屋の警備に戻りな」

傭兵「ぐっ…!」ガタン!

傭兵「それだぜ!そもそも羽振りが良すぎる!なんか裏があるんじゃねぇのか、あァん?!」

傭兵「部屋ひとつを守るだけに金貨5枚…怪しいもんだぜ!御大層にあんたの事務室より上、最上階の部屋に、どれだけの大事なものを隠していやがるんだかなァ?!」

棟梁「吠えるな、傭兵。だがまあ、お前にしてはない頭を使った方だな。その努力に免じて教えてやろう」

棟梁「傭兵。貴様の敵になりうるのは、″白猫″だ」

傭兵「?!し、″白猫″だと…」



52: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/09(月) 19:40:08.58 ID:w+vKIuY/O

傭兵「″白猫″っていやァ…あの天下に聞こえた大盗賊団…。一度狙いを定めたら奪えねぇもんはねぇっていう…あの?!」

棟梁「そうだ。その″白猫″が、あの部屋を狙っているという話がある」

傭兵「お、オイオイ…。こりゃとんでもねぇ話だぜ。奴らが、この城下町で一番恐ろしい人物と言われるあんたを、ターゲットにしたっていうのかよ?!」

傭兵「ハ、ハハハ…。こりゃあ面白くなってきやがった」

棟梁「ああ。実に面白い話だ。そしてそこで白羽の矢が立ったのが、貴様ら傭兵一座というわけさ」

棟梁「しかし、相手が誰であろうと…こちらは出すものは出しているんだ。もし万が一失敗するようなことがあれば…」ギロ

傭兵「…!!」

棟梁「分かっているな?傭兵」

傭兵「……しゃらくせぇ!いいか、こちとらプロだ!金を貰った分の働きはしてやらぁ!!」

傭兵「相手が、誰だろうとな!」

棟梁「…期待しているよ、″死神″傭兵一座」ニコ…

傭兵「ちっ…!邪魔したな!!」ザッザッザッ

棟梁「最近、他にも嗅ぎ回る連中が増えている…せいぜい気を付けることだ」

傭兵「そりゃありがとよ!」

バタン!

棟梁「ふん…」



53: ◆hAMdTgYeOg 2016/05/10(火) 05:48:00.54 ID:0GOwo++3O

手下「姐さん…あの野郎に任せて大丈夫なんですかい?」

棟梁「まああれでも腕は確かだ。居ないよりはマシさ」

棟梁「それより…あの泥棒猫を連れてこい」

手下「へい」

ギィ…

手下「歩け」ドン

遊び人「いたっ…ちょっと、もう少し優しくできないわけ?!」

棟梁「元気そうだな、″栗猫″?」

遊び人「うっ?!…あらご機嫌よう、棟梁」



55: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/10(火) 12:43:02.68 ID:kCO5o9fxo


意味的には間違いではないんだが、頭領でなく棟梁とかかれると大工や石工しか思い浮かばんな



56: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/10(火) 18:54:23.70 ID:ZzZm68haO

>>55
やっぱり?
一応、出すかどうかも分からない裏設定があるんだけど…
まあ、もうこのまま行っちゃいますね



57: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/10(火) 18:56:10.73 ID:ZzZm68haO

棟梁「…お前もアタシのことを知ってたのかい?」

遊び人「そりゃ、ただ裏通り街で肩で風切りたい連中とは違うもの。ココでそれなりにやってこうと思えば、一番覚えとかなきゃいけない顔だわ」

棟梁「参ったねぇ。そんなに顔を知る連中が増えるようじゃ、ちょいとこっちもやり方を変えないとねぇ」

遊び人「安心していいと思うわ。裏通りの大半の人間は威張りくさりたいだけだから」

遊び人「これでも地雷は踏み抜かないように、慎重にやってたつもりなんだけど。そーんなに逆鱗に触れるようなことしたのかしら?」

棟梁「良いだろう、本題に入ろうか」

棟梁「お前、″ムラサキ″の情報をどこから聞いた?」ギロ

遊び人「…」ゴク…

遊び人「…み、港町で会ったシケた行商人よ。なんでも、″それ系″の道具を仕入れたとかで、高値で売るって息巻いてたわ」

棟梁「行商?」

遊び人「なんとかして、そいつを頂こうと思ったんだけど…話を反らすのが上手な奴で、その時はうまいこと逃げられたわ」



58: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/10(火) 18:57:18.03 ID:ZzZm68haO

遊び人「そいつ、城下町の方に行くとかなんとか言ってて…再会したのはその一週間後よ」

遊び人「その時には、そいつの手元から″それ″は離れてて…問い詰めたら、裏通りの連中に流したって話だった」

棟梁「…それで?」

遊び人「港町でぱっと見せられたとき、それが紫色に輝いていたのを頼りに、裏通りで聞き込みしてたら…」

遊び人「あとはご存知の通りよ。気づけばガタイの良いのに囲まれてて、ついてこいなんて言われたから、必死で逃げ出したってわけ」

棟梁「…」ジロリ

遊び人「うっ…嘘は付いてないわよ」ドキドキ

遊び人(本当はそのあと、裏通りのヤバい奴のところに流れてる…ってところまでは検討つけてたんだけどねぇ)

棟梁「…経緯は分かった」

遊び人「そ、そうっ?」ホッ

棟梁「しかし、当然ながら貴様を信用しきる気にもなれん」ギロッ

遊び人「ひぅっ…」ダラダラ

棟梁「…猫はすぐに裏切る」



59: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/10(火) 18:58:58.57 ID:ZzZm68haO

遊び人「ど、どうすれば信用してもらえるのかしら?」

遊び人(ふん…こうなりゃヤケよ。ビビってつけこまれるくらいなら、玉砕覚悟で博打打ってやる)

遊び人「あたしにできることと言えば…例の行商を探すことかしら。これ以上、そちらの大事な″ムラサキ″のことを口外させない手段にはなりうるわ」

棟梁「…」

遊び人「許せないってこの場であたしを消す?どこかの色街に売り飛ばす?…それが果たして生産的なことかはわからないけど」

遊び人「それとも皿洗いでもさせようって言うなら、やってやろうじゃない。殺されるよかマシよ」

遊び人「まあ、何が一番有効な使い道か、よくよく考えて欲しいもんね」

棟梁「…」



60: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/10(火) 19:00:47.45 ID:ZzZm68haO

遊び人(考えろ考えろ。行商人探しに外に出されれば、いくらでも逃げるチャンスはできる…!)ドキドキ

棟梁「…驚いた。全くよくしゃべる猫だねぇ。肝だけは据わってるようだ」

遊び人「…!」

棟梁「面白い選択肢だが…そうか皿洗いか。悪くないねぇ」

遊び人「えっ」

棟梁「人質くらいにはなるか」

遊び人「ちょ、ちょっとなんの話よ!?」

棟梁「…お前、″土産屋″を知ってるか?」

遊び人「…はあ?″土産屋″?」

棟梁「ま、そうだとしても口は割らんだろう。お前はうちで飼い殺してやるよ、子猫ちゃん。おい、連れてけ」

手下「へい」

遊び人「ちょっと、ねぇ!口封じは?!商人は良いわけぇ?!」

棟梁「そっちは別で人を向かわせる。お前はもっと価値のあることをしてもらうよ」



61: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/10(火) 19:03:11.84 ID:ZzZm68haO

手下「姐さん、コイツ、どこで?」

棟梁「なるべく近くで片時も目を離すな。ここの下でコキ使ってやんな。アンタがつくんだ」

手下「へい」

遊び人「皿洗いなんて嫌よ!離してぇ!ここから出してぇ!」ギャー

手下「おめぇがやると言ったんだろうが…ほれ、ついてこい」

遊び人「いやぁあああ!」ギャー

バタン…

棟梁「ふん、小娘が。アタシを相手にハッタリかまそうなんてたいした度胸だねぇ」

棟梁「………一体どこから″ムラサキ″の話は漏れている?」

棟梁「しかし…アタシも歳か。ちょいと疲れたね」

棟梁「…だが」

棟梁「まだアンタらに好き勝手やらせる気はないよ…″土産屋″」



62: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/10(火) 19:05:16.43 ID:ZzZm68haO

塔のカジノ

ガヤガヤ…ザワザワ…

盗賊「…」トントン

ディーラー「…」シュッ

盗賊「…」ペラ…

盗賊「…俺の勝ちだ」

ディーラー「おめでとうございます…お強いんですね」

盗賊「今日は運が良いみたいでな。それとも、勝たせてくれてんのかい?」

ディーラー「まさか。いくらお客人でもそのようなことは致しませんよ…″黒風″様」

盗賊「なんだ、知ってたのか」カラン…

ディーラー「お飲み物、同じもので?」

盗賊「ああ、頼む」

ディーラー「かしこまりました」パチン



63: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/10(火) 19:06:46.48 ID:ZzZm68haO

盗賊「…あんた、左利きかい?」

ディーラー「元々は右利きですが、若い頃に悪くしまして。今はほとんど、左手ひとつで」

盗賊「へえ、器用なもんだね。それでそんな肩当てなんかしてんのかい?」

ディーラー「お客様には、何もかも見透かされているような気がしてしまいますね」

盗賊「…俺は目も良いからな」

ディーラー「目、ですか。それは色々なものが見えるのでしょう」

ディーラー「たとえば、人の過去、とか」

盗賊「過去?」

ディーラー「ええ。私は、お客様の過去の話を聞かせて頂くのが好きでして」

盗賊「ケッタイな趣味だねぇ…」

ディーラー「おや、お嫌いでしたか」

盗賊「…」

盗賊「…どうでもいいさ。過去なんて」

バニー「お待たせしました」

盗賊「ありがとよ」



64: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/10(火) 19:19:31.36 ID:ZzZm68haO

「…おい」

盗賊「…ん?」

「おい、無視するな」ニャー

盗賊「なっ…ふざけんな化け猫!こんな所まで入り込んで来るんじゃねーよ!」コソコソ

黒猫「なにを普通に楽しんでいるんだ。″ムラサキ″とやらを追うのではないのか?」

盗賊「誰が、いつ、そんな事を言った?いーからどっか行け。俺までつまみ出されるじゃねぇか!」シッシッ

ディーラー「おや、どうかされましたか?」

盗賊「い、いや、何でもない。続けようぜ」

ディーラー「かしこまりました」シュッシュッ

盗賊「ふぅ…」

黒猫「…なんだかな。ここには…」

盗賊「…?」

黒猫「…それなりに高純度の魔力を感じるのだ。いや、これは魔力を発している物か?」

盗賊「魔力だぁ…?」キョロキョロ

ディーラー「お客様?」

盗賊「お?あ、おう俺か」ペラ…



65: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/10(火) 19:22:06.69 ID:ZzZm68haO

バニー「あら?こんなところに…」

黒猫「ニャッ?!」

バニー「かわいらしい子猫ちゃんが」

盗賊「げっ」

ディーラー「おやおや…今日は相方様とご一緒だったのですか。失礼ですが、当館では動物の類いは…」

盗賊「じょ、冗談はよしてくれ。この小汚ないのが相方だって?」

ディーラー「違うのですか?」

盗賊「勘弁してくれよ、そもそも俺は猫アレルギーなんだぜ」

黒猫「ニャニャッ?!」

ディーラー「おやおや、それは大変失礼致しました。つまみ出させましょう」パンパン



67: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/10(火) 19:25:47.37 ID:ZzZm68haO

警備「おかしいな、どこから猫なんか入り込んで来たんだ…?」ノソォ

黒猫「ニャーッ?!」ピューッ

盗賊「ふぅ…」

ディーラー「カードを切り直しましょう。黒猫は、げん担ぎにはなりませんから」

盗賊「ああ、助かるぜ」



「ぉお?誰かと思ったら、テメー″黒風″か?」

盗賊「?…ちっ。おいディーラー、まーた縁起の悪いもんに出会っちまったんだが」

ディーラー「は…?」

傭兵「ぁあ?何か言ったか?」

盗賊「何でもねぇよ」



68: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/10(火) 19:29:02.15 ID:ZzZm68haO

傭兵「たく、相変わらずシケたツラしてやがんなァおい。盗み稼業はやめてギャンブラーにでも転職したかぁ?」

盗賊「やかましい。お互い様だろうが」

傭兵「お前と一緒にするんじゃねぇや!こちとら仕事中だよ」

盗賊「…ここでか?」

傭兵「おうよ!俺たちくらいビッグになるとな、裏の世界の大物からも声がかかるんだよ、テメーと違ってな」

盗賊「大物ねぇ…」

エルフ「座長。あんまり大声でそれ、マズイわよ」

傭兵「おおっと、そうだな」



69: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/10(火) 19:31:48.45 ID:ZzZm68haO

エルフ「久しぶりじゃなぁい、盗賊。エルフ寂しかった。うふっ」

盗賊「よぉ。相変わらず良いカラダしてんな」

エルフ「ちょっとぉ、ストレート過ぎ。ここは紳士の社交場、でしょ?」

盗賊「悪いね、反射的によ。…いつものもう一人はどうしたんだ?」

エルフ「見張り中よ、とある所をね」

盗賊「…そうかい」



70: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/10(火) 19:35:29.48 ID:ZzZm68haO

傭兵「行くぞ、エルフ。じゃあな、″黒風″!せいぜいそのチャチな稼ぎで酒でも飲みな」

盗賊「健闘を祈るぜ、傭兵…」

エルフ「じゃあねぇん、盗賊」

スタスタ…

盗賊「…」ガタッ

ディーラー「おや、もうお止めになるんですか?」

盗賊「こういうのは引き際が肝心ってな。貰ってくぜ」ジャラ…

ディーラー「また是非おいでください」

盗賊「ああ」スタスタ



71: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/10(火) 19:39:50.99 ID:ZzZm68haO

ガヤガヤ…


盗賊「……」スタスタ


傭兵「ちっ、儲かってやがる、あの女狐め」スタスタ

エルフ「そうねぇ。さすが棟梁直営の店ってとこかしらん?この塔、権力の象徴って感じよねぇ」スタスタ

傭兵「この城下町で、王城の次に高い建物って話だぜ。全く、高みの見物たぁいいご身分だ」

エルフ「ま、城下町唯一の歓楽街だし?上手いことやればそりゃあ良い生活できるんでしょうねぇ」

傭兵「ハッ、奴ら権力者に媚び売ってか?」

エルフ「それは御免だけどぉ…」


盗賊「…」スタスタ



72: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/10(火) 19:47:59.70 ID:ZzZm68haO

盗賊「…あいつら、上の階に上がって行くな…ブツはあっちか…」

とんっ

バニーガール「あっ、ごめんなさいっ」

盗賊「おっと、平気かい?…って」

バニーガール「っ!あんた…っ!!」

盗賊「…お前何してんだ?こんなとこで」

遊び人(バニーガール)「あの時はよくも見捨てたわね!このっ…」



73: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/10(火) 20:12:53.36 ID:ZzZm68haO

遊び人「…ちっ」チラ

手下「……」

盗賊「金に困ってバイトか?にしても、未成年はちょっとこーゆー所はマズイんじゃないか?」

遊び人「なっ…?!とっくに成人してるわよ、このスカタン!いいからちょっと!」ムンズ

グイィッ

盗賊「おわっ?!なんだあっ?」



ディーラー「おや、あれは…」



カウンター

遊び人「ちょっとここで飲んでるフリしてて」ヒソヒソ

盗賊「フリもクソも、俺は本当に飲んでるんだけどな」

遊び人「どっちだって良いわよ。あんた、棟梁となんか意味有りげなこと話してたでしょ?」

遊び人「…″土産屋″って、なに?」



77: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/12(木) 15:15:56.06 ID:xdDJac5rO

盗賊「あん?そんなことも知らねーのか?」

遊び人「やっぱ知ってんのね。教えなさい!隠すと為にならないわよ」

盗賊「どう為にならないんだ?その格好で」

遊び人「…はっ。そうだった。丸腰だった」

盗賊「うさぎ跳びでも披露されんのか?」

遊び人「ふん、甘く見るんじゃないわよ。今ならあんたの顎くらい蹴りあげられるわ」

盗賊「ハイヒール様々だな」

遊び人「イチイチやかましい男ね!いいから教えなさいよ!」

盗賊「………見失っちまったか」チラ…

遊び人「は?何ですって?」

盗賊「いや。まあいいか。…教えてやろうか」

盗賊「お前が口にしてた″ムラサキ″ってシロモノは、棟梁の奴が手に入れた大事なお宝だ。そして、それを盗賊団″白猫″の連中が狙ってるって話が出てる」

盗賊「″土産屋″ってのは、″白猫″のメンバーの名前さ。本当の名前はともかく、この街じゃ少なくともその名で通ってる。姿を見たヤツはあまりいないけどな」



78: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/12(木) 16:52:54.60 ID:xdDJac5rO

盗賊「このでかい城下町で、裏通り街のボスたる棟梁と、大盗賊団″白猫″は、今までいがみあうことなくやってきた。″土産屋″が時折裏通りに顔を見せて調停役をしてたってのが実のところデカイな」

盗賊「ところが、そこへ例の噂だ。途端に″土産屋″も姿を消した。当然、棟梁は思う。裏切られた、ってな」

盗賊「そんな″白猫″を警戒していた棟梁の所へ、大事なお宝を嗅ぎ回る子猫ちゃんが登場し…当然棟梁は″白猫″との関与を疑い、お前を拘束するってわけさ」

遊び人「……は…。何それ」

遊び人「完全にとばっちりじゃん、あたし」

盗賊「ま、そうとも言うな」



79: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/12(木) 16:57:47.66 ID:xdDJac5rO

遊び人「しんっ…じらんない!!…あーあ…」

遊び人「 あんな呪われたお宝につき纏ったばっかりに …いや、違うか。この妙な通り名のせいね」

盗賊「なんだよ、″栗猫の遊び人″ってよ」

遊び人「…これ。髪」

盗賊「栗色?」

遊び人「そ。それだけよ。…猫ってのも、単に小柄だからってだけ」

盗賊「…災難だったな」

遊び人「本っ当。結局なに、中年オバサンのヒステリーに巻き込まれたってだけじゃん。馬鹿らし…」

盗賊「おまっ…!この店でそれを口にするとは大したもんだぜ、全く…」

遊び人「畜生…あーなんか腹立ってきた!そうと分かればこんな所、とっとと…」



80: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/12(木) 17:05:04.11 ID:xdDJac5rO

手下「おい、さっきから何話してやがる…ってアンタは!」

盗賊「よお」

遊び人「何?あたし今機嫌が悪いんたけど?」

手下「はあ?何だとコイツ…!」

バニー「ちょっと新人ちゃん!こっち手伝ってー!」

遊び人「ぐぬっ…誰が新人だとぉ?!あたしを誰だと思ってんだぁ!」

盗賊「引っ張りだこだな。バイトちゃん」

遊び人「ぐぬぬぬぬ…!!」

フッ…

「きゃ…なに?」

「あ、明かりが消えちまった!」

「真っ暗で何も見えないぞ!」

「どうなってるの?!」



81: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/12(木) 17:07:39.40 ID:xdDJac5rO

ドヨドヨ…

盗賊「何だ何だあ?」

手下「こ、こりゃあ一体…!?」

ガツッ・ バキッ

「ぐわっ!!」

「ぎゃっ?!」

「なんだ?!」

「キャーッ!!」


野盗「一気に上まで走れ!!」

野盗「おおおお!」

野盗「邪魔だ!どけ!!」

グシャ! カシャアンッ ガタン!


遊び人「な、何?!何が起こってんの?!」



82: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/12(木) 17:09:56.57 ID:xdDJac5rO

手下「野郎ォ!来やがったか、″白猫″ォ!!」ジャキ

盗賊「…」

遊び人「し、″白猫″!?まさか本当に来ちゃったの?!」

盗賊「いや…コイツぁ…」

バキッ・ キャー ワーッ

手下「てめェら、であぇええ!!返り討ちだぁあ!」

「うおおおお!!」

「かかってこいやぁああ″白猫″ぉお!!」

ドカッ バキッ ガシャアアン!!

遊び人「あ、あわわわ…」

盗賊「ひでぇな、おい。戦争かよ…!」



83: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/12(木) 17:11:31.94 ID:xdDJac5rO

野盗「どけどけぇええ!」

遊び人「うわっ、こっち来た!!」サッ

盗賊「…」スッ…

遊び人「ちょっと、あんた何してんの?!殺されるわよ!!」

盗賊「お前は隠れとけよ」

遊び人「なっ、何言ってんの!?相手は伝説の盗賊団なんでしょ!?あんたなんかじゃ相手になんないわよ!!」

盗賊「さあ、どうだろうな?」



84: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/12(木) 17:13:44.91 ID:xdDJac5rO

盗賊「よお、兄さん」

野盗「なんだ、てめぇ?!」

盗賊「ちょっと遊んでいけよ」

野盗「へっ、馬鹿が!死にてえなら望み通りにしてやらあ!」

野盗「おらぁ!!」ブン

ヒュンッ

盗賊「…ふ!」シュッ

ドカッ!!

野盗「オゴッ?!…」

ドサッ

遊び人「…っ!」

盗賊「…天下の大盗賊団が落ちたもんだぜ」

遊び人「…あ…あんた、あの″白猫″を一撃で…っ?!」

盗賊「こいつらが本物なら、そういうことになるな」

遊び人「…?」

盗賊「奴らは…こんなヤワじゃないさ」

遊び人「はあ?あんた何言って………はっ!」

遊び人「こうしちゃ居らんないわ!」ダッ



85: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/12(木) 17:16:08.23 ID:xdDJac5rO

盗賊「おいお前どこ行くんだ!」

遊び人「…ギャンブルはね、流れが来たら即、乗るものよ!チャンスよ、チャンス!」

盗賊「混乱に乗じて逃げようってか?」

遊び人「馬鹿言わないでよ。リーチかかって逃げ出すアホもいないでしょ!」

盗賊「なに?」

遊び人「ふふ…っ!お宝を手に入れるのはこのあたしよ!!待ってなさい、″ムラサキ″!!」タッタッタッ

盗賊「…マ、マジかよ…。逞しいっつうか、なんつうか」

黒猫「それで、お前はどうするのだ?」

盗賊「おわっ!?どっから沸いて出た!」

黒猫「あんな木偶の坊に我輩が捕まるか。ずっと見ておったぞ」

盗賊「何ぃ?」

黒猫「″ムラサキ″には興味の無いような顔をして、この裏通りから離れようとせぬし…。さっきは、あの胡散臭い傭兵とかいう奴らをつけていただろう」

盗賊「…」

黒猫「なんだかんだ言って、お前も血が騒いでるんじゃないのか?盗賊」

盗賊「…そんなんじゃねぇよ。ただ…」

盗賊「古い馴染みに、久しぶりに会いたくなっただけさ」

黒猫「何…?あっ、おい盗賊!」

タッタッタッ…



87: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/13(金) 15:36:30.79 ID:Rwf/XyP+O

塔のカジノ
中腹


野盗A「こっちだ!!」

野盗B「へへ、ここまで登って来りゃいただきだぜ!」

チャキ…

シュッ

野盗A「あ・bf、」

野盗B「…?おいどうした・ …」

野盗A「」ブシャアアア

野盗B「!!?な、なんだ!」


「まあ、そう急ぐな。人の店に勝手に上がりこんで、少しも遊んでいかないなんて、ずいぶん無粋じゃないか」スッ…



88: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/13(金) 15:38:16.63 ID:Rwf/XyP+O

野盗B「…!おらぁっ!」ブォ

シュッ

スパ

野盗B「っ?!」ゴロゴロ

棟梁「あれまあ、首が転がってっちまった…面ァ拝んでやろうかと思ったんだけどねぇ」

ブシャアアア!

棟梁「うちは、カジノなんだよ、馬鹿ども…。怖ーい、ね」

手下「姐さん、ご無事で!」

棟梁「アンタら…ここから先は一歩も行かせるんじゃないよ」ギロォ

手下「へ、へい!!」

棟梁「…クックックッ」

棟梁「アーハッハッハッ!!」

棟梁「さァ!!来てみろ猫ども!!!まとめて天国への踊り場で遊んで行きなァ!!!」

ギャアアッ!・ ウオオッ・ ドカッ ズバッ



89: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/13(金) 15:41:43.43 ID:Rwf/XyP+O

遊び人「う、うぅ…」コソッ

遊び人「あーん、もう!何やってんのよ、盗人連中は!」

盗賊「おいおい、ここまで来てビビったのかよ」ヒョイ

遊び人「ひっ!ってあんたっ」

盗賊「うぉ…すげぇな、棟梁。ありゃ魔王も真っ青だぜ」

黒猫「…確かにな」

遊び人「何よ、あんたも狙ってるわけ?!お宝はあたしの物よ!」

盗賊「そんで、どーすんだ?あの鬼のような棟梁のとこに突っ込んで行くのか?」

遊び人「そ、それは…。隙を伺って…なんとか…」

盗賊「この通路からは無理だな、こりゃ。となると…」

盗賊「ちょっとばかしリスキーだが、ここを行くよかマシか」タッタッタッ

遊び人「あっ、ちょっと待ちなさいよお!」

黒猫「ふむ、面白くなってきたな」



90: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/13(金) 16:13:31.83 ID:Rwf/XyP+O

塔のカジノ・ 最上階
部屋の前


傭兵「なんでぇ…奴ら、ここまで登って来る気配もねぇじゃねぇか」ホッ

エルフ「安心しすぎよぉ、座長」

傭兵「ば、馬鹿野郎!誰が安心してるって!?」

傭兵「ハッ、せぇーっかく音に聞こえた大盗賊団を相手にできると思ったのに、肩透かしも良いとこってなもんだぜ!」

エルフ「そうかしら?あたしはごめんだけどぉ…。正直、棟梁にはこのまま踏ん張ってもらいたいわ」

エルフ「ね、あんたもそう思うでしょぉ、槍使い」

槍使い「……俺は、別に。………任務がこなせるなら、どちらでも」

エルフ「そうねぇ、まぁ報酬が貰えれば何でも良いわよねぇ。なんたって、今回は金貨…うふふっ」

傭兵「槍使い、おめぇも男ならよぉ、こう名を上げてやるぜ!って心意気はねぇのかよ!?」

槍使い「………特には」

傭兵「ケッ、つまんねぇなぁ!最近の若い奴ァよぉ。せっかく俺たち傭兵一座が、ここまでのし上がってきたんだぜ!?もっとこう…」

エルフ「どうでもいいじゃなぁい、座長。あたしたち3人が揃えば、誰が来ようがモーマンタイ」

エルフ「それがあたしら傭兵一座。それで充分よぉ」



91: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/13(金) 16:18:09.27 ID:Rwf/XyP+O

槍使い「………ああ」

傭兵「…ふん、まあおめぇの言うことも一理あるな、エルフ」

傭兵「なんにせよ、俺たちの元まで辿り着けさえしねぇってんじゃ、所詮コソドロ風情、この″死神″傭兵一座の敵じゃねぇぜ!!」

エルフ「そゆこと♪」

槍使い「………ん?」


シュゥウウウ…


槍使い「……この香り……?」

傭兵「あ?なんだ、香り?」

エルフ「…ふぁーあ。何だかあたし、眠くなってきちゃったぁ」

傭兵「馬鹿野郎、エルフ!そりゃ流石にゆるみすぎだぜ。…ん?」

傭兵「…なんだ、今日はまだ一滴も飲んじゃいねぇのに…俺まで眠くなってきやがった…ぞ…」

槍使い「…!この煙は………!?」



92: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/13(金) 17:11:40.46 ID:Rwf/XyP+O

モクモク…


エルフ「…」バタッ

槍使い「…エルフ…!」

傭兵「…こりゃ…いったい……」ドサッ

槍使い「……ざ、座長!」

槍使い「…う………な、何が……」

「…」

槍使い「………お……お前……は…」ガクッ



93: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/13(金) 17:13:18.66 ID:Rwf/XyP+O

ガタッ…

盗賊「よっ、と」スタッ

盗賊「これでようやく最上階か…」

遊び人「はぁ、はぁ、はぁ…窓づたいなんて、死ぬかと思ったわよ!」

盗賊「…誰もお前についてこいとは言ってねぇよ」

遊び人「ふ、ふん!そんなこと言って、あたしのお宝を横取りしようったってそうはいかないわ!」

盗賊「あーそうかい」

黒猫「それで、ここからどうするのだ」

盗賊「お前もナチュラルに居るのな。…まぁいいか」

盗賊「恐らく、もうここは例のブツをしまいこんでる部屋のすぐ近くだ。外から見るに、窓は無さそうだし…正面から行くしかないな」

盗賊「だが、そうなると厄介なのは、傭兵たちか…」

黒猫「見張りがどうとか、言っていたな。″ムラサキ″のある部屋を守っているのか」

盗賊「ま、そんなところだろ。扉の外あたりに連中が…」

盗賊「…ん」スンスン



94: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/13(金) 17:16:19.06 ID:Rwf/XyP+O

黒猫「…臭うな」

盗賊「…ああ」

遊び人「?…どうしたのよ」

盗賊「この煙…」


ガチャッ!

モワァッ


遊び人「何、これ…。通路が、ま、真っ白!?」

黒猫「!…この煙は」

盗賊「…ちっ!吸うなよ、気ぃ失うぜ!」

遊び人「うぷ…!」

盗賊「…いるのか、″土産屋″ァ!!」


ガタ…


影「…」

盗賊「……よぉ」

盗賊「本物にお目通り叶って、嬉しい限りだぜ、″白猫″さんよぉ」

影「…手を引くんだ。破滅するよ」

盗賊「…はん、そりゃどうも」



95: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/13(金) 19:58:49.94 ID:Rwf/XyP+O

盗賊「俺の心配より、てめぇの心配をしたらどうなんだ?」

影「…」

盗賊「…下の連中はオトリか?らしくねぇんじゃねーのか、こんなやり方」

影「…相変わらずだね」


バフッ!


遊び人「きゃっ?!何…」

ばっ

黒猫「なっ!窓から飛び降りおった!」

盗賊「…ちっ。相変わらず逃げ足の速いこった」

遊び人「い、今のが″土産屋″…?速すぎて見えなかったわ」

遊び人「って、ちょっと待って、窓からって…ここ最上階よ?!」


「音がしたぞ!」

「″ムラサキ″は無事かぁ?!」


盗賊「…来たか」



96: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/13(金) 20:25:29.00 ID:Rwf/XyP+O

棟梁「部屋へ走れ!!この煙を吸うな、毒だ!!急げぇ!!」


黒猫「奴ら、ここまで来るぞ」

盗賊「そういうこったな。それじゃ、俺たちも行くぞ」ムンズ

遊び人「きゃっ!?ちょ、離してよ!」

盗賊「そうか?離してもいいが、そこらの煙を吸ってぶっ倒れるのがオチだぜ」ツカツカ

遊び人「ちょ、あんたっ、そっちは窓…」

黒猫「飛び降りるのか?」

盗賊「ああ。例に習ってな」

遊び人「ぇあっ?!」



97: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/13(金) 20:27:45.14 ID:Rwf/XyP+O

遊び人「イヤあああ!!死ぬぅうう!」

盗賊「ここで見つかって、あの怒り狂った棟梁に犯人扱いされるよかマシだろ?」

黒猫「どっちもロクなことならん気がするが…」

盗賊「はん…なーに、運がよけりゃあそこの川に落ちるさ」ニヤリ

遊び人「ひぃいいいい!!…死にたくないよぉ…神様ぁ…」

盗賊「神に祈っても、水ん中じゃ苦しいだけだぜ。…息、止めとけよ!」ザッ


とんっ


遊び人「きやああああああああああああ…」






ドポーーン…







102: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/15(日) 13:48:03.97 ID:3nog9XEMO




盗賊のアジト

ギィ……ガチャン

盗賊 の 「……」ズブヌレ

遊び人「………」ズブヌレ




103: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/15(日) 13:49:41.11 ID:3nog9XEMO

盗賊「ふぅ………九死に一生だぜ」

遊び人「…」

盗賊「葉巻、葉巻っと…」ガソゴソ

遊び人「…なにが九死に一生よ」ジロ

遊び人「わざわざ川に飛び込む必要があったっての?!…生きた心地がしなかったわよ!」

盗賊「あったさ。言ったろ?ちょっとでも棟梁に疑われる痕跡を残してみろ。この城下町に住むことはおろか、ふらつくことすら出来なくなるぞ」

遊び人「…本当にそんな理由なわけ?」

盗賊「あん?」シュボ…

遊び人「飛び降りる時のあんたよ。いやーに楽しそうだったじゃない」

盗賊「そうか?」スパー

遊び人「そうよ。ただ単に、スリルを面白がってるようにね!」

黒猫「確かにな。盗賊にはそういう所があるな」

遊び人「…ん?」



104: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/15(日) 13:51:35.24 ID:3nog9XEMO

盗賊「…やかましい。生きてたんだから文句言うな」スパー

黒猫「まあ、我輩にとってはとるに足らんことだが」

盗賊「よく言うぜ。お前、自力で降りてこようと思えばできたのに、棟梁にビビって飛び込んだんだろ」

黒猫「…馬鹿を言え。我輩は人間ごとき恐れたりはせん」

盗賊「の、わりにはいのいちばんに飛び出してたけどな。まー、あの殺気の塊みたいな棟梁に見つかったら、猫のお前なんてなます切りにされてたぜ」

黒猫「や、やめんか、全く。質の悪い冗談だな」

遊び人「…ちょっと待ってちょっと待って」



105: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/15(日) 13:52:42.94 ID:3nog9XEMO

盗賊「あん?」

黒猫「ん?」

遊び人「なんで、猫がしゃべってるわけ?」

盗賊「…あ?何を今さら。口きいてたじゃねぇか、さっきから」

黒猫「ま、同じ猫同士仲良くやろうではないか」

遊び人「…はい?」

盗賊「ったく笑えねえぜ。うちは猫屋敷かよ」



106: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/15(日) 13:54:57.58 ID:3nog9XEMO

黒猫「そういえば盗賊。お前、カジノでは猫アレルギーとかなんとか言って、よくも我輩を危ない目に合わせたな!」

盗賊「あながち間違いでもねーよ」

黒猫「お前はいつもいつもそう我輩を邪険にしおって!いつかバチが当たるぞ!」

遊び人「………」

遊び人「はぁ…もういいわ。なんか疲れた」

遊び人「お風呂場、借りるわ」

盗賊「ケッ!そもそもお前みたいな縁起の悪い化け猫を………ん?」

バタン…

シャー

盗賊「なっ?!あンのクソアマ、何勝手に人んちの風呂使ってんだ!?」

黒猫「遅れをとったな」

盗賊「…おい。まさか、泊まってくつもりじゃねーだろーな…」

黒猫「さあな。濡れた服をまた着て出ていくとも思えないがな」

盗賊「なんで俺がそこまで………ふが…んぐ…」

盗賊「………ぶぇーっくしっ!」

カポーン…






107: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/15(日) 13:56:45.83 ID:3nog9XEMO


翌日
情報屋



盗賊「…ぶぇっくし!」

情報屋「あら。風邪?」

盗賊「…あー、まーな」

盗賊「それより、どうだい?この情報は、随分と値打ちもんだと思うがね」

情報屋「…そうね。それじゃ、″ムラサキ″は結局盗まれた…ということなのね」

盗賊「ああ。棟梁もそれなり手は打っていたみたいだったけどな」

情報屋「そうみたいね。…そうか。なるほど」



108: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/15(日) 13:58:01.21 ID:3nog9XEMO

盗賊「棟梁はもしかすると…盗まれた事実を隠そうとするかもしれねえな」

情報屋「あり得るわね。どうやら現場は相当混乱した様子だったようだし…」

情報屋「棟梁の立場を考えれば、体面もあるでしょう」

盗賊「だがま、いずれ何処かから漏れる話さ。だったら、あんたに早いとこ情報を売っちまっても良いかと思ってね」

盗賊「裏稼業御用達の、情報屋さんよ」

情報屋「ふふ」

情報屋「情報は新鮮さが命よ。これはそれなりの値で買わせてもらうわ」

盗賊「まいど!」

情報屋「…それで、お宝を盗んだのは誰?噂通り″白猫″一味のエージェント、″土産屋″なの?」

盗賊「その前に」

情報屋「…?」

盗賊「情報の対価は情報。それがあんたの商売だろ?教えて欲しいことがある」

情報屋「ええ、良いでしょう。何かしら」

盗賊「例のブツ…″ムラサキ″さ。ありゃ、一体なんだ?」



113: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/16(月) 16:46:19.58 ID:6RW2FrxZO

盗賊「棟梁があれだけこだわるだけの物だ。かなりの値打ちモンなんだろうが…結局、どんなお宝なんだ?」

情報屋「…そうね。ある筋によれば、″ムラサキ″は、美しい紫色の光を放つ短剣、なんだそうよ」

盗賊「短剣…?」

情報屋「ええ。その紫色の光は魔力によるもの…つまり、よく伝説とされるような魔法のナイフ、というわけね」

盗賊「はあ。なるほどな…」

情報屋「魔法が宿る品物は、人間の手で作り出すことはできない。つまり、それは魔王の配下、魔物たちの手によって作られたものなの」

情報屋「それも、魔物たちの間でもそうそう出回るものではないらしいわ。当然、それだけ希少価値のあるものは、我々人間の間ではかなり高値で取り引きされる」

情報屋「棟梁が手放したくなかったわけも頷けるわね」



114: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/16(月) 16:47:51.84 ID:6RW2FrxZO

盗賊「…にしても奴さん、おっかないのはいつものことだが、今回は鬼気迫るもんがあったぜ。相手が″白猫″みたいなヤバい組織だからとはいえ、ちょいと殺伐としすぎにも感じたけどな」

情報屋「…ふむ。実際に、棟梁の様子がそうだった、ということ?」

盗賊「ああ。ま、この業界、ナメられちゃ終わりだ。メンツの問題ってこともあるんだろうが…」

情報屋「…これは、完全に未確定な情報だけど」

情報屋「そういった魔法の品には、中毒性がある、という話を聞いたことがあるわ」

盗賊「中毒性…」

情報屋「ええ。どちらかと言うと、その魔力ゆえに、人の理性を狂わせてしまうの」

盗賊「…」

情報屋「もともとが、魔物が使うようなものだし…人が持つには刺激が強すぎる、という側面があるようね」

盗賊「…ぞっとするね。つくづく、関わりたくないもんだな」

情報屋「棟梁に、″ムラサキ″に対する異常な執着が見られたとしたら…この魔法のナイフに、強い魔力が秘められている可能性があるわね」

盗賊「ま、そうだろうな…」

盗賊「…それで、連中」ボソッ

情報屋「…盗賊?」

盗賊「いや、なんでもない」



115: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/16(月) 16:49:23.55 ID:6RW2FrxZO

情報屋「…そう。それで、そろそろ教えてくれないかしら」

盗賊「…一体誰が″ムラサキ″を盗んだのか…」

情報屋「ええ」

盗賊「裏通り一の情報屋の血が騒ぐってか?」

情報屋「否定できないわね。これだけ大きな事件もそうないわ」

盗賊「…」

盗賊「やめとけよ」

情報屋「え?」

盗賊「いくら情報屋のあんたでも…いや、情報屋だからこそ、こんな事に巻き込まれるのは厄介以外のなにものでもないぜ」



116: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/16(月) 16:51:13.52 ID:6RW2FrxZO

情報屋「…裏稼業同士の、抗争にも発展しかねない今回の一件で―――」

情報屋「真実を知ってしまうのはあまりにも危険…と言いたいのかしら」

盗賊「ああ。口封じに、殺られちまうぜ。お局様に、さ」

情報屋「私のこと、心配してくれてるの?」

盗賊「…ま、長い付き合いだしな」

情報屋「優しいのね。相変わらず」

盗賊「そんなんじゃねぇよ。それに、場合によっちゃ俺の身まで危うくなる」

情報屋「情報の出所は、あなたですものね」

盗賊「そうさ。あんたは情報は買ってくれる、注文したもんは売ってくれる、で、俺としちゃ助かってるが…」

盗賊「そりゃ同時に俺自身の情報も提供してるとも言えるからな」

情報屋「有名人は辛いわね」

盗賊「まあな」

情報屋「…ふふ」



117: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/16(月) 16:52:53.18 ID:6RW2FrxZO

情報屋「そういう、ぶっきらぼうな所、変わらないのね」

盗賊「…」ポリポリ

盗賊「ま、そーゆー事だからよ。今日のところはこの辺にしとくわ。″ムラサキ″盗みの犯人の情報は諦めてくれ」

情報屋「そう。あなたがそう言うなら」

盗賊「…潔いじゃねーか」

情報屋「結局、情報を売るかどうかはお客が決めることよ」

情報屋「それに…今回はあなたの親切を素直に受け取っておくわ」

盗賊「…そうか」

情報屋「ええ」

情報屋「心配しないで、盗賊。あなたは私にとって、貴重な情報をもたらす上客よ。簡単に売ったりしないわ」

盗賊「上客、ね」

情報屋「ビジネスライクに言えばね。…裏通り風に言えば、渡世の仁義ってヤツかしら」

盗賊「…渡世の仁義、か。はっ、そいつぁいいな。悪くない」

情報屋「………盗賊」

盗賊「ん?」

情報屋「…これは、情報屋としてではなく、いち友人として、だけど」

情報屋「いつもより、少し、はりつめて見えるわよ。あなたらしくないわ」

盗賊「………」



118: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/16(月) 16:54:55.43 ID:6RW2FrxZO

情報屋「何かを探るつもりでいるなら、あなたも気を付けてね。魔法の品関連には、不吉な影がちらつくことも多いわ」

盗賊「…ああ。サンキューな」

情報屋「それと、これはおまけの情報」

情報屋「棟梁は、部下を通して″ムラサキ″を手に入れたみたい」

盗賊「…部下?」

情報屋「なんでも私財を使い込んで″ムラサキ″を買い取り、その上で棟梁に献上した部下がいる、とか」

情報屋「裏家業の話にしては、ちょっと献身的すぎる気もするわね」

盗賊「…」





119: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/16(月) 16:57:17.60 ID:6RW2FrxZO


盗賊のアジト

遊び人「……ん…」

遊び人「………朝か」

黒猫「昼だよ、″栗猫″」

遊び人「…フン…」

遊び人「…昨日までの私が、当たり前のように猫に話しかけられたら、夢だと思って寝直すところよ」

黒猫「お気楽な奴だな」

遊び人「猫に言われたかないわよ」



120: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/16(月) 16:58:23.11 ID:6RW2FrxZO

遊び人「…あいつは?」

黒猫「午前中に出て行ったぞ」

遊び人「…そ。んじゃま、あたしも…」ギシッ

遊び人「…ん?」ギシッ

遊び人「………ちょっと。なんであたし縛られてるわけ?」

黒猫「盗賊が縛っていった」

遊び人「なっ?!ちっ、あの変態男…!」

遊び人「どーせ草食だから、てっきりそーゆー心配はないと思ってたのに!油断したわ…!!」ギシッギシッ



121: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/16(月) 17:00:27.70 ID:6RW2FrxZO

黒猫「なんでも、放っておくと何を盗まれたもんか分かったもんじゃないとかなんとか、ボヤいていたな」

遊び人「は?」

黒猫「盗賊に、盗みを心配されるとは大した奴だ」

遊び人「………この美少女のうら若きボディーに欲情したわけではなく?」

黒猫「知らんが。ちなみに盗賊の奴は、もう少し凹凸のあるメスの方が好みだぞ」

遊び人「………悪かったわね、凹凸が少なくて」

遊び人「ってなんでそんなこと猫に言われなきゃなんないのよ!! 」

遊び人「ふざけんな!!ほどけっ、くそー!!」ギシッギシッ

黒猫「…賑やかだな」

黒猫「ふぁーあ…」



125: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/17(火) 08:32:29.19 ID:K9u+9M+dO


城下町・ 大通り

盗賊「いい天気だな、と…」

盗賊「…」

盗賊「…魔法の品…強力な魔力の宿ったもの…」

盗賊「…なるほど、連中が欲しがりそうなシロモノだぜ」

盗賊「しかし…棟梁に、献身的な部下………?」

盗賊「………」

盗賊「ぶぇっくし!!」


パカラッパカラッ

盗賊「ん?」ズビ…

騎士「…盗賊殿ではないか?」パカラッ



126: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/17(火) 08:34:28.46 ID:K9u+9M+dO

盗賊「おやお前さんは。久しぶりじゃねーか、騎士」

騎士「ああ、久しいな。壮健そうで何よりだ」

盗賊「そっちはなんだか、やけに忙しそうじゃないか?」

騎士「そう、見えるか…」

盗賊「ああ。眉間にシワ寄せてちゃ、美人が台無しだぜ」

騎士「参ったな。私がこんなことでは、街の人々を不安にさせてしまう」

盗賊「なんか、あったのかい?」

騎士「盗賊殿も耳にしているかと思うが…裏通り街の、塔のカジノの襲撃事件さ」

盗賊「…ああ、話は聞いてるぜ」

騎士「先日、真夜中に起きたカジノ店内での暴行事件…。死者も出ているし、怪我人も数十人にのぼる」



127: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/17(火) 08:36:50.93 ID:K9u+9M+dO

騎士「被害にあったのは、そのスジではその名を知らぬ者はいないほどの実力者…棟梁の、直営店」

騎士「彼女は…今回は被害者という形ではあるが、我々は裏稼業の者たちの抗争と見て危険視しているんだ。しかし…」

盗賊「…なかなかシッポをつかめないってわけかい」

騎士「ああ。棟梁という人物は、相当な曲者でね。口も達者だし、こちらの弱みもよく知っている」

盗賊「…恐ろしいもんだな…」

騎士「困ったものさ。表立って悪事は働かないし…貴族の中に繋がりのある者すらいる」

盗賊「貴族との繋がり?棟梁が、かい?」

騎士「ああ。彼女らのような生業の者たちには、そういう繋がりがあった方が、何かとやりやすいのだろう…が」

騎士「そうされてしまうと、我々は弱い。貴族の怒りを買っては…騎士団の存続すら危うい」

盗賊「そうだろうな。全く、お役所勤めも楽じゃねーな」

騎士「はは…最早、こんなことで役所勤めと言えるのかも怪しいよ」



128: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/17(火) 08:39:41.91 ID:K9u+9M+dO

騎士「だが、私は民を守る剣だ。人々に危害が加わるようなら、この地位も惜しくはない」

盗賊「…そうかい」

騎士「ああ。もし、奴がこれ以上危険をばら蒔くようであれば…その時は、身命を賭して職務に当たるのみだ」

盗賊「相変わらず、くそ真面目だねぇ」

騎士「誉め言葉と受け取っておこう」

盗賊「はは。せいぜい、商売繁盛するといいな」

騎士「ふっ、私たちの仕事など、無いにこしたことはないのだがな」

騎士「しかし、今回の件に関して、全く先行きが見えないわけでもない」

盗賊「そうなのか?」

騎士「ああ。奴らの組織も所詮は烏合の衆。下のものたちを厳しく取り締まれば、埃も出てくるってものさ」

騎士「棟梁も実力者と言えど、内情は恐怖政治だ。上に恨みを持つ者たちは少なくない」

盗賊「…献身的な部下もいりゃあ…」ボソッ

騎士「ん?何か言ったか?」

盗賊「いんや」



129: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/17(火) 08:41:03.46 ID:K9u+9M+dO

盗賊「俺も、あんたにしょっぴかれないように気をつけるよ」

騎士「いや。盗賊殿はいたずらに悪事を働くような人物ではない」

盗賊「…買いかぶりさ。手癖の悪さが治らなくってね」ヒラヒラ

騎士「ふふっ。娘たちの心を手当たり次第盗んで行くのは、程々にして貰いたいところだが」

盗賊「そいつぁ見逃してくれよ。なんなら次のターゲットは、気高い美人女騎士にしようかと思ってたところだぜ?」ピッ

騎士「それはそれは。痛み入る」

盗賊「どうだい、今度の休みに港町の劇場にでも…」

騎士「嬉しい誘いだが、町娘の嫉妬を買ってはたまらんのでな。遠慮しておこう」

盗賊「くーっ。相変わらず見た目以上のガードの固さだよ。そこがそそるんだけどな」

騎士「からかわないでくれ」

騎士「さて、立ち話が過ぎた。私は職務に戻る」

盗賊「…ああ。悪かったな、引き留めて」

騎士「なんの。久しぶりに楽しい時間であった。ではな、盗賊殿」

盗賊「おう」

パカラッパカラッ

盗賊「………拾う部下あれば、捨てる部下あり、てか?」

盗賊「棟梁のやつも大変だね…」



130: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/17(火) 08:44:05.25 ID:K9u+9M+dO


盗賊のアジト

ギィ……バタン

盗賊「まだいたのか?」

遊び人「ふっざけんじゃないわよ、この腐れ外道!どうやってこの状態から帰れっていうわけ!?」ギシッ

遊び人「とっととほどきなさいよーっ!」ギシッギシッ

盗賊「あーやかましい。今やってやるからちょっと待ってろよ」シュボ…

遊び人「一服しとる場合かコルァー!!」

盗賊「…あー煙草うめー」スパー

黒猫「おい、盗賊。うるさくてかなわんぞ。満足に昼寝もできん。早くどうにかしてくれ」

盗賊「嫌なら俺んちでわざわざ待ってなくていいっつうの。お前なに?何で飼い猫づらしてんの?」

黒猫「なに、我輩とお前の仲ではないか」

盗賊「なんのこっちゃ分からんぜマジで」



131: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/17(火) 08:46:42.19 ID:K9u+9M+dO

盗賊「おい、女」

遊び人「あァ!?」

盗賊「お前、勝手に人んち泊まってんだ。宿代は払ってもらうぜ」

遊び人「なにそれ?!宿代ですって?!客を亀甲縛りにする宿がどこにあんのよ!!」

盗賊「誰がいつ亀甲縛りにしたんだ…。腕をふんじばってるだけだろーが」

遊び人「それとも何よ?!身体で払ってもらうぜ…とでも言うつもり!? 」

遊び人「はっ、ヤれるもんならヤってみなさいよ!!食いちぎってやるわよっ!」

盗賊「いや、フツーに金で払えよ。誰がお前みたいなまな板…」

遊び人「今なんつった」

盗賊「な、何でも。とにかく、どっかに銀貨の一枚や二枚持ってんだろ?」ギッ

遊び人「ギャーッ!来るなー!!あっち行けこの変態ーっ!」ジタバタ

盗賊「うおっ、テメ、こら暴れんな!」

遊び人「ふんぬーっ!!あんたみたいな粗チンにヤられるくらいなら舌噛み切ってやるわーッ!」

盗賊「何言ってんだコイツ」

黒猫「ふぁーあ…眠いなあ…」



135: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/17(火) 20:07:48.58 ID:+0iIZ706O


バー

カランカラン…


マスター「いらっしゃ…なんだお前か」

盗賊「なんだとはご挨拶だね、マスター」

マスター「…ん?珍しいな、女連れか」

遊び人「…」ブスッ

盗賊「女ねぇ。ま、女っちゃ女なんだがな」



136: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/17(火) 20:09:16.70 ID:+0iIZ706O

マスター「なんだあ?」

盗賊「ま、いーさ。タダ酒はタダ酒だ。マスター、いつものね」

盗賊「お前もせっかくだしなんか飲めば?」

遊び人「…ビール頂戴」

マスター「…俺はどっちでも良いと思ってるんだが、未成年のうちから飲むと、育つモンも育たんぞ」カチャカチャ

遊び人「だーれが未成年よ!!」

マスター「あれ、違うのか?」

盗賊「…マスター、こいつ厄介だからあんまり絡まない方が良いぜ」

マスター「なんでそんなの連れてきたんだ?お前」

盗賊「成り行きだよ」

マスター「…成り行きねえ」カラン



137: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/17(火) 20:11:06.54 ID:+0iIZ706O

マスター「ま、いいか。ほれ」コトッ

盗賊「サンキュ」

遊び人「…」ブスーッ

遊び人「あーあ!最悪よ!こんなつまらないお金使わされるし、お宝は逃すし!」グビッ

マスター「お宝って…お前、まさか」

盗賊「はは。ま、そーゆーことさ、マスター。話くらいは聞いてるんだろ?」

マスター「…塔のカジノに野盗が押し入ったとかなんとか」

盗賊「ああ。あんたは俺に、間を取り持てなんて言ってたが…結果、このザマだ」

マスター「…そうか」

盗賊「悪かったな、期待に応えられなくてよ」

マスター「応えようと思ったのか?お前が」

盗賊「…どうだろうな」

盗賊「………ただ、気に入らねえんだ」

マスター「なに?」

盗賊「気に入らねえんだよ」

マスター「…」



138: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/17(火) 20:13:57.89 ID:+0iIZ706O

遊び人「あー!くそ!こうなりゃ飲んでやる!」ガタン

マスター「…うぉっほん。そんで、コイツはなんだ?」

盗賊「お宝を狙ってたんだとよ」

マスター「棟梁の宝をか?大したタマだ…」

盗賊「本当にな。勇気があるのか、馬鹿なのか、どっちなんだか分からんが」

遊び人「あー、くそ…こんなことなら港町で見たときに力づくで奪っときゃ良かったのよ…」ブツブツ

マスター「力づくだと?こりゃ、馬鹿の方か?」

盗賊「…そもそも港町は棟梁のシマの外だぜ。お前、そんなところで″ムラサキ″を見たってのか?」

遊び人「見たのよ!アタシはこの目でぇ!」

盗賊「何…?」

遊び人「ふん…あれは二週間前だったわ」



139: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/17(火) 20:17:01.58 ID:+0iIZ706O


―――


港町 酒場

遊び人「…」グビ…

バーテン「…同じものになさいますか」

遊び人「お願い」

バーテン「かしこまりました」

行商人「わしにも、ビールをくれ」ドサッ

遊び人「ん…?」

遊び人「ハァイ。なんだか大荷物ね」

行商人「あ、あぁ。仕事柄な」

遊び人「商人さんか何か?」

行商人「まあ、そんなところだよ」グビ…

遊び人「へえー…」

遊び人(ふぅーん…わりと良い物身につけてるじゃん。ビンボー商人ってわけじゃなさそうね)



140: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/17(火) 20:19:43.84 ID:+0iIZ706O

遊び人「儲かってる?」

行商人「それなりさ。これから行く城下町に期待してるんだがなあ」

遊び人「城下町行くんだぁ。どちらと取引?」

行商人「へっへっへ。嬢ちゃん、商売に興味あるのかい?」

遊び人「そんなとこ。商人さん見かけたら話聞いてるの」

遊び人(ま、良いカモになるからなんだけどね)

遊び人「色々教えて貰いたいなあ。オジサン、仕事出来そうだし?」

行商人「参ったねえ、こりゃ。そうさな、あんまりこういうのは口外しないもんなんだが…」

行商人「魔法の品、ってのは知ってるかね?」



141: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/17(火) 20:22:02.69 ID:+0iIZ706O

遊び人「魔法の品…」

遊び人「よくは知らないけど、聞いたことある。なんだかいわくつきで、マニアの間じゃ高値でやり取りされてるとか…」

行商人「そこまで知ってりゃ大したもんだ。実はな、今回はそれを少々仕入れてな」

遊び人(わーぉ♪大当たり!)

行商人「城下町で高値で売り飛ばせやしないかと思案してるところさ」

遊び人「へー!オジサン、やっぱりスゴいんだ!」

行商人「へっへっへ。まあなあ。上手くいきゃあデカイ儲け話よ」

遊び人「わーっ憧れちゃう!」

行商人「へへ。嬢ちゃんの参考になりゃ本望よ」

遊び人「ねねっ。オジサン♪」

行商人「んん?」

遊び人「そんな、超レアなお宝持ってる人なんてぇ、そうそう出会えないわけだしぃ…ちょっとだけ、見てみたいなあ~」



142: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/17(火) 20:23:27.99 ID:+0iIZ706O

行商人「おいおい、流石に嬢ちゃんの頼みと言えど、簡単に商品を広げるわけにはいかんなあ」

遊び人「お願い!ちょっとだけでいいから!」

行商人「参ったなあ」

遊び人「ここで会ったのも何かの縁だしぃ。あたし、オジサンみたいなスゴい人、もうそうそう会えない気がするの!」

行商人「そ、そうかい?」

遊び人「そうよ!」

遊び人(もうひと押しか…!)



143: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/17(火) 20:25:49.15 ID:+0iIZ706O

行商人「………しょうがねえなあ。特別だよ」

遊び人「!」

遊び人(っしゃキタコレ!!)

行商人「…確かこれが…」ゴソゴソ

遊び人(チョロいモンね!ものが出てくれば、この男をどうにかして賭け事に引っ張り出して…むふふ。その魔法の品とやらを賭けさせればこっちのものだわ!!)

遊び人「やだー!オジサン優しいー!」

行商人「嬢ちゃんの願いとあらば、まあしょうがないねえ。…ほら、コレだ」

遊び人(どれどれ。………!!)

遊び人「…これは…」

行商人「こういうのはなあ、ひけらかすとタチの悪いのに盗られたりするからなあ。嬢ちゃんだけの特別だよ」

遊び人「………」ジ…

行商人「じょ、嬢ちゃん?」

―――




144: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/17(火) 20:28:24.69 ID:+0iIZ706O

遊び人「忘れもしないわ。″それ″は綺麗な紫色の輝きを帯びていた」

遊び人「宝石みたいなものに彩られた鞘に収められた、ダガーみたいな物だった」

盗賊「…」

―――情報屋「 ″ムラサキ″は、美しい紫色の光を放つ短剣、なんだそうよ」

盗賊「そうか…」

遊び人「あれを見た時の衝撃は忘れられないわ…しばらく、ぼーっと見とれちゃったもの」

遊び人「…はあ。あのロリコンオヤジの頭殴り倒してでも、手に入れておけば良かったんだわ…」

マスター「おいおい…」

盗賊「つまり、ギャンブルに引っぱり込もうっていうお前の作戦は失敗に終わったってわけか」

遊び人「思った以上に用心深い、陰湿なオヤジだったの」

遊び人「″ちょっと楽しいことしない?″なんて言ったらすぐさま賭けには乗ってきたんだけどねぇ…」

遊び人「すこーし賭け金吊り上げた位で、すぐ逃げ腰になりやがって。おまけにすぐ話をすり替える腐れポンチだったのよ」

盗賊「ま、商人ってのァそういうもんだろ。奴ら、勝てない勝負はしないからな」

遊び人「中にはいるのよ、こっちがちょっと負けてみたら下心出してくる馬鹿商人がね」

盗賊「お前は外れを引いたってわけだ」

遊び人「ちっ、忌々しいわ。なーにが魔界で片腕を無くした冒険者の伝説よ。そんなもん興味ないっつーの!」

盗賊「ん…?」

遊び人「つまんねー話しやがって!あいつ、絶対に女にモテねーわ!」

マスター「おい口調変わってるぞ」



146: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/17(火) 20:32:22.70 ID:+0iIZ706O

遊び人「あーくそ!せめて″ムラサキ″と一緒に持ってた、あの青い腕輪だけでも…!」

盗賊「青い腕輪…」ゴソゴソ

盗賊「これのことか?」

遊び人「!!…ちょっ、あんたなんでそれっ…!」

盗賊「…成る程な」

遊び人「あんたっ、どこで手に入れたのよそれ!」

盗賊「拾ったんだよ」

遊び人「嘘つけ!!」


踊り子「あっ!盗賊じゃーんっ!」

盗賊「よおー。今日もお前さんを見に来たぜ」

遊び人「ちょっと、話はまだ…」

踊り子「やっだー、お世辞でも嬉しいーっ!」

盗賊「へへへ」

遊び人「………」

「盗賊、おまえ毎回そう言ってねーかあ?」

「踊り子ちゃん、そんな奴に笑顔まくだけ勿体ないよーっ」

盗賊「うるっせーなあ!」

ワハハ…



148: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/17(火) 20:36:28.59 ID:IhdZXsS8O

遊び人「…あんた、わりと顔が広いわよね」グビッ

盗賊「まあ、そこそこな」

マスター「お前も、ここでの暮らしが板についてきたってとこか」

盗賊「どうだか。マスターに顔を覚えてもらえるまでには、なったみてーだな?」

マスター「そりゃ、毎日のようにこうしてカウンターで飲まれりゃ嫌でも覚えるさ」

盗賊「嫌なのかよ…」

マスター「さあな」

遊び人「ここに来る前は、どこに居たのよ?」

盗賊「…どこだって良いだろーが」

遊び人「何、言いたくないの?」

盗賊「お前は、自分の過去を俺にぺらぺらしゃべる気になんのか?」

遊び人「はっ、あたしは話したくても話せやしないし」

盗賊「…なに?」

遊び人「ないもん、あたし。記憶」グビッ



153: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/18(水) 23:36:57.24 ID:7q2EZxT7O

盗賊「…おいおい」

マスター「…まさか、記憶喪失ってやつか?」

遊び人「うん」

遊び人「…あたしがどこの誰だったか、気がついた時には誰も知らなかった」

遊び人「よく分からないまま…でも、食っていくっきゃなかったわ」

遊び人「誰だって、そうであるようにね。ただ、あたしは自分の名前が分からなかったって、それだけのこと」

マスター「………とは言え、お前」

遊び人「それで気がついたら賭け事で毎日稼ぎを得るようになった。それらに勝つコツも、自然と身についた」

盗賊「…」

遊び人「顔に似合わず博打が上手い、て周りの連中が言い始めて…」

遊び人「裏通り街なんか歩けば、それなりにあたしの顔を知ってる奴も増えるようになった。妙なあだ名であたしを呼ぶ連中もいた」

遊び人「…″栗猫の遊び人″の出来上がりってわけ」



154: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/18(水) 23:38:40.34 ID:7q2EZxT7O

盗賊「なるほどな…」

遊び人「はは。笑っちゃうでしょ。過去なんてあたし、3分ありゃ語り尽くせちゃうんだから」

マスター「…お前な。それでも、世話になった人だとか、恩師だとか、そういう間柄の繋がりはあるだろう?」

遊び人「…世話になった人…んー…」

遊び人「…あー。いるわ。あたしにギャンブルを教えてくれた人」

マスター「そうそう!そういうのだよ」

盗賊「…あんたも好きだね、そういう話」

遊び人「良いひとだったなー。暫く、家に厄介になってたのよねー…」

盗賊「オトコか」

遊び人「うん。でも、そーゆーんじゃないわよ。ほんと、フツーに良いひとだった」



155: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/18(水) 23:39:58.74 ID:7q2EZxT7O

遊び人「世の中こんな人いるんだー…って。記憶喪失で、右も左も分からなかったけど、今思えばその人のおかげで…なんていうか、希望が持てたのかな…」

マスター「そういうことなんだ、そうなんだ。やっぱり世の中、義理人情がモノを言うんだよ…」ウンウン

盗賊「マスターうっせーよ」

遊び人「その人カジノで働いてたのよ。右腕ほとんど動かなかったんだけどね…」

盗賊「………ん?」

盗賊「おい、そのオトコって、ほとんど左腕だけでカードをきるディーラーか?」

遊び人「げっ、何。あんた知ってるの?」

盗賊「ははあ…ま、見たことあるって程度だ」

遊び人「ちっ…まあいいわ」

盗賊「なんで嫌そうなんだよ」

遊び人「…なんとなくよ」



156: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/18(水) 23:41:33.34 ID:7q2EZxT7O

マスター「ま、知り合いが昔のオトコのことを知ってるってのは、良いもんじゃないだろうな」

遊び人「だから、そーゆーんじゃないってば!」

遊び人「ったく。…でもま、あたしがその人の右腕代わりになれたらなー、なんて思ったりもしてたわけよ」

遊び人「あの人、時々…何て言うか、遠い目をしてた。悲しみなのか、他の何かなのか、わからないような目…」

遊び人「何かを失ってしまったようなあの人の、″それ″を埋めたかったのよね、あたし…」

盗賊「惚れてたんじゃねぇか」

マスター「惚れてたんだな」

遊び人「うっさいなアンタらもう!!」



157: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/18(水) 23:43:22.73 ID:7q2EZxT7O

盗賊「お前知ってるか?男は、昔の女の事を話すようになって、ようやく吹っ切れるんだ」

遊び人「…女は?」

盗賊「昔の男の事を、話さなくなった時に吹っ切れるんだとさ」

遊び人「………」

マスター「こりゃ、まだかさぶただな」

遊び人「ちっ…!酔って余計なこと言ったわ!」

遊び人「あんたはどーなのよ!人の話に茶々入れてるばっかじゃなくって、なんか面白い話でもしてみなさいよ!」

盗賊「…めんどくせーな、絡み酒かよ」

マスター「盗賊のそういう話か?興味あるねえ」

盗賊「お、おい、冗談だろ?!マスターあんた、他人の事情にゃ深く立ち入らない主義とかなんとか…」

マスター「たまにゃ良いだろう。珍しく、酒もすすんでるみたいだしな」

盗賊「いや、コレは臨時収入が…」

遊び人「ウダウダ言ってんじゃないわよ!このフニャチン!」

盗賊「なんだとコラ」

マスター「………お前ら、そういう関係なのか?」

盗賊・遊び人「んなワケあるか!!」



158: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/18(水) 23:44:56.34 ID:7q2EZxT7O

カランカラン…

「…楽しそうじゃないかい、お前たち」

盗賊「…ん?!」

遊び人「ひぃっ?!!」

棟梁「どっかでひと儲け、してきたのかい?」

マスター「…よお棟梁。随分とご無沙汰だな」

棟梁「たまには、シケた店で安い酒でもあおりたくなるのさ」



162: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/21(土) 09:31:24.55 ID:7SAMPe6GO

マスター「ま、うちの店でドンパチやらなきゃ、何でも良いがな」

棟梁「ドンパチ、か。今日はそんなつもりじゃないから安心して頂戴」

マスター「だとよ、お二人さん」

盗賊「ぇあっ?そ、そそ、そうか?まあ俺みたいに善良な一般市民にゃ縁の無い話だけどなァ」

棟梁「…ゼンリョウなイッパンシミンか」

棟梁「どうも不吉なものに写るんだがねえ、アタシの目には」

棟梁「…元気そうで何よりじゃないか、″栗猫″」

遊び人「ゥヒィッ!?」

遊び人「は、ハァイ、棟梁。そそ、そっちもご機嫌麗しゅう…」

棟梁「そう見えるかい?こりゃあ、アタシのツラの皮も厚くなったかねぇ」

棟梁「逃がした子猫を踏み潰したくてたまらんようには、見えないようだからね…」

遊び人「」



163: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/21(土) 09:33:29.99 ID:7SAMPe6GO

マスター「おいおい、本気で物騒なもん持ち出さないだろうな」

棟梁「何さ、冗談だよ。相変わらずユーモアの分からないオトコだね!」

マスター「悪いがヤクザもんのジョークには慣れてないもんでな」

棟梁「ひどい言われようだな。アンタ、本当にアタシを誰だか分かってて言ってるんだろうね?」

マスター「ああ、よおく分かってるさ。仕事柄、あんたがうちに来なくなって数年の間も噂だけはよく聞いてたからな」

マスター「ほれ、飲めよ」コトッ

棟梁「ふん…」グビッ

盗賊「…今日は、下のもんは居ないのか?」

棟梁「悪いかい。いっつも金魚の糞みたいにくっつかれちゃ、息がつまっちまうよ」

盗賊「ま、それもそーか」



164: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/21(土) 09:35:46.49 ID:7SAMPe6GO

棟梁「安心おし。今更お前たちを締め上げたところで一文にもなりゃしない。そんな暇がありゃ、二杯目の酒を店主に催促する方が今のアタシにゃ価値がある」カラン…

マスター「おいおい、へべれけにならんでくれよ。 世界一タチが悪いんだからな」

棟梁「なんだぁ?酒場の主が説教とは、ますますこの世も末じゃないか」

盗賊「…昨日のあんたとは、別人みたいだぜ」

棟梁「ふん。急がば回れって言葉があるだろう」

棟梁「それにこういう事は、酔ってた方が名案が出てくるものさ」

遊び人「こ、こういう事…?」

盗賊「…報復か」



165: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/21(土) 09:37:41.98 ID:7SAMPe6GO

棟梁「…結局、昨晩アタシの店に乱入してきた連中は、どっかの誰かに踊らされてそそのかされた奴らだった」

棟梁「このアタシが、城下町で何と呼ばれているかも知らない余所者だったのさ」

盗賊「そりゃ災難な奴らだ」

棟梁「ああ。馬鹿共を始末するのは造作もないことだ。ちょいと、悲鳴がやかましかったがね」

遊び人「」ガクブル

棟梁「問題は連中を裏で糸引いていた奴だ。しかも、足がつかないように周到に手を打っているときてる」

棟梁「そして、煙のように宝もろとも消えていった…」

盗賊「…」

棟梁「さて、そんな芸当ができる奴はそう多くはない」カラン…

マスター「全く、血の気の多い連中だね」コトッ

棟梁「ここにも、よく来てたんだろう?奴は」グビ…

マスター「奴………″土産屋″、か?」

棟梁「ああ」



166: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/21(土) 09:39:14.68 ID:7SAMPe6GO

マスター「よくってほどのもんじゃない。たまに来ちゃあ、カウンターの隅に座って一人で静かに酒を飲んでた」

盗賊「…」

マスター「ここの酔っ払い共にゃ見つけることもままならん位に、ひっそりとな」

マスター「ありゃ、良い女だったぜ」

遊び人「へーえ、女なんだ。てゆーか、あんたも、まだまだ現役なのね」

マスター「バカ言え、俺の相手にゃ若すぎる」

棟梁「そうさ、コイツにはアタシと同世代が良い所だ」

マスター「…あんたは勘弁してくれ」

棟梁「やかましいよハゲ。こっちから願い下げだってんだ」

盗賊「くっくっくっ」



167: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/21(土) 09:41:15.28 ID:7SAMPe6GO

棟梁「ふう…久しぶりの安い酒は、悪くないもんだ」

盗賊「久しぶりなのか?」

棟梁「飲んでいなかったな、近頃は。そんな気にもならなかった」

棟梁「アタシとしたことが、どうかしてたね…」

盗賊「…」

―――情報屋「そういった魔法の品には、中毒性がある、という話を聞いたことがあるわ」

盗賊「…そういうこと、か」

遊び人「は?何が?」

盗賊「おい、行くぞ」

遊び人「えっ、行くってどこに…」

盗賊「…棟梁」

棟梁「なんだ」

盗賊「次の一杯は、俺の奢りだ。久しぶりの酒の席に、水さしちまったからな」



168: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/21(土) 09:42:31.32 ID:7SAMPe6GO

棟梁「ほう、如才ないことだ」

マスター「おいおい、飲ませるなよ…」

盗賊「いいから勘定。おい財布、出番だぜ」

遊び人「だーれが財布よ!っていうか、その奢り分ってあたしが出すんじゃない!」

盗賊「そういうこった」

棟梁「貴様の奢りかい、″栗猫″。ありがたく貰っとこうじゃないか?」

遊び人「ハ、ハイ。ドゾウ」

盗賊「ごっそさん、マスター」

マスター「ああ、またな」

棟梁「おい、マスター。もう一杯だ」カラン…

マスター「もう飲んだのか!?」


バタン…



169: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/21(土) 09:44:58.66 ID:7SAMPe6GO

遊び人「おっとと…」フラ…

盗賊「おいおいそんな飲んだかァ?」ガシ

遊び人「…」

遊び人「離しなさいよ、ブァーカ!」ブンブン

盗賊「あ?!なんだとこの…!」

遊び人「どーせまた帰って軟禁するつもりなんでしょーが、酔っぱらった私をぉ?!」

盗賊「するかタコ!つーか、お前今日も泊まるつもりじゃねーだろーな?」

遊び人「え、ダメなの?」

盗賊「当たり前だろーが!」

遊び人「…ちっ」

盗賊「どこまで図々しいんだこの女…」



170: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/21(土) 09:47:29.44 ID:7SAMPe6GO

遊び人「まーいいわよ。どーにかしてやろーじゃないの」

盗賊「また裏通りでトラブル起こすんじゃねーぞ」

遊び人「バッカねぇー?そんなヘマしないわよぉ」

盗賊「しそうなんだお前は。すごくしそうなんだ」

盗賊「酔っ払って裏通りに迷いこんでチンピラと揉めた挙げ句、へべれけな棟梁と出くわして一悶着起こしそうなんだ」

遊び人「そーお?」

盗賊「そうなったらお前、今度こそ死ぬかもしれねーぞ…。分かってんのか?」

遊び人「分かってるわ、このスットコドッコイ!」

盗賊「ぐぬ…!」イラッ



171: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/21(土) 09:48:33.40 ID:7SAMPe6GO

遊び人「…そーいえば、聞きそびれちゃったわ」

盗賊「あん?」

遊び人「あんたの過去…」

盗賊「はっ、そんなに興味あったのか?」

遊び人「…別にぃ。なんか、こっちばっか話してんのは癪じゃない」

盗賊「くっくっく。そーかよ」

遊び人「何、笑ってんのよ?」

盗賊「そりゃ、お前さんにも立派なもんがあるってことじゃねーのか」

遊び人「は?」

盗賊「過去、だよ」

盗賊「簡単にしゃべりたくないことが、お前にもあった…てことだろ?」



172: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/21(土) 09:49:59.85 ID:7SAMPe6GO

遊び人「…」

盗賊「まあ、あっても良いことばかりじゃねぇけどな」

遊び人「あたしの、過去…」

盗賊「おいそれと話したくもねぇしな。少なくとも俺は」

遊び人「………」

遊び人「…ふっ切れてない女でもいるわけ?」ボソッ

盗賊「あ?」

遊び人「なんでもない」

盗賊「…?変な奴」



173: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/21(土) 09:51:57.18 ID:7SAMPe6GO

盗賊「これからどーすんだ、お前」

遊び人「決まってるでしょお。″白猫″を追うのよ!」

盗賊「うげ………」

遊び人「あったりまえよ!ここまで足突っ込んだら、儲けが出るまで降りてやらないわ!」

盗賊「………それも、ギャンブルの鉄則か?」

遊び人「ま、そんなとこね!…待ってなさい、″ムラサキ″ぃ!」

盗賊「業が深いぜ…」

遊び人「なに、何か言った?」

盗賊「何でも」

遊び人「…あんたはどーすんのよ」

盗賊「俺か?…そうだな」

盗賊「団子を食いにいく」

遊び人「…はい?」

盗賊「バザーの角のところの団子屋は、旨いんだぜ」

遊び人「………はあ。あっそ」



174: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/21(土) 09:53:31.33 ID:7SAMPe6GO

遊び人「やっぱ草食ね、このグズ」

盗賊「草じゃねえよ、団子だ」

遊び人「………好きにしてちょーだい」

遊び人「じゃ、ご機嫌よーう。またどこかで会いましょ!」クル…

盗賊「…」

盗賊「ひとつだけ、良いことを教えてやるよ」

遊び人「は?」

盗賊「″白猫″は…」

盗賊「魔力の宿ったものを追っている。″ムラサキ″然り、だ」

遊び人「え…?」

盗賊「じゃあな」スタスタ

遊び人「…あんた、何でそんなこと知って…」

盗賊「健闘を祈るぜ、猫ババ娘」ヒラヒラ

遊び人「………」






178: ◆k6GQ7QlPrg 2016/05/23(月) 09:56:27.94 ID:9xOIS8XEO


―――

「何、見てるんだい?」

盗賊「…何だろうな」

「昔のこと、思い出してた?」

盗賊「ああ。誰かさんが過去のことなんて話すからよ」

「珍しいね」

盗賊「俺は…過去なんてもんは全部置いてきたはずなんだけどな」

「そうかな?」




179: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/23(月) 11:15:09.86 ID:9xOIS8XEO

盗賊「…あの頃の俺は、何を見てたんだろうな」

「…見えないはずの空、じゃない?」

盗賊「そうかもな」

盗賊「見えないはずの青を…霧の向こうに描いてたんだ」

盗賊「いつか、大人になったら、そいつを眺められる気がして…」

「…眺められそう?」

盗賊「どう、だろうな」

「いつかは…見えるよ」

「君には未来があって、この今は、いずれ過去になってゆくから」

盗賊「…」

「ねえ、そのとき君は--」

「今この時のことを、忘れないでいてくれる?」

盗賊「………」

盗賊「俺は…」

―――

盗賊「……んが…」パチ

盗賊「………夢か」



180: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/23(月) 11:30:45.05 ID:9xOIS8XEO

黒猫「おや、目を覚ましたか」

盗賊「…ふぁーあ…もう朝か…」

黒猫「もう昼だ」

盗賊「…そーかよ」

黒猫「うむ。今朝は随分と霧が濃かったぞ」

盗賊「…霧、か」

黒猫「もう、晴れたがな。外は快晴だ」

盗賊「そうか。そりゃ結構」

黒猫「我輩は雨の方が好きだがな」

盗賊「雨じゃあ、団子屋も店閉めちまわあ」ゴソゴソ

黒猫「!」

黒猫「団子屋、行くのかっ?」ワクテカ

盗賊「おう。借り物も返さねえといけねえしな」

黒猫「…借り物?」





181: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/23(月) 13:48:52.94 ID:9xOIS8XEO


バザー

団子屋「またのお越しをー!」

盗賊「…」モグモグ

黒猫「ニャー♪」ムシャムシャ

盗賊「さあて、まだこの辺に居りゃあラッキーだが…」

黒猫「ん?誰か探しているのか?」ムシャムシャ

盗賊「まーな…っと」



露店商「へへ、勘弁してくださいよ、旦那ぁ」


盗賊「…ビンゴだ」



182: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/23(月) 19:48:07.92 ID:9xOIS8XEO

身なりのいい男「いや、何だか口車に乗せられて高いモン買わされちまったぜ」

露店商「人聞きが悪いでさぁ。そりゃ、旦那がそれを持つ運命だったんですよ」

身なりのいい男「運命ねぇ。ま、いっか。魔法の品なんて滅多にお目にかかれねえしな」スタスタ

露店商「毎度!ありがとうございますー」

露店商「…ふう」

露店商「さて、そろそろ店閉まい…」

盗賊「よお、儲かってるかい?」




183: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/23(月) 20:33:07.80 ID:9xOIS8XEO

露店商「は?え、ええ、まあ」

盗賊「こんだけお天道様が照ってると、バザーも賑わうしなあ。ああいう貴族の放蕩息子みたいのも出てきやがる」

露店商「そ、そうですねえ…」ガソゴソ

盗賊「おや、あんたはもう商売は終いかい?」

露店商「へへ、ええ今日は…」ガサゴソ

盗賊「これだけ通りが賑わってるってのに変わった人だね?あんた、やり手に見えるのになぁ」

露店商「イヤイヤ、あたしなんざ、しがない露店商ですから…」ガソゴソ

盗賊「謙遜するねぇ…」

露店商「勘弁してくだせぇ、へへ…」ガタ

露店商「そいじゃあ、あっしはこれで…」

盗賊「…」


盗賊「なんか後ろめたいことでもあんのかい?」



184: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/23(月) 22:54:44.26 ID:9xOIS8XEO

露店商「!?」

盗賊「…話は聞いてんだろ?裏通りのカジノの襲撃事件」

露店商「は…話くらいは」

盗賊「そうか?じゃあ、これは知ってるか?」

盗賊「あの事件の全てのきっかけは…魔法のナイフだってな」

露店商「!!」ダッ!

盗賊「!…逃げようってか?」

露店商「くそっ、くそっ!」タッタッタッ

盗賊「その前に、返すもの返すぜ!おらっ」ヒュッ

露店商「うぎっ?!」カンッ!

バタッ

盗賊「おっし、ナイスピッチ」

黒猫「あれを、そういう使い方するか?普通…」

盗賊「なーに、本当の使い方なんか分かりゃしねーからな」

盗賊「魔法の腕輪なんてよ」



185: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/24(火) 09:14:32.30 ID:4FO/9VQBO

露店商「う、うう…」

コロコロ…カラン

露店商「…!こ、こいつはっ」

盗賊「見覚えあんだろ?青い光を放つ魔法の腕輪」

盗賊「なんつっても、あんたが売ってたもんだからな。ついこの前まで、この場所で」

露店商「どうして、これを…!」

盗賊「落ちてたんだよ。アホなトンカチ兵隊の懐の中にな」

露店商「!!ア、アンタ、あの時の物盗りか!!」

盗賊「ようやく思い出したか?」

盗賊「さて、感動の再会なんだが、今日はあんたにちょいと別の用件があって来た」グッ

露店商「う、うう…苦し…」

盗賊「なーに、2、3簡単な質問に答えてくれりゃすぐ離すさ」



186: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/24(火) 09:17:09.70 ID:4FO/9VQBO

盗賊「まずこれは確認だ。お前は仕入れた魔法の品を、港町経由で城下町に持ち込んだ」

盗賊「そしてその中には″ムラサキ″…魔法のナイフがあった。そうだな?」

露店商「う…た、確かに魔法のナイフはわしが持っていた。城下町で売っぱらった…」

露店商「だ、だがそれが″ムラサキ″だなんだっていうのは、わしは知らん…!もう、わしの手を離れたところの出来事だ!」

盗賊「だろうな。…ああ、安心しろよ。俺は棟梁のとこの者じゃない。別にあんたを口封じのために殺りにきたわけじゃないさ」

露店商「!…じゃ、じゃあアンタ一体…!?」

盗賊「まだこっちの質問が終わってねえぜ」ギリ…

露店商「ぅうっ…!」

盗賊「次の質問だ。ブツを誰から仕入れ、誰に売り払った?」



187: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/24(火) 10:51:02.89 ID:4FO/9VQBO

露店商「へ…」

露店商「へへ…!そいつぁ、楽な質問だな。その2つの問いには、1つの答えで事足りるんだからな…っ 」

盗賊「…なに?」

露店商「お、同じ人物だってことさ…!俺に魔法の品を売ったのも、この城下町で買い取ったのもな!」

盗賊「同じ人物、だと?」

露店商「ああ!…奇妙な奴だった。冒険者上がりの男で、魔法の品を幾つか持っていやがった」

露店商「そして、そいつ自身の体にも、魔法の品を使っていた!」

盗賊「自分の体に…」

露店商「そうでもしなきゃ、生きていられないほどの怪我を負ったんだとよ。全く呪われた男だよ…!」

露店商「わしが街道の町を通って、港町に行こうとしている時に奴は現れた…そしてわしに魔法のナイフやら、腕輪やらを売りつけてきたのさ…っ」

露店商「…だ、だが、どうしてアンタがそれを知りたがるんだ?」

盗賊「…」

盗賊「気に入らねぇのさ。ただ単にな」



188: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/24(火) 11:12:27.46 ID:4FO/9VQBO

盗賊「棟梁達も、″白猫″も、冷静じゃなかった。俺には、まるで…」

盗賊「どこぞの誰かが、わざわざ厄介事を引き起こそうとしてやがるように見える」

露店商「…なるほどな。に、兄さんの勘は、外れちゃいないかもしれないな」

露店商「今思えば…奴があのタイミングで俺に一度お宝を売ったのも、俺を通して魔法の品の動きを広めるためだったのかもしれな…」

盗賊「--!いったい、誰に?!」ギリ…

露店商「ううぅーっ!知らん知らん!そ、そこまでは知らん!」バンバン!

露店商「だ、だが、不自然なほど話が広まったのは、わしが例の物を売ってからだ!」

盗賊「棟梁の部下…そいつ本人の所へ戻ってからってことか」

露店商「ああ。″ムラサキ″という名を冠してな…」

盗賊「そいつの目的は、なんだ?」

露店商「さあな…だが奴は、もしかしたら魔法の道具に、復讐する気かもしれん…」

盗賊「魔法の、道具に?」

露店商「………あ、ああ。奴の名は…」








193: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/26(木) 09:36:30.59 ID:cuqe5cw0O

翌日
明け方

裏通り街
塔のカジノ

バニーガールA「はーっ、久々だと疲れるわー」

バニーガールB「久々ってあんた、店閉まってたのなんてたった1日じゃない」

バニーガールA「だってさー」

手下「おい、女共。今日の金だ」

バニーガールA「はーい!」

バニーガールA「うふふ。それでもこの瞬間には生き返るのよねっ」

バニーガールB「単純な子…」

バニーガールA「しっかし、やっぱり…」チラリ


バニーガールA「今日のお客の数じゃ、こんなもんか…」

バニーガールB「ま、無理ないわね。私だったら、襲撃されたお店になんてわざわざ行かないもの」

バニーガールA「まあ、それもそうよねー。ごっつい警備の人ばっかり増えちゃって…」

バニーガールB「ほんとよね。イケメン貴族に早く戻ってきて欲しいわあ…」



194: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/26(木) 09:47:09.20 ID:cuqe5cw0O

ガチャ

ディーラー「お疲れ様です」

バニーガールA「あっ、お疲れでーす!」

バニーガールB「お、お疲れ様ですー」


ディーラー「お先に」スタスタ…

ガチャン…

バニーガールA「…はあ。今日もディーラーさん渋いわね」

バニーガールB「ね。大人の色気っていうの?アレ」

バニーガールA「ヤバイよね。マジヤバイよね」

バニーガールB「あの落ち着きと…たまに見せる遠くを見るような目…」

バニーガールA「でもさー。ディーラーさん一時期、女と住んでたらしーよ」

バニーガールB「ゲッ。まじ?!」

バニーガールA「マジマジ。後輩が見たってさー。若い女とディーラーさんが家に入ってくとこ」

バニーガールB「うっはー…マジか。ダメージでかいわ」

バニーガールA「でもさ、ディーラーさんって、アレじゃない?右手動かないでしょ」

バニーガールB「あー…」

バニーガールA「だからさー、使用人的な人かもしれなくなくない?なんか、彼女にしちゃメッチャ若かったーってその後輩も言ってたし」

バニーガールB「…その線ね。その線で行くわ。あたしのディーラーさんに輝きを失ってもらいたくないもん」

バニーガールA「いつからアンタのディーラーさんになったの」

バニーガールB「まま、細かいことは抜きにして!もうすっかり日昇っちゃってるし、朝御飯ウチで食べない?」

バニーガールA「あ、行く~♪」



195: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/26(木) 12:30:35.08 ID:cuqe5cw0O

裏通り街・
歓楽道り

バタン…

ディーラー「…」ゴソゴソ・ パク…

ディーラー「…ん?」ゴソゴソ

ディーラー(しまった、マッチを…)

シュボッ

盗賊「ほらよ」

ディーラー「!」

ディーラー「これは…失礼」スー…

盗賊「なに、ついでさ」

ディーラー「…」スパー

盗賊「…」スパー



202: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/27(金) 17:29:08.44 ID:3X3b5ZDjO

盗賊「朝焼けの裏通り街で一服ってのも、ありきたりだな」

ディーラー「ええ…」

ディーラー「この時間は、閉店まで粘った人らか、私たちみたいな者の同業で溢れてますから」

盗賊「白けた裏通り街と、差し込む太陽か。ロマンチックとは言えねーぜ」

ディーラー「ふふ、そうですね…」

盗賊「…」スパー

ディーラー「…」スパー



197: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/26(木) 13:39:37.04 ID:cuqe5cw0O

ディーラー「″黒風″様は…」

盗賊「よせよ、もう業務外だろ?盗賊、でいい」

ディーラー「ふふ、癖みたいなものです。…あなたも、過去にふけることはありますか」

盗賊「過去?」

ディーラー「…ええ」

盗賊「…無いよ。時間の無駄だと思ってる」

ディーラー「そうですか」

盗賊「ああ。人間ってのァ分かりやすいもんで、使わない機能はどんどん衰えていくらしい」

盗賊「年々、思い出そうにもろくに思い出せなくなっていくよ」

ディーラー「そう、ですか」



198: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/26(木) 15:10:18.10 ID:cuqe5cw0O

ディーラー「少し前に…」

ディーラー「記憶をなくした少女に出会ったんです」

盗賊「…」

ディーラー「その子は…自分の内側の不安を無くすかのように、よく笑い、よく怒り、よく泣く娘でした」

ディーラー「とても活発で魅力的な娘でした」

盗賊「…ほお」

ディーラー「とはいえ、身寄りもなく、頼るアテもなかったその少女を放っておくわけにもいかず、暫く面倒を見たんですが--」

ディーラー「こんなあこぎな世界に引き込んでしまったことを、少しだけ後悔してるのです」

盗賊「…」スパー

ディーラー「やむを得なかったとは言え…あんなに人の目を引く娘だったら、他に道があったのではないか、なんてね…」

盗賊「…そーかあ?」

ディーラー「え?」

盗賊「あ、イヤ」

盗賊「ま、まあ、そのガキにとっての居場所になったんだったら、何だって良かったんだろうって思っただけさ」

ディーラー「そうでしょうかね…」

ディーラー「私には…あんなに喜怒哀楽を表現できる娘が新鮮でした」

ディーラー「…もしかしたら、羨ましいとすら思っていたのかもしれない。だから、ずっと側に置いておくことはできなかった」

盗賊「…」

ディーラー「…無責任な大人ですね」

盗賊「…娘は、あんたに感謝してるよ。きっと…」

ディーラー「だと、良いんですがね」



199: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/26(木) 17:34:02.51 ID:cuqe5cw0O

ディーラー「…私は…」

ディーラー「ずっと、過去に囚われてるんです」

盗賊「…」スパー

ディーラー「夢破れ、絶望する前の自分を、今だって克明に思い出すことができる」

ディーラー「あの希望に満ちた朝を。己の全てを懸けて睨んだ空を。心踊る夕闇を」

ディーラー「忘れられずにいるんです。だからかな、記憶のない彼女が羨ましかった」

盗賊「…そうかい」

ディーラー「ええ」

盗賊「…」スパー

ディーラー「…」スパー




盗賊「…なあ、あんた…」

ディーラー「…」



盗賊「…なんで、棟梁と″白猫″をやり合わせたりしたんだ?」



204: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/27(金) 18:16:36.44 ID:3X3b5ZDjO

ディーラー「………復讐ですよ」

盗賊「復讐、だと?」

ディーラー「ええ」

ディーラー「ちょうど、久しぶりの葉巻も吸い終わりましたし」

盗賊「…」



ディーラー「お見せしましょう」バキバキバキバキ!

ギュルルルッ!



盗賊「っ!」バッ

盗賊「なんだよ、その右腕は…また大層な手品じゃねぇか!」

ディーラー「手品ではありませんよ」

ディーラー「魔法です。…いや私にとっては呪い、か」



205: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/27(金) 19:21:02.95 ID:3X3b5ZDjO

ディーラー「私の右腕は、俗に言う魔法の品によって形作られた偽物…。本物は、とうの昔に消し飛びました」

盗賊「…なるほどな」

盗賊「あのお喋り商人も案外、口だけじゃなかったってわけか」

ディーラー「…彼は気に入っていたようですからね。私が、この右腕を失った話を」

ディーラー「そう、あなた方が″ムラサキ″だなんだと呼んで奪い合ってたその秘宝は、私が冒険者だったころに魔界で手に入れたものです」

ディーラー「この、右腕と引き換えにね…!」ギュゥウン

盗賊「伸びっ…!?」ダン

ドガシャアッ!

ガラ…

盗賊「ひゅー…!石造りの壁がバラバラだぜ…大砲みたいな腕だな」

ディーラー「化け物ですよ。こんなものを腕に宿してしまったが最後、ね」

ディーラー「この肩当てに魔力が宿っていましてね。使おうと思えば化け物の腕へと変わる」



206: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/27(金) 21:47:14.57 ID:3X3b5ZDjO

「きゃーっ」「な、なんだ!あれは!」「魔物が、魔物がいるぞー!!」

ディーラー「…」

ディーラー「他のものにも変えられますよ…例えば、見た目なんら本物と変わらない人間の腕にもね。ただ、それは自在に動かすことは叶わない、ただの飾りです」

盗賊「ちっ…」チャキ

ディーラー「おや…短刀を抜かれましたね。あなたがそれを抜くことは滅多にないと聞きましたが、″黒風″様?」

盗賊「その大木みてえな腕に潰されて死んだんじゃ、笑えねえからな!」

ディーラー「ふふ。嬉しいですね」

ディーラー「私もまた、冒険者の端くれ。あなたのような実力者が、本気で臨んでくれるとあらば、本望です」

盗賊「あんたの冒険は、もう終わったんだろ!」

ディーラー「そう…あの日、片腕を無くした私の冒険者人生は終わりを迎えました」ミシミシ…

ディーラー「私は…憎い!私から夢を奪った、呪いの道具たちが!」ズギュンッ

盗賊「くっ!」タッ

ドガッ!! ガラガラ…

盗賊「野郎っ…!」

--- 遊び人「…あたしがその人の右腕代わりになれたらなー、なんて思ったりもしてたわけよ」

盗賊「…ちっ!」サッ

ディーラー「どうしたのです?あなたは私を倒しに来たのではないのですか!」ギュゥンッ

盗賊「やかましい!」バッ

ドゴォン…ッ!



207: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/27(金) 22:03:02.11 ID:3X3b5ZDjO

ディーラー「あなたはなぜ、全てを知って私のところへ来たのです!」

ディーラー「誰かの仇討ちですか!正義感ですか!」ズビュッ!・ ギュンッ!

盗賊「はんっ…!」タンッ

盗賊「個人的事情だよ!」トッ

ドゴォン!!・ パリィインッ

ディーラー「いずれにせよ、あなたのような人物とこうして渡り合えていることは…!」

ディーラー「いつかの私への、はなむけになりましょう!」ゴアァッ

盗賊「ざけんなっ!」スッ

ドシィ!!

盗賊「ぐぅっ…!」

ディーラー「受け止めた…!?」

盗賊「へっ…!!刃ぶっ刺してんのに、ビクともしやがらねえのな…!」ググ…

盗賊「なあ、こんなのよ…!こんなモンに頼ってどうこうなんてのは…っ!思い描いてた過去のあんたらしくないんじゃねーの!?」グググ…

ディーラー「…!」



208: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/27(金) 22:14:49.18 ID:3X3b5ZDjO

盗賊「あんたの復讐は…!その右腕の仇だろ…!あんたの夢の仇だろ…!」ググググ…

盗賊「その魔法の道具に、あんたが頼ってどうするんだよっ!!」ズバァッ!

ディーラー「ぬぅっ!!」

盗賊「…これで終いだ!」ダッ

ヒュオッ

ディーラー(は、速っ…)

カキンッ!!

盗賊「…!」



209: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/27(金) 22:17:31.02 ID:3X3b5ZDjO

ディーラー「………はあっ、はあっ…」

ディーラー「危うく、首を落とされる所でした…」

盗賊「…マジかよ。大層なもんだな、本当によ。盾にもなんのかい、その腕は」

ディーラー「最早、私の意思とは無関係。コレは、己が在るために母体である私を守ったに過ぎません…」

ディーラー「私の肩に寄生し、私の怨念を吸った、ひとつの生き物と成りつつあります」

盗賊「なんでだよ…なんであんたが、そんなもん…」

ディーラー「…魔王の支配下の危険な地まで踏み込み、そこで腕を落とすような重症を負った私には…後がありませんでした」

ディーラー「手持ちの魔法の道具にでも頼らねば、生きて人の地に戻ることは叶わなかったのです」



210: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/27(金) 22:25:07.73 ID:3X3b5ZDjO

ディーラー「冒険者として、そこでその一生を終えることが、もしかしたら、正解だったのかもしれません。…しかし私は…認められなかった」

ディーラー「そこで、私の夢が費えるなどと…!憎かった!唐突に私から全てを奪った、あの呪われた短剣が!!」

盗賊「…」

ディーラー「必ず不幸をもたらしてやる…!そう誓った!!」

ディーラー「人の怨念の中に放り込まれ、憎しみあいの渦にのまれてしまえと!!」

ディーラー「それ以来、私の腕に寄生した偽物のこの腕が!私にあの痛みを思い出させ続けるのです!!」

ディーラー「あなたに、分かりますか!!この苦しみが!!!」ギュオゥンッ

盗賊「…分かるかよ!」ダッ


ズオアッ・ キンッ・ ブオン!

キャー・ ワー

黒猫「盗賊の奴…魔法の道具と戦うとは、なんて無茶を…。よくもまあ渡り合っているものだ」

黒猫「アレは最早、持ち主と同化しつつある。持ち主の方も、あれを失ったが最後、生きてはいられんぞ…!」

黒猫「しかしなんだ、この気配は。別の方向からもうひとつ何か、魔力を放つものが…」



211: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/27(金) 22:29:59.99 ID:3X3b5ZDjO

ディーラー「はあっ…はあっ…」

ディーラー「………流石です、″黒風″様」

盗賊「…現役引退した奴に、負けるわけにいかねーだろ」

ディーラー「…ふふ」

盗賊「今、楽にしてやる」チャ…

ディーラー「実は、カジノであの子とあなたが話しているのを見ました」

盗賊「なっ…」

ディーラー「だからでしょうか、最後にあなたに過去の話をしたくなったのです」

ディーラー「あなたも、過去から自由なのですね。お羨ましい」

盗賊「…」

ディーラー「最後に、もう一度…命のやり取りを、していただけますか」

ディーラー「″黒風″様」

盗賊「…盗賊でいい、つったろ」

ディーラー「ふふ…職業病ですよ」

盗賊「…」ジリ…

ディーラー「…」ジリ…


盗賊「………なあ」

盗賊「俺、本当は……」



212: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/27(金) 22:45:18.82 ID:3X3b5ZDjO





ドス




ディーラー「…っ」

盗賊「え…?」

ディーラー「………かはっ」ドサッ


盗賊「……なっ…!」


盗賊「………て…めぇ!!」




「やあ。数日ぶりだね」

土産屋「元気にしてたかい?」





217: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/28(土) 10:33:00.23 ID:bnuidWJEO



盗賊「土産屋ァッ!」

土産屋「そんなに、怖い顔をしないでくれよ」

土産屋「どのみち、この男を殺るつもりだったんだろう…?」

盗賊「うるせぇっ!!」ジャキッ

土産屋「君とやりあうつもりはないよ」

土産屋「たださえ、今回は余計な敵を作った。これ以上、恨まれたくはないものだよ」

土産屋「よっ、と 」ガパァッ

ディーラー「ぐぁっ!!」

盗賊「…目当てはその魔法の肩当てか…ッ!! 」

土産屋「まあ…ね。一応、何かの足しにはなるかなーってね」



218: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/28(土) 11:44:38.79 ID:bnuidWJEO

盗賊「お前…!身内にそんな呪われたシロモノを使わせようってのか!?」

土産屋「はは、今更何を。僕らは元より呪われているよ」

土産屋「君もね」

盗賊「…………」ギリ…!

土産屋「彼は…少々危険すぎた。どこから漏れたのか、僕らの動向を知った上で宝の情報を流した」

ディーラー「ぐふっ…ごはぁっ…」

土産屋「冒険者として得た知識と、裏家業の情報網を使って、僕らを翻弄しようともした」

土産屋「僕も、こういう手段に出ざるを得ない」

盗賊「俺の知ってるお前は…!」

盗賊「そんな平気な面して人を刺すようなことはしなかった…っ!」

土産屋「僕らは、覚悟を決めたんだよ。歯車は…動き出している」

盗賊「何…?!」

土産屋「ねえ…坊。その時、君はどうするんだい…?」

盗賊「俺は…っ!」



219: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/28(土) 11:47:51.76 ID:bnuidWJEO

「ディーラーさんッ!!」

盗賊「!?…な!」

土産屋「おや、追いついてきたか。中々優秀な尾行者だったな…」

遊び人「ディーラーさんッ!!」

盗賊「お、まえ…」

土産屋「名残惜しいけれど、ここまでだ」

土産屋「さよなら、坊。願わくば…」

ヒュッ

盗賊「ま、待て!!」

土産屋「願わくば、また、会いたいね…」

盗賊「………」

ヒュゥウウウ…

遊び人「ディーラーさん!!ディーラーさん!!返事、してよ!!」

盗賊「…」





220: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/28(土) 11:56:02.94 ID:bnuidWJEO

ディーラー「かっ…がふっ!!」ゴボ

遊び人「!!」

遊び人「そ、そんな…ディーラー、さん」

ディーラー「…あ、遊び人…」

遊び人「っ…待ってて、今医者を…! 」ダッ

ぐっ

遊び人「!?」

ディーラー「……良い。…良い…んだ」

遊び人「…良く、ないよ。ねえ、ディーラーさん。死んじゃうつもり…?」

ディーラー「か…関係の……ない…人々…巻き込ん…だ…」

ディーラー「…私の…ば、番……さ」

遊び人「…やめてよ」

遊び人「やめてよ、ねぇ。…あたし、知らないんだよ、まだ。あなたのこと」

ディーラー「…はっ……はっ」

遊び人「あなたが、何と戦ってたのか…。何に苦しんでたのか…」

遊び人「まだ、教えてもらってない!何も、聞いてない!!」



221: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/28(土) 12:08:07.30 ID:bnuidWJEO

ディーラー「……す…まな…がふッ」

遊び人「ディーラー、さん…。嫌だよ」

遊び人「また…一人ぼっちになっちゃうじゃない…」

遊び人「置いて、行かないでよう…」

ディーラー「…はっ………わ……たしは…」

ディーラー「い、今………やっと…自、由…だ…」

遊び人「自由…?」

ディーラー「あ……ああ…」

ディーラー「の、…呪…い…消え…」

ディーラー「………お前……もい、る……」

遊び人「なに、言ってんの…」

遊び人「何言ってんのよ!! 」

盗賊「………」



222: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/28(土) 12:19:07.46 ID:bnuidWJEO

ディーラー「は………葉巻…」

盗賊「なに…?」

ディーラー「………」ニヤ

盗賊「…酔狂なやつだぜ」ガサゴソ

盗賊「…ほら」

ディーラー「……ごほっ……ふっ…」

盗賊「…マッチ、擦ってやんな」

遊び人「………」

遊び人「…」シュボッ

ディーラー「……ふっ……」




223: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/28(土) 12:25:04.11 ID:bnuidWJEO

遊び人「…あたしの前じゃ、吸わなかったくせに」

ディーラー「………ふ…ふふ………」

遊び人「………ばか」

ディーラー「…………も…う…」

ディーラー「……過去…は…」

ディーラー「……見え……な…」

ぽろ



遊び人「………ディーラー…さん」

盗賊「…」






224: ◆mC2O9hoTt6 2016/05/28(土) 12:26:34.45 ID:bnuidWJEO


















225: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/28(土) 14:01:00.08 ID:bnuidWJEO

後日
墓地

遊び人「…」スタスタ

遊び人「!」

遊び人「………あんた」

盗賊「よう。邪魔してるぜ」

遊び人「…別に。あの人のお墓だから。あたしんじゃないし」

盗賊「そうか?」

遊び人「…」



226: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/28(土) 15:05:40.69 ID:916C0fmW0

盗賊「立派な墓じゃないか」

遊び人「…」

盗賊「棟梁も少し出したとかって聞いたが、ほとんどはお前の金で建てたんだってな」

遊び人「…相変わらず、耳が早いのね」

盗賊「まあな」

遊び人「…」

盗賊「…」



227: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/28(土) 15:30:41.47 ID:bnuidWJEO

遊び人「あたしが気がついた時―――」

盗賊「ん?」

遊び人「記憶をなくしたときの話よ」

盗賊「ああ…」

遊び人「正に、右も左も分からないって感じだったんだけどさ。持ってた物が異様に豪華だったのよ」

遊び人「やれ宝石や、金の指輪や…」

遊び人「みーんな、お金に替えちゃったんだけどね」

盗賊「…」

遊び人「あたし、案外世界的な大富豪の一人娘だったりするのかなっ?」

遊び人「それとも大海賊王の隠し子だったり!?」

盗賊「そーかもな」

遊び人「…あんた、信じてないでしょ」

盗賊「いや?案外あるかもしれないぜ、そういうことも」

盗賊「ただ…」

遊び人「…?」

盗賊「今のお前は、今のお前だろ」



228: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/28(土) 17:25:01.65 ID:bnuidWJEO

遊び人「………」

遊び人「…うん」

盗賊「お前のこと、嬉しそうに話してきやがったんだ、コイツ」

遊び人「えっ!マジっ!?な、何て言ってた?!」

盗賊「あー…イヤァ、あんま覚えてねーんだが」

遊び人「おい」

盗賊「…羨ましかったって、言ってたぜ」

遊び人「………」

遊び人「何、言っちゃってんだか」

遊び人「無いなら無いで、色々と苦労すんだっつーの」ペシッ

ディーラーの墓「…」

盗賊「そーなのか?」

遊び人「そーよ」



229: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/28(土) 17:26:41.83 ID:bnuidWJEO

遊び人「ね、ディーラーさん」

遊び人「あたし、意地っ張りで…一人でなんとかなるって言ったあたしを、引き留めてくれたよね」

遊び人「生きる術も、生きてる意味も、教えてくれたよね」

遊び人「急に、出ていったりして、ごめんね。辛そうなあなたを、見ていられなかったんだ」

遊び人「あたし、弱かった…」

盗賊「…」

遊び人「でもさ、博打、強くなったよ」

遊び人「もともとあったお金は結構スッたけどさー、それでもわりと勝ってるからさ」

遊び人「こんなお墓もたてられるくらいには、勝ってるからさ」

遊び人「心配、しないでよね」

盗賊「…」

遊び人「…」

遊び人「最後に、もう一度」

遊び人「誉めてほしかったな…」



230: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/28(土) 18:26:00.99 ID:bnuidWJEO

遊び人「…ねえ」

盗賊「あん?」

遊び人「この人を殺したのって、土産屋なのよね…?」

盗賊「…」

遊び人「………やっぱり、そうなのね」

盗賊「…復讐するのか」

遊び人「……どう、かな」

遊び人「ガラじゃないかも」

盗賊「…そうか」

遊び人「でもさ、この人、″ムラサキ″壊したかったのよね」

盗賊「…ああ」

遊び人「それは…叶えてあげたい、かな」

盗賊「…」



231: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/28(土) 18:29:20.99 ID:bnuidWJEO

―――ディーラー「人の怨念の中に放り込まれ、憎しみあいの渦にのまれてしまえと!!」

盗賊「…お前がそうするのは」

盗賊「こいつは望んじゃいないんじゃねぇか」

遊び人「かもね」

盗賊「…」

盗賊「なあ、遊び人…」

遊び人「…何よ」

盗賊「…俺も、ディーラーを殺そうとしたんだ」


パンッ…


盗賊「…」

遊び人「…」キッ

遊び人「…ばか!」ジワ…

タッタッタッ

盗賊「…」

盗賊「…」

盗賊「…いってぇ」







232: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/28(土) 18:31:04.86 ID:bnuidWJEO

―--―--
----
――

露店商「痛たた…」

露店商「…ふー」

露店商「散々だ、散々な目に遭った」

露店商「貴族との商談が上手く行かず、仕様もなく露店を開けば兵隊にからまれ…」

露店商「挙げ句、妙な事件に巻き込まれて、町を離れようとした矢先にヤクザもんに締め上げられるとは…トホホ」

露店商「うっ、またガラの悪いのが…目を合わせないようにしよう…はあ、ツキがない…」


傭兵「くっそぉ、ツキがねぇぜ!」

エルフ「座長ぉどうすんのよう、あたしの金貨ぁ…」

槍使い「…命があっただけ…有難い…」

傭兵「そうだっ、イチイチ文句言うな!ったく」

傭兵「まぁ、直ぐさま棟梁の元を抜け出したのは正解だったな…あのままぼんやり寝てようもんなら、海に沈められてたぜ」

槍使い「…考えたくない…」

エルフ「そんなこと言ったってぇ、もぉお金無いじゃない!金貨手に入るからって博打に注ぎ込んじゃったんだから!」

傭兵「そ、それはだな。これから…」

槍使い「…どうする…?」

傭兵「………」

傭兵「よしっ!!ぎ、銀行強盗でも…っ!」


騎士「む?」パカラ…


傭兵「へァっ!?いやっ、け、兼業農家にでも…なるか」

エルフ「冗談でしょーッ?!」

槍使い「…」ハァ


騎士「…」ハァ

騎士「近頃は、あーいう目付きの悪いのが多いな」

騎士「我々が一層力を入れていかねば…ん?」

黒猫「ニャー…」トコトコ

騎士「猫、か。お前も巡回中か?」

騎士「はっ」スタッ

騎士「よしよし…」ナデナデ

騎士「…また、殺傷事件だ…裏通り街で。しかし、被害者の様子からただの殺しとも考えづらい。それに、被害者は棟梁の…」

騎士「…なあ、非番の日にまでこんなことをしている私は、おかしいのかな」

騎士「………港町の劇場、行けば良かったかな」ナデナデ

黒猫「ニャーニャー」






233: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/28(土) 18:39:18.76 ID:bnuidWJEO

バー

どら猫「ニャーニャー」

ぶち猫「ニャーニャー」

マスター「おーおー、お前ら、待たせちまったか。そら、飯の時間だぞぉ」ナデナデ

踊り子「マスタぁー、まかないまだぁ?」ヒョイ

マスター「ちょっと待ってろ、先に店開けといてくれ」

踊り子「ぶー、お腹減ったよぉー…」ブツブツ

マスター「…全く、欲望に従順な奴だ」

栗猫「ニャーニャー」

マスター「お前らもか?…ま、素直っていうのは良いことだ。そういう奴は信用できる」

マスター「だが、素直に何でも言えば良いってもんでもねぇ。時には言わないほうが良いこともある」

黒猫「ニャー!」タッ

マスター「お前、盗賊のとこの…今日も来たのか?」

マスター「まあ、いいか。食ってけよ」

マスター「………盗賊のやつも、あれでいて変に筋を通さなきゃ気が済まないところがあるからなあ」

栗猫「ニャー」

黒猫「ニャー」

マスター「あいつも、不器用な奴さ」



234: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/28(土) 18:44:05.54 ID:bnuidWJEO

踊り子「マスター、また猫相手に独り言ぉ?昔話でもしてるのー?」

マスター「あん?」

踊り子「独り言してるとぉ、髪の毛抜けちゃうんだよ…はっ!マスターには抜ける髪の毛がすでに無…」

マスター「店は開いたのか?」ジロ

踊り子「おっとと!開けてきまーす!」

マスター「ったく…最近口が達者になってきやがって」

マスター「にしても、昔話か。そいつぁ話し始めちまうと随分長くなる」

黒猫「ニャー…」モグモグ

マスター「…人の過去には色々なことがある。栄光、挫折、喜劇、悲劇」

マスター「事実は小説よりも奇なりってな。厄介なのは、そいつが簡単に消えちゃくれねぇってことだ」

マスター「大の男が、そいつひとつに振り回されちまう。時にはそのせいで、人生棒にふっちまうことだってある」

マスター「もう過ぎちまった事なのに、だ。人間ってのァ相変わらずどうしようもねえ」

黒猫「ニャー」

マスター「それに…はは。全く驚くべきことに--」

マスター「この一週間の出来事だって、いつか過去になっちまうんだ」

黒猫「…」ピク

黒猫「ニャー」テトテト

マスター「おお?今日はお前、もういいのか」

黒猫「ニャー」タタタ

マスター「…こりゃ、ご主人様の臭いでも嗅ぎ付けたか?」

マスター「………。さて、こんなところにしておくか」

マスター「この話はもう、お終いだよ」

どら猫「ニャー」テトテト

白猫「ニャー」テトテト

ぶち猫「ニャー…」テトテト

踊り子「マスタぁー!お店開けたよぉー?どーせお客さん来ないから、まーかーなーいー!」

マスター「はいはい、分かったよ」




235: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/28(土) 18:46:18.15 ID:bnuidWJEO


黒猫「…」テトテトテト

黒猫「…」テトテトテト

黒猫「…」テトテト

黒猫「…」テト




236: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/28(土) 18:53:25.30 ID:bnuidWJEO


橋の上

黒猫「…」

盗賊「…」

黒猫「ニャー」タッ

盗賊「……ニャー、じゃねえよ、化け猫」

黒猫「…どうしたのだ、盗賊?お前片側の頬が真っ赤だぞ」

盗賊「これか?」

盗賊「…復讐、だとよ」

黒猫「…?」

黒猫「そうか」

盗賊「ああ」

黒猫「…ひとつ、聞いても良いか?」

盗賊「あん?」

黒猫「ディーラーとの戦いの最後の一瞬」

黒猫「お前は何を言おうとしたのだ?」



237: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/28(土) 18:55:18.82 ID:bnuidWJEO

盗賊「…」

盗賊「さあてね。忘れちまったよ」

黒猫「…全く、物忘れの激しいやつめ」

盗賊「おい、化け猫」

黒猫「なんだ?」

盗賊「お前は、過去にふけることはあるか?」

黒猫「過去…?」

黒猫「まあまあ、あるな。家族のことや周りの者たちのことを、思い出すことはある」

盗賊「…お前そんなもん居たのか」

黒猫「失敬な。いるに決まっておろう!」

盗賊「いや、お前って化け猫じゃん?てっきり、猫の亡霊が集まって出来たモンスターみてーなもんかと」

黒猫「きさま…!無礼もいい加減にせんか!」フシャーッ

盗賊「あ?なんだ、やろうってのか?」



「ママー、あの人ネコとおはなし…」

「しっ、こっち来なさい」


黒猫「…」

盗賊「…」



238: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/28(土) 19:01:01.97 ID:bnuidWJEO

黒猫「まあ、なんだ、その」

黒猫「猫がしゃべることが不自然であることくらい、我輩も心得ている」

盗賊「あ、そ」

黒猫「いつかそのいきさつを、お前には話そうとは思っているのだ。飼い猫として」

盗賊「お前今サラッと不吉なこと言ったよな」

黒猫「ただ、まだ我輩の過去を話せる時では、ない」

盗賊「…」

黒猫「許せ、盗賊」



239: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/28(土) 19:03:51.20 ID:bnuidWJEO

盗賊「冗談キツいぜ」

黒猫「ん?」

盗賊「俺は人の過去を背負えるほど、出来た人間じゃない」

盗賊「ましてや猫なんてもってのほか」

黒猫「なにぃ?!」



盗賊「俺は、俺の…」

盗賊「自分の過去を、忘れるので精一杯だよ」

黒猫「…お前」



240: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/28(土) 19:06:32.09 ID:bnuidWJEO

盗賊「さーて、そんなシケたことを気にしていても始まらねぇ」スタッ

黒猫「…帰るのか?」

盗賊「まさか」

盗賊「とっておきの、″今″を楽しみに行くんだよ」

黒猫「どこへ行くのだ?」

盗賊「知りたいか?」

盗賊「あんまり人に教えたくないような、秘密の場所さ」

黒猫「?」

盗賊「…特別に、お前にも教えてやろう」







盗賊「ウマい団子屋を、知ってるんだ」








The End











241: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/28(土) 19:21:12.45 ID:bnuidWJEO

読んでくださった方ありがとうございました。
いつもいつも乙をつけてくれる人がいて、なんとか書ききりました。

個人的には、読みやすい中世ファンタジーハードボイルドを目指したつもりでしたが、いかがでしたでしょうか
良ければ感想など、聞かせてください

また、話がとっ散らかって深刻な伏線の回収不足がおこっていますが、
また機会があれば違うスレを立てたいと思います

ちなみに>>224は酉をつけまちがえていますが、仕様です
演出です

最後までカッコつかないぜ…orz



243: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 22:28:16.73 ID:Ql4xPzsdo


続編でもええんやで



244: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 22:36:26.55 ID:p0bbmpKWO

続きはあるんだよな?なあ?!



245: ◆ZEwApN5S4o 2016/05/30(月) 13:42:36.93 ID:Lqs2zQERO

>>244
えー…
一応、続きは書いてなくはないんですが、投下できる形になるのが一体いつになるのか分かったものではないので…

次回があるとしたら、また違ったテーマで書きたいと思ってますので、
またどこかでお会いできたら読んでやってください



元スレ
SS速報VIP:盗賊「むかーしむかし、ある城下町での過去の話だ…」遊び人「お願い、助けて!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1462525528/