SS速報VIP:凛「今日はプロポーズの日だよ」李衣菜「そうなの?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1465132714/



1: ◆5F5enKB7wjS6 2016/06/05(日) 22:18:34.81 ID:5o2T6IhhO



―――


凛「6月はジューンブライドって言うでしょ」

李衣菜「うん、知ってる。ウチのアイドルも何人かモデルやってるよね」

凛「その第一日曜日をプロポーズの日って言うんだって」

李衣菜「へー。調べたんだ?」

凛「これみよがしにゼクシィが置いてあったから。多分大人組が置いていったやつ」

李衣菜「あぁ、あのゼクシィ」

凛「だからね、待ってるんだ」

李衣菜「? なにを?」


凛「プロデューサーが私にプロポーズしてくれるのを。ふふっ」

李衣菜「聞き捨てならない」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1465132714




2: ◆5F5enKB7wjS6 2016/06/05(日) 22:20:57.32 ID:5o2T6IhhO

凛「え? どうして?」

李衣菜「いやいや。プロデューサーにだって選ぶ権利はあると思うな」

凛「絶対私しかないよ。プロデューサーは私を選ばざるを得ない」

李衣菜「……その自信はどこから?」

凛「私は喉から」

李衣菜「風邪薬か」

凛「蒼の系譜は伊達じゃないよ。喉を痛めたら大変」

李衣菜「あぁそういう意味ね。……いやよく分かんないけど」



3: ◆5F5enKB7wjS6 2016/06/05(日) 22:22:59.00 ID:5o2T6IhhO

凛「それに、私と結婚するとお得なんだよ」

李衣菜「お得?」

凛「今ならもれなくハナコが付いてくる」

李衣菜「応募者全員サービスかって。普通そこは料理とかでしょ」

凛「料理は……うん。ハナコでなんとか折り合いをつけてもらって」

李衣菜「ハナコちゃんの比重重くない? 頑張ろうよそこは」



4: ◆5F5enKB7wjS6 2016/06/05(日) 22:25:15.91 ID:5o2T6IhhO

凛「大丈夫。ハナコは毎日癒やしをもたらしてくれる」

凛「料理できなくても、ハナコはかわいい」

凛「愛想悪くても、ハナコはかわいい」

凛「ハナコさえいれば毎日がバラ色。プロデューサーだってきっとハナコのことを離したくなくなるはず」

凛「だからお得」キリッ


李衣菜「だったら凛じゃなくてハナコちゃんと結婚した方が良くない?」

凛「たしかに」



5: ◆5F5enKB7wjS6 2016/06/05(日) 22:27:03.22 ID:5o2T6IhhO

凛「ハナコとの結婚生活……ふふっ♪」ニヘラ

李衣菜「その顔、絶対ステージでは見せられないよね」

凛「見せるのはハナコだけ。もしくはプロデューサー」

李衣菜「私も今見ちゃったけど」

凛「なに、李衣菜も私と結婚したいの? 困るよ、そういうの」

李衣菜「ぶっこんできたね」



6: ◆5F5enKB7wjS6 2016/06/05(日) 22:29:01.35 ID:5o2T6IhhO

凛「女同士は結婚できないんだよ、この国では」

李衣菜「知ってるよそれくらい。……あれ、結婚じゃなくて似たようなのはできるようになったんだっけ?」

凛「えっ……」

李衣菜「露骨に後ずさるのやめてくれない? 全然まったくその気はないから」

凛「いくらロックだからって、そんな……あぁでも、李衣菜だったら……」

李衣菜「なんでちょっとまんざらでもない顔になってんの。やめてよ」



7: ◆5F5enKB7wjS6 2016/06/05(日) 22:30:56.64 ID:5o2T6IhhO

凛「たしかに李衣菜は料理上手だし」

凛「子犬みたいなかわいさもあるし」

凛「目上にはしっかり敬意を払うし」

凛「あわてんぼで童顔でチョロくてちょっぴりビビりだし」

李衣菜「悪口になってない?」

凛「私にはないものを李衣菜はたくさん持ってる。逆もまた然り……」

凛「つまり」


凛「李衣菜と結婚すれば丸く収まるのでは……!」

李衣菜「収まんないよ。やだよ私」



8: ◆5F5enKB7wjS6 2016/06/05(日) 22:32:49.20 ID:5o2T6IhhO

凛「安心して、ハナコも付いてくるよ」

李衣菜「どう安心すればいいのさ」

凛「毎日ハナコを抱っこできるよ」

李衣菜「…………」

凛「朝起きるの苦手でしょ? 私が起こしてあげる」

李衣菜「…………」

凛「それに百合営業しとけば人気も」

李衣菜「営業って言っちゃったよ」



9: ◆5F5enKB7wjS6 2016/06/05(日) 22:34:56.70 ID:5o2T6IhhO

凛「じゃあこうしよう」

李衣菜「どうすんの」

凛「私がプロデューサーと結婚して、李衣菜が娘になる」

李衣菜「そう来たかぁ」

凛「もしくは李衣菜がプロデューサーと結婚して私は娘」

李衣菜「ま、まぁプロデューサーとなら結婚してもいい、かな……えへへ」テレ


凛「ねぇお母さん」

李衣菜「やっぱやめ、気色悪い」



10: ◆5F5enKB7wjS6 2016/06/05(日) 22:36:53.25 ID:5o2T6IhhO

凛「気色悪いはひどいと思う」

李衣菜「ダメ、生理的に無理」

凛「じゃあ私は犬扱いでいいから飼ってください。李衣菜はプロデューサーと結婚していいから」

李衣菜「とんだ爆弾発言が飛び出しちゃった」

凛「わん」

李衣菜「…………。お手」スッ

凛「わんわん」ソッ

李衣菜「かわいい」



11: ◆5F5enKB7wjS6 2016/06/05(日) 22:38:37.86 ID:5o2T6IhhO

凛「私とハナコのダブルわんこが付いてくる」

李衣菜「これはお得かもしれない」ワシャワシャ

凛「わふん」

李衣菜「ていうか私がプロデューサーと結婚するとして、凛はそれでいいわけ?」

凛「プロデューサーと李衣菜が両方手に入るなら私はなんでも」

李衣菜「絶妙に絶妙なこと言うよね」



12: ◆5F5enKB7wjS6 2016/06/05(日) 22:40:55.49 ID:5o2T6IhhO

凛「もういっそのこと、私たちがプロデューサーの犬になればいいんじゃないかって思えてきた」

李衣菜「わん?」

凛「李衣菜ってプロデューサーに対する態度がまさに犬だし」

李衣菜「そ、そんなことないよ。私はいつだってロックでクールな一匹狼――」

凛「すっぽ抜けた鳴子がプロデューサーに当たりそうになって、涙目で謝る李衣菜はかわいかった」

李衣菜「ちょっ!? なんで知ってんの、北海道での話じゃんそれ!」

凛「私は李衣菜のことならなんでも知ってるんだよ」ニコォ…

李衣菜「……今日イチ寒気がした……」



13: ◆5F5enKB7wjS6 2016/06/05(日) 22:42:52.85 ID:5o2T6IhhO

凛「ふふ、なんてね。プロデューサーに教えてもらったんだ。怒ってないのに必死で謝ってきたって」

李衣菜「ぷ、プロデューサーめぇ……!」

凛「撫でてやったらとたんにおとなしくなって、まるで甘える子犬のようなふにゃふにゃ顔に」

李衣菜「わ、わんわんわん! わんっ!」ペシペシ

凛「あっ、ふふっ。いたいよ李衣菜、そんなに怒らなくても……」

李衣菜「う、うるさいっ! 結婚がどうたらって話はどこ行ったんだよー!」



14: ◆5F5enKB7wjS6 2016/06/05(日) 22:44:47.98 ID:5o2T6IhhO

凛「ふふふ、だからプロデューサーに飼ってもらえば――♪」タタタッ

李衣菜「ちがーう! 待て、この~っ――!」テテテッ


P「…………」カタカタ…

P(かわいい)








凛「――ってことで、私と李衣菜、どっちかと結婚してください」

李衣菜「もれなくどっちかが付いてきますっ」

P「はいはい、また今度な」

「「……今度とはいったい」」



おわり



15: ◆5F5enKB7wjS6 2016/06/05(日) 22:46:49.96 ID:5o2T6IhhO

というお話だったのさ
とりあえず構ってもらいたいしぶりん
なんだかんだ構うのが楽しいりーな



元スレ
SS速報VIP:凛「今日はプロポーズの日だよ」李衣菜「そうなの?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1465132714/