関連
【ガルパン】カチューシャ「道がわからないわ…」

【ガルパン】みほ「おねえちゃん愛してるよ」



SS速報VIP:【ガルパン】ローズヒップ「ダージリン様ーーー!!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1464715353/



1: ◆QOcVRXZOmA 2016/06/01(水) 02:22:34.17 ID:W1sYIKtK0

2: ◆QOcVRXZOmA 2016/06/01(水) 02:23:00.89 ID:W1sYIKtK0

聖グロ 朝

ダージリン「ほら、起きなさいローズヒップ。もう朝よ」

ローズヒップ「おっはようございますわーーーー!!」バサッ

ダージリン「ええ、おはよう。今日も元気ね」

ローズヒップ「もっちろんでございますわ!!」

ダージリン「では食堂に行きましょう」

ローズヒップ「はいですわ!!」




3: ◆QOcVRXZOmA 2016/06/01(水) 02:23:27.90 ID:W1sYIKtK0

食堂

ダージリン「もう、手でつかんで食べないの。ちゃんとスプーンがあるでしょう?」

ダージリン「あらあら、ローズヒップったら。口にジャムがついてますわよ?」

ダージリン「もっとゆっくり食べなさい。もっと上品に」

ローズヒップ「はいですわーーー!!」




4: ◆QOcVRXZOmA 2016/06/01(水) 02:23:54.58 ID:W1sYIKtK0

オレンジペコ「……」

アッサム「……」

オレンジペコ「アッサム様」

アッサム「なにかしら」

オレンジペコ「ローズヒップさんは誰と話しているんですか?」




5: ◆QOcVRXZOmA 2016/06/01(水) 02:24:21.95 ID:W1sYIKtK0

アッサム「さあ。ダージリンでしょう」

オレンジペコ「でも…だれもいませんよね?」

アッサム「ええ」

アッサム「ずっと部屋にこもってふさぎ込んで、急に元気になったかと思ったらあんな調子なんだもの。」

アッサム「ローズヒップにはダージリンが見えているのよ」




6: ◆QOcVRXZOmA 2016/06/01(水) 02:24:50.18 ID:W1sYIKtK0

ローズヒップ「あははははは」

オレンジペコ「……」

アッサム「そもそもダージリンは死んでないでしょう」

オレンジペコ「そうなんですか!?」

アッサム「ダージリンは殺しても死なないわ」




7: ◆QOcVRXZOmA 2016/06/01(水) 02:25:34.95 ID:W1sYIKtK0

オレンジペコ「ええ…」

ダージリン「その通りだけど、その言い方は少し酷くないかしら?アッサム」

オレンジペコ「きゃあ!?ダージリン様!?生きてたんですか!?」

アッサム「ダージリンがいたら見えないところに30はいると思っていいわ」

オレンジペコ「えぇ…」

ダージリン「(´・ω・`)」




8: ◆QOcVRXZOmA 2016/06/01(水) 02:26:58.93 ID:W1sYIKtK0

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
プラウダ

ノンナ「マズいです」

クラーラ「マズいです」

カチューシャ「わかってるわよ!!」




9: ◆QOcVRXZOmA 2016/06/01(水) 02:27:25.74 ID:W1sYIKtK0

ノンナ「現在、わが学園艦は深刻な資金難と食糧難です」

クラーラ「現在、わが学園艦は深刻な資金難と食糧難です」

カチューシャ「二人で言わないで!!イライラするわね!!」

クラーラ「カチューシャ様が助かった黒森峰の生徒を受け入れるからですよー」

カチューシャ「うっ…。しょうがないでしょ!!私達だってちょっとだけ悪いんだし!!」




10: ◆QOcVRXZOmA 2016/06/01(水) 02:27:55.09 ID:W1sYIKtK0

ノンナ「ちょっとだけ?私達の制止を無視してボタンを押したのはカチューシャですよ」

カチューシャ「あれは制止じゃないわよ!!」

ノンナ「黒森峰を受け入れたことにより食料の消費が…」

カチューシャ「うっ…」

クラーラ「もう食料ないですよー。なんで受け入れたんですかー」




11: ◆QOcVRXZOmA 2016/06/01(水) 02:28:36.00 ID:W1sYIKtK0

カチューシャ「しょーがないでしょ!!カチューシャは人から尊敬されて歴史に名を残す偉大な人物じゃないといけないの!!」

クラーラ「大量殺人の主犯でしょう」

ノンナ「いますぐにでも名を残せます」

カチューシャ「うっさいわね!!」

ノンナ「それで、です。問題を解決するためにはどこかから食料を供給しなければいけません」



12: ◆QOcVRXZOmA 2016/06/01(水) 02:29:02.79 ID:W1sYIKtK0

ノンナ「そこでどうすべきか私達は考えました」

クラーラ「そして結論に至りました」

カチューシャ「ふんふん」

クラーラ「継続からかっぱらいましょう」

カチューシャ「え?」




13: ◆QOcVRXZOmA 2016/06/01(水) 02:29:30.46 ID:W1sYIKtK0

ノンナ「ちょうど近くを継続高校が通ります」

クラーラ「継続なんて弱小、すこし脅かせばすぐ食料を渡してきますよ」

カチューシャ「ちょっ…ちょっと待ちなさい!!」

ノンナ「なんですか?」

カチューシャ「かっぱらうって…、強奪するってこと!?ダメよそんなの!」




14: ◆QOcVRXZOmA 2016/06/01(水) 02:29:57.52 ID:W1sYIKtK0

クラーラ「はぁ…」

ノンナ「……」

クラーラ「なら、どうするんですか?」

ノンナ「陸に上がるまでは間違いなく食料がたりないです」

クラーラ「このままじゃみんな餓死しちゃいます。綺麗ごとばっかり言ってられないんです。」




15: ◆QOcVRXZOmA 2016/06/01(水) 02:30:24.26 ID:W1sYIKtK0

カチューシャ「でも!!」

ノンナ「ならばカチューシャ。代案があるのですか?」

カチューシャ「他の学園艦に貰えばいいじゃない!!」

カチューシャ「ほら、大洗とか!!」

クラーラ「それは無理ですね」




16: ◆QOcVRXZOmA 2016/06/01(水) 02:30:51.60 ID:W1sYIKtK0

ノンナ「はい。現在大洗は波動砲に脅威を感じた国連から攻撃を受けています。それどころではないでしょう」

カチューシャ「えええ!!?それって大丈夫なの!?」

ノンナ「心配いりません8000万発のミサイルをすべて海上で撃ち落としたそうですよ」

カチューシャ「えぇ…」

クラーラ「流石です。世界の技術力から20年リードしているといわれるだけありますね」




17: ◆QOcVRXZOmA 2016/06/01(水) 02:31:18.41 ID:W1sYIKtK0

カチューシャ「何者なのよ自動車部…」

ノンナ「それでカチューシャ」

クラーラ「手を染める覚悟はできましたか?」

カチューシャ「…わかったわよ」

ノンナ「では具体的な作戦ですが」




18: ◆QOcVRXZOmA 2016/06/01(水) 02:31:45.28 ID:W1sYIKtK0

カチューシャ「ええ」

クラーラ「継続を煽ります」

カチューシャ「え?」

クラーラ「煽って煽って煽ります」

ノンナ「向こうから戦争を仕掛けさせるのです」



19: ◆QOcVRXZOmA 2016/06/01(水) 02:32:15.72 ID:W1sYIKtK0

カチューシャ「え?なんで?そんなことしなくてもこっちから攻めればいいじゃない」

クラーラ「そんなことをしたら私たちが悪者になっちゃいます」

ノンナ「あくまで向こうから仕掛けさせるのですよ」

カチューシャ「えぇ…」

ニーナ「どこまでも下衆だなぁ…この人達…」




20: ◆QOcVRXZOmA 2016/06/01(水) 02:32:42.42 ID:W1sYIKtK0

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
某所

杏「西住ちゃ―ん」

みほ「会長?どうしましたか?」

杏「ちょーしはどう?」

みほ「うーん。もう少し、…かな?」




21: ◆QOcVRXZOmA 2016/06/01(水) 02:33:09.93 ID:W1sYIKtK0

杏「そっか。じゃあ今はまだ動けないんだね」

みほ「はい?」

杏「……」チャキッ

みほ「…会長?なんですか、これ」

杏「ごめんね、西住ちゃん」




22: ◆QOcVRXZOmA 2016/06/01(水) 02:33:37.75 ID:W1sYIKtK0

みほ「拳銃程度で、私を殺せると思っているんですか?」

杏「思ってないよ。ただちょっとの間、気を失っていてくれればいいから」

杏「そしたら気づいたときにはもう終わってる」

みほ「…どうしてですか?なんで会長が私を殺すんです?」

杏「西住ちゃんはね、西住ちゃんが思っている以上に危険なんだ。存在しているだけで周囲の人間をレズにしちゃう」




23: ◆QOcVRXZOmA 2016/06/01(水) 02:34:08.31 ID:W1sYIKtK0

みほ「…それがなにか問題ですか?」

杏「そっか…わからないよね。」

杏「西住ちゃんにとって理不尽なのはわかってる。せめて…私も後からいくから…」

みほ「……」

杏「ごめんね、西住ちゃん」チャキッ




24: ◆QOcVRXZOmA 2016/06/01(水) 02:34:35.55 ID:W1sYIKtK0

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
プラウダ

ノンナ「まったく、人から戦車うばった盗人がよくも電話しようと思えましたね。継続は恥を知らないようですね」

ミカ「いや、君たちが電話してきたんじゃないか…」

クラーラ「BTでパーシングと戦おうとする連中ですからね。頭がおかしいんですよ」

ミカ「……」



25: ◆QOcVRXZOmA 2016/06/01(水) 02:35:01.01 ID:W1sYIKtK0

カチューシャ「継続高校、ね」

ミカ「…なんだい」

カチューシャ「負けた戦争の名前をつけるなんて殊勝な心掛けね!!誉めてあげるわ!!」

ミカ「……」イラッ



26: ◆QOcVRXZOmA 2016/06/01(水) 02:35:28.38 ID:W1sYIKtK0

クラーラ(効いてますよ!!カチューシャ様!!)

ノンナ(もうひと押しです!!)

カチューシャ(そんなこと言ったって!もう悪口思いつかないわよ!!)

ミカ「要件はそれだけかい?切っていいかな?」

カチューシャ「まっ、待ちなさい!!」




27: ◆QOcVRXZOmA 2016/06/01(水) 02:36:11.79 ID:W1sYIKtK0

ミカ「…まだなにか用かい?」

カチューシャ「用はね!この子が言うわ!!」グイッ

ニーナ「えぇ!!?私ですかぁ!!?」

カチューシャ(ニーナ!あとは任せたわ!!)

ニーナ(ええええええええ!!!?)

ミカ「……」

ニーナ「えっと…、その…」

ニーナ「素敵な、帽子ですね…」




28: ◆QOcVRXZOmA 2016/06/01(水) 02:36:37.08 ID:W1sYIKtK0

カチューシャ(バカ―!!!誉めてどうすんのよ!!)

クラーラ(ああ、作戦失敗ですか…)

ノンナ(これは粛清ですね)

ニーナ(ひいぃぃぃ!!)




29: ◆QOcVRXZOmA 2016/06/01(水) 02:37:05.82 ID:W1sYIKtK0

ミカ「ヤ」

カチューシャ「や?」

ミカ「ヤロォォォブッ殺シテヤァァァル!」

4人「よっしゃーーーーー!!!」

こうしてプラウダと継続の戦争が始まったのです




30: ◆QOcVRXZOmA 2016/06/01(水) 02:38:07.06 ID:W1sYIKtK0

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
某所

杏「」

みほ「…なるほど、海溝に沈めるつもりだったんですね。」

みほ「確かに、首だけで海の底はさすがに厳しいかも」

みほ「『せめて…私も後からいくから…』ね…」

みほ「ちがいますよ会長。私がほしいのはおねえちゃんだけ」

杏「」

みほ「会長。あなたはいい道化だった」





31: ◆QOcVRXZOmA 2016/06/01(水) 02:38:36.98 ID:W1sYIKtK0

おしまい
ここまで書いたところでブルーレイ届きました
愛里寿ちゃんはいいぞ
あともう書きません。すみませんでした



33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/01(水) 02:51:36.37 ID:WKFZLL6vO

もっと書いてくれよな



元スレ
SS速報VIP:【ガルパン】ローズヒップ「ダージリン様ーーー!!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1464715353/